カテゴリ:公演 concert festival( 54 )


シリーズ邂逅 邂逅之絲
series encouter Strings of encounter
京都芸術センター 講堂
Kyoto Art Center Auditorium
2015年1月23日(金)
23th January,2015

京都には330年前1685音楽東西なった架橋がある。
1685年、近世箏曲の祖・八橋検校が没し、 音楽の父母J.S.バッハとG.F.ヘンデルが生誕した。
八橋検校の墓は京都・黒谷金戒名寺にある。
八橋検校没とバッハヘンデル生誕の時を結ぶ京都は、
この330年の音楽による交差に匹敵する音響と視覚の本質的な交差作用による音楽創造、
東西(南北)文化の習合総合融合に至る音楽の創出を待っている。
音楽の歴史形成を担う奏者と歴史的文脈を形成する作品との遭遇に、
各地から、世界から、冬の京都へ参集を誘う。
その初回に韓国大邱の現代音楽芸術創造集団Empty Noteを招聘、
共に京都の地と結ぶ。

clumusica 中村典子

교토는 329년전,1685년에 음악이 동서로 겹친 하늘의 가교 가있다.
1685년 근세 箏[코토]의 서 야츠하시 캔교[検校]가 죽고 음악의 부모 J.S. 바흐와 G.F. 헨델이 탄생했다.
야츠하시 캔교[検校]의 무덤은 교토 구로다니 콘카이묘지에 있다.
야츠하시 캔교[検校]사망과 바흐와 헨델의 탄생시점을 잇는 교토는 이
330년의 음악의 역사를 잇는 음향과 시각의 본질적인 교차 작용에 의한 음악창조,
동서(남북)문화의 융합에 이르는 음악의 창출을 기다리고 있다.
음악의 역사 형성을 담당하는 연주자와 역사적 맥락을 형성하는 작품과의 만남이 이루어지는
겨울 교토에 여러분을 초대 합니다.
이번 한국의 현대 음악 그룹 Empty Note를 초빙하여 함께 교토의 땅에서 활동한다.

clumusica 나카무라노리코

Yatsuhashi Kengyo had died in !685 and J.S.Bach and G.F.Haendel were born in the same 1685.
Yatsyhashi is early modern composer for koto as aster musician,
and Bach & Haendel is the great master father and mother in wester music.
In Kyoto,Yatsuhashi Kengyo’s tomb exists at Kurodani Kon Kaimyou-ji temple in Kyoto.
Kyoto is the place of combinating the Yatsuhashi Kengyo’s death and Bach's & Haendel’s birth.
Kyoto is waiting musical creation which is comparable to cross by music of this 330 years,
through essential crossing of visual and acoustic by syncretism or
comprehensive fusion of east and west,north and south culture.
The encounter with the works from the history of music works from the historical contexts,
and the performers responsible for the formation history of music,
winter Kyoto in invites you from all over the world.
In this time,we clumusica invites Korean Contemporary music group”Empty Note”,
and to cross with each other to Kyoto.

program

光 lumen, quod natum est LICHT(World Premiere) 빛 光在此誕生

[中村典子 나카무라노리코] composition:Nakamura Noriko

二十五絃箏;横山佳世子 요코야마 카요코 25gen:Yokoyama Kayoko

朗読:中村典子 나카무라노리코 narrator:Nakamura Noriko



雅歌 아가 AAGA(1980) Song of Song

[ヨンギ􏰂・パ􏰁ク=パーン 박파안영희 朴琶案泳姫]

composition:Younghi Pagh=Paan

チェロ􏰃:大西泰徳 오오니시 야스노리 cello:Onishi Yasunori

斎 sai 斎신탁 Oracle
[中村典子 나카무라노리코] Nakamura Noriko

ヴァイ􏰀リン:􏰄キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye


パンソリ 春香傳 より スクテモリ[蓬髪] 판소리 춘향전 쑥대머리

P’ansori Chun-hyang Jeon Soockdaemeori

[韓国伝統音楽한국 전통 음악] Korean Traditional Music

ソリ:オ・ヨンジ 오영지 Oh Youngji


Credo六段 信 육단(1549- ) Blieve Six Steps


[􏰅グレゴリオ聖歌=八橋検校야쓰하시 캔교]

Gregorian Chant =Yatsuhashi Kengyo

ヴァイオリン:キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye

チェロ:大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori

箏:横山佳世子 요코야마 카요코 Yokoyama Kayoko


live 書

シムヒャン 沁香 심향 Symhyang

improvisation

キム・ジヒェ 김지혜 violin:Kim Jihye

大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori

キム・ジュンヒ 김중희 金重希 Kim Joonghee

中村典子 나카무라노리코 Nakamura Noriko



夢なり 꿈이로다(World Premiere) Dream,all is

[キム・ジュンヒ 김중희 金重希] Kim Joonghee

ソリ:オ・ヨンジ 오영지 Oh Youngji



Destiny (World Premiere)

[キム・ジュンヒ 김중희 金重希] Kim Joonghee


ヴァイオリン:􏰄キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye

チェロ:大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori



斎 zhai (World Premeire) 斎 하늘의비녀 One

[中村典子 나카무라노리코] Nakamura Noriko text:与謝蕪村

箏:横山佳世子 요코야마 카요코 Yokoyama Kayoko


Credo六段 信 육단 Blieve Six Steps

[グレゴリオ聖歌=八橋検校 야쓰하시 캔교]

Gregorian Chant =Yatsuhashi Kengyo

ソリ:オ・ヨンジ 옹영지 Oh Youngji

ヴァイオリン:キム・ジヒェ 김지혜 Kim Jihye

チェロ:大西泰徳 오오니시 야스노리 Onishi Yasunori

箏:横山佳世子 요코야마 카요코 Yokoyama Kayoko


e0146075_07044749.jpg

e0146075_07045392.jpg
e0146075_06592507.jpg
e0146075_06594195.jpg
e0146075_06595111.jpg
e0146075_07001009.jpg
e0146075_07002849.jpg
e0146075_07003733.jpg
e0146075_07004829.jpg
e0146075_07010210.jpg
e0146075_07011432.jpg
e0146075_07012979.jpg
e0146075_07014444.jpg
e0146075_07015618.jpg
e0146075_07021079.jpg
e0146075_07021977.jpg
e0146075_07023434.jpg
e0146075_07024802.jpg
e0146075_07025857.jpg
e0146075_07032488.jpg

e0146075_07034713.jpg
e0146075_07040145.jpg

e0146075_07044038.jpg
e0146075_07050220.jpg


[PR]

INATANI Yusuke:Bell of Prayer/Sorrow of Flame(2012,Dance World Premiere)
e0146075_12504302.jpeg
composition: INATANI Yusuke[M1,compotion KCUA]
e0146075_12505465.jpeg

e0146075_12512059.jpeg

piano: SHIGA Shunsuke[4,KCUA]
e0146075_12512936.jpeg

stage dance: OGAWA Tamae [TMPP studio]
e0146075_12514558.jpeg



NAKAMURA Noriko:眞聲花如 vox verum quasi flos (2015,Dance World Premiere)
e0146075_12542058.jpeg
bassoon: NAKAGAWA Hidetaka
[Kyoto City Art Cultural encouragement Award 2014]
e0146075_12542784.jpeg

composition & electronics:NAKAMURA Noriko[associate professor,KCUA]
e0146075_12543189.jpeg

Noh Dance: ANDO Nobumoto
e0146075_12543989.jpeg
kouken:ANDO Gen
e0146075_12544769.jpeg
e0146075_12545445.jpeg
e0146075_12550248.jpeg
e0146075_12551247.jpeg


[PR]

NAKAMURA Noriko:眼天地耳 SKY EYES GROUND EARS
for marimba solo with percussion and electronics(2014-15,World Premiere)
on the UTAKAWA Hiroshige:Fukagawa Susaki 33 hundred thousand square meters
X ITO Jakuchu: Eagle
歌川廣重「深川洲崎十万坪」X 伊藤若冲「鷲図」[visual]
This piece was commissioned by Ms.KITAMURA Masako who is the mother of
great marimbistNAKURA Makoto and her friend Ms.MUKAIJIMA Ikuko
As the commemorative 50 anniversary of her son's birthday at the date of 16th July,2014
e0146075_15442413.jpg
UTAKAWA Hiroshige:Fukagawa Susaki 33 hundred thousand square meters
e0146075_15413911.jpeg
ITO Jakuchu: Eagle
e0146075_15405021.jpeg
percussion:KAMINAKA Asami [KCUA Percusion]
e0146075_16100946.jpg
solo marimba:NAKURA Makoto
[invited artist by clumusica 2015]
e0146075_15405621.jpeg
solo marimba;NAKURA Makoto
KAMINAKA Asami KANI Reiko SEKI Asuka SUYAKA Miki IWANAGA Hiroki
IKEUCHI RIka OGURA Fuka YAMADA Sakura MATSUI Shu[KCUA Percussion]
e0146075_15410169.jpeg
percussion:SUYAMA Miki [KCUA Percussion]
e0146075_15410673.jpeg
e0146075_15411135.jpeg
e0146075_15431153.jpeg
MASUDA Mayu:Promise
e0146075_16383843.jpeg
ITO Rei NAKAGAWA Ikumi YOSHIKAWA Akiho KITAZONO Saika
e0146075_16384509.jpeg
INOUE Genki KINA Nagomu MOTO Tomonori IKEDA Masaki UCHIYAMA Kento
e0146075_16385137.jpeg
KCUA Grad School Vocal conductor:NAKAMURA Noriko



[PR]

Credo Rokudan
Gregorius X YATSUHASHI kengyo
[from the research from Tsuboi-MInagawa-Kubota-Nosaka-Forlivesi-Nakamura-Oe]
e0146075_16583257.jpeg

Noh Dance:ANDO Nobumoto
e0146075_16385728.jpeg

KCUA Grad School Vocal
e0146075_16390495.jpeg

e0146075_16562677.jpg

koto:OE Miyako conductor:NAKAMURA Noriko
e0146075_16391861.jpeg

e0146075_16394258.jpeg

e0146075_16392511.jpeg

OGAWA Tamae[TMPP studio] INATANI Yusuke[M1,composition KCUA]
e0146075_16395149.jpeg
e0146075_16463442.jpeg
NAKURA Makoto & KCUA Percussion
[KAMINAKA Asami KANI Reiko SEKI Asuka IWANAGA Hiroki
IKEUCHI Rika OGURA Fuka YAMADA Sakura MATSUI Shun]
SAITO Tohru [Saitogakki]
KCUA Grad School Vocal
[ ITO Rei NAKAGAWA Ikumi YOSHIKAWA Akiho UCHIDA Kento ]
SHIGA Shunsuke OGAWA Tamae OE Miyako NAKAMURA Noriko
e0146075_17434418.jpg
YAMAGUCHI Tomohiro [part-time lecturer,KCUA]


