2012年1月7日(土)クラムジカ第6回公演「アジアの箏の現在」京都市国際交流会館(リハーサル)
2012年1月8日(日)クラムジカ第6回公演「アジアの箏の現在」京都市国際交流会館イベントホール
トークセッション「アジアの箏の現在」 Talk Session KOTO,Present in Asia11:00-ジョシュア・チャン[陳錦標](アジア作曲家連盟会長・香港大学)Dr.Joshua Chan:Chair of Asian Composer League・Hong Kong University カルロ・フォルリヴェジ(カリャリ音楽院)Prof.Carlo Forlivesi:The National Conservatory of Music,Cagliari 松下功(東京藝術大学演奏藝術センター)Prof.Isao Matsushita:Tokyo University of Arts and Music,Performing Ats Center パク・ウンハ[朴銀荷](秋季芸術大学・韓英神学大学)Dr.Eunha Park:Chugye University for the Arts, Hanyoung thological University 清水慶彦(京都市立芸術大学・同志社女子大学)Dr.Yoshihiko Shimizu:Kyoto City University of Arts,DOSHISHA Women's Collage for Liberal Arts[ABC順↑]中村典子(司会・京都市立芸術大学)Noriko Nakamura:Moderator・Kyoto City University of Arts [五十音順↓]池上敏(山口大学)Prof.Satoshi Ikegami:Yamaguchi University 和泉耕二(大阪音楽大学)Prof.Koji Izumi:Osaka Music Collage 大慈弥恵麻(相愛大学)Emma Ojimi:Soai University 岡田加津子(京都市立芸術大学)Kazuko Okada:Kyoto City University of Arts 熊谷美紀(成蹊短期大学、大阪音楽大学)Miki Kumagai:Osaka Seikei Collage, Osaka Music Collage 田島亘(大阪音楽大学)Prof.Wataru Tajima:Osaka Music Collage 南川弥生(大阪音楽大学)Mio Minamikawa:Osaka Music Collage 増田真結(京都市立芸術大学、神戸女学院大学)Mayu Masuda:Kyoto City University, Kobe Collage 若林千春(滋賀大学)Prof.Chiharu Wakabayashi:Shiga Universty 渡辺さとみ(大阪音楽大学)Satomi Watanabe:Osaka Music Collage
演奏会1 KOTO Concert 1 13:30- 増田真結:縹渺想定線 (2011) 中川佳代子 大西泰徳(Vc) Mayu Masuda:imaginary line (2011) Kayoko Nakagawa(koto) Yasunori Onishi(cello) 岡田加津子:full moon(2010) 福原左和子 Kazuko Okada:”full moon“ for Koto an homage for‘SANGETSU-KI` (2010) Sawako Fukuhara(koto)大慈弥恵麻:線香花火~箏独奏のための~(世界初演) 渡邊香澄 Emma Ojimi:”a sparkle” for 25gen koto soko(premiere) Kasumi Watanabe(25gen-koto) 渡辺さとみ:<雲の峰>-箏ソロのためのー(世界初演) 林美音子 Satomi Watanabe:The Peaks of Coulds for koto solo(premiere) Mineko Hayashi(koto) ジョシュア・チャン:南風(初演)麻植美弥子 麻植理恵子 江戸聖一郎(Fl) Joshua Chan:Southern Wind for flute and 2 kotos(premiere) Miyako Oe(koto)Rieko Oe(17gen-koto) Seiichiro Edo(flute) 和泉耕二:深い悲しみの中で(世界初演)平田紀子 中村公俊(Vn) Koji Izumi:From my Deep Sorrow(premiere) Noriko Hirata(koto) Kimitoshi Nakamura(violin) 池上敏:ラメント2011(世界初演) 