2008年9月のクラムジカ第0回公演大変お世話になったソプラノの美堂舞さんが、愛する歌というコンサートを4月18日、神戸の世良美術館で開かれ、川のほとりのこもりうたの日韓中3ヶ国version初演くださいました。ピアノは植田浩徳さん、おふたりはご夫婦です。

木下牧子さん、中田喜直さん、武満徹さんの名作と、すみれの花咲く頃、バラ色の人生というプログラムにはさんでいただき、密度の濃いステージでした。

日本語の歌に素晴らしい才能を発揮されている美堂さんが、今また韓国語や中国語にも関わってくださるのを今日またとても幸せに思いました。

本当にありがとうございました。

e0146075_12324880.jpg

[PR]
3月下旬から4月にかけて、韓国で行われたアジア現代音楽祭に入選、参加しました。
これまでドイツ・東京・京都など世界中で出会った韓国の作曲家のみなさんと再会することが出来、素晴らしい時間を過ごすことができました。
母を伴ってのソウル、お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。

e0146075_23485422.jpg

[PR]
1998年9月24日、作曲家中村典子の世界(しがぎんホール)での初演のため、しがぎん経済文化センター委嘱で作曲された「カタ」ーマリンバ奏者のためのーが出版されています。(2008年5月出版)

初演は伊藤多美子さんです。多美子さんは、先に出版された「ナガ」ーマリンバ奏者のためのーを初演された伊藤朱美子さんの双子の妹さんにあたります。

また、CDとして出版されている「第6回日本現代音楽展」に田中紫織さんの演奏で収録されています。

2009年4月にはAsian-Pacific Contemporary Music Festivalにカタは入選し、ソウルのGuro Art Valleyでの韓国初演に行ってきました。演奏はKAROS PERCUSSION ENSEMBLEのYOON,KYON-WHAさんです。素晴らしくチャーミングな方でした。

沢山の方に支えられて東アジアでも展開しています。ありがとうございます!

どうかご愛顧くださいますようなにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m

e0146075_6334264.jpg

[PR]