線維筋痛症は治る!

私は昨年夏、2007年 8月5日に線維筋痛症を発症しました。

突如夜半に身体の中を日本刀で斬りつけられるような激しい痛みに襲われ、眠ることも、横たわっていることもじっとしていることも出来ず、ひたすらもだえ動き続けるほかありませんでした。

身体はこわばり、極度の疲労と完全な不眠状態におちいりました。

はっきりと、これは呪いだ、、、、そう感じました。

そしてその朝、朝日新聞の日曜版にこんな記事が載っていました。

線維筋痛症。

あの日本テレビのアナウンサー大杉君枝さんが痛みに耐えきれず、自殺してしまわれた病気だと。

しかし、この朝の新聞記事のおかげで私はその日のうちに行動にでることが出来ました。

まずは明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)の線維筋痛症の専門外来で連日、針と灸の東洋医学系の治療を受けたこと。

そして西洋医学では故郷の草津にある線維筋痛症の専門外来を設けている西岡医院で検査を受け 、対症療法として24時間持続する痛み止めの処方を受けたこと。

もし発病が大学の夏期休業中でなければ、間違いなく失職、、、、夏のあいだ毎日、治療にほぼ丸一日を費やしていたのですから。

しかもこの病気は保険が効きません。老後の蓄えを全額放出、すべてを身体のマッサージや移動のタクシー代に使いました。

私の症状はピークに達していました。

指先も神経が丸出しになり、がんじがらめに体中縛られているようにこわばり、思った場所に指が動かずでたらめにつっぱらかり、ピアノが弾けなくなっていました。

毎日、1〜2時間のハンドマッサージを受けました。費用は一日一万円。つまり月額30万円。
ほかに漢方、代替療法などなどで月額10万円。月収等はるかに越える高額が飛ぶように無くなってゆきました。一日8時間以上働けません、5時には帰らせてください、どうか助けてください、と学生さんに事情を話しました。

学校は保険の効かない病気には協力できません。

一切公的な援助のないところで生きられるか、まさに人体実験、、そう思って闘いました。

これはロストジェネレーションのいわゆる梯子を外された状況とほぼ一緒か、、?そんなようにも感じました。

アレクサンダーテクニックという、身体の筋肉の使い方を正しくする療法をかつてピアノを教えてくださった笠原先生にご紹介いただいてルカス先生にレッスンを受け始めて数ヶ月後、やっとピアノが弾けるようになったのは2008年2月。

実は、そのひと月前の1月に耳が急に聞こえにくくなり、低音のある周波数の音域が聴こえなくなり、治療にひと月かかりました。

本当に怖かった、音のバランスもへったくれもありません。昨日まで聴こえていた音が部分的に聴こえないのですから。

少し聴こえる域が減ったままですが、なんとか翌月に回復しはじめました。そして、このブログを始めたころに接続するのですが、、、、

あと少しで、発病一年となります。

今日、偶然に電車の中で草津の西岡医院の西岡先生に会いました。

なおるのに平均7〜8年はかかる線維筋痛症が、音楽を通して支えてくださる滋賀県の、そして京都の、日本中の、そして世界中のみなさんが直接に、間接に助けてくださり、今、私はこの病気から治癒する世界で一番早い治癒例になろうとしています。

特に、よし笛のアンサンブルを頼んでくださったことがきっかけで川のほとりのこもりうたの存在を思い起こさせてくださり、そこに歌詞もつけるように頼んでくださった元京都市交響楽団首席オーボエ奏者の呉山平煥さん、ブログとメールで励まし続けてくださったよし笛協会理事の赤澤さん、そして川のほとりのこもりうたを、それこそ世界中という規模で演奏し始めていただいた時、

そう、崖の上から突き落とされ心身ともに死に体になる一歩手前で、地球という世界になんとか自力で踏みとどまれたのだ、とそう思います。支えてくださった皆々様、本当にありがとうございます。

痛い!!!と、私は聞いてくれるかたには誰でも声を大にして訴えました。

もっと早くにそうすれば、この病気は決して発病しなかったでしょう。

しかし、たとえ発病してもいつかかならず線維筋痛症は治る!!そう確信しています。

病気になった方々へ、私がアドバイスできることは不特定多数のひとに病気を知ってもらうこと、そしていろいろなかたに反応をもらい、言葉をかけてもらうことが一番治癒につながる、そう思います。

心から反応してもらえず、大変悲惨な事件が起こっていることも、社会全体、私達全員で受け止めておかなければならないこと、そう感じます。

また、書きます。これまで病気の私を支えてくださったすべての方々に心より御礼申し上げます。

[PR]
by n-nakamura226 | 2008-07-27 21:10 | 生活 life | Comments(16)
Commented by ティンク at 2008-12-08 12:47 x
私も線維筋痛症で発症して3,4年です。一心に情報をさがしていてこのブログ記事を見つけました。どんな漢方を飲んだかとか代替療法についてとか詳しく知りたいです。
Commented by n-nakamura226 at 2008-12-21 16:25
治療を受けたのは、滋賀県草津市の西岡医院、京都府南丹市の明治鍼灸大学です。
共に朝日新聞の8月5日付記事で聖マリアンヌ医科大学の線維筋痛症データベースから知った機関です。漢方は日本堂で調合を受け、代替療法としてプロポリス、アロエベラなどを十二分に補給し、マッサージを一時間、ほぼ毎日受けました。漢方は個人に調合されるもので、何がいいとは言えないと思われますのでここには記しませんが、根本的に、自分を十二分に生かせるように丁寧に大切にすることが大事と感じます。
Commented by ティンク at 2008-12-25 23:58 x
詳しく教えていただきありがとうございます。コメント見てもらえるかと思って心配していました。絶対治したいので頑張ります。
Commented by ティンク at 2008-12-26 18:08 x
何度もすみません。出来たらでいいのですが、治療の順番を教えていただきたいです。つまり、草津の病院では痛み止めを処方してもらったとのことですが、西洋薬が体内にある状態で漢方やマッサージ、鍼などを同時に受けていたのですか?私は今漢方は飲んでいますが、西洋薬もほんの少し飲んでいるのです。もしよければ下記のアドレスに返事ください。
rosydust@gmail.com
Commented by n-nakamura226 at 2008-12-28 17:20
どれからということなくすべてを同時に受けて始め、今もそうです。
せっかくなのでこのままコメント公開いたしますね。
もうすぐ発病1年半、私は5年で大体の症状を克服した
女性の社長さんのブログを見てとても勇気付けられました。
漢方で身体の状態の説明を受けたとき、全てにおいて
循環が断ち切られようとしていることが問題だと感じました。
光も水も生命に必要なように、どちらも、
西洋も東洋も、あらゆる方向に広げてみてはいかがでしょうか。 
小さくても答えを出していくことが支えになっています。