中村あゆみ Satoshi Ikegami:LAMENTO 2011(premiere) Ayumi Nakamura(koto) 田島亘:島田陽子の詩による鎮魂歌「もう少しここに」(2011) 横山佳世子 井上今日子(Sop) Wataru Tajima: Song of sorrow on the poetry by Yoko Shimada“I am here a while longer”(2011) Kayoko Yokoyama(25gen-koto) Kyoto Inoue(soprano) 廣瀬量平:夢幻砧 深海さとみ *出版まで上演順延とさせていただきます Ryouhei Hirose:MUGENKINUTA* Satomi Fukami(koto)
演奏会2 KOTO Concert 2 17:00-中村典子:青渡絲韻−打楽器を伴う二面の十七絃箏のための−(世界初演) 麻植美弥子 麻植理恵子 Noriko Nakamura:QINGDUSIYUN for two 17-gen with percussion(premiere) MIyako Oe(17gen-koto) Rieko Oe(17gen-koto) 清水慶彦: 五つの形象(世界初演)中川佳代子 大西泰徳(Vc) Yoshihiko Shimizu:Five Forms(premiere) Kayoko Nakagawa(koto), Yasunori Onishi(cello) 若林千春:玉響(たまゆら)…momentariness Ⅵ(世界初演)林美音子 Chharu Wakabayashi:TAMAYURA momentariness Ⅵ(premiere)Mineko Hayashi(koto) パク・ウンハ:ノアの方舟(世界初演)横山佳世子 中村公俊(Vla) 中井絵理(Cl) 中村典子(指揮)Eun-ha Park:Noah’s Ark for koto,viola and clarinet(premiere)Kayoko Yokoyama(koto) Kimitoshi Nakamura(vla),Eri Nakai(clarinet)Noriko Nakamura(cond)南川弥生:幻月−二面の箏のための−(世界初演) 渡邊香澄 平田紀子 Mio Minamikawa:Paraselene for koto duo(premiere) Kasumi Watanabe(koto) Noriko Hirata(koto) カルロ・フォルリヴェジ:孤独と静寂の中へ (2007) 麻植美弥子 西垣正信(Guit) Carlo Forlivesi:En la Soledat i el Silenci (2007) for hyper-tempered 13-string koto and guitar Miyako Oe(koto) Masanobu Nishigaki(guitar) 熊谷美紀: 一条戻橋 −箏独奏のための−(2011) 福原左和子 MikiKumagai: Ichijo Modoribashi for Koto solo(premiere) Sawako Fukuhara(koto) 松下功:二つの万葉歌〜あしひきの〜ぬばたまの〜(2008) 深海さとみ Isao Matsushita:Two MANYO Songs “ashihikino"“nubatamano” Satomi Fukami(koto) 主催:クラムジカ(京都市立芸術大学音楽学部中村研究室)後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会
2012年1月10日(火)17:30-19:00 新研究棟 大会議室 博士後期課程特別授業 音楽は冒険であるー
カルロ・フォルリヴェジの音楽世界 MUSIC IS AN ADVENTURE – AN OVERVIEW OF THE WORKS OF CARLO FORLIVESI カルロ・フォルリヴェジ(作曲)イタリア国立カリャリ音楽院教授「西と東は習合できるか?」日本伝統音楽・日本伝統舞踊に取り組む映像も含め、その創造を概観し紹介(担当:中村典子
2012年1月16日(月)Konzert real time 2012 "AQUA" for pianist Won Jung Choi(piano)Bremen
2012年1月19日(木)京都市立芸術大学講堂 森本美帆 修士演奏 中村典子:アカ 森本美帆(ピアノ)
