カテゴリ:公演 concert festival( 54 )

e0146075_20163605.jpg
clumusica 28th concert[clumusica 30th friendship charity]

series 邂逅encounter Project IV
共響 vox maiorum  


東アジア文化都市 長沙[中国]大邱[韓国]京都[日本] 

2017年12月22日(金) 19時開演[18時30分開場]
京都市立芸術大学大学会館ホール
主催:京都市立芸術大学音楽学部京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
clumusica

入場無料


アンサンブル・クラムジカ:カオ・ユーハン キム・ジヒェ
中村公俊 水野万裕里 柳原史佳
古味亜紀 江口純子 大藪英子
南條聖子 三上さくら 木田奏帆
小高睦 孫工恵嗣 西村まなみ
古味寛康 池田源輝 上中あさみ

ピアノ独奏:代博 ピアノ独奏:森本美帆
ヴァイオリン独奏:キム・ジヒェ ソリ独唱:オ・ヨンジ
二十五絃箏:横山佳世子 
指揮:高昌帥[大阪音楽大学教授]中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授]

ダイ・ボ[中国]:ピアノ協奏曲(2017,世界初演)
キム・ジュンヒ[韓国]:ヴァイオリンとソリと弦楽オーケストラのための《公無渡河歌》(2017,世界初演)
イム・ジソン[韓国]:《希望は羽のある小鳥》
ピアノ独奏とマリンバを伴う弦楽の協奏曲(2017,世界初演)
中村典子[日本]:《未跡》二十五絃箏と弦楽の協奏曲(2017,世界初演)

쿠라무지카 제 28 회 연주회 [쿠라무지카 제 30 회 우정 자선 연주회]

시리즈 해후 프로젝트 Ⅳ
공향
vox maiorum

동아시아 문화 도시
창사 [중국] 대구 [한국] 교토 [일본]
2017.12.22 [금]
19:00 개막 [18:30 개장]
교토 시립 예술 대학 대학 회관 홀
주최 : 교토 시립 예술 대학 음악 학부 교토 시립 예술 대학 대학원 음악 연구과 작곡 전공 나카무라 연구실
쿠라무지카
무료 입장

대박[베이징,중국]:피아노협주곡 (세계 초연)
김중희[대구,한국]:
소리, 바이올린, 현악오케스트라를 위한 공무도하가"공무도하가" (세계 초연)
임지선[서울,한국]: 《희망은 날개 달린 작은 새》피아노 독주, 마림바와 함께 현악 협주곡 (세계 초연)
나카무라노리코[교토,일본] :《미적》이십오현쟁[고토]와 현악 협주곡(세계 초연)

오케스트라:앙상블 쿠라무지카
카오유한[창사,베이징,중국] 김지혜[대구,한국]
니카무라키미토시 미즈노마유리 아나기하라호미카
코미아키 에그치존코 오야부히데코
난죠세이코 미카미사ㅋ쿠라 키다카나호
코타카무추미 마고크케시 나카무라노리코
코미히로야스 이케다겐키
카미나카아사미

피아노 독주: 대박 [베이징 중앙 음악 학원] 피아노 독주: 모리모토미호
바이올린 독주: 김지혜소리독선:오영지
이십오현쟁[고토] 독주: 여코야마카여코
지휘:고창슈 [오사카 음악 대학 교수]  
지휘:나카무라노리코 [교토 시립 예술 대학 음악 학부 준 교수]

瞿楽舞时咖 第二十八次演唱会 [第三十次友谊慈善音楽会]
系列邂逅的项目

共响
vox maiorum

东亚文化名城长沙[中国]大邱[韩国]京都[日本]
017.12.22[星期五]19:00[18:30门打开]
艺术京都市立大学大学会馆大厅
主办单位:京都市立艺术大学音乐学部京都市立大学大学院音乐研究科作曲系中村研究室 瞿楽舞时咖
免费入场

代博 [北京,中国] :钢琴协奏曲 (世界首演)
金重希 [大邱,韩国] :《公無渡河歌》
为语音,小提琴和弦乐团(世界首演)
林志宣 [首尔,韩国] :《希望,小鸟有翅膀》钢琴独奏,弦乐协奏曲与马林巴 (世界首演)
中村典子 [京都,日本] :《未迹》十五弦筝与弦乐协奏曲(世界首演)

弦乐团:合奏团 瞿楽舞时咖
曹煜涵[长沙,北京,中国] 金知恵[大邱,韩国]
中村公俊 水野万裕里 柳原史佳 (4)
古味亜纪 江口纯子 大薮英子
南條聖子
三上樱桃花 (3) 木田奏帆 (2)
小高睦 孙工恵嗣 西村真奈美 
古味寛康 池田源辉 (4) 上中朝美 [马林巴]
钢琴独奏 :代博[北京中央音楽学院] 钢琴独奏 :森本美帆
小提琴独奏 : 金知恵  声独唱: 呉咏智 
二十五弦独奏 : 横山佳世子
指挥 : 高昌帅 [大阪音楽大学教授]  
指挥 :中村典子 [京都市立芸术大学音楽学部准教授]

clumusica 28th concert [clumusica 30th friendship charity]

series encounter project IV
vox maiorum

EAST ASIA CULTURAL CITY
Changsa [China] Daegu [Korea] Kyoto [Japan]

2017.12.22[Fri.]19:00 Start [18:30 Open]
University Hall,Kyoto City University of Arts
Organiser:Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts,Graduate School of KCUA clumusica
Admission Free

DAI Bo [Beijing,China] : Piano Concerto (World Premiere)
KIM Joonghee [Daegu,Korea] : "KONG MU DO HA GA"Concerto for Sori & Violin and String Orchestra (World Premiere)
LIM Jiesun [Seoul,Korea]: “Hope,the Little Bird with Feathers”
            concerto for piano & string orchestra with marimba (World Premiere)
NAKAMURA Noriko[Kyoto,Japan]: “Signa” concerto for 25 strings koto and string orchestra
(World Premiere)

orchestra: ensemble clumusica
CAO Yuhan [Changsa,Beijing,China] KIM Jihye[Daegu,Korea]
NAKAMURA Kimitoshi MIZUNO MAyuri YAMAGIHARA Fumika
KOMI Aki EGUCHI Junko OYABU Hideko
NANJO Seiko MIKAMI Sakura   KIDA Kanaho
KOTAKA Mutsumi MAGOKU Keishi NISHIMURA Manami
KOMI Hiroyasu IKEDA Genki KAMINAKA Asami [marimba]

piano solo : DAI Bo [Beijin Central Conservaory] piano solo: MORIMOTO Miho
violin solo : KIM Jihye sori solo: OH Youngji [Daegu,Korea]
25 gen koto solo : YOKOYAMA Kayoko
conductor : KOH Changsu [professor,Osaka College of Music]
conductor:NAKAMURA Noriko [associate professor,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts]


