<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

3月19日は、トーキョーワンダーサイトにレジデンスで滞在中のフルーティスト
Camilla Hoitengaさんと国連大学の側で再会しました。

この場所は私にとって特別な場所です。

となりには岡本太郎さんの像のある、こどもの城があります。

13年前の5月、こどもの城でバレエ作品を練習し、演奏者と私はサンフランシスコに旅立ちました。

その二ヶ月まえの3月には、東京フェスティバルバレエがSAKURAという作品を全米ツアーのプログラムとして持って行ってくださいました。

振り付けは、新・国立劇場の石井潤さん。

信じられないような、ひょんなことで私の作品がアメリカデビューしてしまったのです。

石井潤さんは長くフランクフルトのカンパニーでプリンシパルとして踊ってこられた方です。

学校で、作品なにかありませんかと突如言われ、持っていったら、、、。

結論から言うと、その曲が演奏された舞台は、戦後半世紀の、吉田茂がサンフランシスコ平和条約を批准したまさにその舞台でした。

サンフランシスコオペラハウスの正式名称はSAN FRANSISCO WAR MEMORIAL OPERA HOUSE。

その曲は、国連憲章50周年記念国際舞踊フェスティバルで日本代表バレエ作品として上演されました。

世界中の有名バレエカンパニーがほとんどつどい、それぞれの国の音楽に振り付けた新作を持ち寄ったのです。

作品番号1のNOLIという作品。

半月の劇場暮らし。バレエカンパニーのオリンピック。

行きの新幹線で、岡本太郎さんの明日への神話が渋谷に設置されることが、ニュースで流れていました。

その渋谷で、昨年6月に友人の舞踊家李周煕さんと会いました。
彼女は一年間の在外研修で日本に滞在中でした。
それまでに8年日本に滞在して日本でとった博士号をお持ちです。

彼女もまた、NOLIを舞踊作品として振り付け、京都で上演してくれています。

思いがけず、東京の地で私たちと私たちの作品は交差していました。

カミラは2月のミュンスターでのKLANG ZEITや昨年6月のケルンでの公演の録音を持ってきてくれました。

演奏してくれた作品は、アガタとナビ。

フルートであることさえ忘れてしまうほど「笛」の音楽が素晴らしいのです。

私を導いた、これらの交差のみなもとの空の向こう側の存在へ感謝といのりをささげます。


e0146075_253427.jpg
e0146075_2543491.jpg
e0146075_258630.jpg

[PR]
今朝は、3回生の小川彩音さんと一緒に練習に行きました。

フルートオーケストラ湖笛の会(うみぶえのかい)の練習場は滋賀県石山の晴嵐市民センターにあります。

3階の練習場から見える湖の景色は、井上明彦先生がつくってくださった湖都楽母のチラシデザインそのものでした。雪をかぶる比良山、透明な湖、そこへ飛来する鳥たち。

私たちとイメージを共有してくださり、本当にすごいものができました。ありがとうございますm(__)m井上先生は今日、パリへ出発です。

6月5日のバロックザールでの作品展「まことのはる」にプログラミングされている連作組曲「母なる湖」の一回目の練習です。8曲全部の音出しをしました。

水草の森、しじみ貝のつぶやき、おおなまずの眠り、香魚のとむらい、稲妻が走る、涸れた水底で、鳰の子守唄、揺れる帆。

女性プロ・フルートオーケストラが委嘱した女性による作品を女性指揮者が今回初めて振りました。

水や緑の匂いが聴こえてくる、、、、。

大先輩たちの胸をかり、小川さんたいへん頑張っています。演奏においても新表現が生まれ、本番が楽しみです。


ソプラノ日下部祐子さんの博士候補者試験で午後は学校に戻りました。お世話になっている大先輩です。

私自身博士号をもっていませんが、先輩にあたるかたがたが博士号をとるお手伝いをさせていただく構図がこのところ続いています。

心底ありがたいなと思うことは、飛行機に乗って出かけていった場所から今度はこちらへとさまざまな力あるかたがたがいらしてくださるということ。

自分の居場所を理想の場所にしたいと思う私に神様がくださったプレゼントだと思います。

夜は、アレクサンダーテクニックのルカス・ロレンツィ先生のレッスン。

線維筋痛症を昨年8月に患って以来8ヶ月目になります。レッスンに通い始めた昨年12月以来随分上達し、二週間に一回でかなりよい状態を保てるようになり、ピアノもまた普通に弾けるようになりました。

ルカス先生の奥様は、ピアニストの笠原純子さん。学生時代の師匠、笠原咸子先生の娘さんです。



e0146075_6554078.jpg


[PR]
日本よし笛協会アーティスティックアドヴァイザーの呉山平煥先生と日本よし笛協会理事の赤澤一壽さんの委嘱ではじめて作詞作曲した「川のほとりのこもりうた」ーよし笛アンサンブルのなかまたちへーの楽譜が山上友佳子さんのピアノとオルガンのCD付きで出版社マザーアースから発売されています。(2008年2月出版)

