<   2014年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧

clumusica 11th concert [clumusica friendship charity 14]  
International Contemporary Music Festival Present of Orchestral Asia2 2014

アジアの管絃の現在 2 2014
亚洲管絃之现在 2 2014
아시아의관현의현재2 2014

[京都市立芸術大学平成26年度特別研究助成 研究No.2014-018]

2014.5.25[Sun]
京都市立芸術大学大学会館ホール Kyoto City University for Arts University Hall
主催:clumusica 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 nakamura@kcua.ac.jp
後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会 京都市立芸術大学音楽学部
協力:イタリア文化会館大阪 Istituto Italiano di Cultura di Osaka
ザルツブルグ・モーツァルテウム大学 Universität Mozarteum Salzburg
沖縄県立芸術大学 大分大学教育福祉科学部清水研究室
京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

ごあいさつ

「アジアの管絃の現在2」の開催をお祝い申し上げます。

本学創設以来初めて韓国の作曲家と新たなる100年の協創の礎を切り開いた昨年の国際フェスティバル開催に続き、本年も日本伝統楽器 「箏」への世界・日本各地の作曲家による新作近作、そして「箏」と同族の中国伝統楽器である「古箏」「古琴」と西洋楽器による新作近作管絃楽 を通して音楽家たちが一堂に集って開催され、世界の諸問題に取り組むことは大きな喜びです。中国、シンガポール、ドイツ、イタリアからお出でになられた皆様を心から歓迎すると共に、京都と日本各地の箏奏者の皆様と世界各地よりの卒業生中心の管絃楽による新作近作の演奏が本学学生・教員となされ、世界各地からの出席作曲家によるシンポジウムのディスカッションが更なる新たな扉を開くことを心より期待しております。

京都市立芸術大学学長 建畠晳

致辞

首先祝贺“亚洲管絃之现在2”隆重召开。
我校自创办以来,积极举办日本与其他国家音乐有关的活动,令人高兴。去年的国际盛典上,我们首次和韩国作曲家合作为接下来 的100年奠定了基础;之后,今年围绕主题--日本传统乐器“筝”的世界,音乐家们欢聚一堂,举办了管弦乐方面的活动,其中有日本各 地作曲家的新作、还有与“筝”同源的中国传统乐器“古筝”“古琴”和西洋乐器协作的新作。诸位从中国、新加坡、德国、意大利远 道而来,我衷心地表示欢迎。我校老师和学生也参加了以京都及日本各地的筝演奏者和世界各地的毕业生为主的管弦乐新作演奏。我衷 心地期望,从世界各地前来的作曲家们的研讨会讨论能打开一扇新的音乐大门。

京都市立艺术大学 校长 建畠晢

Greeting

It is celebrating for KCUA to hold international festival "Present,Orchestral Asia2".

In last year,it was the first time since 1880 KCUA founded to gather musicians who have been tackled for various problems in the world through the orchestra consist of Japanese and Koreanese traditional instruments and elements, and in this year,the festival continue as the Jpanaese instrument Koto new pieces from the world and orchestra consist of Japanese and Chinese traditional instruments.

We are welcoming Chinese and oversea guest composers and musicians and all from the bottom of the hearts,are looking forward to bringing affluent results by the orchestra consist of almost graduated students living from all over the World.We wish strongly that this festival holding in early summer season become the foundation to open new 100 years collaboraiton.

TATEHATA Akira,president of KCUA

本日「アジアの管絃の現在2」が昨年に続いて開催されることを大変嬉しく感じています。中村研究室に拠を置くclumusicaと世界各地、アジア 各地、日本各地の作曲家による創作の交流、演奏家による演奏の交流がこの沓掛の地・京都市立芸術大学を舞台に繰り広げられていること、 中国と日本、そして日本の伝統楽器に書かれた世界からの作品が多数上演・初演されることの意義には感慨深いものがあります。地理的にも文化的にも近しい国々が東アジアに広がる更なる新しい扉を開くことを、心より期待いたします。

京都市立芸術大学 音楽研究科長 山本毅

“亚洲管絃之现在2”继前面的“亚洲管弦之现在”于今天热烈地召开了,我深感高兴。以中村研究室为据点的clumusica与来自世 界各地、亚洲各地、日本各地作曲家的创作交流,以及与演奏家的演奏交流,在京都西郊沓挂町京都市立艺术大学多次进行,为中国和 日本、以及日本的传统乐器所创作的世界各国作品多次在这里演奏,或者首次亮相,我深感这些意义深远。我衷心地期待,在地理上文 化上有着亲密联系的国家,能为动听的音乐深入东亚打开一扇大门。

京都市立艺术大学 音乐研究科主任 山本毅

We thank so much for continuous holding the international festival "Present,Orchestral Asia2".It is meaningful with deep emotion that a lot of Japanese and Chinese and oversea pieces have been performed and premiered at KCUA in Kutsukake by the result of exchanges of clumusica which is based at Nakamura laboratory in KCUA.We expect from the bottom of hearts to open coutinuously the new door which is extending in East Asia through this time on music of exchange between this close and close countries in cultural and geographical means.