[PR]
作曲演習特別セッション1 創造のため電子音楽演習[音楽学演習i] 箏への創造 リサーチセッション 8
アジアの音舞の現在2 MUSIC & DANCE,Present in ASIA 2 2015.6.28[Sun] 京都市立芸術大学大学会館ホール
Kyoto City University of Arts,University Hall 主催:clumusica 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室

ごあいさつ
本日はお忙しいなかご来場くださりまことにありがとうございます。
本年度「創造のための電子音楽演習(音楽学演習i)」新設への特別セッションにあたり、2013年clumusica5周年記念開催となった大津市伝統芸能会館能楽ホールでの国際フェスティバル「アジアの音舞の現在」の第2回を学内で5月開催の「アジアの管絃の現在」同様にこの円形球体のドーム状ホールの特性を生かした上演形態で、大学会館ホールで開催させていただくことといたしました。作曲専攻大学院生ならびに教員の東西主題に沿った電子音楽作品と舞踊作品が東西の伝統と現代の交差を軸に舞踊と音響と映像の様々な展開、大学院声楽専攻メンバーの現代合唱と古様式による現代の合唱そして東西の伝統の交差の検証研究よりの上演を縦糸横糸に、今回ニューヨーク在住で世界で活躍するマリンバ奏者名倉誠人氏をclumusica招聘アーティスト2015にお迎えし、視覚と聴覚の交差する新作「眼天地耳」を打楽器研究室メンバーのみなさまと共にお送りいたします。
東日本大震災、先日のネパール大地震や中国長江での河難事故等世界に起こる様々な紛争・災害による困難に至るまで、様々な場所で復興への時間が継続しています。被災者のご冥福をお祈りし、長い復興への道のりに取り組むため、力を尽くして参りたいと存じます。
clumusica(クラムジカ・不器用な音楽)は2007年の設立準備以来、地と真に結んでゆくことを表現の核に据え、􏰂西日本圏の活発な現代音楽創造の基点のひとつたらんとすべての世代すべての地域の作曲家と演奏家の協創を指針に活動し、今回で17回目の公演を迎えます。今後共なにとぞご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

中村典子
collaborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
京都市立芸術大学音楽学部准教授

Music & Dance,Present in Asia 2 2015 people:
Alona Epshtein Andoh Nobumoto Haruno Kai Ikeuchi Rika Iwanaga Hiroki Inatani Yusuke Ito Rei Inoue Genki Ikeda Masaki Kitazono Saika Kina Nagomu Kinoshita Shiori Kani Reiko Kaminaka Asami
Matsui Shun Moto Tomonori Nakagawa Ikumi Nakagawa Hidetaka Nakamura Noriko Nakura Makoto Nishimura Chizuko Ogura Fuka Ogawa Tamae Oe Miyako Seki Asuka Suyama Miki Shiga Shunsuke Sueoka Kiwako Uchiyama Kento Yamada Sakura Yoshikawa Akiho Yamaguchi Tomohiro
Presents
koto signal For the Phoenix Trumpet”Only”Concerto from Snow Bell of Prayer/Sorrow of Flame vox verum quasi flos SKY EYES GROUND EARS for marimba with percussion and electronics Promise Credo Rokudan

Program note

electro acoustic music concrete works
春野海 HARUNO Kai [composition,electronics]

koto signal (2015) 
この作品は、1分間のミュジック・コンクレートである。使用されている音は、すべて電子変調された、箏の音である。箏は我々にいかなるシグナルを発しているのか。(春野海)(1分)

For the Phoenix(2015,World Premiere)
私は、自然は、人間の行動次元と独立したところで、巨大な力を持っていると感じる。我々は、日常のあらゆる場面で、その暗示を受けることができる。ある種の音は、我々をその力の源へと引き寄せていく。(春野海)(3分)

春野海 HARUNO Kai
京都市立京都堀川音楽高等学校62期卒業、京都市立芸術大学音楽学部卒業。葛西進、平田あゆみ、長谷川智子、前田守一、中村典子、岡田加津子の各氏に師事。カルロ・フォルリヴェジ、ラインハルト・フェーベル各氏のマスタークラスを受講。室内楽やコンピュータを用いた作品を中心に制作している。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻1回生。京都府立清明高等学校非常勤講師。

electro acoustic music & western instrument
末岡希和子 X 山口友寛 SUEOKA Kiwako [trumpet] X YAMAGUCHI Tomohiro [composition,electronics]
Trumpet“Only”Concerto (2015,Premiere) 末岡希和子[トランペット] SUEOKA Kiwako [trumpet]

この作品は、トランペットの孤独を感じさせる旋律と、トランペットの孤立感を高めるため、互いにアンサンブルを取らない、環境音的な役割をはたす電車音パートからなっています。トランペットの旋律も電子音パートも一定の法則で変化していくセリーで構成し、特に電子音パートはセリエルに構成した音列に、C3はこの音、D3はこの音、というようにそれぞれ担当する音を割り当てるという手法で構成しています。この残響の多い特殊な環境だからこそ演出できる、電子音が作り出す環境演出と、その中で演奏される孤独感あるトランペットの演奏をお楽しみいただけると幸いです。(山口友寛)(9分)

末岡希和子SUEOKA Kiwako
京都市立芸術大学卒業。同大学院修了。音楽学部賞、大学院賞受賞。大学派遣によりウィーン国立音楽大学に交換留学し、C.D. ラインハルト教授に師事。 第14回日本クラシック音楽コンクール、金管楽器部門大学の部第3位入賞。第2 回関西トランペットコンクール課題曲部門第1位入賞。本村孝二、有馬純昭、早坂宏明、松崎祐一の各氏に、室内楽を呉信一、若林義人の各氏に師事。

山口友寛 YAMAGUCHI Tomohiro
京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻、同大学院修了。在学中、ブレーメン芸術大学へセメスター派遣留学。その後、HAL大阪にてコンピューターを使用した音楽制作を学ぶ。演奏家や団体への作品提供の他、商業施設や劇団、CD、ゲームなどの音楽制作にも携わる。松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーン、藤島昌壽、川島素晴の各氏に師事。現在、京都市立大学非常勤講師。

contemprary choral work
アロナ・エプシュタイン Alona EPSHTEIN [composition]
雪より from Snow (2011)

[合唱] 伊藤黎・中川郁文・吉川秋穂・北薗彩佳・井上元気・喜納和・本智敬・内山建人・池田真己 [指揮]中村典子
[chorus] ITO Rei NAKAGAWA Ikumi YOSHIKAWA Akiho KITAZONO Ayaka INOUE Genki KINA Nagomu MOTO Tomonori UCHIYAMA Kento IKEDA Masaki [conductor] NAKAMURA Noriko

この作品は黒い一月と呼ばれる作品群のひとつとして作曲した。最初の二つの作品はアルテュール・ランボーとジュゼッペ・ウンガレッティによるオリジナルテキストを使用、この作品はシャン・キンの詩の英訳を基にしており、そのそれぞれの詩は深く私に触れ、私の故郷の町での1990年の血なまぐさい大量虐殺の経験を思い出させた。(記:アロナ・エプシュタイン)[訳:中村典子](4分)


私は折る 裏の白い手紙を 私は幸運の星に感謝する 男は両面に書くのを好まない 半分に折り また半分に折り それからそれを斜めに折り
楔の形まで折り込み 私の小さなハサミで ここを切り そこを切り そして すべての砕片を突いて それから 私はいつも考える これがちょうど彼らが雪を作る方法だと そして まったく折り畳まれてない小さな仲間 ではなく 素敵な彼が非常に光って書き 一つの言葉ではなく示す
Oh look! 私のしなびた黄色い手のひらに 一つの雪の六角のかけらが横たわるのを貫いて(後略)[訳:中村典子]

伊藤黎 ITO Rei
広島音楽高等学校卒業、本願寺賞受賞。京都市立芸術大学卒業、京都音楽協会賞受賞。第19回日本クラシック音楽コンクール第3位(最高位)、第4回東京国際声楽コンクール第4位、等多数受賞。2013年度公益財団法人青山財団奨学生に選ばれ、披露演奏会出演。第35回広島市新人演奏会優秀演奏者に選ばれ、広島交響楽団と共演。学部オペラ《ドン・ジョヴァンニ》にドンナ・アンナ役、大学院オペラ《愛の妙薬》にアディーナ役で出演。これまでに声楽を大島久美子、菅英三子、小濱妙美の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻在籍。

中川郁文 NAKAGAWA Ikumi
兵庫県出身。奈良教育大学教育学部音楽教育科卒業。歌劇『愛の妙薬』アディーナ、『フィガロの結婚』マルチェリーナ、『天国と地獄』エウリディーチェを演じる。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程2回生。これまでに、福田清美、高須礼子、小濱妙美の各氏に師事。

吉川秋穂 YOSHIKAWA Akiho
大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。声楽を、日紫喜恵美、渡邊志津子、玉井裕子の各氏に師事。第6回東京国際音楽コンクール新進演奏家部門奨励賞、第20回KOBE国際音楽コンクールC部門優秀賞、同コンクールガラコンサートに出演等、様々なコンクールや演奏会に入賞、出演。オペラ「ヘンゼルとグレーテル」魔女役、母親役、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」修道院長役等を務め好評を博す。また、学部時代には、シューベルト作曲「ト長調ミサ」ラター作曲「マニフィカート」ソプラノソロを学内オーディションにより務める。今年9月には、京都コンサートホールで行われる、第5回関西の音楽大学オーケストラフェスティバルにてモーツァルト作曲「聖母へのリタニア」アルトソロ、来年2月には、第148回定期演奏会大学院オペラ公演「カルメン」タイトルロールにて出演予定。現在、同大学大学院修士課程1回生。

北薗彩佳 KITAZONO Saika
鹿児島県出身。鹿児島県立松陽高等学校音楽科卒業。京都市立芸術大学卒業。第61回宮音楽コンクール最優秀賞、及びみやにち奨励賞受賞。第68回全日本学生音楽コンクール大学の部入選。第44回京都市立芸術大学音楽学部卒業演奏会出演。第31回鹿児島新人演奏会出演、鹿児島文化復興財団理事長賞受賞。第56回関西新人演奏会出演。芸大ミュージカルグループ本公演オリジナルミュージカル「黒ノ香」“黒蜥蜴”役出演。オペラでは「子どもと魔法」“ママ”“オス猫”、「オルフェオとエウリディーチェ」“オルフェオ”役で出演。これまでに齊藤玲子、大友幸世、折江忠道の各氏に師事。

井上元気 INOUE Genki
大阪府立夕陽丘高校音楽科、京都市立芸術大学卒業。在学中に学内リサイタルに出演。現在、同大学大学院修士課程2回生。第22回和歌山音楽コンクール声楽部門第1位。第63回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選。オペラ「愛の妙薬」ネモリーノ、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ、「魔笛」モノスタトス、「ピーア・デ・トロメイ」ウバルド、「森は生きている」4月、カラス、総理、オペレッタ「メリー・ウィドウ」カスカーダ、またミュージカル「明日香と曲芸師」の初演に平四郎役として出演。ベートーベン「交響曲第九番」、バッハ「ロ短調ミサ」テノールソロとして出演。これまでに茶木敏行、山本義秀、吉田浩之、三井ツヤ子、折江忠道、松本薫平各氏に師事。Moving Exoに所属。合唱団KITYAMA、セシリア合唱団の指導にあたる。

