the Anniversary of 300 years
from Ogata Kohrins' death and Itoh Jakuchuhs' birth
e0146075_00553347.jpeg
Nakamura Noriko:暁環 annulus aurorae (2016,World Premiere)
Concerto for Bassoon and Orchestra
Bassoon solo:Nakagawa Hidetaka
Orchestra:L'ensemble du temps
Conductor:Nakamura Noriko

e0146075_00555777.jpeg
Le jardin du temps et d'espace
Nakamura Noriko,Matsuoka Michiko,Maeda Katsuji,
Matsumoto Naoyuki,Minamikawa Mio,Wakabayashi Chiharu

[PR]
e0146075_10373966.jpg
rehearsal@sakura1993nakamuranoriko
e0146075_10252508.jpg
NAMHALL20161104@Okazaki,Kyoto
Ensemble Mendelssohn Japan Tour
Daniel Rubenstein,violin
Sophie Ackermann,violin
Sander Geerts,viola
Nicolaus Deletaille,cello
Takahashi Yasuo,piano
&
Nakamura Noriko,composition

program
Jean-Pierre Deleuze:Vue sur le Jardin de Lumière(2009)
Henri Pousseur:Mnémosyne(1968)
Nakamura Noriko:Sakura(1993)
Stéphane Orlando : 太鼓 Taïko (World Premiere)





[PR]
2016年1月8日(金)OE International Alternative Festival 2016 [箏への創造のための探究12 koto research session for creation 12] [創造のための電子音楽演習 2[音楽楽演習i-2] electro acoustic music research session for creation 4] [performance research session for creation 2 主催:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 clumusica@Nakamura lab,KCUA 木下栞 [,M21(漆工)]  西村千津子 [録音(教員)] ーチスタジオ[ハーフクローズドリサーチセッション:作曲家とプロ箏奏者による]箏への作曲研究工房 討論 箏への創造=箏奏者と作曲者による= 14:40 [開場14:30] 稲谷祐亮深緋椿 (2015) [14:40-16:10] 本伸weaving spells into a starlit sky (2015) [16:20-17:50] 討論:麻植美弥子[] 福原左和子[] 中川佳代子[] 横山佳世子[] 21世紀邦楽プロジェクトへの取り組み 稲谷祐亮 [1作曲] & 岡本伸介[2音楽(部:作曲)] 司会中村典子[専任員] 創造のための電子音楽工房 18:00 [開場17:50] 個展 稲谷祐亮 [独奏作品群と電子音楽による] 闇夜に漂う塵 (2012) 御衣木 (世界初演) 纏はる…2015 crashing 2015) 影光(世界初演) あはずのゆき(世界初演)flute青木浅間 (3) trombone田中功平 (1) clarinet大橋麻未(3) soprano和田悠花 (M1) electronics稲谷祐亮 (M1) 個展 春野海[電子音楽群と室内楽作品による] koto signal (2015) For the Phoenix (2015) Neuron Image 1 (2015-16,version premiere) emotion (2015-16, version premiere) OMOTE (2015) エレクトロニクス:春野海 (M1)  ピアノ:石澤久美子 (M1)  パーッション:関明日香 (4) 山田さくら (2) 身体表現工房 19:30  中村典子[作曲,clumuisca@Nakamura lab,KCUA] 夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景 [舞踊世界初演,2013-14] 小川珠絵 [舞踊,TMPP performance studio] 福原寿美枝 [(教員)] 西村彰洋 [剛琴(1,OKU from KCUA)] 舞台:中村研究室
2016年1月21日(木) 京都市北文化会館 Birth of Music 京都市立芸術大学音楽学部・大学院作曲専攻による新作発表演奏会(作曲専攻後期試験) 入場無料 遠藤隆明[3] アルト・ソプラノ・サクソフォーンと13の楽器のための室内小協奏曲「キジムナー」(アルトサクソフォーンソロ、室内オーケストラ)岡田善次[3]「わたし...,準急で帰ります。」(チェロとピアノ)藤田茉奈美[3](木管五重奏)伊藤慶佑[4]菊月{2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ピアノ)後藤沙央里[4]Beyond the light(弦楽オーケストラ)稲谷祐亮[M1]ゆきかひのじ(ソプラノ、マリンバ、鈴)黒川拓朗[M1]朗読劇「夢十夜 第三夜」(ナレーション、合唱、ピアノ、打楽器)春野海[M1]Veil (クラリネットソロ)佐々木望[M2]だれもきづかないふうけい(フルート、クラリネット、弦楽合奏)  
2016年1月25日(月)作曲法演奏発表 京都市立芸術大学音楽学部作曲法試験
2016年1月29日(金) [箏への創造のための探究11 koto research session for creation 12] clumusica oversea tour,Daegu,Korea rehearsal
2016年1月30日(土) [箏への創造のための探究11 koto research session for creation 12]
19:00-21:00 series encounter 邂逅 concert of empty note & clumusica 2 響律動夢 禱櫻命運 30 January,2016 19:00 start Daegu Art Factory a power plant for culture and art Suchang Hall [Korea] program NAKAMURA Noriko:響 resonate [world Premiere] violin:SANADA Aya percussion:MIYAMOTO Yasuko NAKAMURA Noriko CHAN Wing Wah:将進酒 JANGJINJU [world Premiere] (text:I Bek 李白 Korean translation:OH Eun-Kyung) sori:OH Young-ji violin:Kim Ji-hye KIM Joong-hee:momentum [world premiere] violin:SANADA Aya percussion:MIYAMOTO Yasuko Free improvisation violin: KIM Ji-hye sori:OH Young-ji performance:Sim-hyang KIM Joong-hee:Dream [Korea Premiere] sori:OH Young-ji NAKAMURA Noriko:禱 oratio [World Premiere] gayagum:Eom Yun-suk koto: OE Miyako NAKAMURA Noriko:櫻 Sakura [Daegu Premiere] violin:KIM Ji-hye SANADA Aya CHAN Wing-wah:輝映 SHINING [World Premiere] gayagum:Eom Yun-suk koto: OE Miyako KIM Joong-hee:Destiny [Korea Permiere] violin:KIM Ji-hye sori:OH Young-ji cello:OH So-young Performance: LEE Mok-ul Percussion staff ,Stage director:ITO Takaya
2016年1月31日(日)[箏への創造のための探究11 koto research session for creation 12] artist meeting
2016年2月1日(月) [箏への創造のための探究11 koto research session for creation 12] clumusica oversea tour,Daegu,Korea
2016年2月4日(金)平成28年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 パートナー団体第1次選考会 審査 杉山準(演劇プロデューサー・特定非営利活動法人劇研理事・事務局長)阪田真己子(同志社大学文化情報学部准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)川本悟(公益財団法人京都市音楽文化振興財団業務監理部長)東秀樹(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理担当係長)牧野大輔(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理課)
2016年2月10日(水) 電気文化会館 ザ・シンフォニーホール(名古屋)Super Winds & Percussion X 市川笑三郎主催:愛知県立芸術大学  ストラヴィンスキー:八重奏曲  中村典子:ナビ フルートと打楽器のための(1992) 橋本岳人(愛知県立芸術大学音楽学部准教授) 深町浩司(愛知県立芸術大学音楽学部准教授) ストラヴィンスキー:兵士の物語 フルート:橋本岳人(愛知県立芸術大学音楽学部准教授) クラリネット:原田綾子(愛知県立芸術大学音楽学部准教授)ファゴット:日々野希美(大阪フィルハーモニー交響楽団)橋本南海 トランペット:武内安幸(愛知県立芸術大学音楽学部教授)星野朱音 トロンボーン:倉田寛(愛知県立芸術大学音楽学部准教授)バストロンボーン:池田匠 深町浩司(愛知県立芸術大学音楽学部准教授)ヴァイオリン:米田誠一(名古屋フィルハーモニー交響楽団)コントラバス:渡辺玲雄(愛知県立芸術大学非常勤講師、新日フィルハーモニー交響楽団首席)語り:市川笑三郎
2016年2月11日(木) 12日(金) 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻試験 [音楽棟]
2016年2月23日(火)meeting with KIM Joonghee(adjunct professor of Daegu Catholic University,director of Gallery Palzo) at Gojo
2016年2月27日(土)meeting with koto player Mr.Curt Paterson,Yokohama International School educator at 213 lab.
2016年2月29日(月)interview by Otsu branch Chunichi Shibun
2016年3月7日(月)平成27年度 京都芸術センター第4回運営委員会 委員長:田中誠二(大和学園理事長) 副委員長:小林昌廣(IAMAS 岐阜科学技術大学院大学教授)運営委員:森山直人(京都造形芸術大学教授)上念省三(舞踊評論家)中村典子(京都市立芸術大学准教授)建畠晳(京都芸術センター館長)北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)議題:1共済追加申請について 2 平成28年度事業案 3 京都芸術センターの運営について(創生計画の見直しにむけて) 報告事項:1 平成28年度発表支援事業について 2 その他
2016年3月12日(土)-3月17日(木)京都市立芸術大学音楽学部入学試験
2016年3月27日(日)声の迷宮 Vol.VI 海の見える南港サンセットホール(大阪) 現代の音楽、声の可能性を探る旅〜イタリアからのピアニスト、アデーレ・ダロンツォを迎えて〜  ブルーノ・サリアーニ:Presenza per voce e pianoforte(1977/2015) ミンジュン・ウー La mer lumineuse per pianoforte solo (2004) フランチェスコ・フィッリディ Proesia per voce sola(2014) カルロ・ガランテ Arva Medusae - Sei frammenti da Lucano per mezzosoprano e pianoforte (2014) ジュゼッペ・コラルド Studio n.6 per pianoforte solo (2014) モニカ・ケディオラ E.D.1 per voce e pianoforte (2008) ゲヴォルグ・バダルヤン Midnight libretto per voce e pianoforte (2014/2015) 中村典子:満天星 stellae universum caelum (世界初演)南川弥生:私たちのオーロラ(詩:ラウラ・ガラヴァリア) 宇宙の蝶(詩:下田喜久美)諸橋玲子:SHINTOKUMARU(世界初演)ソプラノ:小里明子
2016年3月29日(火)meeting Ms.Miya Masaoka (guest artist,Columbia University School of Arts) by RCJTM head and members at Rakugaki
2016年3月29日(火)meeting Ms.Miya Masaoka (guest artist,Columbia University School of Arts) at Nakamura lab,KCUA
2016年4月21日(木) 楽曲研究発表創造のためのリサーチプレゼンテーション 主催:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室18:00-20:15 京都市立芸術大学新研究棟2階大会議室 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻学部生による研究発表(2,3,4回生) 岩井美沙(2回生)P.I.チャイコフスキー作曲「弦楽セレナーデ」の研究 三原寛志(2回生)R.シュトラウス作曲「交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》」の研究 横田真衣(2回生)M.ラヴェル作曲「バレエ音楽《ボレロ》」の研究 尼子由里絵(3回生)G.ガーシュイン作曲F.グローフェ編曲[ピアノと管弦楽のための《ラプソディー・イン・ブルー》]の研究 山川和也(3回生)H.デュティーユ作曲「コラール、エピソードとフガート」の研究 遠藤隆明(4回生)D.ミヨー作曲「八重奏曲」の研究 岡田善次(4回生)S.ラフマニノフ作曲「ピアノ協奏曲第二番」第二楽章の研究 藤田茉奈美(4回生)F.プーランク作曲「六重奏曲」の研究 橋詰智博(指揮4回生)M.ムソルグスキー作曲M.ラヴェル編曲「展覧会の絵」の研究 伊藤慶佑(5回生)甲斐説宗作曲「フルートのための音楽」の研究 司会:中村典子
Presentation of Students’ Researches by the analysis for creation Nakamura lab.in KCUA nakamura@kcua.ac.jp phone:075-334-2363 mobile:090-8754-4805Tue, April 21, 2015 18:00-20:15 KCUA Research Centre 2nd floor Conference Room  [moderator] NAKAMURA Noriko [research presentation] IWAI Misa(2)Study of “Serenade for Strings” composed by P.I.Tchaikovsky MIHARA Hiroshi(2) Study of “Symphonic Poem 《Till Eulenspiegels lustige Streiche》“composed by R.Strauss YOKOTA Mai(2)Study of ”Ballet Music 《Bolero》” composed by M.Ravel AMAKO Yurie(3) Study of “Papsody in Blue for Piano and Orchestra”composed by G.Gerhwin [Orchestration:F.Grofe] YAMAKAWA Kazuya(3) Study of “Chorale,Cadence et Fugato”composed by H.Dutilleux ENDO,Takaaki (4) :Study of “Octet” composed by D.Milhaud OKADA,Zenji (4) :Study of “Piano Concerto No,2 Mov.2”composed by S.Rachmaninov FUJITA,Manami (4):Study of “Sexter “composed by F.Poulenc HASHIZUME,Tomohiro(4)conducting,:Study of “Tableaux d’’une exposition” composed by M.Mussorgsky[Orchestration:M.Ravel] ITO Keisuke(5):Study of “Music for flute” by Sesshu Kai
2016年4月22日(金)-4月29日(金)NAKAMURA Noriko & Prof.KOHAMA Taemi visit Universtät Mozarteum Salzburg for professor exchanger [master class (lecture,concert and lessons with inspection)] with Prof.Reinhard Febel and Prof.Gereon Kleiner
2016年⒋月23日(土)ALEXANDROS D.FRAGISKATOS,PERCUSSION WITH SARAH HARTONG,FLUTE ALEX RESNICK,GUITAR Doctral Recital series Katzin Concert Hall Herberger Institute for design and the arts Arizona State University School of Music Program Dan Senn :Peeping Tom(1987) George Crumb:Mundus Canis(1998) Philippe manoury ;Le Livre des Claviers(1987-88)Frederick Rzewski: To the Earth (1985) Jennifer Stasack:Six Elegies Dancing(1987) Nakamura Noriko:Navi (1992) percussion:Alexandros D.Fragiskatos flute:Sarah Hurting
2016年4月27日(水)流動リズムと音響的推移を通した形状によるアジアの風景-21世紀クラヴィーアリートとして-視覚現象融合による音響推移を通した言語構造体再統合 講演:中村典子 通訳:山田晴子 演奏:小濱妙美 ・ゲレオン・クライナー(於:モーツァルテウム大学作曲専攻指揮専攻ピアノ専攻声楽専攻) NAKAMURA Noriko:Lecture at Universität Mozarteum :Asiatische Landschaft durchKonfiguration über das flüssig Rhythmus und akustischen Übergang,als Klavierlied des 21. Jahrhunderts—Textur durch akustische Übergang von fusioniert visuelles PhänomenInformationen sind synthetisiert."Asiatic landscape by configration through the fluidly rhythm andacoustic transition,as a piano song of the 21st century,re-synthesed texture through acoustic transition by by fusioned visualphenomenon
2016年4月28日(木) Gemeinsames Konzert des Mozarteum Universität Mozarteum Salzburg und der Kyoto Städtische Universtät für Künste [Universtät Mozarteum Salzburg] SopranFrau Professor KOHAMA Taemi KlavierHerr Professor Gereon Kleiner INATANI Yusuke [KCUA] Glocke des Gebets Trauer der Flamme (2011) Klavier 10’ ITO Keisuke [KCUA] KOTOBA [Worte,TANIGAWA Shuntaro] (2012) Sopran,Klavier 3’ Mert KCADAYI [MOZARTEUM] Üç Şarkı [drei Lieder] (Uraufführung) [Ü.Y.OĞUZCAN,E.CANSEVER.C.SÜREYA] Sopran.Klavier 8’ HARUNO Kai [KCUA] OMOTE [Masken] (2015) Klavier 10’ Reinhard FEBEL(1952-) [MOZARTEUM] Die Masken des Pierrot (2003) Sopran.Klavier. 8’ Katrin KLOSE [MOZARTEUM] Jahresneige [Paula LUDWIG](Uraufführung) Sopran.Klavier 3’ Franz SHUBERT (1797-1828) Gute Nacht aus Winterreise [Johann Ludwig Wilhelm MÜLLER](1827) Sopran,Klavier 3’Reinhard FEBEL [MOZARTEUM] Winternacht aus Winterreise [Robert WALSER](1992) Sopran 2’ INATANI Yusuke(1992-)[KUCA] AHAZU NO YUKI (2015) Sopran 8’[Archaische Übersetzung der japanischenNAKAMURA Noriko,INATANIYusuke,aus”Gute Nacht” Winterreise] NAKAMURA Noriko(1965-)[KCUA] „Das Anschauen von decken dem Schnee zu allen Häusern im Nachtbalkon mit grossen Dach---YOSA Buson innere Stimme neben zehn Landschaften“ (2013-14) Sopran.KOHAMA Talmi Klavier.Gereon KLEINER 10’ W.A.MOZART (1756-1791) Sehnsucht nach dem Frühling (K.596)(1791) Im Frühlingsanfang(K.597) (1791) programing:Nakamura Noriko
2016年5月22日(日) 禱聲ー地籟の円環 初源の天庭ー International Contemporary Music Festival Present of Orchestral Asia 2016” VOICES for PRAYER circulation of field songs,beginning miniature in sky 京都市立芸術大学大学会館ホール University Hall,Kyoto City University of Arts [入場無料] 催:clumusica [ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica] 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 後援:日本現代音楽協会、日本作曲家協議会 協力:大阪音楽大学作曲専攻諸橋研究室、国立大学法人滋賀大学教育学部若林研究室、国立大学法人高知大学教育学部前田研究室、国立大学法人奈良教育大学音楽教育講座北條研究室、国立大学法人大分大学教育福祉科学部清水研究室 festival message鷲田清一(京都市立芸術大学学長) festival advisor山本(大学院音楽研究科長)大嶋義実(音楽学部長)hall portrait exhibition selection 出原司(京都市立芸術大学美術学部教授[版画])宮田雪乃(非常勤講師[版画]) lighting 渡辺佳奈(日本画専攻,4) electronics 山口友寛(非常勤講師) recording 西村千津子(非常勤講師) stage director小松淳史[京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会特別研究員・甲南女子大学非常勤講師]稲谷祐亮[2]floor director 佐々木望[今春院修了]オープニングコンサート14:00 [開場13:30] トークセッション15:15 合唱コンサート17:30 OPENING CONCERT ensemble clumusica 小松淳史[京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会特別研究員・甲南女子大学非常勤講師] 聲の円環(世界初演) trombone 武内紗和子[院修了] 和田翠[今春院修了] 田中功平[2]北條美香代[奈良教育大学准教授] 玉響 より I.IV(2013) cello大西泰徳[本学卒] double bass赤松美[本学卒] 朴守賢 [ISCM World New Music Days 2009(Sweden),2014(Poland)入選] : 白の御神樂 (2012) soprano和田悠花[M2] double bass石塚廉[3] 前田克治 : 絃の音 [いとのおと](2012) violin柳楽毬乃[4] piano前田克治 [知大学教育学部准教授] 諸橋玲子[大阪音楽大学講師]おとなひII (2013) keyboard harmonica 伊藤慶佑[5] 小嶋稜[4] 西村彰洋 [本学卒・大阪教育大学大学(院2) 京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会特別研究員] ラインハルト・フェーベル[モーツァルテウム大学教授] Die Masken des Pierrot [道化の面] (2013) soprano上野洋子[京都市立芸術大学専任講師] piano小嶋稜[4] 坪能克裕[日本現代音楽協会前会長] Celestial−Vib (2007) vibraphone宮本妥子[同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師]  伴谷晃二[エリザベト音楽大学名誉教授] 風の詩II 余白の旅を求めて 十七絃箏:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子[同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師]トークセッション 聲禱声の祈り [見えないもの隠されたもの欠けているものから] 司会:中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授] CHORAL CONCERT vocal ensemble clumusica 伊藤黎[今春院修了] 中川郁文[今春院修了] 村辺恵奈[本学卒] 丸山晃子[院修了、神戸市混声合唱団] 石堂藍[本学今春卒]中原加奈[本学卒] 片山千聖[本学卒] 瀬戸口文乃[大阪音楽大学大学院修了] 喜納和[院2] 中川智樹[本学卒] 池田真己[2、神戸市混声合唱団] 宮尾和真[4] 菊田義典[本学卒] 大井卓也[本学卒,大阪市立大学大学院2] 内山建[今春院修了,びわこホール声楽アンサンブル] 増田真結[京都市立芸術大学、神戸女学院非常勤講師] 平安末期の古楽譜解釈による合唱組曲集(2015) vocal ensemble clumusica 箏:中川佳代子 トマス・タリスおんみのほかにのぞみな(1570) vocal ensemble clumusica 指揮:石原祐介[京都市立芸術大学非常勤講師] electronics山口友寛[京都市立芸術大学非常勤講師]清水慶彦[大分大学教育福祉科部准教授] 異形の法楽 奥豊後邪宗祭儀遺聞(2014) 指揮:石原祐介[京都市立芸術大学講師] 独唱:喜納和[2] :中川佳代子 piano小嶋稜 vocal ensemble clumusica カルロ・フォルリヴェジ Spem in Alium [おんみのほかにのぞみなし] (2005) soprano:伊藤黎[今春院修了] 中川郁文[今春院修了] 若林千春 魔法陣数迷宮(1995) [かぞえうたによる変容] 混声合唱と鳴り物のために(1995) 指揮:若林千春[滋賀大学教育学部教授] vocal ensemble clumusica 稲谷祐亮 渺聞(2015) voice中部真美[4] vn藪野巨倫[2] va江川菜緒[1] fl木浅間[4] perc陶山美輝[本学卒、相愛大学大学院1] 指揮:三原寛志[2] 聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲンAve generosa (12C)[こんにちは こころの廣いひと] soprano伊藤黎[今春院修了] 中村典子天聲地韻vox caelum,terra rithimus (世界初演) spiritual voice上野洋子[京都市立芸術大学専任講師] tenor:楊雪元[八橋検校] vocal ensemble clumusica 箏:福原左和子 中川佳代子 横山佳世子[鳴門教育大学非常勤講師] 十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子 [同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師] 上中あさみ [京都市立芸術大学非常勤講師] 指揮:中村典子 [京都市立芸術大学准教授] 舞台:京都市立芸術大学音楽学部作曲研究室 企画:clumusica@Nakamura lab,KCUA [増田真結 清水慶彦 中村典子] all project programing:Nakamura lab,KCUA [MASUDA Mayu,SHIMIZU Yoshihiko,NAKAMURA Noriko]
2016年5月28日(土)ルガンワークショップ 安土文芸セミナリヨ Carlo Forlivesi 中村典子 受講:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻生 伊藤慶佑 遠藤隆明 山川和也 横田真衣
Organ workshop:Carlo Forlivesi & Nakamura Noriko Prelude and Fugue,Choral Prelude,Ricercare,Toccata Organ Registration studies of Johann Sebastian Bach,Johann Pachelbel,GiacomoFogliano,Codex Faenza,Girolamo Frescobaldi and Nakamura Noriko works
2016年5月29日(日)日伊修好通商条約150周年記念 プリマヴェーラコンサート〜和と洋の響き〜 安土文芸セミナリヨ第1部 色彩打楽うちなハレ Member : 川原崎能弘、中嶋真、滝本ひろ子、樋口まゆみ、大橋亮介、Meme  第2部 オルガン:カルロ・フォルリヴェジ 箏:麻植美弥子 プログラム:ヨハン・セバスティアン・バッハ:プレリュードとフーガハ短調BWV549 Johann Sebastian Bach(1685-1750) : Praeludium und Fuge c-Moll BWV 549 ジャコモ・フォリアーノ:リチェルカーレIV《探求》Giacomo Fogliano (1468-1548) : Ricercare IV ジローラモ・フレスコバルディ:《音楽の花束、1635年より》より 他 中村典子:雙光 lucis propinquis 箏奏者とオルガン奏者のための(世界初演)Nakamura Noriko (1965-): Lucis Propinquis for koto player and organ player (World Premiere) オルガン:カルロ・フォルリヴェジ 箏:麻植美弥子

[PR]
2016年6月12日(日)Norway Alesund,Sommerkonsert i Spjelkavik kyrkje Miki Campins,marimba perkusjonn,Yuri Hashimoto,flote,Olga Eide,orgel Oliver Messiaen: Loie et clarte des corps glorieaux Robert Dick:Tehno Yaman Miki Campins: Quan em falten les Paraules Nakamura Noriko;Navi percussion:Miki Kampins flute:Yuri Hashimoto ingvar Lidholm: Pastral i skogen Leif Solberg;Fangasi og over fuge over folketonen
2016年6月14日(火)京都市立芸術大学講堂 作曲作品研究発表会 [指導] 岩井美沙(2回生)remuer(ピアノ、マリンバ)横田真衣(2回生)赤とんぼ」変奏曲(ピアノ独奏)山川和也(3回生) 変容~赤とんぼの主題による~(2台ピアノ)岡田善次(4回生)お題「ピアノと音響彫刻を使ってボケなさい」(ピアノ、音響彫刻)伊藤慶佑(5回生)1801年より(ピアノ、3つの冬の花[音響彫刻])稲谷祐亮(修士2回生)散る花の...(ピアノ独奏)春野海(修士2回生)面(ピアノ独奏)
2016年6月18日(土)Norway Alesund Kammermusikfestival Allsund Kirke,KVELDSKONSERtMED ENEMBLE DALI Program Eric Whitacre:Water Night Knut Nystedt:Stabat Mater for cello solo og kor Noriko Nakamura;Navi Miki Campins(perc.)Yuri Hashimoto(fl.) Alfled Shnittke:Stimmen der Natur Anton Webern:Langsamer Satz Sergej Rachmaninov;Utdrag fra Marinevespers Miki Campins(perc.)Yuri Hashimoto(fl.)
2016年6月19日(日) 第61回滋賀県合唱祭 栗東芸術文化会館さきら大ホール 選考委員:香月ハルカ(合唱指揮者)斉田好男(指揮者、神戸大学名誉教授)なかにしあかね(作曲家&ピアニスト) 中村典子(作曲家、京都市立芸術大学准教授船橋美穂(ピアニスト、同志社女子大学嘱託義師)若林千春(作曲家、滋賀大学教授)
2016年6月24日(金) アジアの音舞の現在2016 潮象 waving configuration 京都市立芸術大学大学会館ホール University Hall,KCUA [音楽学演習i & 作曲理論研究Ⅰ Ⅲ 作曲演習] 主催:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 clumusica organizer : NAKAMURA lab,Kyoto City University of Arts,Faculty of Music clumusica nakamura@kcua.ac.jp 075-334-2363 往還之聲 ゆきかふこゑ 詠人不知 anonymous 中村典子 なにをうつくしいとおもい、なにをみにくいとおもうか。そのふたつのもののさかいはなになのか。わたしはうみをうつくしいとおもう。 稲谷祐亮 2016 影光 (electronics) - 稲谷祐亮  INATANI Yusuke (1992- ): EIKOU (2016,version premiere) 1962 冥 (flute) - 福島和夫 FUKUSHIMA Kazuo (1930- ):MEI (1962) 2016 砂紋 (electronics) –遠藤隆明 ENDO Takaaki(1992-):Sand Ripple (World Premiere) 2016 Neuron Image I (electronics) - 春野海 HARUNO Kai(1992-):Neuron Image I (2016) 1976 フルートのための音楽 (flute) - 甲斐説宗 Sesshu KAI (1938-1978):Music for flute solo(1976) 2007 Refecting Space I - Bell,cloud and disincarnations (piano)- 酒井健治 Kenji SAKAI (1977- ) : Refecting Space I - Bell,cloud and disincarnations(2007) 2015 Villa Medici,Roma 1914 1914 古い庭で 行列 明るい庭で(piano)- リリ・ブーランジェLili BOULANGER(1893-1918):D’un vieux jardin Cortège D’un jardin clair(1914) 1872 鐘(piano)-ジョルジュ・ビゼーGeorge BIZET(1838-1875):Carillon (1872) 2002 紫は水に映らず(piano)-酒井信明 SAKAI Nobuaki(1976- ):Un Violet qui ne se rèflèchit pas dans l’eau. (2002) Op.1 2011- 鈴鹿馬子唄六様より small selection –中村典子 NAKAMURA Noriko(1965- ):Suzuka Mago-uta (2011-)2013 雛翠 baby green (creation for keyboard harmonica) 2016 眞聲天如 vox verum quasi caelum (bassoon & tape) 2015 眞聲花如 vox verum quasi flos(bassoon & tape)  2014 花如 quasi flos(tape) 2011 交聲譜 crossing voices (shinbue & east west ins.) 2015 鈴鹿馬子唄 Suzuka Mago-uta (traditional singing) 鍵盤ハーモニカ:小嶋稜[4]伊藤慶佑[5] 西村彰洋[ OKUM2] keyboard harmonica :Kojima Ryo Ito Keisuke Nishimura Akihiro ァゴット:高島翔大[4] 篠笛:井伊亮子 shinobue : Ii Akiko エレクトロニクス・聲:中村典子[教員]electronics,traditional singing : Nakamura Noriko1980 四絃(cello)-チナリー・ウン Chinary UNG(1942- ): Khse Buon (cello) - Chinary UNG 1969 春讃 (flute)-福島和夫 FUKUSHIMA Kazuo (1930- ):SHUN-SAN (1969) 2016 ゆきはな(electronics) -稲谷祐亮 INATANI Yusuke (1992-) :YUKIHANA (World Premiere) 漆 : ハーモン・ブランディーヌurushi : Hamon Blandine 舞踊:中村美佳 dance :Nakamura Mika ピアノ:中村圭介 金田仁美 piano : Nakamura Keisuke Kanata Hitomi ライティング・デザイン: 渡辺加奈[4] lighting design : Watanabe Kana フルート:大村優希恵[M1]森本英希[D4] flute : Omura Yukie Morimoto Hideki 篠笛:井伊亮子 shinobue : Ii Akiko ファゴット:高島翔大[4] チェロ:西村まなみ[4] bassoon : Takashima Shodai cello : Nishimura Manami エレクトロニクス:遠藤隆明[4]伊藤慶佑[5] electronics :Endo Takaaki Ito Keisuke エレクトロニクス:稲谷祐亮[M2]春野海[M2] electronics :Inatani Yusuke Haruno Kai エレクトロニクス・アシスタンス : 山口友寛[教員] electronics assisntance : Yamaguchi Tomohiroレコーディング : 西村千津子[教員] recording : Nishimura Chizuko 鍵盤ハーモニカ:小嶋稜[4]伊藤慶佑[5] 西村彰洋[ OKUM2] keyboard harmonica :Kojima Ryo Ito Keisuke Nishimura Akihiro エレクトロニクス・聲:中村典子[教員] electronics,traditional singing : Nakamura Noriko
2016年6月27日(月)KEIBUN 中村典子&若林千春作品集広報 12:00-14:00 エフエム滋賀 しがぎんホール
2016年7月4日(月)日本中国文化交流協会 中国曲芸代表団歓迎茶話会 出席14:00-15:40 中国曲芸家代表団 姜昆(中国曲芸家協会主席、漫才師)馬小平(中国曲芸家協会副主席、山西省演芸集団有限責任公司副総経理)黄群(中国曲芸家協会副秘書長)崔凱(中国曲芸家協会副主席、遼寧省曲芸家協会主席、劇作家)載志誠(中国広播芸術団俳優、漫才師)烏雲桑(内蒙古民族芸術院俳優)李彦生(山西省演芸集団責任公司、漫才師)任平(成都曲芸団団長、清音(四川省の曲芸)師 成都市無形文化遺産芸術研究院副院長) 査蘭蘭(蘇州評弾団俳優)梁鋼(中国文化芸術界連合界曲芸芸術中心専門委員副主任) お話できたかたがた:唐招提寺第87代長老 石田智圓 日本中国文化交流協会常任委員・同志社大学大学院教授 加藤千洋 京都市立芸術大学美術学部教授 浅野均 京都市立芸術大学美術学部博士課程日本画専攻 小林ちよの 愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻3回生 内木悠未 琵琶 仁平 蘇州評弾「秦准景」査蘭蘭 蒙古説唱「ジョチ・カサルの賛歌 作詞作曲:バ・エルデネバト)烏雲桑
2016年7月7日(木)visiting to 213 NAKAMURA lab. Mr.Yu-Yun LIU[conductor,film music composer,director of formosa radio symphony orchestra,researcher of Chinese Literature,Ph.D) and Ms.Junko Sophie Okimoto(president of Alelier Junko,Japanese traditional craft ) with Prof. Kurimoto Natsuki
2016年7月15日(金)visiting to 213 NAKAMURA lab.Mr.Stephane Orlando (film music composer,pianist and researcher of music analysis,Belgium) with Prof.Tokita Alison,Head of RCJTM,KCUA
2016年7月31日(日) 湖国の作曲家 中村典子&若林千春作品集 しがぎんホール・コンサートシリーズ2016・17 GLORY OF MUSIC IN SHIGA 滋賀県文化賞創設40周年記念歴代受賞者を中心に [1st session ] ジャズ&コンポーザー・シリーズ Vol.1 〜そして---信長・秀吉が聴いた音、隠されていた十字架とは? J.S.バッハ:暁の星のいと麗しきかな 中村典子:如何美輝暁星(2013)  ジョスカン・デブレ(若林千春編曲):千々の悲しみ 若林千春:迦陵頻伽 II ピアノ独奏:久末航 アントニオ・デ・カベソン(若林千春編曲)騎士の歌によるディフェレンシァス 若林千春:飛び出し小僧 III (しがぎん経済文化センター委嘱作品、世界初演)グレゴリオ聖歌:八橋検校:Credo 六段 中村典子:眞聲水如 vox verum quasi aqua(しがぎん経済文化センター委嘱作品、世界初演)ピアノ独奏:武田優美 KEIBUNシンフォニエッタ [フルート:若林かをり、オーボエ:岡山理絵 クラリネット:伊藤咲代子 ファゴット:八田菜保子 ホルン:岩井理紗子 トランペット:森下智稔 トロンボーン:矢巻正輝 打楽器:浅川いずみ 可児麗子 箏・十七絃:麻植美弥子 ヴァイオリン:石上真由子 北條エレナ ヴィオラ:南條聖子 チェロ:佐藤響 コントラバス:池田源輝 指揮:中村典子
2016年8月2日(火) 第83回NHK全国学校音楽コンクール京都府コンクール 長岡京文化会館【中学校の部】審査 清原浩斗(関西合唱連盟服理事長、大阪府合唱連盟理事長)中村典子(京都市立芸術大学准教授)西垣千賀子(声楽家)藤原一秀(関西外国語大学教授)村田博伸(京都市教育委員会 生涯教育部 主席社会教育主事)
2016年8月3日(水)第83回NHK全国学校音楽コンクール京都府コンクール 長岡京文化会館【小学校の部】【高等学校の部】審査 清原浩斗(関西合唱連盟服理事長、大阪府合唱連盟理事長)寺尾正(大阪教育大学特任教授)当麻玲子(合唱指揮者、奈良県合唱連盟理事長)中村典子(京都市立芸術大学准教授)西垣千賀子(声楽家)
2016年8月18日(木) 2016年8月19日(金)  第83回NHK全国学校音楽コンクール和歌山県コンクール  和歌山市民会館 審査 清原浩斗(合唱指揮者・全日本合唱連盟常務理事・関西合唱連盟服理事長)五味克久(合唱指揮者・神戸大学教授)当麻玲子(合唱指揮者、奈良県合唱連盟理事長)中村典子(京都市立芸術大学准教授)能多正明(声楽家)
2016年8月21日(日)2016年度柏原ビエンナーレ実行委員会理事会 柏原市民交流ひろば4階講義室南側 (会議欠席)2016年度役員 実行委員長:森田耕太郎(アーツプロジェクト・イン・おおさか柏原(あっぽこ)代表)理事:加藤可奈衛(イエローラインプロジェクト代表)井村則夫(オガタ商店会代表)早川巖(柏原市商工会会長)高井利洋(カタシモワインフード 代表取締役社長) 中村典子(京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室、准教授)杉本勇(慧生(けいせい)座禅会 世話人会)野田文子(大阪教育大学・地域連携コーディネイター 地域担当 教員養成課程 家政教育講座 教授)大村吉昭(特定非営利活動法人かしわらイイネット代表)三浦正彦(早川繊維工業株式会社 代表取締役社長)増田健太(響キ前線代表)オブザーバー:脇田直之(柏原市にぎわい都市創造部部長:共催団体)篠宮裕之(柏原市にぎわい都市創造部部長:共催団体)事務局長:村瀬浩 会計:安田寿子 事務局員:浅野幸治 稲谷祐亮 岡本伸介 尾崎一成 小林あゆみ 首藤弘美 西村彰洋 西村美江 藤原征生 益倉初代
2016年8月22日(月)京都芸術センター 平成28年度臨時運営委員会 議題 1.平成28年度発表支援事業(共催事業)追加申請について 2.平成29年度事業計画(素案)について 報告事項 1.東アジア文化都市2017について 2.その他  田中誠二(運営委員長、大和学園理事長)小林昌廣(副運営委員長(欠席)情報科学芸術大学院大学教授)稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)平芳幸浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授(欠席))森山直人(京都造形芸術大学教授)上念省三(舞踊評論家)北村信幸(文化市民局文化事業担当局長)建畠晳(京都芸術センター館長(欠席) )
2016年8月30日(火)visiting Nakamura lab.京都市文化市民局 文化芸術都市推進室 文化芸術企画課山本学義氏、五郎丸潤氏
2016年8月31日(水)visiting Nakamura lab.打楽器奏者宮本妥子氏、舞台監督伊藤高也氏
2016年9月1日号 日本中国文化交流協会編集「日本文化交流」誌 No.846 縦波横波 執筆 「縦波横波」寄稿 西遊記と私(中村典子、京都市立芸術大学准教授、作曲家)P11
2016年9月15日(木)国宝 石山寺 秋月祭《如意輪観音御開扉特別公演》=紫式部=安産 福徳 縁結 厄除 dance:Miqui percussion:宮本妥子 中村典子:ホカヒ(ソロヴァージョン)
2016年9月22日(木)東日本大震災チャリティー箏コンサート 草津市立草津アミカホール  主催:草津市社会教育関係団体「美音の会」後援:草津に麗しい芸術文化を育む会〈第1部〉麻植美弥子ミニリサイタル 伴谷晃二:風の詩 II 余白の旅を求めて 打楽器:宮本妥子 十七絃:麻植美弥子 吉崎克彦:狂詩的ミューズ 尺八:阪口夕山 箏:麻植美弥子 十七絃:麻植理恵子 中村典子:青渡絲韻ー金属打楽器を伴う二面の十七絃のためのー 十七絃箏 I:麻植美弥子 十七絃箏 II:麻植理恵子 〈第2部〉吉崎克彦:かごめの主題による箏四重奏曲  宮田耕八朗:じょんがら 吉沢検校:千鳥の曲 渡辺泰子:かぐや姫 震災復興応援 近藤裕子(作詞作曲):ひとつになる (麻植美弥子委嘱)友情出演:メロディーキッズ・ピッコロ みんなでうたおう! 作詞:岩井俊二 作・編曲:菅野よう子
2016年9月23日(金)聖泉大学学歌彦根現地取材 事務部長富章氏 しがぎん経済文化センター角間利明氏 
2016-09-28 Contemporary Music Festival "Music of Changes" "Japanese Garden" Klaipeda Concert Hall [Lithuania,Europe] event starts: .18:30 Camilla Hoitenga (flute, Germany-USA) Norbert Krämer (percussion, Germany) http://www.klaipedainfo.lt/events-view/id-600/ *written for Camilla Hoitenga
PART I Solo: Benjamin BROENING (1967,USA) Twilight Shift (2012)* European Premiere Flute and electronics 6’ Mike SVOBODA (1960, GUAM/USA):Music for Piccolo (2015)* Piccolo 4’ Karola OBERMUELLER (1977, DE):...silbern (2) (2015/2016)* European Premiere Kaija SAARIAHO (1952, FIN):Alto flute 5’ Laconisme de l’aile (1982) Amplified flute 8’ Mark CHAMBERS (1969, USA) Beat (2015/2016)* World Premiere of version with percussion Flute & percussion 8’ PART II Duo: David BOHN (1965, USA) 3 Miniatures (2015)* European Premiere Bass flute & Electronics 9’ Yoshihiro KANNO (1953, J):Deep-Sea Maze (2007)* Flute/Piccolo & percussion 15’ Loreta NARVILAITÉ( 1965, LI):Nightingales in the Rain (2015)* World Premiere  Noriko NAKAMURA (1965, J):Navi (1992) Flute & percussion 10’ Flute & percussion 12’
2016年9月28日(水)1830分開演(現地時間)日本の庭《変遷の音楽》現代音楽祭 クライペダ・コンサートホール[リトアニア] 出演:カミラ・ホイテンガ(フルート)ノルベルト・クレーマー(パーカッション)プログラム:《第1 ソロ》ベンジャミン・ブレーニング(1967,アメリカ):微光の変化 (2012,ヨーロッパ初演) フルート&エレクトロニクスマイク・スヴォボダ(1960,グアム/アメリカ):ピッコロのための音楽 (2015) ピッコロカローラ・オベルミュラー(1977,デンマーク):... (2)(2015/2016,ヨーロッパ初演) アルト・フルートカイヤ・サーリアホ(1952,フィンランド):翼の簡潔 (1982) 電気増幅されたフルートマーク・チェンバース(1969,アメリ):3つの細密画 (2015,ヨーロッパ初演)バス・フルート&エレクトロニクス《第2 デュオ》 ディヴィッド・ボーン(1965,アメリカ):叩 (2015/2016,パーカッションヴァージョン世界初演) フルート&パーカッン 菅野由弘 (1953,日本):深海の迷宮 (2007)  フルート/ピッコロ&パーカッションロレータ・ナルヴィレーテ(1965,リトアニア):雨中の鶯 (2015,世界初演)フルート&パーカッション 中村典子(1965,日本):ナビ (1992) フルート&パーカッション
2016年10月5日(水)京都市立芸術大学講堂  京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻前期作品試演会 [指導] 尼子由里絵:L'oreille de pan (ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)山川和也:きらめく塵 (室内オーケストラ) 遠藤隆明:組み合わされた旋法による12の練習曲と終曲 12 Etudes pour le mode mixte et finale (ピアノソロ) 岡田善次:君とあのコンベアーにのって(ヴァイオリン I、ヴァイオリン II ,ヴィオラ、チェロ)藤田真奈美:しずく (フルート、ヴァイオリン、マリンバ、ピアノ) 伊藤慶佑:節景 (フルートソロ) 稲谷祐亮:双樹 (ファゴット二重奏)黒川拓朗:The Haunted Place (ソプラノ、バリトン、オーケストラ) 春野海:五舞 (マリンバソロ)
2016年10月9日(日)京都市立芸術大学音楽学部オープンスクール 楽曲分析(中村典子)バルトーク・ベーラ:ミクロコスモスより バルトーク・ベーラ:弦楽と打楽器とチェレスタのための音楽 [作曲専攻対象] 
2016年10月13日(木) 10月20日(木)作曲専攻卒業生河副功氏研究室来訪 Boulez:Structure 他   
2016年10月15日(土) 第7回柏原ビエンナーレパフォーマンス部門 特別企画コンサート 柏原の音 音でたどる軌跡 柏原市民会館リビエールホール 岡本伸介:かずらわたし-3つのアラベスク-(世界初演) ピアノ:鳫真佑子 稲谷祐亮:チェロ独奏のための《瑞花蝶鳥-聞響》(世界初演)チェロ:孫工恵嗣 小林純生:幻想曲 I・II(世界初演)ヴァイオリン:江口純子 中村典子:ichibiko(世界初演) ヴァイオリン:江口純子 チェロ:孫工恵嗣 ピアノ:鳫真佑子 現代音楽グループ 響キ前線 第0回公演 杉本友樹:フルート独奏のための「オークカプラ」(世界初演)尾崎一成:うつ音の空〜オーボエ、クラリネット、バスーンのための〜(世界初演) 河合清裕:虚洞の声〜クラリネット、ホルン、打楽器のために〜(世界初演) 増田建太:minE... (for Flute,Obe,Horn,Basson and Percusson) (世界初演)演奏会企画:現代音楽グループ「響キ前線」主催:柏原ビエンナーレ実行委員会 運営主管:アーツプロジェクト・イン・おおさか柏原(アッポコ)主催:柏原市 後援:大阪教育大学教養学科芸術講座(音楽)
第 7 回 柏原ビエンナーレ -柏原から発信する! 芸術祭 日時:2016 年 10 月 9 日(日)から 10 月 16 日(日)10:00~18:00(最終日は 16:00 迄) 会場:リビエールホール(柏原市民文化会館)及び4つの地域サテライトゾーン内の会場 参加:入場無料 主催:柏原ビエンナーレ実行委員会(委員長:森田耕太郎) 共催:柏原市 後援:大阪府、大阪府教育委員会、柏原市教育委員会 運営主管:アーツプロジェクト・イン・おおさか柏原(アッポコ)サイト URL:http//www.appoko.org
2016年10月20日(木)作曲専攻卒業生河副功氏中村研究室来訪 Boulez:Structure, Grisey 他 
2016年10月21日(金)京都芸術センター 平成28年度第3回運営委員会 議題 1.・平成29年度アーティスト・イン・レジデンス選考について 2.KAC TRIAL PROJECT 2017について その他 京都文化芸術都市創生計画について 田中誠二(運営委員長、大和学園理事長)小林昌廣(副運営委員長(欠席)情報科学芸術大学院大学教授)稲賀繁美((欠席)国際日本文化研究センター教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)平芳幸浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授(欠席))森山直人((欠席)京都造形芸術大学教授)上念省三((欠席)舞踊評論家)北村信幸(文化市民局文化事業担当局長)建畠晳(京都芸術センター館長 ) 
2016年10月27日(木)平成28年度京都市芸術文化特別奨励制度専門委員会 音楽部会 全体会 @京都芸術センター
潮江宏三(京都市美術館長)尾崎眞人(京都市美術館学芸課長)加須屋明子(京都市立芸術大学教授)原久子(大阪電気通信大学教授)竹内有一(京都市立芸術大学准教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)欠席:上念省三(舞踊評論家)
2016年10月29日(土) できたての曲のコンサート CONCERT OF MUSIC TODAY 中国四国の作曲家 in 徳島 〜交流と創造の祭典〜 北島町立図書館・創世ホール 徳島県板野郡北島町新喜来字南古田91 Tel. 088-698-1100 招待演奏家 曽我部清典さん子ども達と作曲家のコラボレーション ぼくたちの詩から生まれた音楽-鳴門教育大学附属中学校の生徒たちの詩からインスピレーションを得て- 詩:三木地大、西條涼花、上林未侑、栗山由梨、平田優利菜、乙葉泰輝、藤本芽実、田村留実子、福岡慶太、大櫛智也、杉本梨緒、上地桃珠子、中山真佳、森井心平、茶木真愛、横山心優、吉田翼 熊澤住子 中学生の詩による3つの歌「いざない」「友人関係」「応援」(初演) Sop.井上ゆかり Pf.平賀理絵 斎藤武 未来系 〜トランペット、アルト、ピアノのための〜(初演) Trp.曽我部清典、Alto:小川亜希子、Pf.山田啓明 田中照通 トランペット独奏のための「アリア《海の中》」Trp:曽我部清典 伴谷晃二 季節のいざない、ピアノのために(2016) Pf.平賀理絵 新倉健 EPITAPH-ヤヌシュ・コルチャックに-(初演)Ob.松田素子 松岡貴史 中学生の詩による2つのタブロー「涙」「天気」(初演)Trp.曽我部清典 Vn.猪子恵 松岡みき子 中学生の詩による2つのうた「たんぽぽ」「青春」(初演)Alt.戸邉祐子 Fl.坂東久美 Sax:新田恭子 室内楽作品プログラム 青木省三 Arc III for two pianos Pf.青木淑子 青木省三 遠藤雅夫 クリスタライズ 四手のために(初演)Pf.松浦綾音 遠藤雅夫 神本真理 Promenade flottante(初演)Trp.曽我部清典  木下大輔 ピアノ連弾曲集より(一部初演)Pf.川内麻紀 石原チエ 小林隆一 2つの夜想曲〜ピアノの為の(一部初演)Pf.常光めぐみ 近藤裕子 パラメシウム Paramecium マリンバ独奏のための Mar.碁盤恭子 中村典子:響 resonare (2016,改定初演) ヴィオラ:山田沙織 パーカッション:宮本妥子 パーカッション:中村典子 二宮毅  残雪に風の鳴る峯(2016) Pf.二宮英美歌 森田泰之進 mutes meet beats(改定初演)Trp.曽我部清典 山下耕司 Viola Sonataより第4楽章 Vla.山田沙織 Pf.三村加奈 山本準 The War Stood in the End of the Corridor(初演)Trp曽我部清典 米倉由起 A Piece for Tenor Saxophone Sax:米倉孝
2016年10月29日(土) Nakamura Noriko:Sky Eyes,Ground Ears(2015,Europe Premiere) [on the base of the woodcut print"FUKAGAWA SUZAKI JUHMAN-TSUBO" by ANDOH Hiroshima and "The eagle" by ITO Jakuchu] marimba concerto with percussion ensemble with Art Percussion Ensemble [Prof.Massimo Pastore]Europe Premiere by Makoto Nakura in Conservatorio Pollini di Padva,Italy Noriko Nakamura: "SKY EYES GROUND EARS" for solo marimba and 9 percussionists Hiroshi Hoshina: "CHACONNE" for 2 marimbists Robert Paterson: "MANDALA" for 2 marimbists Lane Harder: "PRELUDES AND FUGUES" for solo marimba J.S. Bach: "CHACONNE" for solo vibraphone
2016年11月2日(水)平成29年度文化芸術活性化パートナーシップ事業におけるパートナー団体第1次選考委員会 選考委員:阪田真巳子[同志社大学文化情報学部准教授] 杉山準[NPO劇研プロデューサー]中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授]河本悟 東秀樹
2016年11月4日(金)NAM HALL [京都・平安神宮・岡崎神社近く] 19:00 Ensemble Mendelssohn Jean-Pierre Delouze:光の庭景 Vue sur le Jardin de Lumière(2009 ) Henri Pousseur:記憶の女神 Mn émosyne (1968) [cello solo]  Nakamura Noriko:櫻花 Sakura (1993) [violin duo] Stéphane Orlando : 太鼓 Taïko (World Premiere) Daniel Rubinstein (vn) Sophie Ackermann(vn) Sander Geerts(va) Nicolas Deletaille (cello) Yasuo Takahashi(pf) Daniel Rubinstein,(violin),Sophie Ackermann(violin),Sander Geerts(viola),Niclaus Deltaille(cello),Yasuko Takahashi(piano)
2016年11月10日(木)時之會第壱回演奏会 京都芸術センター フリースペース 尾形光琳没後300年・伊藤若冲生誕300年記念 全作世界初演 管弦楽作品のコンサート 中村典子:暁環 annulus aurorae (世界初演) ファゴット独奏:中川日出鷹 前田克治:Epitaph (世界初演) チェロ独奏:山根風仁 松岡みち子:未定 松本直祐樹:語られたもの・語るもの〜録音されたギター独奏と言語、二群のオーケストラのための〜 (世界初演) ギター独奏(録音):山田岳 音響:有馬純寿 南川弥生:波の呼吸 Breath of the waves(世界初演)若林千春:独奏フルートと管弦楽のための「凍れる華」(世界初演)フルート独奏:若林かをり 演奏:Ensemble du Temps 主催:時之會 共催:京都芸術センター 東京藝術大学音楽学部同声会大阪支部音楽活動助成金 後援:大阪音楽大学 お問い合わせ:カオスモス事務局
2016年11月19日(土)京都市立芸術大学大学会館ホール ファゴット現代奏法レクチャー&ショートコンサート
京都市立芸術大学大学会館ホール Enno Poppe:HOLZ Dai Fujikura:Calling 中村典子:地馨 dixin (Worid Premiere) wtih稲谷祐亮:双樹(2016) Pierluigi Billone:STUDIO 4 ファゴット:中川日出鷹 主催:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 
2016年11月26日(土)三蔵法師展 →歌文化研究会 京都学園大学太秦キャンパス 人文研究室 発表:真下厚「中国湖南省鳳凰県苗族の歌文化」
2016年12月4日(日)ロームシアター京都 あうろるフルートあんさんぶるコンサート 110th 魅惑のフルート音楽をあつめて〜委嘱作品を中心に〜PROGRAM 柴田典子:イタリアの風に抱かれて 指揮:白石孝子 あうろすフルートあんさんぶる M.ケシック:アヴェ・マリア フルート:末原諭宣 ミュージカルソー:齋藤舞歌 F.ウーテル:アダージョとスケルツォ フルート:川中志保 松村重子 阪口真紀 齋藤舞歌 青山政憲:"動"〜フルートをなくしたフルートアンサンブルの為に〜 ピッコロ:今井亨 アルト・フルート:長谷川留巳 森本英希 バス・フルート:井岡郁子 下野依子 コントラバス・フルート:斎藤智枝 松村幸久 広瀬量平:持続音を伴うアルトフルートソロのための「パーラミター(波羅蜜多)」アルト・フルート:村田四郎 吉崎克彦:哀歌 フルート:大嶋義実 箏:麻植美弥子 市川景之:春の息吹(委嘱作品世界初演)中村典子:連聲 vox benedictus(委嘱作品世界初演) 千秋次郎:風の忘れもの 藤井園子:マリオネット 指揮:粟辻聡 あうろすフルートあんさんぶる
2016年12月13日(火) 音楽学部同窓会真声会役員と音楽学部卒業修了生教員による会議
2016年12月19日(月)京都市立大学大学会館ホール録音 聖泉大学学歌録音 
2016年12月22日(木)京都市立芸術大学大学会館ホール 邂逅 Project III clumusica 24th concert [clumusica friendship charity 26]series 邂逅 Project III clumusica 24th concert [clumusica friendship charity 26] 御継《みつぎ》の語り 本年度京都芸術文化特別奨励者 林美音子氏を迎えて Inheritance of Traditional Singing Hayashi Mineko,Yanagawa shamisen Recipient of the Kyoto City Special Bounty Program for Arts and Culture 2016 with ensemble clumusica, Nakamura lab, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts 主催:ensemble clumusica 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室  協力:京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター レクチャーコンサート Lecture Concert 《第1 同時代音楽》 Part I Music of the Same Age ヨハン・パッへルベル 《カノン》 Johann Pachelbel (1656-1706) : Canon (ca.1680) パブロ・ブルーナ《聖母の連禱》 Pablo Bruna (1611-1679) Tiento de Falsas 2 tono (17C) 柳川検校 《早舟》 [作詞不詳] (抜粋) Yanagawa Kengyo ( ?-1680 ) : Hayafune (17C) [extract] 《第2 語りの御継》 一部録音より* Part II Inheritance of Traditional Singing  * includes recording 代博 (1988- )[中国] 《空谷幽》より* Dai Bo(1988- )[China] KONG GU YU LAN (2008) パンソリ (伝承曲)[韓国]《春香伝》より* Pan’Sori (traditional) [Korea] : from”Chunhyangga”(18C) 金重希 (1963- )[韓国] 《夢なり》より* Kim Joonghee (1963- ) [Korea] 꿈이로다”Dream”(2015) 中村典子 (1965-)[日本] 《御通木》 柳川三味線と弦楽の協奏曲 (2016,世界初演) Nakamura Noriko“MITSUGI” Concerto for Yanagawa Shamisen and Strings (2016, World Premiere) 柳川三味線:林美音子 Yanagawa Shamisen : Hayashi Mineko お話:久保田敏子 [京都市立芸術大学名誉教授・元日本伝統音楽研究センター所長] LectureKubota Satoko [Professor emeritus, Kyoto City University of Arts, Ex-Head of Research Centre for Japanese Traditional Music] 弦楽:アンサンブル・クラムジカ Stringsensemble clumusica 中村公俊 江口純子 水野万裕里 大藪英子 北條エレナ 柳樂毬乃 三上さくら 大西泰徳 孫工恵嗣 村田静菜 井上大貴 池田源輝 Nakamura Kimitoshi  Eguchi Junko  Mizuno Mayuri Oyabu Hideko Hojo Elena Yagira Marino Mikami Sakura Onishi Yasunori Magoku Keishi Murata Shizuna Inoue Hiroki Ikeda Genki ご案内・指揮:中村典子 [京都市立芸術大学音楽学部准教授] Presenter & Conductor : Nakamura Noriko [associate professor, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts] 照明:渡辺佳奈(日本画4) 音響・録音:西村千津子(京都市立芸術大学非常勤講師) 所作台:乃村健一(京都市立芸術大学非常勤講師)舞台:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
2016年12月26日(月)京都市立芸術大学大学会館ホール clumusica Nakamura lab,video shooting & recording稲谷祐亮(M1):瑞花蝶鳥 聞響 岡本伸介(今春院修了):6つのアラベスク  小林純生:幻想曲 I II  中村典子(教員):ichibiko ヴァイオリン:江口純子 チェロ:孫工恵嗣 ピアノ:鳫真佑子 Bartok songs ソプラノ:朝枝恵利子(M2)テノール:喜納和(M2) ピアノ:小嶋稜 録音 中村典子:暁聲 suivitatis aurorae  矢野めぐみ(M2) 中村典子:聲馨樂傳
2017年1月12日(木) 18:30 京都市立芸術大学大学会館ホール  大枝インターナショナルフェスティバル [作曲演習・作曲理論研究 II IV後期発表] バルトーク・ベーラ(1881-1945):八つのハンガリー民謡から 朝枝恵利子(M2) 喜納和(M2) ピアノ:小嶋稜(4) [映像] 山口友寛(1984-):Only"Marimba"Concerto(世界初演)エレクトロニクス:山口友寛 (京都市立芸術大学非常勤講師)イサン・ユン[尹伊桑](1917-1995):エチュード第五番(1974) フルート独奏:鎌田邦裕(M1) 稲谷祐亮(1992-)(M1):声なき声(2016) サクソフォン独奏:松葉彩(M1) オッフェルマンズ編=尺八本曲:鶴の巣籠(作者成立年代不詳) フルート独奏:大村優希恵(M1) バルトーク・ベーラ(1881-1945):コントラスツ(1938)クラリネット:平川奈津美(M1) ヴァイオリン:江川菜緒(M1) ピアノ:砂原悟(京都市立芸術大学音楽学部教授)中村典子(1965-):暁馨 xiaoxin(世界初演)ホルン:矢野めぐみ[録音] エレクトロニクス:中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)照明:渡辺佳奈(日本画4) 録音:西村千津子 舞台:京都市立芸術大学音楽学部大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
12,January 2017 18:30 (Open 18:00) University Hall,Kyoto City University of Arts
OE International Alternative Festival 2017 "Voiceless Voice” Bartok walks on seamless world ---család Familie Familia---[composing theological research class with composition seminar presentation, autumn 2016-winter 2017] organizer:Nakamura lab,composition,Graduate School of Music & Faculty of Music,Kyoto City University of Arts
program:Bartok Bela(1881-1945):from 8 Hungarian Folk Songs  soprano:Asaeda Eriko tenor:Kina Nagomu piano:Kojima Ryo [video] Yamaguchi Tomohiro(1984-):Only”Marimba”Concerto (World Premiere) electronics:Yamaguchi Tomohiro Isang Yun(1917-1995):Etude No.5 (1974)   flute solo:Kamata Kunihiro Inatani Yusuke(1992-):voiceless VOICE saxophone solo:Matsuba Sayaka Shakuhachi Honkyku(period of completion & author : unknown)=Wil Offelmans:TSURU-no-Sugomori [nesting cranes] flute solo:Omura Yukie Bartok Bela(1881-1945):Contrasts (1938)  clarinet:Hirakawa Natsumi violin:Egawa Nao piano:Sunahara Satoru Nakamura Noriko(1995-):Xiǎo xīn (World Premeire) horn:Yano Megumi [recorded] electronics:Nakamura Noriko
2017年2月15日(水) 京都市北文化会館 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻 Birth of Music 2106 (後期作曲作品発表)尼子由里絵(3) 山川和也(3) 遠藤隆明(4) 岡田善次(4) 藤田茉奈美(4) 稲谷祐亮(M2) 黒川拓朗(M2) 春野海(M2)
2017年2月24日(金)19:00 日本の作曲家 2017 第2夜 第44回楽譜制作作品演奏会 東京オペラシティリサイタルホール 内本喜夫:チェロ協奏曲 チェロ:翠川敬基小林隆一:2つの夜想曲〜クラリネットとピアノの為の ピアノ:田代幸弘 大谷千正:男声のための3つのアリア バリトン:江原実 ピアノ:今野菊子 中村典子:青渡絲韻  十七絃:平田紀子 麻植美弥子 草野次郎:フルートとピアノの為の"オーロラ" フルート:大升良美 ピアノ:中田百合子 大政直人:This is the Piano ピアノ:中川俊郎
2017年4月12日(水)19:30 Dr. Phillips Center for the Performing Arts,Walt Disney Theater,Orlando, Florida,UCF Percussion Festival as part of UCF Celebrates the Arts Featuring guest artist Makoto Nakura and the UCF Percussion Ensemble Percussion Studies,School of Performing Arts,University of Central Florida,U.S.A Nakamura Noriko:眼天地耳 Sky Eyes,Ground Ears(Marimba Concerto with 9 Percussionists,U.S.A.Premiere) Marimba:Makoto Nakura UCF Percussion Ensemble Percussion Studiers,School of Performing Arts,University of Central Florida,U.S.A [coordinatior:Thad Anderson,D.M.A.Assistant Professor of Music,Percussion Studies]
2017年4月21日(木)楽曲研究発表 (新2回生-新4回生) 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室
2017年4月25日(月)-27日(水) Performance in Tel Aviv,Israel, NAKAMURA Noriko:Aqua Israel-American pianist associate professor Tali Morgues.Festival"Vox Famine 2017" International edition (April 25-27,2017)
2017年5月21日(日)
2017年6月24日(土)
2017年9月10日(日)大阪南港サンセットホール
2017年11月4日(土)
2017年12月10日(日)14:00 大阪能楽会館
2017年12月22日(金)
2018年1月11日(木)
2018年5月25日(金)
2018年6月29日(金)
2018年12月21日(金)
2019年1月9日(火)