YAMAMOTO Tsuyoshi,head of graduate school of music in KCUA

「アジアの管絃の現在2」の開催を、こころよりお祝い申し上げます。 中国の古琴協奏曲、台湾の古箏協奏曲、日本の絲である箏族を含む糸竹[管絃]に息と言葉を抱合する総合的な協奏曲3つに、日本伝統楽器「箏」との共創へ日本のみならず世界各地の作曲家によって作り出される絲の彩の競宴という特色あるプログラムに、新たな東アジア圏100年 へ歴史的な深まりを見せる音楽祭が、大いなる歴史的文脈の中で、新作誕生の喜びと共に続いてゆくことを心より願っております。

京都市立芸術大学 音楽学部長 大嶋義実

衷心祝贺“亚洲管絃之现在2”的隆重召开。中国大陆的古琴协奏曲、台湾的古筝协奏曲、包括被称为日本丝的筝类在内的丝竹(管 弦)协奏曲,三者相互协调、在与日本传统乐器“筝”的共同合作中,我们可以领略到包括日本作曲家在内的世界各地的作曲家所创作 的丝竹光彩的飨宴。这些极具特色的表演,将成为显示新东亚100年的音乐盛典,它具有深刻的历史意义。我衷心地期望,此次盛会在浩 瀚的历史中能与新的作品一起带给我们喜悦。

京都市立艺术大学 音乐系主任 大岛义实

We feel new breath for holding" Present of Orchestral Asia" and celebrate it.

We wish to continue this festival with the pleasure for the births of new works including Guqin Concerto(China),Zheng Concerto(Taiwan),ensemble with koto and ensemble instruments and voice with words(Japan),and multi colored Koto new works in the world as the great historical contexts beyond the boundary in the unique festival which is the first year of walking each other between two countries for new east asia area's 100 years.

OSHIMA Yoshimi,dean of music faculty in KCUA

ごあいさつ

本日はお忙しいなか「アジアの管絃の現在」へお運びくださり誠にありがとうございます。ご協力いただきましたすべての皆様に厚く御礼申し上 げます。

今回は一昨年行った「アジアの箏の現在」、昨年韓国の東西楽会と共同して行った「アジアの管絃の現在」に続く国際フェスティバルの3回目 にあたり、中国語圏の作曲家の創作と日本の箏への世界からの創作を結合した総合的な「アジアの管絃の現在2」として行うものです。来年は 京都、日本各地、世界各地から京都発信の意義深い作曲家作品の初演上演を予定しております。

東日本大震災をはじめ近年のフィリピンでの台風、福島原発事故また先月韓国で起こった痛ましいセウォル号海難事故に至るまで、災害に 見舞われた後の復興への時間が継続しています。被災者の冥福を祈り、長い復興への道のりに取り組むため、力を尽くして参りたいと存じます。

今回の演奏会では、四川音楽院の若い作曲家毛竹氏に古琴の新作「独夜鳴琴」作曲を委嘱、作曲者自身の指揮で世界初演、台湾=アメリカの作 曲家李志純(チチュン=チスン・リー)氏の古箏協奏曲を日本初演、香港大学の陳錦標(??ョ??ュ??・チャン)氏に中国の二胡と日本の箏の二重奏「送行」を委嘱、作曲者自身の二胡で世界初演いたします。また日本の伝統楽器「箏」への近年の創造としてイタリア、シンガポール、沖縄、大阪、滋賀、 京都の作曲家の新作近作でフェスティバルを開幕させ、トロンボーン協奏、ホルン協奏を含むさまざまな東西アンサンブルによる新作近作が揃 います。