喜納和 KINA Nagomu
沖縄県出身、京都市立芸術大学音楽学部卒業。同大学院1年生。第41回新報音楽コンクール第2位。これまでにオペラ「魔笛」モノスタトス、「ドン・ジョバンニ」(抜粋)ドン・オッタービオ、「ピーア・デ・トロメイ」ウバルド、に出演。オペレッタ「こうもり」アルフレードのアンダーを務める。山田健、折江忠道、諸氏に師事。

本智敬 MOTO Tomonori
京都府京都市出身。京都市立芸術大学音楽学部卒業。卒業時に京都市市長賞を受賞。その他第19回高槻音楽コンクール第2位、なにわ芸術祭声楽の部・新人奨励賞、等受賞。学部在学中には、学内リサイタル、卒業演奏会、第55回関西新人演奏会などに出演。2013年の関西音楽大学オーケストラフェスティバルではシューベルトの「ト長調ミサ」、2014年の京都市立芸術大学定期演奏会ではモーツァルトの 「戴冠ミサ」でいずれもバスソリストを務めた。これまでに声楽を柱本めぐみ、折江忠道、上野洋子の各氏に師事。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程2年在籍。

内山建人 UCHIYAMA Kento
これまでに、『愛の妙薬』ドゥルカマーラ、『ドン・ジョヴァンニ』レポレッロ、『ピーア・デ・トロメイ』隠者ピエロ、『椿姫』ドビニー侯爵、『森は生きている』兵士、『サンドリヨン』王を演じる。また、学内のミュージカル公演では、『キス・ミー・ケイト』ビル、『アスカと曲芸師』レオ、『オリバー・ツイスト』フェイギンなど主要な役を演じる。これまでに、清原邦仁、北村敏則、折江忠道、松本薫平の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程二回生。

池田真己 IKEDA Masaki
1990年生まれ。大阪府島本町在住。大阪府立春日丘高校を経て、京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻を卒業。卒業後、様々なオペラ公演やオリジナルミュージカルなど幅広く舞台に出演しいずれも好評を得る。今年12月19、20日には島本音楽協会主催のオペラ「ヘンゼルとグレーテル」父親ペーター役での両日出演が予定されている。洛西口ベアティホール水曜日クラス講師。京都市立芸術大学大学院修士課程1回生。神戸市混声合唱団団員。

シャン・キン SHANG Qin
1930年生まれ、南中国出身、1948年まで台湾に在住。「思い返すと、過ぎ去った時間は投獄と逃亡で記されるだろう。15歳の折、成都の通りで地域の暴力団に襲われ、古い倉庫に閉じ込められた。そこには一週間囚われていた。そこには私がそれまで決してみたことのない書籍が積み上げられてあり、それは私の新しい文学への初めての出会いだった。そこでルー・シンの「種」とビン・シンの「星」を読んだ。一ヶ月後、暴力団より逃れた。重慶に私達が着く前に、私の逃避行のシリーズが始まったのが事実である。私はいまだに波のさかまきと嘉陵江の漁船の光を思い出す。三年後、広東で私の人生最大の逃避行となった。私は故郷に帰りたかったが、私の方法では連続的に他の暴力団に捕まった。何度も何度も逃げ出した。すべてにおいて7回か8回で、私の足で南の地域を横断した。私はちょうど家に帰るのに成功しなく、しかしながら一度はほとんど私自身が外国にいることを発見した。とうとう、暴力団は私を捕まえ、私を大逃避行に結合させた。台湾では、言語は防護壁になり、町の間の短い距離は逃避行の喜びをおしまいにさせた。ただ逃避の他の形は、私を他の名前にさせた。しかし私は私自身から逃げられなくて、私はいつも門と天国の間、あるいは夢と暁の間にいた。あなた自身のこころの囚人になるにはそれは十分に悲しい。」彼の全集「夢と暁の間」の序文でシャン・キンはこのように述べている。(記:シルヴィア・マリジンニッセン、英訳:コ・コーマン、邦訳:中村典子)

アロナ・エプシュタインAlona EPSHTEIN
1975年生まれ、アゼルバイジャン・バクの出身。1990年家族とともにイスラエルに移住。テルアヴィヴルービンアカデミーでレオン・シドロフスキ教授に作曲を学ぶ。マグナ・クム・ラウダに師事、2007年修士号取得。のちにルーベン・セロッシに学ぶ。イスラエル・アメリカ文化財団スカラシップとブヒマン財団ドクトラルスカラシップ助成を得る。作品は二つの子供のためのオペラを含み、ピアノ、声楽、室内楽、管弦楽、合唱、半偶然性室内オペラ「共生」、シアター作品映画音楽等イスラエルや海外で委嘱上演。オーケストラ作品「シャリム」はテルアヴィヴアカデミーコンクール2006入賞、「Mal’achei Stav”」はイスラエルアクム賞2010受賞「シャリム」は「ヤングユーロクラシック」でブヒマン・メータ校管弦楽団により2006年8月上演。2010年よりイスラエル女性作曲家フォーラム代表。

dance
稲谷祐亮
INATANI Yusuke
[composition]
小川珠絵 X 志賀俊亮
OGAWA Tamae X SHIGA Shunsuke 
[stage dance]    [pianoforte]

祈りの鈴/焔の憂い Bell of Prayer/Sorrow of Flame (2011)

この音楽は日本の童歌とおりゃんせの主題を変形させた変奏曲である。主題は曲の中心にある。この作品は、事故や病気で死んだ子供達を悲しみの焔で遺体を焼くのに鈴を鳴らして鎮魂するのを想起させる。私はなんという悲しみの人生かと思いながら作曲した。(10分)

稲谷祐亮 INATANI Yusuke
京都市立芸術大学卒業。明治安田クオリティライフ奨学金を受ける。カルロ・フォルリヴェジ、アラン・ゴーサン、ラインハルト・フェーベル各氏のマスタークラスを受講。卒業時に市長賞。現在、同大学院音楽研究科作曲専攻1回生在学中。前田守一、中村典子、岡田加津子の各氏に師事。

志賀俊亮 SHIGA Shunsueke
兵庫県神戸市出身。6歳よりピアノを始める。兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業。現在、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻回生。2007年第8回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会銅賞。2009年第55回朝日推薦演奏会出演。2013年第7回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。現在、砂原悟氏に師事。また、2014年いしかわミュージックアカデミーに参加し、江口文子、ピオトル・パレチニ、チュンモ・カン各氏のマスタークラスを受講。

小川珠絵 OGAWA Tamae 舞踊家・舞踊作家。日吉ヶ丘美術コース彫刻科卒。1989年より肉体と美術の融合をコンセプトにした 「舞台美術館」のシリーズを立ち上げる。舞踊のジャンルにとらわれず、奇抜な発想と斬新な振付でユニークなダンス作品を創り始め、50を越えるレパートリーを持つ。2000年、数多くの作品の評価を得て舞台芸術「尾宮賞」を受賞。その他ダンスフェスティバルや劇団・OSK日本歌劇団の振付・CM・イベント・ショーダンスなどに作品を提供し、その作品数は約100ピースを超える。又、ミュージカルの企画・脚本も手懸け、子供から大人まで楽しめるエンターテインメントを創作する。ダンサーの為の身体トレーニング、声優志望のボイス&&ボディトレーニングなど、舞台創作と表現者育成にあたる。音楽家と共に滋賀県教育プログラムにも参加、小学生に音と身体による体験プログラムを実施。TMPPスタジオ T・Mパフォーマンス・プロ主宰。

Eastern traditional dance X Western instrument & electro acoustic music
中村典子 
NAKAMURA Noriko
[composition,electronics]
安東伸元 X 中川日出鷹 
ANDO Nobumoto X NAKAGAWA Hidetaka 
[Noh dance]    [basson]

眞聲花如 vox verum quasi flos (2014-15)
八橋検校の六段の調の構造を元にした6つのディファレンシアス。
眞聲 vox verumは、図形譜と五線譜の往復可能性の上に構造化。
その眞聲を花如 quasi flosで包む。

眞聲 vox verum

さかさはりつけの姿
髪からしたたる血が地に注ぎ
鹿が鳥が虫が鳴く
草木川花奏鳴
この世のすべての音は
この永遠から生まれる
(詩:中村典子)

花如 quasi flos
音楽史におけるハンガリーのバルトーク・ベラとコダーイ・ゾルターンによる音集積からの創造は、日本における日本民謡大観の音集積と間宮芳生の音楽創造を始めとする膨大な合唱作曲家達の仕事にあたる。間宮の膨大な合唱造形にしても捉えきれないものは、究極のところ存在としてのマリアの歌である。2010年に私の出生地民謡であると馬子唄の管絃楽編作を依頼された。311直前のその初演を聴いた民謡家がその生理に基づいて共演可能と受け取った東西管絃楽による鈴鹿馬子唄による交聲譜にしても、原曲鈴鹿馬子唄とは戦後二十年生まれ農村部育ちの私にあってしても交差する時空がもとより失われていた。自国音曲拒絶による近代音楽教育の始まりからの非交差の相を確かめるべく、馬子唄収集状況を音楽専門学生群としての京都市立芸術大学音楽学部在学生に向けて調査した際、馬子唄は最も在学生の多い近畿三都四都にあっては交通網の発達から民謡存在自体がないこと以上に、全国に渡る学生の出身地馬子唄の記憶との交差もまた、想像通り一切根絶の相にあった。その光の闇の残響を聲達の棺に包み、闇の光を2014年9月14日のサッソ・モレッリ教会での花咲く心の庭[古楽の神秘主義と電子音楽の先見の明を通したスピリチュアリティ]に収めた。(12分)

中川日出鷹 NAKAGAWA Hidetaka
京都市立芸術大学音楽学部管打楽専攻卒業。パリ地方音楽院高等課程修了。フランス・ニース国際音楽祭で独奏出演。2010年、2011年スイス・ルツェルン音楽祭でピエール・ブーレーズ􏰘、ペーター・エトヴシュと共演し高く評価される。ヨーロッパで放送。2014年同音楽祭アンサンブルソリストとして出演。ロンドンで藤倉大氏の新作初演。ソロ作品を英国のミナベルレコードからリリース予定。パスカル・ガロワ、ローラン・ルフェーブルに師事。NHKで藤倉大氏の"Calling for bassoon solo"の演奏が放送。パスカル・ガロワ、ローラン・ルフェーブルに師事。ルツェルン音楽祭現代音楽アンサンブルソロファゴット奏者。日仏現代音楽協会会員。平成26年度京都市芸術文化特別奨励者認定。