[PR]
e0146075_06292988.jpg


[PR]
音楽学演習i[創造のための電子音楽演習] 作曲理論研究I,III 作曲演習
アジアの音舞の現在 2016 Music and Dance,Present of Asia 2016

潮象  waving configuration

2016.6.24[FRI] 京都市立芸術大学大学会館ホール

主催 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 clumusica
organizer: NAKAMMURA lab.speciality of composition,
Faculty of Music,Kyoto City University of Arts clumusica

協力:京都市立芸術大学美術学部漆工研究室
cooperation:SASAI lab,speciality of lacquer arts,
Faculty of Arts,Kyoto City University of Arts

ごあいさつ
 本日はお忙しいなかご来場くださりまことにありがとうございます。
  昨年度開始の「創造のための電子音楽演習(音楽学演習i)と、昨年大学会館開催となった国際フェスティバル「アジアの音舞の現在」の第3回を5月開催の国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在」同様、作曲理論研究クラスで共に研究中の演奏専攻大学院生と音楽学演習iと作曲演習クラスの作曲専攻大学院生学部生と教員による共同研究発表として、この円形球体のドーム状ホールの特性を生かした上演形態で大学会館で、演奏会を開催させて頂きます。また、先月22日開催の国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在2016」におきまして、各方面よりのご支援ご来聴たまわり、まことにありがとうございました。みなさまのお蔭によりまして、様々な観点からの協創の大いなる稔りとともに無事フェスティバルを終えることができましたこと、厚く御礼申し上げます。以下websiteに当フェスティバルプログラムとドキュメント、ヴィジュアルレポートなどをアップいたしておりますので、是非ご一覧いただければ幸いに存じます。 http://nakamura89.exblog.jp
本年度の国際フェスティバルアジアの音舞の現在2016は、「潮象 waving configuration」と題して開催いたします。以下の副題のもと、昨年度の作曲演習と音楽学演習i履修の稲谷祐亮の作品によせることばが導き出す自らの作品、そして日本人の創作、日本の地での創作を詠人不知 anonymous をキーワードに、電子音楽、20世紀の室内楽を中心にプログラミングしております。                             
往還之聲 ゆきかふこゑ 詠人不知anonymous 中村典子
なにをうつくしいとおもい、なにをみにくいとおもうのか。
そのふたつのもののさかいはなになのか。
わたしはうみをうつくしいとおもう。稲谷祐亮                               今回は、バレエ誕生をかこむ音楽と舞踊による「舞と踊の東西南北」をプログラム中央に持ちます。イタリア・メディチ家からフランス王室へ嫁してBalletiをBalletに結んだカトリーヌ・ド・メディシス[カテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ]を源とするバレエを、新国立劇場バレエ団ソリストとして活躍[の中村美佳が自身の舞踊による初振付作品として発表いたします。その音楽には、女性初ローマ賞作曲家リリ・ブーランジェが24歳で早逝する前にメディチ荘滞在中に作曲した「古い庭で 行列 明るい庭で」と、早逝のナンバーワンオペラ作家ビゼー「カリヨン(鐘)」に振り付けられ、ガブリエル・フォーレ国際コンクール第1位の金田仁美のピアノとの共演、その源の舞を包むプログラムには、ブーランジェ滞在から101年後の昨年ローマ賞受賞、現在メディチ荘滞在中で、エリザベート王妃国際音楽コンクールグランプリはじめヨーロッパ各地で活躍中の酒井健治のReflecting Space I-Bell,cloud and disincarnationsと、現音新人賞作曲家酒井信明の作品1「紫は水に映らず」の二作で、グリーグ国際ピアノコンクール バルトーク賞の中村圭介のピアノでお届けいたします。 またこれらの舞台を同心円的に包むのは、フランスから本学へ留学中のブランディン・ハモンの考古学的漆作品と日本のフルート音楽の系譜で、寡黙の音楽で早逝の作曲家甲斐説宗の「フルートのための音楽」と、日本のバルトークとも云える作曲家・音楽学者の福島和夫「冥」「春讃」を、本学大学院博士課程の森本英希と修士課程の大村優希恵が、またカンボジア・アメリカの作曲家チナリー・ウンによる歴史的傑作のスピリチュアルでスパイラルな音象「Khse Buon(四絃)」を学部の西村まなみが、電子音楽作品として、この企画起点となる稲谷祐亮の「影光」「ゆきはな」、遠藤隆明の「砂紋」、春野海の「Neuron Image I」 と中村典子の「眞聲天如」[ファゴット独奏を伴う(高島翔大)]、「眞聲天如」のオリジナルである鈴鹿馬子唄六様として篠笛に井伊亮子を迎え、鍵盤ハーモニカ三重奏、篠笛・十七絃・鈴を伴うピアノ合奏を学部の伊藤慶佑、小嶋稜、西村彰洋(大教大院)と自らの伝統歌唱までを企画施行の自身も加わって、潮象 waving configuration としてお届けいたします。ライティング・デザインは日本画の渡辺佳奈が担当します。各クラスでのさまざまな研究の結果である往環之聲のさまざまをこの地で味わって頂きたく存じます。
 大震災、この春の熊本地震や世界に起こる様々な紛争・災害による困難に至るまで、様々な場所で復興への時間が継続しています。被災者のご冥福をお祈りし、長い復興への道のりに取り組むため、被災地と被災のみなさまと共に力を尽くして参りたいと存じます。今後共なにとぞこ指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
中村典子 collaborative supervisor of
ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
京都市立芸術大学音楽学部准教授



考古学の地層を掘るように、私は漆を研ぐ。
全く異なるように見える二つの領域の間を
つなぐ橋を描きながら。
埋もれ、そして個々の考古学者によって
堀り出された人類の過去に
インスピレーションを得ながら。
人類の過去の中に新しい考えを求めて。

ブランディン・ハモン [漆]
1990年7月12日 ル・マン(フランス)に出生
2008年6月   ナント・リベット高校でバカロレア(応用芸術)取得                     
2008-2010年   ナント国立大学美術史考古学専攻卒業                          
2010-2012年  フランス国立高等工芸美術学校ENSAAMA ヨーロッパ漆専攻ディプロム取得               2012-2013年  ナント国立大学考古学専攻在学      
2013月2-6月  展覧会「Entre Laque」出展 CERAM メーヌ県考古学センター            
2013-2014年   H.B Laque設立 パリのヨーロッパ漆アトリエ May Pham Van Suuと共同制作       
2014年6月-    現在、京都市立芸術大学美術学部漆工専攻研究留学生

Blandine HAMON

Naissance le 12 Juillet 1990 à Le Mans, France
Juin 2008, Diplômée du Baccalauréat Arts Appliqués à Lycée Eugène Livet, Nantes, France
2008 – 2010, Étudiante en Histoire de l'Art et Archéologie à l'Université de Nantes, France
2010 – 2012, Étudiante en D.M.A. Diplôme des Métiers d'Art spécialité Laque à l'ENSAAMA Olivier de Serres, Paris, France
      Juin 2012, Diplômée du D.M.A. Laque avec les Félicitations du Jury
Février 2013 – Juin 2013, Exposition « Entre Laque », exposition de son projet de fin d'étude du D.M.A.
       Laque au CERAM, Centre d'Études et de Ressources Archéologiques du Maine, Allonnes, France
2012 – 2013, Étudiante en Archéologie à l'Université de Nantes, France
2013 – 2014, Création de son Auto-entreprise dans le domaine de la laque, HB. Laque
      Chantiers avec l'Atelier Art du Laque de May Pham Van Suu, Paris, France
Octobre 2014 – (Septembre 2016), Étudiante en Programme de Recherche pour Étudiant Étranger spécialité Urushi (Laque Japonaise) à l'Université des Arts de Kyoto, Japon
Born the 1990 July 12th at Le Mans, France
2008 June, Graduated of Senior High School speciality Applied Arts at Eugène Livet High School, Nantes, France
2008 – 2010, Student in History of Art and Archeology at Nantes University, France
2010 – 2012, Student in D.M.A. Arts and Crafts Diploma speciality Lacquer at l'ENSAAMA Olivier de Serres, Paris, France
2012 June, Graduated of D.M.A. Lacquer with The Jury Congratulations
2013 February – 2013 June, Exhibition « Entre Laque », exhibition of her D.M.A. Lacquer Certificate project at CERAM, Maine Center of Archeologic Studies and Ressources, Allonnes, France
2012 – 2013, Student in Archeology at Nantes University, France
2013 – 2014, Freelancer speciality Lacquer, HB. Laque
      Works with Atelier Art du Laque of May Pham Van Suu, Paris, France
2014 October – (2016 September), Student in Research Program for Foreign Student speciality Urushi (Japanese Lacquer) at Kyoto City University of Art, Japan

Work Philosophy
«Je ponce la laque comme on creuse les strates archéologiques, traçant des passerelles entre deux domaines que tout semble opposer.
Je révèle le passé que j’ai enfoui dans mes couches de laque en m’inspirant de notre passé enterré et exhumé par l’archéologie.
Je cherche dans notre passé des idées nouvelles...»

«I sand lacquerware as we dig archaeologic stratums, tracing links between two domains which seem different.
I reveal the past I intered in the layers of lacquer, inspired by our buried past, exhumed by archaeology.
I search our past for new ideas...»

[PR]

1.影光(electronics)- 稲谷祐亮
INATANI Yusuke (1992- ): EIKOU (2016,version premiere)

2.冥(flute)- 福島和夫

FUKUSHIMA Kazuo (1930- ):MEI (1962)
フルート: 森本英希[D4] flute : Morimoto Hideki

3.砂紋(electronics)–遠藤隆明
ENDO Takaaki(1992-):Sand Ripple (World Premiere)

4.Neuron Image I (electronics) -春野海
HARUNO Kai(1992-):Neuron Image I (2016)

5.フルートのための音楽(flute) -甲斐説宗
Sesshu KAI (1938-1978):Music for flute solo(1976) 
フルート: 森本英希[D4] flute : Morimoto Hideki

6.Reflecting Space I-Bell,cloud and disincarnations(piano)- 酒井健治
Kenji SAKAI (1977- ) : Reflecting Space I - Bell,cloud and disincarnations(2007) 
ピアノ: 中村圭介 piano : Nakamura Keisuke

7-9.古い庭で 行列 明るい庭で(piano)- リリ・ブーランジェ
Lili BOULANGER(1893-1918):D’un vieux jardin Cortège D’un jardin clair(1914)
10.鐘(piano)-ジョルジュ・ビゼー
George BIZET(1838-1875):Carillon (1872) 

振付・舞踊 : 中村美佳 choreograph・dance : Nakamura Mika [7-10]
ピアノ: 金田仁美 piano : Kanata Hitomi [7-10]

pause

11.紫は水に映らず(piano)-酒井信明
SAKAI Nobuaki(1976- ):Un Violet qui ne se rèflèchit pas dans l’eau. (2002) Op.1

ピアノ: 中村圭介 piano : Nakamura Keisuke

12-15.鈴鹿馬子唄六様より small selection –中村典子
NAKAMURA Noriko(1965- ):from Suzuka Mago-uta 6 (2011-)


雛翠 baby green (2013,creation for keyboard harmonica)
鍵盤ハーモニカ: 小嶋稜[4]伊藤慶佑[5]西村彰洋[大教大M2]
眞聲天如 vox verum quasi caelum (world premiere,bassoon & tape)ファゴット: 高島翔大[4]
交聲譜 crossing voices (2011,shinbue & east west ins.)
篠笛: 井伊亮子 十七絃 : 西村彰洋 ピアノ:中村典子
鈴鹿馬子唄 Suzuka Mago-uta (2015,traditional singing) 聲:中村典子
keyboard harmonica : Kojima Ryo, Ito Keisuke , Nishimura Akihiro,
fagotto:Takashina Shota, shinobue:Ii Akiko 17gen:Nishimura Akihiro piano piano:Nakamura Noriko
electronics,traditional singing:Nakamura Noriko

16.四絃(cello)-チナリー・ウン
Chinary UNG(1942- ): Khse Buon (1980) - Chinary UNG
チェロ:西村まなみ[4] cello : Nishimura Manami

17.春讃 (flute)-福島和夫
FUKUSHIMA Kazuo (1930- ):SHUN-SAN (1969)
フルート:大村優希恵[M1] flute : Omura Yukie

18.ゆきはな(electronics) -稲谷祐亮
INATANI Yusuke (1992-) :YUKIHANA (World Premiere)

漆: ブランディン・ハモン urushi : Blandine Hamon

ライティング・デザイン: 渡辺佳奈[4] lighting design : Watanabe Kana
エレクトロニクス:遠藤隆明[4]伊藤慶佑[5] 稲谷祐亮[M2]春野海[M2]
electronics : Endo Takaaki, Ito Keisuke,Inatani Yusuke, Haruno Kai

ヴィジュアルドキュメント:横田真衣[3]中井友路[3]荒木真歩[Grad.School,University of Kobe,M1]
documents:Yokota Mai,Nakai Tomonori,Araki Maho
エレクトロニクス・アシスタンス : 山口友寛[教員] electronics assisntance :Yamaguchi Tomohiro
レコーディング : 西村千津子[教員] recording : Nishimura Chizuko

[PR]
program note

影光(electronics)- 稲谷祐亮
INATANI Yusuke (1992- ): EIKOU (2016,version premiere)

なにをうつくしいとおもい、なにをみにくいとおもうのか。そのふたつのもののさかいはなになのか。
わたしはうみをうつくしいとおもう。(稲谷祐亮)

稲谷祐亮[作曲]1992年、奈良県に生まれる。17歳より作曲を始める。作曲を土井智恵子、中川統雄、岡田加津子、葛西聖憲、中村典子、前田守一の各氏に師事。アラン・ゴーサン、カルロ・フォルリヴェジ、ラインハルト・フェーベル各氏のマスタークラス受講。2015年、京都市立芸術大学音楽学音楽学科作曲専攻首席卒業。在学中、明治安田クオリティオブライフ奨学生に選出。2016年ザルツブルク・モーツァルテウム大学京都市立芸術大学交流演奏会でふたつの作品がザルツブルグ初演。国際現代音楽祭アジアの管絃の現在2016で作品上演。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程2回生。

冥(flute)- 福島和夫                                            
FUKUSHIMA Kazuo (1930- ):MEI (1962)  

1961年ダルムシュタット国際現代音楽夏季講座の講師をつとめたおり、交通事故で急死した中心的人物ウォルフガング・シュタイネッケ博士追悼のために書かれた。共に東洋思想・東洋的響きのフルート独奏音楽である「冥」と、もう一曲の「春讃」とは、時間に関わる記譜において対を為し、前者は絶対的記譜、後者は相対的記譜をとる。(中村典子)

福島和夫[作曲]日本の作曲家・音楽学者。東京都出身。作曲は独学。。武満徹らと芸術家グループ「実験工房」参加。西洋楽器による東洋思想・東洋的響きの音楽を追求。1970年代後半に日本・東洋伝統音楽研究に主な活動を移す。上野学園大学日本音楽研究所所長・特任教授。

砂紋(electronics)–遠藤隆明                                        
ENDO Takaaki(1992-):Sand Ripple (World Premiere)

自然現象によって引き起こされる砂紋の美しさを表現してみた。(遠藤隆明)

遠藤隆明[作曲]神奈川県出身。5歳からピアノをはじめる。神奈川県立弥栄高等学校音楽専攻ピアノ科卒業。在学中オーストリア、ドイツ、ハンガリー研修でニーレジハーザ・コダーイホール交流演奏会出演。第14回クラクフ音楽アカデミー、第26回京都フランス音楽アカデミー受講。これまでにピアノを石附秀美、加藤伸佳、植田克己、矢澤一彦、花岡千春、樋上由紀子の各氏に師事。パイプオルガンを永瀬真紀氏に師事。作曲を遠藤雅夫、石島正博、武澤陽介、前田守一、岡田加津子、中村典子、葛西聖憲の各氏に師事。京都市立芸術大学作曲専攻4回生。

Neuron Image I (electronics) - 春野海
HARUNO Kai(1992-):Neuron Image I (2016)

数千億のニューロンからなるヒトの神経系は、複雑な神経ネットワークを形成していると言います。 近年の脳神経科学の技術は、その働きを可視化することを可能にしてきましたが、まだその全体を解明するには至っていません。この作品では私が持っている神経ネットワークに対するイメージを、電子音で自由に描いたものです。 それをイメージしているのもまた、脳であると思うと不思議に感じます。 (春野海)

春野海[作曲]京都市立京都堀川音楽高等学校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。 葛西進、平田あゆみ、長谷川智子、前田守一、中村典子、岡田加津子の各氏に師事。 カルロ・フォルリヴェジ、アラン・ゴーサン、ラインハルト・フェーベル各氏のマスタークラスを受講。京都芸術祭新人賞、聴衆賞。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻2回生。京都府立清明高等学校非常勤講師。

フルートのための音楽 (flute) - 甲斐説宗                                 
Sesshu KAI (1938-1978):Music for flute solo(1976)

一つのものから出発しますが、その一つのものの変化の仕様を観察して下さい。次にその変化がある別の形に到達します。そこでまた、その変化の仕様を観察して下さい。(甲斐説宗)
作品全体のダイナミクスと音域を表す。音域において、前半は限定的、後半は広範囲にわたることがわかる。(伊藤慶佑)

甲斐説宗[作曲]1938年11月15日出生、1978年10月31日没。兵庫県三田町(現在の三田市)出身。東京藝術大学作曲科で長谷川良夫に師事。ベルリン音楽大学で主にボリス・ブラッハー、ヨーゼフ・ルーファーに師事。ジェルジ・リゲティのレッスンも受けた。1969年、ヴィオッティ国際音楽コンクール入賞。1970年、ベルリン国際作曲コンクール入賞。心不全及び甲状腺癌の肺転移で39歳で世を去る。

Reflecting Space I-Bell,cloud and disincarnations(piano)- 酒井健治
Kenji SAKAI (1977- ) : Reflecting Space I - Bell,cloud and disincarnations(2007)

この作曲は2007年、初演者の倉澤華さんの依頼によって書かれた。作品リストの中で一番最初に書かれたピアノソロのための作品であり、これまでに書かれたピアノの作品の中でも特に高い技巧が要求される作品である。 副副題にある「鐘」や「雲」は音型でもっと表現され、鐘はこの楽曲中ほぼ常に鳴らされる鍵盤の中央にあるF音のリズムオスティナートであり、このリズム音型はフランス人作曲家のラヴェルの「夜のガスパール」の中の第二楽章「絞首台」から引用されたものである。冒頭はそのラヴェルの作品に比べてほぼ4倍の速さで演奏されるが、その鐘の音が雲と名付けられたトレモロ音型によって陰りが生じ、最終的には完全に雲のモチーフによって完全に覆われてしまうのである。そのプロセスそのものが、あたかも鐘が次第にその形を失うようであり、それを幽体離脱と名付けたのである。 (酒井健治)

酒井健治[作曲]1977年大阪生まれ。京都市立芸術大学にて学んだ後渡仏。フランス国立パリ高等音楽院、ジュネーヴ音楽院、Ircam(イルカム、フランス国立音響音楽研究所)にて作曲、ピアノ、楽曲分析、電子音楽等を学んだ後、2012年9月マドリッド・フランスアカデミーの芸術部門の会員に選出された。リヨン国立管弦楽団、ルツェルン交響楽団、ベルギー国立管弦楽団、読売日本交響楽団、NHK交響楽団、アンサンブル・アンテルコンタンポラン等のオーケストラ、アンサンブル、またシルヴァン・カンブルラン、ジョナサン・シュトックハマー、ジョナサン・ノット、下野竜也等の指揮者によりヨーロッパ、日本、北米の著名なコンサートホールや音楽祭にて作品が演奏されている。ジョルジュエネスコ国際コンクール作曲部門グランプリ(2007)、武満徹作曲賞第1位(2009)、ルツェルン・アートメンターファンデーション賞(2010)、エリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門グランプリ(2012)、文化庁長官表彰(国際芸術部門)(2012)、芥川作曲賞(2013),ジョルジュ・・ヴィルデンシュタイン賞(2013)等の国内外の賞を次々に受賞し、2015年5月フランス文化省によりローマ・フランスアカデミーのフェロー(ローマ賞)に選ばれた。

古い庭で 行列 明るい庭で(piano)- リリ・ブーランジェ
Lili BOULANGER(1893-1918):D’un vieux jardin Cortège D’un jardin clair(1914)
鐘(piano)-ジョルジュ・ビゼー                                       
George BIZET(1838-1875):Carillon (1872) 

 リリ・ブーランジェは24歳で早逝した女性初のローマ大賞作曲家。20歳での受賞作はカンタータ《ファウストとエレーヌ》。姉が4度挑戦して断念したこともあり妹を手引きしたという。祖父と祖母はチェロ奏者と歌手で、父もまたローマ大賞受賞オペラ作曲家。パリ音楽院で声楽を教えた。パリ音楽院で師弟関係にあったロシアの侯爵令嬢が父と結婚、共に作曲家となるナディアとリリを含む三人の娘の母となる。父の他界後、パリ音楽院で同僚のガブリエル・フォーレが彼女らを教えた。長女は早逝、三女リリも早逝、長らえたのは姉のナディア・ブーランジェのみである。リリの死因は腸結核[クローン病]で、ヴィラ・メディチ[メディチ荘]滞在中にこの「古い庭で・明るい庭で・行列」 を含む幾らかの作品を完成させた。これらの身体状況から、彼女は生活の介助に付添い人の同行を必要としていたが、それを留学先のメディチ荘管理者が許さず健康状態の悪化からほどなく帰国、姉と共に第一次世界大戦従軍のフランス人兵士支援のために病身をなげうって、24歳で早逝した。イタリア・メディチ家からフランス王室へ嫁してBalletiをBalletに結んだカトリーヌ・ド・メディシス [カテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ]を源とするバレエは、1993年京都金剛能楽堂における初演舞台 《花變容》(作曲:中村典子、振付:石井潤、舞踊:中村美佳、大寺資二、岩本正治、福岡豊 声:福原寿美枝、ヴァイオリン:辻井淳、谷山あけみ、京都市委嘱)で同舞台を翌年全米9都市公演へ導いた主演の中村美佳が、22年後の本日このメディチ荘で生まれた三作と組んで一つの舞台に連続するのは、同じく早逝したオペラ作曲家ジョルジュ・ビゼーのオペラ《アルルの女》カリヨン[鐘]で、酒井健治のReflecting Space I-Bell,cloud and disincarnations《反響空間-鐘、雲、そして非顕現》の反映である。これらを元新国立劇場ソロダンサーの中村が、自身の初振付作品の舞台として完成させた。(中村典子)

紫は水に映らず(piano)-酒井信明
SAKAI Nobuaki(1976- ):Un Violet qui ne se rèflèchit pas dans l’eau. (2002) Op.1

題は、下の俳句 紫は水に映らず花菖蒲 高浜年尾からの引用。(酒井信明)
clumusicaクラムジカ第3回公演では《つゆのそぼふる-夏のささげもの-》で本日と同じ中村圭介の演奏により、ジョージ・クラムの《くじらのこえ》等と共に出原司のくじらの巨大リトグラフの前で上演。酒井信明の作品1。(中村典子)

酒井信明[作曲]1976年兵庫県生まれ。大阪芸術大学音楽学科を経て京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻を卒業。在学中、松永通温、中村典子の各氏に師事。第28回現音作曲新人賞受賞。毎日即興演奏を録音してはネットに上げることを日課としている。http://clavichord.seesaa.net/ http://improv12.seesaa.net/

鈴鹿馬子唄六様より small selection –中村典子
NAKAMURA Noriko(1965- ):from Suzuka Mago-uta 6 (2011-)


 2010年鈴鹿馬子唄を東西楽器での管絃楽化を依頼された交聲譜crossing voices (2011,shinbue & east west ins.)から連続する6つのディフェレンシァス。以来、鈴鹿馬子唄を元に鍵盤ハーモニカ三重奏のための雛翠 baby green (2013) エレクトロニクスのための花如 quasi flos(2013)、ファゴットとエレクトロニクスのための眞聲花如 vox verum quasi flos が生まれ、椎間板ヘルニア4度の手術より腰椎すべり症の車椅子生活後リハビリ中に自身で可能となった民謡歌唱の鈴鹿馬子唄(2015)より、本日世界初演のファゴットとテープのための眞聲天如 vox verum quasi caelumまでの六様から、四つを連続上演。(中村典子)

眞聲天如 vox verum quasi flos 音楽史におけるハンガリーのバルトーク・ベ—ラとゾルターン・コダーイによる音集積からの創造は、日本における日本民謡大観の音集積と間宮芳生の音楽創造を始めとする膨大な合唱作曲家達の仕事にあたる。間宮の膨大な合唱造形にしても捉えきれないものは、究極のところ存在としてのマリアの歌である。2010年に私の出生地民謡であると馬子唄の管絃楽編作を依頼された。311直前のその初演を聴いた民謡家がその生理に基づいて共演可能と受け取った東西管絃楽による鈴鹿馬子唄による交聲譜にしても、 原曲鈴鹿馬子唄とは戦後二十年生まれ農村部育ちの私にあってしても交差する時空がもとより失われていた。自国音曲拒絶による近代音楽教育の始まりからの非交差の相 を確かめるべく、馬子唄収集状況を音楽専門学生群としての京都市立芸術大学音楽学部在学生に向けて調査した際、馬子唄は最も在学生の多い近畿三都四都にあっては交通網の発達から民謡存在自体がないこと以上に、全国に渡る学生の出身地馬子唄の記憶との交差もまた、想像通り一切根絶の相にあった。その光の闇の残響を聲達の棺に包み、闇の光を2014年9月14日のサッソーモレッリ教会での花咲く心の庭[古楽の神秘主義と電子音楽の先見の明を通したスリピチュアリティ]に収めた。前年の図形譜五線譜間の往還可能なファゴットのための眞聲vox verumを花如quasi flosに収めたのが眞聲花如であり、眞聲天如ではその聲をanima animusとしてエレクトロニクスと実演の二重奏となる。

中村典子[作曲]次頁参照

四絃(cello)-チナリー・ウン
Chinary UNG(1942- ): Khse Buon (1980) - Chinary UNG
カンボジアの民俗的言語が線状の集積された歌として西洋絃楽器から紡ぎ出される歴史的傑作。ウンの妻スーザン・ウンのヴィオラで初演、そのヴィオラ版が録音リリースされ、チェロ版が出版されている。本日はチェロでKhse Buonを上演。バッハ無伴奏組曲群にも匹敵する弦の高低を問わぬ遥かな螺旋状に広がる時間構造が数十分にわたる持続を永遠の相へと接続、その高度に洗練された融合の妙が静かなる陶酔を伴って深い内観内省へと導いてゆく。(中村典子)

チナリー・ウン[作曲] 1942年11月24日、カンボジアタケオに生まれる。現在はカリフォルニア在住。1964年にクラリネットを勉強するためにアメリカに到着し、作曲に転向。チュウ・ウェンチュンとマリオ・ダビドフスキーに師事し、1974年にコロンビア大学で博士号取得。1988年、ルイスヴィル グロマイヤーアワード(音楽・作曲部門)を受賞した初めてのアメリカ人となり、ケネデイセンターフリードハイムアワード、アーツ&レターズオブアメリカンアカデミー、アジアファウンデーション、アジアンカルチュラルカウンシル、ロックフェラーファウンデーション、フォードファウンデーション、グッゲンハイムファウンデーション、ジョイスファウンデーション、ナショナルエンドウメントフォージアーツも受賞。ノーザンイリノイ大学、コネチカットカレッジ、ペニンシルバニア大学、アリゾナ州立大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教えている。ウンの音楽は、C.F.ペータースから出版されており、New World Records, Bridge Records, Cambria, London Records, Other Minds, Oodiscs, Nami Records, Kojima Records, Albany Records, Norton Recordings, Composers Recording Incorporated, Folkways Records, Koch Internationalに録音されている。

春讃 (flute)-福島和夫
FUKUSHIMA Kazuo (1930- ):SHUN-SAN (1969)

横長の楽譜に記されているのは音高と音量の多種多様な奏法と音量であり、その線状は直線のようで微妙に記号化されることを拒んだ僅かな揺れを含む手書きの線である。音高においてはト音記号は全ての段で表されず、表象東洋的質感に基づいて装飾音、震音奏法、顫音奏法、滑音奏法、倍音奏法、重音奏法が殆どの音に加わり、それらが加わらないごく僅かの音が構造の核となり、音長においては絶対的に記されることが一切なく、線状に相対的に記される。1969年2月5日から11日、東京六本木で作曲。(中村典子)

福島和夫[作曲]前頁参照。

ゆきはな(electronics) -稲谷祐亮
INATANI Yusuke (1992-) :YUKIHANA (World Premiere)

永しえに辛き 思い出の
花盛りなる 乙女子は
夢ばかりなる 春の日々
明くれば失する 御契りよ

生くるは時の 矢の如し
月のみ照らす 闇の夜に
我が影映る 雪景色
遠吠え哀し 獣の聲

駆り立つる犬は 狂ひ啼き
縺れる絲を切放たむ
さすらひ好む ものなりと
別れの祈り 捧ぐる朝

老いさらばえる 歩みなる
若き我が身の ひとり道
汝の寝ぬる その宿の                                          
扉に残す 我が思ひ                                
  (「おやすみ」《冬の旅》より 詩:ミュラー 古語訳:稲谷祐亮・中村典子)

稲谷祐亮[作曲]前頁参照。

Performers

中村美佳[舞踊]法村友井バレエ学校を経て、同バレエ団に入団。法村牧緒氏に師事。以降退団までプリマとして活躍。1991年(財)松山バレエ団芸術奨励賞受賞。金剛能楽堂での創作バレエ《花變容》主演(音楽:中村典子、振付:石井潤、共演:大寺資二、岩本正治、福岡豊、祝祭京都創生1200年芸術祭典。京 音楽舞踊部門)1995年村松賞受賞。新国立劇場設立と共に入団、開場記念公演「梵鐘の聲」(石井 潤氏振付)の建札門院で主演。くるみ割り人形・マーシャをはじめ、6シーズン、バレエ団公演に参加する。退団後、文化庁国際芸術交流支援事業として行われた京都洋舞協議会メキシコ公演で自身も参加する傍ら、ミストレスを務める。イルミナートフィル&バレエ『ロミエとジュリエット』のジュリエット役、白鳥の湖のオデット役で主演、日本を代表するバレリーナとして存在を示した。現在、自らも踊りながら、中村美佳バレエ教室を主宰、後進の指導にもつとめている。 

中村圭介[ピアノ]兵庫県立西宮高校音楽科を経て京都市立芸術大学音楽学部卒業。ドイツ国立ハノーファー音楽演劇大学芸術家養成課程卒業後、同大学ソリスト課程へ進む。在学中に文化庁在外派遣研修生として研鑽を積み、野村国際文化財団より奨学生として認められ、グリーグのピアノ作品演奏研究を行う。北欧の作曲家の作品を集めた演奏会「北の国から」(2011年2月神戸芸術センター、11月京都芸術センター)や、現代音楽の演奏、初演を数多く手掛ける。CD 清水慶彦作品集「六相円融」など、現在若手ピアニストとして活躍中。兵庫県学生ピアノコンクール最優秀賞。第三回神戸芸術センター記念コンクール銅賞。第22回宝塚ベガ音楽コンクール入選。第26回摂津音楽祭入選。第10回グリーグ国際ピアノコンクールにてバルトーク賞及びディプロムを授与。第24回宝塚ベガ音楽コンクール2位など数多くのコンクールにて入選・入賞。 これまでにピアノを森川和子、田隅靖子、上野真、Einar Steen-Noklebergの各氏に、フォルテピアノをZvi menikerに師事。

金田仁美[ピアノ] 4歳でピアノを始める。第2回ガブリエル・フォーレ国際ピアノコンクールにて審査員満場一致の第1位。(フランス・パミエ市)第12回イル・ド・フランス国際ピアノコンクール第3位(フランス・パリ郊外)第19回吹田音楽コンクールピアノ部門第1位。藤岡幸夫指揮関西フィルと共演。第18回摂津音楽祭伴奏賞受賞。第20回日本ピアノ教育連盟主催ピアノオーディション本選入賞。第23回飯塚新人音楽コンクール ピアノ部門第3位入賞。テレマン室内管弦楽団と共演。第10回浜松国際ピアノアカデミー受講。第18回和歌山音楽コンクールピアノ部門第1位入賞。現田茂夫指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演。第48回関西新人演奏会出演。京都市立芸術大学音楽学部卒業。ピアノフェスティバル、学内リサイタル、卒業演奏会等出演。パリ・エコールノルマル音楽院高等ディプロム、室内楽ディプロムをいずれも審査員満場一致の賛同を得て取得。これまで、井出稔子、山岡真弓、服部久美子、笠間春子、岡田敦子、神谷郁代、ブルーノ・リグット、野原みどりの各氏に師事。

大村優希恵[フルート]兵庫県立西宮高等学校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部管・打楽専攻を経て、現在、同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻1年在籍。第16回びわ湖国際フルートコンクールアドヴァンス部門入選。京都・国際音楽学生フェスティバル2015に参加。第42回フルート新人演奏会に出演、優秀賞受賞。第32回ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。大友太郎、酒井秀明、ジョゼッペ・ノヴァ、エミリー・バイノンのマスタークラスを受講。これまでにフルートを新保江美、長谷場純一、大嶋義実、富久田治彦の各氏に、室内楽を倉橋日出夫、大嶋義実、安藤史子、上田希の各氏に師事。

森本英希[フルート]京都市立芸術大学音楽学部卒業。同大学修士課程修了。大阪シンフォニカー交響楽団フルート奏者を経て現在テレマン室内オーケストラのフルート奏者。その他、フルート四重奏団「アンサンブル・リュネット」、現代音楽アンサンブル「ネクスト・マッシュルーム・プロモーション」、ピリオド楽器アンサンブル「京都バロック楽器アンサンブル」のメンバー。また、アレンジや作曲も手がけるなど多方面にわたり活動中。フルートを安藤史子、伊藤公一、大嶋義実、白石孝子の諸氏に師事。故J.ベイカー、故C.ラルデ、M.ラリュー、T.ワイ、Ph.ベルノルド、J.フェランディス各氏のマスタークラスを受講し研鑚を積む。ムラマツ・フルート・レッスンセンター講師。現在、京都市立芸術大学大学院博士課程器楽研究領域在籍。

小嶋稜[鍵盤ハーモニカ]大阪府寝屋川市出身。全日本学生音楽コンクール高校生部門大阪大会2位、同全国入賞。第21 回京都芸術祭奨励賞、第7回堺国際ピアノコンクールD級1位。第14回浜松国際ピアノアカデミーコンクール奨励賞。第12回「万里の長城杯」国際音楽コンクール中学生部門1位。第三回いしかわ国際コンクール第1位。青山財団奨学生。大阪チェンバーオーケストラ、ブラジル・リベイランプレート交響楽団と協奏曲を共演。これまでにピアノを汐巻公子氏、 クラウディオ・ソレアス氏、上野真、三舩優子の各氏に、指揮を藤村知史氏に師事。現在、京都市立芸術大学ピアノ専攻4回生。

伊藤慶佑[鍵盤ハーモニカ、エレクトロニクス]三重県生まれ。現在、京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻に在籍。櫻井ゆかり、加藤ユミコ 、岡田加津子、前田守一、葛西聖憲、中村典子の各氏に、ピアノを阪田誠康、樋上由紀子の各氏に師事。

高島翔大[ファゴット]大阪府大阪市出身。15歳よりファゴットを始める。私立大阪桐蔭高等学校卒業。ファゴットを中野陽一朗、國府利支恵の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学4回生。

西村まなみ[チェロ] 京都市立京都堀川音楽高等学校卒業。 第18回"長江杯"国際音楽コンクールアンサンブル部門大学の部第3位、 第16回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第3位。大町剛、雨田一孝、上村昇の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学音楽学部4回生。


井伊亮子[篠笛] 愛知県立芸術大学音楽学部卒業。フルートを永長次郎、白石孝子、村田四郎の各氏に、邦楽囃子(笛)を寶山左衛門に師事。スイスのシオン国際アカデミーにてトレヴァー・ワイ氏のマスタークラスを修了。エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラ、ブルガリア国立ソフィアフィルハーモニー管弦楽団と共演する等、ソロや室内楽で演奏会に出演する。1999年に菅野茂作曲「長唄カルテット」(WVE-161)を初演の際に篠笛を担当し、同時にCD録音を行う。NHK大河ドラマ『武蔵』では笛指導を行った。2010年より、トヨタグループの(株)デンソーが設立した認定NPO法人アジア車いす交流センターが主催するチャリティコンサートに参加し、障がい児へ車いすを寄贈している。フルートと篠笛とで演奏活動を行う他、後進の指導にもあたっている。ムジカA国際音楽協会会員。2011年、京都芸術祭京都府知事賞受賞。

西村彰洋[鍵盤ハーモニカ]第25回来音会ピアノコンクール銅賞、その褒賞としてドイツにて演奏会出演。第43回京都市立芸術大学卒業演奏会に出演。第55回関西新人演奏会に出演。第43回堺市新人演奏会に出演、奨励賞を受賞。第28回京都芸術祭音楽部 門デビューコンサートに出演、同芸術祭新人賞を受賞。ムジカA国際音楽協会会員。大阪府立夕陽丘高校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。 ソロピアニスト、インドネシアのジャワガムラン奏者、伴奏ピアニストとしてジャンルを超えた活動を行う。これまでにピアノを本田尚美、名畑ゆかり、山根亜紀、上野真、宮本弘子各氏に、ジャワ・ガムランのグンデルをTeguh Widodo氏に師事。現在、大阪教育大学大学院に在籍し、音楽ワークショップの研究を進めている。