2012年1月22日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール(東京)日本現代音楽協会会員80人のワンアタック素材による80周年記念作品 企画・作曲:松平頼暁 演奏:中川俊郎 ワンアタック:松永通温 露木正登 糀場富美子 上野洋美 松平頼暁 坪能克裕 福士則夫 小島有利子 北爪道夫 橋本信 荒尾岳児 久保禎 田丸彩和子 宇野文夫 北爪やよひ 増本伎共子 遠藤雅夫 池田悟 松尾祐孝 森垣桂一 田口雅英 門脇治 深澤倫子 福田陽 高嶋みどり 佐藤眞 神津裕 山本純ノ介三枝木宏行 奥田美穂 くりもとようこ 二宮毅 宮木朝子 佐藤昌弘 安部幸明 近藤春恵 菅原明朗 藤原嘉文 藤井喬梓 倉内直子 入野義朗 佐藤敏直 清瀬保二 神長貞行 橋本國彦 池譲 中川俊郎 福井とも子 安良岡章夫 峰村澄子 蒲池愛 伴谷晃二 大慈弥恵麻 露木次男 浅野藤也 大木正夫 久田典子 萩京子 白澤道夫 中村典子 小船幸次郎 廣瀬量平 高田三郎 湯浅譲二 宮崎滋 篠原眞 近藤柏次郎 松平頼則 山本直忠 太田忠 江藤輝 伊藤高明 石井五郎 国枝春恵 伊藤昇 小松清 大政直人 箕作秋吉 斎藤剛(太計雄)森田泰之進 
2012年2月2日(金)京都芸術センター クラムジカ第7回公演「奏でる水」映像・前田剛志 ピアノ:中村圭介 桑早穂子  佐竹裕介 中村典子:連祷〜ピアノ連弾とエレクトロニクスのための〜(初演)ピアノ:中村圭介 桑早穂子 エレクトロニクス:清水慶彦 映像:前田剛志
2012年2月12日(日)15時 つちのいえ おひろめ展 たまご茶会+演奏会「つちのいのり」席主:前田菜月  中村典子:つちのいのり(初演)演奏:コントラバス:赤松美幸
2012年2月13日(月)京都市 文化芸術活性化パートナーシップ事業 第一次選考委員会 審査 杉山準(特定非営利活動法人 劇研 理事 事務局長)阪田真己子(同志社大学准教授)中村典子
2012年2月16日(木)現音80周年記念事業 日本現代音楽協会主催 京都芸術センター共催 宮本妥子パーカッションリサイタル「閾–しきい–を越えて」リハーサル
2012年2月17日(金)現音80周年記念事業 日本現代音楽協会主催 京都芸術センター共催 宮本妥子パーカッションリサイタル「閾–しきい–を越えて」制作:中村典子 clumusica 出演:宮本妥子、藤井眞吾、末岡希和子、西岡まり子 諸橋玲子「玄」 伴谷晃二「ヒロシマの詩」 松永通温「夢見る人と闖入者」 近藤浩平「けもののけはい」 小松淳史「You are sleeping in my hand」 富田さやか「雨乞い」ジョージ・クラム「犬の世界」 松尾祐孝「π」
2012年2月23日(木)青山記念館バロックザール(京都)第2回フォーレ国際ピアノコンクール1位受賞記念 金田仁美ピアノリサイタル 中村典子:宙 sola(委嘱初演・世界初演) 金田仁美(ピアノ)
2012年3月3日(日)アスニーホール(京都)呉山平煥(オーボエ)仙崎和男(ファゴット)福原左和子(箏)渡邊怜奈(フルート)中村典子:「蓮月心」箏独奏のための(2011) 中村典子:「巴月照」オーボエ独奏のための(委嘱初演・世界初演)中村典子:「山月双」ファゴット独奏のための(委嘱初演・世界初演)
2012年3月10日(土)Premiere europe Italy,Padova Conservatorio di "M.Pollini" SABAT DEL CONSERVATORIO XIV First Anniversary Japan Earthquake Concert Noriko Nakamaura:"Onjo-fu"(2011) per cinque marinbe Makoto Nakura marinba solista Art Percussion Ensemble Arrigo Axia,Irene Bianco,Sofia garzotto,Vanni Vespani Direttore:Massimo pastore
YouTube http://www.youtube.com/watch?v=z9ENhMUxnzg
2012年3月24日(土)10時ー 京都芸術センター・ギャラリー南(一般公開)平成23年度第5回運営委員会 議題:平成24年度京都芸術センター事業計画について 運営委員:田中 誠二委員長、小林昌廣 、平芳 幸浩 、上念省三、内山修(京都市)梅林信彦(京都市)ほか、中村典子 富永茂樹(館長)由里啓子(事務局長)
2012年3月28日(水)滋賀県立文化産業交流会館(米原)平成23年度文化庁「優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業」滋賀県次世代創造発信事業 東日本大震災・復興への希望と祈りの行動メッセージ事業 明治の芝居小屋 長栄座 復活事業 邦楽邦舞キッズワークショップ発表会 陽春公演Kids TRADITIONAL PERFORMING ARTS 箏合奏曲 「かしの木変奏曲」(委嘱初演 作曲:中村典子 編曲:麻植美弥子)邦楽キッズ(文化産業交流会観)講師:麻植美弥子 司会:風太郎(兵庫県立ピッコロ劇団)