演奏には本学教員と学生卒業生、京都・滋賀・東京の箏奏者、お迎えする中国台湾香港の伝統楽器奏者があたり、ラウンドテーブルでは、西 洋音楽におけるパイプオルガン・東洋音楽における箏を通して東西美学の違いを論題にそれぞれの参加作品から世界各地の作曲家が語り、いま全容を現さんとする新たな音世界について話し合います。

clumusica(クラムジカ・不器用な音楽)は2007年の創立以来、地と真に結んでゆくことを表現の核に据え、アジア圏の活発な現代音楽創造 の基点のひとつたらんとすべての世代すべての地域の作曲家と演奏家の協創を指針に活動し、今回で11回目の公演を迎えます。今後共ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。


collaborative supervisor of ensemble clumusica
京都市立芸術大学音楽学部准教授 中村典子

致辞

十分感谢大家百忙之中前来参加“亚洲管絃之现在2”。也衷心感谢所有工作人员。

前年,我们举办了“亚洲筝之今日”;去年,我们与韩国东西乐会共同举办“亚洲管弦之今日”; 今天,“亚洲管絃之現在2”成 为第三次国际性音乐盛会。我们将华人作曲家们的作品和日本对筝的创作结合起来汇集成综合性的“亚洲管絃之現在2”。

明年,我们计划在京都继续推出来自于京都、日本其他地区以及世界各地的作曲家的作品,我相信那些将是意义深远的作品。

以东日本的大地震为首,近年有菲律宾的台风、福岛核能外泄以及上个月韩国的岁月号轮船海难事故等令人悲痛的灾难发生,各方 还处于灾后复建的过程中。我想在这里呼吁大家向遇难者祈福,并一同为漫长的复兴之路而努力。

本次演奏会上,四川音乐学院的青年作曲家毛竹将亲自指挥,首次演奏的由她本人接受作曲委托而创作的新曲“独夜命琴”;台湾 作曲家李志纯将演奏古筝协奏曲;委托香港大学的陈锦标进行中国二胡和日本筝的二重奏,作品名为“送行”,这也是作曲家本人的首 次二胡演出。最后,我们在闭幕时向大家献上由意大利、新加坡、冲绳、大阪、滋贺、京都等地的作曲家创作的最新作品,它们都是以 “日本传统乐器‘筝’近年来的创造”为主题的。此次盛会汇聚了包括长号协奏、圆号协奏在内的名目繁多的东西方演奏新作。

演奏中,有我校教师、在校生、毕业生,以及从京都、滋贺、东京前来的筝演奏者,还有从中国大陆、台湾、香港远道而来的传统 乐器演奏者。在圆桌讨论过程中,世界各地的作曲家将通过西洋音乐中的管风琴和东洋音乐中的筝,来讨论东西美学的相异性,并就表 现新的音乐世界全貌展开讨论。

clumusica于2007年创立,我们一直以与大地紧密结合为表现的核心,想要将其打造成亚洲圈活力四射的现代音乐创造的一个基地, 并且以所有年龄层、所有地区的作曲家和演奏家的合作为活动方针,今年我们迎来了第十一届公演。今后也请各位多多指导。

collaborative supervisor of ensemble clumusica
京都市立艺术大学音乐系副教授
中村典子

Greeting

It is great pleasure to express gratitude deeply to you who attend this festival.Also it is great pleasure to continue international festival in Kyoto.Thank you so much for attending at birthplace of new work in Kyoto.Thank you so much for the great assistance for collaboration with ensemble clumusica.

This festival is third international contemporary music festival after first festival"Present, KOTO in Asia in 2012 and second festival "Present of Orchestral Asia 2".In last year,we were able to exchange each pieces and composers in Japan and Korea,in this time,we have concerts and roundtable as composers,conductor and orchestral director in festival.We are also preparing to dispatch form Kyoto with the collaboraiton of composers from hire and world at next year.

The time to the revival after suffering a disaster is continuing until it begins the Great East Japan Earthquake and results in the disaster and the Fukushima nuclear power plant disaster in 2011,typhoon at Fillipines in 2013 and the Sewol of Korea shipwreck in this April and so on,at every corner of the earth. In order to pray for the disaster victim who passed away, to continue the support to a disaster victim and to tackle the distance to long revival, we will want to do our best.

For this time,there is new works joining concerts composer MAO Zhu in Sichuan Conservatory and Dr.Joshua CHAN in University of Hong Kong and clumusica member works,and zheng concerto of Dr.Chihchun Chi-sun LEE of Taiwan-USA.At opening concert,recent years koto works from the world.For performance including talented young performer form China and Taiwan,collaborate professors and students of doctoral course student and graduated student chamber ensemble of KCUA.

At round table,participate composers speak each other in the following topics.