安東伸元 ANDO Nobumoto
初世善竹忠一郎に師事。1064年能楽協会に入会、大蔵流狂言方能楽師。1979年、「狂言座」結成に参画。 1980年、故あって師家を辞し、プロデューサーとして演能集団「申楽大和座」に参加。大阪府「府民劇場奨励賞」受賞。1986年、茂山忠三郎家に所属して能楽界へ復帰。1993年、集団名を「大和座狂言事務所」と改称,主宰。1980年より教育機関へ出講。 羽衣学園短期大学教授、京都市立芸術大学・島根大学・大阪芸術大学などの非常勤講師を経て、現在、羽衣国際大学名誉教授、 大阪音楽大学客員教授、大阪府立東住吉高等学校・NHK大阪文化センター各講師。2001年、重要無形文化財「能楽」保持者 総合指定を受け、日本能楽会会員に認定。1981年より海外公演多数。英国、米国、豪州、露国、ポーランド、リトアニア、 バルト三国、イラン、インドネシアで公演。CD「狂言歌謡室町の唄」,,「狂言画写の世界」(和泉書院),, 「名作狂言50」共著 (ダイアモンド社)。「日々新面目ー古典藝能物語」(和泉書院)。

中村典子 NAKAMURA Noriko
京都市立芸術大学音楽学部作曲専修卒業、同大学院首席修了。同大院在学中にブレーメン芸術大学へ􏰅ゼメス􏰈ター派遣留学。故廣瀬量平、北爪道夫、前田守一、藤島昌壽、田島亘、故H.J.カウフマン、G.アミの各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、アメリカ、メキシコ、ドイツ、フランス、オーストリア、イタリア、スイス、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、イスラエルの15カ国各地で作品上演。7回の個展。1991年ハイデルベルク􏰐大学で自作含む講演(日本の女性作曲家達)。1993年金剛能楽堂初演のバレエ「花變容」が1994年東京フェスティバルバレエ全米ツアー演目となり全米9都市巡演。1995年国連憲章50周年記念UNited We Danceでのサンフランシスコオペラハウス公演に招聘3回公演。97年第1回小倉理三郎音楽奨学金受給者。Artist in residence in "die Höge(Syke)".国際女性作曲家会議(ドイツ)。2001年京都市芸術新人賞受賞。2008年より京都芸術センター運営委員。2008年2012年と日韓で舞踊家李周煕と連続公演。2010年平成22年度滋賀県文化奨励賞受賞。Asian Composers League Conference & Festival入選 (2009韓国,2011台湾、2012イスラエル) 2013年大邱国際現代音楽祭、ボローニャイモラサンドメニコ教会・ヴェローナ大聖堂公演。2013年2014年イスラエル・テルアヴィヴブルーメンタールセンターVOX FEMINAE公演、2014年韓国アルコ芸術劇場大劇場舞踊連続公演、ザルツブルグ・モーツァルテウム大学で講演(身体と図譜)と演奏会。日本現代音楽協会、日本作曲家協議会会員。clumusica共宰。コチの会・東風同人。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授。
http://d.hatena.ne.jp/nakamura96/ http://nakamura89.exblog.jp                                                              
marimba with circulated percussion & electroacoustics,visual
名倉誠人 X 中村典子
NAKURA Makoto X NAKAMURA Noriko
[marimba, [composition,electronics]
invited artist
by clumusica 2015]
&
KCUA Percussion

眼天地耳 SKY EYES GROUND EARS for marimba with percussion and electronics(2014-15,World Premiere)

on the Utakawa Hiroshige Fukagawa Susaki hundread thousand tsubo(3.3 square meters) × Ito Jakuchu:Eagle
歌川廣重「深川洲崎十万坪」×「伊藤若冲:鷲図」[visual]
This piece was commissioned by Ms.Kitamura Masako who is the mother of great marimbast Nakmura Makoto and her friend Mukaijima Ikuko As the commemorative 50 anniversary of his son’s birthday at the date of 16th July,2014.

歌川廣重:「深川洲崎十万坪」と伊藤若冲:「鷲図」の対照的な鷹と鷲と海景の響象。
木を包含する土、土を包含する金、金を包含する火・水を象る響で球状に全体を置き、
響の相互自律の均衡の基盤とし、其々六変容を二様に並置する。

鷹  一.漠 二.濫 三.潮 四.漂 五.捉 六.凝
鷲  一.睨 二.狙 三.定 四.射 五.遡 六.獲

名倉誠人[マリンバ独奏]
上中あさみ 可児麗子 関明日香 陶山美輝 岩永絃樹 池内里花 小椋風花 山田さくら 松井駿 [KCUA Percussion]
中村典子[visual,electronics]

上中あさみ KAMINAKA Asami
京都市立芸術大学卒業。同大学院修了。京都市芸術教育振協会の派遣により、ドイツ(カールスルーエ)に留学。大学院賞受賞。フランス・トゥールーズの音楽祭に参加。現代曲の初演、狂言師、美術家、華道家など異分野とのコラボレーションに積極的に取り組む。又、子どもたちとの対話を大切にした“子どもと大人のためのコンサート”を企画、公演に力を入れる。ワークショップを組み込んだ美術家との「アドリエコンサート」は好評を博している。フリー打楽器奏者として、室内楽、オーケストラなどにも、多方面に活動中。打楽器デュオ”Duo MAG”,“MAG♪ensemble”主宰、打楽器アンサンブル”P.A.N.KLAANG”メンバー。早坂雅子、故・上埜孝、山本毅、中村功に師事。

可児麗子 KANI Reiko
兵庫県神戸市生まれ。8歳よりマリンバ、14歳より打楽器を始める。京都市立芸術大学を卒業後、同大学院に進学。同大学卒業演奏会、打楽器新人演奏会、アゼリア新人演奏会、朝日推薦演奏会等に出演。第3回アルジェントコンサートにおいてジョイントリサイタルを開催。

関明日香 SEKI Asuka
2歳の頃より母からピアノを習い、13歳で打楽器を始める。京都市立京都堀川音楽高等学校卒業。これまでに、山本毅、堀内昌吉、竹原美歌、中村功、宅間斎、小森邦彦、伊藤朱美子、各師に師事。

陶山美輝SUYAMA Miki
大阪府立豊中高等学校普通科卒業。これまでに、マリンバ・打楽器を伊藤朱美子、小森邦彦、竹原美歌、堀内吉昌、山本毅、ドラム・パーカッションをクツノユキヒデの各氏に師事。Emmanuel Sejourne、Pius Cheung、Pascal Pons各氏のマスタークラスを受講。平成27年度公益財団法人青山財団奨学生。現在、京都市立芸術大学音楽学部管・打楽専攻4回生。

岩永絃樹 IWANAGA Hiroki
兵庫県立国際高等学校国際科卒業。現在、京都市立芸術大学音楽学部音楽科管打専攻在籍。12歳から打楽器を始める。現在21歳。これまでに打楽器を、山本毅、堀内吉昌、上中あさみの各氏に師事。

池内里花 IKEUCHI Rika
兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業。第23回日本クラシック音楽コンクール高校女子の部第4位。第一回神戸文化ホール音楽祭のオーディションに合格し出演。これまでにマリンバ・打楽器を宮本慶子 間瀬尚美 越川雅之 伊藤朱美子 小森邦彦 堀内吉昌 山本毅の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学音楽学部管・打楽専攻2回生。

小椋風花 OGURA Fuka
13歳で打楽器を始める。奈良県立高円高等学校音楽科卒業。これまでに打楽器・マリンバを伊藤朱美子、小森邦彦、高木真稚恵、堀内吉昌、前川典子、山本毅の各氏に師事。2014年にサックスとマリンバのDuo"marix"を結成し、各地で演奏活動を積極的に行っている。現在、京都市立芸術大学音楽学部管・打楽器専攻2回生。

山田さくら YAMADA Sakura
中学1年よりマリンバを始める。高校2年のヨーロッパ研修旅行時にチェコのヤナーチェク音楽院に於いてマリンバを演奏する。京都市立京都堀川音楽高等学校卒業。現在、京都市立芸術大学2回生在学。これまでに、松本真理子、西川夏代、伊藤朱美子、宅間斉、小森邦彦、堀内吉昌、山本毅各氏に師事。

松井駿 MATSUI Shun
15歳から打楽器を始める。北海道打楽器フェスティバル新人演奏会に出演。第23回、第24回日本クラシック音楽コンクール打楽器部門高校生の部全国大会にて第5位を受賞。N.Zeltsmanマリンバフェスティバルに参加し、M.truesdell氏のマスタークラスを受講。これまでに打楽器を真貝裕司、大家和樹、藤本隆文、山本毅各氏に師事。マリンバを沓野勢津子氏に師事。

名倉誠人 NAKURA Makoto
名倉誠人は、彼の世代を代表するマリンバ奏者として、これまで南北アメリカ・ヨーロッパ・アジアの15の国々で、リサイタル、音楽祭への出演、オーケストラとの共演など、国際的な活躍を繰り広げてきた。「われわれの時代の音楽」を常に求める姿勢に応え、各国の優れた作曲家達から、数多くの新作が彼に捧げられている。特に米国では、カーネギー・ワイル・ホールやケネディ・センター等でのリサイタル活動に加え、NY室内管弦楽団、シカゴ・シンフォニエッタ、ロサンゼルス室内管弦楽団とも協奏曲を共演し、その活動は全米41州にわたっている。カナダやメキシコでも国際音楽祭やオーケストラにしばしば招かれ、演奏を重ねている。昨秋は、メキシコ・シティの国立芸術院でリサイタルを行い、スタンディング・オヴェイションを受けた。
近年は、ヨーロッパでの活動も多い。ベルリン・フィルハーモニー・ホールでの、真島俊夫作曲「マリンバ協奏曲」の欧州公演や、パリでのソロ・リサイタル、そして英国BBCラジオでも生演奏した、マリンバと混声合唱のためのプロジェクト「森の三章」など、各地で好評を博している。日本での、サントリーホール、神戸新聞松方ホールなどで継続して行っている、全依嘱作品によるリサイタルや、「森の木の音楽」コンサートをはじめ、全国で演奏活動を行っている。また、ダンス、朗読、映像など、他分野の芸術とのコラボレーションも数多くプロデュースし、マリンバの新しい地平を切り拓いてきた。際立った表現力と、色彩感に富む彼の演奏は、「マリンバをストラディヴァリウスにしてしまう」という批評が出るほど、高い評価を受けている。2001年には、ISGM新曲委嘱基金を設立し、独奏曲・協奏曲・室内楽曲を網羅する、マリンバのための作品を、世界各地の作曲家に委嘱。優れた音楽財産を、数多く次世代に残す活動も行っている。今シーズンは、この基金によって実現した委嘱作品、ベンジャミン・ボイル作曲の「マリンバ協奏曲」を、カナダのモントリオール室内管弦楽団と世界初演する。権威あるYCA国際オーディション(ニューヨーク)に、マリンバ奏者として初めて優勝して以来、文化庁芸術祭新人賞、第一回松方ホール音楽賞大賞、青山音楽賞バロックザール賞、神戸灘ライオンズクラブ音楽賞、第一回Kobe Art Award大賞を受賞。英国王立音楽院より、栄誉、ARAMも受けている。教育活動にも情熱を注ぎ、英国王立音楽院、イーストマン音楽院、サンパウロ州立大学、ソウル国立大学、香港演藝學院など世界各地の大学をはじめ、全米55校を超える大学で、マスタークラスを行ってきた。京都市立芸術大学では、2009年から3年間非常勤講師を務めた。同校の中村典子への委嘱作「遠聲譜」を京都芸大打楽器研究室メンバーのアンサンブルと同大学で世界初演、イタリアパドヴァ“M.ポリーニ”音楽院でヨーロッパ初演、ニュージャージー市立音楽院でアメリカ初演している。日米の小・中・高等学校を訪れ、これまでに数十万人の子供達のために演奏してきている。神戸市出身。ニューヨークに在住。最新CD「森の木の音楽」(米国AMRレーベル)のほか、委嘱作を収録した三枚のCD(「Ritual Protocol」、「Triple Jump」、「田辺恒弥マリンバ作品集と、前作バッハ作品のCD「Bach Beat」が発売されている。名倉誠人オフィシャルサイト www.makotonakura.com 使用楽器:斉藤楽器製作所 Saito Marimba

