<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FD

FDフォーラム(Faculty Development:
大学教員の教育能力を高めるための実践的方法、
forum:広場、集団討議)が
2011年3月5日&6日に京都外国語大学で行われ、
東京音楽大学、立命館大学、東北芸術工科大学の取り組みの
第6分科会に音楽学部から参加した。

午前の発表は、町中での音楽アウトリーチや
映画制作(山田洋次監督)や土を耕す授業からのデザインなど
現代の困難を切り開く次世代のさきがけモデルとなるもので、
地域と生き、土と生き、畠をつくる授業が紹介された。

午後は議論で、私は京都芸大という属性と共に
社会の進む方向をデザインするというテキストメイカーの立場
作曲からという観点で冒頭に発言した。

日本各地からの参加者のみなさんが全体で活発な議論となり
「社会と音楽」「社会の音楽」
「土と真に結ぶ」という中心点があぶりだされたように感じた。

その5日後に大震災が起こった。
とっさに私は3月11日は9月11日の対極点では、、、と感じ、
さらに原爆とチェルノブイリが頭をよぎった。

911は教え子が留学でニューヨークへ到着したちょうどその時だった。
その報をドイツでを聞いた私は、帰りの飛行機が当初の所要時間8時間が
3倍となる原因となった空港のコンピュータのサーバダウンで、
多数の人間が手書きの鉛筆と電話での飛行機乗り換えをした経験もある。
また、25年前のチェルノブイリの時はドイツに留学していた先輩が
ヨウ素を服用したことを言っていたことを思い出し、
この震災はこれら複合的な規模のことになるのではないかと感じつづけている。

そして、やはりいまも原発事故はおさまらない。
一年かかって終息するかもわからない。

FDの議論の帰結点を私なりにまとめるならば

土を耕し(自立的な文化を身体で作る)
地域と生き(一極集中を避け多様化・持続可能な文化へ、
      地域の文化から発して地球全体へと届く音楽の本道)
社会で行動する(増大拡大を必要とする文化からの脱却)という

三点に尽きていた。

これら討議が3月11日の東日本大震災に間に合わなかったのは実にくやしい。

地球全体で考え、地域が主人公となるまで
内よりいずるちからでテキストを発し続けたいと強く思った。

また、私は今回PTSDに陥るのを避けるため
あえて意識的に震災翌日からの6日間の入学試験の合間の時間、
携帯で震災の映像を毎日じっと見続けた。

その作業は、、、、、なんということだ。
あそこにいるのは私ではない、ここにいるのが私、とはっきりさせる作業。

そして、福島のかたがたと福島の土と思いをひとつにするため
普段食べない上等のコシヒカリを震災一ヶ月後
福島のお店から購入させていただいた。

突然だが、一般に携帯、電気調理器などからは電磁波が少なからず出る。
人によっては具合が悪くなることがある。

私は家がオール電化のため住み始めた最初の一年は家電の電磁波で大変だった。
それでも7、8年が経過して電磁波になんとか慣れて生きている。

さて、福島から到着したお米の袋の上に手の平を載せると、
ビーン!と米が受けた恐怖と痛みを感じた。

はげしい痛みだ。

人間も有機物。
お米も有機物。

デジタルに計測するものだけでない「悲嘆」。

その日は帰宅が遅くて調理できなかったが、翌日その
こころのビーンとする激しい痛みが半減
その翌日また半減した感じがしたところで

論理的には汚染されたものは入っていない
昨年結実した米をまずは大切におかゆにして食した。

微量ストロンチウムの報道、
作付けができない非常事態。

福島のみなさんの心境いかばかりか、想像を絶する。

福島のお米はおいしい。

毎日ご飯をいただきながら、書いている。

[PR]
この度の東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)において
被災された多くの方々に心よりお見舞いを申し上げますと共に
犠牲になられた方々とご遺族様にこころより深くお悔やみを申し上げます。
被災地の皆様にお届けすることができるよういま
できることを大切にしっかりとおこなってゆきたいと存じます。
被災者の皆様の生活が一日も早く回復されるよう
心よりお祈りいたします。