どうかご愛顧くださいますようなにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m



e0146075_21463827.jpg

[PR]
りんごの朝の歌、ただいま制作中です。
フランスへ曲の前半をFAXで送りました。

19450310という日付けにちなんだ
さまざまな音のかたちがひしめきあっています。

3月12日から勤務校の入試でへとへとです。
17日の二次試験まで続きます。

e0146075_6542362.jpg

[PR]
怒濤の数日の後、一段落。

昨日は東京大空襲の日。

絶対忘れられない、この日付、3月10日。
祖父の命日、母の一歳の誕生日を待たずに空に還りました。
e0146075_6531318.jpg

[PR]
今朝未明、湖都楽母のチラシデザインをお願いしていた井上明彦先生からデータが届きました。

湖のもりあがり、さかなのうずまき。

今日は、先生のお父様の一周忌。

透明な水と青い空の向こうに、すべての敬意と感謝を捧げます。

この数年のできごとがすべて封じ込められているかのようです。本当にありがとうございました。

午後、委員会の後、ブレーメン芸術大学に半年間派遣留学していた山口友寛さんが報告に来訪。今後についてじっくり話し合いました。

続いて、博士課程のウメル・ママットさんも相談に来られました。

夕方、日下部祐子さんの博士リサイタル。春愁。非常にグローバルなプログラミング。少人数で聴くのがもったいない限りです。研究されている作曲家の二宮玲子さんにも会場でお会いできました。

今日から国内ならどこでもPCがつながります。ありがたいことです。


e0146075_22294075.jpg


[PR]
朝から一曲編曲。

ピアニストの近藤生美さんから頼まれた「川のほとりのこもりうた」の二胡とファゴットとピアノのためのヴァージョンです。二胡のソロで始まり、トリオで3番までいろいろ変化をつけました。

無事終了、そして投函。


マザーアースの橘社長から電話。「内なる湖」ーウィンドオーケストラのためのーの出版の打ち合わせをしました。バンドジャーナルで宣伝してくれるそうです。

この曲は3管オーケストラから弦楽のみ欠落した編成。ブラスバンドでは若干対応が必要なので、相談中です。

作品解説を送信。

午後は「グローバル化時代の声楽」というワークショップがありました。

「時空を超える様々な声」Christian Utz教授、「H.ラッヘンマン、G.チェルシ、H.ゼンダーの声楽作品における儀式化と変容』J.P.Hinkel准教授。

終了後、龍村あや子先生が先生方を太秦の広隆寺に案内するのに同道しました。広隆寺はいつ行っても静かに美しい、平和のイメージです。


その後、PCをどこででも通信できる機械を購入。都市部ならだいたいつながるそう。期待度大です。


夜は芸術センターでのコトプレゼント・現代音楽の演奏会に行きました。会場で、作曲と指揮もしている卒業生の松村香代子さんと二年ぶりで会え、すっかり話し込みました。

今日は一日ゆっくりな感じで、身体の状態がちょっとよくなったような気がします。

e0146075_230499.jpg

e0146075_2313295.jpg


[PR]
午前中少しだけ真っ白に吹雪いていました、ものすごく急に。

Docter CandidateのPianist,Sato Emikoさんからメールがきました。

彼女は今、ニューヨーク市立大学にいます。彼女の中学生、高校生時代に、私は彼女に分析を教えていました。

そのEmikoさんが友人の作曲家Karina GlasinovicさんのPCからメールをくれました。英語。


そのKarinaさんの作品をEmikoさんが弾いた録音を一月に聴いていたので直接、KarinaさんのPCに、ふたりに宛ててエールと感謝を送りました。行きがかり上、英語の返信。

彼女はチリからアメリカにきている作曲家、女性です。

チリの大統領も女性。ミチェル・バチェレ、3人の子供のいる母で、結婚していません。

彼女もまた、アメリカに国防を学びに留学しました。

アメリカとチリの関係を知るとき、彼女なしには語れません。

新しいチリに幸いあれ。

e0146075_2230128.jpg


[PR]
プーランクの無伴奏混声合唱曲「七つのシャンソン」を合唱団アンサンブルアカデミー京都の指揮者桑山博さんの求めで分析しました。

アポリネールの、空の向こう側。
エリュアールの、光の向こう側。
時間の向こう側に。

美しく厳しい表現でした。
二つの時間が二層となって重なっているのです。


アンサンブルアカデミー京都の皆様、出版のお祝いをありがとうございましたm(__)m
お世話になります「蕪村の句による四季のうた」どうぞよろしくお願いいたします。


今朝、「りんごの朝の歌」の基本リズムに重ねるりんごの重音の開始と低音部に重ねるクライマックスを探り当てました。

ようやく始動です。

山上友佳子さま、エレーヌ・ラサルさま、お待たせしております、どうかおゆるしください<(__)>


宮西央子さんの博士リサイタルを聴きました。中田喜直の世界。
私は時間を間違えて手帳に書いており、ホール中の皆様をお待たせしてしまうことになりました、、、、。皆様、本当に申し訳ございませんでした。でもなぜ書き間違ったのか、まったく謎です。

ああ、おゆるしください。


劇団四季のオーディションのため追試をしに研究室をたずねてくれた福良千尋さん、お話たのしかったです。夢がかなうといいですね。


妹、土永知子から誕生日プレゼントが届きました。以下のように、めちゃくちゃかわいい。ありがとうm(__)m


e0146075_1150163.jpg


[PR]