Western choral tradition & Japanese language
増田真結 X 石垣りん MASUDA Mayu ISHIGAKI Rin
[composition] [lyrics]
KCUA Grad School Vocal


伊藤黎・中川郁文・吉川秋穂・北薗彩佳・井上元気・喜納和・本智敬・内山健人・池田真己[合唱] 中村典子[指揮]
[chorus] ITO Rei NAKAGAWA Ikumi YOSHIKAWA Akiho KITAZONO Saika INOUE Genki KINA Nagomu MOTO Tomonori UCHIYAMA Kento IKEDA Masaki NAKAMURA Noriko [conductor]


      石垣りん
海よ云うてはなりませぬ
空もだまっていますゆえ
あなたが誰で 私が何か
誰もまことは知りませぬ
(第四詩集「やさしい言葉」より)

石垣りん ISHIGAKI Rin 
1920年(大正9年)2月21日 - 2004年(平成16年)12月26日)は、詩人。代表作に「表札」。東京都生まれ。4歳の時に生母と死別、以後18歳までに3人の義母を持つ。また3人の妹、2人の弟を持つが、死別や離別を経験する。小学校を卒業した14歳の時に日本興業銀行に事務員として就職。以来定年まで勤務し、戦前、戦中、戦後と家族の生活を支えた。そのかたわら詩を次々と発表。職場の機関誌にも作品を発表したため、銀行員詩人と呼ばれた。『断層』『歴程』同人。第19回H氏賞、第12回田村俊子賞、第4回地球賞受賞。教科書に多数の作品が収録されているほか、合唱曲の作詞でも知られる。(wikipedia)

増田真結MASUDA Mayu
京都市立芸術大学を卒業(音楽学部賞、京都音楽協会賞)、及び同大学院音楽研究科修士課程を修了(大学院賞)。在学時、明治安田􏰗􏰈クオリティオブライ􏰀フの奨学生に選出、修士課程在学中にはドイツ・ブレーメン芸術大学へ交換留学。2013年京都市立芸術大学院音楽研究科博士(後期)課程修了(音楽 博士)。第10回東京国際室内楽􏰜コンクール第3位入賞、第23回現音作曲新人賞受賞、第15回及び第18回 奏楽堂日本歌曲コンクール一般の部第2位入賞、第78回日本音楽コンクール作曲部門入選。ドイツSyke市における、音を使ったインスタレーシ􏰃ョンの展覧会<Klanginstallation>に作品を招待出品。これまでに作曲を港大尋、青島広志、佐藤眞、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ􏰟・パク=パーン、岡田加津子の各氏に師事。日本・音楽家協会会員。clumusica共宰、邦人作曲家作品の研究と普及を目的とするJCMR KYOTOメンバー。京都市立芸術大学非常勤講師、神戸女学院大学非常勤講師。

Western Traditional & Eastern Traditional
グレゴリウスX 八橋検校
[compilation] [koto master musician]
安東伸元 X KCUA Grad School Vocal
ANDO Nobumoto 
[Noh dance]
麻植美弥子 X 中村典子
OE Miyako NAKAMURA Noriko
[koto] [research]
Credo六段 [from the Research of Tsuboi-Minagawa-Nosaka-Kubota-Forlovesi-Nakamura-Oe](1549-2013)

伊藤黎・中川郁文・北薗彩佳・吉川秋穂・井上元気・喜納和・本智敬・内山健人・池田真己[唱和] 麻植美弥子[箏] 中村典子[ネウマ]

東西の音楽における特別な年1685年は、ドイツで音楽の父と母J.S.バッハ(1685-1750)とG.F.ヘンデル(1685-1759)が生まれ、日本で近世の箏曲の基礎を 作り上げた八橋検校が亡くなった年である。八橋検校(1614-1685)は福島県いわき市出身とされる近世中期の音楽家で、古典箏曲の代表曲「六段の調」を 作曲したと伝えられる。

六段の調は段物と呼ばれる箏曲のひとつで、歌を伴わない器楽曲として各段52拍子(104拍、初段のみ54拍子)で六段の構成をとる。 近年、六段の調べはグレゴリア聖歌のクレド(信仰告白)[カトリック教会におけるミサ通常文の第4番目]がぴったり重なることが皆川達夫氏の研究と野坂操壽氏らの演奏により実証された。キリスト教伝来の地九州の箏曲家が六段との関連に気づいた。禁令後「クレド」を歌でなく箏や三味線に乗せていたものが 『糸竹初心集』などに箏や三味線、一節切の楽譜のある《すががき》でないかと久保田敏子氏により研究されている。《六段》は『糸竹初心集』掲載の《すががき》 を隠しテーマとして6ステップの一種の変奏曲にしたことがほぼ確かであり、その変奏形式が16世紀スペインで流行していたディファレンシアスを参考にした 可能性のあることを柴田南雄氏も早くから指摘されていた。それを八橋が「六段」に芸術化し,弟子達が洗練化していったと想像される。

「六段に始まり、六段に終わる」といわれるこの独奏曲は、二重奏から合奏まで産み出す古典的名曲である。2011年3月23日、九州の箏曲家から指摘を受けて研究された中世音楽学者皆川達夫氏と、京都市立芸術学部音楽のもう一翼・日本伝統音楽研究センター所長・久保田敏子氏(現・前々所長)、箏曲家野坂操壽氏、ヴィオラダガンバ奏者神戸愉樹美氏と中世合唱団の実演発表によるCD箏曲『六段』とグレゴリオ聖歌 『クレド』が日本伝統音楽振興財団よりリリースされた。

クレドと六段は長さがぴたりと合う。 2012年10月の長浜市立下草野小学校での音楽鑑賞会ではソプラノ村辺恵奈氏のCredo模範演奏の後、篠笛井伊亮子氏、箏麻植美弥子氏によるCredo六段上演、暮れの12月21日には、村辺氏と麻植氏によるCredo六段上演、そして先日7月7日には、四種四面の箏で横山佳世子氏、福原左和子氏、中川佳代子氏、 麻植美弥子氏の4名の箏奏者がフランス人指揮者ヤニック・パジェ氏の指揮のもと、フルートオーケストラのCredoを六段で抱容した。大津市伝統芸能会館能楽ホールでは虫本友氏の先唱に村辺氏の唱和、麻植氏の六段で上演。その後も数え切れない上演を重ね、カルロ・フォルリヴェジ氏の申し出によって2013年11月21日と24日のノヴァスコラグレゴリアーナ合唱団とアルベルト・ツルコ神父とのイタリアボローニャイモラサンドメニコ教会とヴェローナ大聖堂での重複検証研究に繋がった。本年3月、そのすべての様子を論文にまとめた。(中村典子)

麻植美弥子 OE Miyako
京都市出身。祖母大仲勝子の手ほどきを受け、3歳より箏を始める。吉崎克彦氏に師事。NHK邦楽オーディション合格。長谷検校記念全国邦楽コンクール箏部門第1位 優秀賞、平和堂財団芸術奨励賞(音楽部門)、京都芸術祭音楽部門京都市長賞、京都市芸術祭賞受賞ほか、受賞歴多数。各地でサイタル開催。中島貞夫監督監修DVD「茶の湯」、舞台「横笛」等に音楽で参加、好 評を得る。国内外アーティストとのジャンルを越えたセッション等、多彩な演奏活動をイタリア、フランス、韓国、シンガポールなど国際的に展開。現代曲の初演も数多く手がける。シームレス音楽世界の扉を開き続け、日本刀のような切れ味の見事な表現の冴えは宇宙的なスケール感をもって聴くものに迫ると評される。ムジカA国際音楽協会会員。NHK交響楽団フルート奏者菅原潤氏とCD「Collaboration」リリース。

Credo

Credo in unum Deum.
Patren omnipotentem,
factorem caeli et tarrae,
visibilium omnium et invisibilium.
Et in unum Dominum Jesum Chirstum
Filium Dei unigenitum
Et ex Patre natum ante omnia saecula.
Deum de Deo lumen de lumine,
Deum verum de Deo vero.
Genitum,non factum,consubstantiallem
Patri:per quem ominia facta sunt.
Qui propter nos homines,et propter nostram salutem
descendit de caelis.
Et incarnatus est de Spiritu Sancto ex Maria Virgine:
Et homo factus est.
Crucifixus etiam pronobis:
sub Pontio Pilato passus,et sepultus est.
Et resurrexit tertia die,
secundum Scripturas.
Et asendit in caelum:
sedet dextream Partris.
Et iterum ventures et cum gloria judicare
vivos et mortuos:
cuius regni non erit finis
Et in Spiritum sanctum,Dominum,et vivificantem:
qui ex Patre Filio que pro cedit.
Qui cum Patre et Filio simuladoratur,et conglorificatur:
qui locutus est per Prophetas.
Et unam,sanctum catholicam et apostolicam Ecclesiam.
Confiteor unum baptisma in remissionem peccatorum.
Et exspecto resurrectionem mortuorum.
Et vitam venturi saeculi.
Amen.