[PR]
2017年6月2日(金) 京都芸術センター運営委員会 ミーティングルーム  委員長:田中誠二(大和学園委員長)副委員長:小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授) 運営委員:稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授) 森山直人(京都造形芸術大学教授,欠席)上念省三(舞踊評論家)平芳邦浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授) 建畠晳(京都芸術センター館長)北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)
2017年6月5日(月) 音の扉 滋賀県長浜市立長浜南小学校 大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか
打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月6日(火) 音の扉 滋賀県長浜市立浅井小学校 大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか
打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月7日(水)音の扉 滋賀県長浜市立高月小学校 大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか      打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美サックス:陣内亜希紀子
2017年6月8日(木) 音の扉 滋賀県長浜市立塩津小学校  大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか
打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月9日(金)音の扉 滋賀県長浜市立小谷小学校  大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか     打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月13日(火) 作曲作品研究発表会 京都市立芸術大学講堂 妹尾怜奈:フルートとピアノの為のソナタ 池内奏音:拝啓 S.ダリ様[vn.pf] 影近舞帆:彷徨う愛しさ[vn.pf] 宮ノ原綾音:martirio [pf.] 岩井美沙:氷雨 [sp-sax,pf] 山川和也:揺らめく影[cl.pf]
2017年6月24日(土) アジアの音舞の現在2017 京都市立芸術大学大学会館ホールUniversity Hall,KCUA 京都市西京区沓掛町13-6入場無料 主催 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 clumusica [作曲理論研究 I III 音楽学演習 i clmusica ,vocal ensemnble clumusica ] Nakamura lab,Faculty of Arts,Kyoto City University of Arts 075-334-2363 nakamura@kcua.ac.jp 森田拓夢(2017,世界初演)[電子音楽] MORITATakumu:dream singing (2017,世界初演) ステファン・シュレク:天使ガブリエルの声( 1973) Stekpan SULEK:vox gabrieli (1973) 伊藤慶佑:節景(2016-17)[フルート] ITO Keisuke (1980) :internode (2016-17) [flute] Luciano BERIO:sequence IX (1980) 林一行:簇唱(2017,World Premiere) バルトーク・ベラ:奏鳴曲第三楽章(1944) [ヴァイオリン]BARTOK Bela:sonata for solo violin 3rd movement(1944) 櫻井ゆかり:あなたの夢を見ました(1987) [クラリネット] SAUKURA Yukari:J'ai reve de vous(1987) ヒルデガルド・フォン・ビンゲン:生命を与える精霊 (12C) [トランペット] Hildegard von BINGEN : Spiritus Sanctus vivifcans vita (12C) セルゲイ・ラフマニノフ:ヴォカリーズ(1912-15)[振付:本城ゆり 舞踊:本城ゆり現代舞踊研究所]Sergei RACHMANINOV :vocalise (1912-15) 中村典子:如聲[電子音楽] NAKAMURA Noriko :sicut vocem (2017,World premiere) アルト:藤居知佳子[修士1] alto:FUJII Chikako バリトン:廣田雅亮[院修士1] bariton:HIROTA Masaaki ピアノ:西薗千智,出口青空 [学4] piano:NISHIZONO Chisato DEGUCHI Aozora フルート:朴優栄 [院修士1] flute:Park Wooyoung クラリネット:平川奈津美 [院修士2] clarinet:HIRAKAWA Natsumi サキソフォン: 松葉 彩 [院修士2] saxophone:MATSUBA Sayaka トランペット:小渕真実 [院修士1] trumpet:OBUCHI Mami トロンボーン:中村文香 [院修士1] trombone:NAKAMURA Fumika ヴァイオリン:江川菜緒 [院修士2] violin: EGAWA Nao 音楽学:足立恵理 [院修士1]musicology:ADACHI Eri エレクトロニクス・作品制作:森田拓夢 [学1], 廖 婉婷 [院修士1], 林 一行 [院修士M2] electronics,composition:MORITA Takumu LIAO Wanting HAYASHI Kazuyuki 舞踊:本城ゆり,野崎暁美,田中恵子,茶木敬子,田中美可,山本浩子,長谷ますみ,竹内美紀,野崎昌未 dance:HONJO Yuri NOZAKI Akemi TANAKA Keiko CHAKI Keiko TANAKA Mika YAMAMOTO Hiroko HASE Masumi TAKEUCHI Miki NOZAKI Masami 振付:本城ゆり choreography:HONJO Yuri 衣装:森田千代 [本城ゆり現代舞踊研究所] Costume:MORITA Chiyo [HONJO Yuri Modern Dance Institute] 照明:渡辺佳奈 [院修士1(日本画)] lighting: WATANABE Kana 撮影:中井友路 [学4(構想設計)] video shooting:NAKAI Tomonori 写真:荒木真歩 [神戸大学大学院(本学卒業生)] photograph:ARAKI Maho 音響・記録:山口友寛[本学非常勤講師],西村千津子[本学非常勤講師] acoustics,recordin:YAMAGICHI Tomohiro,NISHIMURA Chizuko] エレクトロニクス・デザイン・編成統括・制作:中村典子[本学作曲専攻准教授] programing visual design, staging design, master edition, public retation, managing, stage direction, translateon, moderating, electronics, acoustics, composition : NAKAMURA Noriko
8月10日(木)NHK全国学校音楽合唱コンクール滋賀県大会 クレアホール 小学校の部 審査員:奥村容久(滋賀県合唱連盟 顧問 ) 鈴木捺香子( 京都府合唱連盟理事長) 田中由也(大阪音楽大学教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)山口英樹(合唱指揮者)
8月11日(金) NHK全国学校音楽合唱コンクール滋賀県大会審査 中学校・高等学校の部 クレアホール 審査員:石黒晶(神戸女学院大学音楽学部長)田中由也(大阪音楽大学教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)伏見強(滋賀県合唱連盟理事長)矢田正一(兵庫県合唱連盟副理事長)
8月20日(日)奈良県合唱連盟奈良県合唱コンクール審査 大和高田さざんかホール 中学校・高等学校の部 審査員:加藤崇子(ピアニスト)中村典子(作曲家)松尾卓郎(合唱指揮者)横田清文(合唱指揮者)当麻礼子(合唱指揮者)
2017年9月10日(日) 16:00 声の迷宮 Vol.VII 現代の音楽、声の可能性を探る旅 海の見える南港サンセットホール[大阪南港ATC・ITM棟10階 大阪市住之江区南港北2-1-10 一般:3,000円,学生:1,500円 出演 小里明子(メゾソプラノ) アデーレ・ダロンツォ(ピアノ)平田英治(サクソフォン)佐藤紀雄(ギター) ジョルジョ・コロンボ・タッカーニ:ERMA per chitarra ジョルジョ・コロンボ・タッカーニ:親の家 声とピアノ、ギターのための(世界初演)パオロ・ロンゴ:Monologo Secondo Sphynxs-Vari(A)zioni per pianoforte パオロ・ロンゴ:時間:疎外 声とピアノのための(日本初演) 中村典子:満天星 stellae universum caelum 中村典子:伴聲 vox amicae (世界初演) 南川弥生:私たちのオーロラ 詩:ラウラ・ガラヴァリア 宇宙の蝶 詩:下田喜久美 声、サクソフォン、ピアノのための 南川弥生:Souffles (世界初演) 諸橋玲子:深信(JINSHIN) 諸橋玲子:道行 Ⅳ (世界初演) 主催 MUSICA(ムジカ)06-6844-0320 musica@power.odn.ne.jp 後援 大阪音楽大学,日本現代音楽協会,NPO法人国際音楽協会 地下鉄・ニュートラム利用の場合 地下鉄中央線「本町」からコスモスクエア経由で約18分「トレードセンター前駅」下車直結 地下鉄四つ橋線住之江公園から約16分「トレードセンター前駅」下車直結 JR利用の場合 JR環状線「弁天町」駅から地下鉄中央線に乗換,コスモスクエア経由で約15分「トレードセンター前」駅下車直結
2017年9月16日(土)京都市立芸術大学大学会館ホール 音楽学部「音楽学演習c2」特別レクチャーコンサート 協力:岡田加津子 山口友寛 レクチャー・エレクトロニクス:有馬純寿[京都市立芸術大学非常勤講師・帝塚山大学准教授] ファゴット:中川日出鷹 サキソフォン:井上ハルカ ヤコブTV《ザ・ガーデン・オブ・ラブ》(2002)JacobTV:The Garden of love サクソフォン:井上ハルカ 中村典子《眞聲花如》(2013-15)Noriko Nakamura:vox verum quasi flos ファゴット:中川日出鷹 湯浅譲二《ホワイト・ノイズによるイコン》(5チャンネル版 1967)Joji Yuasa:Icon on the Source of White Noise ピエール・ジョドロフスキ《Mixtion》(2002)Pierre Jodlowski:Mixtion サクソフォン:井上ハルカ 酒井健治《リフレクティング・スペースⅠⅠ》 Kenji Sakai:Reflecting Space II – Fantasia and Berceuse –サクソフォン:井上ハルカ お問い合わせ 京都市立芸術大学 教務学生課 音楽教務担当 電話:075-334-2222(平日8:30~17:15)
2017年9月17日(日) 14:30 京都文化博物館別館ホール 箏が洋楽器と紡ぐ音楽 FUSION OF HORIZONS:NEW MUSIC FOR KOTO 平成29[2017]年9月17日(日)14時30分開演(14時開場) Sunday,17th,September,2017 Start 14:30 Start (Open 14:00) 京都文化博物館別館ホール (604-8183 京都市中京区三条高倉,京都市地下鉄烏丸御池駅5番出口徒歩3分) Museum of Kyoto,Annex Hall (Takakura,Sanjo,Nakagyo-ku,Kyoto,604-8183,Subway Karasumaoike station,exit 5) 出演 箏・十七絃・唄:麻植美弥子、大谷祥子、カーティス・パターソン、中川佳代子、マクイーン時田深山 Koto,17gen,Uta:Oe Miyako,Otani Shoko,Curtis Paterson,Nakagawa Kayoko,Miyama McQueen-Tokita お話 カーティス・パターソン[横浜インターナショナルスクール邦楽プログラムディレクター]中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授] 時田アリソン[京都市立芸術大学日本伝統音楽センター所長] speakers:Curtis Paterson [Yokohama International School,Hogaku Program Directer] Nakamura Noriko [associate professor,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts] Alison Tokita [President,Research Centre for Japanese Traditional Music,Kyoto City University of Arts] 第1部 岡本伸介:Weaving spells into starlit sky (2015,世界初演) [箏2,ヴィオラ] OKAMOTO Shinsuke:Weaving spells into starlit sky (2015,World Premiere) [koto2,viola] 南川弥生:天道 (2015,世界初演) [箏,十七絃,フルート] MINAMIKAWA Mio:Tiandao (2015,World Premiere) [koto,17gen,flute]服部伶香:Traitor (2015,世界初演)[十七絃,ヴァイオリン] HATTORI Reika:Traitor (2015,World Premiere) [17gen,violin] 稲谷祐亮:溢れる赤 (2015,世界初演) [箏,唄] INATANI Yusuke:flos invisible (2015,World Premiere) [koto,uta(traditional singing)]池辺晋一郎:凍る (1977) [箏] IKEBE Shinichiro:KOHRU (1977) 野村誠:つみき (2003) [十七絃2] NOMURA Makoto:Tsumaki (2003) [17gen2] 藤家溪子:きよきなぎさに (2016) [箏,唄] FUJIIE Keiko:On the Clear Shor (2016) [koto,uta(traditional singing)] クリストファー・スヴェンソン:露と貧困と (2017,世界初演) [十七絃,ヴィオラ] Kristofer Svensson:Av dagg och fattigdom (2017,World Premiere) [17gen,viola] 沢井忠夫:鳴き砂よ (1981)[箏,ヴァイオリン] SAWAI Tadao:Singing Sand (1981) [koto,violin]
2017年9月24日(日)尹伊桑:間奏曲A 録音 京都市立芸術大学講堂 ピアノ:宋和映 ディレクション:中村典子 録音:西村千津子
2017年9月27日(水)京都芸術センター運営委員会 ミーティングルーム 委員長:田中誠二(大和学園理事長) 副委員長:小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授) 運営委員:稲賀繁美[国際日本文化研究センター教授] 森山直人[京都造形芸術大学教授] 上念省三(舞踊評論家)平芳邦浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授) 建畠晳(京都芸術センター館長)北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)
10月8日(日)京都市立芸術大学音楽学部 オープンスクール 楽曲分析(L2) Bach (1685-1750) : Concerto for 2 violins in D minor BWV1043
2017年10月8日(日)15:00 本條秀太郎プロデュース 第五回本條秀慈郎三味線リサイタル 青山音楽記念館 鞍馬の恋唄(1985)坪能克裕作曲 俚奏楽 露のいのち(1986) 秋元松代作詞本條秀太郎作曲 音楽の捧げ物〜 J.S.Bach作曲 曙光冴ゆ 三絃独奏のための (2009) 掘悦子作曲 neo (2014) 藤倉大作曲 慈音 vox affectio (2017,委嘱作品) 中村典子作曲 螺旋(1987) 打楽器Duo版初演 北爪道夫作曲 
2017年10月10日(火) Prof.Gao Ping,Convervatory of Music at Capital Norman University at Beijing composer's talk at Nakamura lab,KCUA for class of composing theoretical research class of graduate School
2017年10月14日(土)安土文芸セミナリヨ Torio Concert 迷宮 トリオコンサート 〜フルート・打楽器・パイプオルガンの響き〜 J.S.バッハ(1685-1750) J.D.ハイニヒェン:小さな和製の迷宮 BWV591 J.S.バッハ ジャン・アラン T.エスケシュ 武満徹 中村典子(1965-):ナビ〜フルートと打楽器のための〜 宮本愛子(1966-):デュアリテ(臥薪嘗胆)〜打楽器ソロのための 他 フルート:江戸聖一郎 打楽器:宮本妥子 パイプオルガン:城奈緒美 
2017年10月18日(水)草津アミカホール 一般社団法人 草津に麗しい文化芸術を育む会 設立記念事業 はじめよう 草津ネオ・ルネサンス 入場無料 キッズ制作シネマの上映とコンサートの夕べ 草津キッズ・シネマ塾作品の上映と中島貞夫監督シネマトーク 草津本陣物語 真珠のふるさとを訪ねて 中村典子:ホカヒ(2010) 打楽器:宮本妥子 若林千春:光痕 I フルート:若林かをり カミーユ。サン=サーンス:白鳥 他 松崎安里子 ピアノ:岸本佳美 みんなで歌おう「ひとつになる」近藤裕子作詞作曲 東日本震災復興応援歌 
2017年10月25日(水) 審査 京都市芸術文化特別奨励制度専門委員会 舞台:小堀純(編集者)上念省三(ダンス批評家)畑律江(毎日新聞大阪本社学芸部編集委員)音楽:白石知雄(音楽評論家)竹内有一(京都市立芸術大学准教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)造形:加須屋明子(京都市立芸術大学教授)原久子(大阪電気通信大学教授、アートプロデューサー)山田諭(京都市美術館学芸課長)オブザーバー:潮江宏三(京都市美術館館長)
2017年10月28日(土)29日(日)第8回東アジア音楽祭2017 in ヒロシマ〈ヒロシマからのメッセージ”日台中韓の交流と創造の祭典”〉音楽監督:伴谷晃二 The 8th Anniversary East-Asian Music Festival 2017 in Hiroshima The Message from Hiroshima for the Alternative relationship and Creative Festival Beyond Japan,Taiwan,China and Korea レクチャー・ワークショップ&コンサート 伝統と現代の”響奏”日本の伝統楽器尺八と三味線 韓国の伝統楽器テグムとピリ  2017年10月28日(土) レクチャー I 14:00-15:30 コンサート 15:45-17:45 29日(日) レクチャー II 14:00-15:30 ワークショップ  15:45-17:15 コンサート II 17:30-19:30 場所 JMSアステールプラザ オーケストラ等練習場 [広島市中区加古町4-17 TEL:082- 244-8000] 主催 問い合わせ ヒロシマ・ミュージック・プロジェクト TEL/FAX 0829-38-2264 [ともたに] kozz@themis.ocn.ne.jp http://hiroshimamusic.cocolog-nifty.com/10月28日(土) レクチャー I 14:00(13:30開場) 韓国の伝統音楽と伝統楽器 テグム/チャンゴ チョン・シニ [サムルノリ・ハンウルリム扶余教育院] ピリ/チャンゴ  キン・スィル [韓国中央音楽院] コンサート I 15:45-17:45 (予定)  伝統楽器による室内楽作曲作品展+現代室内楽作曲作品展 二宮毅(福岡-札幌) :風の森(2017,世界初演)ピアノ連弾:二宮英美歌/二宮毅 Tsuyoshi NINOMIYA (Fukuoka,Sapporo,Japan):Windy Forest for Piano 4 hands (2017,world premiere) piano duet:Emika NINOMIA/Tsuyoshi NINOMIYA 中村透(沖縄) : 摩文仁野(白き風車) 比嘉美智子短歌集より ソプラノ:玻名城律子 ピアノ:伴谷真知子 Toru NAKAMURA(Okinawa,Japan):Songs for the departed MABUNINO (2015,2017:revised work) soprano:Ritsuko MANASHIRO piano:Machiko TOMOTANI 陳明志(中国):狐山我独行 尺八:福田輝久  CHAN Ming-Chi (Hong Kong,China,Invited Composer):〈A Way Alone〉for Shakuhachi solo (2017;revised work) shakuhachi:Teruhisa FUKUDA 呂文慈(台北):〈Face off in Sichuan Opera〉for clarinet solo (2015)  クラリネット:三浦慈子 LU Wen-Tze (Taipei,Taiwan):〈Face off in Sichuan Opera〉for clarinet solo (2015) Clarinet:Shigeko MIURA 伴谷晃二(広島):アナカプリの回想、尺八と三絃のために(2015)  尺八:福田輝久 三絃(三味線):杵屋子邦 Koji TOMOTANI (Hiroshima):Reminiscences of Anacapri for shakuhachi and Sangen (2017;revised work) shakuhachi:Teruhisa FUKUDA shamisen:Shihou KINEYA 出田敬三(熊本) :マリンバとピアノのための「ノスタルジア」(2005) マリンバ:松田亜希子 ピアノ:小林知世 Keizo IDETA(Kumamoto,Japan,Invited Composer):”Nostalgia” for Marimba and Piano marinba:Akiko MATSUDA piano:Tomoyo KOBAYASH 10月29日(日) レクチャー II 14:00(13:30開場) 日本の伝統楽器と伝統楽器 尺八 福田輝久(邦楽聖会) 三味線(三絃) 杵屋子邦(邦楽聖会) ワークショップ 15:45-17:15 尺八と三味線の交流演奏 協力 福田輝久、杵屋子邦、山本誠山、山本観山、森岡泰山、高橋洋子 演奏曲 福田輝久作曲 手向慈慕譚〜尺八と三味線による〜 杵屋正邦作曲 明鏡 尺八三味線二重奏曲 要予約 申し込み ヒロシマ・ミュージック・プロジェクトまで コンサートII 17:30-19:30 伴谷晃二(広島):カーラ・チャクラの風 II、ピアノのために ピアノ:伴谷麻依子 Koji TOMOTANI(Hiroshima,Japan):The Wind of Kala-Cakra II,for piano (2012) piano:Maiko TOMOTANI 木下大輔(横浜):「影ーヴィブラフォンとドラムのためのー」(2017,世界初演)Daisuke KINOSHITA(Yokohama,Japan):Skyggen for vibrafon og trommer (2017,world premiere) 桑磊柏 (台湾・高雄):三首練習曲 Paul SanGregory(Kaohsiung,Taiwan,Invited Composer) :Three Studies,for piano(2016) piano:Keiko HIRAMOTO 中村典子(京都):禱光(2017,世界初演) パーカッション:宮本妥子 中村典子Noriko NAKAMURA(Kyoto,Japan):emitting prayer (2017,world premiere) percussion: Yasuko MIYAMOTO Noriko NAKAMURA   森田泰之進(東京):音/輪 IXc (2017,世界初演)尺八:福田輝久 Yasunoshin MORITA (Tokyo,Japan):Reincarnati0n Ix c, for shakuhachi (2017,world premiere)  shakuhachi:Teruhisa FUKUDA 朴守賢 (大阪):クラリネット独奏のための三章 (2012) クラリネット;翁優子  PARK Soo-Hyun (Osaka,Japan):Three Movements for Solo Clarinet (2012) clarinet:Yuko OU 遠藤雅夫(東京) : 〈枕詞と、あいの詠〉尺八と三絃のために(2016) 尺八 :福田輝久三絃(三味線):杵屋子邦 SONG OF ” MAKURAKOTOBA” AND “AI” for Shakuhachi and Sangen(2016) shakuhachi:Teruhisa FUKUDA sangen:Shiho KINEYA [順不同]
2017年11月1日(水) キャリアデザイン演習 中村典子 I am rhythm わたしは律 龍動する景 matrix fluidity 中村典子:永九 youngju ーソプラノ、合唱、電子音響と管絃楽のためのー(2015) [テキスト:日本国憲法前文第9条の多国語多時代翻訳 パン・ジュィン、中村典子] ソプラノ:日紫喜恵美 vocal ensemble clumusica & ensemble clumusica 電子音響:春野海 指揮:中村典子 中村典子:ホカヒ(2010)[打楽器独奏(一人か二人の助演を含む]] 打楽器:宮本妥子 上中あさみ 菊本歩 中村典子:夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景(2013-14)[メゾソプラノとピアノ] メゾソプラノ:小里明子ピアノ:アデーレ・ダロンツォ(ヴェローナ歌劇場ピアニスト)中村典子:御通木[みづぎ]柳川三味線と弦楽のための協奏曲(2016)[テキスト:中村典子] 柳川三味線:林美音子 ensemble clumusica 指揮:中村典子 中村典子:眼天地耳 [マリンバと9人の打楽器奏者のための協奏曲](2015) マリンバ独奏:名倉誠人打楽器:上中あさみ 可児麗子 関明日香、陶山美輝、岩永絃樹、池内里花、小椋風花、山田さくら、松井駿
2017年11月4日(土)16:00開演 [15:15トーク] 名倉誠人マリンバリサイタル2017「現代によみがえる古典」出演:名倉誠人(マリンバ・ヴァイブラフォーン)北村千絵(朗読)前田綾子(フルート)山本毅、上中あさみ、可児麗子、四元美也香、樽井美咲、藤田もも、高田汐莉、工藤沙ゆり、岩永絃樹(打楽器)J.S.バッハ/名倉誠人編:コラール"キリストは蘇りたまえり"BWV276 (マリンバ独奏) ベンジャミン C.S.ボイル:バッハのコラールによる変奏曲(マリンバ独奏)世界初演 デイヴィッド・ショーバー:「枕草子-古き日本の四季」ヴァイブラフォーン・フルートと朗読のための レーン・ハーダー:前奏曲とフーガ(マリンバ独奏)中村典子:眼天地耳-独奏マリンバと九人の打楽器奏者のための「歌川広重:深川洲崎十万坪」X「伊藤若冲:鷲図」
2018年11月8日(木)平成30年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 パートナー団体第1次選考会 審査 杉山準(演劇プロデューサー・特定非営利活動法人劇研理事・事務局長)阪田真己子(同志社大学文化情報学部准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)川本悟(公益財団法人京都市音楽文化振興財団業務監理部長)鈴木康之(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団事業管理部管理下管理係長チーフコーディネイター)牧野大輔(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理課) 
2017年11月11日(土) 東京タワー文化フェスティバル II Fall 2017 東京タワーホール 大展望台club333 -Connect to the future -11月11日(土)12日(日)入場無料 文化発信促進委員会 Cultural Sending Promotion Comittee (略称 CSPC シスペック) 邦楽ジャーナル 公益法人財団東芝国際交流財団 日本電波塔株式会社(東京タワー)  一般社団法人日本インターネットテレビ協会
NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ 東京インターナショナルスクール集英社 日本カンテレの会 独立行政法人国際交流基金 東京都港区教育委員会 一般財団法人港区国際交流協会 港区観光協会 フィンランド大使館 マザーアース ジェイコム港新宿 ドミニカ共和国大使館 ウズベキスタン大使館▪️展望台会場 club333展望台コンサート 伝統楽器より先端音楽まで 11日 13時- 15時- 17時 - 19時- 中村滋延:尺八独奏のための MU-GEN 高橋裕:「アハウ・カン」ビオラソロ 近藤裕子:「ナツツバキ 沙羅へ」17絃ソロ 松本悠理香:「perpetuum mobile」三味線&箏 田中範康:新作初演 箏ソロ   田中徹:作品展「東洲斎写楽」 他 中村典子:「伊福 inspirare」 尺八独奏  金田生成就:「悼」グランドピアノで奏でる野尻多佳子ピアノスペシャルコンサートベートーヴェンピアノソナタ他12日 13時- 15時- 17時- 19時- 高橋治子マリンバソロコンサート 肥後一郎:手事四綴 マリンバ初演他 川村昇一郎:時の哀歌 Mar&Tub 河本琢夫:4つのミニアチュアズより Marソロ 増本伎共子:「西脇順三郎《四つの詩》」Vocal & Koto 斉藤真佐子 箏とPfソロコンサート 沢井忠夫:鳥のように ピアノ編曲初演 (沢井比可流 斉藤真佐子編曲)岩井モエ ミュージカルソング 伴谷晃二:「景 」 17絃ソロ 古川精一が歌う宮沢賢治の世界 上田麻里名箏ソロコンサート 古典から現代へ 他 11日または12日 国際交流コンサート ウズベキスタンX箏 スイスカウベルX箏 フィンランドカンテレX箏 他 *掲載曲は演奏順ではありません。演奏順と時間はHPでご確認ください《作曲家》11日 金田成就、近藤裕子、高橋裕、田村徹、田中範康、中村滋延、中村典子、松本悠理香 12日 川村昇一郎、河内琢夫、増本伎共子、伴谷晃二 国際交流 :国枝春恵、千秋次郎、坪能克裕、眼龍義治《演奏家》 11日 岡田道明(尺八) 須田祥子(Va)野尻多佳子(Pf)福原左和子(箏)藤重奈那子(箏) 北條立記(Vc) 12日 岩井モエ、麻植美弥子、斉藤真佐子、鈴木孝順(Mb) 高橋治子(Mb)深海さとみ(箏) 古川清一(Br) 古沢充(Tub)藤重奈那子(箏,三)町田夢子(箏) 国際交流:上野信一(Perc) Dinora Azamatova(舞) 桑島美穂(カンテレ) 下野戸亜弓(箏)立道明美(箏) メイン会場:23和音の会、東京インターナショナルスクール、松山女子高校箏曲部、他多数メイン会場(東京タワーホール地下1階)11時-19時 国際交流プロジェクト〜外国文化の紹介とコラボレーション(ウズベキスタン、フィンランド、スイス等)国際交流ワークショップ(アジアの楽器)バルシューレ(スポーツ体験)特別講演「邦楽ってこんなに面白い』(邦楽ジャーナル編集長田中隆文)、東京インターナショナルコンサート、高校生この音とまれコンサート(松山女子高校箏曲部他)長澤勝俊「獅子踊りのはじまり」onns 他
2017年11月18日(土)尺八奏法レクチャーコンサート 寄田真見乃 助演:大村優希恵 鶴の巣籠(W.オッフェルマンズ編[横山勝也-海童道祖]フルート版)古伝巣籠(尺八本曲) 寄田真見乃:波胡寺 太秦寺 玉環(2014) より 中村典子:伊福 inspirare (2013) スウェーデンの民族音楽とヴァイオリン奏法レクチャーコンサート 中村典子:雛鳥詞 soul voice (2013) スウェーデン民謡:舞曲[結婚式の舞曲・悲劇的舞曲・ワルツ] 他マリン・バン:烏が白くなるとき 桑原ゆう:3つの聲 スウェーデン民謡:風の助けを受けないで誰が航海できようか クリストファー・スヴェンソン:海を越えた春に向かって
2017年12月10日(日) 2017年度師走特別公演 古典の心柱 大和座 狂言ガラ公演 大阪能楽会館 主催:大和座狂言事務所 プログラム 挨拶と曲目解説 Credo六段 ネウマ:中村典子 先導唱:日下部祐子 京都市立芸術大学有志合唱団 箏:麻植美弥子 能舞:安東伸元 狂言 口真似 主人:井上放雲 太郎冠者:安東元 客人:安東睦郎 眞聲花如天景一如 vox verum quasi flos topiorum caelo quasi deo  作曲:中村典子 エレクトロニクス:山口友寛  正ファゴット:中川日出鷹 副ファゴット:高島翔大 能舞:安東伸元 狂言:末広がり 果報者:安東伸元 太郎冠者:安東元 スッパ:山田師久 音/ピッコロ:山村有佳里 後見:山村貴司 付祝言:大阪能楽会館へ感謝を込めて 総合司会:許秀鳳 
2017年12月22日(金)共響 vox maiorum series 邂逅encounter Project IV 東アジア文化都市 長沙[中国]大邱[韓国]京都[日本] clumusica 28th concert[clumusica 30th friendship charity ]VOX MAIORUM series encouter project IV East Asia Cultural City Changsa[China] Daegu[Korea] Kyoto[Japan] clumusica 28th concert[clumusica 30th friendship charity] 2017年12月22日(金) 19時開演[18時30分開場] Friday 22 December 2017 19:00 Start [18:30 Open ] 京都市立芸術大学大学会館ホール University Hall,Kyoto City University of Arts 京都市立芸術大学音楽学部京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 clumusica Organizer: Nakamura lab,Faculty of Music, Kyoto City University of Arts,Graduate School of KCUA clumusica ピアノ独奏:代博 ピアノ独奏:森本美帆 piano solo:DAI Bo piano solo:MORIMOTO Miho ヴァイオリン独奏:キム・ジヒェ ソリ独唱:オ・ヨンジ violin solo:KIM Jihye sori solo:OH Younji 二十五絃箏:横山佳世子 25 gen koto:YOKOYAMA Kayoko 指揮:高昌帥[大阪音楽大学教授] 中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授] conductor:KOH Changsu NAKAMURA Noriko アンサンブル・クラムジカ: カオ・ユーハン[長沙出身] キム・ジヒェ 中村公俊 水野万裕里 柳原史佳 古味亜紀 江口純子 大藪英子 南條聖子 三上さくら 木田奏帆 小高睦 孫工恵嗣 西村まなみ 古味寛康 池田源輝 上中あさみ ensemble clumusica [string orchestra]:CAO Yuan[Changsa-Beijing,China] KIM Jihye NAKAMURA Kimitoshi MIZUNO Mayuri YANAGIHARA Fumika KOMI Aki EGICHI Junko OYABU Hideko NANJO Seiko MIKAMI SakuraKIDA Kansho KOTAKA Mutsumi MAGOKU Keishi NISHIMURA Manami KOMI Hiroyasu IKEDA Genki KAMINAKA Asami [marinba] ダイ・ボ[北京,中国]:ピアノ協奏曲(2017,世界初演)DAI Bo [Beihing,China]:Piano Concerto(2017,World Premiere) キム・ジュンヒ[大邱,韓国]:ヴァイオリンとソリと弦楽の協奏曲(2017,世界初演)KIM Joonghee [Daegu,Korea]:Concerto for Violin & Sori and String Orchestra (2017,World Premiere) イム・ジソン[韓国]:《希望は羽のある小鳥》ピアノ独奏とマリンバを伴う弦楽の協奏曲(2017,世界初演) LIM Jiesun [Seoul,Korea]:”Hope,A Little Birds with Feathers” Concerto for Piano solo and String Orchestra with Marimba(2017,World Premiere) 中村典子[京都,日本]:《未跡》二十五絃箏と弦楽の協奏曲(2017,世界初演) NAKAMURA Noriko[Kyoto,Japan]:”Signa” Concerto for 25gen koto and String Orchestra (2017,World Premiere)
2018年1月11日(日)渡響 vox expectat [作曲理論研究・音楽学演習i・作曲演習合同研究発表] 大学会館ホール
2018年2月25日(土)
2018年2月26日(日)
2018年4月19日(木) 創造のためのリサーチプレセンテーション 
2018年5月20日(日) 汲響 vox caelum
2018年6月24日(日)拶響 vox terram
2018年10月7日(日)
2018年11月11日(日)
2018年11月17日(土)レクチャーコンサート
2018年12月22日(土)
2019年1月10日(木)
2019年3月24日(日)
2019年5月25日(土)26日(日)
2019年6月28日(金)
2019年11月16日(土)
2019年12月22日(日)