中村典子[作曲]京都市立芸術大学音楽学部作曲専修卒業、同大学院首席修了。同大院在学中にブレーメン芸術大学へゼメスター派遣留学。故廣瀬量平、北爪道夫、前田守一、藤島昌壽、田島亘、故H.J.カウフマン、G.アミの各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、アメリカ 、メキシコ、ドイツ、フランス 、オーストリア、イタリア、スイス、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、イスラエルの15ケ国各地の音楽祭、コンサートホール、アートセンター、放送局、音楽院、大学等で作品上演。7回の個展。1991年ハイデルベルク大学で自作含む講演(日本の女性作曲家達)。1993年金剛能楽堂初演のバレエ「花變容」(振付:石井潤、主演:中村美佳)が1994年東京フェスティバルバレエ全米ツアー演目となり全米9都市巡演。1995年国連憲章50周年記念UNited We Danceでのサンフランシスコオペラハウス招聘連続公演。97年第1回小倉理三郎音楽奨学金受給者。Artist in residence in "die Höge(Syke)".国際女性作曲家会議(ドイツ)。2001年京都市芸術新人賞受賞。 2008年より京都芸術センター運営委員。2008年2012年と日韓で舞踊家李周煕と連続公演。2010年平成22年度滋賀県文化奨励賞受賞。Asian Composers League Conference & Festival入選 (2009韓国,2011 台湾、2012イスラエル) 2013年大邱国際現代音楽祭、ボローニャイモラサンドメニコ教会・ヴェローナ大聖堂公演。2014年イスラエル・テルアヴィヴ・ブルーメンタールセンターVOX FEMINAE公演、韓国ソウルARUKO大劇場舞踊連続公演、ザルツブルグ ・モーツァルテウム大学で講演(身体と図譜)と上演。京都芸術祭京都市長賞。2015年韓国現代音楽創造集団empty note&clumusica京都公演[京都芸術センター]。Hwaum Chamber Orchestra朝鮮通信使プロジェクトIII京都公演。2016年empty note&clumusica韓国大邱公演[大邱芸術発展所]。ザルツブルグモーツァルテウム大学で講演と上演(流動リズムと音響的推移を通した形状によるアジアの風景=21世紀クラヴィーアリートとして=視覚現象融合による音響推移を通した言語的構造体再統合 《夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景》emsemble clumusica,vocal ensemble clumusicaで国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在」(2013,2014,2015,2016)「アジアの音舞の現在」(2013.2015)「アジアの箏の現在」(2013)開催。日本現代音楽協会、日本作曲家協議会会員。clumusica共宰。コチの会・東風同人。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授、京都芸術センター運営委員。http://d.hatena.ne.jp/nakamura96/ http://nakamura89.exblog.jp


[PR]
Music & Dance,Present in Asian 2016
[with students,master and doctoral students in the class of "seminar of musicology i",
"theoretical research of composition" &" seminar of composition"]

organizer:NAKAMURA lab,speciality of composition
Faculty of Music,Kyoto City University of Arts
clumuisca
cooperation:SASAI lab,specialty of Lacquer arts
Faculty of Arts,Kyoto City University of Arts

国際フェスティバル
アジアの音舞の現在2016

主催:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室
クラムジカ
協力:京都市立芸術大学美術学部漆工専攻笹井研究室

all photo by ARAKI Maho
写真:荒木真歩

lighting design:WATANABE Kana 
照明:渡辺佳奈
e0146075_08030661.jpeg
urushi : Blandine Hamon
漆:ブランディン・ハモン
e0146075_08483709.jpeg
e0146075_10481651.jpeg
e0146075_10451889.jpeg
e0146075_08302707.jpeg
e0146075_08311703.jpeg
e0146075_10440071.jpeg
e0146075_08363535.jpeg
urushi : Blandine Hamon
漆:ブランディン・ハモン
e0146075_11303091.jpeg
INATANI Yusuke:EIKOU(2016,version premiere)
稲谷祐亮:影光
electronics: INATANI Yusuke
エレクトロニクス:稲谷祐亮
e0146075_11281893.jpeg

FUKUSHIMA Kazuo: MEI(1962)
福島和夫:冥
flute:MORIKOTO Hideki
フルート:森本英希
e0146075_11250824.jpeg
ENDO Takaaki:Sand Ripple (2016,World Premiere)
遠藤隆明:砂紋
electronics:ENDO Takaaki
エレクトロニクス:遠藤隆明
e0146075_11254835.jpeg

HARUNO Kai:Neuron Image (2016)
春野海:Neuron Image
electronics:HARUNO Kai 
エレクトロニクス:春野海
e0146075_11265619.jpeg

Sesshu KAI : Music for flute solo(1976)
甲斐説宗:フルートのための音楽
flute:MORIMOTO Hideki
フルート:森本英希
e0146075_11441109.jpeg

SAKAI Kenji:Reflecting Space I -Bell,cloud and disincarnations(2007)
酒井健治:Reflecting Space I -Bell,cloud and disincarnations
piano:NAKAMURA Keisuke
ピアノ:中村圭介
e0146075_11020464.jpeg

e0146075_08381663.jpeg

e0146075_08380946.jpeg

e0146075_11044660.jpeg

e0146075_08401004.jpeg

e0146075_11065655.jpeg

e0146075_10490930.jpeg

Lili BOULANGER : D'un vieux jardin Cortage D'un jardin clair (1914)
George BIZET:Carillon (1872)
choreograph & dance: NAKAMURA Mika piano:KANATA Hitomi
リリ・ブーランジェ:古い庭で 行列 新しい庭で ジョルジュ・ビゼー:鐘
振付・舞踊:中村美佳 ピアノ:金田仁美
e0146075_10361402.jpeg

SAKAI Nobuaki : Un Violet qui ne se réfléchit pas dans l'eau. Op.1(2002)
酒井信明:紫は水に映らず
piano:NAKAMURA Keisuke
ピアノ:中村圭介
e0146075_10503383.jpeg

e0146075_08294962.jpeg

e0146075_08485851.jpeg

e0146075_10283430.jpeg

NAKAMURA Noriko:from SUZUKA Mag-outa 6 diferencias(2011-)
中村典子:鈴鹿馬子唄六様 より
baby green(2013) 雛翠
keyboard harmonica : ITO Keisuke KOJIMA Ryo NISHIMURA Akihiro
鍵盤ハーモニカ:伊藤慶佑 小嶋稜 西村彰洋 
vox verum quasi caelum(2016,World Premiere) 眞聲天如
electronics:NAKAMURA Noriko  basson:TAKASHIMA Shota
crossing voices [on the base of SUZUKA Magouta](2011) 交聲譜[鈴鹿馬子唄]
Shinbone:Ii Akiko 17gen:NISHIMURA Akihiro piano:NAKAMURA Noriko
篠笛:井伊亮子 十七絃:西村彰洋 鋼琴:中村典子
SUZUKA Magouta (2015) 鈴鹿馬子唄
traditional singing:NAKAMURA Noriko 聲:中村典子
e0146075_08373509.jpeg

Chinary UNG : Khse Buon(1980)
チナリー・ウン:四絃
cello:NISHIMURA Manami
チェロ:西村まなみ
e0146075_08415821.jpeg

FUKUSHIMA Kazuo:SHUN-SAN(1969)
福島和夫:春讃
flute:OMURA Yukie
フルート:大村優希恵
e0146075_10223567.jpeg

INATANI Yusuke: YUKIHANA (2016,World Premeire)
稲谷祐亮:ゆきはな
electronics:INATANI Yusuke
エレクトロニクス:稲谷祐亮

[PR]
clumusica 21st concert [clumusica friendship charity 23]

International Contemporary Music Festival
アジアの管絃の現在 2016 Present of Orchestral Asia 
禱聲
VOICES for PRAYER
地籟の円環 初源の天庭
circulation of field songs,beginning miniature in sky

2016.5.22[Sun] 京都市立芸術大学大学会館ホール
Kyoto City University for Art University Hall

主催 : clumusica 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 nakamura@kcua.ac.jp
後援 : 日本現代音楽協会 日本作曲家協議会
協力 : 大阪音楽大学作曲専攻諸橋研究室
国立大学法人滋賀大学教育学部若林研究室
国立大学法人高知大学教育学部前田研究室 
国立大学法人奈良教育大学音楽教育講座北條研究室 
国立大学常人大分大学教育福祉部清水研究室

ごあいさつ

「アジアの管絃の現在2016」の開催、おめでとうございます。
本学は2013年に、韓国の作曲家の方々との「協創」事業を開始しました。翌2014年には、中国の作曲家の方々と協力し、中国の伝統楽器「古箏」「古琴」と西洋楽器とを交えた新作の競演が実現しました。さらに2015年には、モンゴルとシンガポール、マレーシアの作曲家・音楽家の方々、ならびにイスラエル、ドイツ、オーストリア、イタリアの作曲家・音楽家の方々とともに、電子音楽、管絃楽、合唱等、多彩な領域を交差させる「協創」プログラムに取り組みました。本年もまた、皆様をお迎えしてこうした取り組みを実現できることは、本学にとっても大きな喜びです。京都でのこの競演とディスカッションとが音楽の新しい扉を開くことを大いに期待しております。

京都市立芸術大学学長  鷲田清一 

近年5年連続開催され、またこの本学大学会館ホールでの開催4度目となる国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在2016」の開催を大変嬉しく感じています。中村研究室に拠を置くclumusicaとヨーロッパ・アジア・日本各地の作曲家達による創作と演奏の交流が、この沓掛の地・京都市立芸術大学を舞台に繰り広げられ、京都で多数上演初演される意義と共に、京都がその研究と発表の拠点となる更なる新しい創造の扉を開くことを心より期待しております。

京都市立芸術大学大学院音楽研究科長 山本毅

本日はお忙しいなか「アジアの管絃の現在2016」へお運びくださり誠にありがとうございます。ご協力いただきましたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

今回は、2012年の「􏰁アジアの箏の現在」、2013年の韓国東西楽会と共同開催の「アジアの管絃の現在」と「アジアの音舞の現在」、2014年の中国語圏の作曲家達ヨーロッパの作曲家達と日本の箏・中国の古琴・古箏と室内楽・オーケストラのための創造に取り組んだ「アジアの管絃の現在2」、2015年の中国語圏と英語圏の交差するシンガポール、マレーシアの作曲家達との共同作業で、中国内モンゴルからイスラエル、ドイツ、オーストリア、イタリアと世界各地からの作曲家による日本の箏と中国の古箏と二胡そして西洋楽器のコンビネーションと合唱・オーケストラそして映像とエレクトロニクスまで多ジャンルを結合させた総合的な「アジアの管絃の現在3」に続く「アジアの管絃の現在4」として、京都関西日本アジア世界各地から、京都で京都の歴史性に深く根ざす領域的交差の未来創造の始に開催するものです。

東日本大震災、世界に起こる様々な紛争・災害による困難に至るまで様々な場所で復興への時間が継続するなか、折しも先月4月14日の地震後予想を上回る本震に、一ヶ月を経て千数百回にも及ぶ続震の最中にある熊本地震の被災者のご冥福をお祈りし、現在進行中の被災地をも含む今後の長い復興への道のりに取り組むために力を尽くしてまいります。

今回の二つの演奏会は、禱聲−地籟の円環・初源の天庭と題し、地と真に結んで展開されます。clumusicaメンバーの三つの作品、雅楽ベースの平安末期の古楽譜解釈による合唱組曲集、隠れキリシタンテキストベースの異形の法楽−奥豊後邪宗祭儀遺聞、そしてグレゴリオ聖歌漢訳とサンスクリット漢訳からの創造−天聲地韻 vox caelum,terra rithimusを基盤に、フェスティバル主題「禱聲−地籟の 円環・初源の天庭」を廻って集められた珠玉の作品群には独自の天地との語らいに満ち溢れ、東西そして天地の行き交いはトマス・タリスの40声部多声音楽の華「おんみのほかにのぞみなし」で、アンサンブルメンバー自身の録音と実演の合成交差による360度全周からの響きで皆様を深く包みます。また、会場の20の柱に掲げられて皆様をまなざすのは、美術学部版画研究室20年のPRINTLABコレクションから同研究室の出原司教授と宮田雪乃先生により今主題よりセレクションされた20枚のコレクションです。どうぞ視覚と音響共に、天地を結んだ循環を深く味わって頂ければと存じます。

演奏には主に本学教員と学生卒業生、世界と関西圏をつなぐ奏者があたり、ラウンドテーブルでは、其々の参加作品から、禱聲—声の祈り[見えないもの隠されたもの欠けているものから]をテーマに、まさに全容を現さんとする新たな音世界の初源を、それぞれ重層的に語り尽くします。

clumusica(􏰐クラムジカ・不器用な音楽)は2007年の創立以来、地と真に結んでゆくことを表現の核に据え、アジア圏の活発な現代音楽創造の基点のひとつたらんとすべての世代すべての地域の作曲家と演奏家の協創を指針に活動し、今回で21回目の公演を迎えます。今後共なにとぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

collaborative supervisor of ensemble clumusica 京都市立芸術大学音楽学部准教授 中村典子

国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在2016》

禱聲 VOICES for PRAYER (clumusica 第21回公演・clumusica friendship charity 23)

フェスティバルメッセージ       鷲田清一(京都市立芸術大学学長)
フェスティバルアドバイザー      山本毅(京都市立芸術大学大学院音楽研究科長)
フェスティバルアドバイザー      大嶋義実(京都市立芸術大学音楽学部長)
ホールポートレイトエキシビジョン   出原司(京都市立芸術大学美術学部教授) 
ホールポートレイトエキシビジョン   宮田雪乃(京都市立芸術大学美術学部非常勤講師)
ステージディレクター          小松淳史(大妻女子大学非常勤講師・
                   京都市立芸術大学音楽教育研究会特別研究員)
ステージディレクター         稲谷祐亮(京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻2回生)
フロアディレクター          佐々木望(今春院修了,N.A.T.)
テクニカルディレクター        伊藤慶佑(京都市立芸術大学作曲専攻5回生)
ライティングデザイン           渡辺佳奈(京都市立芸術大学日本画専攻4回生) 
                   西村千津子(京都市立芸術大学非常勤講師)
エレクトロニクス・アコースティック  稲谷祐亮(京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻2回生)
エレクトロニクス・アコースティック  山口友寛(京都市立芸術大学非常勤講師)
フォトグラファー           荒木真歩(本学卒業、神戸大学大学院1回生)
ヴィデオシューター          佐々木望(今春院修了,N.A.T.)
アンサンブルマネージャー        稲谷祐亮(京都市立芸術大学大学院修士課程作曲専攻2回生)
ヴォーカルアンサンブルマネジャー    池田真己(京都市立芸術大学大学院修士課程声楽専攻2回生)
パーカッション台制作         乃村健一(京都市立芸術大学音楽学部非常勤講師)
パーカッションアシスタンス      伊藤隆也(フリーランス)
ステージ               遠藤隆明・岡田善次・藤田茉奈美
                   (京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻4回生)
ステージ               尼子由里絵・山川和也・岩井美紗・横田真衣
                   (京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻3・2回生)
ステージ               池内奏音・影近舞帆・宮ノ原綾音
                   (京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻1回生)
クラムジカ              増田真結(京都市立芸術大学非常勤講師、
                   神戸女学院大学非常勤講師)
クラムジカ              清水慶彦(国立大分大学福祉化学部准教授)
クラムジカ              中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)
企画:clumusica@Nakamura lab,KCUA [増田真結 清水慶彦 中村典子] 


[PR]

PRINTLAB 1995-2015 IZUHARA・MIYATA Selection
commissioned by Nakamura lab,Faculty of Music,KCUA
出原 司[版画]1953 年京都生まれ。1979 年京都市立芸術大学西洋画科専攻科修了。時空間互換と言うテーマは壮大に聞こえますが、たいした事じゃない。トンボと言う印刷の為の仕組みはいつも同じ位置にあるから成り立っていますが「時間軸」を無視すると私の巨大な作品になります。いつか時間軸だ けでできたトンボも使えるのでは?と夢想しています。MAXI GRAPHICA(京都市美術館ほか)、和歌山版画ビエンナーレ・和歌山県立近代美術館、1989 年 版から/版へ 京都市美術館アートナウ・兵庫県立近代美術館、現代の版画 1994・渋谷区立松濤美術館、1999 年 現代版画・21人の方向(国立国際 美術館)、2010 年釜山ビエンナーレ(韓国)、2011 年 個展・番画廊、2014 年 HANGA 展/日本とベルギーの版画の今日(Sint-Niklaas City Museum、ベルギー)
宮田雪乃[版画]1986 年三重県生まれ。2012 年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。共闘、分裂、独立を繰り返しながら、それぞれに立ち現れ ては消えていく経験や記憶の中の風景を作品としています。曖昧に形作られ、微妙に変化し続ける経験や記憶といった メー を推移の総体としてつくりあげることができないかと考えています。【主な展示】2016 年 vs or ≒( ガレリア・グラフィカ |東京)、2015 年 Chasing the Water( アートゾーン神楽岡|京 都)、2014 年 ACG eyes:二次元地層学( アートコートギャラリー|大阪)、2013 年 わたしたちは粒であると同時に波のよう(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA|京都)、2012 年 七月あたりの堂東さんと桐月さんと宮田さん( ギャラリー恵風|京都)、2011 年 RE-Print(文房堂ギャラリー|東京)、2010 年 閨秀の孫娘(思文閣会館|京都)
96' 寺田就子 新しい秘密領域
97' 大西伸明 Slignt decease“banana
97' 浅田香苗 のバランスがくずれかける
98' 太田興美 哲学の道
99' 浅田香苗 同化
00' 田村佳子 音楽家
01' 福田真実 彼的日常
02' 冨永深智 KARA-KARA
03' 吉田宣代 In Her room
04' 野嶋革 「もう言葉までなくしたか・・・」
05' 金山佳弘 relation
06' 石黒英彦 1980年生まれ、次男
07' 松井亜希子 眩暈
08' 尾崎裕美 utsu utsu
09' 宮田雪乃 YOGRET NET
10' 桐月沙樹 Monday
11' 本庄育望 8
12' 伊藤学美 空瓶
13' 上田優奈 ごちゃごちゃ
14' 平田彩乃 オールトの雲


OPENING CONCERT ensemble clumusica

Program
小松淳史[京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会特別研究員・
    甲南女子大学非常勤講師] : 聲の円環(世界初演)
trombone: 武内紗和子[院修了] 和田翠[今春院修了] 田中功平[2]

北條美香代[奈良教育大学准教授] : 玉響 より I.IV(2013)
cello:大西泰徳[本学卒] double bass:赤松美幸[本学卒]

朴守賢 [ISCM World New Music Days 2009(Sweden),
   2014(Poland)入選]:白の御神樂 (2012)
soprano:和田悠花[M2] double bass:石塚廉[3]

前田克治 : 絃の音 [いとのおと](2012)
violin:柳楽毬乃[4] piano:前田克治 [高知大学教育学部准教授]

諸橋玲子[大阪音楽大学講師]:おとなひII (2013)
keyboard harmonica : 伊藤慶佑[5] 小嶋稜[4]
西村彰洋[本学卒 大阪教育大学大学院2
    京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会特別研究員]
ラインハルト・フェーベル[モーツァルテウム大学教授]
:Die Masken des Pierrot [道化の面] (2013)
坪能克裕[日本現代音楽協会前会長] : Celestial−Vib (2007)
soprano:上野洋子[京都市立芸術大学専任講師] piano:小嶋稜[4]
伴谷晃二[ エリザベト音楽大学名誉教授] : 風の詩II 余白の旅を求めて
vibraphone:宮本妥子[同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師]
十七絃箏:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子[同志社女子大学嘱託講師、
                  相愛大学非常勤講師]

トークセッション 聲禱—声の祈り
[見えないもの隠されたもの欠けているものから]
北條美香代 [奈良教育大学准教授]
朴守賢 [ISCM World New Music Days 2009(Sweden),2014(Poland)入選]
前田克治 [高知大学教育学部准教授] 諸橋玲子 [大阪音楽大学講師]
坪能克裕[日本現代音楽協会前会長]
伴谷晃二[エリザベト音楽大学名誉教授]
司会:中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授]

CHORAL CONCERT vocal ensemble clumusica

vocal ensemble clumusica
伊藤黎[今春院修了] 中川郁文[今春院修了]
村辺恵奈[本学卒] 丸山晃子[院修了、神戸市混声合唱団]
石堂藍[本学卒] 中原加奈[本学卒]
片山千聖[本学卒] 瀬戸口文乃[大阪音楽大学大学院修了]
喜納和[院2] 中川智樹[本学卒] 菊田義典[本学卒]
池田真己[院2、神戸市混声合唱団] 宮尾和真[4]
大井卓也[本学卒,大阪市立大学大学院今春修了]
内山建人[今春院修了,びわこホール声楽アンサンブル]

Program

増田真結[京都市立芸術大学、神戸女学院非常勤講師] :

平安末期の古楽譜解釈による合唱組曲集(2015)

箏:中川佳代子 vocal ensemble clumusica

トマス・タリス:おんみのほかにのぞみなし(1570)
指揮:石原祐介[京都市立芸術大学非常勤講師]
electronics:山口友寛[京都市立芸術大学非常勤講師]
vocal ensemble clumusica

カルロ・フォルリヴェジ:Spem in Alium [おんみのほかにのぞみなし] (2005)
soprano:伊藤黎[今春院修了] 中川郁文[今春院修了]

清水慶彦[大分大学教育福祉科部准教授] :異形の法楽奥豊後邪宗祭儀遺聞(2014)
指揮:石原祐介[京都市立芸術大学講師] 独唱:喜納和[院2]
箏:中川佳代子piano:小嶋稜 vocal ensemble clumusica

若林千春 : 魔法陣...数迷宮(1995)
[かぞえうたによる変容] 混声合唱と鳴り物のために(1995)
指揮:若林千春[滋賀大学教育学部教授] vocal ensemble clumusica

稲谷祐亮: 渺聞(2015)
voice:中部真美[4] vn:藪野巨倫[院2] va:江川菜緒[院1]
fl:青木浅間[4] perc:陶山美輝[本学卒、相愛大学大学院1]
指揮:三原寛志[2] electronics:稲谷祐亮[院2]

聖ヒルデガルド・フォン・ビンゲン:Ave generosa (12C)
[こんにちは こころの廣いひと]
soprano:伊藤黎[今春院修了]

中村典子:天聲地韻 vox caelum,terra rithimus (世界初演)
spiritual voice:上野洋子[京都市立芸術大学専任講師]
tenor:楊雪元[八橋検校] vocal ensemble clumusica
箏:福原左和子 中川佳代子 横山佳世子[鳴門教育大学非常勤講師]
十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子 [同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師]
上中あさみ [京都市立芸術大学非常勤講師] 指揮:中村典子 [京都市立芸術大学准教授]

vocal ensemble clumusica:
伊藤黎 中川郁文 村辺恵奈 丸山晃子 石堂藍 中原加奈 片山千聖 瀬戸口文乃 喜納和 中川智樹 池田真己 宮尾和真 菊田義典 大井卓也 内山建人

[PR]
OPENING CONCERT

小松淳史[京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会特別研究員・
甲南女子大学非常勤講師] : 聲の円環 (世界初演)
KOMATSU Atsushi : Ring of Voice
trombone: 武内紗和子[院修了] 和田翠[今春院修了] 田中功平[2]

この作品は、本日の演奏会の最初を飾るべく、「ファンファーレ」として書かれたものである。編成はトロンボーン三重奏という形を取った。このトロンボーンという楽器は、管を ラ ドさせることで音程を取る。従って、グリッサンドによって音を滑らかに変えることが出来る。そういう観点から言えば、「人の声」に近い管楽器とも言えるのではなかろうか。この作品では、この楽器の特性であるグリッサンドを多用し、「声のファンファーレ」の実現を目指した。お互いの「声」が付いたり離れたりしながら、次第に大きな円を描いていく、そのようなイメージで曲の構成を行った。

小松淳史[作曲]京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。同大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。大学院在学中、ウィーン国立音楽大学に交換留学生として派遣される。 十河陽一、藤島昌寿、松本日之春、前田守一、中村典子、岡田加津子の各 氏に師事。<現音in関西>「宮本妥子パーカッションリサイタル」の公募作品に選出される。 第20回奏楽堂日本歌曲 ン ール作 曲部門「一般の部」入選。 現在、甲南女子大学非常勤講師。

北條美香代[奈良教育大学准教授] : 玉響 より I.IV (2013)
HOJO Mikayo:from TAMAYURA I IV
cello:大西泰徳[本学卒] double bass:赤松美幸[本学卒]

玉響の「玉」は宝石、美しい石。その宝石の揺れる刹那の時間をたまゆらと呼ぶ。この揺らいだ一瞬に放つきらめきを表現するのに、 チェロとコントラバスの織りなす低弦のアンサンブルが相応しいのではないか思った。
全曲は4楽章からなり、それぞれが、ときに凝縮した時間を提供し、ときに原始的な表現で、ときに輝きをもって時間を進めてゆく。それぞれの楽章で、4つ の「うた」が唱われる。本日は、そのうちの1、4楽章を演奏する。

北條美香代[作曲]東京藝術大学大学院博士後期課程修了。学位を取得。同大学学部在学中に安宅賞を受賞。「石川の三文 豪によるオーケストラ歌曲作品 コンクール」優秀賞、ほか受賞多数。チェロとアコーディオンのための「かぎろひ」は2012年ニューヨークで演奏され、 アコーディオン奏者大田智美のデビューアルバムに収録されている。Composer Group Cueメンバー。現在、奈良教育大学教育学部准教授。日本現代音楽協会、関西現代音楽交流協会会員。

朴守賢 [ISCM World New Music Days 2009(Sweden),2014(Poland)入選] : 白の御神樂 (2012)
Park Soo-Hyun : White Birth
soprano:和田悠花[M2] double bass:石塚廉[3]

胎児や魂の記憶を表す世界を、私は「白」と呼びます。作曲年の 2012 年は息子の誕生年でもあり、うまれることの美と神秘性がそのまま作品の主題にな りました。子宮内の音に似たベースがゆったり時を刻み、母なる声が母音から「うまれる」の歌を、少しずつ差し込む現世の光が高潮を迎え「生まれくる愛」と いう意味のハングルを歌います。「白」の世界から発展して、悠久や 、平安を想起する「御神樂」を題名に付しました。元は現代舞踊との共同発表で、 白装束の韓国舞踊「 サルプリ」とも イメージを繋げています。

朴守賢[作曲]大阪音楽大学作曲専攻出身。作曲を田中邦彦氏に師事。 作曲家連盟「 音楽祭 2003」、国際現代 音楽協会(ISCM) World Music Days(2009 / ーデン、2014 / ポーランド)等に入選。第 3 回 ACL-Korea 青年作曲賞優 秀賞、第15 回大邱国際現代音楽祭最優秀賞、日本 ラリネット協会作品 ン ール第 3 位、関西現代音楽交流協会作曲賞、 第 7 回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第 1 位、等を受賞。2008 年「朴守賢朗読音楽作品展」(神戸女学院小ホール)、2015 年「Double Respiration」(京都芸術センター)と個展開催。

前田克治 : 絃の音 [いとのおと] (2012)
MAEDA Katsuji : ito-no-oto
violin:柳楽毬乃[4] piano:前田克治 [高知大学教育学部准教授]

日本には、古来より音楽を意味する「糸竹(いとたけ・しちく)」という言葉がある。竹と糸で管絃だと捉えれば、音楽とはかくも ンプルなものかと思わず にいられない。しかし、もちろん、行為の ンプルさは体験の ンプルさを意味するものではない。調弦を拒絶したバ リンと平均律の鍵盤から逃れようと するピ ノ。響きの根源に立ち帰り、震える糸(絃)から剥き出しの音像が立ちあがることを試みた。[中国・四国の作曲家 2012 in 徳島 プログラムより転載]

前田克治[作曲] 1970 年神戸生まれ。大阪音楽大学、同大学院修士課程において、作曲を近藤圭に師事。大阪音楽大学、同志 社女子大学、大阪成蹊短期大学等勤務を経て、2007年秋、南国高知に赴く。現在、高知大学教育学部准教授。これまでに、「絶え 間ない歌~オーケストラの為の」により武満徹作曲賞第1位、「反射の様相〜2台のピアノを伴うオーケストラの為の」によりアレキサン ダー・ツェムリンスキー作曲賞第1位他、クラングフォーラム・ウィーン国際作曲コンペティション入選、秋吉台国際作曲賞山口県知事 賞等入賞、入選。2013年3月、「ピアノ実験室」(高知県立美術館ホール)開催。 2016年3月「高知バリー・ウェッブMusic Project 2016出逢い・創造・祈り・・・そして希望」開催。

諸橋玲子[大阪音楽大学講師]:おとなひII (2013) MOROHASHI Reiko : OTONAHI II
keyboard harmonica : 伊藤慶佑[5] 小嶋稜[4]
西村彰洋 [本学卒 大阪教育大学大学院2 京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会特別研究員]

見えないものへの畏怖と神秘を感じる「闇」。古代、門(廟門)で神への祝詞を「口(さい)」に収めて祈ると、神が気配・かすかな音で神意を表す。これが 「音なひ」であり、神の「音なひ」があらわれることを「闇」と言い、神は姿の見えない幽暗の時に「音づれ」る、ということです。
様々な音に溢れ、意識して音に向き合うことが少なくなっている今、意識して音に向き合うことが少なくなっている今、古代に神のおとづれを聴き感じて いたことを思い起こし、音が生まれる気配を感じ、かそけき音にじっくり耳を傾け、深く味わう喜びを今一度噛みしめて、鍵盤ハーモニ の世界を生み出すこ とができればと願っています。[現代の音楽展2013 扉—未知なる創造へ 野村誠 鍵盤ハーモニ 三重奏のために。 プロ ラムノートより転載]

諸橋玲子[作曲]大阪音楽大学大学院作曲専攻修了。日本・東洋の哲学・美学をベー に、あたかも何もないかに見える日本的 空間に潜む”内なる声”の静的でありながら凝縮した激しい ネル ーをもつ音の宇宙(せかい)を追求、創作している。作品は、 イタリア 、ドイツ、 フランス 、ルーマニア などでも紹介されている。日本現代音楽協会会員。大阪音楽大学講師。

ラインハルト・フェーベル[モーツァルテウム大学教授] :Die Masken des Pierrot [道化の面] (2013)
Reinhard FEBEL;Die Masken des Pierrot
soprano:上野洋子[京都市立芸術大学専任講師] piano:小嶋稜[4]

私は劇場で見ていた偉大なパントマイムマルセル・マルソーのシーンに触発され、何か持続的に感銘を受けた。白い顔をした俳優、観客としかめっ面、 沈黙ですべての前で行われ、表される。しばらくして、彼がマスクを着用していることが明らかになる。すぐに彼は映画のように、努力もせず、これを引っ張る - 彼の顔から下に -多分それは、ゴムで作られていて、しかし、それらの間の唯一の新しいマスクが明らかにされている。それは生意気な笑いを表すマスクに来るまで -ニヤリ、厄介なルックス 、嘲笑、フラストレー ョン、皮肉 と彼は徐々にマスクや顔の表情の多様性をプルダウンする。彼は笑って笑って、笑っ て...しかし、今、それは彼がこのマスクをしていないことが明らかである。彼らは明らかに詰まった、徐々に、ほとんど死ぬほど笑って、これ以上の空気を、笑って得る。最後の瞬間だけ、自身の顔はほぼ息が詰まる、または彼の本当の顔さえ、ということではないか。
歌い手は女優として演じ、舞台で動作する。道化劇として演じる。それは歌うこころの作品の感覚を作る。道化の面は女声だけが演じられる。しかしなが ら、移調は可能である。ピアノのグリッサンドは移調ヴァージョンでは最小の変更で、もっぱら白鍵で下降する。

ラインハルト・フェーベル[作曲]ドイツの作曲家、オペラによって著名。音楽理論家でもあり、ハノーヴァー音楽演劇大学とザルツブルグ・モーツァルテウム大学教授。バーデンビュルツブルグ州メッティンゲンに生まれ、シュットゥットガルト音楽大学のユルゲン・ ウーデのもとでピアノを、ヘルムート・ラッヘンマンの進めで1979年より作曲を、さらにフライブルグ音楽大学でクラウス・フーバーの もとで作曲を、1982年パリのIRCAMで電子音楽をおさめる。1983年バイエルン歌劇場委嘱で室内オペラ「エゥリディーチェ」作曲。 1984年にはヴィラ・マッシモスカラシップでローマに滞在。1985年にはヨーロッパ共同体青少年オーケストラのために作曲した交響 曲をドナウエッシンゲン音楽週間で初演。1988年キール歌劇場でミュジックテアトル「客を伴った夜」を初演。1989年よりハノーヴァ ー音楽大学の作曲と音楽理論で教鞭を取る。1992年ドルトムント歌劇場で「カスパー・ホイザーの秒と年」(ルーカス・ヘムレブ台本) 初演。2003年フ ル ン ュ ン (フォルケンシュタインのオズワルトのテキストによる歌曲と合唱曲)がベルリンフィル初演。作曲 者自身の台本によるフリーダ・カーロ、エドヴァルド・ホッパーとディエゴ・ヴェラスケスの3つの画からの ンマーテ ー 二人の歌 手、二人の俳優と室内管弦楽のための は、 ンマー ーは2009年キール歌劇場初演。南アメリカのチリ、ペルー、ウルグアイ、 ペルー 、 アルゼンチン、ニュージーランド、南アフリカのナタル大学とキャメロン、スコーピエ、エディンバラとリガでも講演や上演を行う。

坪能克裕[日本現代音楽協会前会長] : Celestial−Vib (2007)
TSUBONOH Katsuhiro : Celestial−Vib
vibraphone:宮本妥子[同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師]

天空に響く音のゆらぎ、という意味です。ヴィブラフォーンの持っている様々な音が、浮かび上がります。そのために既成のバ の他に、真綿にくるまれたようなバチ 、皮のバチ、<料理の>ハシ 、吸盤のバチ 、(箒のような) クラスターバチ、などが使われます。
奇をてらい面白がってではなく、金属の深層にある真綿のようなバチでしか出ない音、吸盤が当たり、外れる時にでる音など、隠れた音たちの登場に私が感動してできた歌でもあるのです。
曲は、そのふんわりとした倍音のなかから始まります。正面からの演奏だけでななく、バチによっては縦に回り、反対側からも、演奏するようになっています。 1枚の鍵盤でも、板全体を使います。そして自然のなかの倍音に吸収されるように終わります。
ヴィヴラフォーン演奏家・藤本隆文氏のために書きました。今回の録音が初演になります。07年5月に作曲(坪能克裕)「CD:坪能克裕 スカイプリズム 現代日本の作曲家 fontec」より転載。
2013年滋賀県大津市伝統芸能会館能楽ホールで開催した国際フェスティバル「 アジアの音舞の現在2013」でも、宮本妥子氏の演奏により上演している。

坪能克裕[作曲]東京音楽大学作曲指揮科卒。「市民文化育成プロ ラム」を持ち、文化芸術の普及活動に従事。作品は管弦 楽曲、室内楽曲、電子音楽、子どもから大人の歌・合唱、TVや映画から ニメの音楽と多岐にわたる。東京音楽大学非常勤講師。 (公社)全国公立文化施設協会<活性化> ドバ ー。文化庁支援事業選考委員。(公財)花王芸術・科学財団選考委員。文化 政策審議会委員。前日本現代音楽協会会長(2008-2012)。著書に「教室から出た天才たち」「文化会館のマドンナたち」「鑑賞の 授業づくり デ 集(共著)」など。

伴谷晃二[ エリザベト音楽大学名誉教授] : 風の詩II 余白の旅を求めて
TOMOTANI Koji : The poems of wind II
十七絃箏:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子[同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師]

二十数年前、『余白の旅』(日本基督教壇出版局)の著者であるカトリック司祭の井上洋治神父に出会った。氏は芭蕉、法然、一遍上人をはじめ東洋思想 の研究に優れ、書物も多い。また、「生きとしいけるものの余白の力こそ、芭蕉や一遍はこれを”風“ということばでよんだのではなかったのか。」との市のメッセージを背景に、十七絃箏とパーカッションの対話的作品とした。この作品は、12の小部分の連鎖からなる。

伴谷晃二[作曲]広島生まれ。国立音楽大学大学院修了。パリ、 エコールノルマル音楽院卒業。オリヴィエ ・メシアン他の各氏 に師事。現在、 エリベト音楽大学名誉教授、中国・四川音楽学院、広州大学、内蒙古市販大学客員教授。広島交響楽協会理事。日本現代音楽協会、日本作曲家協議会会員。中国・四国の作曲家会長。 オーケストラ・プロジェクト同人。「東 音楽祭 inヒロシマ」音楽監督。’92年、第2回国際作曲コンクール入選。’98年、文化庁芸術祭優秀賞受賞。<ISCM-ACL(国際現代音 楽協会、 作曲家連盟共催)World Music Days 2007 Hong Kong>入選。(<Music from Japan Festival( アメリカ公演)> 入選。<East Asia New Music Festival 2010 in Hong Kong>招待作品他。CDおよび楽譜出版多数。2009-10年「 オロチ 〜火 と水への讃歌〜神楽と ー トラのために」(委嘱、企画構成・作曲:世界初演)2015年「ヒロシマの詩VI、 クラリネット、打楽器、 弦楽オーケストラ のために」(ドイツ・ハノーバー市寄贈作品、世界初演)2009年度「広島市民賞」受賞。


[PR]
CHORAL CONCERT vocal ensemble clumusica

増田真結[京都市立芸術大学、神戸女学院非常勤講師] :
平安末期の古楽譜解釈による合唱組曲集(2015)
MASUDA Mayu : Choral Suite by the interpretation
of old notation in the end of Heian period
vocal ensemble clumusica 箏:中川佳代子

郎君子 やどれるはちす ひらくるおりに ほとけをみるぞ めでたきめでたき よろずのひかり かがやきあいて てらすぞやうれしき
伊勢海 いせのうみのなぎさに しおがいになのりそやつまん かいやひろわんや たまやひろわんや るり るりのちのこだち めでたやたからや いけのはまごとに たまやひろわんや たまやひろわんや
賀殿急 チララリ タラリラ チリラリ タラリラ チイララ タリラリ タラリヤ チイララ タンナアリ リイタリ チヤランナ アリタリ チヤランナ 続

増田真結[作曲]:京都市立芸術大学を卒業(音楽学部賞、京都音楽協会賞)、及び同大学院音楽研究科修士課 程を修了(大 学院賞)。在学時、明治安田クオリティオブライフの奨学生に選出、修士課程在学中にはドイツ・ブレーメン芸術大学へ交換留 2013年京都市立芸術大学院音楽研究科博士(後期)課程修了(音楽博士)。第10回東京国際室内楽コンクール第3位入賞、第 23回現音作曲新人賞受賞、第15回及び第18回 奏楽堂日本歌曲コンクール一般の部第2位入賞、第78回日本音楽コンクール作曲部門a入選。ドイツSyke市における、音を使ったインスタレーションの展覧会<Klanginstallation>に作品を招待出品。これま でに作曲を港大尋、青島広志、佐藤眞、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ ・パク =パーンの各氏に師事。日本・音楽家 協会会員。clumusica共宰、邦人作曲家作品の研究と普及を目的とするJCMR KYOTOメンバー。京都市立芸術大学非常勤講師、神戸女学院大学非常勤講師。

トマス・タリス :おんみのほかにのぞみなし(1570)
Thomas TALLIS : Spem in Alium nunquam habui

vocal ensemble clumusica
指揮:石原祐介[京都市立芸術大学非常勤講師] electronics:山口友寛[京都市立芸術大学非常勤講師]

Spem in alium nunquam habui Praeter in te, Deus Israel
Qui irasceris et propitius eris
et omnia peccata hominum

in tribulatione dimittis Domine Deus
Creator caeli et terrae respice humilitatem nostram

I have never put my hope in any other but in You, O God of Israel
who can show both anger
and graciousness,

and who absolves all the sins of suffering man Lord God,
Creator of Heaven and Earth
be mindful of our lowliness


おんみのほかにのぞみなし イスラエルの神よ 怒りと恵みを共に示す
そして苦しむひとの 全ての罪を免じる 主なる神よ
天地の創造者 我らの低さに留意ください

トマス・タリス [作曲] イギリスの16世紀の作曲家、 オルガン奏者。バッハ・ヘンデル誕生の100年前に没した。ロンドンの教会や 修道院、大聖堂、王室礼拝堂で働く。カトリック とプロテスタントが対立する宗教改革時、ラテン語および英語による作品を作曲。 この曲に代表される多重声部による大建築的対位法作品を本学で演奏するため エレクトロニクスの力を借りて40声部を本日の 歌い手の声で録音、円周的球体的音楽的構築を生演奏と協働して、15声部の生演奏と25声部のエレクトロニクス的再生による 40声部の聲の円環により、この全円半球状ホールで上演するものである。

清水慶彦[大分大学教育福祉科部准教授] :異形の法楽奥豊後邪宗祭儀遺聞(2014)
SHIMIZU Yoshihiko : A Hidden Ritual
指揮:石原祐介[京都市立芸術大学講師] 独唱:喜納和[院2]
箏:中川佳代子piano:小嶋稜 vocal ensemble clumusica

本作は、大分大学教育福祉化学部合唱のために作曲したもので、同大学平成25年度第49回合同音楽会、平成26年度第50回合同音楽会で演奏されています。
本作では、いわゆる「隠れ切支丹」のあいだで伝承されてきた「おらしょ」をテキストとしています。「おらしょ」とは、「隠れ切支丹」の祭儀にもちいられる一種 の読誦の総称で、ラテン語のOrationが転化したものとされます。16世紀末から17世紀初頭に宣教師たちによって日本で印刷された『どちりな・きりしたん』、『サカラメンタ 提要』などにふくまれる祈祷文や聖歌が、 キリスト教禁令期に次第に変容・土着化し、もはや原意のわからない呪文のようなものとして伝承され てきました(長崎県生月島などには、当時のラテン語聖歌に由来する旋律をともなう「歌おらしょ」である《なじょう》、《らおだて》、《ぐるりよざ》も伝承されています)。大分県には「おらしょ」などの伝承はみられないようですが、竹田の洞窟礼拝堂址などさまざまな切支丹遺構がみられます。

本作でもちいている「おらしょ」《みぜれめん》は、もとがラテン語とされており(『サカラメンタ提要』の《Miserere Mai》がとくに類似しています)、それがゆえ に呪力の強い「おらしょ」と位置づけられることもあるようです。ただし一般的に、「おらしょ」はその原文や意味について考慮されることはなく、 キリスト教の教 義や信仰とも乖離して、あくまで古くから伝わる意味不明の「呪文」として称えられるものですので、本作において、テキストの意味を理解する必要はあり ません。

清水慶彦[作曲]:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業、同学大学院修士課程修了。同大学院の派遣制度によりブレーメ ン芸術大学にて研鑽をつんだ。京都市立芸術大学大学院博士後期課程修了、黛敏郎作品の研究 論文により博士号(音楽)取 得。これまでに松永通温、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク =パーンの各氏に師事。作品集CD『清水慶彦作品集 六相円融』(studio N.A.T)が雑誌『レコード芸術』にて推薦盤に選定されるなど好評を得ている。京都市立芸術大学非常勤講師などを経て2012年より国立大学法人大分大学教育福祉科部准教授。

カルロ・フォルリヴェジ : Spem in Alium [おんみのほかにのぞみなし] (2005)
Carlo FORLIVESI : Spem in Alium
soprano:伊藤黎[今春院修了] soprano:中川郁文[今春院修了]

Spem in alium nunquam habui Praeter in te, Deus Israel
Qui irasceris et propitius eris
et omnia peccata hominum

in tribulatione dimittis Domine Deus
Creator caeli et terrae respice humilitatem nostrum

I have never put my hope in any other
but in You, O God of Israel
who can show both anger

and graciousness,
and who absolves all the sins of suffering man
Lord God,
Creator of Heaven and Earth be mindful of our lowliness

Respond for Sunday Matins, Historia Iudith cf Judith VI , 19 and VIII , 19-20

カルロ・フォルリヴェジ[作曲]:イタリアの作曲家、演奏家、研究者。ボローニャ音楽院、ミラノ音楽院、国立ローマ聖チェチー リア音楽院に学ぶ。フラン のIRCAM、デンマークのDIEM、文部科学省政府給費生として東京音楽大学、フルブライト奨学生とし てノースウェスタン大学で研究。多数の受賞のほか、アイヌ音楽を含む日本伝統音楽と舞踊の分野で研究を重ねた。作品は世界 各地の音楽祭、劇場で定期的に上演されている( アメリカ、 カナダ、 イタリア 、フランス 、ドイツ、 オランダ 、フ ンランド、ポーランド、日 本、中国、オーストラリアなど)。オーケストラ、合唱、室内楽、舞踊音楽、電子音楽、日本伝統楽楽器のために作品が書かれてい る。京都市立芸術大学、東京藝術大学、札幌大学、ノースウェスタン大学、パリ国立音楽院、ソルボンヌ大学、アデレード大学、メル ボルン大学で講演。現在、イタリア国立音楽院教授—作曲。

若林千春 : 魔法陣...数迷宮(1995) [かぞえうたによる変容]
混声合唱と鳴り物のために(1995)
WAKABAYASHI Chinaru : MAGIC SQUARE...Labyrinth of numbers
(Metamorphose by counting-songs)
指揮:若林千春[滋賀大学教育学部教授]
vocal ensemble clumusica

はじめに、ペンタトニックの海の中で増殖し、分裂してゆく“数“のイメージがあった。ある作曲家は、樹々の葉の枚数を、やがては河原の砂粒を数え始めた ということだが、幼少の頃より私にもその傾向があったように思う。
数は抽象的・普遍的・理念的なものであると同時に、象徴的・具象的・体質的・民族的な側面をも持ち合わせている。我が国の掛け算の“九九“には暗記 のためのフ がついており、四は“死“に通じ、“八“は末広がりを暗示し、無理数や電話番号などの語呂合わせは至るところに存在している。(好きな数字、 嫌いな数字が私にはあり、名前にまで数が組み込まれている)
これらさまざまな数の様相にとりかこまれかこまれている状態は、さながら迷宮そのもの、といったところであろう。
作品中に引用される華厳経(一切世界の美塵は、一々の微塵の中より、一切如来の光明、網雲をはなちて。。。)は、無限大と無限小のヴィジョンの、究極 における合一を象徴する。
そして「あちらがわ」でも、再び増殖を始めようとする“数“。。。。(CD 若林千春合唱作品集 『こゑづくし/音迷宮』プログラムノートより転載)

若林千春[作曲]:東京芸術大学作曲科卒業、同大学院作曲課程修了。日本音楽コンクール作曲部門( ー トラ作品)第1 位・安田賞を受賞。第1回東京文化会館舞台芸術作品募集最優秀賞。2001年東京文化会館舞台芸術フェスティバルにて舞台作 品が初演される。現代音楽 ミナー&フ テ バル「秋吉台の夏2006〜2011」の招聘講師として、講演《”うつ”概念による作品と 創造》をおこなう。現在までに9回の作品展を開催。委嘱作品の初演再演多数。「UTU」=「なにもないことのすべて」を コンセプトに 創造活動を展開中。作品は、東京フィルハーモニー・東京交響楽団・札幌交響楽団・東京混声合唱団・東京少年少女合唱 隊・合 唱団 響・松原混声合唱団などにより国内で演奏されているほか、 ジャパンフェスティバルインUKなど世界各国で演奏され、CD・楽譜 がリリース されている。東京藝術大学および同附属高校講師を経て、現在、滋賀大学教育学部教授。京都市立芸術大学非常勤講 師。平成19年度滋賀県文化奨励賞受賞。 http://homepage3.nifty.com/wakabayashichiharu/

稲谷祐亮: 渺聞
声、フルート、打楽器、ヴァイオリン、ヴィオラとエレクトロニクスのための (2015)
INATANI Yusuke : BYOHMON
voice:中部真美[3] vn:藪野巨倫[院2] va:江川菜緒[院1] fl:青木浅間[4]
perc:陶山美輝[本学卒、相愛大学大学院1] 指揮:三原寛志[2] electronics:稲谷祐亮[院2]

木の葉散る宿は聞き分く方ぞなき時雨する夜も時雨せぬ夜も(源頼実) 東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる(石川啄木)
「松蔭の月」−地歌箏曲
軒端の松に秋風の 音も淋しく更くる夜に かかる心のうき雲を 吹きはらひつつ
澄みのぼる 月の御影ぞあきらけき 憂きをなぐさむかたみとて 松のあらしを琴の音にして(作者不詳)

天 空 生 地

稲谷祐亮[作曲] 1992年、奈良県に生まれる。17歳より作曲を始める。作曲を土井智恵子、中川統雄、岡田加津子、葛西聖憲、 中村典子、前田守一の各氏に師事。アラン・ゴーサン、 カルロ・フォルリヴェジ、ラインハルト・フェーベル各氏のマスタークラスを受 講。2015年、京都市立芸術大学音楽学音楽学科作曲専攻を首席で卒業。在学中に、明治安田 リテ ブラ フ奨学生に推薦 される。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻に在籍し、研鑽を積んでいる。

聖ヒルデ ルト・フォン・ビンゲン:Ave generosa (12C)[こんにちは こころの廣いひと]
Saint Hildegard von BINGEN ; Ave generosa
soprano:伊藤黎[今春院修了]

Ave, generosa, gloriosa et intacta puella. Tu pupilla castitatis, tu materia sanctitatis, que Deo placuit. Nam hec superna infusio in te fuit, quod supernum Verbum in te carnem induit. Tu candidum lilium, quod Deus ante omnem creaturam inspexit. O pulsherrima et dulcissima, quam valde Deus in te delectabatur, cum amplexionem caloris sui in te posuit, ita quod Filius eius de te lactatus est. Venter enim tuus gaudium havuit, cum omnis celestis symphonia de te sonuit, quia, Virgo, Filium Dei portasti, ubi castitas tua in Deo claruit. Viscera tua gaudium habuerunt, sicut gramen, super quod ros cadit, cum ei viriditatem infudit, ut et in te factum est, o Mater omnis gaudii. Nunc omnis Ecclesia in gaudio rutilet ac in symphonia sonet propter dulcissima Virginem et laudabilem Mariam, dei Genitricem.