Family of strings instruments as like Koto-Zheng-Guqin-Kayagum in eastern music,work essentially as like piano or pipe organ's position in western music.

Although Koto family do not overpower by large sound as like pipe organ.Koto family open our ears into each inner cosmos with delicate sensibility for whole world.

Through each composition in this program, how do compoers think about these two ways, overpowering by sounds for answering problem in western context or taking ears with inner sensibility for feeling whole world at each personal space in eastern context?

In orchestral concert,we will able to lIsten to pipe organ sounds covering water tones by piano duet performance.

In present time,it is about 150 years form the acceptance of western classical music and it is about 100 years from the birth of western instrumental orchestra piece.
Could the culture of east and west become that to which it can go and come back mutually through having east-west double cultures and responsibility for mutual culture?

"clumusica" is working for the purpose of connecting to the ground truly through music,and as the indicator of cooperation and creation by the all the generations' composers and players in all the areas,for in active cardinal point of contemporary music creation in Asia.In this time,we have been reached 9th concert.
Thank you so much for the great assistance for collaboration with clumusica.

NAKAMURA Noriko,collaborative supervisor of ensemble clumusica
associate professor of Kyoto City University of Arts,faculty of music

《アジアの管絃の現在 2》国際現代音楽祭
(clumusica 第 9 回公演・clumusica friendship charity 10)

フェスティバルアドバイザー 呉信一(京都市立芸術大学音楽学部名誉教授) 山本毅(京都市立芸術大学大学院音楽研究科長) 大嶋義実(京都市立芸術大学音楽学部長)

ウェルカムエキシビジョン 栗本夏樹(京都市立芸術大学美術学部教授)
ライティングデザイン 木下栞(京都市立芸術大学大学院美術研究科)

レコーディング 西村千津子(京都市立芸術大学非常勤講師)

アコースティック 川崎博史(京都市立芸術大学非常勤講師)

マネージャー 田呈媛(京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程)

トランスレーター 田呈媛(国際芸術交流協会代表) 周瑛(京都府立大学大学院文学研究科学術研究員[文学博士学位取得])
宗宮章子(京都府通訳案内士・関西広域連合通訳案内士)
田淵宏幸(ヴィツェンツァ音楽大学卒業)
中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)
オーケストラディレクター 中村公俊(ensemble clumusica)
ステージディレクター 春野海(京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻 4 回生)
ステージ 岡本伸介 (京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻 2 回生)
佐々木望(京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻 1 回生)
稲谷祐亮、伊藤慶佑、後藤沙央里、遠藤隆明、岡田善次、尼子由里絵、山川和也 (京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻学生)
箏運搬 アサノ楽器[浅野啓子]
クラムジカ 増田真結(京都市立芸術大学非常勤講師、神戸女学院大学非常勤講師) 清水慶彦(国立大分大学専任講師) 中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)

《亚洲管弦之现在 2》国际现代音乐节
(clumusica 第九届公演・clumusica friendship charity 10)

顾问 吴信一(京都市立艺术大学音乐系名誉教授) 山本毅(京都市立艺术大学研究生院音乐研究科主任) 大岛义实 (京都市立艺术大学音乐系主任)
欢迎展览会 栗本夏树(京都市立艺术大学美术系教授)
灯光设计 木下栞(京都市立艺术大学研究生院美术研究科)
录制 西村千津子 (京都市立艺术大学外聘讲师)
声学设计 川崎博史(京都市立艺术大学外聘讲师)
主持人   田呈媛 (京都市立艺术大学研究生院音乐研究科博士课程在读)
翻译    田呈媛(国际艺术交流协会代表) 周瑛(京都府立大学研究生院文学研究科文学博士)
宗宮章子 (京都府口译向导·关西大范围联合合作口译向导)田淵宏幸 (ヴィツェンツァ音楽大学卒業)
管弦乐队指挥 中村公俊(ensemble clumusica)
舞台指挥 春野海(京都市立艺术大学音乐系作曲专业四年級)
舞台 冈本伸介(京都市立艺术大学音乐研究科音乐学业硕士课程二年級)
佐佐木望((京都市立艺术大学音乐研究科音乐学业硕士课程一年級)
稻谷祐亮、伊藤庆佑、后藤沙央里、远藤隆明、冈田善次、尼子由里绘、山川和也(京都市立艺术大学音乐系作曲专业学生)
筝的搬运工作  浅野乐器(浅野启子)
clumsica 增田真结 (京都市立艺术大学外聘讲师、神户女子学院大学外聘讲师)
清水庆彦 (国立大分大学专任讲师)
中村典子 (京都市立艺术大学音乐系副教授)