信じる

父、全能の作り手、天と地の
見えるものすべて、そして見えないものも
さらに、ひとつのこころイエス・キリスト
息子、神の設けた
そして、父の負った
あらゆる時に先駆ける
神よりの神、光よりの光
眞の神よりの神
しかし生じた、作為なく
父と一体のもの
すべては神を通して作られた
その人は私たちをまもるため
宙から降りてきて
そして化肉した
澄んだ精神と眞理なる乙女に
そして人がつくられた
重い十字架を掛けられても
私たちのために
あのポンティオ・ピラトにも
それを許し、葬られた
そしてよみがえった、3日で
言葉で書き残されたように
そして昇った、天に
座った、父の右手に
そして再びやってくる、溢れる光が
じっと見つめる、生きるもの、死んだものを
この世は終わらない
そして、澄んだ精神は宙のようだ
生命を与えた、父と息子に
そう、父と息子に
そして溢れる光のうちに
それはそして語られる
先にわかるものによって
ひとの、清く、普通の、そして
そのために集ったうつしよに
感じる、ひとつだと
生まれる、再び与えるために
あの時届かなかったことを (意訳:中村典子)

照明:木下栞[院2,漆工]音響:山口友寛[教員] 
撮影:荒木真歩[学4,音楽学]録音:西村千津子[教員]
舞台監督:稲谷祐亮[院1,作曲]舞台:作曲専攻中村研究室

[PR]
京都市立芸術大学平成27年度特別研究助成 研究No.2015-011
Kyoto City University of Arts subsidized special research:research No.2015-011

International Contemporary Music Festival "Present of Orchestral Asia 3"2015
31st May,2015 Kyoto City University of Arts,Universtiy Hall & Auditorium

Thank you so much for greatest kindest collaboration.
NAKAMURA Noriko
collaoborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
Organizer:clumusica NAKAMURA la,KCUA
[ Seesion:Theoretical Study of Composition Session 7: Creation for Koto ]

Under the auspices by The Japan Federation of Composers Inc.
Japan Society for Contemporary Music
Supported by Istituto Italiano di Cultura OSAKA
Universität Mozarteum Salzburg
Israeli Women Composers Forum
Singapore National Art Council
Shimizu lab,Faculty of Educataion and Welfare Science,Oita University
Reserarch Centre for Japanese Traditional Music,Kyoto City University of Arts

All Photograph: ARAKI Maho[Musicology,KCUA]

Hall Visual:Ancient SETOUCHI map draft vol.1 古代瀬戸内絵図下絵 その壱
INOUE Akihiko [Professor,KCUA visual planning lab.]
e0146075_12363569.jpg

e0146075_12450091.jpg

e0146075_12475409.jpg


KURIMOTO:KOTO-ZUME case collection &
RCJTM:instrumental collecotion RADEN-KOTO[20C]
Hall Display :KURIMOTO Natsuki [Professor,KCUA,lacquer work lab.]
TOKITA Alison [Director,Research Centre for Japanese Traditional Music]
e0146075_12350688.jpg

e0146075_12375167.jpg

OPENING CONCERT

MAN Jie [China,inner Mongol]:trace for solo Cello and Electrnonics (2014,Stage World Premiere)
Text:CHEN Liwen OHYA Remi
Cello:ONISHI Yasunori Narrator:INOUE Genki
Visual :LIN Weijhe [Taiwan] Electonics:ITO Keisuke
e0146075_08003092.jpg

LIEW Kongmeng [Singapore]:Likeness for cello duo (2014,Kyoto Premiere)
Cello:MAGOKU Keishi OKUMA Yuki
e0146075_12494762.jpg

Jessica CHO [Malaysia]:15 minutes’ ‘fame’ (2014,Japan Premiere)
Piano:Jessica CHO Electronics:ITO Keisuke
e0146075_12503738.jpg

MASUDA Mayu [Japan]:The Overcoming Voices for Jiuta Sangen (2015,World Premiere)
Text: YOTSUMOTO Yasusuke
Jiuta Sangen:NAKAGAWA Kayoko
e0146075_12525121.jpg

Carlo FORLIVESI[Italy]:En la Soledat per chitarra e koto(2008)
Guitar:HASHIZUME Kosuke Koto: OE Miyako
e0146075_12542707.jpg

Gregorian Chant-YATSUHASHI Kengyo[Italy-Japan]:Credo ROKUDAN(1549-1013)
[from the research of Tsuboi-Minagawa-Kubota-Nosaka-Forlivesi-Nakamura-Oe]
vocal ensemble clumusica Koto:OE Miyako
e0146075_12560665.jpg

Alona Epshtein[Israel]:Snow(2011,Japan Premiere)
Conductor:Taum KARNI vocal ensemble clumusica
e0146075_13004579.jpg

John SHARPLEY[Singapore]:A Dream Within A Dream(2011,Japan Premiere)
Text:Edgar Allen Poe
Conductor:Taum KARNI vocal ensemble clumusica
Erfu:NARUO Makiko Guzheng:DAI Qian Vibraphone:KAMINAKA Asami
e0146075_13074814.jpg

WAKABAYASHI Chiharu[Japan]:Êchos...Voix de Bois(2015,World Premiere)
Conductor:WAKABAYASHI Chiharu Oboe solo:NAKAE Yosuke
Flute:MORIMOTO Hideki WAKABAYASHI Kaori ensemble clumusica
e0146075_13103769.jpg

Round Table:The Overcoming Voices Translator[Japan]:SOHMIYA Ayako

MAN Jie [China,inner Mongol]
Jessica CHO[Malaysia]
Alona EPSHTEIN[Israel] (video)        
Dr.Carlo FORLIVESI [Italy:professor,Rodi Conservatory]
Dr.John SHARPLEY [USA-Singapore]
Reinhard FEBEL [Germany:professor,Universtät Mozarteum,Salzburg]          
WAKABAYASHI Chiharu [Japan:professor,Shiga University]
Moderator:NAKAMURA Noriko [Japan:associate professor,Kyoto City University of Arts]

e0146075_13114665.jpg

e0146075_13124358.jpg




[PR]
ORCHESTRA CONCERT

Jessica CHO[Malaysia]:Five little pieces(2011,Japan Premiere)
Piano:Jessica CHO
e0146075_13140049.jpg


YAMAGUCHI Tomohiro[Japan]:Electric Concerto(2015,World Premiere)
ensemble clumusica Electronics:YAMAGUCHI Tomohiro
e0146075_13144135.jpg

SHMIZU Yoshihiko[Japan]:The Overcoming Voices(2015,World Premiere)
Text:Albert EINSTEIN Leo SZILARD
Conductor:SHIMIZU Yoshihiko
Vocal Quartet:MARUYAMA Akiko OKUDA Seiko YAMORI Minako SASAKI Hiroko
ensemble clumusica
e0146075_13172722.jpg


KOH Changsu [Korea-Japan]:9.Sonate alla”HAN” for Chamber Orchestra(2001,Kyoto Premiere)
Conductor:KOH Changsu ensemble clumusica

e0146075_13201701.jpg

KUMAGAI Miki[Japan]:Ichijo Modoribashi for koto(2011)
Koto:FUKUHARA Sawako
e0146075_13210039.jpg


SASAKI Nozomi[Japan]:Lullaby for bariton solo,flute clarinet,fagotto,2 violins,viola and cello(2015)
Bariton: HAGIHARA Tsugumi ensemble clumsucia
e0146075_13213567.jpg


NAKAMURA Noriko[Japan]:yougjiu for coloratura soprano,chorus and orchestra with electronics (2015,World Premiere)

Text:THE CONSTITUTION OF JAPAN Preamble Article 9 PANG Jun NAKAMURA Noriko
Conductor:NAKAMUR Noriko Soprano:HISHIKI Emi Erfu:NARUO Makiko Koto:OE Miyako
vocal ensemble clumsuica & ensemble clumusica
Electronics:HARUNO Kai
e0146075_13232692.jpg

Reinhard FEBEL[Germany]:Hyperklavier für Klavier solo und 13 Instrumente(2015,World Premiere)
Conductor:Taum KARNI Piano:Gereon Kleiner ensemble clumusica
e0146075_13271708.jpg


ensemble clumusica

Flute:TIAN Chengyuan OboeFUJIHARA Hiroshi ClarinetITO Sayoko Bassoon TAKENAKA Yuta

HornYANO Megumi TrumpetHASEGAWA Suzuka TromboneTOMINAGA Rei NISHINA Misaki

Piano KANATA Hitomi PercussionKAMINAKA Asami IGUCHI Masako

Concert Master Violin NAKAMURA Kimitoshi ViolinYABUNO Kirin Viola OKADA Mami

Cello ONISHI Yasunori MAGOKU Keishi OKUMA Yuki Double Bass AKAMATSU Miyuki

[student,KCUA,master course student,KCUA,doctor candidate,KCUA & Alumnus & Alumni,KCUA]


                        vocal ensemble clumusica

SopranoOKUDA Seiko MARUYAMA Akiko MURABE Ena NAKAHARA Kana

AltoKATAYAMA Chise SETOGUCHI Ayano YAMORI Minako SASAKI Hiroko

TenorKIKUTA Yoshinori TSUTAYA Akio INOUE Genki NAKAGAWA Tomoki

BassOCHIAI Yohei IKEDA Masaki OI Takuya MIYAO Kazuma

[student,KCUA,master course student,KCUA & Alumnus & Alumni,KCUA]


Festival AdvisorYAMAMOTO Tsuyoshi(head,graduate school KCUA music)

Festival AdvisorOSHIMA Yoshimi(dean,music faculty KCUA)

Hall VisualINOUE Akihiko(professor,KCUA,visual planning)

Hall DisplayKURIMOTO Natsuki(professor ,KCUA,lacquer art)

Hall Display TOKITA Arison(Director of Japanese Traditional Music

Lighting DesignKINOSHITA Shiori(master course student of KCUA,laqcuer art)

Lighting DesignTONOMURA Yuichiro(a part-time lecturer,KCUA)

Electronics: ITO Keisuke(student,KCUA composition)
Electronics: HARUNO Kai(master course student,KCUA composition)
Electronics: YAMAGUCHI Tomohiro(a part-time lecturer ,KCUA)

Recording & Acoustics:NISHIMURA Chizuko(a part-time lecturer,KCUA)

Transportation:TONOMURA Yuichiro  IMURA Transportation
Percussion Setting Assisntant:MATSUI Shun(student,KCUA percussion)

Photograph:ARAKI Maho(student,KCUA musicology)

Video Shoot:WATANABE Shiori(master course student,KCUA musicology)


Round Table Translation:SOHMIYA Akiko(professional translator at Kyoto prefecture and Kansai erea)
Chinese Transtation:TIAN Chengyuan(doctoral candidate,KCUA)

Korean Translation:KIM Soohyn(master degree from KCUA)

Program Leaflet Edition:IWAMI Mariko(master course student,KCUA,musicology)
English Translation:IWAMI Mariko & NAKAMURA Noriko(associate professor,KCUA,composition)
Program Leaflet Printing:Printpac Corporation,3-1 Noda Morimoto-cho,Mukou,617-0003 Kyoto,Japan

Manager:TIAN Chengyuan(ensemble clumusica)
OKUDA Seiko(vocal ensemble clumusica)

Manager: IKEDA Masaki & INOUE Genki( master course student,KCUA vocal)