2012年4月8日(日) 蘭越町民センター 町営幽泉閣(北海道)大震災復興祈念 蘭越交流会(講演会&コンサート&写真展&懇談会)第一部 懇談会 今中哲二さん(京都大学原子炉実験所)を囲んで 第二部 復興祈念コンサート 瑶族舞曲(編曲:中村典子)田呈媛(フルート)斎藤哲(ファゴット)(ヴァイオリン、ヴィオラ)第三部 交流会第四部 講演会(4月9日午前10時)「低線量被曝に向き合う:チェルノブイリの教訓から学ぶ」ミハエル・マリコ (ベラルーシ科学アカデミー) ディミトリー・フロシィンスキー (ウクライナ科学アカデミー)連絡先:北海道大学スラブ研究センター 家田研究室 主催:ハンガリー文化センター 共催:北大 GCOE プログラム境界研究の拠点形成、日本ハンガリー友好協会、北海道の自然と命のネットワーク 後援:ハンガリー大使館 セルダヘイ・イシュトヴァーン ハンガリー大使 カールマーン・アンドレア ハンガリー大使館文化担当官 カールマーン・ベルケシュ 武蔵野音大教授(ハンガリー)クラリネットヴェドレシュ・チャバ (ハンガリー):作曲・オルガン 演奏 札幌の音楽家たち
2012年4月27日(金)NHK-FM「おうみi(あい)」「ホカヒ」宮本妥子 上中あさみ 菊本歩 「川のほとりのこもりうた」「母なる湖」小川彩音 フルートオーケストラ 湖笛の会 etc
2012年4月30日(月・祝)大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック大阪大司教区司教座聖堂) ー震災孤児・遺児育英募金のためにー 音楽監督・指揮:富岡健 独唱 ソプラノ:ガハプカ奈美 バリトン:岸俊昭 合唱:大阪コンソート および一般公募による賛同者 合奏:室内管弦楽団オルフェウス大阪 オルガン:大代恵 フォーレ:レクイエム ラシーヌ賛歌「小さな幸せ」(オーケストラ版世界初演)作曲・詩:谷本智子 編曲:富岡健 オーケストレーション:中村典子 主催 合唱団 大阪コンソート 協力 カトリック大阪大司教区エキュメニカルチーム 超教派クリスチャン信徒連盟 大阪キリスト教連合会議長 中島義和 後援 大阪府合唱連盟
2012年5月12日(土)夢ホール・阿南市文化会館(徳島)中国四国の作曲家2012 in 徳島〜創造と交流の祭典〜中村典子:「明月楽 弐の巻」十七絃箏:麻植美弥子 参加作曲家 青木省三 齋藤武 熊澤住子 近藤裕子 田中照通 伴谷晃二 新倉健 松岡貴史  松岡みち子 山下耕司 米倉由起 遠藤雅夫 小林隆一 中村典子 二宮毅 近藤春恵 松永通温 前田克治 宮澤一人 CONCERT OF MUSIC TODAY
2012年5月23日(水)京都市立芸術大学大学会館ホール「宙(そら)との対話」-レクイエム- 復興支援チャリティコンサート クラムジカフレンドシップ公演4 入場無料 主催:クラムジカ 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 後援:日本現代音楽協会 日本作曲家協議会 協賛:イタリア文化会館 *皆様からのご寄付全額を京都新聞社会福祉事業団を通し被災地に届けます。くじらのこえ(ジョージ・クラム) フルート:田呈媛 チェロ:大西泰徳 ピアノ:金田仁美 催眠(ジェシカ・チョウ)フルート:田呈媛 クラリネット:伊藤咲代子 打楽器:上中あさみ ピアノ:金田仁美 ヴァイオリン:中村公俊 チェロ:大西泰徳 渡渡韻韻(中村典子)十七絃箏:三輪勉夢 十七絃箏:麻植美弥子 体内の蛇(増田真結)箏:中川佳代子ソプラノ:井上詩紀 ラメント2011(池上敏) 箏:麻植美弥子 深い悲しみの中で(和泉耕二) 箏:中川佳代子 ヴァイオリン:中村公俊 レクイエム(カルロ・フォルリヴェジ)(電子音楽) *ジェシカ・チョウ(マレーシア) ACL青年作曲賞第3位
2012年5月26日(土)京都市立芸術大学大学会館 録音「ノリ」声:梅村佳代 ピアノ:宋和映  打楽器:武田怜奈
2012年6月1日(金)18時ー 京都芸術センター・茶室明倫 平成24年度第1回運営委員会 議題:平成24年度京都芸術センター制作室使用者審査 平成24年度事業計画について 運営委員:田中誠二委員長(学校法人大和学園学園長)上念省三(舞踊評論家)平芳幸浩(京都工業繊維大学美術工芸館准教授)森山直人(京都造形芸術大学教授)奥美里(京都市文化市民局文化芸術都市推進室長)中村典子 富永茂樹(館長)長谷川昌史(事務局長) 
2012年6月17日(日)びわ湖ホール 大ホール (滋賀)フルートオーケストラ湖笛の会30周年記念演奏会 中村典子:「天湖頌」(びわ湖周航の歌幻想)指揮:関谷弘志 フルートオーケストラ湖笛の会