Commented by ティンク at 2009-01-01 14:31 x
そうですか。同じ病気を克服された方の言葉はとても励みになりますね。
私は東洋医学や自然療法にも目を向けて2009年を少しでも飛躍の年にしたいと思います。
Commented by とも at 2009-08-16 22:50 x
初めまして。静岡の主婦です。私も線維筋痛症の疑い例です。線維筋痛症の事をしり心療内科の医師やリウマチ科の医師などに相談しましたがどちらもまともに話を聞いてもらえず素人がききかじったことを話しているという感じで鼻で笑われ大変傷ついています。
もし何か教えていただきたいことなどあったらまた書き込んでもよいでしょうか?
暑さも厳しい折ですのでお体にくをつけてください
Commented by n-nakamura226 at 2009-09-03 01:59 x
本当に大変でいらしたことと拝察いたします。この病気は様々な病気のボーダーライン的症状で保険も利かない訳ですから、線維筋痛症の取り扱い自体が出来ない医師も多いはずです。まだ一般的とはいえないこの病気、やっと近頃、痛みの大きさが測れるようになった様子です。一般の数十倍の痛みが持続してしまうというこの非常な病気も必ずなおる日がくることを信じ、たとえ痛みが死を思う強さであったとしても、すべては神経のなせる業であることを思って耐え、そして乗り越えてくださることをこころより願っております。
Commented by チェリ- at 2010-10-27 22:45 x
初めまして。読まして頂きました。私も線維筋痛症と診断されました。この病気は難病だと聞きましたが治るのですか??
Commented by n-nakamura226 at 2010-11-01 05:01
治ります。必ず治ります。難病ではありますが、一番はじめにこの人生でしようと思ったこと、是非やってください。そこから治ることが始まります。
Commented by だいちゃん at 2012-03-16 15:49 x
初めましてこんにちは!線維筋痛症になってますけど…それって自然治療ですか?
Commented by n-nakamura226 at 2012-03-17 21:27
西洋医学では鎮痛薬が出せるのみなので、自分で治療するという感覚です。自然のものを食べることがとても効きます。
Commented by ノン at 2012-11-19 14:09 x
私も漢方薬を処方されました。ツムラの25番です
漢方薬はどういった物を処方されましたでしょうか?
教えて下さい
Commented by n-nakamura226 at 2012-11-20 06:18
今処方されているのはツムラの2、17、68、107です。微妙なさじ加減だと思いますが以来この処方で風邪をひかなくなっています。
Commented by さりか at 2015-04-04 02:54 x
アメリカに住んでいます。私も同じような状況、ただいまリリカを処方されています。

オステオパシーや針治療をやり、日本でも病院に行きましたが、言われることは同じです。

アメリカにいるので滋賀県には行けません。中村さんがコメントで教えていただいた四つの漢方からはじめればいいでしょうか。漢方は(高いですが)アマゾンで買えます。

アメリカでは漢方は無いので、知りたいです!
Commented by n-nakamura226 at 2015-04-04 11:46
リリカは末梢性神経障害性疼痛などの痛みを緩和する処方薬ですね。私は痛みを鎮め炎症を抑える効果が強いボルタレンを長年処方していただいています。こちらは飲み忘れると動けない事態になりますが、おそらく漢方以上に鍼治療や灸が私の場合は非常に効いています。

2007年8月5日発症の繊維筋痛症は、罹患後7年半という長い時間が経ちました。これはこの病気の平均寛解年数7.4年を少し越えたところにあたり、どうしても越えないとならない山のような事態を地道にひとつひとつ超えていくことからしか治らなないように感じています。なんとか仕事をしてゆくためのタクシーと車椅子援用の生活となった訳ですが、この全身疼痛は4年後の 2011年6月18日の椎間板ヘルニア発症を機に、それを4度のレーザー手術でもたせたことが過重となって2013年夏腰椎すべり症を発症していたらしいことが2014年2月のMRI撮影で判明、激しいリハビリの一年余でとうとう往復30分の坂道を毎日歩けるところまでやってくることができました。

途中2014年秋に一度良りかけたところで新作初演できないままであった作品を油断してピアノをモデル演奏してしまい坐骨神経が劇熱し再び車椅子に、翌月11月は東京横浜東京横浜東京横浜京都香港京都ヘルシンキベルリンザルツブルグハンブルグヘルシンキ京都大阪京都大阪京都滋賀京都滋賀京都兵庫と大移動がありましたが車椅子でなんとかこなして再び回復、まだ痛みがすべてとれた訳でなく根気のいるリハビリは続きますが、季節が気温が上がる春夏期に入って本当にありがたい限りです。さらにリハビリを進めて不安定な足首と足裏の回復に全力を尽くします。