Stage Director:KOMATSU Atsushi (special researcher,junior academy KCUA,composition)

Stage Director:INATANI Yusuke (master course student,KCUA composition)
Technical Director:ITO Keisuke (student,KCUA,composition)
Floor Director:SASAKI Nozomi(master course,KCUA,composition)

Stage & Floor: GOTO Saori ENDO Takaaki OKADA Zenji FUJITA Manami
AMAKO Yurie YAMAKAWA Kazuya IWAI Misa MIHARA Hiroshi YOKOTA Mai
(students,KCUA composition)

Festival Greeting Message:WASHIDA Kiyokazu(president,Kyoto City University of Arts)
Festival Greeting Message: YAMAMOTO Tsuyoshi(head,graduate school KCUA music)

clumusica collaborative supervisor:Dr.MASUDA Mayu(part-time lecturer,KCUA & Kobe Collage)
clumusicacollaborative supervisor:Dr.SHIMIZU Yoshihiko(full-time lecturer,Oita Univeristy)


clumusica collaborative supervisor:NAKAMURA Noriko(associate professor,Kyoto City University of Arts)


reception & closing party
e0146075_00582869.jpg


[PR]
Document of Special Lecture:Kyoto City University of Arts,Faculty of Music
Present,from Electro Acoustic Music 3 CARLO FORLIVESI
Research session for koto 6 culumusica concert 15 clumusica friendship charity 17

28 March[SAT],2015 Electro Acoustic Concert featuring east-west instruments
29 March[SUN]Lecture,Workshop,Presentation and Video Shooting
Kyoto City University of Arts,KCUA University Hall


Electro Acoustic Concert Kyoto City University for Arts,Universtity Hall
Carlo FORLIVESI NAKAMURA Noriko featuring Aquim BORNHOEFT
Compostition Carlo FORLIVESI(professor of National Conservatory of Rodi,Italy)
NAKAMURA Noriko(associate professor of Kyoto City University of Kyoto City University of Arts)
Aquim Bornhoeft(director of studio for electro acoustic,Universtaet Mozarteum,Salzburg)
Koto:OE Miyako Fagotto:NAKAGAWA Hidetaka (cultural special encouraged artist of Kyoto City,2014)

Greetings:

Thank you so much for coming.

I would like to thank prof. Nakamura for her great collaboration and efforts in the promotion of art and music between Japan and the world. To achieve this result we have been collaborating for over 5 years on several projects, which involved different disciplines including contemporary music, orchestral music, traditional Japanese instruments, early music and finally electronics.
We would like to express our gratitude to Dr. Stefano Fossati, director of the Italia Bunka Kaikan of Osaka, for his support and interest in all these cultural activities.
I am now quickly presenting the pieces.
We are going to perform a selection of three pieces made with electronic media, that means primarily computer generated music, I composed in the last 18 years, notably The Tunnel of Light, Through the Looking-glass, and Requiem, plus one electronic work by prof. Nakamura titled Quasi Flos, and works for Japanese koto performed by the koto master Oe Miyako, the two pieces will be titled Bright Moon Music Vol.2 and Silenziosa Luna. There will be in addition a piece titled “Naturell-Courage-Naturell” by a German composer, Achim Bornhoeft, professor of electronic music at the Mozarteum of Salzburg, a university strongly linked to the Kyoto City University of Art thanks to the intermediation of prof. Nakamura.

During this concert you can enjoy a first-class sound system and the marvellous acoustic of this hall. A light choreography has also been designed for each piece.

Electronic music is an experience not just limited to the ear, it rather goes to the heath and soul, it is a journey of the mind. Thank you.

Prof.Dr.Carlo FORLIVESI

Carlo FORLIVESI:光の隧道 The Tunnel of Light(1998,electronics)

  Ascending to an immense light through a cylindrical tunnel, concentric circles seen in perspective in completely dark surroundings. This short sound work, after Hieronymus Bosch's The Tunnel of Light, opposes an apparently disordered but rather structured activity (vision) to an almost static sound stripe (contemplation).Duration: 0:59

NAKAMURA Noriko:花如 quasi flos(2014,electronics) 

 The huge choral works of MAMIYA michio and choral composers is existing in Japan as the createon from the correction of Bartok Bela and Zoltan Kodaly in music history.Ultimately,it is not reached as the the song of Maria in spite of huge choral molding of MAMIYA Michio.

  I was commissioned the orchestral arrangement for work song”Magouta”.It was listened by traditional folk song singer and he said that this orchestration is able to collaborating with true sense of traditional music.However about this folk song”Suzuka Magouta” and I’s crossing the time and space in the just ground,it had lost in real history.

   Japanese own traditional music had refused form Japanease moderisation of music education,and I confirmed by the research about this KCUA’s students memories of traditional work song magouta,and their memories were non crossing with such Japanese traditional music.Duration:3:38

Carlo FORLIVESI:鏡の向こうに Through the looking glass(1998,electronics)

As it passes through an imaginary looking-glass,the evening song of the birds is transformed,littl,in a processs of acoustic mutation from a natural context into one that completely electronic and filled with fantastical colours.Duration3:36

Aquim Bornhöft:自然--自然 Naturell-Courage-Naturell(2003,World Premiere,electoronics)

The electronic piece Naturel lis the first version of a work conceived in such a way that it can never assume a defitive shape,but can always be reworked and performed in new ways in the future to suit new perspectives and circumstances.In the initial ‘acoustical status report’,Bornhöft works with various natural sounds form his personal but eve-changing sound library.In this case the sounds are primarily noises caused by water and birds-sounds we often encounter in his oeuvre in wide-ranging forms and variants.The piece’s underlying material consists entirely of four-second excerpts,fragments extracted from the orginal recording of their acoustic continuum,thereby rendering their prigins ambiguous.The result is an impressive and ambivalent interplay between concretenesss and abstraction,searching and (re)discovery.Naturell is a study of acoustical identies,of mimesis and mimicry,of being and appearance.In all the things surrounding us we can always,depending on our distance and vantage point,descry another world- a’second nature’.(German text:Stefan Fricke,English translation:Dr.J.Bradford Robinson)

Courage was made for the CD 90 Minuten Wirklichkeit(90 seconds reality) by the German Association of Electronistic Music(DEGEM),a collection of 47 small pieces one and a half minute long.This piece is dealing with several sounds of action and reaction related to physical violence.

NAKAMURA Noriko:明月楽弐之巻 Bright Moon Music II (2001-09,17gen&koto with voice)

Bright Moon Music II was constructured as solo Koto-Uta piece insteaed of duo version,on the base of Bright Moon MusicI by the performance of Camilla HOITENGA(alto-flute)&OE Miyako.On the volume 1,it was expressed as the journey to death by two persons and On the volumeII, It is expressed the journey to pilgrimage by one person.Original version”IMO-SE” was composed by the commission of Hiroshi YONEZAWA & Eriko KUMAZAWA for 40 anniversary of German-Japanese Association.By the request of Heikan KUREYAMA who listened to this”IMO-SE” Kyoto premiere,It was recomposed for western instrument and eastern instrument as”KAGAMI” for western instrument and western instrument as“HATA”.By the request Miyako OE,these were recomposed as the two version of “Bright Moon Music” and as the trio version on the GAGAKU style of “SEIGAIHA[stella waving sea].”IMO-SE” is inclusive 6 versions another versions by same composers.

It is able to perform this Bright Moon Music II,only the player who performed Bright Moon Music I.By the composer,performer is requesterd to hold trictly the afterimage of sound color,dynamics length,pitch in this order, only the performer’s body & spirit hold afterimage of the performance of the player who played together by Bright Moon Music I.After the performance of duo version Bright Moon Music I,the performer of Bright Moon Music II is permitted the deviation from notation in the point of sound pitch, length,length,dynamics,color,in this order.

This piece was composed by the request of Miyako OE,and premiered at Miyako OE 17gen Recital,October 2009 in Kyoto. In original version”IMO-SE”20gen part is changed to 17gen with 13gen by solo player.

Carlo FORLIVESI:沈黙の月 Silenziosa luna(2009)

...
Why this infinite air,and this deep Infinite serene?what means this Immense solitude?and I.what am I?

And so much activity,so much motion In every celestial,every earthly thing, Ceaselessly turning,
Always back to starting place; Any point,any purpose
Is beyond me,But you for sure, Deathless maiden,know everything.

What do you do,moon,in the sky? Tell me,what do you do, Silent moon?
...

From "Night song of the wandering shepherd of Asia"(1830) by Giacomo Leopardi Duration:4 min.

NAKAMURA Noriko:玉 TAMA Bach(2009,17gen)

WAGON(AZUMAGOTO)’s music was translated to 17gen as the spring song which was made the triple sequence by AZUMAASOBI tuning.(Duration:3 min.)

NAKAMURA Noriko:眞聲花如 vox verum quasi flos(2015,electronics and Bassoon,World Premiere)

VOX VERUM is the six diferencias which was structured on the both way between graphic score and 5 lines notation based ROKUDAN structure of YATSUHASHI Kengyo.VOX VERUM is contained on QUASI FLOS,electronics.(Duration:13 min.)

Carlo FORLIVESIREQUIEM (1999,rev.2007)

Requiem is a composition concerived as an ‘acoustic rite’,an electronic poem in three parts-Komm,Les pleurs and ( )- separated by a period of silence.During a performance there is,in the darkenss,an array of eight speakers with eight channels,to which correspondd as many coloums of light.It is requested that the composition end without applause.Through ‘concrete’and synthetic music this work comprises of selection of the sounds,developed electronicallymof rituallystic objects used in various cultures around the world:littlee bells,pipes,glasses,matches,a rain stick,a dobachi (a rituall Japanese instrument),toghther with a chord played on a broque violin from the Passacaglia of Hinrich Biber.The central moments of Komm and of Les pleurs are,respectively, areworking of Motet BWV 229 by J.S.Bach( in retrograde and with altered tempo),which generates a syllabic though not texual signifier,and a quotation from a composition for viola da gamba of Monsieur de Saints Colombe.(translation:Jeremy Drake)

Present from electro acoustic music 3 Lecture,Workshop and Presentation
29 March[SUN]Lecture,Workshop,Presentation and Video Shooting
Kyoto City University of Arts,KCUA University Hall,Salon and CM lab. 10:00-18:00
LecturerCarlo FORLIVESI TranslatorNAKAMURA Noriko
Participantsstudents of composition speciality INATANI Yusuke(3) HARUNO Kai(3) ENDO Takaaki(2)YAMAKAWA Kazuya(1)
AuditorDavid Boss(3.Lowrence University)
AcousticsNISHIMURA Chizuko Lighting KINOSHITA Shiori (M1,Lacquer work)
Video ShootingINATANI Yusuke,HARUNO Kai YAMAKAWA Kasuya

Electronic Music Presentation KCUA Hall 16:00
HARUNO Kaikoto signal (2015,electronics,world premiere)
Composition form koto sound of concrete.(Duration:60 seconds)

Electro Acoustic Music Video Shooting 16:30-18:00
Acoustics:NISHIMURA Chizuko Lighting KINOSHITA Shiori(M1,racquer work)
Video ShootingINATANI Yusuke HARUNO Kai YAMAKAWA Kazuya

Special thanks: Prof.TOKITA Alison[Research Centre for Traditional Japanese Music]
Prof.KURIMOTO Natsuki[racquer work KCUA]

Thanks for coming concert from around Kansai area,Kyoto Osaka,Tokyo,and Wisconsin,U.S.A.