[PR]
e0146075_613751.jpg
2012年6月17日(日)には
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホールで
湖笛の会30周年記念演奏会が行われました。
バレエくるみわり人形にはキエフからプリンシパルのおふたりも加わり
うるわしい時間となりました。

こころよりおめでとうございます。

そのほとんどすべての道程に加えてくださり育てていただいた
湖笛の会30周年の記念すべきプログラムに加えてくださり
深く感謝いたします。

美しいびわ湖のなぎさの
オープンテラスでの打ち上げは素晴らしかったです。

本当にありがとうございました。

会場1400人満員のみなさん全員に
このなぎさにおいでいただきたかった、、、、という
松山克子会長のメッセージにすべてがあらわれていました。


若林千春 ひもろぎ...Sanctuary Ⅱ
廣瀬量平 ブルートレイン
中村典子 天湖頌
上林裕子 時の外で
チャイコフスキー くるみわり人形


同期の山田正子さま ひもろぎ SanctuaryⅡのソロおめでとうございます、
とてもよかったです。

酒井信明さま クラムジカ第8回公演「うつしよの意楽(いぎょう)」の
最初の完成作品のスコアとパート譜をつつしんで湖笛の会にお渡ししました。

かけつけてくださった日本作曲家協議会の遠藤雅夫副会長
ありがとうございました。

作品タイトルこころよりお待ちしています。

メンバー清水慶彦さんも大分大学からありがとうございました。

会場ロビーで開演前に
若林千春さんと遠藤雅夫作曲家協議会副会長
(ソルフェージュのクラスに若林さんがいらしたそうです)私、
メンバー清水さんまでが、この満員のお客様のなかに今、
知り合いがふたりずつしかいない、というのは
凄い、、、と話していました。

これは本当に凄いことです。

これから11月23日の
クラムジカ第8回公演「うつしよの意楽(いぎょう)」までの5ヶ月
引き続きなにとぞよろしくお願いいたします。

招待作品のタイトルなにとぞよろしくお願いいたします。

大津の山田幸子さん、新曲楽しみに待っています。

もちろん全員の新作をこころより楽しみにしています。

オーストラリアからは
アデレイド大学の国際音芸術研究副代表ステファン・ウィッティントンさん
ジーン・ウィッティントンさんご夫妻が来てくださいました。
ジーンさんはマレーシアのかたで同じクラスで知り合って結婚されたそうです。

ステファンさんはアデレイド大学のピアニスト・作曲家で
パリのフルートオーケストラにRED DUSTという新曲を書いておられますので
いろいろうかがってみます。

それでは11月23日の本番まで引き続きどうかなにとぞよろしくお願いいたします。

clumusica(クラムジカ・不器用な音楽)は2008年の創立以来
地と真に結んでゆくことを活動の中心に据え
関西からの活発な現代の音楽創造の基点のひとつたらんと
すべての世代すべての地域の作曲家と演奏家の協創を活動の指針に
東アジアの音楽文化創造を体現すべく、京都で活動を続けています。
昨年第5回公演「天と地のコスモロジー」〜でみなもとの滋賀にめぐり
本年1月2月に第6&7回公演を京都でおこなったクラムジカは
第8回公演「うつしよの意楽(いぎょう)」で三たび滋賀の地にめぐります。
起動3年のclumusicaと30周年のフルートオーケストラ湖笛の会の共同作業で
母なる琵琶の湖(うみ)へ新鮮で麗(うるわ)しきささげものをいたします。
その場にお立ち会いくださることを心より願っております。