[PR]
e0146075_17062504.jpg

e0146075_17182500.jpeg
国際現代音楽祭アジアの管絃の現在 2017
International Contemporary Music Festival “Present of Orchestra Asia 2017”
観聲 time in your eyes, space in my ears しづのまなかひ
[ 作曲理論研究 I III &作曲演習研究発表 
composing theoretical research I III & composition seminar in spring & summer 2017 ]
[ clumusica 25th concert [clumusica friendship charity 27]

2017年5月21日[日]京都市立芸術大学大学会館ホール 
21 May,2017 University Hall,Kyoto City University of Arts

主 催:clumusica [ensemble clumusica]
    京都市立芸術大学音楽学部音楽学科・
    大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
organizer:ensemble clumusica
     Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts
後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会
under the auspices of The Japan Federation of Composers Inc
          Japan Society for Contemporary Music
協力:明知大学校音楽学部李研究室 香港大学音楽学部陳研究室
   エリザベト音楽大学菊池研究室 [国立音楽大学菊池研究室]
国立大学法人大分大学教育学部清水研究室 
   京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター
assisted by Lee lab,Department of Music,Myongji University
Chan lab,Department of Music,University of Hong Kong
Kikuchi lab,Elisabeth University of Music[Kunitachi University]
Shimizu lab,Faculty of Education,Oita University 
Research Centre for Japanese Traditional Music,KCUA
フェスティバルメッセージ:鷲田清一(京都市立芸術大学学長)
フェスティバルアドヴァイザー:山本毅(音楽研究科長) 大嶋義実(音楽学部長)
festival message:WASHIDA Kiyokazu (president,Kyoto City University of Arts)
festival advisor:YANAMOTO Tsuyoshi (head,graduate school,KCUA)
        OSHIMA Yoshimi (dean,faculty of music,KCUA)
照明:渡辺佳奈
映像:中井友路
音響・録音・撮影:山口友寛 西村千津子
写真:荒木真歩(神戸大学大学院) 
操作:池内奏音
打楽器:伊藤隆也
所作台:乃村健一
舞台総括:山川和也
会場総括:尼子由里絵
舞台:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室
企画:clumusica [増田真結・清水慶彦・中村典子]

lighting:WATANABE Kana
document:NAKAI Tomomichi
acoustics・recording・video shooting:YAMAGUCHI Tomohiro NISHIMURA Chizuko
photograph:ARAKI Maho
technical operation:IKEUCHI Kanon
percussion staging:ITO Takaya
stand production:NOMURA Kenichi
stage director:YAMAKAWA Kazuya
floor director:AMAKO Yurie
stage:Nakamura lab,KCUA
programing:clumusica [MASUDA Mayu,SHIMIZU Yoshihiko,NAKAMURA Noriko]

オープニングコンサート14:00 [開場13:30]
トークセッション 15:15
クロージングコンサート17:45

《OPENING CONCERT》 14:00 [open:14:30]
《TALK SESSION》15:15
《CLOSING CONCERT》17:45


稲谷祐亮:声なき声 (2016)
サキソフォン:松葉彩
INATANI Yusuke (1992-)(Japan):Voiceless VOICE (2016)
saxophone:MATSUBA Sayaka

クリス・フン[洪銘健]:輪廻 (2016,世界初演)
ギター:橋爪皓佐 左手ピアノ:有馬圭亮
Chris Hung (Hong Kong,China):Samsara (2014/2016,World Premiere)
guitar: HASHIZUME Kosuke left-hand piano:ARIMA Keisuke

中瀬古和:動(1973)
ヴァイオリン:中村公俊
NAKASEKO Kazu (1907-1973)(Japan):Movements (1973)
violin:NAKAMURA Kimitosihi

イサン・ユン[尹伊桑]:間奏曲A (1982) [尹伊桑生誕100年]
ピアノ:宋和映
Isang Yun:(1917-1995)(Korea-Germany):Interludium A 
[Isang YUN 100 anniversary] piano:SONG Hwayoung

菊池幸夫:光の静寂の中で(2015,京都初演)
ヴィブラフォン:宮本妥子
KIKUCHI Yukio(1964- )(Japan):In Silence of Light (2015,Kyoto Premire)
vibraphone:MIYAMOTO Yasuko

イ・ボクナム[李福男]:悲(2016,日本初演)
伽耶琴:イ・ヒジュン[李海貞] チェロ:大西泰徳
LEE Boknam(Korea):Lamentation (2016,Japan Premiere)  
gayagum:LEE Heajung Cello:ONISHI Yasunori

藤家溪子:オフィーリア漂ふ(2017,世界初演)
ヴァイオリン:水野万裕里 古箏:戴茜 箏:中川佳代子 十七絃:麻植美弥子
FUJIIE Keiko(1963-)(Japan):Ophelia floating (2017,World Premiere) 
violin:MIZUNO Mazuri zheng:DAI Qian
koto:NAKAGAWA Kayoko 17gen:OE Miyako

トークセッション《TALK SESSION》15:15
観聲 -しづのまなかひ- 
参加作曲家:朴実 [作曲家・京都市立芸術大学音楽学部同窓会専務理事] 《韓国-日本》
クリス・フン[洪銘健] [作曲家・香港作曲家協会審議理事] 《香港-中国》
イ・ボンナム[李福男] [作曲家・韓国明知大学校教授] 《韓国》
菊池幸夫 [作曲家・国立音楽大学准教授] 《日本》
ジョシュア・チャン[陳錦標] [作曲家・香港大学音楽学部准教授] 《香港-中国》
藤家溪子 [作曲家・第43回第48回尾高賞、中島健蔵音楽賞、アジア作曲家連盟青年作曲賞] 《日本》 
通訳[韓国語]:宋和映 [ピアニスト・京都市立芸術大学音楽学部卒業・
パリエコールノルマル最高演奏課程修了] 《韓国-日本》
通訳[中国語]:戴茜 [古箏奏者、瀋陽音楽学院卒業、博士(法学)] 《中国-日本》
通訳[英語]:橋爪皓佐[ギタリスト・作曲家・ベルギー王立ブリュッセル音楽院・
      京都市立芸術大学大学院修了]《日本》
司会:中村典子 [作曲家・京都市立芸術大学音楽学部准教授] 《日本》