"Present,Orchestral Asia2“ International Contemporary Music Festival (clumusica 11th concert・clumusica friendship charity 14)

Festival Advisor GO Shinichi(professor emeritus of KCUA,music faculty) YAMAMOTO Tsuyoshi(head of graduate school of music in KCUA) OSHIMA Yoshimi(dean of music faculty in KCUA)
Welcoming Display KURIMOTO Natsuki(professor of KCUA,art faculty)
Lighting Design KINOSHITA Shiori (master course student of art in KCUA)
Recording NISHIMURA Chizuko(part-time lecturer of KCUA)
Acoustics KAWASAKI Hiroshi(part-time lecturer of KCUA)
Manager TIAN Chengyuan(doctoral course student of music in KCUA)
Translator TIAN Chengyuan (chair of International Art Exchange Association)ZHOU Yin(researcher of graduate school at Kyoto prefectural University,literature department[lit.D])
Orchestral Director TABUCHI Hiroyuki(bachelor of conservatory Vicenza)
SHOMIYA Ayako(Kyoto prefecture and KANSAI wide area league) NAKAMURA Noriko(associate professor of KCUA)
NAKAMURA Kimitoshi(ensemble clumusica)
Stage Director HARUNO Kai(senior student of composition of KCUA)
OKAMOTO Shinsuke(master course student of musicology of KCUA)
SASAKI Nozomi(master course student of composition of KCUA)
Stage INATANI Keisuke,HARUNO Kai,ITO Keisuke,GOTO Saori,ENDO Taka-aki,OKADA Zenji, AMAKO Yurie and YAMAKAWA Kazuya(students of music faculty of KCUA)
Koto transportation ASANO GAKKI [ASANO Keiko]
clumusica MASUDA Mayu(part-time lecturer of KCUA,part-time lecturer of Kobe Collage)
SHIMIZU Yoshihiko(full-time lecturer of Oita Univeristy)
NAKAMURA Noriko(associate professor of KCUA)

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-24 01:04 | Comments(0)
Program

Opening Concert 14:00-(open 13:30-) アジアの箏の現在
开场演奏会: 14:00-(13:30开始) 亚洲筝之现在

岡田加津子:Open the Gate
OKADA Kazuko:Open the Gate(2013)
箏:福原左和子 打ち物:岡田加津子
KOTO:FUKUHARA Sawako Percussion:OKADA Kazuko

カルロ・フォルリヴェジ:沈黙の月
Carlo FORLlVESI:Silenziosa luna)(2009)
箏:麻植美弥子 KOTO:OE Miyako

田島亘:変容
TAJIMA Wataru:Metamorphosis(2012)
箏:松澤佑紗

KOTO:MATSUZAWA Yusa
何志光:海岸線
HO Chee Kong:Shoreline(2013)
十七絃箏:麻植美弥子 17gen:OE Miyako

近藤春恵:あかね幻想
KONDOH Harue: Madder-Fantasy (2013)
ソプラノ:小濱妙美 二十絃箏:福原左和子 Soprano:KOHAMA Taemi 20gen:FUKUHARA Sawako

清水慶彦:培養レスピレーション(世界初演)
SHIMIZU Yoshihiko:Cultured Respiration for horn and string ensemble(world premiere)

ホルン独奏:村上哲
ヴァイオリン:中村公俊  澤田知栄子  ヴィオラ:岡田真実 チェロ:大西泰徳 コンントラバス:赤松美幸
指揮:清水慶彦
Horn solo:MURAKAMI Satoshi Violin:NAKAMURA Kimitoshi,SAWADA Chieko Viola:OKADA Mami
Cello:ONISHI Yasunori Double Bass:AKAMATSU Miyuki Conductor:SHIMIZU Yoshi-hiko

Symposium Round table 15:00- 圆桌座谈会: 15:00-

毛竹[マオ・ツー](中国・四川音楽院)
李志純[チーチュン=チスン・リー] (台湾)
陳錦標[ジョシュア・チャン](香港大学)
何志光(シンガポール大学)
カルロ・フォルリヴェジ(イタリア・モデナ音楽院)
ラインハルト・フェーベル(ザルツブルグ・モーツァルテゥム大学)
近藤春恵(沖縄県立芸術大学)
田島亘(大阪音楽大学)
若林千春(滋賀大学)
通訳:田呈媛(中国語)
通訳:宗宮章子(英語)
進行:中村典子 moderator:NAKAMURA Noriko