クラムジカ第8回公演「うつしよの意楽(いぎょう)」
2012年11月23日(金・祝)14:00−
しがぎんホール
 (順不同)
公募作品 《*》 *(初演)
遠藤雅夫《水の島の歌》招待作品(初演)
ENDO Masao:Song of Water Island for Flute Orchestra(premiere)
河副功 《溢》Débordment(初演)
KAWAZOE Isao:Débordment(premiere)
山田幸子 《プリズム》prism(初演)
YAMADA Sachiko:prism(premiere)
若林千春 《母型/不可視の庭》Matrix /Garden Unseen(初演)
WAKABAYASHI Chiharu:Matrix /Garden Unseen(premiere)
増田真結 《呪文》 Tlön, Uqbar, Orbis Tertius(初演)
MASUDA Mayu:Tlön, Uqbar, Orbis Tertius(premiere)
酒井信明 《プレリュードとコントラスト》Prelude and Contrast(初演)
SAKAI Nobuaki:Prelude and Contrast(premiere)
清水慶彦 《掩体壕と、空と雲》 A bunker and the clouds drifting in the sky(初演)
SHIMIZU Yoshihiko: A bunker and the clouds drifting in the sky(premiere)
中村典子《水秘魚》 Segredo---la promesa bonita del cielo y un lago y un pez(初演)
NAKAMURA Noriko:Segredo---la promesa bonita del cielo y un lago y un pez(premiere)

作品公募のおしらせ

 本年起動3周年となるクラムジカの第8回公演《うつしよの意楽(いぎょう)》では、同じく本年創立30周年を迎えたフルートオーケストラ《湖笛の会》と共同し、フルートオーケストラのための新作を公募いたします。演奏時間5分程度まで(1〜2分程度の短い作品も可)の作品で、原則として下記(表1)の編成におさまるものにしてください。応募作品が多数となった場合、フルートオーケストラ「湖笛の会」メンバーによる選考(註)により、1作品ないし数作品を選んで初演いたします。
 応募に際して、出品料等はすべて無料です。初演に関する演奏料等を主催者クラムジカが全額負担のうえ、上演いたします。出品には○歳以上また以下などの一切の条件もありません。但し、作曲料のお支払いができませんのでご了承の上、ご応募ください。初演に際してのリハーサルおよび演奏会本番の際の作曲者の旅費・宿泊費などは自己負担となります。
 フルートオーケストラ「湖笛の会」の重要なレパートリーとなり、世界各地での同オーケストラ公演で上演することのできる新鮮な作品をお待ちしています。

応募要項
  フルートオーケストラ(下記、表1の編成におさまるもの)のための、演奏時間5分程度までの作品。提出は楽譜の複写(浄書ソフト等による原稿でも可)、スコア3部を提出してください。上演作品に選定された場合、演奏に必要な数のパート譜を作成・提出していただきます。なお、楽譜の紛失などにそなえてオリジナルの楽譜原稿は作曲者が保管してください。
   提出期限:2012年8月31日(金)必着 
   送付先:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室
   〒610−1197 京都市西京区大枝沓掛町13–6

楽器編成表
 ピッコロ       1名(-6名)まで
 ソプラノフルート(in F)   1名まで
 フルート       (6名-)11名まで
 アルトフルート(in G)   4名まで
 バスフルート     4名まで
 バスフルート(in F) 1名まで
 コントラバスフルート 1名まで
 最大人数23名
 以上の編成で多少の各楽器の変動可能

註:フルートオーケストラ「湖笛の会」のメンバーがクラムジカの提言を受け、
作品選考します。 

register of flute orchestra
 
Piccolo  d2-a5 [max.1-6]
Soprano flute in F f1-f3  [max.1]
Flute c1-c4  [max.6-11]
Alto Flute in G g-d2   [max.4]
BassFlute c-g2   [max.4]
BassFlute in F e-e2 [max.1]
Contrabass Flute inF H1-c2 [max.1]


それではいよいよ作品公募が始まりました。

みなさまぜひ新鮮でうるわしいフルートオーケストラ作品を
ふるってお寄せください!