Amen

I behold you, noble, glorious and whole woman, the pupil of purity. You are the sacred matrix in which God takes great pleasure.
The essences of Heaven flooded into you, and the Great Word of God dressed itself in flesh. You appeared as a shining white lily, as God looked upon you before all of Creation. O lovely and tender one, how greatly has God delighted in you. For He has placed His passionate embrace within you, so that His Son might nurse at your breast. Your womb held joy, with all the celestial symphony sounding through you, Virgin, who bore the Son of God, when your purity became luminous in God. Your flesh held joy, like grass upon which dew falls, pouring its life-green into it, and so it is true in you also, o Mother of all delight. Now let all Ecclesia shine in joy and sound in symphony praising the most tender woman, Mary, the bequeather/seed-source of God.
Amen.

私はあなたを見る、高貴な、栄光の完全な女性、純潔の弟子。あなたは神が大いなる喜びをもたらす聖なる基盤。天の本質があなたに溢れ、そして神の 偉大な言葉が肉体に宿った。あなたは輝く白いユリとして現れ、すべての創造の前に、神があなたに見る。おお、愛すべき優しいひと、神が歓喜することが いかに偉大であるか。彼の情熱の抱擁をところするため、彼の息子はあなたの胸に憩う。すべての天体の交響をあなたを通して響かせあなたの子宮は喜 びを持って、あなたの純潔が神で輝こうとした時、処女、神の息子を産む。あなたの肉体は歓喜を持って、その生命の緑がその中に降りそそぐ、露の落ちる 草のように、そしてあなたも、すべての母の喜び。今、 キリスト教会が喜びのうちに輝き、種の源で神の遺贈人たる最も優しい女性マリアの誉めたたえの交響が響く。

聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲン[作曲](1098-1179)中世ド ツのベネデ ト系女子修道院長で神秘家、40歳頃「生ける光の影」 (umbra viventis lucis)の幻視体験(visio)。自己体験を書と絵に残す。ドイツ薬草学の祖。神学者、説教者、宗教劇作家、伝記作家、 言語学者、詩人、古代ローマ時代以降最初の女性作曲家。

中村典子:天聲地韻 vox caelum,terra rithimus (世界初演)
NAKAMURA Noriko : vox caelum,terra rithimus
spiritual voice:上野洋子[京都市立芸術大学専任講師] tenor:楊雪元[八橋検校]
vocal ensemble clumusica
箏:福原左和子 中川佳代子 横山佳世子[鳴門教育大学非常勤講師]
十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子 [同志社女子大学嘱託講師、相愛大学非常勤講師]
上中あさみ [京都市立芸術大学非常勤講師] 指揮:中村典子 [京都市立芸術大学准教授]

信 唯一 之 神, 全 能 之 父, 天地 万 物 的 创 造 者。信 父 之 唯一 子 主 耶稣基督。
Xìn wéiyī zhī shén, quánnéng zhī fù, tiāndì wànwù de chuàngzào zhě. Xìn fǔ zhī wéiyī zi, zhǔ yēsū jīdū.
他 为 了 人类,为了 拯救 我们, 因 圣 神 降 孕,由 童贞 玛丽亚 诞生。
Tā wèile rénlèi, wèile zhěngjiù wǒmen, yīn shèng shén jiàng yùn, yóu tóngzhēn mǎlìyà dànshēng.
他 下降 阴 府, 第 三 天 复活。他 在 比 拉 多 执 政 时 蒙 难, 被 钉 在 十字架 上, 蒙 受
苦 难, 死而 安 葬。 Tā xiàjiàng yīn fǔ, dì sān tiān fùhuó. Tā zài bǐ lā duō zhízhèng shí méngnàn, bèi dīng zài shízìjià shàng,méngshòu kǔnàn, sǐ ér ānzàng.
他 升 天, 坐在了 全 能 之 父的右边。其日后 从 天 降来,审 判 生 死者。
Tā shēngtiān, zuò zàile quánnéng zhī fù de yòubiān.Qí rìhòu cóng tiān jiàng lái, shěnpàn shēngsǐ zhě.
此 世 永 不 终 结。 信 神 圣。 信 圣, 公, 信徒 之 唯一 教 会, 诸 圣 的 相 通, 罪过 的 赦 免。
Cǐ shìyǒng bù zhōngjié. Xìn shénshèng. Xìn shèng, gōng, xìntú zhī wéiyī jiàohuì, zhū shèng de xiāngtōng, zuìguo de shèmiǎn.
信 肉体 的 复活, 永 恒 的 生 命。 阿们!
Xìn ròutǐ de fùhuó, yǒnghéng de shēngmìng.Āmen! (中国語訳:逄军 パン・ジュィン)

わたしは信じます。唯一の神、全能の父、天と地、見えるもの、見えないもの すべてのものの造り主を。わたしは信じます。唯一の主 ・キリストを。主は神のひとり子、すべてに先だって父より生まれ、 神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神。造られることなく生まれ、父と一体。すべては主によって造られました。主は、わたしたち人類のため、わたしたちの救いのために 天からくだり、 聖霊によって、おとめマリアより からだを受け、人となられました。ポンテ ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書にあるとおり三日目に復活し、 天に昇り、父の右の座に着いておられます。主は、生者と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。 わたしは信じます。主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。 わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす 唯一の洗礼を認め、死者の復活と 来世のいのちを待ち望みます。 アーメン。 [ニケア ・コンスタンチノープル信条: カトリック中央協議会 日本司教団公文書より http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/prayers/nicene.htm]

Credo in unum Deum. Patren omnipotentem, factorem caeli et terrae, visibilium omnium et invisibilium. Et in unum Dominum Jesum Chirstum Filium Dei unigenitum Et ex Patre natum ante omnia ssecula. Deum de Deo lumen de lumine, Deum verum de Deo vero. Genitum,non factum,consubstantiallem Patri:per quem ominia facta sunt. Qui propter nos homines,et propter nostram salutem descendit de caelis. Crucifixus etiam pronobis: sub Pontio Pilato passus,et sepultus est. Et resurrexit tertia die, secundum Scripturas. Et asendit in caelum: sedet dextream Partris. Et iterum ventures et cum gloria judicare vivos st mortuos: cuius regnini non erit finis Et in Spiritum sanctum,Dominum,et vivificantem: qui ex Patre Filio que pro cedit. Qui cum Patre et Filio simuladoratur,et conglorificatur: qui locutus est per Prophetas. Et unam,sanctum catholicam et apostolicam Ecclesiam. Confiteor unum baptisma in remissionem peccatorum. Et exspecto resurrectionem mortuorum. Et vitam venturi saeculi. Amen.

すべてを知る覚醒者に挨拶します。 聖なる観音は考え抜いて知った。それは知恵の完成でした。存在は五つの要素であり、その本当の性質には実体がない。
観 自在 菩薩 行 深 般若 波羅蜜 多 時 照 五 蘊 皆 空 度一切 苦厄
Guān zìzài púsà xíng shēn bōrě bōluómì duō shí zhào wǔyùn jiē kōng dù yīqiè kǔ è

みなさま、聴いてください。現世ではものには実体がない。実体がないゆえにものはものでいられる。実体がないといえどものからは離れない。 ものは、実体がないことを離れてはものでない。およそものというものはすべて実体がない。実体がないということはものであるといことです。 これと同じに、感じることも、かたちも、思うこころのちからも、知るすべても、すべて、実体がない。
舎利 子 色 不異 空 空 不異 色 色即是空 空即是色 受 想 行 識 亦 復如是
shelì zi sè bù yì kōng kōng bù yìsè sèjíshìkōng kōngjíshìsè shòu xiǎng xíng shí yì fù rúshì

みなさま、聴いてください。現世では、すべての存在に実体はない。生じたことも、滅したこともなく、汚れず、汚れを離れず、減ることも増すこともない。
舎利 子 是 諸 法 空 相 不生 不滅 不垢 不浄 不 増 不 減
shelì zi shì zhū fǎ kōng xiāng bùshēng bùmiè bù gòu bùjìng bù zēng bù jiǎn

だからみなさま、聴いてください。実体がないなら、感じることも、かたちも、思うこころのちからも、知るすべても 眼も、耳も、鼻も、舌も、身体も、心も、想いも、声も、香りも、味も、 触れたり、心に向かうものも眼から意識まで、すべてがことごとくない。さとることも迷うこともない。
是 故 空中 無色無 受 想 行 識無眼耳鼻舌 身 意無色 声 香味 触法無 限界 乃至無意識 界無
shì gù kōngzhōng wúsè wú shòu xiǎng xíng shí wú yǎn ěrbí shé shēn yì wúsè shēng xiāngwèi chùfǎ wú xiànjiè nǎizhì wúyìshí jiè wú

老いることも死もなく、老いも死もなくなることがない。苦しみも苦しみの源もなく苦しみに手を出すことも苦しみを止める道もない。
乃至無老死亦無老死尽無苦集 滅道 無智亦無得
nǎizhì wú lǎosǐ yì Wú lǎosǐ jǐn wú kǔ jí miè dào wú zhì yì wú dé
無明 亦無無明 尽
wúmíng yì wú wúmíng jǐn

ゆえに、得ることもなく 道を求めるものの知恵の完成により 心の障りもなく、恐れなく 一切の顛倒した考えから遠く離れ 心の平和の境地に入る。
以無 所 得故菩提薩依般若波羅蜜 多故心無礙 無礙故 無有 恐怖遠離 一切 顛倒 夢想 究竟 涅槃 三世 諸仏依般若波羅蜜 多故得阿耨 多羅三 藐 三菩提
yǐ wú suǒdé gù pútí sà yī bōrě bōluómì duō gù xīn wú ài wú ài gù wú yǒu kǒngbù yuǎnlí yīqiè diāndǎo mèngxiǎng jiùjìng nièpán sānshì zhūfó yī bōrě bōluómì duō gù dé ā nòu duō luó sān miǎo sān pútí

私は知る、大いなる知恵の完成を。 虚しさのない一切の苦しみを超える真実を。
故知 般若 波羅蜜 多 是 大 神呪 是 大明 呪是 無 上 呪 是 無 等 等 呪 能 除 一切 苦 真実 不虚
gùzhī bōrě bōluómì duō shì dà shénzhòu shì dàmíng zhòu shì wú shàng zhòu shì wú děng děng zhòu néng chú yīqiè kǔ zhēnshí bù xū

いきなさい。いきなさい。向こう岸にいけるもの 向こう岸に渡り切れるもの 覚醒するものよ、幸あれ。
故説 般若 波羅蜜多 呪即 説 呪 曰 呪即 説 呪 曰
gùshuōbōrěbōluómìduōzhòujíshuōzhòuyuēzhòujíshuōzhòuyuē
[漢訳:玄奘三蔵 邦意訳:中村典子]

Namas Sarvajñāya. āryāvalokiteśvaro bodhisattvo gaṃbhīrāyāṃ prajñāpāramitāyāṃ carayāṃ caramāṇo vyavalokayati sma: pañca skandhās, tāṃś ca svabhāvaśūnyān paśyati sma. iha Śāriputra rūpaṃ śūnyatā, śūnyatāiva rūpam. rūpān na pṛthak śūnyatā, śūnyatāyā na pṛthag rūpaṃ. yad rūpaṃ sā śūnyatā, yā śūnyatā tad rūpam. evam eva vedanā-saṃjñā-saṃskāra- vijñānāni. iha Śāriputra sarvadharmāḥ śūnyatālakṣaṇā anutpannā aniruddhā amalāvimalā nonā na paripūrṇāḥ. tasmāc Chāriputra śūnyatāyāṃ na rūpaṃ na vedanā na saṃjñā na saṃskārā na vijñānaṃ. na cakṣuḥ-śrotra-ghrāṇa-jihvā-kāya-manāṃsi, na rūpa-śabda-gandha-rasa- spraṣṭavya-dharmāḥ, na cakṣur-dhātur yāvan na mano-vijñāna-dhātuḥ. na vidyā nāvidyā na vidyākṣayo nāvidyākṣayo yāvan na jarāmaraṇaṃ na jarāmaraṇakṣayo na duḥkha-samudaya- nirodha-mārgā, na jñānaṃ na prāptiḥ. tasmād aprāptitvād bodhisattvānāṃ prajñāpāramitāṃ āśritya viharaty a-cittā varaṇaḥ. cittāvaraṇa-nāstitvād atrasto viparyāsātikrānto niṣṭhanirvāṇaḥ. tryadhvavyavasthitāḥ sarva-buddhāḥ prajñāpāramitām āśrityānuttarāṃ saṃyaksambodhiṃ abhisambuddhāḥ. tasmāj jñātavyaṃ prajñāpāramitā-mahāmantro mahāvidyāmantro ’nuttaramantro ’samasama-mantraḥ, sarvaduḥkhapraśamanaḥ. satyam amithyatvāt prajñāpāramitāyām ukto mantraḥ,tad yathā: gate gate pāragate pāra-saṃgate bodhi svāhā. iti Prajñāpāramitā-hṛdayaṃ samāptam.

中村典子[作曲]滋賀県草津市に生まれる。京都市立芸術大学音楽学部作曲専修卒業、京都音楽協会賞受賞。 同大 学院首席修了、大学院賞受賞。同大院在学中にブレーメン芸術大学へゼメスター派遣留学。故廣瀬量平、北爪道夫、前 田守一、藤島昌壽、田島亘、故H.J.カウフマン、G. アミの各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、 アメリカ 、メキシコ、ドイツ、 フランス 、オーストリア 、イタリア、スイス 、スペイン、ノル ウェー、 スウェーデン、 イスラエルの15 国各地で作品上演。7回の個展。91年より京都市立芸術大学で教える。1991年ハ デルベル 大学で自作含む講演(日本の女性作曲家達)。1993年金剛能楽堂初演のバレエ「花變容」が1994年東京フェスティバルバレエ 全米ツアー演目となり全米9都市巡演。1995年 国連憲章50周年記念UNited We Danceでの ンフラン ペラハ 公演に招聘され3回公演。97年第1回小倉理三郎音楽奨学金受給者。Artist in residence in "die Höge(Syke)".国際女性作曲家会議(ドイツ)。2001年京都市芸術新人賞受賞。2008年より京都芸術 ン ー運営委員。2008年2012年と日韓で舞踊家李周煕と連続公演。2010年平成22年度滋賀県文化奨励賞受賞。 Asian Composers League Conference & Festival入選 (2009韓国,2011台湾、2012イスラエル) 2011年ニュージャージー市立大学、2012年イタリア ・”M. ポリーニ“パドヴァ音楽院コンサート。2013年大邱国際現代音楽祭、ボローニャイモラサンドメニコ 教会・ヴェローナ大聖堂公演。2013年2014年イスラエル・ テルアヴィヴブルーメンタ ール センターVOX FEMINAE公演、2014年韓国ARUKO芸術劇場大劇場舞踊連続公演、2014年ザルツブルグ・モーツァルテウム大学で講演(身体と図譜)とコンサート。2015年ファウムチェンバーオーケストラ朝鮮通信使プロジェクトIII日韓国交正常化50周年記念京都公演。2016年 1月韓国現代音楽創造集団empty note & clumusica大邱共同公演。 2016年4月ザルツブルグ・モーツァルテウム大学で講演「流動リズムと音響的推移を通した形状によるアジアの風景—21世紀ウラヴィーアリートとして—視覚現象融合による音響推移を通した言語的構造体再統合《夜色樓臺雪萬家》」と コンサート。日本現代音楽協会、日本作曲家協議会会員。clumusica共宰。 コチの会・東風同人。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授。http://d.hatena.ne.jp/nakamura96/ http://nakamura89.exblog.jp

[PR]
International Contemporary Music Festival ”Present of Orchestral Asia 2016”
VOICES for PRAYER
circulation of field songs,beginningminiature in sky
organizer:ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica clumusica@Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts under the auspices of Japan Society for Contemporary Music,The Japan Federation of Composers Inc. assisted by Morohashi lab,Composition Course,Osaka Collage of Music Wakabayashi Lab,Faculty of Education,Shiga Universtiy Maeda lab,Faculty of Education,Kochi Universtiy Hohjoh lab,Music Education Course,Nara University of Education Shimizu lab.Department of Education,Welfare and Science,Oita Universtiy festival message:WASHIDA Kiyokazu (president of Kyoto City University of Arts) festival advisor:YAMAMOTO Tsuyoshi (head of graduate school of music,KCUA) OSHIMA yoshimi (dean of faculty of music,KUCA) hall portrait exhibition selection:IZUHARA Tsukasa (professor of Faculty of Arts,KCUA) MIYATA Yukino (partime lecturer,print lab.) lighting:WATANABE Kana(Japanese painting,4)electoronics:YAMAGUCHI Tomohiro (part-ime lecturer,computer music lab.) recording:NISHIMURA Chizuko (part-time lecturer,university hall) stage director:KOMATSU Atsushi (special researcher of music education study group in KCUA,part-time lecturer of Konan Women College) sub-stage director:INATANI Yusuke (M2,Graduate School KCUA) floor director:SASAKI Nozomi (Master,Graduate School KCUA) 22nd May,2016 Universtiy Hall,Kyoto City University of Arts [free entrance ]
OPENING CONCERT 14:00 [open 13:30] TALK SESSION 15:15 CHORAL CONCERT 17:30
OPENING CONCERT ensemble clumusica KOMATSU Atsushi [special researcher of music education study group KCUA,part-time lecturer of Konan Women College]:Ring of Voice (World Premiere) trombone:TAKEUCHI Sawako [Master,Graduate School KCUA] WADA Midori [Master,Graduate School KCUA] TANAKA Kohei [2] HOHJOH Mikayo [associate professor,NARA University of Education] : I,IV from TAMAYURA (2013) cello:ONISHI Yasunori [alumnus,KCUA] cb:AKAMATSU Miyuki [alumuna KCUA] PARK Soohyun [ISCM World Music Days 2009 (Sweden) 2014 (Poland) ] : White Kagura (World Premiere) soprano:WADA Yuka [M2,Graduate School KCUA] double bass:ISHIZUKA Ren [3,KCUA] MAEDA Katsuji : ito-no-oto (2013) violin: YAGIRA Marino [4,KCUA] piano:MAEDA Katsuji (associate professor,Kochi University) MOROHASHI Reiko [lecturer,Osaka College of Music]:OTONAHI II (2013) keyboard harmonica:ITO Keisuke [5,KCUA] KOJIMA Ryo [4,KCUA] NISHIMURA Akihiro [alumunus,KCUA -Graduate School,OSAKA Kyoiku University] Reinhard FEBEL [professor,Universtät Mozarteum Salzburg] :Die Masken des Pierrot (2003) soprano:UENO Yoko [full-time lecturer,KCUA] KOJIMA Ryo [4,KCUA] TSUBONOH Katsuhiro [ ex-Presidndent of Japan Society for Contemprary Music]:Celestial—Vib (2007) vibraphone:MIYAMOTO Yasuko [lecturer of DOSHISHA Women College & SOAI University] TOMOTANI KOJI [professor emeritus,Elisabath College of Music]:Kaze no Uta (The Poem of Wind) (2014) 17gen:OE Miyako percussion:MIYAMOTO Yasuko [lecturer of DOSHISHA Women College & SOAI University]
TALK SESSION Voice of Prayers −from the things of invisible, hidden and lacking− moderator:NAKAMURA Noriko [associate professor,Kyoto City Universtiy of Arts]
CHORAL CONCERT vocal ensemble clumusica
vocal ensemble clumusica ITO Rei [master,Graduate School KCUA] NAKAGAWA Ikumi [master,Graduate School KCUA] MURABE Ena [alumuna,KCUA] MARUYAMA Akiko [master,Graduate School KCUA Kobe City mixed Chorus] ISHIDOH Ai [alumuna,KCUA] NAKAHARA Kana [alumuca,KCUA] KATAYAMA Chise [alumuna,KCUA] SETOGUCHI Ayano [master,Graduate School OSAKA College of Music] KINA Nagomu [M2,Graduate School KCUA] NAKAGAWA Tomoki [alumunus,KCUA] IKEDA Masaki [M2, Graduate School KCUA] MIYAO Kazuma [4,KCUA] KIKUTA Yoshinori [Alumunus,KCUA] OI Takuya [alumunus,KCUA M2,Graduate School OCU] UCHIYAMA Kento [master,Graduate School KCUA,Biwako vocal ensemble] MASUDA Mayu [part-time lecturer,KCUA & KOBE College]:CHORAL Suite by the interpreration of classical scores in end of HEIAN period (2015) vocal ensemble clumusica koto:NAKAGAWA Kayoko Thomas TALLIS:Spem in Alium nunquam habui (1570) vocal ensemble clumusica conductor:ISHIHARA Yusuke [comcert master ,Kobe City Mixed Chorus,part-time lecturer,KCUA] electronics:YAMAGUCHI Tomohiro [part-time lecturer,KCUA] SHIMIZU Yoshihiko [associate professor,Oita University]: (2014,Version Premiere) conductor: ISHIHARA Yusuke [part-time lecturer,KCUA,concert master of Kobe City mixed Chorus ] tenor:KINA Nagomu [M2,Greduate school KCUA] 20gen: NAKAGAWA Kayoko vocal ensemble clumusica Carlo FORLIVESI:Spem in Alium (2005) soprano:ITO Rei [master,Graduate School KCUA] NAKAGAWA Ikumi [master,Graduate School KCUA] WAKABAYASHI Chiharu:Magic Square…number labyrinth [metamorphosis by KAZOEUTA](1995) conductor:WAKABAYASHI Chiharu [professor,SHIGA University] vocal ensemble clumusica INATANI Yusuke:BYOHMON (2015) voice:NAKABE Mami [4] vn:YABUNO Kirin [M2] va:EGAWA Nao [M1] fl:AOKI Asama[4] SUYAMA Miki[alumuna,KCUA M1,SOAI University Graduate School] Saint Hildegard von BINGEN :Ave Generosa [12C] soprano: ITO Rei [master,Graduate School,KCUA] | MIHARA Hiroshi [2] electronics:INATANI Yusuke [M2.Graduate School KCUA] NAKAMURA Noriko :Vox Caelum,Terra Rithimus (World Premiere) spiritual voice:UENO Yoko [full-time lecturer,KCUA] tenor::YANG Xueyuan [YATSUHASHI Kengyo] vocal ensemble clumusica koto:UKUHARA Sawako NAKAGAWA Kayoko YOKOYAMA Kayoko [part-ime lecturer,NARUTO University of Education] 17gen: OE Miyako percussion:MIYAMOTO Yasuko [part-time lecturer of DOSHISHA Women College & SOAI University] KAMINAKA Asami [part-time lecturer,KCUA] conductor:NAKAMURA Noriko [associate professor,KCUA] stage : Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts planning:MASUDA Mayu SHIMIZU Yoshihiko NAKAMURA Noriko clumusica@Nakamura lab,KCUA

[PR]
e0146075_06544083.jpg

このたびは国際現代音楽祭アジアの管絃の現在2016へのご来場まことにありがとうございました。
会場で募りました熊本地震の被災地への御寄付等集計23200円を
日本赤十字平成28年熊本地震募金に送金完了いたしました。
ありがとうございました。
Thank you so much for coming to festival and
for giving donation to KUMAMOTO Earthquake 2016.
I sent 23200yen of the all donation to KUMAMOTO.Thank you so much,again.



[PR]


e0146075_14224668.jpeg
KCUA PRINTLAB1996-2015 IZUHARA MIYATA selection
1996 TERADA Shuko 1997 ONISHI Nobuaki 1997 ASADA Kanae
1998 OTA Yoshimi 1999 ASADA Kanae 2000 TAMURA Yoshiko
2001 FUKUDA Mami 2002 TOMINAGA Michi 2003 YOSHIDA Nobuyo
2004 NOJIMA Arata 2005 KANAYAMA Yoshihiro 2006 ISHIGURO Hidehiko
2007 MATSUI Akiko 2008 OZAKI Yumi 2009 MIYATA Yukino
2010 KIRIZUKI Saki 2011 HONSHO Ikumi 2012 ITO Manami
2013 UEDA Yuna 2014 HIRATA Ayano

京都市立芸術大学版画研究室1996-2015 出原・宮田セレクション
1996 寺田就子 新しい秘密領域 1997 大西伸明 Slight desease ”banana"
1997 浅田香苗 内と外のバランスがくずれかける 1998 太田輿美 哲学の道
1999 浅田香苗 同化 2000 田村佳子 音楽家 
2001 福田真実 彼的日常  2002 冨永深智 KARA-KARA
2003 吉田宣代 In Her room 2004 野嶋革 「もう言葉までなくしたか...」
2005 金山佳弘 relation 2006 石黒英彦 1980年生まれ、次男
2007 松井亜希子 眩暈  2008 尾崎裕美 utsu utsu
2009 宮田雪乃 YOGRET NET 2010 桐月沙樹 Monday
2011 本庄育望 8 2012 伊藤学美 空瓶
2013 上田優奈 ごちゃごちゃ 2014 平田彩乃 オールトの雲


OPENING CONCERT
e0146075_14241122.jpeg
KOMATSU Atsushi : Ring of Voice (World Premiere)
小松淳史:聲の円環
trombone : TAKEUCHI Sawako WADA Midori TANAKA Kohei
トロンボーン:武内紗和子 和田翠 田中功平
e0146075_14324763.jpeg
HOJO Mikayo : from TAMAYURA I,IV (2013)
北條美香代:玉響 より I,IV
cello: ONISHI Yayunori double bass : AKAMATSU Miyuki
チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸
e0146075_14243981.jpeg
PARK Soo-Hyun : White Birth (2012)
朴守賢:白の御神樂
soprano : WADA Yuka  double bass : ISHIZUKA Ren
ソプラノ:和田悠花 コントラバス:石塚廉
e0146075_14270729.jpeg
MAEDA Katsuji : ito-no-oto(2012)
前田克治:絃の音
violin:YAGIRA Marino piano:MAEDA Katsuji
ヴァイオリン:柳樂鞠乃 ピアノ:前田克治
e0146075_22430493.jpeg
MOROHASHI Reiko : OTONAHI II (2013)
諸橋玲子:おとなひII
keyboard Harmonica : ITO Keisuke KOJIMA Ryo NISHIMURA Akihiro
鍵盤ハーモニカ:伊藤慶佑 小嶋稜  西村彰洋
e0146075_14295355.jpeg
Reinhard FEBEL : Die Masken des Pierrot (2013)
ラインハルト・フェーベル:道化の面
soprano :UENO Yoko piano: KOJIMA Ryo
ソプラノ:上野洋子 ピアノ:小嶋稜
e0146075_14343283.jpeg
    TSUBONOH Katsuhiro : Celestial Vib (2007)
坪能克裕:Celestial-Vib
vibraphone : MIYAMOTO Yasuko
ヴィブラフォン:宮本妥子
e0146075_14352675.jpeg
TOMOTANI Koji : The Poems of the Wind II (2014)
伴谷晃二:風の詩 II  
percussion:MIYAMOTO Yasuko 17gen : OE Miyako
打楽器:宮本妥子 十七絃:麻植美弥子
e0146075_14360120.jpeg
TALK SESSION
HOJO MIkayo, PARK Soo-hyun, MAEDA Katsuji,
MOROHASHI Reiko,TSUNBONOH Katsuhiro,TOMOTANI Koji
moderator : NAKAMURA Noriko
トークセッション 聲禱ー声の祈り 
ー見えないもの隠されたもの欠けているものからー
北條美香代 朴守賢 前田克治
諸橋玲子 坪能克裕 伴谷晃二
司会:中村典子
e0146075_13290040.jpeg
   HOJO Mikayo  PARK Soo-hyun
 北條美香代  朴守賢
e0146075_14364841.jpeg
   MAEDA Katsuji MOROHASHI Reiko
   前田克治 諸橋玲子 
e0146075_14371805.jpeg
TSUBONOH Katsuhiro TOMOTANI Koji
坪能克裕 伴谷晃二

CHORAL CONCERT
e0146075_09023740.jpeg
MASUDA Mayu : Choral Suite by the interpretation of
classical scores in the end of HEIAN period (2015)
増田真結 :平安末期の古楽譜解釈による合唱組曲集
Koto: NAKAGAWA Kayoko
vocal ensemble clumusica : ITO Rei NAKAGAWA Ikumi MURABE Ena MARUYAMA Akiko
ISHIDO Ai NAKAHARA Kana KATAYAMA Chise SETOGUCHI Ayano
KINA Nagomu NAKAGAWA Tomok i IKEDA Masaki MIYAO Kazuma
KIKUTA Yoshinori OI Takuya UCHIYAMA Kento
箏:中川佳代子 
ヴォーカル・アンサンブル・クラムジカ:伊藤黎 中川郁文 村辺恵奈 丸山晃子 
 石堂藍 中原加奈  片山千聖  瀬戸口文乃
喜納和 中川智樹 池田真己 宮尾和真 菊田義典 大井卓也 内山建人
e0146075_09190670.jpeg
Tomas TALLIS : Spem in Alium nunquam habui
トマス・タリス:おんみのほかにのぞみなし(1570)
conductor:ISHIHARA Yusuke electronics : YAMAGUCHI Tomohiro
vocal ensemble clumusica : ITO Rei NAKAGAWA Ikumi MURABE Ena MARUYAMA Akiko
ISHIDO Ai NAKAHARA Kana KATAYAMA Chise SETOGUCHI Ayano
KINA Nagomu NAKAGAWA Tomok i IKEDA Masaki MIYAO Kazuma
KIKUTA Yoshinori OI Takuya UCHIYAMA Kento
指揮:石原祐介 エレクトロニクス:山口友寛
ヴォーカル・アンサンブル・クラムジカ:伊藤黎 中川郁文 村辺恵奈 丸山晃子 
石堂藍 中原加奈 片山千聖  瀬戸口文乃
喜納和 中川智樹 池田真己 宮尾和真 菊田義典 大井卓也 内山建人
e0146075_08571985.jpeg
SHIMIZU Yoshihiko : A hidden Ritual (2014)
清水慶彦:異形の法楽 奥豊後邪宗祭儀遺聞
conductor:ISHIHARA Yusuke koto : NAKAGAWA Kayoko
vocal ensemble clumusica : ITO Rei NAKAGAWA Ikumi MURABE Ena MARUYAMA Akiko
ISHIDO Ai NAKAHARA Kana KATAYAMA Chise SETOGUCHI Ayano
KINA Nagomu NAKAGAWA
指揮:石原祐介 箏:中川佳代子
独唱:喜納和
ヴォーカル・アンサンブル・クラムジカ:伊藤黎 中川郁文 村辺恵奈 
丸山晃子 石堂藍 中原加奈  片山千聖  瀬戸口文乃
e0146075_09300728.jpeg
Carlo FORLIVESI : Spem in Alium (2005)
カルロ・フォルリヴェジ:おんみのほかにのぞみなし
soprano:ITO Rei NAKAGAWA Ikumi
ソプラノ:伊藤黎 中川郁文
e0146075_09004075.jpeg
WAKABAYASHI Chiharu : MAGIC SQUARE...Labirinth of numbers
(Metamorphose of counting songs)(1995)
若林千春:魔法陣ー数迷宮《かぞえうたによる変容》
conductor:WAKABAYASHI Chinaru
vocal ensemble clumusica : ITO Rei  MURABE Ena  MARUYAMA Akiko
ISHIDO Ai NAKAHARA Kana KATAYAMA Chise SETOGUCHI Ayano
KINA Nagomu NAKAGAWA Tomoki MIYAO Kazuma IKEDA Masaki
OI Takuya UCHIYAMA Kento
指揮:若林千春
ヴォーカル・アンサンブル・クラムジカ:伊藤黎 中川郁文 村辺恵奈 丸山晃子 
石堂藍 中原加奈 瀬戸口文乃
喜納和 中川智樹 宮尾和真 池田真己 大井卓也 内山建人
e0146075_09214051.jpeg
INATANI Yusuke : BYOHMON (2015)
稲谷祐亮:測聞
conductor :MIHARA Hiroshi electronics: INATANI Yusuke
voice: NAKABE Mami flute:AOKI Asama percussion:SUYAMA Miki
violin: YABUNO Kirin  viola:EGAWA Nao
指揮:三原寛志 エレクトロニクス:稲谷祐亮
声:中部真実 フルート:青木浅間 打楽器:陶山美輝 ヴァイオリン:藪野巨倫 ヴィオラ:江川菜緒
e0146075_09171647.jpeg
Saint Hildegard von BINGEN : Ave generoza (12C)
聖ヒルデガルド・フォン・ビンゲン:アヴェ・ジェネローザ
soprano:ITO Rei
ソプラノ:伊藤黎
e0146075_09272877.jpeg
NAKAMURA Noriko : vox caelum,terra rithimus (World Premiere)
中村典子:天聲地韻 vox caelum,terra rithimus
soprano[spiritual voice]: UENO Yoko tenor[YATSUHASHI Kengyo]:YANG Xueyuan
koto: FUKUHARA Sawako YOKOYAMA Kayoko NAKAGAWA Kayoko 17gen:OE Miyako
percussion:MIYAMOTO Yasuko KAMINAKA Asami
vocal ensemble clumusica
vocal ensemble clumusica : ITO Rei NAKAGAWA Ikumi MURABE Ena MARUYAMA Akiko
ISHIDO Ai NAKAHARA Kana KATAYAMA Chise SETOGUCHI Ayano
KINA Nagomu NAKAGAWA Tomok i IKEDA Masaki MIYAO Kazuma
KIKUTA Yoshinori OI Takuya UCHIYAMA Kento
conductor: NAKAMURA Noriko
ソプラノ[スピリチュアル・ヴォイス]:上野洋子 テノール[八橋検校]:楊雪元
ヴォーカル・アンサンブル・クラムジカ:伊藤黎 中川郁文 村辺恵奈 丸山晃子 
石堂藍 中原加奈 片山千聖  瀬戸口文乃
喜納和 中川智樹 池田真己 宮尾和真 菊田義典 大井卓也 内山建人
箏:福原左和子 横山佳世子 中川佳代子 十七絃:麻植美弥子
打楽器:宮本妥子 上中あさみ
指揮:中村典子





[PR]
exchange concert,masterclass by professors exchange achievements on one week
with Universät Mozarteum & Kyoto City University of Arts,Faculty of Music
in 2014,2015 & 2016

Reinhard FEBEL(composition) Gereon KLEINER (piano)
Universät Mozarteum Salzburg
KOHAMA Taemi (vocal) NAKAMURA Noriko (composition)
Kyoto City University of Arts,Faculty of Music

1st exchange achievements

MAY 25,2014
International Contemporary Music Festival “Present of Orchestral Asia 2014”
University Hall,Kyoto City University Hall

Reinhard FEBEL:from Chorale Arrangements after J. S. Bach for Piano Duetto
piano duetto : KAWAUCHI Satoshi KANATA Hitomi

KONDOH Harue : Mudder Fantasy
soprano : KOHAMA Taemi 20gen : FUKUHARA Sawako

NAKAMURA Noriko : YUNDAO rhymed prayer for trombone,tenor
and orchestra with electronics (2014,World Premiere)
trombone : GO Shinichi (professor emeritus) tenor : YANG Xieyuan
orchestra : ensemble clumusica electronics : HARUNO Kai
conductor : NAKAMURA Noriko

Round Table translator : SOHMIYA Ayako
MAO Zhu Chichun Chi-sun LEE Joshua CHAN
HO Chee Kong KONDOH Harue Carlo FORLIVESI
Reinhard FEBEL TAJIMA Wataru WAKABAYASHI Chiharu
moderator : NAKAMURA Noriko

MAY 26,2014
Gereon KLEINER KOHAMA Taemi exchange concert
“Aqua,Shi-Jing,Basho and Zen” Auditorium,KCUA
Recital by the works of students and professors
at Universtät Mozarteum and Kyoto City Universtiy of Arts
Works by Reinhard FEBEL,Yenning CHU,Michael WASSERMANN,
KIM Soohyon,TADA Risa and NAKAMURA Noriko

MAY 27,2014
Lecture Reinhard FEBEL speaks own opera works
at lecture room at music studio,KCUA
translator : KITAGAWA Chikako


2nd exchange achievements

NOVEMBER 11,2014 
Lecture NAKAMURA Noriko
- Physical Understanding and Graphical Score - (English)
at 4006 electronics studio,Universtät Mozarteum,Salzburg
performance : NAKAMURA Noriko

NOVEMBER 13,2014
Gereon KLEINER KOHAMA Taemi exchange concert
“Aqua,Shi-Jing,Basho and Zen”
Kleines Studio,Universtät Mozarteum
Recital by the works of students and professors
at Universtät Mozarteum and Kyoto City Universtiy of Arts
Works by Reinhard FEBEL,Yenning CHU,Michael WASSERMANN,
KIM Soohyon,TADA Risa and NAKAMURA Noriko

3rd exchange achievements 

MAY 26,2015
Lecture Reinhard FEBEL speaks own works
at University Hall,KCUA (English)

MAY 27,2015
Lecture Reinhard FEBEL speaks new work
performance : Gereon KLEINER
at Universtiy Hall,KCUA (English)

MAY 28,2015
Presentation master course students speaks own works
at University Hall,KCUA (English)

MAY 31,2015 International Contemporary Music Festival
“Present of Orchestral Asia 2015” University Hall,KCUA

Round Table translator : SOHMIYA Ayako
MAN Jie Jessica CHO Alona EPSHTEIN (video) John SHARPLY
Carlo FORLIVESI Reinhard FEBEL WAKABAYASHI Chiharu
moderator : NAKAMURA Noriko

International Contemporary Music Festival
“Present of Orchestral Asia 2015” Auditorium,KCUA
Reinhard FEBEL : Hyperklavier für Kammerorchester (2015,World Premiere)
piano : Gereon Kleiner ensemble clumusica conductor : Taum KARNI

NAKAMURA Noriko : yongjiu for coloratura soprano,chorus,erhu,koto
and orchestra with electoronics (2015,World Premiere)
soprano : HISHIKI Emi vocal ensemble clumusica
erfu : NARUO Makiko koto : OE Miyako ensemble clumusica
electronics ; HARUNO Kai concductor : NAKAMURA Noriko

4th exchange achievements

APRIL 27,2016
Lecture NAKAMURA Noriko
“Asiatic landscape by configration through the fluidly rhythm and acoustic transition,
as a piano song of the 21st century,
re-synthesed texture through acoustic transition by fusioned visual phenomenon”
《夜色樓臺雪萬家与謝蕪村聲十景》
at 4006 electronics studio,Universtät Mozarteum,Salzburg
performance : KOHMA Taemi Gereon KLEINER
translator : YAMADA Seiko

APRIL 28,2016 Gereon KLEINER KOHAMA Taemi exchange concert
“Prayer,Mask,Winter Journey to Spring”
Kleines Studio,Universtät Mozarteum
Recital by the works of students and professors
at Universtät Mozarteum and Kyoto City Universtiy of Arts
Works by Reinhard FEBEL,Mert Kocadai,Katorin KLOSE
INATANI Yusuke,HARUNO Kai,ITO Keisuke and NAKAMURA Noriko

モーツァルテウム大学・京都市立芸術大学交流協定推進事業 

第1回
2014年5月25日(日)大学会館ホール 
国際現代音楽祭アジアの管絃の現在2014 
ラインハルト・フェーベル :バッハの主題による連弾 ピアノ:金田仁美・河内仁志
近藤春恵:あかね幻想 ソプラノ:小濱妙美 二十絃:福原左和子 
中村典子:韻禱  トロンボーンとテノール、管弦楽とエレクトロニクスのための(世界初演)
トロンボーン :呉信一(名誉教授) テノール:楊雪元
エレクトロニクス : 春野海 指揮:中村典子
           
ラウンドテーブル 通訳:宗宮章子
毛竹 李志純 陳錦標 何志光 近藤春恵 ラインハルト・フェーベル 
カルロ・フォルリヴェジ 田島亘 若林千春 
司会:中村典子

2014年5月26日(月)講堂 
モーツァルテウム大学京都芸大両校学生教員作品による
両校教授ゲレオン・クライナー小濱妙美リサイタル 
東洋主題プログラム 【水 芭蕉 詩経 禅】
ラインハルト・フェーベル、イェニング・チュウ、ミヒャエル・バッサーマン、
金スヒョン、多田理紗、中村典子作品
 
2014年5月27日(火)専門講義室 
講演:ラインハルト・フェーベル 自作オペラを語る 
通訳:北川千香子  
作曲レッスン

第2回
2014年11年11日(火)
モーツァルテウム大学電子音楽スタジオ4006 
講演:中村典子 「身体と図譜」
演奏:中村典子 
翌日レッスン

2014年11月13日(木)
モーツァルテウム大学スタジオ 
両校学生教員作品による
両校教授ゲレオン・クライナー&小濱妙美リサイタル
(2014年5月26日(月)講堂 
 モーツァルテウム大学京都芸大交流演奏会と同プログラム)             

第3回
2015年5月26日(火)
京都市立芸術大学大学会館ホール 
講演 フェーベル、自作を語る (英語)
2015年5月27日(水)
京都市立芸術大学大学会館ホール 
講演 フェーベル、新作を語る (英語) 
ピアノ演奏:ゲレオン・クライナー
2015年5月28日(木)
京都市立芸術大学大学会館ホール 
プレゼンテーション  院生 自作を語る(英語)
佐々木望 稲谷祐亮 黒川拓朗 春野海 

2015年5月31日(日)
京都市立芸術大学大学会館ホール
国際現代音楽祭アジアの管絃の現在2015
           
ラウンドテーブル  通訳:宗宮章子
満潔 ジェシカ・チョウ アロナ・エプシュタイン(ヴィデオ参加)ジョン・シャープリー  
カルロ・フォルリヴェジ ラインハルト・フェーベル  若林千春 
司会:中村典子

京都市立芸術大学大学講堂
ラインハルト・フェーベル;ピアノとオーケストラのためのハイパークラヴィーア(世界初演)
ピアノ独奏:ゲレオン・クライナー 指揮:タウム・カルニ
中村典子;永九 コロラトゥーラソプラノと合唱、管絃楽、エレクトロニクスのための(世界初演)
独唱:日紫喜恵美(世界初演)vocal ensemble clumusica ensemble clumusica
二胡: 鳴尾牧子 箏: 麻植美弥子 
指揮:中村典子 
                  
第4回
2016年4月28日(木)
モーツァルテウム大学電子音楽スタジオ4006 
講演:中村典子 「流動リズムと音響的推移を通したアジアの風景-21世紀クラヴィーアリートとしてー
視覚現象融合による音響推移を通した言語的構造体再統合」《夜色樓臺雪萬家》 
通訳:山田晴子 
同日レッスン

2016年4月28日(木)
モーツァルテウム大学スタジオ 
モーツァルテウム大学京都市立芸術大学
両校学生教員作品による
両校教授ゲレオン・クライナー&小濱妙美リサイタル
21世紀クラヴィーアリートで主に冬の旅主題の東西創造  
カタストロフー稲谷祐亮  メルト・コジャディ   
面ーラインハルト・フェーベル  春野海 
冬の旅ーラインハルト・フェーベル  カトリン・クローゼ  稲谷祐亮  中村典子
モーツァルトー春への憧れ(日本教育唱歌)(piano concerto 27 mov.3)春

[PR]
箏への創造への探究 research session for koto creation 2016
[東西往還楽 ] east-west circulative music
京都市立芸術大学音楽学部中村研究室主催
あるいは中村典子関連[自作上演・講演あるいは審査]

1(16) 2016年1月8日(金) 大枝オルタナティヴフェスティバル 
    箏への作曲研究工房 討論 箏への創造=箏奏者と作曲者による=
    稲谷祐亮:深緋椿(2015) 岡本伸介:weaving spells into a starlit sky(2015)
    討論者:麻植美弥子[箏] 福原左和子[箏] 中川佳代子[箏] 横山佳世子[箏]
    21世紀邦楽プロジェクトへの取り組み 稲谷祐亮 [院1作曲] & 岡本伸介[院3音楽学(学部:作曲)]
    司会:中村典子[准教授(作曲)]
   [作曲者による伝統楽器への初創造作品紹介と箏奏者による問題解決]
2(17) 2016年1月30日(土) series邂逅 響律動夢 禱櫻命運 韓国DAEGU ART FACTORY Suchan Hall
    カヤグムと箏への創造
collaborative creation
ensemble clumusica,Kyoto & empty note,Daegu
作曲:中村典子  禱 oratio (2016,世界初演) 
    カヤグム演奏:オム・ヨンスク[慶北大学校國樂科博士課程修了, 箏:麻植美弥子

3(18) 2016年5月22日(日)国際現代音楽祭アジアの管絃の現在2016 京都私立芸術大学大学会館ホール
4a(19) 2016年5月28日(土)オルガンレクチャー  導入:中村典子 講師:カルロ・フォルリヴェジ
 古典的オルガン・レジストレーション J.S. Bach G.Fogliano G.Frescobaldi &
 新作オルガン・レジストレーション 中村典子:雙光 lucis Propinquis (2016,World Premiere) 
講習:レジスレーション形成とオルガン演奏実習
4b(19) 2016年5月29日(日)
安土文芸セミナリヨ 日伊通商150周年記念 プリマヴェーラコンサート
中村典子:雙光 lucis Propinquis (2016,World Premiere)
5(20) 2016年6月24日(金)国際フェスティバルアジアの音舞の現在2016 京都私市立芸術大学大学会館ホール
中村典子:鈴鹿馬子唄六様(2011-2016)より  
中村典子:鈴鹿馬子唄による交聲譜(2011) 篠笛:井伊亮子 十七絃:西村彰洋 鋼琴:中村典子
6(21) 2016円7月31日(日)KEIBUN 湖国の作曲家 中村典子&若林千春作品集
    J.S.バッハ:暁の星のいと麗しきかな
    ヴィヴラフォン:浅川いずみ マリンバ:可児麗子 トロンボーン:矢巻正輝
    KEIBUNシンフォニエッタ 指揮:中村典子
    中村典子:如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern für Kammerorchester (2013)
    フルート:若林かをり ファゴット:八田菜保子 ヴィオラ:南條聖子
    KEIBUNシンフォニエッタ 指揮:中村典子
   グレゴリオ聖歌・八橋検校:Credo 六段
   箏:麻植美弥子 
KEIBUNシンフォニエッタ 指揮:中村典子
中村典子:眞聲水如 vox verum quasi aqua for piano and chamber orchestra
(2016,World Premiere,しがぎん経済文化センター委嘱作品)
   KEIBUNシンフォニエッタ 指揮:中村典子
research session for koto creation 2016
organizer:Nakamura lab,Kyoto City University of Arts
NAKAMURA Noriko [own work performance,lecture and judgement]
1(16) 8th January,2016 OE international alternative festival 2
research session for koto composition studio
discussion --creation for koto by koto players and composers
INATANI Yusuke [M1]:深緋椿 (2015) 
OKAMOTO Shinsuke [M3,Musicology(graduated KCUA composition]:Weaving spells into a starlit sky (2015)
  panelist:OE Miyako FUKUHARA Sawako NAKAGAWA Kayoko YOKOYAMA Kayoko
[all members : koto professional players]
moderator: NAKAMURA Noriko [ composer for also koto and Japanese traditional instruments ]    2(17) 30th January,2016 series encounter 2 響律動夢 禱櫻命運 DAEGU ART FACTORY,Suchan Hall (Korea) empty note[Daegu,Contemporary Music Creation Group] with clumusica [Kyoto,Contemporary Music Creation Group@Nakamura lab,KCUA]
presentation--creation for gayagum and koto  
NAKAMURA Noriko: 禱 oratio (World Premiere) gayagum:EOM Yeon-suk koto:OE Miyako
CHAN Wingwah:輝映 SHINING (World Premiere) gayagum:EOM Yeon-suk koto:OE Miyako
3(18) 22nd May,2016 International Contemporary Music Festival "Present of Orchestral Asia 2016" 
VOICES for PRAYER circulation of field songs,beginning miniature in sky KCUA university Hall
TOMOTANI Koji: The Poems of the Wind II for 17gen and percussion (2014)
17gen:OE Miyako percussion:MIZAMOTO Yasuko
SHIMIZU Yoshihiko:A Hidden Ritual(2016,Version Premiere) conductor:ISHIHARA Yusuke tenor solo:KINA Nagomu koto:NAKAGAWA Kayoko ensemble clumusica
NAKAMURA Noriko:天聲地韻 vox caelum terra rhythimus (2016,World Premiere)
spiritual voice:UENO Yoko YATSUHASHI Kengyo:YANG Xueyuan koto I:FUKUHARA Sawako koto II:YOKOZAMA Kazoko koto III NAKAGAWA Kayoko 17gen :OE Miyako percussion I: MIZAMOTO Yasuko percussio II :KAMINAKA Asami conductor:NAKAMURA Noriko
4(19) 29th May,2016 Azuchi Bungei Seminario Primaera concert
NAKAMURA Noriko:雙光 lucis propinquis for organ and koto (2016,World Premiere)
organ :Carlo FORLIVESI 17gen:OE Miyako
5(20) 24th June,2016 International Festival "Music & Dance,Present in Asia 2016"
from NAKAMURA Noriko:from 6 diferencias "SUZUKA Magouta" 鈴鹿馬子唄六様
Shimobue:II Akiko 17gen:Nishimura Akihito piano:NAKAMURA Noriko
6(21) 31st July,2016 ” SHIGAGIN Hall composers of lakeland "NAKAMURA Noriko & WAKABAYASHI Ciharu"NAKAMURA Noriko:如何美輝暁星 Wie schoen Leuchtet der Morgenster fuer Kammerorchester (2013) Gregorian chant & YATSUHASHI Kengyo : Credo六段 (15C) NAKAMURA Noriko :眞聲水如 vox verum quasi aqua for piano and chamber orchestra(2016,World Premiere)