MAO Zhu(China Sichuan Conservatory)
Chihchun Chi-sun Lee(Taiwan)
JoshuaCHAN(UniversityofHongKong)
HO CheeKong(University of Singapole)
Carlo FORLIVESI(Modena Conservatory)
Reinhard FEBEL(Universität Mozarteum Salzburg)
KONDOH Harue(OKINAWA Prefectural University of Arts)
TAJIMA Wataru(Osaka College of Music)WAKABAYASHI Chiharu(Shiga University)
Translator:TIAN Chengyuan(Chinese) Translator:SHOMIYA Ayako(English)
Moderator:NAKAMURA Noriko Moderator(Kyoto City University of Arts)

Orchestra Concert 17:00- 中国と日本の箏・琴・管絃の現在
−ピアノとの比較も含めて−
管絃乐队演奏会: 17:00- 中国和日本的筝・琴・管絃之现在
–也包括与钢琴的比较−

ラインハルト・フェーベル:バッハの7つのコラールによるピアノ連弾より
Reinhard FEBEL:from Chorale Arrangements after J. S. Bach for Piano Duet
ピアノ連弾:河内仁志 金田仁美
piano duet:KAWAUCHI Hitoshi KANATA Hitomi

若林千春:玉響...Momentariness VI
WAKABAYASHIChiharu:玉響...Momentariness VI(2012)
箏:林美音子
KOTO:HAYASHI Mineko

陳錦標:送行(世界初演)
Joshua CHAN:A journey accompanied for Erhu &Koto (world premiere)
二胡:陳錦標 箏:福原左和子
Erfu:Joshua CHAN Koto:FUKUHARA Sawako

増田真結:剃り唄《きゅる》
MASUDA Mayu:SORI-UTA《KYURU》 (2013)
箏:中川佳代子
KOTO:NAKAGAWA Kayoko

毛竹:独夜鳴琴(世界初演)
MAO Zhu: Strings on a Sleepless Night -- for Guqin and Chamber Ensemble (world premiere)
古琴独奏:張婷婷 フルート:田呈媛 ヴァイオリン:中村公俊 澤田知栄子 ヴィオラ:岡田真実 チェロ:大西泰徳 コンントラバス:赤松美幸 指揮:毛竹
Guqin solo:ZHANG Tingting Flute:TIAN Chengyuan Violin NAKAMURA Kimitoshi SAWADA Chieko Viola:OKADA Mami Cello:ONISHI Yasunori Double Bass:AKAMATSU Miyuki Conductor:MAO Zhu

李志純: 點、線、面(2003,日本初演)
Chihchun Chi-sun LEE:DOTS,LINES,CONVERGENCE Concerto for Zheng and Chamber Ensemble (2003,Japan Premiere)
古箏[二十六絃]:郭岷勤
フルート:田呈媛 クラリネット:伊藤咲代子 打楽器:上中あさみ ヴァイオリン:中村公俊 澤田知栄子 ヴィオラ:岡田真実 チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸 指揮:高昌帥
Zheng[26 string] solo:KUO Min-chin Flute:TIAN Chengyuan Clarinet:ITO Sayoko Percussion:KAMINAKA Asami Violin NAKAMURA Kimitoshi SAWADA Chieko Viola:OKADA Mami Cello:ONISHI Yasunori Double Bass:AKAMATSU Miyuki Conductor:KOH Changsu

中村典子: 韻禱(世界初演)
NAKAMURA Noriko: YUNDAO rhymed prayer -- Concerto for trombone,tenor &chamber orchestra (world premiere)
トロンボーン独奏:呉信一 テノール独奏:楊雪元 フルート:田呈媛 クラリネット:伊藤咲代子 ファゴット:中川日出鷹 打楽器:上中あさみ 十七絃箏:麻植美弥子 ヴァイオリン:中村公俊 澤田知栄子 ヴィオラ:岡田真実 チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸 エレクトロニクス:春野海 指揮:中村典子
Trombone solo:GO Shinichi Tenor solo:YANG Xueyuan Flute:TIAN Chengyuan Clarinet:ITO Sayoko Fagotto:NAKAGAWA Hidetaka Percussion:KAMINAKA Asami 17gen OE miyako Violin NAKAMURA Kimitoshi SAWADA ChiekoViola: OKADA Mami Cello:ONISHI Yasunori Double Bass:AKAMATSU Miyuki Electronics:HARUNO Kai Conductor:NAKAMURA Noriko