[PR]
腰痛半年近くもひどくなるばかりで
平地で転んだり階段の上り下がりがつらく

線維筋痛症から腱付着部炎の症状の一端にしては
外科的というのかがんがんきていてもう一日も無理で

西岡整形外科医院でレントゲンを沢山撮って
検査してもらいました。

胸椎と骨盤に棘突起(とげが生える)があり
靭帯骨化というそうです。

それでしびれや痛み、脱力が発生していました。

すでに膝に棘突起があり痛みます。

薬が12時間用の朝夜服用の鎮痛薬と座薬に変わりました。

ボルタレンという薬です。


これまでのモービック(24時間作用の鎮痛薬)は効きましたが
昨日から二回服用して今の症状に
ボルタレンは非常によく効くことがわかりました。

祖母の自宅介護2年以来、逆流性食道炎で1年
そして線維筋痛症2年から腱付着部炎1年。

長期間にわたり身体には相当にはげしい負担がかかっていました。

後縦靭帯骨化症。原因不明で難病ですが
インターネットで調べると名医もいる、克服記もある、、、よかった、
この病気は公費対象です。経済的に安心します。

本当につらかったのは、、、、保険が効かない線維筋痛症。
音楽家でよかった、、、、、なんとか生きています。

父もしびれや痛みで私の年齢のころ発症して手術しています。
祖父や伯父もしびれや痛みで頸椎を手術しているので
これはもう完全に遺伝と思います。

漢方での治療や手術せず整体で直す人もいました。

うまくいえませんが逆にはっきりして
これで克服できる、という気持ちに強くなれました。

ひとまずは脇に置いて身体を治すのが先、
これからの季節、プールで歩いたり泳いだりするようにします。
(なかなか行けないものですね。。。
4/9と4/11のたった二日間しか行けていません。。。)
===========================
棘突起以降2ヶ月後激腰痛ぎっくり腰発症で収束に数ヶ月かかりました。
2012年8月末にも激腰痛ぎっくり腰発症しMRI撮影で
椎間板ヘルニアが2カ所あることがわかりレーザ手術を
2012年9月初旬に名古屋で行い、現在再手術待ちです。また報告します。

楽舞台「鑑真」初演の翌日
clumusica ×湖笛の会 collaboration
公募作品選考会議で参加楽曲5作品と既着プログラム1作品の
音出し指揮でお手伝いして翌日
韓国東西楽会定期に恩師ご夫妻と箏奏者と母と私の5人部隊で
ソウルから龍仁市に入り講演と演奏会からソウルに戻り
手術のあいだに箏を持って移動とハードでしたが
沢山のかたがたに助けていただき帰国しました。

助けてくださった皆様、本当にありがとうございました。

9月下旬二度目の手術を受け、起き上がるのに
朝1時間かかっていたのが手術後に5分になっていたものの
その5分がすぐ立ち上がれるようになりました。

ありがとうございました。2回の手術後約半年です。

動けるようになって元の身体のように物を持ってしまい
もう一つのヘルニアがぐっと来ているので要注意
だましだましやっています。

実際のところ再々手術の時間がとれないです。
要注意要注意。

歩いてバス停まで行けるのは本当にありがたいです。

まだハイキングに行けるところまでは無理なようです。

そうやって歩いた後いろいろ運んでしまった後が大変で
あとひとつのヘルニアもちょっと危険な感じなので
躊躇せず車に乗って分散しています。

先日風呂が故障して4、5日風呂に入れなかったので
近所のお風呂屋さんに行ったら身体によく効きました。

その時間がなかったのですが風呂が壊れて行くことができました。
週に一度くらい行った方がよいようです。

[PR]