[PR]
koto research session 2015 [east west circulative music 2015]
organizer:Nakamura lab,Kyoto City University of Arts
NAKAMURA Noriko [ own work performance,lecture and judgement]

--koto weekly from January to February
1a  9th January,2015 OE international alternative festival [University Hall,KCUA] koto workshop [OE Miyako]
1b  9th January,2015 OE international Alternative Festival [University Hall,KCUA]
NISHIMURA Akihiro MAGOKU Keishi alternative recital [University Hall,KCUA]
NAKAMURA Noriko:桃雲 pink cloud for piano with toy piano,cello,17gen electronics
2  14th January,2015 OE international alternative festival [Uniersity Hall,KCUA]
RIM for Rimpa 400 anniversary WAKABAYASHI Chiharu NAKAMURA Noriko works concert
WAKABAYASHI Chinaru: momentariness VI koto:Maqeen Miyama Tokita
NAKAMURA Noriko:QINDUSIYUN 17gen with metal percussion:Maqeen Miyama Tokita OE MIyako        
3  23rd January,2015 series encounter 邂逅之絲
organizer:Office Musicmessage collaborative organizer:Kyoto Art Center
clumusica with empty note submission concert
NAKAMURA Noriko:光 lumen,quod natum est LICHT
25-gen: YOKOYAMA Kayoko poem reading:NAKAMURA Noriko
[Nakamura Noriko:Light,cosmos and hugged]
NAKAMURA Noriko:斎 zhai  koto: YOKOYAMA Kayoko
4  5th February,2015 lab.lecture 213 lab,music studio
several thousand years,several hundred years of qin,zheng,koto music [NAKAMURA Noriko ]
5  6th February,2015 lab.lecture
What did koto players want to tell to composers [YOKOHAMA Kayoko] conference room,research centre
6 28th March,2015 Present of electro acoustic music 3 [University Hall,KCUA]
Carlo Forlivesi Nakamura Noriko featuring Aquim Bornhoeft
Carlo Forlvesi:Silenziosa luna koto with vocal:OE Miyako
Nakamura Noriko:Bright Moon Music Vol.2 17-gen with koto with vocal:OE Miyako
Nakamura Noriko:玉 TAMA Bach 17-gen:NAKAMURA Noriko
7 31st May,2015 Intenational Contemporary Music Festival “Present of Orchestral Asia 3” [University Hall,KCUA]
Gregorian chant & YATSUHASHI Kengo:Credo ROKUDAN
[Tsuboi-MInagawa-Kubota-Nosaka-Forlivesi-Nakamura-Oe]
koto:OE Miyako vocal ensemble clumusica
Carlo FORLIVESI:En la Soledat i el Silenzi per chitarra e koto guitar: HASHIZUME Kosuke koto:OE Miyako
John SHARPLEY:A Dream within A Dream erfu:NARUO Makiko zheng:DAI Qian vibraphone:KAMINAKA Asami
vocal ensemble clumusica conductor:TAUM Karni
KUMAGAI Miki:Ichijo Modoribashi koto:FUKUHARA Sawako
NAKMURA Noriko:永九 yongjiu for coloratura soprano,mixed chorus,
erfu,koto with 20gen & 17-gen and orchestra with electronics(World Premiere)
8 6th June,2015 Azuchi Bungei Seminario Nobunaga Fesitval pre concert pipe organ and koto
Gregorian chant & YATSUHASHI Kengo:Credo ROKUDAN
[Tsuboi-MInagawa-Kubota-Nosaka-Forlivesi-Nakamura-Oe]
koto:OE Miyako vocal ensemble clumusica
NAKAMURA Noriko:QINDUSIYUN 17gen with metal percussion:OE Rieko OE MIyako  
9a 13th June,2015 21st century project for Japanese music
Competition of composition for koto and west instrument [ International Cultural House ]
judge of panel:TSUBONOH Katsuhiro Dr.Joseph AMATO
NAKAMURA Noriko Christopher YOMEI [absence] TAKAHASHI Kumiko
9b 22nd June,2015 21st century project for Japanese music
Competition of composition for koto and west instrument [ International Cultural House ]
judge of panel:TSUBONOH Katsuhiro Dr.Joseph AMATO
NAKAMURA Noriko Christopher YOMEI [absence] TAKAHASHI Kumiko
10 28th June,2015 International Festival “Music,Dance,Present in Asia” [University Hall,KCUA]
Gregorian chant & YATSUHASHI Kengyo:Credo ROKUDAN with Noh dance
vocal ensemble clumusica Noh dance: ANDOH Nobumoto
conductor:NAKAMURA Noriko
11 6th June,2015 The invitation to Japanese traditional music [ Otsu Firaro Hall,Shiga]
NAKAMURA Noriko:QINDUSIYUN 17gen with metal percussion:OE Rieko OE MIyako
12a 16th October,2015 21st century21st Century Japanese Music Project
New Music Composition Contest for the YIS Japanese Music Ensemble Yokohama BankART Studio
the NYC Benefit Concert for the Yokohama International School Japanese Music Ensemble
   Winner: HATTORI Reika:Traitor koto:Leo Konno vn: NAKAZAWA Saori
judge of Panel:TSUBONOH Katsuhiro Dr.Joseph AMATO
NAKAMURA Noriko[absence by judgement of AIR Kyoto Art Center]
Christopher YOHMEI[absence] TAKAHASHI Kumiko        
12b 16th October,2015 21st century21st Century Japanese Music Project
New Music Composition Contest for the YIS Japanese Music Ensemble
Yokohama International School Japanese Music Ensemble's New York tour:
Hunter College Lang Hall Hattori Reika:Traitor(first prize in the International Center for Japanese Culture’s
21st Century Music Project Composition Competition, US premiere)
Leo Konno (jushichigen - bass koto) and Pauline Kim Harris (violin)
Hunter college Ida K.Lang recital hal,New York University
Mannes Concervatory,Isamu Noguchi Museum
13 31st October,2015 encounter of east and west,early modern period and modern period of koto
II Akiko OE Miyako NAKAMURA Noriko
NAGAHAMA manicipal elementary school Cosmos Festival
14 22nd December,2015 Hwaum Project Choseontongsinsa Project III [University Hall,KCUA]
sho:MANABE Naoyuki ensemblr clumusica conductor:NAKAMURA Noriko   
15 Offering by Cold Moon Art Space in front of Nijo castle
NAKAMURA Noriko:Rengetsu-shin
Credo Rokudan chant:UMEMURA Kayo koto:FUKUHARA Sawako
YATSUHASHI Kengyo:Rokudan koto:FUKUHARA Sawako



[PR]
箏への創造 2015 [ 東西往還楽 2015 ] (全15回)
主催:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室+中村典子関連[自作上演・講演・審査]
1a ------1月9日(金) 大枝インターナショナルオルタナティヴフェスティバル [大学会館ホール] 
箏ワークショップ[麻植美弥子]
1b-------1月9日(金) 大枝インターナショナルオルタナティヴフェスティバル [大学会館ホール] 
西村彰洋・孫工恵嗣 オルタナティヴリサイタル
中村典子:[桃雲]トイピアノを伴うピアノ、チェロ、十七絃、エレクトロニクス
2---------1月14日(水) 大枝インターナショナルオルタナティヴフェスティバル [大学会館ホール]
琳 琳派四百年によせて 若林千春中村典子二人展
若林千春[玉響VI] koto solo 中村典子[青渡絲韻] 金属打楽器を伴う十七絃二重奏
3---------1月23日(金) series 邂逅 "邂逅之絲”
[主催:オフィスミュージックメッセージ 共催:京都芸術センター]
clumusica 韓国現代音楽創造集団 empty noteを迎えて
4----------2月5日(木) ラボレクチャー:琴箏楽数千数百年[中村典子] 音楽棟213研究室
5----------2月6日(金) ラボレクチャー:箏曲家が作曲家につたえること[横山佳世子]
新研究棟2階大会議室
6----------3月28日(土) 電子音楽の現在3 [大学会館ホール]
Carlo Forlivesi Nakamura Noriko featuring Aquim Bornhoeft 箏と電子音楽コンサート
カルロ・フォルリヴェジ[沈黙の月] 箏と唄 麻植美弥子 
中村典子[明月楽弐之巻] 十七絃と唄 麻植美弥子 中村典子[玉Bach] 十七絃独奏 麻植美弥子
7----------5月31日(日) 国際現代音楽祭アジアの管絃の現在3
増田真結:のりこえるこえ(世界初演) 地唄三絃:中川佳代子
カルロ・フォルリヴェジ:孤独と静寂の中へ(2008) ギター:橋爪皓佐 箏:麻植美弥子
グレゴリオ聖歌・八橋検校:Credo六段 vocal ensemble clumusica 箏:麻植美弥子
ジョン・シャープリー:夢の中の夢(2011) 二胡:鳴尾牧子 古箏:戴茜
vib.:上中あさみ vocal ensemble clumusica 指揮:タウム・カルニ
熊谷美紀:一条戻橋(2011) 箏:福原左和子
中村典子:永九 ソプラノと混声合唱、二胡、箏・二十絃・十七絃、管絃楽と
エレクトロニクスのための(世界初演)ソプラノ:日紫喜恵美 vocal ensemble clumusica
二胡:鳴尾牧子 箏・二十絃・十七絃:麻植美弥子 ensemble clumsuica 指揮:中村典子    
8--------6月6日(土)安土文芸セミナリヨ 信長まつり前夜祭コンサート パイプオルガンと箏
グレゴリオ聖歌・八橋検校:Credo六段 vocal ensemble clumusica 箏:麻植美弥子
中村典子[青渡絲韻] 金属打楽器を伴う十七絃二重奏 十七絃:麻植理恵子 麻植美弥子
9a-------6月13日(土)21世紀邦楽プロジェクト 箏と西洋楽器のための新作募集審査(1)国際文化会館[東京]
審査: 坪能克裕 ジョセフ・アマト 中村典子 クリストファー遙盟(欠席) 高橋久美子
9b-------6月22日 (月)21世紀邦楽プロジェクト 箏と西洋楽器のための新作募集審査(2)
審査:坪能克裕 ジョセフ・アマト 中村典子 クリストファー遙盟(欠席) 高橋久美子
10-------6月28日(日)国際フェスティバル アジアの音舞の現在2015 Credo六段と能舞[大学会館ホール] 
グレゴリオ聖歌・八橋検校:Credo六段 [Tsuboi-Minagawa-Kubota-Nosaka-Forlivesi-Nakamura-Oe]
能舞:安東伸元 vocal ensemble clumusica 箏:麻植美弥子 指揮:中村典子
11-------9月6日(土) 和楽への誘い 大津フィガロホール[滋賀]
中村典子[青渡絲韻] 金属打楽器を伴う十七絃二重奏 十七絃:麻植理恵子・麻植美弥子 
12a -----10月16日(金) 21世紀邦楽プロジェクト 授賞コンサート(横浜) [BankART Hall]
[欠席:京都芸術センターAIR審査のため]
12b-------10月30日(金) 21世紀邦楽プロジェクト 優勝作品アメリカ初演 (ニューヨーク)
[欠席:長浜リハーサルのため]
優勝 服部伶香:Traitor vn:Pauline Kim Harris 17-gen:Leo Konno
Hunter college Ida K.Lang recital hal,New York University
Mannes Concervatory,Isamu Noguchi Museum
13--------10月31日(土) 箏の近世と近代-東西の邂逅[中村典子 井伊亮子 麻植美弥子 ]
[長浜市立浅井小学校]
第1部 長浜曳山まつり 映像としゃぎり演奏  六年生児童・保護者と山のなかまたち
第2部 箏の近世と近代-東西の邂逅
鈴鹿馬子唄(滋賀県&三重県民謡):[A:篠笛・箏+十七絃・ピアノ+鈴] [B:民謡歌唱]
荒城の月(近代音楽の古謡:平井康三郎):[A:篠笛・ピアノ(滝連太郎-山田耕筰編)] [B:篠笛]
       [C:篠笛・オルガン(滝連太郎-Maxime Gimenez編)]
さくら変奏曲(近世古謡による近代音楽) :[A:篠笛・ピアノ(中村典子編)]
[B:箏・篠笛・ピアノ(宮城道雄編)]
六段の調(近世音楽の古典) :[A:箏 (八橋検校)]
かしの木のうた(現代のフォークロア:中村典子(詩と曲)): [A:篠笛・十七絃・ピアノ(中村典子編)]
第3部 あざいのまなご [中村典子(詩と曲)]
篠笛、5年生児童全員(篠笛)、十七絃、、児童合唱、ピアノによる演奏
14--------12月22日(火) ファウムプロジェクト朝鮮通信使 プロジェクトIII [大学会館ホール] 
中村典子:海煥草木川花奏鳴 (世界初演)笙:真鍋尚之 ensemble clumusica 指揮:中村典子
15--------12月26日(土) 寒月のささげもの アートスペースHASE二条城前[京都]
中村典子:[月下芙蓉] オーボエ:呉山平煥 ファゴット:仙崎和男 箏:福原左和子
中村典子:[蓮月心] 箏:福原左和子 グレゴリオ聖歌・八橋検校:Credo六段
八橋検校:六段 箏:福原左和子


[PR]
2015年1222日ファウムプロジェクト朝鮮通信使
20151226日寒月のささげもの
[clumusica東日本大震災チャリティ アートスペースHASE二城城前]
201618日大枝インターナショナルオルタナティヴフェスティバルに
ご来場いただきました先生方がた、みなさま

先般1222日は年末の非常な寒気のなか、沓掛の学舎大学会館まで大変お忙しいなか
お運びくださり、韓国から東京から関西一円から初演にお立ち合いくださりまして
本当にありがとうございました。みなさまのおかげをもちまして、
雅楽調律の笙と弦楽の協奏曲、現代調律のオーボエと笙と弦楽の協奏曲の新作二作と
弦楽の演奏会で、1375年より1880年京都芸大創立[京都府画学校(朝鮮修信使)]時まで
500年続く朝鮮通信使と、第二次世界大戦中同志社大学で学び福岡で非業の死を遂げた
韓国国民詩人尹東柱没後70年の追悼により日韓国交正常化50年記念プロジェクトを
無事終了することができました。深く感謝申し上げます。
また1226日には車椅子卒業後の腰椎すべり症リハビリ継続で学内のみ公演を
続けておりました押し迫った年末に、リハビリ以後初の外部演奏会での
東日本大震災チャリティに二城城前のスタジオ一杯にお運びくださり、
ヴァージョン初演と現代作品では稀な暗譜演奏を含む東西をゆきかう
四川上野大津京都を結ぶ中村作品と六段のプログラムで、
すべて月で研ぎ澄まされた東西の音楽のかずかずを共有くださり
チャリティにご協力くださり本当にありがとうございました。
これは私の人生初の出来事でしたが
あらゆる世代の演奏家がみまもる交差のなか
現代音楽では稀な暗譜での初演まで完遂に感激でした。
心より感謝申し上げます。
みなさまよりお預かりいたしました入場料総額78500円を
1228日付で東日本大震災義援金として日本赤十字社へ
以下の通り無事お送りいたしました。
20151225日は38年ぶりの満月であると直前に
そのことを教えてくださるかたがあり、
特別に輝く銀の月の光のもとプロジェクトを遂行でき
深く感謝申し上げる次第です。
また、明けて201618日の大枝オルタナティヴフェスティバルにも
大変寒気の厳しいなかイギリスからもお運びくださり、
プロ箏奏者と作曲家による箏への創造リサーチ・トークセッション、
電子音楽独奏楽器独唱の個展二つ、舞踊とのリサーチセッションでの
国宝夜色楼台図よりの夜色樓臺雪萬家与謝蕪村聲十景まで、
無事終了することができ深く感謝申し上げます。
みなさま、本当にありがとうございました。
e0146075_08005839.jpg
e0146075_08005461.jpg

[PR]
2015年1月9日(金)箏への創造のための探究1[中村研究室] clumusica 12-13th concert clumusica friendship charity 15 Organiser:clumusica Nakamura lab.in KCUA OE is the place KCUA located.OE means main branch of all.it is O's Energy.KCUA University Hall 京都市立芸術大学大学会館ホール Oe International alternative music festival 16:30-17:45箏ワークショップ 麻植美弥子 koto work shop lecturer:Oe Miyako 17:45(Open)18:00- 西村彰洋 孫工恵嗣 オルタナティブリサイタル Nishimura Akihiro (piano,toy piano,alumuni) Magoku Keishi(cello,M2) 麻植美弥子 Oe Miyako(17gen) 稲谷祐亮:...夜の記憶... Inatani Yusuke(4) …Memory of Night… (2012) マイケル・シドニー・ティンプソン: スーパーメディアント Michael Sydney Timpson Super Mediant (2012) 田口雅英:トイ・メロディー Taguchi Motohide Toy Melody (2010)酒井信明:フォーレのモチーフに興ずる Sakai Nobuaki 
 solo 18(2007) ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:生命を与える聖霊 Hildegard von Bingen Spiritus Sanctus vivificans vita 近藤浩平:坊さんの気晴らし Kondo Kohei:Prist’s Recreation(2012) 清水慶彦:透写、落下する水 Shimizu Yoshihiko Tracing,the waterfall (2012) チチュン・チスン・リー 李志純:空想 Chihchun Chi-sun Lee Imagination (1989) 池田真沙子:スウィフトィンクル Ikeda Masako Swiftwinkle(2013) 櫻井ゆかり:つかの間の伝言 Sakurai Yukari
 
 Un message instantané (1981) シャーライ敷地文江 Sarai Shikichi Fumie King Kong Kang..Kang (2013) 南川弥生:月雫 Minamikawa Mio 
moon drops (2013) 増田真結:時花/榊 Masuda Mayu:Time/Space (2013) イム・ジェスン 李志宣 임지선 Jiesun Lim Chaosmos (2013) 中村典子:桃雲 Nakamura Noriko:pink cloud (2013) (順不同) 照明:木下栞(lacquer work,M1) 電子音響:岡本伸介(Musicolosy,M1) 音響:西村千津子(教員)問合わせ Contact: 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 Nakamura lab,KCUA:075-334-2363 nakamura@kcua.ac.jp
2015年1月14日(水)箏への創造のための探究2[中村研究室] 18:30-(18:00 Open)京都市立芸術大学大学会館ホール KCUA University Hall Oe International alternative music festival琳 派四百年によせて fagotto:中川日出鷹[平成26年度京都市芸術文化特別奨励者] flute:若林かをり[2012現代音楽演奏コンクール「競楽X」第2位]十七絃・箏:マクイーン時田深山[2012現代音楽演奏コンクール「競楽X」第2位]十七絃:麻植美弥子 協力:日本伝統音楽研究センター electronics:中村典子 Salvatore Scciarino:歓喜の歌 若林千春 光の跡 le trace de la Lumiere 玉響…no.6 UTU III UTU IV 中村典子:花如 quasi flos 眞聲 vox verum 伊福 inspirare 青渡絲韻 QINDUSIYUN 照明:木下栞 音響:西村千津子(教員)問い合わせ Contact: 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 Nakamura lab,KCUA:075-334-2363 nakamura@kcua.ac.jp
2015年1月22日(木)京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻による文化会館コンサート2 作曲専攻による新作発表演奏会 「Birth of Music 2014」 京都市北文化会館 (作曲専攻後期実技試験)伊藤慶佑/『現代風月食』 3本のフルート,2組のパーカッション,ガムラン楽器 後藤沙央里/『百年の家』 弦楽四重奏 稲谷祐亮/『纏はる・・・』 独奏クラリネット 黒川拓朗/『シェークスピアのソネットによる歌曲』 テノールとチェロ 中世古早織/『七重奏曲』 クラリネット,ファゴット,ホルン,ヴァイオリン,ヴィオラ,チェロ,コントラバス 春野海/『dark matter』 ヴィブラフォン,パーカッション,弦楽四重奏,2本のコントラバス 佐々木望/『子守唄』 バリトン,フルート,クラリネット,ホルン,弦楽四重奏 小松淳史/『Variations』 クラリネットとピアノ 主催:京都市立芸術大学  京都市北文化会館  制作:音楽学部  リエゾンオフィス  問い合わせ:連携推進課 事業推進担当 075-334-2204
2015年1月23日(金)木管五重奏新年演奏会 アンサンブル'無名'第0回コンサート 於:Y's Cafe(愛媛県松山市一番町) フルート:田呈媛 オーボエ:石川多恵子 クラリネット:伊藤千佳 ホルン:岸洋一郎 ファゴット:斎藤哲 プーランク:ノベレッテ ピアソラ:リベルタンゴ 瑶族舞曲(中国古謡:対鉄山芳元作曲(さんずいに元)中村典子編曲)ほか 
2015年1月23日(金)箏への創造のための探究3 京都芸術センター講堂 シリーズ邂逅 series encounter 邂逅之絲 east meet west west meet east 中村典子 NAKAMURA Noriko:光 lumen,quod natum est LICHT 斎 zhai 斎 sai Younghi Pagh-Paan 朴琵案泳姫 :AAGA 雅歌 グレゴリオ聖歌=八橋検校 Credo 六段 パンソリ:春香伝 より Kim Joonghee 金重姫:Destiny 新作[director of "Empty Note"Contemporary music Creative Arts Group]箏・二十五絃箏:横山佳世子 パンソリ:オ・ヨンジ 書:シムヒャン ヴァイオリン:キム・ジヒェ チェロ:大西泰徳[ensemble clumusica]京都には330年前、1685年に音楽が東西で重なった空の架橋がある。1685年、近世箏曲の祖・八橋検校が没し、音楽の父母J.S.バッハとG.F.ヘンデルが生誕した。八橋検校の墓は京都・黒谷金戒名寺にある。八橋検校没とバッハヘンデル生誕の時を結ぶ京都は、この330年の音楽による交差に匹敵する音響と視覚の本質的な交差作用による音楽創造、東西(南北)文化の習合総合融合に至る音楽の創出を待っている。音楽の歴史形成を担う奏者と歴史的文脈を形成する作品との遭遇に、各地から、世界から、冬の京都へ参集を誘う。(企画:中村典子)Yatsuhashi Kengyo had died in 1685 and J.S.Bach and G.F.Haendel were born in the same 1685.Yatsuhashi is early modern Japanese composer for koto as master musician,and Bach & Haendel is the great master father & mother in western music. In Kyoto,Yatsuhashi Kengyo's tomb exists at Kurodani Kon Kaimyou-ji temple in Kyoto. Kyoto is the place of combining the Yatsuhashi Kengyo's death and Bach & Haendel's birth.Kyoto is waiting musical creation which is comparable to cross by music of this 330 years,through essential crossing of visual and acoustic by syncretism or comprehensive fusion of east and west,north and south culture.The encounter with the works from the historical contexts, and the performers responsible for the formation history of music, winter Kyoto invites you from all over the world.(Program:Nakamura Noriko)
2015年2月3日(火)京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会第33回拡大運営委員会 於:ザ・パレスサイドホテル 会長:大村益雄 副会長:大西多恵子 松本真理子 理事:金森重裕 三井ツヤ子 杉中博 山本千壽 会計:佐藤敏子 事務局:中村公俊 選挙管理委員長:井出悟 学内委員:中村典子
2015年2月4日(水)平成27年度文化芸術活性化パートナーシップ事業第一次選考委員会 審査 杉山準(演劇プロデュサー 特定非営利活動法人 劇研 理事 事務局長)阪田真己子(同志社大学文化情報学部准教授)中村典子(作曲家・京都市立芸術大学音楽学部准教授)川本悟(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理部長)東秀樹(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理担当係長)
2015年2月5日(木)箏への創造のための探求4[中村研究室] 於:京都市立芸術大学音楽棟213 
東洋人による西洋楽器への創造と箏への全世界からの創造  東洋管弦楽 百年 1912 山田耕筰:序曲ニ長調 ベルリン高等音楽院留学中作品 1912 山田耕筰:交響曲へ長調《勝鬨と平和》ベルリン高等音楽院卒業作品 1931 山田耕筰:オペラ《黒船》序景 レニングラード初演(現サンクトペテルブルグ)1934 貴志康一:交響曲《仏陀》 ベルリンフィル初演 1940 山田耕筰:オペラ《黒船》完成 藤原義江,杉村春子他 日本初演(序景外)
琴箏楽 数千数百年 俗箏 八橋検校(1614-1685)六段の調 1971 三木稔 :竜田の曲 1980 廣瀬量平:みだれによる変容 楽箏と東琴 雅楽 東遊より 東琴 2010 中村典子:玉 Bach 楽箏 2010 中村典子:渡渡韻韻(2012 青渡絲韻)雅楽 喜春楽より 2013 中村典子:如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern für Kammerorchester
2015年2月6日(金)箏への創造のための探究5[中村研究室] 結箏[ゆうこと]箏曲家が作曲家に伝えること 於:京都市立芸術大学新研究棟大会議室 講師:横山佳世子 八橋検校:みだれ[乱輪舌] 横山佳世子 松村禎三:幻想曲 沢井忠夫 沢井忠夫:五節の舞 沢井忠夫 沢井一恵 沢井比可流
2015年2月18日(水)20+1世紀音楽祭 「ゲーム・オーバー」ー21世紀ファゴット音楽 ファゴット:中川日出鷹 藤倉大:Calling(2011) 坂田直樹:Antenna(2012) 中村典子:眞聲 vox verum(2013) 坂東祐大:Transform and Deform(2014) カフェ・モンタージュ  Cafe Montage  京都市中京区五丁目239-1
2015年2月22日(日)現代の音楽展2015 〜演奏家と創造の現在 Exhibition of Contemprary Music 平田英治サクソフォンリサイタル〜Focus on sxophone Hirata Eiji 制作:南川弥 ドルチェ楽器大阪アーティストサロン(JR大阪駅御堂筋口) 中村典子:聲愈 Nakamura Noriko:audible(premiere) 諸橋玲子 Morohashi Reiko:Wind for alto saxophone(premiere) 田口雅英 Taguchi Masahide:テナーサキソフォンの為の「黒い慟哭」(premiere) 宇野文夫: Uno Fumio:即興曲 サックスとピアノのための(premiere)演奏:大慈弥恵麻 Ojimi Ema:Nasobena 1(2012,version premiere)南川弥生 Minamikawa Mio:瓢〜2本のサキソフォンのための〜(premiere)近藤浩平 Kondo Kohei:海辺の祈り〜震災と原子炉の犠牲者への追悼 作品121(2014)(premiere)平田英治(サクソフォン)篠原康浩(サクソフォン)厚地えり奈(ピアノ)
2015年3月9日(水)Visiting Professor Van Thi Minh Huong,Hohchimin City Conservatory of Music with Professor Tokumaru Yoshihiko,Guest Professor,Kyoto City University of Arts
2015年3月10日(火)京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会第34回拡大運営委員会 於:ザ・パレスサイドホテル 出席 会長:大村益雄 副会長:大西多恵子 松本真理子 理事:金森重裕 山本千壽 監査:樋上由紀子 会計:佐藤敏子 事務局:中村公俊 学内委員:中村典子
2015年3月12日(木) Camilla Hoitenga(solo flute) Galerie Claudia Delank Berlin,pieces by Noriko Nakamura,Hideki Kozakura and Wil Offermans and so on,Bleibtreustrasse 15-16 10623 Berlin
2015年3月22日(日)竹内唯&山口真衣子 マリンバ・打楽器ソロコンサート 栗東芸術文化会館さきら小ホール 湖鼓(ここ)から未来へ2015 宮本妥子プロデュース新進音楽家育成プログラムシリーズ Vol.5 栗東の風 コンサート meets〜ココロつなぐ無限の音〜 権代敦彦:マリンバのための木はやはりなにも言わない 中村典子:ホカヒ 今井重幸:マリンバとパーカッションの為の協奏曲「シギリヤ・ヒターナ」演奏:竹内唯  G.P.テレマン:無伴奏マリンバによる12のファンタジーより第7番 変ホ長調 A.ゲラシメス:アスヴェンチュラス フォースネアドラム J.スローワー:トゥルーカラーズ I.クセナキス:プサッファ
2015年3月27日(金)京都芸術センター運営委員会(リハーサルのため欠席)
2015年3月28日(土)京都市立芸術大学大学会館ホール 電子音楽の現在3 Present from Electro Acoustic Music 3 Concert research session for for koto 6 clumusica 15th concert clumusica friendship charity カルロ・フォルリヴェジ&中村典子 featuring アキム・ボルンヘフト Carlo FORGIVES & NAKAMURA Noriko with Aquim Bornhoeft featuring OE Miyako and NAKAGAWA Hidetaka FORLIVESI:隧道 The Tunnel of Light NAKAMURA:花如quasi flos FORLIVESI:のむこうにThrough the Looking-Glass NAKAMURA:明月弐之巻 Bright Moon Music Vol.2 BORNHOEFT:自然--自然 Naturell-Courage-Naturell FORGIVESI:沈黙のSilenziosa luna NAKAMURA玉:Bach  NAKAKMURA:眞聲花如vox verum quasi flos  FORGIVESI: Requiem 8ch-version アフターレクチャー:カルロ・フォルリヴェジ[箏への創造のための探究6 koto research session for creation 6 ]
2015年3月29日(日)京都市立芸術大学大学会館ホール 電子音楽の現在3  講師:カルロ・フォルリヴェジ(イタリア国立ロディ音楽院教授)担当:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 受講者:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻2回生&4回生4名 ゲスト・オーディター:デイヴィッド・ボス(米国ローレンス大学)制作:稲谷祐亮:化石の記憶より 公開合評作品 春野海:koto signal(大学会館ホール)音響&照明フィルム撮影 春野海:koto signal Carlo Forlivesi:The Tunnel of Light・Through the looking glass・Requiem 中村典子:花如 quasi flos(全5作品)
lighting design:中村典子 木下栞 Carlo Forlivesi 撮影:稲谷祐亮・春野海・山川和也 electro acoustics:西村千津子・中村典子
2015年4月15日(水) Paul M Kikuchi's visitation to NAKAMURA lab. discussion for Japanese traditional instruments and electronics's ensemble Paul KIKUCHI(percussionist composer sound artist educator[Art Institute of Seatle]
2015年4月24日(金)訪問・音源採集:摩文仁の丘 沖縄県平和祈念資料館・新垣誠主幹 沖縄県立芸術大学音楽学部・近藤春恵教授 
2015年4月29日(水・祝)阪神淡路・東北大震災犠牲者のためのエキュメニカルな祈りとモーツアルトレクイエム 祈り 日本キリスト教団都島教会 井上隆昌牧師 日本聖公会堺聖テモテ教会 内田望司祭 日本福音ルーテル神戸東教会 乾和雄牧師 カトリック安倍野・藤井寺教会司祭 吉岡秀紀神父Grosse Messe in c-moll KV427よりRequiem in d-moll KV626 Ave Verum Corpus in D-dur KV.618(お歌える方々による全員合唱)谷本智子:小さな幸せ(二管オーケストラ編曲:中村典子)大阪カテドラル聖マリア大聖堂 指揮:富岡健 ソプラノ:ガハプカ奈美 吉岡仁美 アルト:田中友輝子 テノール:眞木喜規 バリトン:田中勉 合唱団 大阪コンサート オルフェウス大阪室内管弦楽団
2015年4月29日(水)創造のためのリサーチ・プレゼンテーション 楽曲研究発表 18:00- 京都市立芸術大学新研究棟大会議室 主催:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 後藤沙央里(作曲専攻4回生) リムスキー・コルサコフ:交響組曲《シェヘラザード》の二重構造性について 岡田善次(作曲専攻3回生) G.マーラー:交響曲第1番第1楽章の研究 遠藤隆明(作曲専攻3回生)G.グラズノフ:弦楽四重奏曲第5番の研究 藤田茉奈美 (作曲専攻3回生) L.v.ベートーヴェン:交響曲第8番の研究 橋詰智博(指揮3回生)W.A.モーツァルト:セレナード第10番変ロ長調「グラン・パルティータ」の研究 司会:中村典子

[PR]
2015 年 5月26日(火)10:40-12:10 京都市立芸術大学音楽学部特別講座[全専攻対象]ラインハルト・フェーベル 自作を語る 京都市立芸術大学 大学会館ホール Stelle of Orchestra & variation on the theme of Shubert (担当:中村研究室)
2015年5月27日(水)9:00-10:30 京都市立芸術大学音楽学部特別講座[全専攻対象] ラインハルト・フェーベル”Hyperklavier” 新作を語る 京都市立芸術大学 大学会館ホール 国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在3」5/26 委嘱新作 Hyperklavier für Klavier solo und 13 Instrumente with ゲレオン・クライナー[ピアニスト、ザルツブルグ・モーツァルテウム大学教授](担当:中村研究室)
2015年5月28日(木) 京都市立芸術大学音楽学部特別講座[全専攻対象9:00-10:00 京都市立芸術大学 大学会館ホール KCUA composition students’works マスタークラス プレゼンテーション:京都市立芸術大学大学院作曲専攻学生 国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在3」5/26上演作品 子守唄[佐々木望(院2)] 纏はる・・・[稲谷祐亮(院1)] シェークスピアのソネットによる歌曲 [黒川拓朗(院1)] dark matter [春野海(院1)]  作品講評:ラインハルト・フェーベル[モーツアルテウム大学教授] ラインハルト・フェーベル [作曲家,ザルツブルグ・モーツァルテウム大学教授][担当: 京都市立芸術大学作曲専攻中村研究室[213] phone:075-334-2363]
2015年5月30日(土)京都国立近代美術館コンサート 主催:京都市立芸術大学 佐々木望(院2回生) 20.7.64 for marinba solo 稲谷祐亮(院1回生)crashing for trombone solo 黒川拓朗(院1回生) 銀塩の海 for flute,clarinet,violin and cahon 春野海(院1回生) Emotion for violin and cello 岡田加津子:Juliet for soprano and pipeman プレトーク:岡田加津子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)
2015年5月31日(日)国際現代音楽祭 アジアの管絃の現在3  京都市立芸術大学大学会館ホール&講堂 clumusica 16th concert clumusica friendship charity 18] International Music Festival “Present of Orchestral Asia 3” アジアの管絃の現在 3 아시아의관현의현3 Attuale di Orchestra asiatico3  洲管絃的現在3 Present of Orchestral Asia 3  Aktuelle von Orchester Asien 3 京都市立芸術大学大学会館ホール・講堂Kyoto City University of Arts,University Hall & Auditorium主催:clumusica 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室[nakamura@kcua.ac.jp 075-334-2363] 作曲理論研究セッション 箏への創造リサーチセッション 後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会 協力:イタリア文化会館大阪 Universität Mozarteum Salzburg Israel Women Composers League シンガポール国立アートカウンシル 大分大学教育福祉科学部清水研究室 京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター Festival Advisor:山本毅 [Head of Graduate School,professor of KCUA]大嶋義実[Dean of music faculty,professor of KCUA] Hall Visual: 井上明[visual planning,professor of KCUA]Display:栗本夏樹[llacquer work,professor of KCUA] 漆塗蒔絵箏爪箱箏柱箱展示 Lighting:木下栞[master course of KCUA] 外村雄一郎[KCUA] Recording:西村千津[KCUA] Opening Concert 14:00- [Open 13:30-] conductor:each composers タウム・カルニ アジアの声と聲の現在KCUA Univeristiy Hall [China inner Mogol]痕跡MAN Jietrace for electronics and cello with visual (2014)[林唯哲LIN Weizhe(Taiwan] Tokyo Univerisity of Arts Museum Award]ウ・コンメン[Singapole]類似LIEW KongmengLikeness for cello duo (2014)[ACL Young Composers Award 2014 3rdplace][Yong Siew Toh Conservatory,University of Singapore]ジェシカ・チョウ[Malaysia]:15 minutes’fame’ Jessica CHO朱嘉寶 [Malaysia]:New Piece [Asia Composers League Young Composers Award 2011 3rd place] 増田真結[Japan]:のりこえるこえ Dr.MASUDA Mayu[Japan]Overcoming Voices for Jiutasangen (World Premiere) [D.M.A.lecturer of KCUA,Kobe Collage]カルロ・フォルリヴェジ[Italy]孤独と静寂の中へDr.Carlo FORLIVESIEn la Soledat i el Silenzi per chitarra e koto(2008) [Prof.of Rodi Concervatory] グレゴリオ聖歌・八橋検校[Italy-Portgal-Japan]:Credo六段CREDO Rokudan [from the Research of Tsuboi-Minagawa-Nosaka-Kubota-Forlovesi-Nakamura-Oe](1549-2013) アロナ・エプシュタイン[Israel]:Alona EPSTEINSnow for unaccompanied chorus(2011) [ACL festival 2011 Taiwan Selection][Chair of Israel Women Composers League] ジョン・シャープリー[Singapole]夢の中の夢 Dr.John SHARPLEYA Dream Within A Dream(2011)[ACL festival 2011 Taiwan Selection] 若林千春[Japan]:木霊の聲 WAKABAYASHI Chiharu:Êchos…Voix de Bois(World Premiere) [professor of Shiga University] Symposium Round Table 15:30-乗り越える聲 participate composers 進行 moderator:村典子NAKAMURA Noriko[Japan,associate professor of KCUA  translator宗宮章子 Orchestra Concert17:30-  conductor:each composers タウム・カルニ Taum Karni  KCUA Auditorium ジェシカ・チョウ[Malaysia]:五つの小品Jessica CHO Kah Poh [Malaysia]:Five little pieces for Piano [Asia Composers League Young Composers Award 2011 3rd place] 山口友寛[Japan]Electric Concerto YAMAGUCHI Tomohiro:Electric Concerto(World Premiere) [M.M.of Kyoto City University of Arts] 清水慶彦[Japan]The Overcoming Voices Dr.SHIMIYU YoshihikoOvercoming Voices(World Premiere) [D.M.A,full time lecturer of Oita University] 高昌帥[Korea-Japan]9.Sonate alla”Han” KOH Changsu9.Sonate alla”Han” for chamber orchestra(2001)[associate professor of Osaka College of Music] 熊谷美紀[Japan]一条戻橋 KUMAGAI MikiIchijo Modoribashi for koto (2011) [associate professor of Osaka College of Music] 佐々木望[Japan]子守唄 SASAKI Nozomi:Lullaby for baritone solo,flute,clarinet,fatotto,horn,violin,viola and cello (2015) [master course student of KCUA] 中村典子[Japan]永九NAKAMURA Norikoyongjiu for vocal and voices,erfu,koto and orchestra with electronics (World Premiere) ラインハルト・フェーベル[Germany]:ハイパークラヴィアReinhard Febe[Germany-Austria]:Hyperklavier(World Premiere)[professor of Universtät Mozarteum Salzburg] 箏:麻植美弥子 福原左和子 地唄三絃中川佳代子 古箏戴茜 二胡鳴尾牧子 Vibraphone上中あさみ ピアノ独奏ゲレオン・クライナー[professor of Universität Mozarteum Salzburg] ソプラノ独唱日紫喜惠[associate professor of KCUA] バリトン独唱萩原次己[part-time lecturer of KCUA] オーボエ独奏中根庸介[Shiga Universtiy full time lecturer] 重唱:奥田聖子 丸山晃子 矢守渚奈子 佐々木ひろ子 ギタ橋爪皓佐 ensemble clumusica  Flute田呈媛[Dr.candidate of KUCA] 森本英希 [Dr.candidate of KUCA] 若林かをり Oboe藤原博司 Clarinet伊藤咲代子 Fagotto竹中勇太[mastercourse of KCUA] Horn矢野めぐみ[master course of KCUA] Trumpet長谷川鈴夏Trombone: 富永玲 仁科美咲 Percussion:上中あさみ[part-time lecturer of KCUA] 井口雅子 十七絃麻植美弥子piano金田仁美 [Dr.candidate of KCUA] orchestral director Violin中村公俊 Violin:藪野巨倫 Viola岡田真実 Violoncello:大西泰徳 孫工恵嗣[master course of KCUA] 大熊勇希 Contrabass赤松美幸 vocal ensemble clumusica 奥田聖子 丸山晃子 村辺恵奈 中原加[master course of KCUA] 片山千聖 瀬戸口文乃 矢守渚奈子 佐々木ひろ子 菊田義典 池田真己[master course of KCUA] 井上元気 [mastercourse of KCUA] 中川智 落合庸平 大井卓也 宮尾和真 [箏への創造のための探究7 koto research session for creation 7]
2015年6月2日(火) 平成27年度 京都芸術センター第1回運営委員会 委員長:田中誠二(大和学園理事長) 副委員長:小林昌廣(IAMAS 岐阜科学技術大学院大学教授)運営委員:稲賀繁美(国際日本文化研究センタ教授)上念省三(舞踊評論家)中村典子(京都市立芸術大学准教授)平芳幸浩(京都工業繊維大学美術工芸資料館准教授)森山直人(京都造形芸術大学教授)北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)
2015年6月6日(土)安土セミナリオ(滋賀)日伊修好150周年記念事業 信長まつり前夜祭コンサート〜日本とイタリア〜 主催:信長まつり前夜祭コンサート実行委員会 後援:(公財)安土町文芸の郷振興事業団 あづち信長まつり協議会 国際交流協会(日伊修好150年記念事業) 中村典子:青渡絲韻 十七絃:麻植理恵子、麻植美弥子 グレゴリオ聖歌・八橋検校:クレド六段 歌唱:村辺恵奈 片山千聖 菊田義典 井上元気 箏:麻植美弥子 カルロ・フォルリヴェジ:沈黙の月 箏:麻植美弥子 岩坂富美子:新作(初演)岩坂富美子 浅井順子 井伊亮子 麻植美弥子 オルガンコンサート:カルロ・フォルリヴェジ  [箏への創造のための探究 koto research session for creation 8]
2015年6月13日(土)ICJCコンクール審査 主催:日本芸術文化国際センター 後援:東芝国際基金、邦楽ジャーナル 協力:マザーアース株式会社 1 21世紀邦楽プロジェクト 邦楽アンサンブルの「新作募集」賞金:1位50万円、次点10万円(各1名) 特典:日本とアメリカ初演・日本初演招待・出版 審査員: 坪能克裕(作曲家・審査委員長) ジョセフ・アマト(作曲家・日本音楽研究者) 中村典子(作曲家) クリストファー遙盟(尺八演奏家) 高橋久美子(作曲家)(順不同) The International House of Japan, Inc(国際文化会館)〒106‐0032 東京都港区六本木5-11-16 
International Center for Japanese Culture21st Century Japanese Music Project:New Music Composition Contest for the YIS Japanese Music EnsemblesCash Prize: First Prize ¥500,000, Second Prize ¥100,000 Additional Awards: Performances in Japan and USA, Composer Invitation to Yokohama, Music Publication Jury:TSUBONOH Katsuhiro(composer,head of jury) Joseph AMATO(composer,researcher of Japanese music) NAKAMURA Noriko(composer) Christopher YOMEI(shakuhachi player) TAKAHASHI Kumiko(composer)
2015年6月28日(日)京都市立芸術大学大学会館ホール 入場無料 国際フェスティバル「アジアの音舞の現在2」主催:clumusica 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 春野海:koto signal(electronics) new work(electronics) 山口友寛:Trumpet"Only"Concerto(trumpet &electronics) trumpet:末岡希和子 アロナ・エプシュテイン:雪より 合唱:vocal ensemble clumusica 稲谷祐亮:祈りの鈴/焔の憂い 舞踊:小川珠 Piano:志賀俊亮 中村典子:眞聲花如 vox verum quasi flos(fagotto,electronics) 能舞:安東伸元  fagotto:中川日出鷹 中村典子:眼天地耳 SKY EYES GROUND EARS(solo marimba,percussion ensemble,electronics) 独奏マリンバ:名倉誠人[clumusica 2015 招聘アーティスト] パーカッションアンサンブル:上中あさみ 可児麗子 関明日香  陶山美輝  岩永絃樹 池内里花 小椋風花 山田さくら 松井駿[教員&京都市立芸術大学打楽器研究室メンバー] electonics:中村典子 増田真結:契(詞:石垣りん) 合唱:京都市立芸術大学大学院声楽専攻メンバー vocal ensemble clumusica グレゴリオ聖歌・八橋検校:Credo六段  能舞:安東伸元  唱和:vocal ensemble clumusica 箏:麻植美弥子 [箏への創造のための探究 9 koto research session for creation 9]
2015年7月20日(月)作曲法作品発表 京都市立芸術大学講堂 作曲法受講生による作品試演による試験
2015年7月31日(金)作曲試演会 京都市立芸術大学講堂 作曲専攻前期試験 京都市立芸術大学講堂 3.4回生・大学院1,2回生作品試演による試験
2015年8月1日(土)アートスペースHASEハーゼ二条城前 中止 → 2016年12月26日(日)に延期
2015年8月5日(水)NHK全国学校音楽合唱コンクール 滋賀県コンクール 小学校の部 大津市民会館 大ホール  審査員:奥村容久(滋賀県合唱連盟理事長)葛西進(作曲家・合唱指揮者)中村典子(作曲家・京都立芸術大学准教授)萩野美智子(声楽家・ブラームスホール協会理事長)山口英樹(合唱指揮者)ラジオ放送
2015年8月6日(木)NHK全国学校音楽合唱コンクール 滋賀県コンクール 中学校の部 高等学校の部  滋賀県コンクール 大津志民会館 大ホール 小学校の部 大津市民会館 大ホール  審査員:奥村容久(滋賀合唱連盟理事長)葛西進(作曲家・合唱指揮者)中村典子(作曲家・京都市立芸術大学准教授)萩野美智子(声楽家・ブラームスホール協会理事長)山口英樹(合唱指揮者) 8月5日6日共にラジオ放送 8月24日(月)14:00-16:00 テレビ放送:8月21日(金)おうみ発630
2015年8月17日(月)NHK全国学校音楽合唱コンクール 和歌山県コンクール 小学校の部 紀南文化会館 大ホール 審査員:大西一郎(合唱指揮者)鈴木奈香子(京都府合唱連盟理事長)中村典子(作曲家・京都立芸術大学准教授)矢田正一(兵庫県合唱連盟理事長)山口英樹(合唱指揮者)ラジオ放送
2015年8月18日(火)NHK全国学校音楽合唱コンクール 和歌山県コンクール 中学校の部  和歌山県コンクール 小学校の部 紀南文化会館 大ホール 審査員:大西一郎(合唱指揮者)鈴木奈香子(京都府合唱連理事長)中村典子(作曲家・京都市立芸術大学准教授)矢田正一(兵庫県合唱連盟理事長)山口英樹(合唱指揮者)ラジオ放送 
2015年8月19日(水)NHK全国学校音楽合唱コンクール 京都府コンクール 小学校の部 高等学校の部 京都府長岡京記念文化会館  審査員:石原祐介(京都市立芸術大学講師)斉藤言子(神戸女学院大学教授)木奈香子(合唱指揮者)山岡智子(京都市教育委員会 総合教育センター指導主事)ラジオ放送 NHK-FM 8月27日(木)7:25:-9:20
2015年8月20日(木)NHK全国学校音楽合唱コンクール 京都府コンクール 中学校の部 京都府長岡京記念文化会館  審査員:浅井ちとせ(京都府総合教育センター 研究主事兼指導主事)石原祐介(京都市立芸術大学講師)藤言子(神戸女学院大学教授)鈴木奈香子(合唱指揮者)中村典子(作曲家・京都市立つ芸術大学准教授)NHK-FM  2015年8月28日(金)7:25-10:00
2015年9月3日(木)visitation to Nakamura lab.:director composer KIM Joonghee[ Contemporary Music Performance Group"Empty Note" & Gallery Palzo(Choendo,Korea) visiting professor of Taegu Catholic University]
2015年9月6日(土)14:30 (開場:14:00)フィガロホール(滋賀県大津市)和楽への誘い Vol.2 〜童心を奏でる〜 中村典子:青渡絲韻ー金属打楽器を伴う二面の十七絃箏によるー 近藤裕子(詩・曲)ひとつになる〜二つの玉川中学校のための〜(麻植美弥子委嘱) 阿部圭子:わらべうたによる譚集 岩坂富美子:鳥は靴をはかない〜武部治代詩による〜(世界初演)ソプラノ:久能有希子 熊谷綾乃 打楽器・マリンバ・和太鼓:路友惠 ゲスト:藤田千代美
2015年9月19日(土) Nakamura lab:visiting of docotral candidate of Beijing Central Conservatory,composer Mr.DAI Bo & Violinist CAO Yuhan and appreciation of 20th anniversary Noh-gaku "MIIDERA"at Otsu Traditional Performing Arts Center at Kyoto station:met prof.Arison TOKITA(Director of Research Center for Traditional Music (also 15th September,2015 at Center of Kyoto City, met pianist prof.SHENG Yuan of Beijing Central Conservatory)
2015年10月4日(月) びわ湖ホールリサイタルホール (滋賀県大津市)武田優美ピアノリサイタル プログラム:リスト:BACHの名による幻想曲とフーガ メシアン:モリヒバリ 中村典子:アカ(1994) シューマン:交響的練習曲 問い合わせ:しがぎん経済文化センター
2015年10月10日(土)アスニーコンサート第100回メモリアルコンサート 新旧京響の名手たちにより華やぎの秋 京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)4階ホール 京都市中京区丸太町通七本松西入 バッハ:よ、人の望みの喜びよ モーツァルト:ケーゲルシュタット トリオ ショーソン:詩曲 ヨハン・シュトラウス2世:観光列車 プーランク:ピアノと木管五重奏のために六重奏曲 中村典子:奉祝曲ー明日に 他 ァイオリン:渡邊穣(京都市交響楽団コンサートマスター) ヴィオラ:小峰航一(京都市交響楽団首席ヴィオラ奏者) フルート:清水信貴(京都市交響楽団首席フルート奏者)オーボエ:呉山平煥(元京都市交響楽団首席オーボエ奏者)クラリネット:小谷口直子(京都市交響楽団首席クラリネット奏者) ホルン:柿本昌芳(京都市交響楽団首席ホルン奏者) ファゴット:仙崎和男(元京都市交響楽団首席ファゴット奏者)ピアノ:佐竹裕介(華頂女子高校音楽科講師)
2015年10月11日(日)京都市立芸術大学音楽学部オープンスクール L2
楽曲分析(担当:中村典子)ドヴォジャーク:交響曲第8番 ドヴォジャーク:チェロ協奏曲 
2015年10月12日(月祝)特別開講日 Series Session 中村研究室:バレエダンサー中村美佳氏来訪
2015年10月13日(火)作曲作品研究発表会 京都市立芸術大学講堂 三原寛志(1):そこにあったもの〜女声とピアノのための〜 声:山崎麻子(2) ピアノ:杉本沙織 (1) 尼子由里絵(2) :Flower Sound ヴァイオリン:米井遥香(2) ピアノ:森田悠介(2) 山川和也(2) 遠藤隆明(3):Elegie pour tro,bone qnd piano トロンボーン:田中功平(1) 川崎さやか(3) 黒川拓朗(M1):Impromptu ピアノ:三上翼(3) 佐々木望(M2)心象風景 ピアノ:坂口絵梨(M2)
2015年10月14日(水)中村研究室来訪:京大有志の会発起人田所大輔氏[京都大学大学院博士課程]&京都市立芸術大学美術学部准教授伊藤存氏
2015年10月16日(金)19:00 Start (18:30 Door Open) BankART Studio NYK 1st Floot (Kawamata Hall) 3-9 Kaigan-dori,Naka-ku,Yokohama 231-0002 FreeAdmission (Donations Accepted) Friday,16ht October 2015,21st Century Japanese Music Project 2015 NYC Tour Benefit Concert 2015 New York City BenefitConcert PROGRAM Roudan Yatsuhashi Kengyo Warabe Uta Yuize Shinichi Composer's Competition Award Presentation Traitor Hattori Reika Haruno Shishu Makino Yutaka[absense by the judge in the following]
2015年10月16日(金)京都芸術センター 平成27年度 京都芸術センター第2回運営委員会 アーティスト・イン・レジデンス 2016 KAC AIR 2016 最終審査ほか 委員長:田中誠二(大和学園理事長) 副委員長:小林昌廣(IAMAS 岐阜科学技術大学院大学教授)上念省三(舞踊評論家)中村典子(京都市立芸術大学准教授)平芳幸浩(京都工業繊維大学美術工芸資料館准教授)森山直人(京都造形芸術大学教授)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)建畠晳(京都芸術センター館長・京都芸術文化協会会長)欠席:稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授)
2015年10月20日(火)京都市立芸術大学交流室 京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会役員と学内委員との懇談会 役員 会長(代表理事):大村益雄(1期:作曲)副会長(学内委員兼任):樋上由紀(19期:ピアノ)副会長(理事):登博美(20期:トロンボーン)専務理事:朴実(17期:作曲)事務局長:佐藤敏子(17期:声楽)理事:小松淳史(56期:作曲) 学内委員(専任教員):上村昇(教授:チェロ20期)山本毅(研究科長:打楽器24期)大嶋義実(学部長:フルート26期)日紫喜恵美(准教授:声楽30期)中村典子(准教授:作曲32期)村上哲(専任講師:ホルン33期)上野洋子(専任講師:声楽38期)2015年10月26日(月)京都市芸術文化特別奨励制度専門委員会「音楽」部会  京都芸術センター ミーティングルーム1  音楽部門 白石知雄(音楽評論家)中村典子(京都市立芸術大学准教授)持丸直子(読売新聞大阪本社地方部内信課)全体会 京都芸術センター ミーティングルーム2 舞台部門 小堀純(編集者)上念省三(ダンス批評家)広瀬依子「(上方芸能」編集局長)音楽部門 白石知雄(音楽評論家)中村典子(京都市立芸術大学准教授)持丸直子(読売新聞大阪本社地方部内信課)造形部門 尾崎眞人(京都市美術館学芸課長)加須屋明子(京都市立芸術大学教授)原久子(大阪電気通信大学総合情報学部教授、アートプロデューサー)潮江宏三(オブザーバー)
2015年10月30日(金) "Imagination" Ensemble Eclat 2015 subscription concert
Sejon Center Sejon Chamber Hall(Seoul,Korea) NAKAMURA Noriko:Sakura for Two Violin[Seoul premiere] LIM Juseob:Sijo Viii for Clarinet Solo KIM Joonghee:Cloud-Cuckoo-Land II" for Violin & Piano(2007) YOO Beomseok:"gilmotung-ieseo" Concerto for Gayagum and Chamber Ensemble(2007)CHAN Wingwah :Sages' plateau for Cl,Vn,Va,Vc KIM Jinso:"Noctune in Gayago" for Gayagum and Clarinet(2015) KIM Jeonghun:"Snowflake"for Cl,Vn,Va,Vc and Pf.
2015年10月30日(金)Yokohama International School Japanese Music Ensemble's New York tour:Hunter College Lang Hall Hattori Reika:Traitor(first prize in the International Center for Japanese Culture's 21st Century Music Project Composition Competition, US premiere)Leo Konno (jushichigen - bass koto) and Pauline Kim Harris (violin)
2015年10月31日(土)滋賀県長浜市立浅井小学校 コスモス祭 長浜市立浅井小学校体育館[526-0215 長浜市当目町54] 演奏:山崎悠久 他[長浜曳山のみなさん 井伊亮子[篠笛] 麻植美弥子 [箏・十七絃] 中村典子[作曲・うた[滋賀県民謡・詩吟]・詩の朗読・ピアノ・案内] 五年生児童[篠笛・歌] 全校生児童と会場のみなさん 第1部 六年生児童による司会 長浜曳山まつり しゃぎり(2016ユネスコ無形文化遺産登録予定] 演奏:山崎悠久(6年生児童)と長浜曳山のみなさん 第2部 司会:中村典子 [この地の民謡] 鈴鹿馬子唄による交聲譜(滋賀県民謡・中村典子編曲)篠笛:井伊亮子 箏・十七絃:麻植美弥子 鋼琴と鈴:中村典子 鈴鹿馬子唄(正調民謡)民謡発声による歌唱:中村典子 [節調による漢詩詠唱] 荒城の月 吟詠:中村典子 [近代音楽の古謡]  荒城の月(詩:土井晩翠 曲:滝連太郎 改編:山田耕筰)篠笛:井伊亮子 鋼琴:中村典子 [滝廉太郎の原曲の旋律] 篠笛:井伊亮子 [カトリック&東方正教典礼聖歌]  荒城の月:滝廉太郎(作曲)マキシム・ギメルツ(編曲・シュヴトーニュ修道院 (在:ベルギー))篠笛:井伊亮子 オルガン:中村典子 [近世古謡による近代音楽] さくら (日本古謡:編曲:中村典子) 篠笛:井伊亮子  鋼琴:ピアノ さくら変奏曲(日本古謡 宮城道雄編曲より編案) 箏:麻植美弥子 篠笛:井伊亮子 鋼琴:中村典子 [近世音楽の古典] 八橋検校:六段の調べ 箏:麻植美弥子 [現代のフォークロア] かしの木のうた(詩と曲:中村典子)朗読:中村典子 かしの木のうた(詩と曲:中村典子)篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子 鋼琴:中村典子 第3部 司会:六年生児童 あざいのまなご [長浜市立浅井小学校校歌] (詩と曲:中村典子)朗読:中村典子 群読:五年生児童 全体演奏 演奏:五年生児童(篠笛・歌)全校児童(歌)井伊亮子(篠笛)麻植美弥子(箏・十七絃)中村典子(ピアノ)[箏への創造のための探究 10 koto research session for creation 10]
2015年11月24日(火)ヒアリング[京都市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課]
2015年11月 November,2015 Universtät Mozarteum Salzburg X Kyoto City University of Arts exchange concert suspension to April.2016
2015年12月2日(水) 草津クレアホール(滋賀県草津市野路6丁目15-11) 四季陽徳「絲紫野工房二十周年記念」協賛公演《草木染作家 飯森よしえの世界》一部 中村典子:斎 jae  宮城道雄:春の海想奏(岩坂富美子曲) 中田喜直:夏の思い出 千秋次郎:海辺の秋 岡坂慶紀:嵯峨野の秋 他 二部 音楽物語「ヤマタノオロチ」出演:ソプラノ:浅井順子 フルート・篠笛・能管:井伊亮子 ピアノ・作曲:岩坂富美子 箏・十七絃:麻植美弥子 パーカッション:宮本妥子(友情出演)語り:藤田千代美 舞台美術・衣装:飯森よしえ
2015年12月5日(土)元ブレーマーハーフェン歌劇場専属歌手・作曲家野澤和代氏(ブレーマーハーフェン在住) 東西楽器を伴う日本語テキストによる語りと唄における創作上の民謡取り扱いの諸問題研究のため中村研究室来訪
2015年12月14日(月) 京都芸術センター 平成27年度 京都芸術センター第3回運営委員会 委員長:田中誠二(大和学園理事長) 副委員長:小林昌廣(IAMAS 岐阜科学技術大学院大学教授)森山直人(京都造形芸術大学教授)平芳幸浩(京都工業繊維大学美術工芸資料館准教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)北村信幸(京都市文化市民局文化芸術都市推進室長)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)建畠晳(京都芸術センター館長・京都芸術文化協会会長)
2015年12月18日(金)中世芸能研究者三角真一氏 中村研究室来訪
2015年12月20日(日)練習 Hwaum & clumusica
2015年12月21日(月)練習 Hwaum & clumusica
2015年12月22日(火)京都市立芸術大学大学会館ホール 日韓国交正常化50周年記念 ファウムプロジェクトフェスティバル 朝鮮通信史プロジェクト III  指揮:パク・サンヨン、中村典子 オーボエ:ヨン・ミンキュ 笙:真鍋尚之 弦楽:アンサンブル・クラムジカ イム・ジソン:シャドウ・オブ・シャドウ 中村典子:海煥草木川花奏鳴 イム・ジソン:散乱した記憶の邂逅 朝鮮通信史 主催:ファウムチェンバーオーケストラ&ファウムプロジェクトフェスティバル クラムジカ@京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 協力:韓国アートカウンシル  CJ文化財団、駐大阪韓国文化院 問い合わせ:ファウムチェンバーオーケストラ +82-(0)2-544-9092 hwaum@naver.com 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 075-334-2363 nakamura@kcua.ac.jp
Univerisity Hall,Kyoto City University of Arts 50th Anniversary of Japan -Korea Diplomatic Relations-Hwaum Project Festival 'Choseon Tongsinsa' Project III Conductor:PARK Sang-yeon NAKAMURA Noriko Oboe: YOON Min-kyu Sho:MANABE Naoyuki String Orchestra:ensemble clumusica LIM Jie-sun:Shadow of Shadow [Hwaum Project Op.62] NAKAMURA Noriko:hae hwan cho mog cheer wha ju myeong [Hwaum Project Op.157] LIM Jie-sun:Encounter with Scattered Memories Chosen Tongsinsa [Hwaum Project Op.147] Organiser:Hwaum Chamber Orchestra & Hwaum Project Festival,clumusica@Nakamura lab.KCUA Sponsor:Art Council Korea,CJ Culture Foundation, Korean Cultural Center Osaka Contact:Hwaum Chamber Orchestra +82
2015年12月26日(土)アートスペースHaseハーゼ二城駅前 [京都市中京区油小路上ル薬屋町593 西側 スガビル地下1階 最寄駅:京都市営地下鉄二条城前駅2番出口から徒歩5分 寒月のささげもの clumusica 18th concert clumsucica friendship charity 20 organiser:clumusica Nakamura lab,KCUA 入場料 3000円(当日3500円 学生1000円(前売・当日共) =頂いた入場料全額を東日本大震災義援金として日本赤十字にお送りします=中村典子:月下芙蓉 巴月照 山月双 蓮月心 鏡海より 秦 夜色樓臺雪萬家(以上、中村作品)八橋検校:六段 出演 簧[オーボエ]:呉山平煥(元京都市交響楽団首席奏者) 巴松[ファゴット]:仙崎和男(元京都市交響楽団首席奏者) 箏:福原左和子 聲[こえ]:梅村佳代(京都市立芸術大学声楽専攻卒業、金沢医科大学医学部在学中) 鋼琴[ピアノ]:佐藤恵美子(ニューヨーク市立大学大学院修了 音楽博士) 作曲・構成・ご案内:中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)[箏への創造のための探究11 koto reserch session for creation 11]