Opening Concert

岡田加津子:Open the Gate(2013)
この曲は、拙作「Full moon」(2010 年、福原左和子委嘱初演)と対をなすものを、という福原さんの要望に応えて書いた作品である。「月」と 対をなす、ということは、やはり「太陽」であろうかと思ううち、頭の中では古事記に記された「天の岩屋戸」の段がいつしか脳裏から離れなくなっ ていた。扉が開くと、その扉の向こうから目も開けていられないような眩い陽の光があふれ出てくる...その一瞬のために曲を書こうと、私は思っ た。
前半は暗闇の世界であり、抑圧された秩序がうごめいている。通常では使われない、琴柱の(奏者側から見た)左部分のみで演奏されるため、 ピッチも不安定である。打ち物にはスプリングドラムが使われる。
けたたましい鳥の啼き声(これは、古事記に記された「常世の国の長啼き鳥」をイメージしている)を合図に闇に亀裂が入り、縛られていた魂が 徐々に開放されていく。軽やかに伸びやかに広がって、空気は今まさに迎えようとする、重い扉が開くその時を、扉の向こうから太陽の女神が光 をもたらす、その至福の一瞬を!(作曲者)

冈田加津子: Open the Gate(2013)

这首曲子是为了满足福原女士的迫切期望而创作的,她希望我创作一首和拙曲《Full moon》(2010年受福原左和子委托创作的首 演曲子)相配套的曲子。我想与“月亮”相对的当然是“太阳”,于是脑海里不知不觉就出现了《古事记》中的“天之岩屋门”这一段内 容。门一打开,门外的阳光就涌了进来,眩目的阳光刺激得眼睛无法睁开......于是,我为了那眩目阳光的一瞬间开始创作。
前半部分??绘了黑暗的世界,被压抑的秩序蠢蠢欲动。由于只使用通常不用的弦柱的左部(从演奏者这一侧看)进行演奏,因此速度 不太稳定。打击乐器采用弹簧鼓。
以尖锐的鸟叫声为信号(这是以《古事记》所记载的〈长生不老之国的长鸣鸟〉为构想基础的),黑暗中出现了裂痕,被缚的灵魂慢 慢地被放开。空气轻轻地伸展蔓延,就要迎接沉重的大门打开的那一刻,门的那边太阳女神带来了光芒,无上幸福的一瞬!(曲作者)

OKADA Kazuko:“Open the Gate”for KOTO & percussions(2013)

I wrote “Full moon”for Sawako FUKUHARA in 2010, and then the next piece for her, “Open the Gate”in 2013. The Gate comes from “AME-NO-IWAYATO”anecdote in KOJIKI(Japanese genesis by Gods).To open the AME-NO-IWAYATO means that the goddess of sun appears. These two pieces make a pair ―― moon & sun.(composer)

岡田加津子(作曲)神戸生まれ。東京藝術大学作曲科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。在学中に、九州??タ ー現代音楽祭作品部門、最優秀賞受賞。2003 年バロッ????ール賞受賞。これまでに 20 余曲の楽譜と 9 タイトルの DVD 作品が出版されている。ミニシアター(身体×音楽)、ミニシネマ(映像×音楽)シリーズの制作に力を注ぐ一方で、リトミック・パフォーマンスのワークショップを全国各地で行っている。日本作曲家協議会、日本ソルフェージュ研究協議会、日本 ダルクローズ音楽教育学会、日本音楽教育学会、各会員。現在、京都市立芸術大学准教授。京都在住。 *近年の主要作品*・ヴヴァイオリン、クラリネット、ピアノ(鍵盤ハーモニカ持ち換え)のための「ACTING ETUDE」(2010) ・十三絃のための「Full moon」(2010、出版マザーアース)

・マリンバとパーパッションのための「Gemelas Latinas」(2011、出版マザーアース) ・能管、コントラバス、壺、ヴァイヴ、ダンスのための「雪女」(2012)
・ミニシネマ No.5「MESTRE」(2013、映像/野村幸弘、出版 PhiLfilm) *岡田加津子オフィシャルサイト http://www.kazuko-okada.com/

冈田加津子:(作曲・打击乐器)出生于神户。于东京艺术大学作曲科进行了本科和硕士的学习。上学期间获得了九州吉他现代音乐盛会 作品组最优秀奖。2003年获Baroque-saal奖。迄今为止出版了20余首乐谱和7个主题的DVD作品。目前正在致力于小剧场(身体和音乐)、 小影院(图像和音乐)系列的制作。另外,还在全国各地开设了“节奏・表现”的音乐会。现任京都市立艺术大学的副教授。居住于京 都。*近期主要作品*《节奏・表现2~作品集~》(2008、大地母亲)为小??琴创作的无言歌《献给妈妈》(2009、大地母亲)小剧场No.4 《樱舟》(2009、图像+吉他、PhiLfilm) 为小??琴、单簧管、钢琴(键盘与口琴倒手)创作的「ACTING ETUDE」(2010)冈田加津 子的官方网站是 http://www.kazuko-okada.com/