Talk Session - time in your eyes,space in my ears -
participate composer:PAK Shil Chris HUNG LEE Boknam  
KIKUCHI Yukio Joshua CHAN FUJIIE Keiko
translator:SONG Hwayoung DAI Qian HASHIZUME Kohsuke
moderator:NAKAMURA Noriko


クロージングコンサート《CLOSING CONCERT》 17:45

ジョシュア・チャン[陳錦標]:灑 (2017,世界初演)
ヴァイオリン:水野万裕里 筝:福原左和子 筝:中川佳代子
Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere)
violin: MIZUNO koto:FUKUHARA Sawako koto:NAKAGAWA Kayoko

清水慶彦:陀羅尼 (2012) ギター:橋爪皓佐 
SHIMIZU Yoshihiko (1977-)(Japan):dharani (2012)
guitar:HASHIZUME Kosuke  

パウル・ヒンデミット: ソナタ 作品31-2 (1924)
ヴァイオリン:中村公俊
Paul HINDEMITH (1895-1963)(Germany): Sonata Op.31-2  
violin:NAKAMURA Kimitoshi  
  
増田真結:あかり (2017,世界初演)
チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸
MASUDA Mayu(1982-) (Japan):AKARI (2017,World Premiere)
cello:ONISHI Yasunori double bass:AKAMATSU Mizuki

ジョージ・クラム:四つの夜想曲 (1964) 
ヴァイオリン:江川菜緒 ピアノ:砂原悟
George CRUMB(1929)(U.S.A.):Four Nocturne (1965)
violin:EGAWA Nao piano: SUNAHARA Satoru

中村典子:􀹫しづのまなかひ(2017,世界初演
tenor[八橋]:北村敏則 古箏:戴茜 箏:福原左和子 楽箏:中川佳代子 
倭琴・十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子・陶山美輝 指揮:中村典子
NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan) time in your eyes, space in my ears
(2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
tenor[Yatsuhashi]:􁾉KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian
koto:FUKUHARA Sawako gakugoto:NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto,17gen:OE Miyako􁾉 percussion􁾉 MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki
conductor:NAKAMURA Noriko

[PR]

CLOSING CONCERT ensemble clumusica,vocal ensemble clumusica

ジョシュア・チャン[陳錦標]:灑(2017,世界初演) ヴァイオリン:水野万裕里 箏:福原左和子 十七絃:中川佳代子

Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere) violin: MIZUNO Mayuri koto:FUKUHARA Sawako 17gen:NAKAGAWA Kayoko
開始の四つの音は、バイオリン部分全体の要素のほとんどを生成する核細胞である。 この動機は何度も提示され、絶え間ない修正と開発が行われている。各提示の間の間隙または休止は、時々刻々と変わる。
各間隙間に予期しない持続時間を持たせることは、少量のものを宇宙と時間に散らすときに起こることと非常に似ている。それは、シャワーの水滴のような、料理で塩を撒き散らすようなものである。
箏達は、ほとんどのアルペジオを早いスピードで演奏する。 2つの箏パートの間には模倣とカノン的書法も現れる。全体の部分は約7分、最後の部分はクライマックスである。

Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere) violin: MIZUNO Mayuri koto:FUKUHARA Sawako koto NAKAGAWA Kayoko

   The opening 4 notes is the nuclear cell that generates most of the elements of the entire violin part. This motive is presented many times, with constant modification and development.
  The gap or rest between each statement varies from time to time. Having unexpected duration for each gap is very similar to what happens when we scatter small quantity of things in space and time. It is like the water drops in the shower, or dispersing salt in cooking.
  The kotos play mostly fast arpeggios moving along the neighboring strings or double stops of a major 7th. Imitation and canonic writing also appear between the 2 koto parts. The whole piece lasts for approximately 7 minutes, with the final part being the climax.(composer)

清水慶彦:陀羅尼(2012) ギター:橋爪皓佐
 琵琶や三味線など,日本の撥弦楽器による「語りもの」の語法や美観を,ギターを触媒として表層化できないものかと試みた楽曲です。
ギター奏者の山田岳さんの委嘱により,2012年に作曲したものですが,昨年には,本日の奏者である橋爪皓佐さんが,彼のツアー公演で取り上げてくださり,新たな角度から作品として錬磨してくださいました。
 楽曲が奏者によって育てられる様は,いかにも譜面書き冥利につきるものですが,僕としては,お聴きくださる皆様の安寧を加持する、いわば一種の修法たらんことを願っております。(作曲者)

SHIMIZU Yoshihiko (1977-)(Japan):dharani (2012) guitar:HASHIZUME Kosuke  
   It is a compositon that I attempted to be able to surfaceize using the guitar as a catalyst the grammar and sight of the word "narrative" by Japanese plucked string instruments such as biwa and shamisen.
  It was composed by the guitar player Yamada Gaku’s comission in 2012, and last year,Hashizume Kosuke, the player of today, he took up for his tour performance and refined it as a work from a new angle.
  Musical notations have raised by players, it is great truth and perfect happiness for composer. As for me, I am hoping that they will participate in the well-being of everyone who listens, so to speak as a kind of repair.(composer)

清水慶彦[作曲]:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業、同学大学院修士課程修了。同大学院の派遣制度に よりブレーメン芸術大学にて研鑽をつんだ。京都市立芸術大学大学院博士後期課程修了、黛敏郎作品の研究論文に より博士号(音楽)取得。これまでに松永通温、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーンの各氏に師事。作品集CD『清水慶彦作品集 六相円融』(studio N.A.T)が雑誌『レ􏰓コード芸術』にて推薦盤に選定されるなど好評を得ている。京都市立芸術大学非常勤講師、同志社女子大学非常勤講師などを経て国立大学法人大分大学教育学部准教授。

パウル・ヒンデミット:ソナタ「外はいい天気」作品31-2(1924) ヴァイオリン:中村公俊

 弦楽器を弾きこなし鍵盤楽器を奏き管楽器も吹く音楽家であらゆる楽器に精通し、あらゆるジャンルに多数作曲し、指揮し、ベルリン音楽院、ハセテフ大学アンカラ州音楽院、イェール大学で教鞭を取った。表現主義、無調音楽に沿わず、音楽が存在する限り、長三和音から出発し、再び戻る、と調性音楽を信じ、ロマン派から脱却して新即物主義を推進した。ナチスの意に沿う保守的音楽を作らず、退廃音楽であると弾圧され、トルコを経てスイスへ亡命、米国で市民権を得、世界大戦終結後、スイスへ帰還した。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の初の日本への演奏旅行に指揮者として来日。オーケストラを構成するほぼ全ての楽器のためのソナタを作曲した。
この無伴奏ヴァイオリンソナタには《....外はいい天気...》という副題が付され、終曲の変奏曲の主題の「来よ愛する五月」は子どもの歌でモーツァルト晩年の歌、ピアノ協奏曲の旋律でもある。

I .軽く躍動する四分音符
II.静かに躍動する八分音符 
III.ゆるやかな四分音符(楽章全体をピチカートで演奏)
IV.モーツァルトの歌「来よ愛する五月」による五つの変奏曲 

Paul HINDEMITH (1895-1963)(Germany): Sonata ..Es ist so schönes Wetter draußen... Op.31-2 violin:NAKAMURA Kimitoshi    
He was a great musician who played string instruments very much, played keyboard instruments, blowing wind instruments, familiar with all musical instruments, a lot of composing and conducting,taught at Berlin Conservatory, Hachette University Ankara State Conservatory, and Yale University. As long as there is music,I believe in tonal music, departing from long triadic sounds, going back again, promoting new realism by escaping from Romanticism.
He did not compose conservative music in line with Nazi's intention, was suppressed as decadent music, exiled to Switzerland through Turkey, gained citizenship in the United States, returned to Switzerland after the end of World War II. He was the conductor of the Vienna Philharmonic Orchestra's first Japanese tour to Japan.
He composed a sonata for almost all the instruments that make up the orchestra.This unaccompanied violin sonata has the subtitle titled "... nice weather in outside... ...",and last movement is variation on the theme of " Come,lovely May" is a child song of Mozart’s last song in lifetime,it is also a melody of a piano concerto.
I. Lightly moving quarter note
II. Quietly moving eighth notes
III. Loose Quarter Notes (Playing the whole movement with Pizzicato)
IV. Five variations by Mozart's song "Come,lovely May"

増田真結:あかり(2017,世界初演) チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸
  中村典子先生に命名いただいたこの楽曲は、ある音律に基づく旋律とC線を巡る一面的な描写を主としています。とはいうものの、描写するほど「ほとんどなにもない」ということにしかなり得ず、目的も対象も主張もない、記憶にも残らない時間そのものに漂着しました。(作曲者)

MASUDA Mayu(1982-) (Japan):AKARI - Air on C strings - (2017,World Premiere) cello:ONISHI Yasunori double bass:AKAMATSU Miyuki
This music “AKARI” named by Noriko Nakamura is mainly a melody based on a certain temperament and a one-sided portrayal around C strings. That said, despite being depicted, it could only be said to be "almost nothing," with no object, no subject or assertion, and it drifted ashore to the time itself not remembered. (composer)

増田真結:京都市立芸術大学を経て、同大学院修士課程を大学院賞を得て修了。ブレーメン芸術大学へ派遣交換留学。京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程修了。音楽博士。東京国際室内楽コンクール第3位、現音新人賞、日本歌曲コンクール第2位(第15回、第18回)日本音楽コンクール作曲部門入選。これまでに作曲を港大尋、青島広志、佐藤眞、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーンの各氏に師事。clumusica共宰。JCMR KYOTOメンバー。京都市立芸術大学、神戸女学院大学、名古屋芸術大学非常勤講師。

ジョージ・クラム:四つの夜想曲 (1964) ヴァイオリン:江川菜緒 ピアノ:砂原悟
   四つの夜想曲は、1963年作曲の、私の、ソプラノ、鍵盤楽器と打楽器のための夜の音楽 I の静かな夜の雰囲気のさらなるエッセイで、したがって、夜の音楽 II と副題されている。四つの小品で構成された作品は、次のように前書きされている。

表題
夜 I 静かに落ち着いて穏やかに
夜 II 滑り込み できるだけ活発に
夜 III 観想
夜 IV 郷愁の感覚と共に
   音楽は最上の繊細さを誇っており、「時間を保留すること」の卓越した感覚はもっと強く第2の作品に活気に満ちて律動的に、短時間だけ中断される。作品の始めに提示された持続された歌詞のアイデアは、神経質なトレモロの効果、そして様式化された鳥の歌で、すべてが反復的な要素である。
四つの夜想曲を作曲する際、私は伝統的なヴァイオリンとピアノの組み合わせの楽器の様々な音色の資産を利用した。したがって音のある種の統合は、両方の楽器にハーモニクス、ピチカートの効果、ラップ音(ヴァイオリンの木の上で、ピアノの金属の梁の上で)を生成させることによって達成される。
ピアノの弦に打楽器奏者が使うワイヤーブラシをかけることで、作品を完成させる穏やかで木の葉がカサカサいう音が生まれる。(「ジョージ・クラム:作曲家の肖像」より、編集:D.ジレスピー、訳:中村典子)

George CRUMB(1929)(U.S.A.):Four Nocturne (1965) violin:EGAWA Nao piano: SUNAHARA Satoru
Four Nocturnes is a further essay in the quiet nocturnal mood of my Night Music I for soprano, keyboard, and percussion (composed in1963); hence the subtitle Night Music II. The four pieces constituting the work are prefaced with the following:
 indications:
 Notturno I: Serenamente
 Notturno II: Scorrevole; vivace possibile
 Notturno III: Contemplativo
 Notturno IV: Con un sentimento di nostalgia
The music is of the utmost delicacy and the prevailing sense of ‘suspension in time’ is only briefly interrupted by the animated and rhythmically more forceful second piece. The sustained lyric idea presented at the beginning of   the work, the nervous tremolo effects,and the stylized bird songs are all recurrent elements.
In composing the Four Nocturnes I had attempted a modification of the traditional treatment of the violin-piano combination be exploiting various timbral resources of the instruments. Thus a certain integration in sound is achieved by requiring both instruments to produce harmonics, pizzicato effects, rapping sounds (on the wood of the violin; on the metal beams of the piano).
The gentle rustling sounds which conclude the work are produced by the application of a percussionist's wire brush to the strings of the piano.— G.C.[From: George Crumb: Profile of a Composer, compiled and edited by Don Gillespie (1986).]

中村典子:しづのまなかひ (2017,世界初演) [天聲地韻 vox carlum,terra rithimus II ]
テノール[八橋]:北村敏則 古箏:戴茜 箏:福原左和子 楽箏:中川佳代子 倭琴・十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子・陶山美輝 指揮:中村典子
NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan):time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
Tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian koto:FUKUHARA Sawako gakugoto: NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto・17gen:OE Miyako Percussion:MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki conductor:NAKAMURA Noriko


信 唯一 之 神, 全 能 之 父, 天地 万 物 的 创 造 者。信 父 之 唯一 子 主 耶稣基督。
Xìn wéiyī zhī shén, quánnéng zhī fù, tiāndì wànwù de chuàngzào zhě. Xìn fǔ zhī wéiyī zi, zhǔ yēsū jīdū.
他 为 了 人类,为了 拯救 我们, 因  圣 神 降 孕,由  童贞 玛丽亚 诞生。
Tā wèile rénlèi, wèile zhěngjiù wǒmen, yīn shèng shén jiàng yùn, yóu tóngzhēn mǎlìyà dànshēng.
他 在 比 拉 多 执 政 时 蒙 难, 被 钉 在 十字架 上,蒙 受 苦 难, 死而 安 葬。
Tā zài bǐ lā duō zhízhèng shí méngnàn, bèi dīng zài shízìjià shàng, méngshòu kǔnàn, sǐ ér ānzàng.
他 下降 阴 府, 第 三 天 复活。他 升 天, 坐 在了 全 能 之 父 的 右边。 其 日后 从 天 降 来, 审 判 生 死 者。
Tā xiàjiàng yīn fǔ, dì sān tiān, Fùhuó.Tā shēngtiān, zuò zàile quánnéng zhī fù de yòubiān.Qí rìhòu cóng tiān jiàng lái, shěnpàn shēngsǐ zhě.
此 世 永 不 终 结。 信 神 圣。 信 圣, 公, 信徒 之 唯一 教 会, 诸 圣 的 相 通,罪过 的 赦 免。
Cǐ shìyǒng bù zhōngjié. Xìn shénshèng. Xìn shèng, gōng, xìntú zhī wéiyī jiàohuì, zhū shèng de xiāngtōng, zuìguo de shèmiǎn.
信 肉体 的 复活, 永 恒 的 生 命。 阿们!
Xìn ròutǐ de fùhuó, yǒnghéng de shēngmìng.Āmen! (中国語訳:逄军 パン・ジュィン)


わたしは信じます。唯一の神、全能の父、天と地、見えるもの、見えないもの すべてのものの造り主を。わたしは信じます。唯一の主イエス・キリストを。 主は神のひとり子、すべてに先だって父より生まれ、神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神。造られることなく生まれ、父と一体。すべては
主によって造られました。主は、わたしたち人類のため、わたしたちの救いのために 天からくだり、聖霊によって、おとめマリアより からだを受け、人となられました。ポンティオ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書にあるとおり三日目に復活し、天に昇り、
父の右の座に着いておられます。主は、生者と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。わたしは信じます。 主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす 唯一の洗礼を認め、死者の復活と 来世のいのちを待ち望みます。 アーメン。[ニケア・コンスタンチノープル信条:カトリック中央協議会 日本司教団公文書より http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/prayers/nicene.htm]
 
Credo in unum Deum. Patren omnipotentem,
factorem caeli et terrae,
visibilium omnium et invisibilium.
Et in unum Dominum Jesum Chirstum
,Filium Dei unigenitum
Et ex Patre natum ante omnia ssecula.
Deum de Deo lumen de lumine,
Deum verum de Deo vero,Genitum,non factum,consubstantialem Patri;per quem ominia facta sunt.
Qui propter nos homines,et propter nostram salutem descendit de coelis.Et incarnatus est de Spiritu Sancto ex Maria Virgine, et homo factus est.Crucifixus etiam pro nobis sub Pontio Pilato passus,et sepultus est,
et resurrexit tertia die,
secundum Scripturas,et ascendit in caelum,
sedet ad
dextream Partris.
Et iterum ventures est cum gloria iudicare 
vivos st mortuos,
cuius regni non erit finis;Et in Spiritum Sanctum,Dominum,et vivificantem, qui ex Patre Filio que pro cedit.
Qui cum Patre et Filio simul adoratur,et conglorificatur:qui locutus est per Prophetas.
Et unam,sanctam catholicam et apostolicam Ecclesiam. A Confiteor unum baptisma in remissionem peccatorum.Et exspecto resurrectionem mortuorum,et vitam venturi saeculi.
Amen.

NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan):time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
Tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian koto:FUKUHARA Sawako gakugoto: NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto・17gen:OE Miyako Percussion:MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki conductor:NAKAMURA Noriko

Credo [Nicene Creed]
    I believe in one God, the Father Almighty Maker of heaven and earth, of all things visible and invisible:And in one Lord, Jesus Christ,the only-begotten Son of God, born of the Father before all ages;God from God, Light from Light, true God from true God; begotten, not made, consubstantial with the Father,by Whom all things were made;Who for us men and for our salvation came down from Heaven.and was incarnate by the Holy Ghost out of the Virgin Mary, and was made man:He was also crucified for us under Pontius Pilate; He suffered and was buried:And on the third day rose again according to the Scripture:And ascended into Heaven, and sits on the right hand of the Father:And He shall come again, with glory, to judge the living and the dead:Of His Kingdom there shall be no end;And I believe in the Holy Spirit, the Lord, and Giver of Life,Who proceeds from the Father and the SonWho, with the Father and the Son, is together adored and glorified,Who has spoken through the Prophets.And I believe in One, Holy, Catholic, and Apostolic Church,I confess one Baptism for the remission of sins.And I await the Resurrection of the Dead:And the Life of the world to come. Amen.

中村典子[作曲] 京都市立芸術大学を経て同大学院作曲専攻首席修了。廣瀬量平、北爪道夫、藤島昌壽、前田守一、田島亘、H.J.カウフマン、G.アミ等の各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、オーストリア、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、 アメリカ、メキシコ、イスラエル、リトアニア、ロシア各地の音楽祭、歌劇場、放送局、大学で度々作品上演。95年国連憲章50周年記念United WeDance サンフランシスコ歌劇場連続公演。ハイデルベルク大学で《日本の女性作曲家達》、モーツァルテウム大学で《身体と図譜》《夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景》講演。京都市芸術新人賞。滋賀県文化奨励賞。京都芸術センター運営委員。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授。

Nakamura Noriko graduated from Kyoto City University of Arts and received master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts,summa cum laude.She studied with Prof.Hirose Ryohei,Kitazune Michio,Fujishima Masahisa,Maeda Shuichi,Tajima Wataru,H.J.Kauffmann,G.Amy and so on.She works have been ofen performed at festival,operahouse,broadcasting,university inJapan,Korea,China,Taiwan,Germany,France,Italy,Swiss,Austlia,Spain,Norway,Sweden,Mexico,Israel,Lithania,Russia.Her debut work was performed several time at San Fransisco Opera House in “United We dance 1995”.She lectured “Japanese Women Composers” in Heidelberg University and “Physical Universtanding and Graphical Score” “Asiatic landscape by configration through the fluidly rhythm and acoustic transition,as a piano song of the 21st century, re-synthesed texture through acoustic transition by fusioned visual phenomenon”Mozarteum University.Since 2008,she is a member of steering committee,Kyoto Art Center.Currently,she is an associate professor,Kyoto City University of Arts.

Performers

松葉彩[サキソフォン]相愛大学音楽学部管楽器専攻首席卒業。学長賞。卒業演奏会、関西新人演奏会出演。横浜国際音楽コンクール室内楽部門第2位。大阪国際音楽コンクール室内楽部門第3位。ハバネラサクソフォンアカデミー、北アメリカサクソフォン会議2014、世界サクソフォン会議2015参加。オーケストラとソリストとして共演。公益財団法人青山財団奨学生。これまでにサクソフォンを平野公崇、岩田瑞和子、前田昌宏、須川展也の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程在学中。

橋爪皓佐[ギター]国立ニース地方音楽院ギター科エクリチュール科を経てベルギー王立ブリュッセル音楽院ギター科作曲科学士ディプロマ取得。京都市立芸術大学大学院に作曲で入学、英国王立音楽大学への短期派遣留学を経て修士号取得。和声をJ-Lルジニオン氏に、対位法をT.シュレイド氏に、作曲をD.キャペレッティ、前田守一、岡田加津子、中村典子、ハリス・キットス、藤倉大の各氏に、ギターを西垣正信、伊藤亜子、L.ブロンカーの各氏に、室内楽をI.スメノフの各氏に師事。O.シャッサン氏のマスタークラスを受講。山口ギターコンクール首席、ヘルベルト・バウマン作曲コンクール、カールフォンオシエツキー国際作曲コンクール、東京かつしか作曲コンクール、聖パトリックカレッジ国際作曲家フォーラム入選、ティモ・コルフォネン国際作曲コンクールファイナリスト。

大西泰徳[チェロ]京都市立芸術大学音楽学部卒業。next mushroom promotionにゲストとして招かれ、第16回テグ国際現代音楽祭(韓国)、第42回セルバンティーノ国際芸術祭(メキシコ)に参加。現在ソロや室内楽、オーケストラの傍ら、clumusica<クラムジカ>、JCMR KYOTOらと共に現代音楽の演奏に携わる他、Quamonett<カモネット>として弦楽四重奏に取り組むなど活動は多岐にわたる。神戸女学院大学演奏要員。アマービレフィルハーモニー管弦楽団契約団員。

中川佳代子[箏]高崎芸術短期大学卒業。NHK邦楽技能者育成会卒業。1989年CD「沢井忠夫合奏団の世界」が文化庁芸術作品賞受賞。1994年青山音楽賞受賞。1998年文化庁芸術研修員認定。2002年賢順全国箏曲コンクール最高位「賢順賞」受賞。海外において 2007年アジアツアー(文化庁助成公演)2008年モスクワ、ザンクトペテルブルクで􏰑ロシア公演、韓国晋州国楽交響楽団定期演奏会に20絃ソリストとして招かれるなど公演多数。現代曲の初演、洋楽器やダンスとの共演など活動範囲は広い。箏、三絃を沢井忠夫氏、沢井一恵氏、岩堀敬子氏、20絃を吉村七重氏に師事。 沢井箏曲院所属、師範。 沢井忠夫合奏団団員。京都教育大学附属京都小中学校、箏講師。

麻植美弥子[十七絃箏]京都市出身。祖母大仲勝子の手ほどきを受け、3歳より箏を始める。吉崎克彦氏に師事。NHK邦楽オーディション合格。長谷検校記念全国邦楽コンクール箏部門第1位 優秀賞、平和堂財団芸術奨励賞(音楽部門)、京都芸術祭音楽部門京都市長賞受賞ほか、受賞歴 多数。各地でサイタル開催。中島貞夫監督監修DVD「茶の湯」、舞台「横笛」等に音楽で参加、好評を得る。国内外アーティストとのジャンルを越えたセッション等、多彩な演奏活動をイタリア、フランス、韓国、シンガポールなど国際的に展開。現代曲の初演も数多く手がける。シームレス音楽世界の扉を開き続け、日本刀のような切れ味の見事な表現の冴えは宇宙的なスケール感をもって聴くものに迫ると評される。ムジカA国際音楽協会常任理事。NHK交響楽団フルート奏者菅原潤氏とCDリリース。

福原左和子[箏]幼少より叔母水島光代に手ほどきを受け、故菊月秋栄、野田弥生、故沢井忠夫、沢井一恵、中井猛、故久木元尚子の各師に師事。同志社大学経済学部卒業後、NHK邦楽技能者育成会31期卒業。 1988年デビューリサイタル。1984年オーストラリア、89年モロッコ、アルジェリア、チュニジア、イラク、90年中国各地、台湾、香港、92年スペイン公演。1994年伏見の清酒「京の文化賞」奨励賞。96年インド、ヨルダン、シリア、レバノン、 97〜98年アメリカコンサートツアー。2000〜02年京都3年連続リサイタル。00〜07年香港二夜連続リサイタル。05年イタリア公演。京都府文化奨励賞受賞。06年文化庁芸術祭新人賞。07年ブルガリアでソフィアフィルと箏コンチェルト世界初演。09年ブルガリアで再演。平成10年度文化庁芸術インターンシップ研修員。

赤松美幸[コントラバス]兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科を卒業。これまでにコントラバスを長谷川悟、南出信一、吉田秀の各氏に、声楽を北村敏則氏に師事。関西を中心にフリー奏者として活動中。2012年よりMozartのオペラ「魔笛」夜の女王のアリアとコロラトゥーラソプラノとコントラバスで弾き歌いをする特技を持ち、YouTubeなどで好評を博す。

江川菜緒[ヴァイオリン]6歳よりヴァイオリンを始める。「Phoenix OSAQA2014」にてJapan String Quartetによる 弦楽四重奏公開マスタークラス、TAMA音楽フォーラム主催ライプツィヒ・カルテットの弦楽四重奏公開レッスンを受講。ロームミュージックファンデーション主催 京都・国際音楽学生フェスティバル2015、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIII、セイジ・オザワ松本フェスティバル「青少年のためのオペラ」、「子どものための音楽会」に参加。これまでに、宮﨑彰美、東儀幸、澤和樹、曽我部千恵子、豊嶋泰嗣の各氏に、ヴィオラを山本由美子氏に師事。また、室内楽を中島悦子、上村昇、中村典子、上森祥平の各氏に師事。15年度公益財団青山財団奨学生。エイム弦楽四重奏団メンバーとして第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、ハイドン賞。京都市立芸術大学を経て現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。

砂原悟[ピアノ]東京芸術大学付属高校を経て、同大学卒業。東京芸大オーケストラとブラームス第2コンチェルトを芸大初演。日本音楽コンクール入選。同大学院在学中DAAD奨学金を得て渡独。西独バイエルン放送出演、ミュンヘンでリサイタル、ミュンヘン音楽大学マイスタークラッセ修了東京芸術大学大学院修了。ポルト市国際ピアノコンクール入賞。クロイツァー賞。1993年迄同大学院博士後期課程在籍。ポンポーザ音楽祭、文化庁派遣でクラリネットの村井祐児氏とトルコ大使公邸やイスラエル・テルアビブで室内楽演奏。クラヴィコードで藤枝守の作品発表に関わり「クラヴィコードの植物文様」(藤枝守作曲)レコード芸術誌「準特選」。宮島敏、中山靖子、クラウス・シルデ、小林仁の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学教授、東京藝術大学非常勤講師。

Matsuba Sayaka graduated from Faculty of Music,Soai Univerisy as the top student and received President Prize.She performed at Graduation Concert and Kansai New Face Concert.She was 2nd place of Yokohama International Music Competition and 3rd place of Osaka International Music Competition. She joined Hananera Saxophone Akademie,North America Saxophone Conference 2014,World Saxophone Conference 2015.She performed as a soloist with orchestra.She is Aoyama Foundation scholarship student.She studied with Hirano Masataka,Iwata Miwako,Maeda Masahiro,Sugawa Nobuya.She has studied in Graduate School of Kyoto City University of Arts.

Hashizume Kohsuke studied guitar and graduated from Nice Conservatory and Belgie Royal Brussel Concervatory and gained diplome from the same.He also studied composition and received a master degree from Graduate school,Kyoto City University of Arts.He studied a semester as an exchange student at Royal Conservatory of Music,England.He studied composition with Daniel Capelletti, Kazuko Okada, Noriko Nakamura, Haris Kittos and Dai Fujikura and so on.He studied guitar with Nishigaki Masanobu,Ito Ako,and so on. 2008 Yamaguchi Guitar competition (1st place) as a guitarist 2009 Herbert-Baumann composition competition, Germany(Prize winner)2010 Carl-von-Ossietzky International composition competition, Germany (Repertoire Prize)2010 Osaka international mandolin competition, Japan (Finalist), 2013 Tokyo Katsushika Composition Competition (3rd and Public Prize). 2016 Timo Korhonen International Composition Competition, Finaland (Finalist).

Arima Keisuke is left –handed pianist.He occured dystonia during studying at Osaka Kyoiku University.He introduced by a lot of media such as Nihon TV Kansai TV Sankei Shimbun,Yomiuri Simbun,and the article about the activity “archive of left hand” for the spread of left-handed performing,one hand piano lesson,workshop.He performed Piano Concerto for left-hand with Nihon Century Orchestra,conductiong Genda Shigeo.He received 7th Matsukata Hall Music Award,Encouragement Award.He is director of one hand piano music and representive of Keyboard Philharmony Orchestra.

Nakamura Kimitoshi graduated form Kyoto City University of Arts,and received a master degree form Graduate school,Kyoto City University.He studied violin teaching method also doctoral course at Kobe Uiversity.He studied with Kozai Riko,Katayama Akiko,Kishibe,Momoo,Shikata Kyoto,Yamamoto Yumiko.He is teaching at Ritto Art Cultural Hall Sakira Junior Orchestra Akademie.He received 23th Aoyama Music Award Barock Saal Prize.He released CD of Violin Duo in May,2014.

Song Hwayoung graduated from Osaka Prefectural Yuhigaoka High School,Department of Music and Kyoto City Univerisity of Arts,Faculty of Music,summa cum laude.She received Music Faculty Award,Kyoto Music Association Prize.She received a master degree from Kyoto City University of Arts,and received a concertist diplome from Ecole Normale superior course.She awarded at Corbelin International Piano Competition and so on.She broardcasted piano duo with her sister on NHK-FM Recital Nova at NHK Osaka Hall,public recording.She has been performed piano solo,ensemble and also official accompanist and translator at domestic and oversea Academies.She have the activities as Japan-China-Korea Trio at varius place in all Japan.She is teaching piano at Osaka Seikei Junior College.