[PR]


Report of the contribution for
the sacrifice of CHANG River Ship Accident & East Japan Earthquake

Thank you so much for great kindest collaboration
for the contributions in International Comtemporary Music Festival
"Present of Orchestral Asia 3"& "Music & Dance,Present in Asia"
to the sacrifces of CHANG River Ship Accident in China and East Japan Earthquake.

I sent these contributions the following at the date of 21st August,2015 from Rakusai oostal office in Kyoto.

TO:
RED CROSS SOCIETY CHINA 130.50 USD (18745 yen)
as the contribution for the sacrifice of CHANG River Ship Accident
TO:
JAPAN RED CROSS 30195 yen
as the contribution for the sacrifice of East Japan Earthquake
e0146075_16253618.png
e0146075_16254172.jpg
We pray the sacrifices of CHANG River Ship Accident and East Japan Earthquake.
Also we hope to use these contributions for the problem solutions and preventions of
CHANG River Ship Accident and East Japan Earthquake.


国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在3」「アジアの音舞の現在2」に寄せられた御寄付を
中国赤十字に長江船舶転覆事故義援金 130.50 USドル(18745円)
日本赤十字に東日本大震災義援金 30195円
京都洛西郵便局よりお送りいたしました。

長江船舶転覆事故の犠牲者のみなさまと東日本大震災の犠牲者のみなさまをお悼みし、
犠牲者のみなさまへ届きますようまた事故防止と防災に役立てて頂けることを祈っております。

ご協力本当にありがとうございました。

*******
Report of the contribution for Red Cross Society China
About he contribution for Red Cross Society China,I received the report
that amount USD 130.50(16,245yen) was received partially,
USD 104.50(13,009yen) returned by beneficiary bank states foreign exchange regulation.
About returned amount USD 104.50(13,009yen),I will try to send again.
After this payment of contribution,if I have yet remaining contribution,I send Médecins Sans Frontieres.
Thank you.
後日2015年9月17日付で東京貯金事務センターより国際送金に関するお知らせがまいりました。
外貨両替規制により、中国赤十字に寄付送金したUSD130.50(16,245円)のうち
USD 104.50(13,009円)が戻ってきましたので、
アジアの管絃の現在3とアジアの音舞の現在2からの2015年8月21日の中国長江船舶事故への寄付は
26USD(日本円3,239円)となっておりますことと、この残り13009円につきましては引き続き、
再度中国赤十字への送金を行います。
また、このような外貨両替規制関連で寄付先を変更する場合については、
国境なき医師団などを検討中です。
ご報告いたします。
***
At the noon of the date of 2nd October,2015,
I sent the remained contribution 13.0009 yen(USD107.62)
for the victims of CHANG RIVER SHIP ACCIDENT,
it was not received it.
Post office person said that it will be recover to sending to SOCIETY OF RED CROSS CHINA,
I brought it to NAKAMURA lab,KCUA.
I am searching the society in CHINA,or the society"Médecins Sans Frontieres".
2015年10月2日に京都洛西郵便局から再度,13,009円を送付手続きをとり、
送ってみたところ、現在現在取引停止となっていました。
郵便局員さんがまた取引が回復するかもしれないと郵便局員さんが言われましたので
一旦持って帰って中国国内の他団体を探してみます。
無理そうでしたら、国境なき医師団に送金することにいたします。
***
At 8th October,2015,I received 13,009 yen the International Postal Money Order
from JP Bank,Tokyo Savings Office Center.
By this condition,I send the this 13009 yen to the society"Médecins Sans Frontieres".
After completion,I report it.
Thank you.
2015年10月8日、ゆうちょ銀行東京貯金事務センターより
13,009円の国際郵便為替が送られてきましたので、
今回の状況より、長江船舶事故への寄付を国境なき医師団とさせていただきます。
振り込み完了後に、またご報告させていただきます。
ありがとうございます。
e0146075_13502857.jpg


13th October,2015,,the remains 13009 yen had sent to the society"Médecins Sans Frontieres".
Thank you.
2015年10月13日、残りの13009円を国境なき医師団に送りました。
ありがとうございます。















[PR]

シリーズ邂逅 邂逅之絲
series encouter Strings of encounter
京都芸術センター 講堂
Kyoto Art Center Auditorium
2015年1月23日(金)
23th January,2015

京都には330年前1685音楽東西なった架橋がある。
1685年、近世箏曲の祖・八橋検校が没し、 音楽の父母J.S.バッハとG.F.ヘンデルが生誕した。
八橋検校の墓は京都・黒谷金戒名寺にある。
八橋検校没とバッハヘンデル生誕の時を結ぶ京都は、
この330年の音楽による交差に匹敵する音響と視覚の本質的な交差作用による音楽創造、
東西(南北)文化の習合総合融合に至る音楽の創出を待っている。
音楽の歴史形成を担う奏者と歴史的文脈を形成する作品との遭遇に、
各地から、世界から、冬の京都へ参集を誘う。
その初回に韓国大邱の現代音楽芸術創造集団Empty Noteを招聘、
共に京都の地と結ぶ。

clumusica 中村典子

교토는 329년전,1685년에 음악이 동서로 겹친 하늘의 가교 가있다.
1685년 근세 箏[코토]의 서 야츠하시 캔교[検校]가 죽고 음악의 부모 J.S. 바흐와 G.F. 헨델이 탄생했다.
야츠하시 캔교[検校]의 무덤은 교토 구로다니 콘카이묘지에 있다.
야츠하시 캔교[検校]사망과 바흐와 헨델의 탄생시점을 잇는 교토는 이
330년의 음악의 역사를 잇는 음향과 시각의 본질적인 교차 작용에 의한 음악창조,
동서(남북)문화의 융합에 이르는 음악의 창출을 기다리고 있다.
음악의 역사 형성을 담당하는 연주자와 역사적 맥락을 형성하는 작품과의 만남이 이루어지는
겨울 교토에 여러분을 초대 합니다.
이번 한국의 현대 음악 그룹 Empty Note를 초빙하여 함께 교토의 땅에서 활동한다.

clumusica 나카무라노리코

Yatsuhashi Kengyo had died in !685 and J.S.Bach and G.F.Haendel were born in the same 1685.
Yatsyhashi is early modern composer for koto as aster musician,
and Bach & Haendel is the great master father and mother in wester music.
In Kyoto,Yatsuhashi Kengyo’s tomb exists at Kurodani Kon Kaimyou-ji temple in Kyoto.
Kyoto is the place of combinating the Yatsuhashi Kengyo’s death and Bach's & Haendel’s birth.
Kyoto is waiting musical creation which is comparable to cross by music of this 330 years,
through essential crossing of visual and acoustic by syncretism or
comprehensive fusion of east and west,north and south culture.
The encounter with the works from the history of music works from the historical contexts,
and the performers responsible for the formation history of music,
winter Kyoto in invites you from all over the world.
In this time,we clumusica invites Korean Contemporary music group”Empty Note”,
and to cross with each other to Kyoto.

program

光 lumen, quod natum est LICHT(World Premiere) 빛 光在此誕生

[中村典子 나카무라노리코] composition:Nakamura Noriko

二十五絃箏;横山佳世子 요코야마 카요코 25gen:Yokoyama Kayoko

朗読:中村典子 나카무라노리코 narrator:Nakamura Noriko



雅歌 아가 AAGA(1980) Song of Song

[ヨンギ􏰂・パ􏰁ク=パーン 박파안영희 朴琶案泳姫]

composition:Younghi Pagh=Paan

チェロ􏰃:大西泰徳 오오니시 야스노리 cello:Onishi Yasunori

斎 sai 斎신탁 Oracle
[中村典子 나카무라노리코] Nakamura Noriko

ヴァイ􏰀リン:􏰄キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye


パンソリ 春香傳 より スクテモリ[蓬髪] 판소리 춘향전 쑥대머리

P’ansori Chun-hyang Jeon Soockdaemeori

[韓国伝統音楽한국 전통 음악] Korean Traditional Music

ソリ:オ・ヨンジ 오영지 Oh Youngji


Credo六段 信 육단(1549- ) Blieve Six Steps


[􏰅グレゴリオ聖歌=八橋検校야쓰하시 캔교]

Gregorian Chant =Yatsuhashi Kengyo

ヴァイオリン:キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye

チェロ:大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori

箏:横山佳世子 요코야마 카요코 Yokoyama Kayoko


live 書

シムヒャン 沁香 심향 Symhyang

improvisation

キム・ジヒェ 김지혜 violin:Kim Jihye

大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori

キム・ジュンヒ 김중희 金重希 Kim Joonghee

中村典子 나카무라노리코 Nakamura Noriko



夢なり 꿈이로다(World Premiere) Dream,all is

[キム・ジュンヒ 김중희 金重希] Kim Joonghee

ソリ:オ・ヨンジ 오영지 Oh Youngji



Destiny (World Premiere)

[キム・ジュンヒ 김중희 金重希] Kim Joonghee


ヴァイオリン:􏰄キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye

チェロ:大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori



斎 zhai (World Premeire) 斎 하늘의비녀 One

[中村典子 나카무라노리코] Nakamura Noriko text:与謝蕪村

箏:横山佳世子 요코야마 카요코 Yokoyama Kayoko


Credo六段 信 육단 Blieve Six Steps

[グレゴリオ聖歌=八橋検校 야쓰하시 캔교]

Gregorian Chant =Yatsuhashi Kengyo

ソリ:オ・ヨンジ 옹영지 Oh Youngji

ヴァイオリン:キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye

チェロ:大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori

箏:横山佳世子 요코야마 카요코 Yokoyama Kayoko


e0146075_07044749.jpg

e0146075_07045392.jpg
e0146075_06592507.jpg
e0146075_06594195.jpg
e0146075_06595111.jpg
e0146075_07001009.jpg
e0146075_07002849.jpg
e0146075_07003733.jpg
e0146075_07004829.jpg
e0146075_07010210.jpg
e0146075_07011432.jpg
e0146075_07012979.jpg
e0146075_07014444.jpg
e0146075_07015618.jpg
e0146075_07021079.jpg
e0146075_07021977.jpg
e0146075_07023434.jpg
e0146075_07024802.jpg
e0146075_07025857.jpg
e0146075_07032488.jpg

e0146075_07034713.jpg
e0146075_07040145.jpg

e0146075_07044038.jpg
e0146075_07050220.jpg


[PR]
Physisches Verständnis und Graphische Partitur --- Vortrag der Komponistin über ihre Werke
中村典子 NAKAMURA Noriko
[ Dienstag,11. 11 2014 Raum 4006 am Mirabelplatz 1,Universtät Mozarteum,Salzburg ]

Einleitung: Der Weg zur mehrdeutigen Metamorphosen des physischen Verständnisses

1. Die Einflüsse der Geschichte, die ein Ort in sich trägt, auf das physische Verständnis
2. Der Auftritt - Der Grenzübergang
3. Die Formungen nach der antiken Phonologie – Die Frühwerke
4. Der Kreuzungspunkt des Grenzübergangs - Die erste Hälfte der mittleren Werke
5. Die Zeit des physischen Verständnisses und der graphischen Partituren –
Die zweiten Hälfte der mittleren Werke

Schlussbemerkung: Die ehrliche Verbindung mit der Erde Vollständige Werkliste

Vorwort

Guten Morgen, sehr geehrte Damen und Herren, Professoren und Studenten am Mozarteum Salzburg. Ich heiße NAKAMURA Noriko. Ich bedanke mich bei Herrn Prof. FEBEL, der mir die Gelegenheit gegeben hat, diesen Vortrag zu halten.Es ist mir eine große Freude, dass ich meine Gedanken über meine Werke heute mit Ihnen teilen darf.
In meinem Vortrag werde ich Ihnen heute die Grundidee meiner Komposition
"Physisches Verständnis und Graphische Partitur" mit Hilfe von eigenen Partituren, Tonaufnahmen sowie auch durch Vorspielen nahebringen.
Es handelt sich dabei um den Weg zur Synthese eines physischen Verständnisses in der Musik.

Als Beispiele der im modernen Ostasien entstandenen Arbeiten werde ich über meine einigen musikalischen Ideen und Formen berichten:
--Komposition aufgrund der östlichen Weltanschauung mit westlichen Instrumenten und Belcanto-Stimme in meinen Frühwerken,
--Ausdehnung des Konzepts auf die Räume wie zum Beispiel der traditionellen japanischen Instrumente oder des Orchesters in erster Hälfte meiner mittleren Werke
--und das Leben durch eine neue Idee von "Physischem Verständnis und Graphischer Partitur" in zweiter Hälfte meiner mittleren Werke.




Kapitel 1: Die Einflüsse der Geschichte, die ein Ort in sich trägt, auf das physische Verständnis

1) Im Jahr 1965, 20 Jahre nach der Kriegsende, bin ich am größten See in Japans, dessen Form der Biwa, einer ostasiatischen Laute, ähnelt,geboren.

2) Für mehr als 30 Jahre wohnte ich in einem geschichtsträchtigen Gebiet, das in der Nähe dieses großen Sees gelegen ist. Dort gibt es einige kleinen Wälder und auch einige Shinto-Schreine, die in den weiten, grünen Reisfeldern verstreut zu finden sind. Seitdem vor von 2000 bis 1500 Jahren die Einsiedler vom Kontinent dorthin ausgewanderten und einen Bezirk gebauten hatten, veränderten sich dort kaum.

3) In diesem Landstrich gibt es eine reichhaltige Natur, aber auch vielfältige, traditionelle darstellende Kunst kann man hier antreffen –zum Beispiel die shintoistischen „Kagura"-Tänze wie "Suzu-Mai" (Glockentanz) von Miko (Schreinmädchen) oder "Katana-Mai" (Schwerttanz)sowie auch den Volksgruppentanz wie "Ko-Odori", sogenntes "Hanagasa-Odori", eine Art "Fryu-Odori", wobei der Tänzer einen Blütenbamboshut trägt,und auch die Straßenperformance wie "Gooshuu-Ondo", sogenanntes "Deroren-Saimon", eine Rezitation, die ursprünglich vom Gotteswort beim Fest herkam.

4) Dennoch wuchs ich dort auf, ohne einzige Erfahrungen mit traditionellen japanischen Instrumenten wie z. B. Koto oder Shakuhachi gemacht zu haben.

5) Aber es gab in der Stadt an der Hauptstraße nur 2 Kilometer weit von mir die Kurse in Koto, Shakuhachi oder Utai (Rezitation für Noh-Theater).

6) Andererseits gab es als Ergebnis der in der zweiten Hälfte des 19. Jahrhunderts beginnenden Akzeptanz der westlichen Kultur in der Grundschule eine Orgel und ein Klavier.

7) In Ostasien erfolgt die moderne Musikerziehung hauptsächlich mit Orgel und Klavier als Ergebnis des Akzeptanz der westlichen Musik.

8) So lernte ich das Orgelspiel schon bereits vor Beginn meiner Grundschulzeit in einer Aula einer Grundschule, die in der Nähe meines Wohnorts lag.

9) In seiner Umgebung, in den weiten grünen Reisfelden sah man den Mikamiyama-Berg mit schöner Form wie Fuji-Berg.

10) In meiner Kindheit spürte ich immer einen Unterschied und Widerspruch zwischen meinen Gehör und meinem Gesichtsinn, worüber ich jetzt noch mehr erzählen möchte.


11) Ich war ein durchaus merkwürdiges Kind und konnte deshalb meinen starken Widerspruch, den ich zwischen dem von mir gespielten Tonika-Akkord und der unmittelbaren Landschaft mit Reisfeldern fühlte, mit niemandem teilen.

12) Meine Eltern gaben mir ein Bilderbuch mit Bildern eines italienischen Dorfes. Diesem Buch beigelegt war eine Schallplatte von den „Vier Jahreszeiten" von Antonio Vivaldi. Ich hörte das Stück "Der Frühling" und sah mir dabei die Bilder der Dorfhäuser, die in der grünen Landschaft verstreut lagen, mit all ihren Ziegeln und Stuck an.

13) Mein Orgelspiel passte ganz gut zu diesen Bildern des italienischen Dorfes, weniger aber zu der grünen Landschaft mit den Reisfeldern, die vor meinen Augen lagen,,,,.

14)Dies ist eine Erinnerung, bei der ich zum ersten Mal ein so starken Eindruck hatte.

15) In einer von meinem Wohnort 2 Kilometer entfernten Stadt, die ehemals eine Station für Reisende war, gab es ein Honjin (ein großes förmliches Haus, in dem in früheren Zeiten reisende Fürsten übernachtet hatten). Dort hatte mein Vater den Utai (Rezitation für Noh-Theater) gelernt. Wie auch in vielen anderen Städten kam es seit früher Neuzeit auch in dieser Stadt zu einer großen Ansammlung von Japanischer Kultur.

16) Ganz interessant finde ich die Tatsache, dass diese Stadt für Erwachsene zu Fuß in einer halben Stunde erreichbar war, während die Kindergarten-Kinder mit dem Bus, Fahrrad oder Auto dorthin gebracht wurden, weil diese Stadt für Kinder nicht zu Fuß erreichbar war.

17) Diese Traditionen und ihre Performance, die man ohne Noten hören und durch den eigenen Körper erlernen soll,
wurde an jedem Tagzutiefstin meine Seele eingeprägt.Und diese Erinnerungen waren gespeichert wie gefrorenes Eis, bis sie mehr als zehn Jahre später wieder aufgetaut wurden.

18) Manchmal überschneiden sich die traditionellen Künste mit den ausgeübten Religionen.
Als ich die Mittelschule besuchte, feierte ein Tenmangu-Schrein ein großes Fest, das in vielen tausend Jahren bzw.(beziehungsweise) vielen hundert Jahren nur einmalig stattfindet. Dabei tanzte ich einen Miko(Schreinmädchen)- Tanz, der aber nicht einen sonst üblichen Suzu-Mai (Glockentanz), sondern einen speziellen Katana-Mai(Schwerttanz) war, der langsam mit einem Schwert getanzt wird.

19) Zu dieser Zeit gab ich bereits die Musik, die ich im TV oder Radio gehört hatte, mit Orgel oder Klavier ohne Noten wieder. Aber diese traditionelle Tanzmusik dagegen konnte ich nur durch meinen eigenen Körper lernen. Es war mir nicht möglich, diese auf als Noten aufzuschreiben oder von Noten wiederzugeben.

20) Der Tanz, den ich auf diesem großen Fest tanzte, drückte das Gefühl der Ungeduld eines Japanischen Dorfmädchens aus:„Warum muss ich in der Schule fehlen und tanzen? Nur für Hegemonie wollte ich diesen Schwerttanz nicht tanzen.“„ Trotzdem würde vielleicht dieses Sonderfest explodieren, wenn ein Mädchen den Tanz ablehnen würde?"In dieser konnte ich klar fühlen, dass der Kern dieser Musik, die nicht in Noten aufgeschrieben werden kann, in das Tiefste meines Körpers sinkt.

21) Ich kann tief nachfühlen, dass diese unbeschreiblichen und geheimnisvollen Erinnerungen der Zeit zwischen meinem 2.- und 14. Lebensjahr mich später dazu führte, Komponistin zu werden.

Kapitel 2 :Der Auftritt - Der Grenzübergang

1) Das Werk "Noli" für Frauenstimme, Klavier und Schlagzeug, das diese tiefst verborgene Erinnerungen des Ortes beschreibt, gilt als mein erstes international veröffentlichtes Werk.

2) Dieses Werk wurde im Jahr 1989, als ich 24 Jahre alt war, komponiert. Es war 200 Jahre nach der Französischen Revolution, das Jahr des Tian'anmen-Massakers in Peking uns des Mauerfalls in Berlin.

3) Das Wort „Noli" entspricht ihre gemeinsame Aussprache der folgenden 6 Kanji-Schriftzeichen--„[Ritual], [Erklärung], [Vorbild],[Gesetz, Methode][Jahrhundert], [Rhythmus]", das erste von denen mit meinem Namen zusammen hängt.Diese Mehrdeutigkeit der Zeichen und die Geschichte, die in meinem Geburtsort verborgen ist, rufen eine große Dramatik in der Struktur dieses Stückes, die bei der Uraufführung 26-minutige Spieldauer erforderte, hervor.

4)DasWerkheißt„Noli” und nicht„Nori”,da das Werk„Noli me tangere” [„Rühremichnichtan."Joh20,17] für Belcanto-Stimme und europäische Instrumente darstellt und es dabei um eine Grenzübergang zwischen den Musiktraditionen geht, als nicht-verbales Drama des Treffens mit der im Ort verborgenen Geschichte, als Ergebnis der Forschung nach Wahrheit der im Ort in sich getragene Geschichte.

5) Nach seiner Uraufführung im Jahr 1989 in Kyoto wurde "Noli" auch vom Tokyo Festival Ballet mit Darstellern aus Ost und West als Bühnenstück aufgeführt. Anlässlich des 50. Jübiläums der UN-Charta wurde es auch am San Fransisco War Memorial Opera House insgesamt drei Mal aufgeführt.Darüber hinaus wurde es auch als kreatives Repertoire der traditionellen koreanischen Tanz beide in Korea und in Japan wiederholt aufgeführt. Diese Fassung wird immer noch weiter aufgeführt.

6) Nun hören Sie bitte die Teile aus ersten und zweiten Hälfte von "Noli" an. Bitte beachten Sie hierbei auch die Partitur.

7) Ich glaube, dass die folgenden Begegnungen mich auf das Komponieren von „Noli" 1989 vorbereiteten.

8) Zunächst interessierte ich mich in meiner Vorbereitungszeit auf die Aufnahme an die Hochschule für traditionelle koreanische Musik und koreanische Volkslieder, die ich sowie in Radiosendungen hörte als auch auf der Kassette der koreanischen Kulturforschungsgruppe der Universität Kyoto verfolgen konnte.

9) Als zweites studierte ich viele Partituren der Werke von YUN Isang an meinem Hochschulinstitut sowie in Zusammenarbeit mit Prof. HIROSE Ryohei die Partitur des Werkes „Bull“, die von seinem befreundeten Prof. KANG Suhki komponiert worden war. Im ersten Jahr meines Masterstudiums besuchte ich dazu noch eine Blockvorlesung vom Musikwissenschaftler Prof. SAKURAI Tetsuo, dessen Spezialgebiet die Koreanische Musik ist.

10) Darüber hinaus traf ich einige Monate nach Uraufführung von „Noli" Frau Prof. Adriana Hölszkya, die zu dieser Zeit an der Musikhochschule Stuttgart war und jetzt hier am Mozarteum, als sie mit einer deutschen Musikwissenschaftlerin und mit der Chefin des Musikverlags für Frauen FLORE zum Goethe-Institut Tokio kam.
Bei diesem Treffen waren auch als japanische Diskussionsteilnehmer die Musikwissenschaftlerin Frau Professor FUNAYAMA Nobuko, die Komponistin und Musikwissenschaftlerin Frau MASUMOTO Kikuko sowie die Komponistin und Pianistin Frau MIYAKE Haruna, die später Professorin an der Ferris Universität geworden ist, dabei.

11) Kurz nach dem Abschluss meiner Masterarbeit, „Studie des Violoncello-Konzertes 'Triste' von HIROSE Ryohei“, welches seine erste Orchestermusik darstellt, besuchte ich als erste, von der Musikfakultät der Kyoto City University of Arts ins Ausland entsendete Studentin die Kunsthochschule in Bremen.

12) Da Prof. HIROSE Prof. Hölszky als Preisträgerin des Italienischen Internationalen Kompositionswettbewerbs Valentino Bucchi ausgewählt hatte, lud er sie ein, an Kyoto City University of Arts einen Vortrag über ihre Kammeroper

„Bremer Freiheit", welche als Höhepunkt ihrer musikalischen Sprache gesehen wird, zu halten. Professor Hölszky kam gemeinsam mit ihrem Vater zum Goethe-Institut Kyoto und zur Kyoto City University of Arts.

13) Ein halbes Jahr später wurden wir für einen Vortrag am Institut für Musikwissenschaft der Universität Heidelberg und für Konzerte zu den Festspielen in Heidelberg und Stuttgart eingeladen.



Da die Aufführung von "Noli" wegen Indisposition des Darstellers auf einen späteren Zeitpunkt verschoben wurde, stellte ich „Noli" am Ende meines Vortrags über die Komponistinnen in Japan vor.

Kapitel3. Die Formungen nach der antiken Phonologie – Die Frühwerke

1)Dieses Erstlingswerk wirkte sich auch auf meine weiteren Frühwerke aus. Zuerst enthielten sie die alt-asiatischen phonologischen Konzepte.
Dann veränderten sich diese Konzepte in die individuellen Formungen mit den kosmopolitischen, ursprünglichen phonologischen Ausprägungen.

2)Hier möchten wir darauf aufmerksam machen, dass alle meinen Frühwerke für die europäischen Instrumente und die Belcanto-Stimme komponiert wurden, dass sie die Anerkennung der Welt aus meinem Geburtsort Shiga in Ostasien beschreiben und dass von diesen fast alle, einschließlich des Erstlingswerk, auf traditionellen oder modernen Tanzbühnen aufgeführt wurde.

Wahrscheinlich liegt es daran, dass die Musik meiner Frühwerke das physische Verständnis hervorruft.

3)Ton-Modellierung durch Anwendung der Mehrdeutigkeit der Ortsnamen "Kasanui 重陽[笠縫] " 1991 (Theaterstück für rezitierende Darsteller)

4)Mysterien-Spiel mit dem Hintergrund der ursprünglichen „KiKi“-Sprache
---"Navi [奈備]" 1992 (Bühne mit Modern-Trio-Dance)
("Kiki" sind die 2 uralten japanischen Geschichtsbücher, die uns die antiken Sprache und Phonologie übermitteln.)

5)Dramatisierung für Noh-Theater als heilige Metamorphose der Manyo-Gedichte ---"Sakura [] " 1993 (Ballet-Vorstellung auf der Noh-Bühne, Tournee in 9 Bühnen der USA)

6)Genesis mit zwölf Metamorphosen des Wassers ---"Aqua " 1994 (Bühne mit Modern-Solo-Dance), aufgeführt im Austauschkonzert zwischen Mozarteum und KCUA

7)Kulturelle Durchreise im Ostasien durch Herdenbeobachtung --- "Mure" 1996 (Bühnenvorstellung mit Gruppentanz mit verschiedenen Bühnenbildern)

8)Trilogie für Frauenstimme mit den Asien eigentümlichen Melodieformen ohne Begleitung ---- „Mana "1995, „Haru"1997, „Hana"1998(BühnenvorstellungzusammenmitNoh-Tanz)



9)Hören Sie bitte nun die verschiedenen Teile aus „Kasanuhi",„Navi",„Sakura",„Mure" und „Mana". Bitte beachten Sie hierbei auch die Partituren.

Kapitel4 : Der Kreuzungspunkt des Grenzübergangs – Die erste Hälfte der mittleren Werke

1) Die erste Hälfte meiner mittleren Werke begann mit „Kurita" - Duett für zwei Kotos 1998. Dabei ging es um das Erforschen meiner ersten Ausdrucksformen mit traditionellen japanischen Instrumenten.

2) Wie ich schon erzählt habe, war es schwer für mich gewesen, einen Kontakt zur Koto-Musik in der frühen Neuzeit herzustellen.
Trotzdem hörte ich als ein Teil der ostasiatischen Musikforschung oft gern traditionelle koreanische Musik, insbesondere Gayagum, das koreanische Koto, was dazu führte, dass ich eine Beziehung zwischen diesem und japanischem Koto fühlen konnte. So konnte ich endlich durch Neutralisierung der physischen Unterschiede, die durch die landeseigenen Instrumente entstanden sind, die schwere Tür öffnen, die mich zum Koto führte.

3)Dieses„Kurita"1998 führte zur Entstehungvon"Imose"DuettfürShakuhachiund20-SaitigesKoto2001und auch die 6 weiteren einander unterschiedlichen Stücken.

4) "Imose" 2001 entstand im Auftrag von einem Musiker-Ehepaar--- die Ehefrau der beiden hat bei der "Kurita"- Premiere mitgespielt --- für Uraufführung in München.
Und im Auftrag von einem Oboespieler, der dieser "Imose"-Uraufführung zugehört hatte, entstanden „Kagami" für Oboe und 20-saitiges Koto 2004 und „Hata" für Oboe und Klavier 2007.

Auf diese Weise veränderten sich die Besetzungen nach und nach zu einer Besetzung mit nun ausschließlich europäischen Instrumenten.
Die Besetzungen veränderte sich sogar noch weiter; „明月楽壱の巻 Musik des hellen Mondes (Hell-Mond-Musik) Bd.1" für Altflöte und 13-u.17-Saitiges Koto 2008, uraufgeführt von einem Kölner Flötist und einem japanischen Koto-Spieler in Kyoto, „星海波 SEIGAIHA " -Trio für Gagaku-Instrumente mit Schlagzeug- 2009, und schließlich „明月楽弐の巻 Musik des hellen Mondes Bd.2" 2008 für Koto-Solo allein, „Koto-Uta".

5) Hören Sie nun bitte "Kurita"1998 und„明月楽弐の巻 Musik des hellen Mondes Bd.2"2008. Bitte beachten Sie hierbei auch die Partituren.

6) Von Holzblasorchester (3 Spieler für je Instrument) ohne Streichen ("Der Innere See" 2009) bis zum Konzert für 13- u.17-saitigesKotoundStreichorchester (誰渡洸河"...gehtindenFlussdesLichts..."2009),zumAndenkenan meinen Freund und meinen Kompositionslehrer,,,,, umfassen die erste Hälfte meiner mittleren Werke vielfältige Besetzungen

und Gattungen, unter anderem ein großes Ensemble mit traditionellen japanischen Instrumente und Orchester sowie Theaterstücke.

7) Meine erste Hälfte der mittleren Phase begann aus privater Sicht mit dem Tod meines Vaters.
In der Mitte dieser Phase starb dazu noch meine Großmutter, nachdem ich sie zwei Jahre im eigenen Haus gepflegt hatte. Seit 2007 hatte ich zusätzlich mit Fiblomyalgia zu kämpfen, einer schweren Krankheit, die mit andauernden starken Schmerzen und Versteifungen am ganzen Körper einhergeht. Diese mehr als 7 Jahre lange Phase ließ mich förmlich erwachen, was mich zu den Werken der zweiten Hälfte der mittleren Phase mit graphischen Entwürfen führte.

8) Trotz all dieser Geschehnisse denke ich, dass einzig das Wiegenlied „ 川のほとりのこもりうた Wiegenlied am Ufer des Flusses“ 2001-07 den Kern der ersten Hälfte dieser mittleren Schaffensphase darstellt und den Ursprung jeder Vision dieser Phase ist, in dem jede Vision in dieser Phase konvergiert und verschwindet.

9) Im Sommer 2001 während meiner Zeit als „Artist in Residence" in Syke bei Bremen komponierte ich dieses Lied für meine deutsche Freundin in Hamburg, die Pianistin und Komponistin ist. Das Lied bestand zum Andenken an meinen Vater, der Amateurgitarrist und 1998 im Alter von 62 gestorben war. In seiner Lebenszeit konnte ich kein einziges Lied für ihn komponieren. Meine Freundin nahm dieses Wiegenlied in ihre CD für Spielzeugklavier mit Elektronik auf.

10) An die folgende Geschichte erinnere mich deutlich:
Während meines Aufenthalts nahe Bremen geschahen die „Terroranschläge des 11. Septembers" in New York. Als ich auf dem Weg in meine Heimat war, stürzte das PC-System im Flughafen Frankfurt ab, und die Fahrgäste wurden auf verschiedene Flugzeuge aufgeteilt, ich selbst auf ein Flugzeug von Chinese Airline.
Auf dem Rückweg in meine Heimat Shiga flog ich über Peking, Tokio und Kyoto. So dauerte es schließlich 24 Stunden, dreimal länger als üblich, bis ich den Ort der Premiere dieses Wiegenliedes in der Fassung für Gitarre erreichte.

11)HörenSiebittenundasKonzertfür17-saitigesKotoundStreichorchester „誰渡洸河...gehtindenFlussdes Lichts ..." 2009 sowie „川のほとりのこもりうた das Wiegenlied am Ufer des Flusses" 2001-07 mit der Fassung für Spielzeugklavier.

Kapitel 5. Die Zeit des physischen Verständnisses und der graphischen Partituren---Die zweite Hälfte der mittleren Werke

1) Im nächsten Jahr 2010 begann die zweite Hälfte meiner mittleren Schaffensperiode mit meiner ersten graphischen Arbeit „[]Hokahi" 2010. Es ist die Zeit des physischen Verständnisses und der graphischen Partituren.

2) „Hokahi" wurde für einen Vortrag für zeitgenössisches Schlagzeugspiel an der japanischen Zweigstelle der InternationalenGesellschaftderneuenMusik(IGNM) komponiertundamAbonnementkonzertderGruppe "clumusica" im Kulturmuseum Kyoto uraufgeführt.

3) Das Wort "clumusica" ist aus einer Kombination von „clumsy" und „musica" entstanden. Das Ensemble „clumusica" ist die Gruppe der Aufführung von zeitgenössischen Originalwerken. Es beruht auf dem Seminar von NAKAMURA und ist organisiert durch eine Kooperation von NAKAMURA Noriko, SHIMIZU Yoshihiko und MASUDA Mayu.

4) „Hokahi" funktioniert als eine Art „Träger", der alle Phänomene trägt.
Seit seiner Uraufführung wurde eine Serie mit verschiedenen Fassungen mit verschieden Spielern von Solo, Duett bis zum Orchester als Kreuzung aller Phänomene produziert. Diese Serie wird immer noch weiterentwickelt.

5) Jetzt hören Sie „Hokahi", aufgeführt von seiner Komponistin. (Dauer: 7 min.)
6) Schauen Sie sich bitte die graphische Partitur an.
7) Vom ersten bis zum siebten Kreis werden je 60 Sekunden ausgedrückt. Der Kreis verläuft im Uhrzeigersinn.

8) Vom ersten bis sechsten Kreis wechseln sich der harte Klang und der weiche Klang ab, und im siebten Kreis erklingen die beiden Klänge, der harte und der weiche gemeinsam.

9) Hierbei geht es um die Beobachtung zweier parallel verlaufenden Zeiten zwischen dem einen und dem gegenüberliegenden Kreis; die Zeit verläuft als eine zirkulierende Idee.

10) Von Hokahi, das mit 7 oder 8 Kreisen konstruiert wird, gibt es verschiedene Fassungen wie zum Beispiel die Originalfassung, die Fassung für Solo, die Premierefassung in Kyoto oder die Nagasaki- und Hiroshima-Fassungen (20110226-020111022).

11) Kurz vor Ende des zweiten Weltkriegs wurden 600,000 Bürger von Hirosima und Nagasaki durch die Atombomben getötet.

12) Bei den Premieren in Nagasaki und in Hiroshima spielte jeweils auch einer Begleitspieler . Auf den Partituren der beiden Fassungen wird jeweils der Begleitspieler beschrieben.

13) Schauen Sie sich bitte die Partituren dieser vier Fassungen an.

14) Dies sind die Nagasaki-Hiroshima-Fassung mit Begleitung der vertikalen Zirkulation,



die Solo-Fassung als Individuum, die gegenüber unendlichen Möglichkeiten des Begleitensembles offen ist, diePremierefassunginKyotomit BegleitungderhorizontalenZirkulation
und die Originalfassung, die die Basis aller Art von konkreten Formen ist.

15) Die Idee dieser verschiedenen Fassungen beruht auf der östlichen Ästhetik, nachderjedeSacheparallelmitallenandernbestehtund fürimmersichmitdenanderenergänzensoll,ohne

miteinander im Diskurs zu stehen,
während nach der westlichen Ästhetik jede Sache durch Überwindung der anderen erfolgreich bestehen soll.

16) Hokahi hatte im Jahr 2010 am selben Tag des Hokodate des antiken Gion-Festes, in Kyoto seine Uraufführung.
In diesem Jahr feierte Nara, die älteste Großstadt Japans, sein 1300-jähriges Bestehen. Im selben Jahr feierte unsere Kyoto City University of Arts dessen den zehnten Teil davon, das 130. Jubiläum.Dieses Verhältniss beeindruckte mich sehr. Darin konnte ich eine große, über einen langen Zeitraum wirkende Vorhersehung erkennen.

17) In privater Sicht erkrankte ich nach dem Kämphen gegen Fiblomyalgia im Juli 2007, später, im Jahr 2014 als Nachwirkung auf einen Bandscheibenvorfall, den ich im Jahr wiederholt 2011 erlitt, auch an lumbaler Spondylolisthesis.

In dieser schwierigen privaten Situation sehnte ich mich nach dem zirkulären Ausdruck als einem neuen physischen Verständnis.

