ある日、突然に

2007年8月5日に発病した激しい線維筋痛症は、ある日突然に去ってゆきました。2009年1月10日のことです。(現在、比較的軽症な腱付着部炎に移行しています)

昨日2009年1月10日の昼、土曜の大学の研究室に新潟の箏奏者、杉浦順子(よりこ)さんの来訪を受けていました。

その前日、京都コンサートホールで「廣瀬量平先生をしのぶ会」が行われました。2008年11月24日に逝去された廣瀬量平先生の音楽葬です。それに参加され、翌日に研究室への来訪を依頼されていました。

昨日はみぞれまじりの寒い日で、白く雪化粧した大枝の山が本当に美しい日でした。

朝十時に研究室に杉浦さんがお出でになり、デュオを組まれているドイツ人尺八奏者で大使館勤務のボックハルトさんと録音された廣瀬先生の作品「十六夜(いざよい)」のこと、日本伝統音楽研究センター所長時代の思い出や御依頼されていた箏独奏の作品のこと、中国に演奏旅行をするようになられたことなど話はつきませんでした。

その最中、私は不思議なことに気がつきました。苦しみ続けた線維筋痛症の強い症状が、突然ふっ、と消えていったのです。

話している最中だったので時間は特定出来ません。でも多分正午ごろだったのではないかと思います。

母に話したら、音楽葬をした廣瀬先生が持って行ってくれはったんやわ、と。

線維筋痛症の症状は、神経のなせる業とはいえ、極限の世界です。地獄というものがあるならば、間違いなくこれがそうである、そう思います。

内からメッタ切りされ続ける痛み。左右、上下、前後に力で引き裂かれる強いこわばり。一年半前は指が動かなかったのです。

このひと月半、廣瀬先生をしのぶ会の準備で連日連夜、睡眠時間3時間が続き、本当に苦しかったです。

線維筋痛症は、始まるときも終わるときも、本当に突然。この強い症状が去ったことに心から感謝し、発病以来見守ってくださった沢山の方々に厚く御礼申し上げます。

そして、この病気に苦しむ方々のお役に立てるよう心よりつとめてゆきたいと思います。

後日談:こうして強い症状が去った日があり、また気温低下やさまざまなアレルギーから、思いもよらぬ程、症状は一進一退の日々が続きます。この日のように、突然強い症状が完全に去ったかと思う幾日がありました。2011年2月14日現在、いま少しの症状を残し、若干軽症の腱付着部炎との戦いが続いています。

[PR]
by n-nakamura226 | 2009-01-11 16:17 | 生活 life | Comments(4)
Commented by ティンク at 2009-01-28 17:21 x
何回かコメントにこたえていただいたものです。今日もとても痛みがひどくツライ思いをしています。線維筋痛症の時に飲んでいらっしゃったプロポリスはどこのものでしょうか。私に合う合わないは別として教えていただけら助かります。あと代替療法はサプリメントや漢方と手のマッサージのみですか?温熱療法や全身のマッサージもよいと聞いたのですが。運動などはしていましたか?
Commented by n-nakamura226 at 2009-02-13 20:51
寒い時期は本当に身体が硬く痛みが強くなりますね。
どうか早くよくなりますように。
プロポリスはアロエベラの有名なジュースを作っている会社のもので、
また、漢方の日本堂というところのものも食べていました。
温熱療法はしませんでしたが、全身のマッサージは受けていました。
運動は夏に水泳を数回試しました。
この病気の激しい疲労感のなか、それに全面対決の決意でした。
Commented by ティンク at 2009-07-07 01:49 x
丁寧に答えてくださりとても助かりますます。私も針治療を集中的に受けたいと思っているのですが、京都での鍼治療は毎日受けていらしたのですか?遠方から通っていたのでしょうか。問い合わせたところ毎日はやっていないらしいので遠方からだと駄目かななどと思案しています。鍼とマッサージは併用しても大丈夫なのでしょうか。たくさん質問ばかりでゴメンナサイ。
Commented by n-nakamura226 at 2009-07-28 19:26 x
当時、ほぼ毎日のように通っていました。週3、4日位から、週2、3日までほぼ一ヶ月半に渡って、京都から往復2時間で連日頑張りました。鍼とマッサージは併用しました。集中的な治療は効果が大きかったと思います。必要な時に躊躇せず必要なことを与えてください。きっと効果が大きいと思います。