Miyamoto Yasuko graduated from Doshisha Women College and Special course”Shokeikai” and received a magister degree and soloist examen,Hoch schue für Künste,Freiburg,summa cum laude.She studied with Taki Atsumi,Kitagawa Kiyoshi,Ueno Takashi,Nakatani Mitsuru,Yamafuchi Yasunori,Zoshiwara Sumire,Bernhard Wuff,Robert Van Sice,Mizazaki Zasujiro.She is a winner Leipzig Contemprary Music Competition.She is selected at Luxenburf International Music Competition,Munchen International Music Competition.She received Shiga Prefectural Cultural Encourage Award.Heiwado Foundation Art Encourage Award.She performed at Sututtgart Radio Symphony Orchestra,Basel Symphony Orchestra,Bremer Philharmonic Orchestra and so on.She is a part-time lecturer of Soai University,Doshisha Women University.She is a member of Shiga prefectural Culture deliberation Committee for next generation culticvation.

Degree in Gayageum, Korean traditional instrument, at Graduate School of Art in Yongin University in 2002.She was a performance unit of Sejong Korean Music Orchestra, National Folk Museum Troupe, and Yongin Traditional Music Orchestra. And she taught the gayageum to the students of Yongin University from 2009 to 2012.She had a concerto that joined her solo Gayageum san-jo with Seoul National Orchestra and performed her first recital at National Folk Museum.She played Gayageum Solo about 50 times at a lot of famous domestic and international theaters as well.She won the grand prize and the excellence prize in Gayageum at Korean music contest that was held by Korean Traditional Music Association and joined as a guest performer at Ethnic Music Festival of Philadelphia, San Francisco, New York, Los Angeles, Toronto, Canada, Czechoslovakia svitabi, and Kyrgyzstan.She won the prize of Cultural Arts from Minister of Culture, Information and Tourism, Kyrgyzstan in 2016.She is a program director of Dongsur Music group, Korean Contemporary Composition Performance group, and she has been a president of Gyeonggi Gayageum Ensemble for 10 years. In the meantime, she held Regular concerts 13times and released 28 Contemporary Gayageum Ensemble Premiere songs She released albums below vol.1 "Korean Song along with Gayageum" 2004 vol.2 "Special invitation" 2007vol.3 "A Walk Through Youth" 2015.

Mizuno Mayuri started to play violin at the age of six.She graduated from Chiba Prefectural Makuhari Comprehensive High School,Kyoto City University of Arts.She received a master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts.She had 5th place at Japan Classic Music Competition,and selected at Osaka International Competition.She performed at Graduation Concert,KCUA.She studied with Yamaoka Midori,Yamaoka Kosaku,TodaYayoi,Nakajima Chikako,Toyoshima Yasushi.

Dai Qian was born in Shenyan.She startef zheng at the age of four.She studied with sheng master Prof.Yan Yi.She performed in front of National Leader in Zhongnanhai,Beijing.In 1995,she enterd to National Shenyang Music Conservatory.recital as first stundet by Shenyang Conservatory.She came to Japan in 2002.She started Dai Qian zheng salon,and she has been performed in Japan.She received a doctoral degree [law] by the research of the legal protect for folk music.In 1992,she earned artist title from Shenyang.She was a winner at Liaoning Folk Instrument Festival 1994,All China Zheng Competition 1996 and Osaka international Music Competition.She organized Dai Qian Guzheng Orchestra in 2013 and Dai Qian Super Kids Guzheng Orchestra in 2014.

Nakagawa Kayoko graduated from Takasaki Art Junior College and NHK Japanese Traditional Music Institute.She received Aoyama Music Award in 1994.She was authorized as Art Trainee by the Agency of Cultural Affair in 1989.She performed Asia tour in 2007,Moscow in 2008,St Peterburg,Jinju and New York and so on.Her activeties are widely from tradititonal to collaboration with western instruments and dance.She studied koto with Sawai Tadao,Sawai Kazue,Iwabori Keiko,20gen with Yoshimura Nanae.She belongs Sawai Sokyokuin as instructor.

Oe Miyako was born in Kyoto.She started koto by her grand mother’s instruction at the age of three.She studied with Yoshizaki Katsuhiko.She studied NHK Japanese Traditional Music Institute and passed audition of NHK.She was winner of Hase Kengyo memorial All Japan Japanse Traditional Music Competition,received Hiwado Fodundation Art Encourage Award,Kyoto Art Festival Kyoto Mayer Award,Kyoto Art Festival Award. She performed in Italy,France,Korea,and Singapore.She is permanent council director of Musica A International Music Association.CD”Collaboration”with SUGAWARA Jun,flutist of NHK Symphony Orchestra.CD”Light playing harmonization”.

Akamatsu Miyuki graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music division,and Kyoto City University of Arts,Faculty of Music.She studied double bass with Hasegawa Satoru,Minamide Shinichi,Yoshida Shu,vocal music with Kitamura Toshinori.She has activities as freelance player in Kansai.Her performance is uploaded on youtube which is her special coloratura soprano singing with her double base performing on the nignt queen’s aria of Mozart.

Egawa Nao started violin at the age of six.She received master class of Japan String Quartet,Leipzig Quartet.She joined Internainonal Music Student Festival 2015,Seiji Ozawa Opera Project XIII,Seiji Ozawa Matsumoto Festival.She studied violin with Miyazaki Akkemi Higashi Noriyuki,Sawa Kazuki,Sogabe Chieko,Toyoshima Yasushi,studied viola with Yamamoto Yumiko,studied Chanmber Music with Nakajima Etsuko,Kamimura Noboru,NakamuraNoriko,and Uemori Shohei.She is scholarship student of Aoyama Foundation.She is winner 3th Soji Hall String Quartet Competition as a member of Aim String Quaret.She graduated from Kyoto City University of Arts and has studied on Graduate School,Kyoto City University of Arts.

Suhanara Satoru graduated from Tokyo University of Arts Senior High School and Tokyo University of Arts.He premiered Brahms’s Piano Concerto No.2 with Tokyo University of Arts Orchestra .His performance was selected at Japan Music Competition.During his studies at Graduate School,Tokyo University of Arts,he received a master degree from Höchschule für Musik,Munchen by DAAD scholarship and also a master degree from Graduate School,Tokyo University of Arts.His performance was selected at Porto City International Piano Competition and received Kreuzer Award.He studied at doctral courese of Graduate School,Tokyo University of Arts untill 1993.He performed chamber ensemble with Murai Yuji in Turkey and Israel.He was CD recording Klavierchord performance of the works of composer Fujieda Mamoru.He studied with Miyajima Satoshi,Nakayama Yasuko,Klaus Shilde,Kobayashi Hitoshi.Currently,he is professor of Kyoto City University of Arts,and a part-time lecturer of Tokyo University of Arts.

Suyama Miki graduated from Kyoto City University of Arts and received certificate from Soai University Special Music Course.She received outstanding performance award from KOBE International Music Competition Percussion C division.She studied percussion with Ito Sumiko,Yamamoto Tsuyoshi,Komori Kunihiko,Hotiuchi Yoshimasa,Takehara Mika,Nakamura Tsuyoshi,Nunotani Fumihito,Nakatani Mitsuru,and Miyamoto Yasuko.She studied at master class of Emmanuel Sejourne,Pascal Pons,and Pius Cheung.

Kitamura Toshinori graduated from Kyoto City University of Arts and received a master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts.He studied with E.Werba and K.Equiluz in Wien.He is winner of Japan Shubert Association International Lied Competition with audience award and special award from judge and also winner of Bolzano Aria Competition with Ada Welba Award.He received 1st Aoyama Music Award and Kyoto City New Artist Award.His debut was Opera Onatsu Sijyuro by Maeda Shuichi.He joined Opera presentation in Gernany,Italy and Austlia.His songs have high ruptation as Evangelist of Johann Passion,Mathew Passion. CD “The World of Mozart”.

[PR]
International Contemporary Music Festival
"Present of Orchestral Asia 2017"
21 May,2017,15:15 Talk Session
University Hall,Kyoto City University of Arts
photo by ARAKI Maho
e0146075_16563552.png
《TALK SESSION》
participate composers
PAK Shil [Korea-Japan]
Chris HUNG [Hong Kong-China]
LEE Boknam [Korea]
KIKUCHI Yukio [Japan]
Joshua CHAN [Hong Kong-China]
FUJIIE Keiko [Japan]
translator:DAI Qian [China-Japan]
SONG Hwayoung [Korea-Japan]
HASHIZUME Kosuke [Europe-Japan]
operator:IKEUCHI Kanon [Japan]
moderator:NAKAMURA Noriko [Japan]

e0146075_19180590.jpg
e0146075_18564945.png

e0146075_19101411.png
e0146075_17304612.png
e0146075_17323136.png
e0146075_09175223.png
PAK Shil:WADAIKO Samul
e0146075_09075362.jpg

e0146075_19132835.png
e0146075_17545486.jpg
Chris HUNG Mingjian:samsara (2014/2016,World Premiere)
e0146075_09052377.png
e0146075_19551861.png
e0146075_18015642.jpg
LEE Boknam:Lamentation (2016,Japan Premiere)
e0146075_19231558.jpg




e0146075_18214770.png
e0146075_18111968.jpg
KIKUCHI Yukio:In Silence of Light (2015,Kyoto Premiere)
e0146075_18141882.png
e0146075_18350258.jpg
e0146075_18365391.jpg
Joshua CHAN Kam Biu :Sprinkling (2017,World Premiere)
e0146075_18392966.png
e0146075_18374078.jpg
e0146075_18514475.jpg
FUJIIE Keiko:Ophelia adrift (2017,World Premiere)
e0146075_18485675.png
《DISCUSSION》
speaker:IKEGAMI Satoshi
e0146075_19384847.png
moderator:NAKAMURA Noriko



[PR]
International Contemporary Music Festival
"Present of Orchestral Asia 2017"
21 May,2017,17:45 《Closing Concert》
University Hall,Kyoto City University of Arts
photo by ARAKI Maho
e0146075_20424838.jpg

《CLOSING CONCERT》
e0146075_20123219.jpg
e0146075_20125709.jpg
e0146075_20134413.jpg
Joshua CHAN Kam Biu:Sprinkling (2017,World Premiere)
violin:MIZUNO Mayori koto:FUKUHARA Sawako 17gen:NAKAGAWA Kayoko
陳錦標:
            violin:水野万裕里 箏:福原左和子 十七絃:中川佳代子
e0146075_20145057.jpg
e0146075_20142310.jpg
SHIMIZU Yoshihiko:dharani(2012)
guitar:HASHIZUME Kosuke
清水慶彦:陀羅尼
guitar:橋爪皓佐
e0146075_20151199.jpg
e0146075_20152081.jpg
e0146075_20153658.jpg
Paul HINDEMITH:sonata (1924)
violin: NAKAMURA Kimitoshi
P.ヒンデミット:ソナタ
violin:中村公俊
e0146075_20202032.jpg
e0146075_20202669.jpg
e0146075_20203605.jpg
MASUDA Mayu:AKARI (2017,World Premiere)
cello:ONISHI Yasunori double bass:Akamatsu Miyuki
増田真結:あかり
cello:大西泰徳 double bass:赤松美幸
e0146075_20224452.jpg
e0146075_20233334.jpg
e0146075_20205333.jpg
e0146075_20243970.jpg
e0146075_20251115.jpg
George CRUMB:Four Nocturne (1964)
violin:EGAWA Nao prepared piano:SUNAHARA Satoru
G.クラム:四つの夜想曲
violin:江川菜緒 prepared piano:砂原悟
e0146075_20360100.png
e0146075_20402993.png
e0146075_20420914.jpg


e0146075_20425791.jpg
e0146075_20434866.jpg
e0146075_20443443.jpg
e0146075_20454178.jpg
e0146075_20464206.jpg
e0146075_20481169.jpg
e0146075_20521516.jpg
e0146075_20524645.jpg
e0146075_20535162.jpg
e0146075_20540039.jpg
e0146075_20534347.jpg
e0146075_20531209.jpg
NAKAMURA Noriko:time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere)
tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng: DAI Qian
koto:FUKUHARA Sawako gakugoto:NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto & 17 gen :OE Miyako
percussion:MIYAMOTO Yasuko & SUYAMA Miki
conductor:NAKAMURA Noriko
中村典子:しづのまなかひ
tenor[八橋]:北村敏則 古箏:戴茜
箏:福原左和子  楽箏:中川佳代子
倭琴&十七絃:麻植美弥子
打楽器:宮本妥子 & 陶山美輝
指揮:中村典子
 


[PR]

e0146075_02233758.jpg
e0146075_17552285.jpg
e0146075_18293371.jpg
1 April,2017 18:00 Kränholm scheune Auf dem Hafen Ufer 35 35a 28759 Bremen
CLAUDIA BIRKHOLZ,KLAVIER
Program
teil 1 Aufbruchstimmung
Alexzander Skryabin(1872-1915)- Preludes op.74(1914)
Arnold Schönberg(1874-1951)ßKlavierstücke op.19 (1913)
Henley Powell (1897ß1965) Aeolian Harp(1923)
Luigi Dallapiccola(1904ß1975) I Aus:Quaderno Musicale di Annalibra für Klavier(1955)
Luciano Berio(1925-2003) I Wasserklavier(1965)
George Crumb(1929-) USA Music of Shadows(1972)
György Liegti(1923-2006) RO Touches blouses(1985)
Yui Kakinuma(1961-)J Paeonia(1989)
Christoph Hurdler (1964-)A Variation seriöses variation(2009)
Teil 2-The joy of toy
John Cage(1912-1992) USA Suite for toy-piano(1948)
Julia Wolfe(1958-) USA East Broadway(1996)
Noriko Nakamura (1965-)J Riverside Lullaby
Eric Satie(1866-1925(F Grossiennes(Beard.)
Karlheinz Essl (1960) A Sequitur V (2008)
Chick Corea (1941-) Children Song Nr.1.3 und 4(1983)
Kazuyo Nozawa(1945-) Gedanken bei Schnee II (2014) Sganarele(2014)
e0146075_18271358.jpg

e0146075_18011011.jpg

[PR]

e0146075_12172265.jpg

e0146075_12103325.jpg
Walt Disney Theater 2700 DR.PHILIPES CENTER Orland,Central Florida

[PR]
OE international alternative festival 2017
"voiceless voice"
12 January,2017 University Hall,Kyoto City University of Arts
photogragh:Araki Maho
e0146075_16171352.jpg

e0146075_16164084.jpg

research presentation

autumn 2016 -winter 2017 by composing theoretical research class with composition seminar presentation

graduate school,KCUA

presenter:Nakamura Noriko

e0146075_16175223.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=ppVpARwM2Qo

Bartok Bela:from 8 Hungarian Songs 1.2.7.8
Soprano:Akaeda Eriko Tenor:Kina Nagomu
piano:Kojima Ryo [4]
video shooting:Nakamura Noriko
[26 December,2016]

e0146075_16173220.jpg
operation:Inatani Yusuke
e0146075_17294609.jpg
Yamaguchi Tomohiro:Only"Marimba"Concerto(2017,World Premiere)
electronics:Yamaguchi Tomohiro
e0146075_16192536.jpg
Yun Isang:Etude No.5
flute:Kamata Kunihiro
e0146075_16193706.jpg
e0146075_16205167.jpg
e0146075_16214749.jpg
Inatani Yusuke:Voiceless VOICE(2016)
saxophone:Matsuba Sayaka
e0146075_16215986.jpg
e0146075_16225257.jpg
e0146075_16242636.jpg
Shakuhachi Hokkyoku=W.Offelmanns:TSURU-NO-SUGOMORI
flute:Omura Yukie
e0146075_16232295.jpg
e0146075_16594505.jpg
e0146075_16252937.jpg
Bartok Bela:Contrasts
violin:Egawa Nao clarinet:Hirakawa Natsumi
piano:Sunahara Satoru
e0146075_16291525.jpg
violin:Egawa Nao
e0146075_16291874.jpg
clarinet:Hirakawa Natsumi
e0146075_16292161.jpg
piano:Sunahara Satoru
e0146075_17111454.jpg
e0146075_16261753.jpg
e0146075_16295547.jpg
e0146075_17195848.jpg
Nakamura Noriko:xiaoxin(2017,World Premiere)
electronics:Nakamura Noriko