18) Es geht darum, um es einfach zu sagen, "nichts zu wünschen, außer dem, was normal ist", ein Sehnen nach einer großen Balance, die die kleinen Disbalancen enthält und um die Natur selbst, die aus einer graphischen Partitur die Bewegung der im menschlichen Körper eingeprägten Ortsgeschichte zu erwecken.

19) Für mich ist die Natur wie eine zirkulierende brennende Organisationsform; die fünf Elemente.
Und es geht um den vollkommene Ausdruck des Individuums, der in jeder Zeit existiert und trotzdem nicht in jede Zeit gehört.

20) Bei "地韻 Magna Mater" 2012 wird die Partitur aus 6 Stufen mit je 20 kleinen Kreisen, von denen jeder eine 3- Sekunden-Aktion des Spielers beschreibt, strukturiert.
Es geht um einen Stil, der durch eine Reihe von 120 visuellen Designs ein augenblickliches Verständnis der gesamten Aktionen ermöglicht.Die 6-stufige Entwicklung des physischen Designs

mit Klang, die einer Metamorphose des Schnee-Klangs im ostasiatischen Kabuki gleicht, schafft einen dramatischen Höhepunkt.

21) Bei „眞聲 vox verum" 2013 entwickeln sich die Tonhöhe, die Tondauer, der Toncharakter und die Dynamik entlang den 3 einander überlappenden Kreisen.
Sie sehen die auf dem Notenpapier von mir transformierte Partitur.
Auch diese Musik ist eine 6-stufige Metamorphose eines historischen Dramas, das die Hauptstadt Kyoto zu bilden. Diese 6-stufige Metamorphose hängt mit dem traditionellen Musikstück für Koto „Rokudan (6 Stufe)“ zusammen.

22) Hier geht es um die Idee, die beiden Transformationen von den Noten zur Graphik und auch von Graphik zu den Noten zu ermöglichen.

23) Bitte hören Sie jetzt „ 眞聲 vox verum" 2013, bei dem die Transformationen zwischen den Noten und Graphik erkennbar sind.

24) Es ist ein Aspekt der Natur, der diese zirkulierende Zeit organisch und visuell moduliert. Mit anderen Worten, ist es das Leben, das die Balance als ein Teil der Natur enthält.

25) Ich fühle, dass das Leben die Kunst der Balance ist, das dadurch alles zirkulieren lässt, dieses Konzept der Balance der Natur, der andauernden Menschlichkeit in sich zu vertiefen und sich mit den anderen einander zu koordinieren.

26) Es ist geplant, dass an diesem Monatsende am 30.11. 2014 „ jae" uraufgeführt wird.
Jetzt zeige ich Ihnen dessen graphische Partitur.
jae" ist die Musik für 30 Rin, ein kleines Metallschlagzeug.
jae" bildet ein Paar Mandala zusammen mit "Hokahi", das im Jahr 2010 am Tag des Hokodate des Gion-Fest uraufgeführt wurde und das endlose Besetzungsmöglichkeiten von Solo bis zum Orchester bietet.

27)„ Hokahi" als Mutterschoß-Mandala („Taizokai-Mandala") und „jae" als Diamand-Mandala („Kongokai-Mandala") klingen gegeneinander mit selben Instrumenten kontrastiv.
jae" wird in drei Aussprachen dieses Kanji-Schriftzeichens "jae zhai sai" und in drei Soli "Schlagzeuger, Koto (mit pflanzlichen Saiten), Violine (mit tierischen Saiten; Schafdarm)" dezentralisiert wie beim Verlauf der Dispersion des Lichts.

Bei beiden, "Hokahi" und "jae", ist es möglich, zwischen Noten und Graphik einander zu transformieren.



28) Es gibt einen Kontrast zwischen dem weichen Klang von "Hokahi", der durch Metallschlag mit Baumwolle entsteht, und dem harten Klang von „jae", entstehend durch Metallschlag mit Holz. Überall gibt es einen Yin-Yang-Kontrast. Zwischen graphischen Partituren von beiden ist es möglich, die Prinzipien der Strukturen voneinander zu teilen. Beim Vorspiel wird das Leben erweckt, und es beginnt die Zirkulation der Balancen.

29) Bei den „渡渡韻韻 DUDUYUNYUN" 2011 und „青渡絲韻 QINDUSIYUN" 2012 für zwei 17-saitige Kotos mit Metallschlagzeug, notiert mit graphischen Ideen, wird die gesamte Struktur durch den Kontrast zwischen TAWARAYA Sotatsu und OGATA Korin sowie den Yin-Yang-Kontrast und auch als Hommage an die zweite Wiener Schule vollständig bis ins Einzelne bestimmt.

30)HaltungenbeimSpiel: stehend×sitzend [ausFujin-Raijin-Zu(Bildvon Wind-Gott und Donner,Nationalschatz)gemalt von TAWARAYA Sotatsu ]
Kompositionsstrukturen: Links-Rechts-Symmetrie×zentrale Asymmetrie
Tonmaterialien der Metallinstrumente : zwölf Mikrotönen × gleitende Mikrotönen
Stimmungendes17-saitigesKoto : „Mei-Getsu-Raku" [Musik des hellen Modes]
(* Kagami-Jooshi [Spiegel-Meer-Stimmung] ) ×
„Azuma-asobi" [alte japanische Tanz-Suite, die im östlichen Japan entstand (* Taihei-Jooshi [Groß- Frieden-Stimmung] )
* Die originalen Stimmungen von der Komponistin
sowie die Bearbeitungen der traditionellen Stimmung von der Komponistin.

31) Betrachten Sie bitte die Partitur von „青渡絲韻 QINDUSIYUN" 2012.

32)Zum Abschluss dieses Teiles über das physische Verständnis und die graphischen Partituren hören Sie bitte
Erstens: „如何美輝暁星WieSchönleuchtetderMorgenstern”2013 für Kammerorchester.
Die Partitur entstand aus Graphik mit Noten als Synthese von Sammlung, Synkretismus, Integration,
Vereinigung der gesmte Zeit bis zu dieser Zeitpunkt mit verschiedenen Zeitstrukturen.
Dabei wurde der Titel einer Bach-Kantate von der Komponistin ins Chinesische übersetzt.

Zweitens:„韻禱YUNDAO"2014", dasWerkfürsynthetischesMedienkammerorchester.
Hierbei geht es um das gereimte Gebet für Posaune, Tenor und Kammerorchester mit Elektronik, mit ausgesprochener Sprache und physischer Sprache und mit zwei einander übersetzten Gedichten der Friedenssuche von antikem China (übersetzt ins Japanische) und von modernem Japan (übersetzt ins Chinesische).
Die Partitur wird durch die Koordination von Graphik und Noten geschrieben.
Dieses Stück ist eine Synthese von Sammlung, Synkretismus, Integration, Vereinigung und Verschmelzung der verschiedenen Zeitstrukturen sowie der

verschiedenen Dimensionen der graphischen Partituren.

Bitte beachten Sie hierbei auch die Partituren. Vielen herzlichen Dank für Ihre Aufmerksamkeit.

Übersetzt von Fumio Okura

[PR]
■︎中村典子 NAKAMURA Noriko [Komposition] 1965 geboren in der Präfektur Shiga, Japan.

1987 Abschluss an der Städtische Univertät für Künste Kyoto,Fakultät für Musik (Kyoto City University of Ars,Faculty of Music,KCUA)

Nov.1990 bis Feb.1991 Studium als erste Austauschstudent an der Hochschule für Künste Bremen
1991 Master-Abschluss an der Städtische Univertät für Künste Kyoto, Fakultät für Musik (KCUA)

1980-95 Studium u.a. bei R. Hirose, M. Kitazume, S. Maeda, M. Fujishima, W. Tajima. H.J. Kauffmann (in Deutschland) und G. Amy (in Kyoto)

seit 1985 Aufführungen eigener Werke an verschiedenen Orten in fünfzehn Ländern; Japan, Korea, China, Taiwan, USA, Mexiko, Deutschland, Frankreich, Italien, Schweiz, Österreich, Spanien, Schweden, Norwegen, Israel.

■ Auszeichnungen & Stipendien
1987 Kyoto Music Association Awards
1991 Masterstudium-Preis der KCUA
1991 Stipendium der Rohm-Stiftung für einen Vortrag über die eigene Arbeit & Japanische Komponistinnen sowie für Teilnahme an einem Festspiel
1997 erstes OGURA RISABRO Musik Stipendium für eine Forschung für westlichen Kultur × östlichen Kultur
[Japanisches und Koreanisches Volkslied, traditioneller Tanz & Theatermusik]
2001 Kyoto City New Artist Award für die internationalen Tätigkeiten sowie die Tätigkeiten in Japan in dieser Zeit
2010 Kulturpreis der Förderung der Shiga Präfektur für die Erfolge seit 10 Jahren

■ Vorträge & Symposien
1991 Vortrag über "die japanischen Komponistinnen" und Vorstellung eigenes Werkes „Noli“ am Forschungszentrum für Musikwissenschaft an der Universität Heidelberg (Deutschland)
2001 Teilnahme an Diskussionsforum „Internationale Tage der Komponistinnen für Neue Musik“ (Syke, Deutschland)
2011 Bericht über japanische Situation am „Asian Composers League Conference“ (Taipei, Taiwan)
2012 Moderation des Symposiums "Koto in der Gegenwart im Asien" mit Komponisten aus Japan, Korea, Hong Kong, Italien [6 Teilnehmer]
2013 Moderation des Symposiums "Orchester in der Gegenwart im Asien" mit koreanischen, koreanisch-japanische und japanische Komponisten und Regisseur [8 Teilnehmer]
2014 Moderation eines Symposiums mit Komponisten aus China, Taiwan, Hong Kong, Singapur, Italien, Deutschland und Japan

■ Auswahl
1997 Konzert der deutsh-japanischen Neuer Musik (Goethe Institut Kyoto, Japan)
2001 Artist in Residence bei Kunstlerinnenhof „Die Höge“ (Syke, Deutschland)
2001 Konzert der deutsh-japanischen Neuer Musik (Goethe Institut Kyoto, Japan)
2001 Internationale Tage der Komponistinnen für Neue Musik "(Syke, Deutschland)
2002 ISCM World Music Days JSCM New Century Music Festival (Yokohama, Japan)
2002 Der siebte Abend von ACL · IGNM JFC Austauschkonzert "2002 (Seoul, Korea)
2002 Die 25. ACL FORUM in Seoul, Austauschkonzerte zwischen Korea und Japan (Tokio, Japan)*
2009 Asian Paciific Contemporary Music Festival (Seoul, Korea)
2011 Asian Composers League Conference & Festival (Taipei, Taiwan)
2012 Asian Composers League Conference & Festival (Tel.Aviv, Israel)
2013 Taegu International Contemporary Music Festival (Korea)
2014 Musicarama 2014 (Hong Kong, China)

■ Mitgliedschaften, Lehrtätigkeiten

1991-1996 Dozentin an der, Fakultät für Musik
seit 1995 Mitglied von "The Japan Federation of Composers"
seit 1996 Mitglied von "Japan Society for Contemporary Music"
1996-2011 Vollzeit-Dozentin an der Städtische Univertät für Künste Kyoto,Fakultät für Musik
1999-2002 Mitglied des Projektausschusses des Kyoto Art Center
seit 2007 Mitglied von "The Society for Research in Asiatic Music"
seit 2008 Mitglied von "The International Council for Traditional Music"
seit 2011 Mitglied des Lenkungsausschusses des Kyoto Art Center

Professorin (Associate Professor)* an der Städtische Universtät für Künste Kyoto, Fakultät für Musik

■ Werksammlungen
1991 Internationale Komponistinnen-Bibliothek (in Deutschland)
seit 2010 gesammelt eigene Werke für traditionelle japanische Instrumente in die Bibliothek des „Japan Traditional Music Research Centre“ in KCUA
seit 2011 gesammelt eigene Werke in die Bibliothek des Kyoto City University of Arts
seit 2013 gesammelt eigene Werke für Kammermusik in Felicja Blumental Music Centre & Library (Tel Aviv)

■ Verlage sowie CD- und DVD-Hersteller
Mother Earth Publishing, The Japan Federation of Composers, Studio FLORE Kuenstlerinnenhof „Die Höge“, International Humanity Society
Japan International League of Artist

■ Wissenschaftliche Arbeiten
Studie zum Violoncellokonzert „悲 triste"vonHIROSERyohei[MasterarbeitanKCUA]
Studie zum Violoncellokonzert „悲 triste" von HIROSE Ryohei [1] HARMONIA 28
Studie zum Violoncellokonzert „悲 triste" von HIROSE Ryohei [2] HARMONIA 30

■ Orchesterwerke:
1993 „光之泉 La Fonte di luce" für Flötenorchester [ 6 min.]
2000 „内なる湖 Der innere See" für Blasorchester [ 17 min.]
2002 „水の輪のように Wie Wasserringe" für Flötenorchester [ 7 min.]
2007 „天湖頌 Ode an Himmel und See" für Flötenorchester [ 7 min.]
2009 „... 誰渡洸河. .. im Fluss des Lichts gehen ... ." für 17-saitiges Koto und Streichorchester [ 10 min.]
2011 鈴鹿馬子唄による交聲譜 Klang für gekreuzte Stimmen „SUZUKA MAGO UTA” [ 5 min.]
2011 東西絃の協奏曲 Konzert für Streicher mit östlichen und westlichen Saiten* [ 12 min.]
2011 „郷 Sato-hyang-Xiang" Sinfonia Concertante (Konzertante Symphonie)** für Schlagzeug,17-saitiges Koto und Orchester “ [12 min.]
2012 „水秘魚 Segredo” la promesa bonita del cielo y un lago y un pez para la Orquesta dela flauta [ 4 min.]
2013 „遥聲 StimmenausHimmelundErde”fürFlötesoloundStreichermitCembalo[ 6 min.]
2013 „揺韻 Vibrierende Rhythmus" für 25-, 20-, 17-saitiges Kotos und Flötenorchester [12 min.]
2013 „如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern" für Kammerorchester [10 min]
2014 „韻禱 YUNDAO“ gereimtes Gebet für Posaune,Tenor und Kammerorchester mit Elektronik [12min.]
2015 „永九 yongjiu” für Koloraturasopran,Gemischter Chor, Erhu,17-saitiges Koto und Orchester mit Elektronik [ 8 min.]
2015 2015 „眼天地耳 Himmel Augen & Ohren Boden” für Marimba with Schlagzeugorchester [ 15 min.]
■ Ballettwerke
1994 Ballett „聖[櫻] Sakura - Metamorphose" für Frauenstimme, 2 Violinen, Solo-Ballettänzerin und 3 männlichen Ballettänzer [ 21 min.]
1995 Ballett „NOLI 律” [ 26 min.] für Frauenstimme, Klavier, Schlagzeug, Solo-Ballettänzerin und 3 männlichen Balletttänzer
■Theatralische Werke
1997-8 Trilogie „MANA" „HARU" „HANA" für unbegleitete Koloratursopran [ 27 min.]
[Kyoto International Exchange-Festival (Daitoku -ji Tempel),
Kyoto International Music Festival (Kyoto Concert Hall), Art Festival KYO
(Die Website der Meirin Elementary School)
2003 „与謝蕪村の五つの冬の歌 Fünf Winter-Lieder nach Haiku-Gedichte von YOSA Buson”
für Koloratursopran und Noh- langsamen Tanz [16 min.] [Kyoto Art Center]
2008 Musikalische Geschichte „銀の波おどる GIN NO NAMI ODORU (Tanzende Silberwellen) “
für erzählenden Schlagzeuger, Violin, und singenden 17-saitiges Koto-Spieler [19 min.] [Shiga Art Complex Creation Halle]
2010 Theaterstück „生命の舟 Schff des Lebens" für Flöte & Altflöte, 17-saitiges Koto, 5 Schlagzeuger, 2 Vokalisten, elektronische Bilder,
Tänzer, 2 Kinderdarsteller, Mezzosopran, Countertenor und gemischten Chor [60 min.] [Shiga Art komplexe Halle]
2011 Theaterstück „かしの木物語 Die Geschichte der Eiche" [45 min.] für rezitierende Gruppe mit Schlagzeug, Shinobue solo & Shinobue Ensemble,
17-saitiges Koto, Sopran solo und gemischten Chor, Bilder am Boden des
Zuschauerraums [Nagahama, Shimo-Kusano Grundschule]
2012 „沙韻 Sand Prosodie" für Sopran, Flöte, Shamisen und Streicher [6 min.]
2012 „八月の光の祈り Gebet des Lichtes im August" für 2 Schlagzeuger mit elktronische Beleuchtung; Light 5 & Matrix 8 × 9 Sun & Moon [60 min.][TMPP Studio]
2012 Licht-Oper „鑑眞 Jian Zhen" für dramatischen Tenor, leichten Sopran*, lyrisch-dramatischen Tenor, lyrischen Sopran, lyrisch-dramatischen Sopran, Bariton, leichten Tenor*, lyrischen Tenor, Flute & Altflöte, 17-saitiges Koto, Schlagzeug, Klavier und Streicher [60 min.] [Haruta-san, Jigen-in Saiho-ji Temple, Haupthalle]
2013 „ときのわ Zeitkreis" Kindergeschichte mit Musik und Text der Komponistin [20 min.] [Kusatsu, Tokiwa Grundschule]
2014 Monooper „時の輪" für Flötisten (auch Erzähler) mit Schlagzeug und Yoshibue-Spieler (Beter) mit Oboe [15 min.] [Mii- dera-Tempel, Nagara no Za Za]
■ Kammermusikwerke
1989 „Noli 律 [典 Ritual 宣 Erklärung 範 Vorbild 法 Methode [Gesetz] 紀 Jahrhundert 律 Rhythmus]" für Frauenstimme, Klavier und Schlagzeug [24 min.]
1991 „重陽[笠縫] Kasanuhi " für Violine, Viola und Violoncello [18 min.]
1991„靡 Navi” für Flöte und Schlagzeug [ 12 min.]
1993 „聖[櫻] Sakura" für 2 Violinen [ 12 min.]
1994 „閼伽 Aqua”fürKlavier [15 min.]
1996-7 „叢[邑] Mure" für 3 Marimbas [ 22 min.]
1997 „流[長] Naga" für Marimba [11 min.]
1998 „艸[種] Kusa" für 5 Schlagzeuger [13 min.]
1998 „片[象]Kata" für Marimba [ 5 min.]
2001 „川のほとりのこもりうた Wiegenlied am Flussufer" für Gitarre solo [ 4 min.]
2001 „朱雀抄 Geschichte der Roten Spatzen" für Harfe [ 8 min.]
2002 „県 Agata” für Flöte solo [ 9min.]
2007 „秦 Hata” für Oboe und Klavier[ 12min.]
2007 „川のほとりのこもりうた Wiegenlied am Flussufer" für Spielzeugklavier [ 4 min.]
2007 „川のほとりのこもりうた Wiegenlied am Flussufer" für Yoshibue-Ensemble [ 4 min.]
2008 „廉太郎の花 die Blüte von Rentaro" für 2 Marimbas [10 min.]
2008 „りんごの朝の歌 Alborada de la Manzana" für Violine und Klavier* [ 6 min.]
2009 „鑑眞之道 Der Weg des Ganjin" für Posaune und Marimba [ 8 min.]
2010 „笠 KASA Bach"** für Violine solo [6 min.]
2010 „草 KUSABach” für Violoncellosolo [ 5 min.]
2010 „瀬 SEBach” für Klarinettesolo[ 5 min.]
2010 „玉 TAMA Bach" für 17-saitige Koto solo [ 6 min.]
2010 „薙日 Nagu-hi" für Schlagzeug [10 min.]
2010 „乞 HOKAHI”fürSchlagzeugmit2Partner [ 7min.]
2010 „凛 RIN"fürSolo-SchlagzeugerundSchlagzeug-Tänzer***[10 min.]
2011 „遠聲譜 Onjo-fu" für Marimba solo und Marimba-Ensemble [10 min.]
2012 „宙 sola”fürKlaviersolo [ 6min.]
2012 „つちの いのり Gebet aus dem Boden" für Kontrabass solo [ 5 min.]
2012 „巴月照 Wirbelnder Mondschein" für Oboe solo [5 min.]
2012 „山月双 EinPaarvonBergundMond"fürFagottsolo[5min.]
2012 „暁天 HimmelderDämmerung”fürViolinesolo [ 7min.]
2012 „地韻 "MagnaMater”fürSchlagzeug [ 6min.]
2013 „雛翠 Baby-grün”für3MundharmonikasmitTastatur [ 3min.]
2013 „眞聲 voxverum"fürFagottsolo[6min.]
2013 „雛鳥詞 Stimme der Seele**** " für Viola solo [ 6 min.]
2014 „眼天 Himmel Augen" für 3 Violoncelli und 2 Kontrabässe [ 13 min.]
2014 „地耳 BodenOhren”für3VioloncelliundKontrabass [ 10min.]
2014 „眼天地耳 Himmel Augen,Boden Ohren“ für Marimba [ 12 min.]
2014 „斎 zhai " für Metallschlagzeug solo [ 7 min.]
■ Vokalwerke
1995 „眞[愛]Mana" für Koloratursopran solo [9 min.]
1997 „張[春]Haru” für Koloratursopran solo [ 9 min.]
1998 „放[華]Hana" für Koloratursopran solo [ 9 min.]
2006 „禱 Inori”fürKoloratursopransolo[ 5 min.]
2007 „川のほとりのこもりうた Wiegenlied am Flussufer “ [ 3 min.]
2010 „美しい今 UTSUKUSHII IMA " (Text: HOSHINO Tomihiro) [ 3 min.]
2011 „かしの木のうた KASHI NO KI NO UTA (Die Eiche)" (Text: NAKAMURA Noriko) [ 3 min.]
2011„光明の歌 Lied des Lichtes " für Sopran, Violine, Violoncello und Klavier (Text: NAKAMURA Noriko) [4 min.]
2012 „あけしだ Akeshida" für Sopran solo, unbegleitet[5 min.]
2014 „花 FLORE"fürGesangundKeyboard[8min.]
2014 „夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景
Das Anschauen von deckendem Schnee zu allen Häusern im Nachtbalkon mit großem Dach=
die innere Stimme von YOSA Buson neben zehn Landschaften[10 min.]
2015 „永九 yongjiu” für Koloraturasopran,Gemischter Chor, Erhu,17-saitiges Koto und Orchester mit Elektronik [ 8 min.]
■ Chorwerke
2003 „菜の花や月は東に日は西に Nanohana ya Tsuki wa Higashi ni Hallo wa nishi ni" (Text: YOSA Buson) [ 5 min.]
2003-4 „与謝蕪村の句による四季のうた Lieder für Vier-Jahreszeiten nach Haiku-Gedichte von Buson" für unbegleiteten gemischten Chor (Text: YOSA Buson) [16 min.]
2008 „耳塚の奥の奥より虫しぐれ MimizukakeinOkunookuYoriMushiShigure"(Text:TAMORIShizen)[ 2 min.]
2006-10 „宇宙 光 抱 容 UmarmugdeskosmoschenLicht"(Text:NAKAMURANoriko)[ 6 min.]
2010 „川のほとりのこもりうた ShlafliedamFlussufer” [ 3 min.]
2010 „蕪村のまなざし Busons Augen" für Frauenchor und 17-saitiges Koto [ 15 min.]
2013 „行之家 YUKINOYA" Requiem für bürgerlisches Opfer für gemischten Chor [ 7 min.]
2014 „あざいのまなご Azai no Manago" Kantate für Chor und Orchester (Text:NAKAMURA Noriko) [ 3 min.]
2015 „永九 yongjiu” für Koloraturasopran,Gemischter Chor, Erhu,17-saitiges Koto und Orchester mit Elektronik [ 8 min.]
■ Werke für traditionelle Instrumente
1998 „久里陀 KURITA” für 2 Kotos[12min.]
2001 „妹背 Imose„ für Shakuhachi und 20-saitiges Koto [ 9 min.]
2001 „如月„ für Shakuhachi [13 min.]
2004 „鏡海 Kagami„ für Oboe und 20-saitiges Koto [10 min.]
2009 „明月楽壱の巻 Hell-Mond-Musik Bd.1" für Altflöte und 17-saitiges Koto [ 9 min.]
2009 „明月楽弐の巻 Hell-Mond-Musik Bd.2" für 17-saitiges Koto und Stimme [ 9 min.]
2009 „誰渡洸河 ... geht in den Fluss des Lichts ..." für 17-saitiges Koto und Streichorchester [ 9 min.]
2011 „鈴鹿馬子唄"による交聲譜 Klang für gekreuzte Stimmen nach "SUZUKA MAGO UTA” [ 5 min.]
2011 東西絃の協奏曲 Konzert für Streicher mit östlichen und westlichen Saiten** [12 min.]
2010 „明月楽参の巻 Hell-Mond-Musik Bd.3" für Violoncello und 17-saitiges Koto [ 9 min.]
2010 „明月楽四の巻 Hell-Mond-Musik Bd.4" für Oboe und 17-saitiges Koto [ 9 min.]
2010 „玉 Bach" für 17-saitiges Koto [ 6 min.]
2010 „月下芙蓉 YUE XIA FU RONG" für Koto, Instrumente für hohe Tonlage und tiefe Tonlage [12 min.]
2011 „渡渡韻韻 DUDUYUNYUN" für 2 17-saitiges Koto und Metallschlagzeug [12 min.]
2011 „連月心" für Koto [6 min.]
2012 „青渡絲韻 QINDUSIYUN" für 2 17-saitiges Koto und Metallschlagzeug [12 min.]
2012„珠潭遺舟 Vergessenes Boot auf dem perlten" für Biwa und 17-saitiges Koto [12 min.]
2012 „一輪の花 eine Blüte" für Koto [10 min.]
2013 „伊福 inspirare"für Shakuhachi [ 6 min.]
2013 „如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern" für Kammnerorchestrer [ 9 min.]
2014 „韻禱 YUNDAO” gereimtes Gebet für Posaune,Tenor und Kammerorchester mit Elektronik [12min.]
2014„光 lumen,quod natum est LICHT für 25-saitiges Koto [12 min.]
2015 „ 聲愈 audible” für Sopransaxophon [ 6 min.]
2015 „永九 yongjiu” für Koloraturasopran,Gemischter Chor, Erhu,17-saitiges Koto und Orchester mit Elektronik [ 8 min.]
■Werke mit Elektronik
2012 „連禱 litania “für Klavier zu vier Händen mit Elektronik[ 5 min.]
2012 „八月の光の祈り Gebet des Lichtes im August" für 2 Schlagzeuger mit elktronische Beleuchtung;Light 5 & Matrix 8 × 9 Sun & Moon [60 min.] [TMPP Studio]
2014 „韻禱 YUNDAO” Gereimtes GebetfürPosaune,Tenorund Kammerorchester mit Elektronik [12min.]
2014 „花如 quasi flos” für Elektronik [ 3 min.]
2015 „眞聲花如 vox verum quasi flos” für Fagott und Elektronics [11 min.]
2015 „永九 yongjiu” für Koloraturasopran,Gemischter Chor, Erhu,17-saitiges Koto und Orchester mit Elektronik [ 8 min.]
2015 „眼天地耳 Himmel Augen & Ohren Boden” für Marimba with Schlagzeugorchester [ 15 min.]
■Sonstiges
2012 Festmusik zum 80-jährigen Jubiläum von „Japan Society for Contemporary Music" für "One Attack Materials" der 80 Mitgliedern
■Bearbeitungen
2009„瑶族舞曲 TanzderYao"[5min.]
2013-4„ Credo 六段" für Streichorchester [ 6 min.] <font size="1"></font>

[PR]
身体と図譜 自作を語る
Physical Understanding and Graphical Score composer speaks own works
中村典子
NAKAMURA Noriko

[11th November,2015 at Room 4006,Mirabelplatz 1 Universtät Mozarteum,Salzburg]

序:身体性の多義的変態変容への道程 Introduction:The way for physical polysemous metamorphosis
1:地史の身体に及ぼす影響 1:The influence from ground history to embodiment
2:登場−領域越境 2:The appearance -crossing field
3:古音韻的造型−初期作品群 3:Ancient phonological molding - early works
4:領域越境の交差地点−中前期作品群 4:The crossing point of crossing field - middle early works
5:身体と図譜の時代−中後期作品群 5:Physical understanding and graphic score - middle late works
結:地と真に結ぶ Conclusion:The true fruition from ground
*全作品一覧 Complete works lists

Guten Tag, sehr geehrte Damen und Herren, Professoren und Studenten am Mozarteum Salzburg.
Ich heiße NAKAMURA Noriko, bin Komponistin und angestellt an der.Stadtische Universtät für Künste Kyoto,Facultät Musik Ich möchte mich sehr für Ihre Einladung bedanken.
Insbesondere möchte ich mich bei *Herrn Prof. Febel bedanken, der diesen heutigen Vortrag möglich gemacht hat.

In vergangenen Mai kamen Herr Prof. Febel und Herr Prof. Kleiner an unsere. Stadtische Universtät für Künste Kyoto,Facultät Musik Die beiden Professoren, Frau Prof. Kohama und ich, wir sind beide angestellt an der musikalischen Fakultät KCUA, haben ein Austauschkonzert mit Studenten und Professoren dieser beiden Hochschulen organisiert. Das zugehörige Programm stand im Zusammenhang mit ostasiatischer Literatur und Philosophie.

Dieses Mal besuchen Prof. Kohama und ich Ihre Hochschule, und organisieren als ein Teil des Austauschprogramms zwischen beiden Schulen auch ein Austauschkonzert hier im Mozarteum, worauf Sie sich bestimmt freuen werden.

Auch am internationalen modernen Musikfest "Die Gegenwart des Orchesters in Asien" an der KCUA wurde in vergangenen Mai ein Duett für Klavier von Prof. Febel erstmalig in Kyoto aufgeführt. Prof. Kohama spielte dabei ein Werk für Sopran und Koto vor und hat an einem Symposion gemeinsam mit Komponisten aus China, Taiwan, Hongkong, Singapur, Italien und Japan teilgenommen und dabei seine Meinung über ostasiatische Instrumente und Komposition aus der Sicht der musikalischen Unterschiede zwischen Ost und West geäußert.

Als nächstes ist jetzt in Planung, dass ein neues Stück für Kammerorchster von Prof. Febel im Mai 2015 in Kyoto uraufgeführt wird.

Nun möchte ich mit meinem Vortrag beginnen.

モーツァルテウムの先生がたと学生のみなさま、こんにちは。このたびはお招きありがとうございます。本年5月にザルツブル􏰉モーツァルテウム大学と Febel 先生がKleiner 先生と京都市立芸術大学においでくださり、小濱先生と学生と教員作品による交換演奏会を東アジアの文学と哲学を基にしたプ ロ􏰉ラムで行いました。今回は両校の交流協定推進事業として小濱先生と私が訪問させていただき、 その同じ演奏会を Mozarteum を先生がたとさせていただきます。また5月開催の京都芸大での国際現代音楽祭「アジアの管絃の現 在」でも Febel 先生の Piano duo を私達で演奏し、小濱先生は箏とソプラノのための作品を演奏、シンポジウムに中国、香港、台湾、 シン􏰂ポール、イタリアと日本の作曲家と共に出席くださり、東アジアの楽器との創作について東西の音楽の差異からご提言いただきました。そして来年は Febel 先生の室内管弦楽新作を私達で演奏する準備を進めております。それでは講演を始めさせていただきま す。

Hello,I am a composer NAKAMURA Noriko of Kyoto City University of Arts.Thank you very much for the invitation,and l thank you so much for Prof.FEBEL who gave this lecture time.In this May,Professor Febel and Professor Kleiner were coming to Kyoto City University of Arts,and Professor Kleiner and Professor Kohama of KCUA music faculty,we held exchange concert with students and professors in Mozarteum and KCUA ,which is the program on the eastern literature and philosophy.

In this time,from KCUA,Professor Kohama and I came to Salzburg,and same exchange concert hold in Mozarteum.Please look forward to concert.Besides,also in May,we held international contemporary festival "Present of Orchestral Asia",we kyoto premiered Professor Febel's piano duo,Professor Kohama performed the work for soprano with koto,Professor Febel participated to Symposium round table with composers in China,Taiwan,Hong Kong,Singapole,Italy and Japan,and he gave his thought for the creation western and eastern instruments from the viewpoint of difference in east and west.In next May,we are preparing to premiere Professor.Febel's chamber orchestra work.I start my lecture.

このたび自作についての考えを作曲のみなさまと共有することは大いなる喜びです。
It is great honor to share my thought with students and professors in Mozarteum.
そこで私の自作から特に「身体と図譜」を通し、その源となる考えを音源と楽譜と演奏を通してお伝えいたします。
In this time,I would like to make a speech about the physical understanding and graphicsl score through looking at scores and listening music or own performance.
これらは、固有の身体性が音楽に現れて総合される現在までの道程です。
This is the way of synthesis from the musical appearance of proper embodiment.
これら作品群を近代東アジアでの創作のひとつの事例として、
About these works,it is as a case of creation in modern east Asia,

初期作品群での西洋楽器とベル􏰁カント発声での東洋世界観による造型
the molding in western instruments and bel canto vocalization by eastern view of the world
中前期作品群での日本伝統楽器と管絃楽等空間思考を通しての敷衍
the expound through space thinking in Japanese traditionnal instruments and orchestra
中後期作品群での身体と図譜を通した新たな思考からの生命、までを
the life from new thought through physical understanding and graphical score,
独自の機能を持つ音楽のひとつのかたちとしてお伝えします。
I would like to tell a figure of music having individual function.

1:地史の身体に及ぼす影響
1:The influence to embodiment from ground history

私は、第2次世界大戦後20年目の1965年、リュートの東アジア系楽器の琵琶の形をした日本最大の湖の畔で生まれました。
In 1965,just twenty years from World War II,I was born nearby the most biggest lake in Japan,figured like lute,east Asian instrument.

大いなる湖のほとりの広大な水田のなかに杜と宮が散在する、2000年から1500年前大陸からの渡来人が入植し形成した区画が 現在に至るまで同じである歴史深い地域に、私は三十数年住んでおりました。
During thirty and several years I was living in the deepest historical erea where are dotted with little forests and shrines in green rice fields nearby great lake, and were continuing same blocks of rice field since coming people from continent before two thousand to one thousand and five hundred years.

この地域は大いなる自然と豊富な伝統芸能、巫女の鈴舞や刀舞など神楽舞や、 風流踊り花笠踊りの一種である講踊り、大道芸のデロレン祭文の江州音頭に彩られます。
This erea is colored by great nature and rich traditional public performances which is bell dance and sward dance of
shrine maiden slow dance in kagura,group dance of one kind of an elegant dance wearing conical hat adorned with flowers, and street performance Goshu ondo with reading to a divine spirit in a festival, called " deroren" address.

しかし私は、尺八や箏といった邦楽器にはまったく触れることなく育ちました。
Although,I was growing up without touching koto and shakuhachi,Japanese traditional instruments.

僅か2􏰅キロ離れた街道沿いでは、箏や尺八や謡の伝習は行われてはいました。
There was existed koto,shakuhachi and Noh chant singing education in the distance of two kilometers from my house.

一方、小学校には19世紀後半の西洋文化受容以来の􏰃オルガンとピアノがありました。
In other side,there was existed organ or piano since the acceptance of western music in latter half of nineteen century.

東アジアでは近代音楽教育は、主に西洋音楽受容として􏰃オルガ􏰂ン・ピアノで行われます。
In east Asia,modern music education has used mainly organ and piano as the acceptance of western modern culture.

それゆえに私も小学校に通う前から、近所の小学校の講堂で􏰃オルガンを習っていました。
Accordingly,I was learning organ at the auditorium in elementary school before entering elementary school.

その廻りは一面の田圃の緑で、遠くに富士山のような美しい形の三上山が見えました。
Around auditorium were green rice field,and were existed beautiful figured Mt.Mikami as like the Mt.Fuji.

そこでの視覚と聴覚の断絶に関する幼い私の気づきをお話しいたします。
I would like to tell the my notice in childhood about the gap between visual and auditory in there.

私は風変わりな子供で、自ら弾くトニ􏰁􏰆カコードと目前の稲田の風景の間にある強い違和感について誰にも告げられずにいました。
I was strange child,and I could not tell anyone about the strong sense of incongruity with between my playing tonic chord and the green rice field.

両親の与えた絵本のイタリア農村の風景にはヴィヴァルディの四季のレコ􏰆ードが添付されてあり、そのレン􏰂ガと漆喰でできた家並みが一面の緑に点在する絵を見ながら春を聴いていました。
The picture book which parents geve,there was existed the italian village landscape with the record of "Four seasons" by Vivaldi,
I was listening to "Spring" with looking at Italian village landscape which were dotted houses made bricks and plasters in green rice field.

それで、私の鳴らす􏰃オルガンの和音はイタリアの農村の景色とぴたりと合うが、目前の一面の緑の稲田の風景には合わない。
Accordingly,my playing tonic chord was just fitting with Italian village,but was not fitting with green rice field in front of my eyes.

これが私の最も強い最初の記憶です。
This is one of my most strongest first memory in childhood.

田園に隔てられた2􏰅ロ離れた宿場町には父がそこで能楽の謡を習った本陣があり、 他のすべての町と同様の近世日本文化の大きな堆積がありました。
There was existed official accommodation for feudal load and his vassals,where my father had learned Noh chant singing, there is existed the great accumulation of early modern Japanese culture,as like the same other towns.

大人が歩けば半時間の町は、子供にはバスや自転車や車で訪れる幼稚園のある場所であり 子供の歩く生活圏でなかったことがこの独特の気づきをもたらしたことは興味深い事実です。
The town was existed in distance two kilometers from my house, where was the place of kindergarten by coming with bus,bicycle and car,
and was not the living area for child,It was really interesting fact that this notice was brought from this unique condition.

楽譜無しに音を聴き身体で覚え込む様々な芸能は私の精神の奥底へと日々記憶され、その記憶の数々は十数年後の同一性危機によって開かれるまで冷凍されてゆきました。
The traditional public performance was memorized into my soul depth in every day,and these were freezing until the opening day by identity crisis after ten and several days.

折々芸能は宗教と共にあり、中学生のころには天満宮が数千年数百年の大祭となって 特別な巫女舞を演じたことがあり、これは刀舞で、通常の鈴舞と大きく違いました。
These traditional public performances was existed with religion,in jounior high school time, Tenmangu shrine had the great festival of several thousand and several hundred years,and
I performed shrine maiden dance which was special slow dance with sward,not usually bell dance.

テレビやラジ􏰃から聴こえる洋楽を楽譜無しに􏰃オルガンやピアノで常々模倣していましたが、 この音楽は身体が覚えても楽譜への記録再現がまったく不能でした。
I was always playing organ and piano without score and only listening western music through television and radio, although this music could memorize as physical action,but could not writing in the score,perfectly.

この大祭で舞ったおりの気持ちとして、心の奥深いところで感じることには 何故学校を休んで演じなければならないのか、おそらくこどもが舞うのを嫌と言えば 何もかも火を噴くかと想像される日本の農村の少女としてのもどかしさであり、ただちに楽譜に表せない音楽の核が身体の奥の奥へと深く沈んでゆくのをこの時ただただ確かに感じていました。
About my feelings in my bottom of hearts,it was impatient memory as the girls in Japanese village, Although I had understood it as traditional arts, in fact, as my intention of junior high school students,I did not want to dance a sword dance for only hegemony. However, if I expressed my really intension, this special festival would had burst into flames,in that time,I had felt to sink the core of music that did not express on the musical score,into the depth of my body.

この2歳から14歳の折りの描き切ることのできない不可思議な時空の記憶というべき舞の記憶が、後に私を作曲家としたと感じます。
I can not draw when from 2-year-old 14-year-old mysterious memory and memory of dance should say of space-time,
and I feel that I became a composer by this memory.

2:登場−領域越境
2:The appearance - crossing field

この隠された地の記憶のすべてを描いた女声、ピアノ、打楽器のための音楽Noli(1989)が私の国際的なデビュー作となりました。
These hidden ground memories were described into "Noli" for female voice,pianoforte and percussion,it become my debut work.

作曲は1989年、24歳でした。1989年はフランス革命から200年目の天安門事件とベルリンの壁の崩壊の年です。
It was composed in 1989,i was 24 years old.It was Tiananmen square incident and the collapse of the Berlin wall,just 200 years from French revolution.

ノリでは生地に隠された史実かつ自身の名でもある[典、宣、範、法、紀、律]から発する同発音の字義多重性が初演26分の長大劇的構造を呼び起します。
About "Noli",it was structured by the multiple meaning of a word,it is expressed at Chinese letters in the following of also my name
典[ritual]宣[declare]範[model]法[law]紀[century]律[rhythm],and it will be occurred grand and structure of 26 minutes at premiere.

ノリがNoriではなくNoliであるのはベルカ􏰁ント発声と非伝統楽器の西洋音楽家達によるNoli me tangere[我に触るな]であり
地に隠された歴史との邂逅の非言語的詩劇として、地史的真実の探求の結果としての音楽伝統の 領域越境が核であったためです。
"Noli" is not "Nori",because it was suggested as "Noli me tangere" by bel canto vocalization and western instruments, and as the nonverbal drama written in verse for meeting with hidden ground history,it was the core of crossing field of traditional music through the research results.

Noliは1989年京都初演を起点に東西表現者達により東京のバレエ団の舞台作品ともなり 国連憲章50周年のアメリ􏰁サンフランシスコオ􏰆ペラハウス連続公演以来、韓国の創作伝統舞踊舞台作品としても 日韓両地で連続公演され、現在もそれが継続中です。
"Noli" was started from the premiere at Kyoto in 1989,it became the stage of Tokyo Festival Ballet,and it was performed three times in San Fransisco War Memorial Opera House as the UN chapter 50 anniversary, moreover it became the Korean traditional creative dance stage and it is continuing,also in present time.

*それでは(Noli1989)の前半と後半の部分を楽譜と共に聴いていただきます。
Please listen to the former part and latter part of Noli with score.

(Noli1989)に到達したのには、以下の予備が大きかったと感じています。
About this reaching,I felt the existence of several preparation.

第1には、大学受験勉強時にラジ􏰃で聴いて興味を持ち、取り寄せた京都大学韓国文化研究会作成の音楽􏰁セットテープを よく聴いていたことです。
At the first,I was listening to Korean traditional music and Korean popular song very well in my studying for entrance examination,
because I was interesting these song at radio broadcasting and I brought the cassette tape from the Korean cultural study group at Kyoto University.

第2に、大学研究室に多数揃えられていた尹伊桑作品の楽譜と師廣瀬量平教授からご友人姜碩煕教授のBullの楽譜を作曲レッスンで 研究したこと、
大学院入学の年に韓国音楽研究者の櫻井哲男先生の集中講義を受けたことです。
At the second,I studied YUN Isang's score in laboratory of composition,and I studied with Prof.HIROSE Ryohei about
his friend composers Prof.KANG Suhki's score of "Bull" and at graduate school,I studied Korean traditional music from musicologist Prof.SAKURA Testuo.

余談としてノリ初演の数ヶ月後、当時Stuttgart音楽大学で現在こちらMozarteum大学のAdriana Hölszky教授が、 ドイツの女性音楽学者と女性音楽出版社FLORE社長と東京のゲーテインスティテュートへお出でになられてお会いしました。 その際の日本側パネルが音楽学者船山信子教授と作曲家・音楽学者の増本伎共子教授と作曲家・ピアニストの三宅榛名氏(のちフェリス女学院大学教授)でした。
In addition,after the premiere of "Noli",I met Prof.Adriana Hölszky and musicologist and music publisher FLORE president in Tokyo Goethe Institute.In that time,musicologist Prof.FUNAYAMA Nobuko,composer musicolosist Prof.MASSUMOTO Kikuko,and composer pianist MIYAKE Haruna(Prof.of Ferris University).

私はこの後、師廣瀬量平初管弦楽作品の「チェロ協奏曲《悲》(トリステ)の研究」論文完成直後、 京都芸大音楽学部派遣留学生第1号として大学院からブレーメン芸術大学へ留学しました。
After completion of the master thesis "The study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto'Triste'",I started to study in Hochschule für Künste,Bremen as the first student of Kyoto City University of Arts.

廣瀬量平教授が審査員時にイタリアのバレンティノ・ブッキ􏰅国際作曲賞の覇者にHölzsky教授を選ばれており、それで廣瀬量平教授がHölszky教授を語法集大成の音楽劇室内オ􏰃ペラ「ブレーメンの自由」の京都芸大での講演に招かれ、Hölzsky教授がお父様と京都のゲ􏰄ーテインスティテュートと京都芸大に来られました。
Prof.HIROSE selected Prof.Hölszky as the winner of Valentino Bucchi International Composition Competition,

he invited her the lecture of her compositional compile " Bremer Freiheit" in Kyoto City University of Arts,she and her father came to Kyoto Geoethe Institute and KCUA.

半年後、東京でお会いした先生達とハイデルベルク􏰀とシュトゥット􏰂ガルトの音楽祭へ招かれ、ハイデルベル􏰀ク大学音楽学研究所での講演と両都市での上演があり、そのおりノリ上演が􏰆コンディションから延期されたため、 私は日本の女性作曲家について講演し、結語に自作ノリを紹介することとなりました。
After half year later,we were invited to the festival in Heidelberg and Stuttgart,festival consisted of the lecture in Haidelberg University and concerts and in Haidelberg and Stuttgart,"Noli" was postponed the performance by performer's condition,and I introduced"Noli”s at the end of my lecture "Women Composers in Japan".

3:古音韻的造型−初期作品群
3:Ancient phenological molding - early works

このデビュー作の後、初期作品群は古アジア的音韻から汎な原初の古音韻を持つ言語からの独自造型へ移行します。
After this debut work,about early works,these changed to individuality pan-musical cosmopolite & localization original molding through ancient phonological idea.

ここで確認するべき事項としては、初期作品群はすべて西洋楽器への創作であり、 かつ描かれる世界が著者生地の東アジアとしての滋賀という地からの世界認識の様態であり、 その一連の音楽が身体性を強く喚起するところがあるためか、ほとんどの作品がデビュー作同様舞踊化舞台化されたことです。 About the matter to be confirmed,the early works,these were composed perfectly for western instruments with bel canto vocalization,and in the same time,
aout described world in works,it were the recognitions of world from Shiga living composers in east Asia,in addition, these all works were preformed with dance stage on teaditional dance or modern dance,as like debut work.

地名の多義性からの音像化(Kasanuhi重陽[笠縫]1991)[シアターピースでの朗唱的造形による舞台化]
Sound modeling from the multiple place name- 重陽[笠縫]Kasanuhi1991(theater piece stage with vocalized performers)

記紀の初源的言語の背景世界を捉えた原宗教劇(Navi靡[奈備]1992)[モダンダンスによる舞台化]
Mystery play by grasping the backstage of original primary language-靡[奈備]Navi(modern trio dance stage)

万葉歌の聖なる変容としての能楽的劇化(Sakura聖[櫻]1993)[能舞台でのballet化及び全米公演]
Noh musical dramatization as sacred metamorphosis on Manyo[ten thousand leaves]poetries-聖[櫻]Sakura(Noh ballet stage,tour on U.S.A.[9 places])

十二態の水による創世記(Aqua閼伽1994)[モダンダンスによる舞台化]-Mozarteum& KCUA交換演奏会で演奏
Genesis by twelve water metamorphosis-閼伽Aqua1994(modern solo dance stage) just performance in exchange concert of Mozarteum and KCUA

胞子的観察の介在による東アジア圏文化的旅巡(Mure邑1996)[ステージダンスによる様々な舞台化]
East Asian cultural surrounding intervention on spore micro observation-叢[邑]Mure1996(group dance stage with visual art)

東洋固有旋律型による無伴奏女声三部作(Mana愛1995,Haru春1997,Hana華1998)[能舞との舞台化]より
Accompanied female voice trilogy on eastern proper melodic moldings-眞[愛]Mana1995,張[春]Haru1997,放[華]Hana1998(Noh slow dance stage)

*Kasanuhi、Navi、Sakura、Mure、Manaを楽譜と共に一部聴いていただきます。
*Please listen to several parts of Kasanuhi,Navi,Sakura,Mure,Mana with scores.

4:領域越境の交差地点−中前期作品群
4:The crossing point of crossing field - middle early works

中前期は邦楽器としての初表現への探究として箏二重奏(Kurita1998)により始まりました。
It started from the work of koto duo "Kurita 1998" as the research for first expression to Japanese traditional instruments.

近世邦楽の箏楽に前記のように自らとの接点を見つけづらくていたところ、 東アジア音楽研究の一端として韓国伝統音楽に現地で多数触れて箏に大陸の縁を感じ、 身体性の違いを邦楽器へと移入することで自国楽器への遠く厚い扉をくぐりました。
I was hard to finding contact points between koto as the early modern koto music and myself, and I touched a lot of Korean traditional music;Gayagum and I felt the relation ship with

them and koto,I could open the heavy grand door of instruments in own country by naturalizing the physical difference to koto.

この(Kurita1998)が尺八と二十絃箏の二重奏(Imose2001)を生み、同作異曲6つを生じました。 This"Kurita1998"caused "Imose2001"the duo for shakuhachi and 20gen koto,and 6 pieces that has the each difference, was born of Imose.