[PR]
アジアの箏の現在 コンサート&トークセッション
「アジアの箏の現在」クラムジカ第6回公演 ”KOTO, present in Asia”International Modern Music Festival
主催:クラムジカ 協力:田波楽器株式会社 後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会
マネージメント:Office Music Message 柳楽正人(代表)
日時:201218()会場:京都市国際交流会館イベントホール
■トークセッション
◎パネル参加作曲家
カルロ・フォルリヴェジ(イタリア国立カリャリ音楽院)
ジョシュア・チャン[陳錦標](アジア作曲家連盟会長・香港大学)
パク・ウンハ[朴銀荷](秋季芸術大学・韓英神学大学)
松下功(東京藝術大学演奏藝術センター)
清水慶彦(京都市立芸術大学・同志社女子大学)
◎フロア参加作曲家
岡田加津子(京都市立芸術大学)
大慈弥恵麻(相愛大学)
和泉耕二(大阪音楽大学)
池上敏(山口大学)
田島亘(大阪音楽大学)
若林千春(滋賀大学)
南川弥生(大阪音楽大学)
熊谷美紀(大阪成蹊短期大学・大阪音楽大学)
◎司会
中村典子(司会・京都市立芸術大学)
■コンサート1&2プログラム
・縹渺想定線Ⅰ:増田真結(京都市立芸術大学・神戸女学院大学)
      箏:中川佳代子 チェロ:大西泰徳
full moon:岡田加津子(京都市立芸術大学)箏:福原左和子      
・線香花火(世界初演):大慈弥恵麻(相愛大学) 二十五絃箏:渡邉香澄
・雲の峰(世界初演):渡邉さとみ(大阪音楽大学) 箏:林美音子
・南風(世界初演):ジョシュア・チャン[陳錦標](アジア作曲家連盟会長・香港大学)
      箏:麻植美弥子 十七絃:麻植理恵子 フルート:江戸聖一郎
・深い悲しみのなかで:和泉耕二(大阪音楽大学) 箏:平田紀子 ヴァイオリン:中村公俊
・ラメント2011(世界初演):池上敏(山口大学) 箏:中村あゆみ
・島田陽子の詩による鎮魂歌「もう少しここに」(京都初演):田島亘(大阪音楽大学)
     二十五絃箏:横山佳世子 ソプラノ:井上今日子
・青渡絲韻(世界初演):中村典子(司会・京都市立芸術大学)
     十七絃箏:麻植美弥子 麻植理恵子
・五つの形象(世界初演):清水慶彦(京都市立芸術大学・同志社女子大学) 
      箏:中川佳代子 チェロ:大西泰徳
・玉響(たまゆら)Ⅵ(世界初演):若林千春(滋賀大学) 箏:林美音子
・ノアの方舟(世界初演):パク・ウンハ[朴銀荷](秋季芸術大学・韓英神学大学)
   箏:横山佳世子 ヴァイオリン:中村公俊 クラリネット:中井絵理 指揮:中村典子
・幻月(世界初演):南川弥生(大阪音楽大学)  箏:渡邉香澄 平田紀子
・孤独と静寂の中へ(京都初演):カルロ・フォルリヴェジ(カリャリ音楽院)
      箏:麻植美弥子 ギター:西垣正信
・一条戻橋:熊谷美紀(大阪成蹊短期大学・大阪音楽大学)箏:福原左和子
・二つの万葉歌(京都初演):松下功(東京藝術大学演奏藝術センター)箏:深海さとみ     

アジアの音舞の現在 国際フェスティバル−
日韓伊 伝統 創作 音楽 舞踊 Music & Dance,Present in Asia
아시아의음악과무용의현재 [clumusica friendship performance for charity 10]
主催:クラムジカ 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室
後援:日本現代音楽協会 日本作曲家協議会 京都市立芸術大学音楽学部
協力:京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
日時:2013724() 会場:大津市伝統芸能会館能楽ホール
プログラム
Credo六段(グレゴリオ聖歌・八橋検校[日本伝統音楽]
    ソプラノ.村辺恵奈 テノール.虫本友 箏:麻植美弥子
・沈黙の月:カルロ・フォルリヴェジ(国立アドリア音楽院教授) 
    能舞:安東伸元(大蔵流能楽師狂言方・羽衣国際大学名誉教授)箏:麻植美弥子 
・暁天(2012):中村典子(京都市立芸術大学) 
    能舞:安東伸元 ヴァイオリン:眞田彩
・二つの輪(世界初演):小松淳史(京都市立芸術大学大学院) 
    ヴァイオリン:眞田彩 ソプラノ.村辺恵奈 テノール.虫本友
・ホカヒ(2010):中村典子 
    ・舞踊:小川珠絵(舞踊家・舞踊作家 TMパフォーマンス・プロ主宰)打楽器:宮本妥子
Celestial_vib(京都初演) 坪能克裕(前日本現代音楽協会会長) 
    打楽器:宮本妥子
・長剣舞(韓国伝統舞踊)舞:李周煕(韓国中央大学校芸術大学舞踊学科教授)
・サルプリ(韓国伝統舞踊)舞:韓順瑞(韓順瑞舞踊研究所院長)
・星海波(自作現代邦楽を様式的雅楽化):中村典子
    舞:小川珠絵 ヴァイオリン:眞田彩 箏:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子
照明:木下栞(京都市立芸術大学美術学部) 舞台監督:小松淳史 
MC:中村典子 舞台撮影:TMパフォーマンスプロ 記録写真:GON

[PR]
8.松下功(日本作曲家協議会会長、東京藝術大学演奏藝術センター教授)
8.마츠시타 이사오 (일본작곡가협의회회장, 동경예술대학 연주예술센터 교수)
8.松下功 (日本作曲家协议会会长,东京艺术大学演奏艺术中心教授)
8.MATSUSHITA Isao(the chairperson of the Japan Fereration of Composers, professor of Tokyo University of Arts,Performing Arts Center)

みなさん、こんにちは。松下功です。長くなりましたし、みなさんのお話の最後ですので、ほとんどみなさんお話になられたのでどうしようかなと思っておりました。とっても大事な試みをなさっている中村先生、ほんとうにありがとうございます。そして、大変難しい題目だなと思って聞いております。われわれここにいるのは、みな、いわゆる西洋音楽といわれる部分から始まっているのですね。最近世の中は随分変わってきているなあと、わたしは思っております。わたしはいま、東京芸大の方では、演奏藝術センターという作曲科ではないところで、教えているというか、いろんなことをやっており、最近音楽学部ではなくて、美術学部に教えるようになったのですね。だんだんジャンルを越えてくるなと思うのは、わたしが会長を務めさせて頂いている日本作曲家協議会にも音大出身ではない人が、音楽大学の作曲を出ていない人も入ってきています。これは理科系の大学を出た方とか、あるいは演奏家である方とか。つまり、作曲家という概念もこれからどんどん変わっていくのではないか。わたしはこれからの総合文化、あるいは総合芸術の時代に入っていく、それが総合文化だと思っています。西洋の作曲から入っていって、東洋の、韓国には伝統音楽学部という学部があって、そこに作曲もありますね。
여러분, 안녕하십니다. 마츠시타 이사오입니다. 여러분 이야기의 마지막 순서라서, 대부분 다른 분들께서 말씀하셔서 어쩔까 하고 있었습니다. 매우 중요한 시도를 하고 있는 나카무라 선생님, 감사합니다. 그리고 매우 어려운 과제라고 생각하면서 듣고 있습니다. 여기에 있는 우리는 모두 말하자면 서양음악에서부터 시작했지요. 요즘 세상이 많이 변했다고 저도 생각합니다. 저는 지금 동경예대에서는 연주예술센터라는 작곡가는 아닌 곳에서 가르치고 있다고 할까, 여러가지 일을 하고 있는데요. 요즘 음악학부가 아니라 미술학부에서 가르치게 되었습니다. 점점 장르를 넘고 있다 싶은 것은, 제가 회장을 역임하고 있는 일본작곡가협의회도 음대 출신이 아닌 사람, 음악대학 작곡과 출신이 아닌 사람도 참가하고 있습니다. 이공계 대학 출신이나 혹은 연주자인 분들도 있습니다. 즉, 작곡가라는 개념도 앞으로는 점점 변해가지 않을까 합니다. 저는 앞으로의 총합문화, 혹은 총합예술의 시대로 들어간다고 생각합니다. 서양의 작곡에서 시작해서 동양의, 한국에는 전통음악 학부라는 학부가 있고, 거기에 작곡 전공도 있지요.
大家好,我是松下功。大家把该说的话都说完了,我该怎么办呢?
敢于作于这么大胆的尝试的中村老师,真的非常感谢。而且这也同样是一个非常难的题目。
我与在座的各位一样,都一样是从西方音乐这个部分开始的,我想,最近这个世界真的是发生了很大的变化。
Hello, everybody. I am Matsushita Isao. Because it has become a long round table and most topics have already been spoken about by participants, I have been wondering what I could say as final speaker. Thank you so much, Professor Nakamura, for having carried out this important innovative project. As I listened I felt it is a specially difficult theme. We are all starting from western music, although I think it is changing in recent years. I am currently teaching in the Performing Arts Center in Tokyo University of Arts, not the department of composition. Recently, I am even teaching in the Faculty of Art, not Music. It is the situation of going beyond genre: composers who did not graduate from University of Music are joining the Japan Federation of Composers Inc. As chairman of JFC, I know their alma mater.They graduated from science courses or performance courses and so on. Accordingly, the concept of composer in the future is changing. I think it is changing to a kind of cultural synthesis, or an integrated art project. It is really synthetic culture. Some come from western composition studies to eastern music studies, from traditional music studies to composition studies. In Korea, traditional music studies generally have a composition section. In line with such movements, in Japan too, Japanese traditional music performer-composers have organized a cooperative society.
我,现在在东京艺术大学,也叫演奏艺术中心教学,而不是在作曲系教学。与其说是教学,莫不如说是在做很多的事情,最近不止是音乐学部,也在美术学部教书。也许会让人想,这在渐渐脱离了自己的风格。而且在我做会长的日本作曲家协议会里面也有并不是在音乐大学毕业的人,或者是音乐大学里面作曲系出身的人入会。这些人,或者是理科大学出身,或者是演奏家,总而言之作曲家这个概念从现在开始也会不断的变化。我认为,从现在开始,我们在进入综合文化或者说是综合艺术的时代。

[PR]