[PR]
clumusica 24thconcert [clumusica friendship charity26]
series邂逅Project III
御継《みつぎ》の語り Inheritance of Traditional Singing
本年度京都市芸術文化特別奨励者林美音子氏を迎えて
Hayashi Mineko,Yanagawa shamisen
Recipient of the Kyoto City Special Bounty Program for Arts and Culture 2016
with ensemble clumusica, Nakamura lab, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts

2016.12.22[木] 京都市立芸術大学大学会館ホール
主催 : ensemble clumusica 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室
Organizer:ensemble clumusica Nakamura lab, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts

協力:京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター
Collaboration:Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts

ごあいさつ

本日は暮れの大変おいそがしいなか沓掛の学舎までお運びくださり、本当にありがとうございます。
clumusica設立以来8年目24回目の演奏会はseries邂逅のプロジェクトIIIにあたり、 2015年1月、12月、2016年1月そして12月とさまざまな東西の遡及と邂逅によって今回4回目を迎える運びとなりました。
《御継(みつぎ)の語り》と題した今回は、本年度京都市芸術文化特別奨励者認定の柳川三味線の林美音子氏をお招きし、三味線音楽最古の芸術的歌曲である組歌の演奏をお聴きいただくのに、柳川流と柳川三味線について本学名誉教授で元日本伝統音楽研究センター所長の久保田敏子先生にお話しいただきます。またその導入に際し、この流祖柳川検校の没するころドイツで成立した音楽と、柳川検校の没する一年前にスペインで没した盲目の音楽家の音楽をお聴きいただきますが、前者はよく知られたパッヘルベルのカノン、後者は盲目のオルガニスト・作曲家のパブロ・ブルーナのオルガン音楽で、これらを弦楽によって演奏いたします。
さらに後半では、現代の盲目の演奏家・作曲家で北京中央音楽院博士課程の代博氏による音楽と、この邂逅シリーズで誕生した韓国の現代作曲家金重希氏による口承文芸パンソリの歌い手のために書かれた音楽をご紹介し、昨年の笙と弦楽の協奏曲に続くプロジェクトIIIの東西古今の遡及と邂逅として詞から作りました柳川三味線と弦楽の遡及と邂逅の協奏曲《御通木(みつぎ)》をお聴きいただきます。どうぞゆっくりとお楽しみください。
2016年12月
中村典子        
京都市立芸術大学音楽学部准教授
                                     
clumusuica collaborative supervisor

プログラム
レクチャーコンサート Lecture Concert
《第1部 同時代音楽》 Part I Music of the Same Age
ヨハン・パッへルベル 《カノン》 Johann Pachelbel (1656-1706) : Canon (ca.1680)
パブロ・ブルーナ 《聖母の連禱》 Pablo Bruna (1611-1679) : Tiento de Falsas 2 tono (17C)
お話:久保田敏子
[京都市立芸術大学名誉教授・元日本伝統音楽研究センター所長]
Lecture:Kubota Satoko
[Professor emeritus, Kyoto City University of Arts,
Former Head,Research Centre for Japanese Traditional Music]
柳川検校  《早舟》  [作詞不詳] (抜粋) Yanagawa Kengyo ( ?-1680) : Hayafune (17C) [extract]
柳川三味線:林美音子 Yanagawa Shamisen : Hayashi Mineko

[pause]

《第2部 語りの御継》 一部録音より* Part II Inheritance of Traditional Singing  * includes recording
代博 (1988- )[中国] 《空谷幽兰》より* Dai Bo(1988- )[China] : KONG GU YU LAN (2008)
パンソリ (伝承曲)[韓国] 《春香伝》より* Pan’Sori (traditional) [Korea] : from “Chunhyangga”(18C)
金重希 (1963- )[韓国]  《夢なり》より* Kim Joonghee (1963- ) [Korea] : 꿈이로다”Dream”(2015)
中村典子 (1965-)[日本] 《御通木》 柳川三味線と弦楽の協奏曲 (2016,世界初演)
Nakamura Noriko:“MITSUGI” Concerto for Yanagawa Shamisen and Strings (2016, World Premiere)
柳川三味線:林美音子 Yanagawa Shamisen : Hayashi Mineko
弦楽:アンサンブル・クラムジカ
中村公俊 江口純子 水野万裕里 
大藪英子 北條エレナ 柳樂毬乃 三上さくら
大西泰徳 孫工恵嗣 村田静菜 井上大貴 池田源輝
ご案内・作曲・編曲・指揮:中村典子 [京都市立芸術大学音楽学部准教授]


Strings:ensemble clumusica
Nakamura Kimitoshi  Eguchi Junko  Mizuno Mayuri
Oyabu Hideko  Hojo Elena Yagira Marino Mikami Sakura
Onishi Yasunori Magoku Keishi Murata Shizuna Inoue Hiroki Ikeda Genki
Presenter&Conductor[Composition,Transcription]:Nakamura Noriko [associate professor, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts]

《第1部 同時代音楽》 Part I Music of the Same Age
ヨハン・パッへルベル 《カノン》
Johann Pachelbel (1656-1706) : Canon (ca.1680)
 パッヘルベルは南ドイツ・オルガン楽派最盛期のバロック中期の最重要作曲家。カノンはもっとも知られた三声に通奏低音の音楽で、冒頭2小節を28回オスティナートするなか上声部が順に受け渡されてゆく明快な構造である。楽曲成立の1680年が柳川検校の没年にあたる。
パブロ・ブルーナ《ティエント・デ・ファルサス》
Pablo Bruna (1611-1679) : Tiento de Falsas 2 tono (17C)
パブロ・ブルーナはスペインの盲目のオルガニスト・作曲家で、柳川検校の没年の一年前に没している。現存する32の作品はすべてティエント様式のオルガン作品である。ティエントは変化に富んだ一連の模倣的な傾向で、英独蘭のファンタジア、イタリアのリチェルカーレ[探求]に類似し、語源はスペイン語の動詞tentar(触れる、誘う、試す)に由来する。ティエント・デ・ファルサスとは、調性や旋法に含まれない不協和音を多用する試みといった意味となる。
柳川流と柳川三味線について
久保田敏子[京都市立芸術大学名誉教授]
◆「柳川流」について
柳川流は、地歌三味線の最古の流派で、現在は京都でしか伝承されていない。流祖は、柳川検校(?-1680)で、三味線を開発して最初の地歌作品「三味線組歌(本手)」7曲を作曲したとされる石村検校(?-1624)の弟子とも孫弟子ともいわれる。そもそも地歌の流派は、職格取得のための必修曲であった「三味線組歌」の伝承系譜によるもので、柳川検校以降は、その孫弟子・野川検校(?-1717)が、大阪を中心に広めた「野川流」しかない。
初期の三味線も少しずつは改良されたが、江戸期迄は柳川検校時代のものが主流。ただし、素人も挙って稽古をするほど義太夫節が人気だった大坂では、地歌もその音色に近づくために、初代津山検校慶之一(?-1836)が、握りが重く、先端で急に薄く大きく拡がる「津山撥」を開発。以来、それに倣った撥が急速に普及した。 明治になると、楽器自体の改良も、大阪や九州で行われた。現在一般に使用されている地歌三味線は、九州の長谷幸輝(1842-1920)と弟子・川瀬里子(1873-1957)が完成したもので、俗に「九州三味線」と呼ぶ。今では、この「九州三味線」と「津山撥」が地歌の主流となり、柳川流を伝承する京都でも表現力に幅のある「九州三味線」を用いるようになった。とは言え、今、地歌作品として最も演奏頻度の高い「京風手事物」が作られた時代は、まだこの柳川三味線であったはず。
京都では、流祖以来の「柳川三味線」が廃絶しないように、京都當道会が中心となって伝承に尽力している。今回の京都市芸術文化特別奨励者・林美音子もその一人である。
◆「柳川三味線」の主な特徴
① 形状は現行の地歌三味線に比べると、全体にやや小振りで、棹も細めである。
② 皮は表裏それぞれ一匹ずつの幼猫の皮を水で濡らして、金栓で張る。従って、表面には八つの乳跡があり、俗に「八つ」と言う。
③ 胴には胴掛けを掛けず、肘を乗せる所に「手当たり」という金襴の小布を直張りする。根緒には房飾りを付ける。
④ 棹は細めで、胴への付け根は鳩の胸のように丸みを持っているので、高い勘所は棹と糸との隙間が広くて押さえに難い。現行では胴の直前迄、一直線になるように改良。
⑤ 駒は鼈甲製で、胴皮に触れる台が広めで、底が刳り抜かれて空洞なので軽量。現行は底面に金属を埋め込んでいるので重い。
⑥ 撥は「京撥」とも称し、象牙製で、楽琵琶の撥に近い小振り。握りから先端にかけて、かなり薄くなっていて、しなやか。胴皮に打ち付けずに、ヘラで練り物を捏ねる様に弾く。
⑦ 音色は、意外に野太く、深い味わいがあるが、細かい表現をするには技巧的に難しい。
柳川三味線と現行の地歌三味線の比較              
柳川三味線と現行三味線の駒と撥(現行:津山撥)


柳川検校  《早舟》  [作詞不詳] (抜粋)
Yanagawa Kengyo ( ?-1680) : Hayafune (17C) [extract] *抜粋版
柳川三味線:林美音子 Yanagawa Shamisen : Hayashi Mineko

名護屋、山路よノ、肥後や八代、熊本じゃ。鳥もえ通わぬマタノヨヤ、宵。
これが暇の、これが暇のマタノ、エソレ、文、手にはヤッコレサッサ、取らいで生中に。
お少女少女様は、形は椋鳥で、声は鶯で、しゅくしゃか、むくしゃか、さんばか、
しんから、しんたか、きゅうたか、ずんばいぼ、眉目が好ござれば
マタノ、エソレ、声、声もイヨソレ、言葉もしなやかな。
我が引くならば、山じゃ木の根も萱の根も、川じゃ川柳、里に下がりて、
道の小草も田の草も、人の嫁御も小娘も、綸子細帯さらりさっと巻きあげて、
十七、七、八は、いざや友どちを寄せや集めて、我が音頭で鼓太鼓や、
てっこや唐鼓や、振鼓、けけにからからり、ひゃふらひふら、たらふらや、
エエ、さらさらと引かばソレかば、靡きゃるなマタノ、エソレ、引く、引くに
イヨソレ、靡かぬ草も無や。
エエ、是より下へは山城川とて、昔由来はノ、サッテモ、川なれど、
往けど戻れど、流れはちょろちょろ川の、橋はとも吊り、纜ともづなよ、くるり、くるり、
くるり、エッくるり、ヤッくるり、くるりくるりと巻きゃげて、川下さして
流れ落つる、落つる、つるつる落つるも、是もご縁かヤ。
下は堀川のマタノ、エソレ、深、深きイヨソレ、思いは我独り。
つるや、つるつると行過ぎて、行けば右手よ、戻れば左手、今は出来女郎、
小熊様の、呼名を申せば、さて西国の中川奥なる、檜の木出格子の、
瓦葺の、隣の与太郎兵衛が娘、さっても目鼻好し、甚だ好しノ、
眉目が好ござれば、マタノ、エソレ、声、声もイヨソレ、言葉もしなやかな。
沖を漕いで通るは、明石の浦の源太が本船か、
サテ、艪では遣らいで歌で遣る。
一の枝引けば、二の枝靡く、靡けや小松の一の枝、
つりりん、りつりりん、つりりん、りつの、つりりん。

《第2部 語りの御継》 一部録音より* Part II Inheritance of Traditional Singing  * includes recording
代博 (1988- )[中国] 《空谷幽兰》より* Dai Bo(1988- )[China] : KONG GU YU LAN (2008)
空谷幽兰
贞芳只合深山,红尘了不相关。 留得许多清影,幽香不到人间。---张 炎《清平乐》
慎ましやかに芳しい蘭の花は山の奥深くに咲くのが似合う。汚れた世界とは関わらぬように。
清らかな影も山の中にとどめておこう。かすかな香りさえ人里に届かぬように。
張炎《清平楽》(訳:パン・ジュィン)

パンソリ (伝承曲)[韓国]
《春香伝》よりスクテモリ 蓬髪 [みだれがみ] *Pan’Sori (traditional) [Korea] :from”Chunhyangga”(18C)

パンソリは多くの場合、韓国語の歌劇、語り物と呼ばれる。歌い手と杖鼓の打ち手を共有し、音楽劇の形で主題にした物語を語る韓国の伝統音楽の型である。杖鼓が音の時間的構造の進行を提供し、演唱の情熱に追加する励ましの言葉を叫ぶことで付随的な役割を果たしている間、歌い手は歌、言葉、 そして身体言語を通して中心的な役割を果たす。明確な独特の音、律動、そして歌の技術で、
パンソリは韓国独特の文化的景観の真の代表である。                                                  
歌劇形式の古い小説「春香伝」。宋春香、妓生の娘と李夢龍、両班の息子の身分を超えた愛の物語。ス クテモリは、妓生の娘宋春香に妓生なら身辺に侍るように求める役人に応じず、春香が愛を誓った李夢龍への貞節を守ったために拷問され投獄された牢で歌う歌。「蓬髪[みだれがみ]」という意味で、 邂逅を待つ女性の深い想念を語る作品である。
パンソリは申在孝の「パンソリ」(東洋文庫)では、パン:場、ソリ:音と解されている。あまねく(遍く普く)行き渡る「汎」と、 世界を観察して形どった響を組み合わせ、発する音の連なる音節によって伝える世界のすべてという意味での「聲」で、「汎聲」とも感じとれる。 [金重希・中村典子]

金重希 (1963- )[韓国]  《夢なり》より* Kim Joonghee (1963- ) [Korea] : 꿈이로다”Dream”(2015)

夢なり 
夢なり
 
すべては夢なり
汝も我も夢中に在り
こもそもこの夢なり                             
夢中目を覚まさんとすれば
また夢なり
目の覚むるも夢なり                                         
夢に生じ夢に住し夢に歿す
一期はからじなし                                          
目覚むるに夢見て何をかせむ
感なる言の葉 いな 光生ず

夢である 夢である
 
すべては夢である
汝も我も夢の中にある
これもそれもこの夢である                 
夢の中で目を覚ますとまた夢である
目を覚ます夢も夢である                                  
夢に生まれ夢に住んで夢に死んでゆく
人生には無駄は一つもない                                
目を覚ますなら 夢を見て何をするのだろうか
感極まった言葉 いや 光が生じたのだ
[韓国南道民謡フンタリョン(興打令)の一部
”夢なり”より 金重希・中村典子共訳]     