ク􏰀リタ初演者の一方の演奏者夫妻のミュンヘン初演への委嘱で作曲した(Imose2001)は 演奏を聴いたoboe奏者の委嘱で日本伝統楽器尺八と二十絃(Kagami2004)から oboeとpiano(Hata2007)へ二重奏の片方づつ徐々に位相を変えて双方西洋楽器編成となると 􏰇ルンのフルート奏者と日本の十七絃奏者の京都初演のための 十七絃十三絃両面遣いとAltofluteへの編作(明月楽壱の巻 BrightMoonMusicVol.12008)となり かつ打楽器を加えた三重奏の雅楽版(星海波SEIGAIHA2009)ともなり
ついには箏歌(明月楽弐の巻Bright Moon Music Vol.22008)となって唯ひとりでの演奏を可能とするに至ります。
Imose 2001was composed by the commission for München premiere of the performers husband and wife who was the premiere performer of Kurita,
the oboe player listened to Imose and he commissioned the arrangement for oboe and 20gen koto(KAGAMI 2004) and oboe and piano(HATA 2007) it was changed each partners in duo and reached western instrumental duo,it was changed again to duo works "明月楽Bright Moon Music Vol.1 2008" for Kyoto premiere by 13+17gen koto and alto flute which was performed by the flutist from Köln,and changed again to trio "Gagaku" version "SEIGAIHA2009" with percussion,at last,it was changed to Koto-Uta solo version (singiing with koto by one person).

*それでは(Kurita1998)と(明月楽弐の巻Bright Moon Music 2008)を楽譜と共に一部聴いていただきます。
*Please listen to the "Kurita1998" and "Bright Moon Music Vol.2 2008.

弦楽器群を欠く三管編成管楽(内なる湖2000)から、同期の友人と作曲の師の追悼曲である 十七絃箏十三絃箏両面遣い独奏と弦楽合奏の協奏曲(誰渡洸河2009)に至るまで、 中前期は邦楽器と唄、邦楽器に交差した管絃楽やシアターピース系大型作品群に彩られます。
About middle early works,form triple woodwind orchestra except strings (inner lake 2009) to concerto for 17gen with koto and string orchestra(誰渡洸河...goes in the river of light...2009),it were including large ensemble of Japanese traditional instruments and orchestra or theater piece.

個人的な状況としては父が亡くなり始まった中前期の中盤で 二年介護した祖母が亡くなって自身の難病罹患と介護と闘病中に中期が展開され、 難病は線維筋痛症で全身の恒常的な激疼痛とこわばりで意識的覚醒に七年余という状況が 構成としての図譜からの創造へと至る中後期作品群が喚起されたと感じます。
As the private condition,middle early works,these were started with my father's death and these were developing during the home care for grandmother in several years and falled painfull disease "fiblomyalgia" since 2007,accordingly,I had to consciously awakening in stiffness and permanent super pain of the whole body. It is in seven years and over.

しかしこの中期の核となるのは小さな一編の子守り唄(川のほとりのこもりうた2001−07)であり これらすべてへのまなざしの源の消失点であると感じています。
Although,I feel that a little lullaby 川のほとりのこもりうた 2001-07 consisted the core of middle early works, as the vanishing point for all eyes at origin.

1998年アマチュア􏰈ギタリストでもあった父が62歳で亡くなり、2001年夏ブレーメン近郊Sykeでのアーティストインレジデンス中、 生前父には唄のひとつもつくることもできなかったのでハンブルク􏰉のピアニストの友人へ子守唄を送ったところトイピアノCDに収録してくれました。
At the summer in 2001,it was composed for my friend German pianist & composer in Humburg ,during arartist-in-esidence at Syke nearby Bremen ,
because I could not compose any works for father who was an amateur guitarist,and he died at the age of 62 in 1998.She recorded this lullaby for her CD for toy-piano with electronics.

レジデンス中に911が起こり帰途フラン􏰀フルトの空港でサーバーがダウンし、8時間で大阪帰着するところがさまざなな飛行機に割り振 られて 中国機で北京-東京−京都から故郷滋賀でのこの子守唄の􏰈ター初演の演奏会まで三倍の時間をかけて帰国帰郷し、間に合った記憶 があります。
During residence near Bremen,it occurred 911 in New York,on my returning to Japan at Frankfurt airport,the computer sever system was broke down,travelers were assigned various flight companies,I was assigned Chinese air line and I returned for presence to the concert for premiere of this lullaby by guitar at homeland in Japan with triple duration 24 hours.

*それでは、邦楽器と西洋楽器群の協奏曲(誰渡洸河2009)と(川のほとりのこもりうた2001-07)をお聴きください。
Please listen to concerto for 17gen with koto and string orchestra(誰渡洸河...goes in the river of light...2009) and riverside lullaby2001-2007 toy piano version.

5 :身体と図譜の時代−中後期作品群
5:Physical Understanding and Graphical Scores -middle late works

翌2010年の最初の図譜(Hokahi 2010)で、身体と図譜の中後期が始まりました。
In next 2010, by the first graphic work"乞[壽]Hohahi2010",entered the period of physical understanding and graphical score. (乞[壽]Hokahi2010)は国際現代音楽協会日本支部である日本現代音楽協会での現代打楽器奏法レ􏰀チャーのため作曲し、 京都文化博物館でのclumusica定期公演で初演しました。
Hokahi was composed for the contemporary percussion lecture of the branch at Japan in ISCM, and it was premiered
at clumusica subscription concert in Kyoto Cultural Museum. clumusicaはclumsy(不器用な)とmusica(音楽)からの造語であり、 研究室に拠を置く同時代音楽創作上演団体として、中村典子・清水慶彦、増田真結の三人による共同主宰で活動しています。 "clumusica”is a coined word from clumsy and musica,and clumusica is in Nakamura lab as ensemble clumusica.
We have activity by three persons,collaborative organizers of NAKAMURA Noriko,SHIMIZU Yoshihiko and MASUDA Mayu.

Hokahiはそこに載せるすべてを運ぶ作用を持ち、 初演以来共演者が単独から管絃楽に至るまでの様々な版である交差作品を連続的に産み、それがいまも継続しています。 Hokahi is the carrier having functional effect and it carries concerning all,and it produced duo with various performers, and solo or duo with orchestra as crossing point with all phenomenon,and it is developing,in also pressnt time.

*それではHokahiを作曲者により演奏いたします。(所要時間7分)
Please listen to Hokahi2010 by composer's performing.(duration:7 min.)

図譜をご覧ください。
Please look at graphic score.

1円から7円はそれぞれ60秒を表し、時計回りに進行します。
About time,it is expressed 60 seconds at each 1st circle to 7th circle,and it progresses in clockwise.

1円から6円の音響の配置については剛柔交互の響、7円は剛柔交差の抱容の響です。
There are hard sound and soft sound at 1st circle to 6th circle in turn alternately,and in 7th circle, there is the both holding soft and hard sound in one circle.

それぞれ60秒の円形譜が対応する対極点となる時間に関連を持ち、循環する意匠として時を刻みます。
About this circulative graphic notation,there is recognized the both time of opposite point with original point, it is beating time as the circulating design.

七つの円あるいは八つの円で構成されたHokahi2010は、original version
solo version,Kyoto premiere version, Nagasaki-Hiroshima version(20110226-20111022,どちらも2011年)といった様々な版を持っ ています。
Hokahi has various versions as like original version,solo version,Kyoto premiere version,Nagasaki-Hiroshima version(20110226020111022).

第二次世界対戦では日本の敗戦直前に、原子爆弾投下の広島と長崎で60万人の市民が被爆死しました。 Just before the closing of World War II, six hundred thousand citizens were killed by atomic bomb in Hiroshima and atomic bomb in Nagasaki.

長崎と広島の町でのホ􏰁ヒ上演にはそれぞれ独自の随奏者があり、それぞれversion初演時に行った 水平と垂直の随伴をHokahiは図譜へと留めています。
At Nagasaki premiere and at Hiroshima premiere,there were existed own accompanists,in graphic score, their existences have described with horizontal circulation and vertical circalation.

その4種を再度見ていただきます。
Please look at the four kinds of graphic scores.

垂直の随伴Nagasaki-Hiroshima version
無限大のensembleを可能とする個としてのsolo version
原型である水平の随伴Kyoto premiere version あらゆる形態に向かって調整を可能とする具体を載せる基盤original versionです。
These are Nagasaki-Hiroshima version with accompaniment of vertical circulation,and solo version as individual existence ,possible accompanying infinite ensemble, Kyoto premiere version with accompaniments of horizontal circulation,and original version as carrying base all concretely with moderating for all condition.

それはちょうど乗り越えることで美花を咲かせ美果を得る西洋美学とは対極にあり、
あらゆるものと等しく双び、永遠にそれを補完する不戦の誓いを日々新たにする東洋美学にあります。
It consists the contrast from western esthetics which is flowering with fruition overcoming all,and
it is parallel standing with all from eastern esthetics by contesting and competing in every day,every time, it is complement in eternity.

私の在住する千二百年の古都京都の古祭・祗園祭鉾立の日に初演を迎えたHokahiが 日本最古の古都奈良への遷都1300年に10分の1の130年を私達のおります 京都市立芸術大学が重ねて同時に迎えた2010年に誕生したことに長大な時の意匠というものを感じざるを得ません。
In 2010,Nara was at just 1300 years anniversary of capitalization and Kyoto University belonging us,also was at just 130 anniversary,there was existence of the same time overlappingg Kyoto and Nara in ten times. I have felt grand longest design in time strongly,Hokahi was born in 2010.

また私個人としては身体的困難を引き起した2007年7月発症の難病線維筋痛症罹患以来、 2011年の椎間板ヘルニア多発から腰椎すべり症も加わった身体困難の克服に向けて、 新たな身体性への探究から往復循環する表現を待ち望み希求せざるを得ないことは、 まことに自然なことでした。
Also,about private matter of composer,I got the serious disease"fiblomyalgia" in July 2007,and I got Lumbar spondylolisthesis in 2014,by a lot of hernia in lumbago in 2011,
I must to long for circulation with coming and going in the both way,it is natural phenomenon,truely.

これを単純に表現するならば「普通であること以外何も求めない」ということであり、 小さな不均衡を含んだ大きなおおどかな均衡を常に待ち望むものであり、それは、 視覚的に確認することのできる図譜から身体に刻まれた人間の地史的律動を呼び起こす 自然そのものであることといえます。

This experience brought me simple thought "Anything it is not required, except that it is normally", it is hoping usually grand balancing with little imbalance,and it is nature,itself.

つまり自然とは、私にとって自燃する循環の機関であり、それは、 どの時代にもあらわれ且つどの時代にも属さない=個であることの十全の表現です。
For me,nature,it is the circulative organization with spontaneous combustion,or self-ignition,it is the expression of perfection as individual existence with appearance in all and not belonging in any period.

翌2012年の(地韻 MagnaMater2012)では、二十の小円を六段に置いた 百二十の視覚的意匠を一瞥可能な様式として3秒の継続動作により構成し、 東アジア圏の主に歌舞伎音意匠の雪に寄せた変容変態として音響を伴う身体意匠が 六種の発展段階によって劇化して最高潮を迎えます。
About 地韻 Magna Mater in 2012,it is structured as 3 second action maping at each twenty little circles in six lines,and
it become hundred twenty circles visual design as once looking -possible style,it was figured and dramatized the climax by the developing six steps of physical design on sound metamorphosis imaging snow sound in Kabuki in east asian area.

翌2013年の(眞聲vox verum2013)においては音高、音の長さ、音の性質、強弱の四つが3つの円に沿って展開します。 この様子を五線譜へ完全に写し取ったものがこちらです。この音楽も地韻同様、京都形成期の史劇の六段的変容です。
About 眞聲 vox verum in 2013,it is developing on pitches,sound values,sound characters,dynamics along three overlapping circle.
This is the staff notation of "box veruum" transformation by myself.This is the metamorphosis of dramatization in figured capital Kyoto.

これらは五線譜から図形譜と図形譜から五線譜に双方往復可能な完全往復の図譜楽譜の考えです。
These are on the thought form staff nation to graphic score and form graphic score to staff notation,perfectly.
Diese sind auf der Gedankenform Personal Nation grafische Partitur und bilden grafische Partitur zu Notation, perfekt.

*それでは、五線譜→図形譜・図形譜→五線譜に双方往復可能な完全往復の(眞聲2013)を聴いていただきます。
*Please listen to 眞聲vox verum2013,it is perfect both way for coming and going between graphic and staff notation.

この円循環する時間の相を視覚的に均衡させ調整される有機性を抱き続ける意匠とは 自然の一様態に他ならず、自然の一部としての均衡を抱く生命そのものでもあります。
The design holding organism moderated with visual blancing as the part of nature, this time circulation is life holding balance as a part of nature,itself.

つまり生命とは、営々と永続する人間存在の理念を内に向かって深めることによって すべてを循環させる均衡の藝術であると感じます。
In fact,I have felt that life is the art of balancing through circulation in all,by deepening philosophy of lasting human existence,into each fields.

今月末11月30日には(Hokahi2010)と対となる音楽である(斎jae2014)を初演予定でおり、図譜をお目にかけます。
At the end of this month 30th November,it will be premiered(斎 jae2014)

斎 jaeは、2010年の祇園祭鉾立の日に初演した独奏より管絃楽そして無限大の合奏形態を 載する基盤としての30個のりんと小金属打楽器による曼荼羅ホ􏰁ヒと対となる音楽です。
斎 jae is the twin music of Hokahi,which was premiered at the date of decorative float building of Gion festival,as percussion solo with two partners to orchestra and infinite ensemble,also which is based on the mandala by thirty metal percussion "Rin".

ホ􏰁ヒが胎蔵曼荼羅であるのに対し、斎 jaeは金剛曼荼羅であって同楽器で対照の響をとり、 斎は三種の読み[jae zhai sai]三種の独奏[打絃弦]によって光の分光の道程となります。 ホ􏰁ヒ、斎 jae共に対極の意匠を抱容する図形譜と五線譜との完全往復を為しています。
Hokahi is the graphic style in Womb Realm Mandala,and 斎 jae is the graphic style in Diamond Realm Mandala,they consists of contortive sounds in the same instruments,
斎 is decentralized three intonation"jae zhai sai" and three solo"percussion,plant strings, animal strings" in way of light.They also consists perfect going and coming in graphicscore and staff notation in embracing contrastive designs.

金属を綿で鳴らすHokahi、金属を木で鳴らす斎jaeと、二つの意匠は柔剛の対響にあり すべては陰陽の対極を持ち、図譜として視覚的に完全に構成原理を共有可能であり、 ひとたび演奏すればその廻りに生命がたちあらわれて均衡の循環が始まります。
It is contrastive soft and hard sounds between two design of "Hokahi" which is beating metal percussion with cottonreeledmalletsand"斎 jaw"whichisbeatingmetalpercussionwithsticks,theyarehavingyin-yangcontrasts at all,and as the graphical score,it is sharing principle of compositionally at the plaiying this graphic,it is starting the circulation by balancing.

また、邦楽器のための図譜的五線譜(渡渡韻韻2011)(青渡絲韻2012)では 金属打楽器を伴う二面の十七絃箏による全体が
Also(DUDUYUNYUN 2011)(QINDUSIYUN2012)which is graphical symmetry in graphic idea in satff notation of live lines,it is construsted of TAWARAYA Sotatsu and yin-yang contrast,and the homage to Second Viennese School,accordingly,it is ruled in every parts,perfectly.

■演奏姿勢:立位×座位[風神雷神図構図]
■楽曲構成:左右対称×中心非対称
■金属構成:十二微分音×屈折音高微分音
■調絃:*明月楽(*鏡海調子)×東遊(*太平調子) *著者作よりの引用ならびに伝統調絃に基づく著者編作による調子

宗達光琳的対照ならびに陰陽的対照によって構成され、 かつ新ウィーン楽派讃として全体と細部が完全規定されています。
performance style:standing × sitting [from Fujin Raijin zu(image of the Wind and Thunder Gods)

(National Treasure) - Painted by Sotatsu TAWARAYA] compositional structure:bilateral symmetry × center asymmetry
metal instrumental elements:twelve micro tonnes × sliding up micro tones 17gen koto tuning:”Bright Moon Music(* miroring sea tuning)×
Azuma-asobi[ancient Japanese dance suite that originated in eastern Japan] (* great peace tuning)
*quatation from own tuning by composers and arrange mental tuning from based traditional tuning by composer.

*(青渡絲韻2012)の楽譜をご覧いただきます。
Please see the score of QINDUSIYUN.

*さらにBach:Cantataの冒頭を題名として漢語訳し、そこまでの全時間を集合習合統合総合として 多層化させた図譜的楽譜による室内管絃楽(如何美輝暁星2013) と
中国古代と日本現代における壮幼の平和希求の詩の翻訳交差による言語発語と身体発語を 共に中国に出自を持つ二奏者盲目のテノールとトロンボーンが電子音を伴う室内管絃楽に そこまでのすべての図形譜の調整された多層化によって集合習合統合総合融合させた (韻禱2014)を楽譜と共に聴いていただき、この身体と図譜についてを締めくくります。

*In addition,first synthetic chamber orchestra work"Wie Schön leuchtet der Morgenstern 2013",which is
rayered graphical scores with staff notations as the synthesis of gathering -syncretism -synthesis by various time structure for whole time until that time,and the title translated by composer to Chinese from the beginning of Bach Cantata,second synthetic mixed media chamber orchestral work"YUNDAO2014"which is rhymed prayer for trombone,tenor and chamber orchestra with electronics,language pronunciation and physical intonation mutual translation on the poems for longing moderated staffed notations in pitches as the synthesis of gathering- syncretism- unification - synthesis -fusion by various time understanding and graphical score".

ご清聴まことにありがとうございました。
Thank you so much for your attention.
(約7600字 &worklist aboutt 5000 words)

*中村典子全作品一覧
■中村典子 NAKMURA Noriko [Composition]
1965 Born in Shiga prefecture,Japan.
1987 Graduated from Kyoto City University of Arts [KCUA], faculty of Music
1990 Nov.-1991 Feb.as 1st exchange student in Hochschule füf Künste Bremen
1991 Received Master's degree from KCUA
1980-95 Studied under R.Hirose,M.Kitazume,S.Maeda,M.Fujishima,W.Tajima.H.J.Kauffmann (in Germany)and G.Amy(in Kyoto),and so on
1985- Own works have been introduced in the each places of the following fifteen countries,Japan,Korea,China,Taiwan,U.S.A,Mexico,
Germany,France,Italy,Swiss,Austria,Spain,Sweden,Norway,Israel..
■Awards & Scholarship
1987 Received Kyoto Music Association Award
1991 Received Master Course Prize for Graduated School of KCUA
1991 Received Grant from Rohm Foundation for Lecture about own work & Japanese Women Composers and Participation for Festivals
1997 Received 1st OGURA RISABURO Music Schorlarship for the reseach of western culture × eastern culture [Japanese and Korean folksong ,traditional dance & theatrical music]
2001 Received Kyoto City New Artist Award for recent international and domestic activity
2010 Received Shiga Prefectural Encouragement of Clutural Award for decade achivements
■Lecture & Forum
1991 Lectured about “Japanese Woman composers “and introduced own work atthe research centre of Musicology at Heidelberg University(Germany)
2001 Participated with Discussion Forum in Internatilnale Konponistiinnentage fuer Neue Music(Syke,Germany)
2011 Country Report in Asian Composers League Conference (Taipei,Taiwan)
2012 Moderated with composers in Japan,Korea,Hong Kong,Italy at symposium in "KOTO,present in Asia"[6 persons]
2013 Moderated with Korean,Korean-Japanese and Japanese composers and director[8 persons] at symposium in "Present of Orchestral Asia"
2014 Moderated with China,Taiwan,Hong Kong,Singapole,Italy,Germany and Japanese Composers[
■Selection
1997 Konzert deutsh-japanischer neuer Musik (Goethe Institut Kyoto Kansai,Japan)
2001 Artist-in-residence at Kunstlerinnenhof Die Höge(Syke,Germany)
2001 Konzert deutsh-japanischer neuer Musik (Goethe Institut Kyoto Kansai,Japan)
2001 Internationale Komponistinnentage für Neue Musik”(Syke,Germany)
2002 ISCM world Music Days JSCM New Century Music Festival(Yokohama,Japan)
2002 The 7th Evening of ACL・ISCM JFC Exchanges concert"2002(Seoul,Korea)
2002 The 25th ACL FORUM in Seoul Korea-Japan Exchange Concerts(Tokyo,Japan)
2009 Asian Paciific Contemporary Music Festival Seoul,Korea)
2011 Asian Composers League Conference & Festival (Taipei,Taiwan)
2012 Asian Composers League Conference & Festival (Tel.Aviv,Israel)
2013 Taegu International Contemporary Music Festival(Korea)
2014 Musicarama 2014(Hong Kokng,China)
■Members
1991-1996 lecturer of Kyoto City University of Arts,Faculty of Music
1995- The Japan Federation of Composers
1996- Japan Society for Contemporary Music
1996-2011 Full time lecturer of Kyoto City University of Arts, Faculty of Music.
1999-2002 Project Committee of Kyoto Art Center
2007- The Society for Research in Asiatic Music
2007- International Council for Traditional Music
2008- Steering committee of Kyoto Art Center
2011- Associate Professor of Kyoto City University of Arts,Faculty of Music
■Collections
1991 Woman Composers Library(Germany)
2010- Own works for Japanese traditional instruments collected in Library of Japan Traditional Music Research Centre in KCUA
2011- Own works collected in Library of Kyoto City University of Arts
2013- Own works collected in Collection of chamber music by women composers at Felicja Blumental Music Centre & Library. ■Publishers & CD DVD
Mother Earth Publishing The Japan Federation of Composers Studio FLORE Kuenstlerinnenhof Die Höge Internatioanl Humanity Association
Japan international league of Artist
■Thesis
Study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto"悲triste”[Master Thesis of KCUA]
Study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto"悲triste”[1] HARMONIA 28
Study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto"悲triste”[2] HARMONIA 30
■Orchestral works:
1993 “la fonte di luce光之泉”per flauti orchestra [6 min.]
Study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto "悲
2000 "Inner Lake内なる湖" for wind orchestra [17 min.]
2002 “Like a Water Ring水の輪のように” for flute orchestra [7 min.]
2007 “Ode to Sky and Lake 天湖頌” for flute orchestra [7 min.]
2009 .....goes in the river of light.....誰渡洸河” for 17gen & koto and string orchestra [10 min.]
2011 Sound for Crossing Voices on”SUZUKA MAGO UTA” 鈴鹿馬子歌による交聲譜 [5 min.]
2011 Concerto for Strings in East and West Voices 東西絃の協奏曲 [12 min.]
2011 Symphonic Concertante for percussion and 17gen koto and orchestra”郷sato-hyang-xiang” [12 min.]
2012 "水秘魚Segredo" la promesa bonita del cielo y un lago y un pez para la orquesta de la flauta [4 min.]
2013 "遥聲Voices from Sky and Ground" for flute solo and strings with cembalo [ 6 min.]
2013 "揺韻Vibrating Rhythm" for 25gen,koto.20gen,17gen and flute orchestra[ 12 min.]
2013 "如何美輝暁星Wie schön leuchtet der Morgenstern " für Kammerorchester [ 10 min]
2014”韻禱 YUNDAO rhymed prayer for trombone,tenor and chamber orchestra with electronics [12 min.]
2015”永九 yongjiu “ for coloratura soprano,mixed chorus,erhu,17gen-koto and orchestra with electronics [ 8 min.]
2015”眼天地耳 SKY EYES GROUND EARS” for marimba solo and percussion orchestra with electronics [ 15 min.]

■Ballet works
1994 Ballet “Sakura 櫻-Metamorphosis” [21 min.]female voice 2 violinists solo female ballet dancer 3 male ballet dancers 1995 Ballet “NOLI 律” [26 min.] female voice, pianoforte percussion solo female ballet dancer 3 male ballet dancers ■Theatrical works
1997-8 Trilogy "MANA” “HARU” “HANA” [Kyoto International Exchange Festival (Daitoku -jI temple) Kyoto International Music Festival (Kyoto Concert Hall) Art Festival KYO(The site of Meirin Elementary School)}[ 27 min.]unaccompanied coloratura soprano
2003 Five Winter Songs by Haiku of YOSA Buson 与謝蕪村の五つの冬の歌 [ 16 min.] [ Kyoto Art Center ]coloratura soprano, Noh slow dance
2008 Music Story ”GIN NO NAMI ODORU dancing silver waves 銀の波おどる” [ 19 min.]
[ Shiga Art Complex Creation Hall ] story telling percusiionist , violinist, singing 17gen & koto player
2010 Theater piece ”Ship of Life 生命の舟” [ 60 min.] [ Shiga Art complex Hall ]
flute & alto-flute player, 17gen & koto player5 percussionists 2 vocalists
electronics images dancers 2 child actors mezzo soprano counter tenor mixed chorus members
2011 Theater piece “The Oak Tree’s Story かしの木物語” [ 45 min.] [Nagahama Manisipal Shimo-Kusano Elementary School Gymnasium] r
ecitations group with percussion shinobue solo & sinobue ensemble 17-gen koto soprano solo mixed chorus audience flooring visual
2012 "Sand Prosody沙韻" for soprano,flute Shamisen and Strings [ 6 min.]
2012 "八月の光の祈りPrayer of the light of August "Light & Matrix 8×9 Sun & Moon [TMPP studio] 2 percusionists electronics lighting
solo dancers with light & percussion 4 dancers with light & percussion
2012 Light Opera "Jian zhen 鑑眞" [ 60 min.] [Haruta-san Jigen-in Saiho-ji Temple Main Hall ]
Dramatic Tenor Light Soprano Lyric Doramatic Tenor Lyric Soprano Lyric Doramatic Soprano Baritone Light Tenor Lyric Tenor
Flute & Alto Flute 17gen koto & koto Percussion Piano Strings
2013 Times' ring ときのわ" children's story with both music and text by composer [ 20 min.] [Kusatsu City Tokiwa Elementary School Gymnasium]
2014 mono olpera "時の輪” for flutist & narrator with percussion and yoshi-bue prayers with oboe [ 15 min.][ Mii-dera temple Nagara no Za Za]
■Chamber works
1989 "Noli律" foir female voce,pianoforte and percussion [24 min.]
1991 “Kasanuhi笠縫” for violin,viola and violoncello [18 min.]
1993 “Sakura櫻” for 2 violinists [12 min.]
1994 “Aqua閼伽” for pianist [15 min.]
1996-7 "Mure邑" for 3 marimbists [ 22 min.]
1997 “Naga” for marimbist [11 min.]
1998 “Kusa種” for 5 percussionists [ 13 min.]
1998 "Kata" for marimbist [ 5 min.]
2001 "Riverside lullaby" for guitar solo [ 4 min.]
2001 "朱雀抄Red sparrow's story" for harpist [ 8 min.]
2002 "県Agata " for flute solo [9 min.]
2007 "秦Hata" for oboe and piano [12 min.]
2007 "川のほとりのこもりうたRiverside lullaby" for toy piano [ 4 min.]
2007 "Kawa no hotori no komoriuta" for yoshibue esemble [4 min.]
2008 "廉太郎の花die Blüe der Rentaro " fuer zwei marimba mit zwei Spieler [ 10 min.]
2008 "りんごの朝の歌Alborada de la manzana " del la para el violin y piano [ 6 min.]
2009 "GANJIN WAY " for trombone and marimba [ 8 min.]
2010 "笠KASA Bach" for violin solo [ 6 min.]
2010 "草KUSA Bach" for violoncello solo [ 5 min.]
2010 "瀬SE Bach" for clarinet solo [ 5 min.]
2010 "玉TAMA Bach" for 17 gen koto solo [ 6 min.]
2010 "薙日Nagu-hi " for percussionist [10 min.]
2010 "HOKAHI乞" for percussionist and two partners [ 7 min.]
2010 "凛RlN" for solo percussionist and percussion dance player [ 10 min.]
2011 "遠聲譜Onjo-fu”for marimba solo and marimba ensemble [ 10 min.]
2012 "宙sola" for piano alone [ 6 min.]
2012 "つちのいのりPrayer from Ground" for contrabass solo [ 5 min.]
2012 "巴月照Eddy Moon Shining " for oboe solo [ 5 min.]
2012 "山月双Pairing Mountain and Moon " for fagotto solo [ 5 min.]
2012 "暁天Dawn Sky " for violin solo [ 7 min.]
2012 "地韻Magna Mater” for percussionist [ 6 min.]
2013 "雛翠baby green " for three keyboard harmonica[ 3 min.]
2013 "眞聲vox verum " for fagotto solo [ 6 min.]
2013 "雛鳥詞soul voice " for viola solo [ 6 min.]
2014 "眼天SKY EYES " for three cellos and two double bases [ 13 min.]
2014 "地耳GOUND EARS " for three cellos and double bases [ 10 min.]
2014 "眼天地耳 SKY EYES GROUND EARS"for marimba [12 min.]
2014 "斎zhai " for metal percussion solo [ 7 min.]
2015 “ 聲愈 audible” for soprano saxophone solo [ 6 min.]
■Vocal works
1995 "眞[愛]Mana" for coloratura soprano solo [ 9 min.]
1997 "張[春]Haru" for coloratura soprano solo [ 9 min.]
1998 "放[華]Hana" for coloratura soprano solo [9 min.]
2006 "禱Inoriいのり" for coloratura soprano solo [ 5 min.]
2007 "Riverside lullaby川のほとりのこもりうた" [ 3 min.]
2010 "UTSUKUSHII IMA美しい今" (Lyrics:HOSHINO Tomihiro)[ 3 min.]
2011"KASHINOKINOUTAかしの木のうた (TheOakTree)"(OriginalLyrics:NAKAMURANoriko)[3min.]
2011 Song of Light"光明の歌 for soprano,violin,cello and piano(Original Lyrics:NAKAMURA Noriko)[ 4 min.]
2012 "Akeshida あけしだ" for unaccompanied soprano solo [ 5"]
2014 "花FROLE" for voice and keyboard [ 8 min.]
2014 "夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景Guardando a coprire neve per tutte le case in balcone notte con grande tetto
= YOSA Buson voce interiore di dieci paesaggi = [10"] ■Choral works
2014”韻禱 YUNDAOrhymedprayerfortrombone,tenorandchamberorchestrawithelectronics [12 min.]
2015”永九 yongjiu “ for coloratura soprano,mixed chorus,erhu,17gen-koto and orchestra with electronics [ 8 min.]
■Choral works
2003 "Nanohana ya Tsuki wa higashi ni Hi wa nishi ni" (Lyrics:YOSA Buson) 菜の花や月は東に日は西に[ 5 min.]
2003-4 "Four Seasons Songs of Buson" for unaccompanied mixed chorus(Lyric:YOSA Buson)[16 min.] 与謝蕪村の句による四 季のうた
2008 "Mimizuka no Okuno oku yori Mushi Shigure" (Lyrics:TAMORI Shizen) 耳塚の奥の奥より虫しぐれ[ 2 min.]
2006-10 "Cosmos Light Hug宇宙 光 抱容" (Lyrics:NAKAMURA Noriko) [ 6 min.]
2010 "川のほとりのこもりうたRiverside lullaby " [ 3 min.]
2010 "蕪村のまなざしBuson's eyes " for female chorus and 17 gen koto [15 min.]
2013 "行之家YUKINOYA " Requiem for citizen victims for mixed chorus [ 7 min.]
2014 "あざいのまなごAZAI no MANAGO"Cantata for chorus and orchestra [Text:NAKAMURA Noriko] [ 3 min.]
■Traditional instrumental works
1998クリタ KURITA for 2 koto [12 min.]
2001イモセ Imose for Shakuhachi and 20gen [ 9 min.]
2001 如月 for shakuhachi [ 13 min.]
2004 􏰁􏰂カガミ Kagami for Oboe and 20gen [ 10 min.]
2009 明月楽壱の巻 Bright Moon Music Vol.1for alto-flute and koto&17gen [ 9 min.]
2009 明月楽弐の巻 Bright Moon Music Vol.2 for koto&17gen with voice [ 9 min.]
2009 誰渡洸河...goes in the river of light...for 17gen & koto and string orchestra [ 9 min.]
2010 明月楽 参の巻 Bright Moon Music Vol.3 for cello and koto & 17gen [ 9 min.]
2010 明月楽 参の巻 Bright Moon Music Vol.4 for oboe and koto & 17gen [ 9 min.]
2010 玉 Bach for 17gen [ 6 min.]
2010 月下芙蓉 YUE XIA FU RONG for koto,high register instrument and low register instrument [ 12 min.]
2011 Sound for Crossing Voices on”SUZUKA MAGO UTA” 鈴鹿馬子歌による交聲譜 [5 min.]
2011 Concerto for Strings in East and West Voices 東西絃の協奏曲 [12 min.]
2011 渡渡韻韻 DUDUYUNYUN for 2 17gen koto with metal percussion [12 min.]
2011 蓮月心 for koto [ 6 min.]
2012 青渡絲韻 QINDUSIYUN for 2 17gen with metal percussion [ 12 min.]
2012 珠潭遺舟 Forgotten Boat in Peral Lake for biwa and 17 gen [ 12 min.]
2012 一輪の花 for koto [ 10 min.]
2013 伊福 inspirare for shakuhachi solo [ 6 min]
2013如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern für Kammner Orchestrer [9 min.]
2014 韻禱 YUNDAO rhymed prayer for trombone,tenor and chamber orchestra with electronics [12 min.] 2014 光 Lumen, quod natum est LICHT for 25gen[12 min.]
2013 如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern für Kammner Orchestrer [9 min.]
2014 韻禱 YUNDAO rhymed prayer for trombone,tenor and chamber orchestra with electronics [12 min.] 2014 光 Lumen, quod natum est LICHT for 25gen[12 min.]
■electronic music works
2012 連禱 litania for piano duet with electronics[5 min.]
2012 "八月の光の祈りPrayer of the light of August "Light 5& Matrix 8×9 Sun & Moon [TMPP studio] 2 percusionists electronics lighting [60 min.]
2014”韻禱 YUNDAOrhymedprayerfortrombone,tenorandchamberorchestrawithelectronics[12min.]
2014 "花如 quasi flos"for electronics [ 3 min.]
2015 “眞聲花如 vox verum quasi flos” for bassoon and electronics [11 min.]
■Additional
2012 80 anniversary memorial work by Japan Society for Contemporary Music
■Arrangement
2009瑶族舞曲Dance of the Yao People [5 min.]
2013-4 Credo六段 for string orchestra [ 6 min.]

[PR]
Panel Judgement:
TSUBONOH Katsuhiro(Compser,Panel Chair)
Joseph AMATO(Composer,Researcher)
NAKAMURA Noriko(Composer)
Chirstpher BLAIZDEL(Shakuhachi Player)
TAKAHASHI Kumiko(Composer)

FOR IMMEDIATE RELEASE
JULY 15, 2015
International Center for Japanese Culture

A Message from the Director

21st Century Japanese Music Project
"New Music Composition Contest for the YIS Japanese Music Ensembles"

On behalf of the International Center for Japanese Culture and the Toshiba International
Foundation, I am pleased to announce the winner of the new music composition contest, "21st
Century Japanese Music Project.” This year's competition was held as part of ICJC's mission to
promote and raise awareness of traditional Japanese instruments and music.
The competition received a total of 60 manuscripts from applicants in Australia, Canada,
China, England, Finland, Greece, Israel, Italy, Japan, Mexico, Peru, Philippines, Romania, Russia,
South Korea, Syria, UK, USA and Venezuela. Our distinguished panel of judges Katsuhiro
Tsubonou, Noriko Nakamura and Kumiko Takahashi (*) examined all works anonymously. The
number of scores and geographic range of the submissions attest to the growing interest in Japanese
music around the world.
This year, only one winning composition was selected. Unfortunately, the other scores
were either impossible to play or otherwise not suited to the koto instrument. Nonetheless, these
compositions showed true promise and we acknowledged the composers with an honorable
mention.
Believing that overall transparency is vital in the development of our mission, we include
the following information:

・Greetings from panel chair Katsuhiro Tsubonou
・Award announcement and composer's names
・Panel timetable
・Judges comments

(These comments were collected from the panel during the judging process. We hope these
comments will help composers in the future who write for the Japanese koto.)

In October 2015, the award winning composition will have its Japan premiere in
Yokohama and its world premiere in New York City by the Yokohama International School High
School Japanese Music Ensemble. These concerts, along with the exposure by the young musicians,
will hopefully increase appreciation of Japanese music while promoting new compositions for
Japanese traditional musical instruments both in Japan and abroad.


Dr. Joseph Amato
Director
International Center for Japanese Culture

*Shakuhachi player and scholar Christopher Yohmei Blasdel was
unfortunately unable to attend the judging due to scheduling conflicts.


The "21st Century Japanese Music Project" will continue to stimulate interest and
recognition for Japanese music on an international level.


A Message from the Panel Chairman

"Judging the entrees for the 21st Century Japanese Music Project"

The judges for this project, sponsored by ICJC, were surprised and inspired by the
unexpected numbers and high quality of the compositions submitted to this competition. All of the
compositions exhibited a high degree of both sincerity and ambition, and as a result the organizer
and the judges felt they had to extend the time allowed for the judging process.
The selection process used was as follows: for the first round the judges narrowed the
applications down to a set number. The next time the panel met, a 13-string and 17-string koto were
made available to the selection committee so the judges could actually perform some of the pieces
from the preliminary selection. This step took time, causing a delay in the announcement.
All the pieces in this first selection exhibited great possibilities for the future of koto
ensemble music, new narratives for music and unique performative expressions. These
compositions opened up enchanting and wonderful possibilities.
Nonetheless, many of these compositions were physically impossible to play, due to
problems with koto tunings and performance techniques, and we felt that these composers should
probably take additional time to learn more about the koto. Unfortunately, we had to disqualify
most of these compositions for this reason. If composers could freely interact with koto players
while working on their compositions and learn more about the koto, we probably would have more
successful koto ensemble music.
Lastly, I would like to thank all the composers who sent in their works for consideration,
the organizers, the judges and our sponsors for their efforts to make this project such a success.


TSUBONO Katsuhiro
Panel Chair

2015 Award Results

Place
Name
Composition Title
Prize (s)


First Prize
Reika Hattori
Traitor
violin and 17-string koto
・Cash Award: 500,000円
・Concert Performance: Transportation/Lodging
・Publication

Second Prize
No awardee

Special Award
David Loeb
霧響 cello, three 13-string kotos,17-string koto
・Possible future performance
・Certificate


Honorable Mention

Hyo-Shin Na
Fukujuso
・Certificate

Naoyuki Yokota
アンフォルメルI
・Certificate

Shinichi Kaneko
雅び言 ・Certificate

Koumei Itou
走馬灯3 ・Certificate

Hikari Ferneyhough
Sonata
・Certificate

Sam Leith Taylor
Sweet belly, open field
・Certificate

Mao Zhu
Over The River

Kazuhisa Takahashi
三ツ舞 ・Certificate
・Certificate

Tomohiko Suzuki
〜都節平行・交差・そして合成
・Certificate

Martin Schreiner
Fire Walk
・Certificate

John Seymour
波間の序、破、急
・Certificate

Shinsuke Okamoto
Weaving spells into a starlit sky
・Certificate

Mio Minamikawa
天道
・Certificate

Yusuke Inatani
深緋椿
・Certificate

Nicholas Frances Chase
Gayate
・Certificate

Tsutomu Motsuzai
海に降る雨
・Certificate

Hiroyuki Saeki
Utsu-Semi
・Certificate

Chikako Yamanaka
To A Sanctuary
・Certificate

Hiroaki Watanabe
影の香
・Certificate

Stephen Cronin
Arion's Harp
・Certificate

Haris Kittos
Fauve
・Certificate

Kento Iwasaki Watanabe
Life Cycle of Cicadas
・Certificate

Mayu Masuda
おとはしぐれか
・Certificate

Panel Timetable

The Judging Process
The following is a timeline of the jury's selection process and evaluation.


May 31, 2015: Deadline for all scores
Composers list and details: 60 scores received/ 19 countries

June 1, 2015: Composer's names removed from scores
June 1-10, 2015: Preliminary evaluation of scores: score legibility
(Accuracy of Score) instrumentation
composition length
June 1-10, 2015: Second evaluation of scores: appropriate koto tunings
(Can the music be performed?) musical register
speed of passages, etc.
June 13, 2015: Full Meeting of panel at International House of Japan
Out of 60 scores received, the panel of judges selected 25 scores to advance.
A decision to announce the winners postponed to July 15, 2015
June 13-June 22, 2015: Judges examined 25 scores checking in detail performance techniques
Comments for all scores collected and shared among all judges
June 22, 2015: Full Meeting of panel (koto instruments used for examination of music)
Compositions selected for honorable mention
Comments collected and revised for announcement
July 13, 2015: Composition selected for special prize


Composition selected for first prize
Judges Comments*

Preliminary Stage (Rationale for the elimination of certain scores)
・Orchestration, music score or music length inaccuracies.
・Performance method and performance technique errors.
・Concerto-type scores.
・Scores predominately improvisatory or aleatoric in nature.
・Music not fresh or innovative / lack of ingenuity.
・Koto part physically not playable: left hand: presses, tuning changes, pizzicato, etc.
right hand: tsume techniques, too many notes, etc.
・Koto writing not idiomatic of the instrument, e.g., computer generated scores where
fingering is impossible or more suitable for piano or other instrument, etc.
・Koto writing not idiomatic of the instrument, i.e., composition is not written with
the musical and physical properties of the koto in mind.
・Lacking performance challenge and charm
・Compositions contain unrealistic tuning changes midstream through the piece, e.g., not
enough time, too many changes at once, new tunings impossible, etc.
・17-string koto writing impossible and/or instrument's capabilities not understood
・Overall ensemble balance problems
Second Panel Meeting (Rationale for certain scores that advanced)
・Overall music performance possible (changes may be needed)
・Ensemble balance of high quality
・Koto ensemble writing most likely possible (changes may be needed)
・Music represented skillful thought and clever ideas
・Overall character of piece expressed a novel way of telling a musical story
・Musical innovation and expressivity
・Instrumental writing is thought in entirely new fashion
・A true sense of musical charm and audience appeal

* Please note that ICJC does not respond to any inquiries regarding the examination process or decision.

[PR]
今回審査に加わりました21世記邦楽プロジェクト 邦楽アンサンブルの
「新作募集」の審査結果をInternational Center for Japanese Culture
日本芸術文化国際センタ web site(http://www.icjc.jp)より転載いたします。
審査は坪能克裕(作曲家・審査委員長)ジョセフ・アマト(作曲家・日本音楽研究者)
中村典子(作曲家)クリストファー遥盟(尺八演奏家)高橋久美子(作曲家)(順不同)が行いました。
[注:都合によりクリストファー遥盟(尺八演奏家)は審査会に欠席]

プレスリリース 2015年7月15日 (http://www.icjc.jpより)
ICJC International Center for Japanese Culture 日本芸術文化国際センター
TIFO 東芝国際交流財団 TOSHIBA INTERNATIONAL FOUNDATION

21世紀邦楽プロジェクト
邦楽アンサンブルの「新作募集」
<主催者 ICJCより>
第1回21世紀邦楽プロジェクト:邦楽アンサンブルの「新作募集」の審査結果に際し、
日本芸術文化国際センターと東芝国際基金を代表致しまして、お礼とご挨拶を申し上げます。

応募作品総数は、合計60曲、世界各地より多数ご応募頂きました(オーストラリア、カナダ、
中国、イギリス、フィンランド、ギリシア、イスラエルm、イタリア、日本、メキシコ、ペルー、
フィリピン、ルーマニア、韓国、シリア、米国、およびベネズエラ)。
応募作品は、識別番号を用いて匿名での厳選な審査が行われました。その結果、この度、
審査員の皆様により、一つの優秀作品と、いくつかの佳作が選ばれました。
このコンクールによって、日本の伝統的な和楽器とその音楽の認識を高め推進することは、
ICJCの目的の一つでした。応募作品の質の高さと海外の方からの多くの作曲者の参加は、
世界のなかで日本の伝統楽器への関心が高くなっていること表していると存じます。

この審査発表は、以下の様にお知らせを致します。
・坪能克裕審査委員長からのご挨拶
・審査結果
・審査経過
・審査時のメモより
(この審査経過や審査のメモは、日本伝統楽器・箏という楽器の普及や特性の理解、
 さらに今後の作曲活動において、お役立て頂ければ幸いに思います。)

優秀作品は、2015年10月に、横浜インターナショナルスクール邦楽アンサンブルが、
日本初演(横浜市)と世界初演(ニューヨーク市)を行う予定です。若い演奏者による初演コンサートは、
国内外に日本伝統楽器のための新しい作品を宣伝すると同時に、邦楽の魅力も深まることと期待しています。
今後も、「21世紀の邦楽プロゲクト」は、国際的に邦楽について興味を持って頂き、認識していただけるような
活動を継続していこうと思っております。

ジョセフ・アマト博士
ディレクター
ICJC
*残念ながら、クリストファー遥盟(尺八演奏家)は都合により、審査会に出席できませんでした。

<審査委員長より>
21世紀邦楽プロジェクト新曲公募
審査について

本プロジェクトの公募に寄せられた新曲は、ICJC(主催者)の予想を超えた曲数と、審査員一同が
驚きと感激をもった真摯で意欲ある力作に満ち溢れていました。そのため同種の審査会用時間では
不足するだろう、と主催者も審査員諸氏も考えました。
そこで第1次審査として、審査員全員が合意した作品群を選びました。その作品群にたいして、
後日審査室に十三絃と十七絃を持ち込み、試演もできるようにして、再度審査会を開催することに
しました。そのため結果発表を延期させていただくことにしました。
第一次審査を通過した作品郡は、双極アンサンブルの未来の可能性を提示させた作品や斬新な
語り口の音楽、独特な奏法による表現など、魅力ある素晴らしい世界を展開させていました。
しかし「物理的に演奏不可能」なところがある作品もありました。調絃や奏法を含め、箏を
もう少しご理解いただけていたら良かったと思いました。選外にするには惜しい作品が多数
ありました。公募の作曲家が箏曲の演奏家と自由に交流できて、加筆・訂正ができるようだと、
もっと多くの邦楽アンサンブル作品が世に出て行けたと思われました。
応募くださいましたみなさま、主催者・審査員諸氏・ご支援くださいました多くに人びとに
感謝いたします。

審査委員長・坪能克裕

<審査結果>
優秀第1位 服部伶香 Traitor violin and 17-string koto
賞金1位50万円 賞状 演奏と初演CDの授与 日本国内交通費/宿泊 楽譜出版(マザーアース)
優秀第2位 該当者無し
特別賞  David Loeb 霧響 cello,three 13-string kotos,17-string koto
演奏(日程は未定)賞状
奨励賞
Hyo-Shin Na Fukujuso
横田直行 アンフォルメルI
金子晋一 雅び言
伊藤高明 走馬灯3
Hiker zferneyhough Sonata
Sam Leith Taylor Sweet belly,open field
Mao Zhu Over The River
高橋一寿 三ツ舞
鈴木友彦 〜都節平行・交差・そして合成
Martin Schreiner Fire Walk
John Seymour 波間の序、破、急
岡本伸介 Weaving spells into a starlit sky
南川弥生 天道
稲谷祐亮 深緋椿
Nicholas Francess Chase Gayate
麾勉 海に降る雨
三枝木宏行 Utsu-Semi
山中千佳子 To A Sanctuary
渡辺宏章 影の香
Stephen Cronin Arion's Harp
Haris Kittos Fauve
Kento Iwasaki Watanabe Life Cycle of Cicadas
増田真結 おとはしぐれか
(以上、賞状)

<審査経過>
1)応募締め切り/2015年5月31日
・応募数:60曲、応募曲:19カ国・応募者リスト作成
2)審査準備/2015年6月1日、9日
・審査用の楽譜から名前等個人を判別できるものをカット。
3)予備審査1/2015年6月10日
・募集要項に沿った応募かどうかを確認。
(例:編成、時間、楽譜が読めるかどうか等)
4)予備審査2/2015年6月1日〜10日
・物理的に演奏が出来るかどうかの基本的な部分の確認。
5)一次審査/2015年6月13日13時〜17時、国際文化会館
・審査員による楽譜審査が行われた。
・応募曲60曲から25曲の候補曲にしぼる。
・再度時間をかけて審査するため結果発表を延期。
(発表を7月15日とする)
6)楽譜審査及び演奏調査/2015年6月13日〜22日
・候補曲25曲を10日かけて、審査員が審査する。
・平行して演奏の可・不可も確認する。
7)二次審査/2015年6月22日 16時〜20時
・一次審査通過作品25曲を奨励賞とすることを決定。
・一次審査通過作品を二次審査。
・楽器持ち込みの上確認。
・審査メモ集計。
8)最終決定/2015年7月13日  
・優秀作品、特別賞決定

<審査時のメモより>
〜審査時に審査員が推挙しなかった個別理由〜
・編成、楽譜、演奏時間に不備があった。
・奏法、技法が中心の作品だった。
・洋楽器ソロのコンチェルトに近い作品だった。
・コンセプトの斬新さが無い。
・物理的に演奏不可能。
(例:左手の奏法、例えば押しと転調と消し爪が連続している。
  右手のテクニックが演奏不可能。等)
・箏の特性を理解していない。
(例:運指の方向の問題。コンピューターやピアノと箏は違う。等)
・箏や十七絃箏の特性が体感されていない。
(例:十三絃で容易い押しであっても、大型の十七絃では張力が増して同様にはできない。等)
・演奏しても魅力を発見しづらい。
・曲中の箏柱の移動に無理がある。
(例:移動時間やタイミングの問題。低音域での移動。等)
・十七絃の可能生や特性を理解していない。
(例:不可能な押し。十三絃箏と十七絃箏は違う。等)
・合奏のバランスに問題がある。

〜審査時に審査員が推挙した個別理由〜
・演奏が可能である。
・合奏のバランスが取れていた。
・箏のアンサンブルの未来への可能性を感じた。
・真摯で意欲的な力作。
・斬新な語り口の音楽。
・独特な奏法や音使いによる表現。
・楽器の特性を新たに開いている。
・魅力にあふれ素晴らしかった。

*審査に関する一切のお問い合わせには応じられませんのでご了承下さい。



[PR]