2012年8月末に提出期限を9月17日に延ばしました。
あと少し日時がありますのでふるって応募ください。
現在5作品が到着しています。

9月18日(火)大津市晴嵐支所にて
湖笛の会のメンバーによる作品選考会議が持たれ、
演奏作品が決定されます。

こちらのHPと文書でお知らせいたします。
よろしくご注目ください。

========================================

クラムジカ第8回「うつしよの意楽(いぎょう)」
公募作品選考会議を2012年9月18日(火)午前10時より
滋賀県大津市晴嵐支所3Fにて行いました。
アヴァンギャルド、コンサバティブ、コンプレックス、モダン、プレモダンと
あらゆる方向から公募作品数は5点にのぼり、
公募作品とプログラム作品の全曲演奏
(フルートオーケストラ湖笛の会メンバー20名による試演
指揮:クラムジカ 中村典子)の後
湖笛の会メンバー

山田正子 明田和江 細野美樹
村田美由紀 山本裕美 古谷裕美子 
梅本伸子 森川真衣 柴田真由美
小山陽子 塚本糸里 酒井香依
橋本久美子 奥貫美智子 中山登志子(代表)
柴田さゆり
宇野英子 池田茂美 松山克子(会長)
小山仁美

以上20名のメンバーによる投票と合議による
作品選考の結果、以下の3作品が選ばれました。

池上敏:Sound Breeze on the Lake for Flute Orchestra
Satoshi Ikegami:Sound Breeze on the Lake for Flute Orchestra

金澤恭典:Breath of Mother Lake
Yasunori Kanazawa:Breath of Mother Lake for Flute Orchestra

清道洋一:ミナモノキオク 水面の記憶
Yoichi Kiyomichi:MINAONOKIOKU for Flute Orchestra

なお、公募作品で選考されなかった作品についても
今後の演奏の可能性を大きく残しています。
データを発表し、今後の上演につながるようにいたします。

内本喜夫:和ーむらいき
Yoshio Uchimoto:Wa ーMuraiki for Flute Orchestra

南川弥生:漂う時空
Mio Minamikawa:Floated the time space for Flute Orchestra(revised 2012)

ご応募ありがとうございました。
11月23日の第8回公演にご期待ください!

[PR]
e0146075_2231523.jpg

「宙(そら)との対話」ーレクイエムー
東日本大震災復興支援チャリティコンサートに
ご協力くださいましたみなさまへ

5月23日にはクラムジカ&中村研究室
復興支援チャリティコンサートに多大なるご協力をいただき
誠にありがとうございました。

当日は沢山のお客様が遠方沓掛の学舍までご来場くださり
京都市立芸術大学大学会館ホールの特別な音響を体感くださり
こころより嬉しく存じます。

素晴らしい音楽を提供くださいました和泉耕二先生、池上敏先生
イタリア・カリャリ音楽院よりカルロ・フォルリヴェジ氏来日くださり
マレーシアの若い作曲家ジェシカ・チョウ氏
ご協力くださいました京都精華大学の
レベッカ・ジェニスン先生 安田昌弘先生
会場の造形・版画にご協力くださいました髙橋悟先生、出原司先生
チャリティにご参加くださいましたご来場のみなさまに
こころより深く感謝申し上げます。

版画研究室の出原司先生と専攻助手の桐月沙樹先生
非常勤講師の宮田雪乃先生、ありがとうございました。
院生学生の
伊藤学美さま 横内朝さま 高添善華さま
村井みやこさま 野嶋一生さま 
伊藤ふくみさま 高野佳奈子さま が
会場に作品を掲示してくださいました。

出演いただきました箏の三輪勉夢さま 麻植美弥子さま 
中川佳代子さま 井上詩紀さま
田呈媛さま 伊藤咲代子さま 中村公俊さま 大西泰徳さま 
金田仁美さま 上中あさみ先生

音響の西村千津子先生 照明の岩村原太先生 
金スヒョンさま 大谷麻由美さま
河副功さま 岡本伸介さま 小松淳史さま 
稲谷祐亮さま 伊藤慶佑さま

みなさま多大なるご協力本当にありがとうございました。

みなさまからのご寄付は合計し総額56005円に達しました。
全額を京都新聞社会福祉事業団へお振り込みいたしました。
お寄せいただいた義援金は被災地のみなさまへ
社会福祉事業団を通し届けられます。

ご協力くださいました皆様へ心より厚く御礼申し上げ
ご報告とさせていただきます。

来年もまたここでチャリティを行えるよう努めてまいりたいと存じます。
本当にありがとうございました。
                    クラムジカ 中村典子

[PR]
by n-nakamura226 | 2012-06-16 22:37 | Comments(0)