中村典子 (1965-)[日本] 《御通木》 柳川三味線と弦楽の協奏曲 (2016,世界初演)
Nakamura Noriko:“MITSUGI” Concerto for Yanagawa Shamisen and Strings (2016, World Premiere)

柳川三味線:林美音子 Yanagawa Shamisen : Hayashi Mineko

弦楽:アンサンブル・クラムジカ
中村公俊 江口純子 水野万裕里 
大藪英子 北條エレナ 柳樂毬乃 三上さくら
大西泰徳 孫工恵嗣 村田静菜 井上大貴 池田源輝
指揮:中村典子 [京都市立芸術大学音楽学部准教授]
Strings:ensemble clumusica
Nakamura Kimitoshi  Eguchi Junko  Mizuno Mayuri
Oyabu Hideko  Hojo Elena Yagira Marino Mikami Sakura
Onishi Yasunori Magoku Keishi Murata Shizuna Inoue Hiroki Ikeda Genki
Conductor:Nakamura Noriko [associate professor, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts]
御通木 [作詞:中村典子]
一.疾(と)く還(かへ)らむ 阿弥ヶ峰(あみがね)の
鴈(かり)が遠音(とほね)の さしも知(し)らじな  
二. 疾(と)く奏(かな)でむ 静(しづ)の舞(まひ)
自然(じねん)普賢(ふげん)の 極(きはみ)なり
三. 疾(と)く語(かた)らむ 瑞(みづ)の聲(こゑ)
満(み)つ立処(たちどころ) 御通木(みつぎ)かな
四. 疾(と)く重(かさ)ねむ 往(い)にし辺(へ)の
光(ひかり)出(いづ)らむ 命(いのち)なりけり
[現代語訳]
はやく還りたいものです 
それほどまでとはご存知ないでしょう 
遠くから聞こえて来る阿弥ヶ峰の鴈の遠くまで聞こえる音を

はやく奏でたいものです 
あるがままにあまねくかしこき極みの 
しづ[垂づ・鎮・わたくし・静]のまひ[真日・舞]を

はやく語りたいものです 
かみと通じる木の瑞々しい聲が
立ちどころに満ちます

はやく重ねたいものです 
いにしえのときの光[ひかり]が出てくるでしょう
命があるからこそです[中村典子]

出演者

林美音子[地歌筝曲・柳川三味線]

1981年京都生まれ。音楽家の両親のもとで育ち、幼少期より、母であり地歌演奏家の林美恵子師に地歌の基礎と古典曲を学ぶ。邦楽の既存概念やジャンルの壁を乗り越え日本音楽に多大な影響を残した演奏家・沢井忠夫師から現代邦楽を学び、京都にのみ伝わる三味線の祖型・柳川三味線の保存と伝承に尽力した先駆者・津田道子師にその手ほどきを受ける。10代の頃より国内のみならずポーランド、ハワイ、中国・蘇州などで国外公演の経験も積み、大学時代には奈良教育大学にて音楽文化を専攻。2011年、「くまもと全国邦楽コンクール」優秀賞受賞に続き、日本伝統文化振興財団による邦楽技能者オーディションに合格。CD『柳川三味線 林美音子』(販売元:victor)をリリース後、文化庁芸術祭参加公演となる初のリサイタルを開催し、演奏家として本格的に活動を開始する。現在、大蔵流狂言を茂山千五郎師に、俚奏楽家元本條秀太郎師に師事、自身の公演において初演委嘱作品や現代舞踊との共演を披露する等、地歌、なかでも柳川三味線の次世代へ繋ぐ新たな可能性を探求しながら活動の幅を広げている。また、2010年頃より教育現場においても積極的に携わり、現在、京都教育大学附属桃山小学校和楽器講師、奈良教育大学非常勤講師、京都女子大学非常勤講師、滋賀県立石山高等学校非常勤講師、京都教育大学による文科省認定「我が国の伝統・文化教育の充実に係る調査研究」推進委員として教材用DVDに出演する等、邦楽を未来に繋ぐ架け橋として積極的に活動する。2012年、公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団による「第32回伝統文化ポーラ賞奨励賞」受賞。2016年、京都市より「平成28年度京都市芸術文化特別奨励者」の認定を受ける。NHK 総合『にっぽんの芸能』出演や、ラジオ、新聞、雑誌等各種メディアにも多数出演。2016年11月1日初の東京リサイタルを開催。(於:紀尾井小ホール)同年12月、若手地歌演奏家として選出され、奈良日伊協会ら主催によるイタリア公演ツアー2都市にて演奏。公式HP:http://mineko-h.com 公式instagram :mineko_hayashi

久保田敏子[音楽学]

大阪船場の生まれ。相愛女子大学音楽学部作曲学科卒。同研究科音楽学専攻修了。池内友次郎氏に作曲、音楽学を岸辺成雄氏、平野健次氏に師事(いずれも故人)。習慣により、数え年の6歳6月より舞踊とピアノを、少し遅れて箏曲を習って以来、お稽古フリークとなる。その後、菊県琴松師に地歌箏曲を、杵屋勝六師に長唄、菊原初子師に地歌、先代藤井千代賀師に山田流箏曲、天王寺楽所雅亮会で雅楽、四世竹本津大夫に義太夫節を習うほか、色々とお稽古を受ける。但し、どれも物にはなっていない。相愛女子大学、龍谷大学、奈良教育大学等を経て、平成12年度から新設された京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター教授。テレビやラジオの講師、邦楽鑑賞会の解説、邦楽コンクールその他の審査委員、審議委員、企画委員などもつとめる。主著に「日本芸能セミナー 箏・三味線音楽」「NHK古典芸能 箏曲・尺八鑑賞入門TVテキスト」「点描 日本音楽の世界」「よくわかる箏曲地歌の基礎知識」などがある。現在、京都市立芸術大学名誉教授。

ensemble clumusica

中村公俊[ヴ􏱷ァイオリン]京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。同大学院器楽専攻修了。神戸大学人間発達環境学研究科博士課程の研究生として、ヴァイオリンの指導法についての研究を行った。これまでにヴァイオリンを香西理子、片山晶子、岸邉百百雄、四方恭子、ヴィオラを山本由美子の各氏に師事。オーケストラや室内楽でのヴァイオリン、ヴィオラ双方の演奏だけでなく、現代音楽や新曲の初演、録音も行っている。また、栗東芸術文化会館さきらジュニアオーケストラアカデミーで後進の指導にあたっている。2013年《第23回》青山音楽賞バロックザール賞受賞。CDを2014年5月発売。

江口純子[ヴ􏱷ァイオリン]京都市立堀川音楽高校、京都市立芸術大学音楽学部、同大学院首席卒業。卒業時に大学院市長賞受賞。2009年全学費免除のもとアメリカ北フロリダ大学演奏科に留学。2012年第16回京都の秋音楽祭にて豊嶋泰嗣、林七奈、篠崎友美、上村昇の各氏と共演以来、著名アーティストとの共演を重ねている。現在、自身のリサイタルや室内楽、オーケストラ客演でヴァイオリン、ヴィオラで活動中。

水野万裕里[ヴァイオリン・ヴィオラ] 4歳よりピアノ、6歳よりヴァイオリンを始める。千葉県立幕張総合高校、京都市立芸術大学を経て、同大学院音楽研究科修士課程修了。同大学卒業演奏会に出演。第15回日本クラシック音楽コンクール第5位。京都・国際音楽学生フェスティバル、Phoenix OSAQA 2014 公開マスタークラスに参加。これまでにヴァイオリンを山岡みどり、山岡耕筰、戸田弥生、中島慎子、 豊嶋泰嗣の各氏に、ヴィオラを山本由美子、室内楽を中島悦子に師事。現在はフリー奏者として室内楽、オーケストラ、アーティストのバック演奏、レコーディングなど、幅広く活動を行っている。

大藪英子[ヴァイオリン]京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻卒業。2004年日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位[最高位]、2005年大阪国際音楽コンクール中学校の部第2位。2007年、2009年中学校・高校の部エスポワール賞。2010年全日本音楽コンクール大阪大会高校の部第3位。2006年、2011年、関西芸術文化アカデミー「期待される若き演奏家の集い」出演。2006年、2009年、京都芸術祭「世界に翔く若き音楽家たち」出演。第23回「京都芸術祭奨励賞」受賞。

北條エレナ[ヴァイオリン] ミラノ近郊ノヴァーラ生まれ。幼少時より日本イタリア両国においてコンサート出演。関西フィルと協奏曲共演。高3まで、全国オーディション選抜の佐渡裕率いるスーパーキッズオーケストラの第一バイオリンを務める。京都堀川音楽高校ではコンサートミストレスを務めバイオリン首席卒業。大阪神戸の他、イタリアオランダにてリサイタルを開催し好評を博す。オランダインターナショナルミュージックセッションにてスメタナ氏、フランスにてドガレイユ氏、ザルツブルク音大にてフリッシェンシュラーガー氏のマスターコースを修了し各校にて選抜コンサート出演ディプロマ取得。ロータリークラブ青少年コンクール第1位及びガバナー賞。KOBE国際音楽コンクールC部門(18〜32歳)奨励賞。スペインGLOBA国際バイオリンコンクールセミファイナリスト。京都市立芸術大学首席卒業。

柳楽毬乃[ヴァイオリン] 6歳よりヴァイオリンを始める。第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞受賞。同ガラコンサート出演。第59回西日本国際音楽コンクール入賞。2010年「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」のオーディションに合格し3年間在籍し国内外の演奏会、2014年にはOGとして全国ツアーに参加。これまでにヴァイオリンを井川晶子、芦原充、玉井洋子、玉井菜採、豊嶋泰嗣の各氏に師事する。現在、京都市立芸術大学音楽学部4回生。

三上さくら[ヴィオラ] 4歳よりヴァイオリンを始める。2014年9月第68回全日本学生音楽コンクール 大阪大会入選。2014年12月クオリア音楽フェスティバル第5回オーディション第1位。山川玲子、三瀬由起子、久合田緑、各氏に師事。現在四方恭子氏に師事。
京都市立芸術大学弦楽専攻2回生。
                                
大西泰徳[チェロ]京都市立芸術大学音楽学部卒業。現在フリーランスの奏者としてソロや室内楽、オーケストラで演奏する傍ら、clumusica<クラムジカ>、JCMR KYOTOらと共に現代音楽の演奏に携わる他、Quamonett<カモネット>のメンバーとして弦楽四重奏にも取り組んでいる。神戸女学院大学オーケストラ要員。アマービレフィルハーモニー管弦楽団契約団員。

孫工惠嗣[チェロ]奈良県出身。10歳よりチェロを始める。ウェルナー・トーマス・ミフネ主催のワークショップ、軽井沢国際音楽祭、PhoenixOSAQA、ブライトンホテルリレー音楽祭等に参加。これまでに岩谷雄太郎、安野英之、雨田一孝、上村昇の各氏に師事。京都市立芸術大学音楽学部卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。現在、関西を中心にオーケストラや室内楽等で活動中。

村田静菜[チェロ]長崎県出身。9歳よりチェロを始める。2014年九州国際フェスティバルでBostonChamberOrchestraと共演。第12回ヴェルデ音楽コンクールチェロ部門高校生の部最優秀賞受賞。これまでにチェロを宮田浩久、上村昇、原田禎夫、室内楽を上森祥平に師事。活水高校普通科音楽コース卒業。現在、京都市立芸術大学2回生。

井上大貴[コントラバス]1991年、京都市出身。16歳よりコントラバスを始める。京都市立音楽高等学校卒業。佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ、小澤征爾音楽塾オーケストラに参加。平成25年度財団法人青山財団奨学生。2年間渡独し、ヴュルツブルク音楽大学並びにヘッセン州立ヴィースバーデン歌劇場管弦楽団にて研鑽を積む。これまでに黒川冬貴、文屋充徳、吉田秀、西口勝の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学音楽学部に在学。

池田源輝[コントラバス] 16歳からコントラバスを始める。第2回Japan International Contrabass Competition 第3位。杉上あつこ、
吉田秀、西口勝、黒川冬貴各氏に師事。しがぎん経済文化センター主催「湖国の作曲家 中村典子&若林千春 作品展」に出演。両氏の世界初演作品を演奏し好評を得る。関西フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団などプロのオーケストラの客演としても活躍中。現在、京都市立芸術大学4年生。

中村典子[ご案内・作曲・編曲・指揮]京都市立芸術大学音楽学部を経て同大学院音楽研究科作曲専攻首席修了。在学中、ブレーメン芸術大学へセメスター派遣留学。故廣瀬量平、北爪道夫、前田守一、藤島昌壽、田島亘、故H.J.カウフマン、ジルベール・アミ等の各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、アメリカ、メキシコ、イスラエル、ドイツ、フランス、スイス、オーストリア、スペイン、イタリア、スウェーデン、ノルウェー、ロシア、リトアニア各地の音楽祭、放送局、歌劇場で度々作品上演。ハイデルベルク大学で《日本の女性作曲家》講演(1991)、モーツァルテウム大学で《身体と図譜》(2014)講演と自演、《流動リズムと音響的推移を通した形状によるアジアの風景-視覚現象融合による音響推移を通した言語的構造体再統合》[夜色樓臺雪萬家-与謝蕪村聲十景]講演(2016)。京都金剛能楽堂での《花變容[桜メタモフォシス]》全米9都市巡演。国連憲章50周年記念UNited We Danceサンフランシスコ歌劇場連続公演(石井潤振付 : 東京フェスティバルバレエ)。第1回小倉理三郎音楽奨学金受給者 (1997)。ディー・ヘーゲ・アーティスト・イン・レジデンス(2001,ドイツ)。京都市芸術新人賞(2001)。クラング・ツァイト(2008,ミュンスター)。Asian Composers League Festival and Conference入選(韓国 2009、台湾2011,イスラエル2012)。《生命の舟》で滋賀県文化奨励賞(2010)。大邱国際現代音楽祭(2013)[Ensemble Contemporary α]、イモラ・ヴェローナ大聖堂巡演(2013)。音楽担当の李周煕舞踊団がソウルARUKO芸術劇場大劇場連続公演(2014)、香港現代音楽祭Musicarama(2014) [ensemble éclat]。clumusica &empty note共同京都公演(2015)。ファウム・チェンバー・オーケストラ日韓国交正常化50周年記念ファウムプロジェクト《朝鮮通信使》京都公演(2015)。empty note&clumusica共同韓国大邱公演(2016)。リトアニア・クライペダフェスティバル(2016)。ensemble clumusica、vocal ensemble clumusicaで国際現代音楽祭《アジアの箏の現在》(2012)、《アジアの管絃の現在》(2013,2014,2015,2016)、《アジアの音舞の現在》(2013,2015,2016)開催。clumusica collaborative supervisor、時之會同人。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授、京都芸術センター運営委員。

照明:渡辺佳奈[日本画4] 音響:西村千津子[教員] 録画:春野海[院2] 撮影:荒木真歩[神戸大学大学院]
オペレーション:稲谷祐亮[院2] 舞台:遠藤隆明、山川和也、横田真衣、池内奏音、影近舞帆、宮ノ原綾音
京都市立芸術大学音楽学部大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室

[PR]