川のほとりのこもりうた、日韓中3ヶ国version初演!

2008年9月のクラムジカ第0回公演大変お世話になったソプラノの美堂舞さんが、愛する歌というコンサートを4月18日、神戸の世良美術館で開かれ、川のほとりのこもりうたの日韓中3ヶ国version初演くださいました。ピアノは植田浩徳さん、おふたりはご夫婦です。

木下牧子さん、中田喜直さん、武満徹さんの名作と、すみれの花咲く頃、バラ色の人生というプログラムにはさんでいただき、密度の濃いステージでした。

日本語の歌に素晴らしい才能を発揮されている美堂さんが、今また韓国語や中国語にも関わってくださるのを今日またとても幸せに思いました。

本当にありがとうございました。

e0146075_12324880.jpg

[PR]
by n-nakamura226 | 2009-04-18 23:36 | 公演 concert festival | Comments(0)