KAZUKO OKADA was born in Kobe, and finished the Master Course of National Tokyo University of Arts (specializing the music composition and music education) in 1987. She won the prima prize in the section of composition at the First Kyusyu-Guitar Festival for the contemporary music. In 2003, she organized an exhibition-concert of her own works, for which she was awarded “ The Baroque-saal prize”. Now she goes on creating a number of new pieces of various kinds including songs, choral, chamber music, works for Japanese traditional instruments. And especially the works for rhythmic performance and for films display her originality. Present,an associate professor of composition at Kyoto City University of Arts.

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-24 01:03 | Comments(0)
カルロ・フォルリヴェジ::沈黙の月(2009)

無限の空間、
あの深い限りない天は何だ?
この果てない孤独は 何を意味しているのか?
そしてわたしは何者か?

あくせくと 激しく運行する 天のすべて、
地のすべてのものは
常に出発点にもどるために
休みなく回転する;
これらの目的と結果は
わたしには 全くわからない。
しかし おまえはたしかに すべてを知っている、
不死のおとめよ。

空の月よ どうした?
沈黙の月よ
わたしに語れ
どうしたのか?
...

ジャコモ・レオパルティ 「アジアのさまよえる羊飼いの夜の歌」より(1830)

世界初演は2009年5月19日パリ・サンジェルマンアンヌモン城円形闘技場で、
日本初演は2013年大津市伝統芸能会館能楽ホールで、安東伸元師の能舞と共に麻植美弥子氏が初演。

卡罗・佛李维斯:沉默的月亮(2009)
第一次世界演出是在2009年5月19号,巴黎Château de Saint-Germain城堡的原型格斗场
;第一次国内演出是2013年在大津市传统艺能会馆能乐大厅,伴随着安东伸元师德能舞,麻植美弥子进行了第一次演出。

无限的空间,深深的。
无边无界的天空是什么?无边无际的孤独 意味着什么?
而我又是何许人也?

慌乱地 激烈地横行 天上所有的、
地上所有的 往往都是为了回到起点
从不休息地运转; 这些目的和结果

我完全 不懂。
但是 你的确 知道一切、不死的少女哦。

空中的月亮啊 你怎么啦?
沉默的月亮啊 告诉我
你怎么了

Giacomo Leopardi 出自《亚洲彷徨羊倌的夜晚之歌》(1830)

Carlo Forlivesi:Silenziosa luna(2009)

Why this infinite air,and this deep Infinite serene?
what means this Immense solitude?and I.what am I?

And so much activity,
so much motion In every celestial,every earthly thing,
Ceaselessly turning,
Always back to starting place;

Any point,any purpose
Is beyond me,But you for sure, Deathless maiden,know everything.

What do you do,moon,in the sky? Tell me,what do you do,
Silent moon?

From "Night song of the wandering shepherd of Asia"(1830) by Giacomo Leopardi

Silenziosa Luna for Koto was premiere in Paris, May 19, 2009 - Amphithéâtre du Château d’Hennemont,
Amphitheatre du Chateau d’Hennemont,Saint-Germain-en-Laye,
Paris.Japanpremierewas24thJulyinOtsutraditonalartstheater by Miyako Oe.

カルロ・フォルリヴェジ(作曲)イタリアの作曲家、演奏家、研究者。ボローニャ音楽院、ミラノ音楽院、国立ローマ聖チェチーリア音楽院に学ぶ。フランスのIRCAM,デンマークのDIEM、文部科学省政府給費生として東京音楽大学、フルブライト奨学生 でノースウェスタン大学で研究。多数の受賞のほか日本伝統音楽と舞踊、アイヌ音楽を含む分野で研究を重ねた。作品は世 界各地の音楽祭、劇場で定期的に上演されている。オーケストラ、合唱、室内楽、舞踊音楽、電子音楽、日本伝統楽楽器のために作品が書かれている。京都市立芸術大学、東京藝術大学、札幌大学、ノースウェスタン大学、パリ国立音楽院、ソルボンヌ大学、アデレード大学、メルボルン大学で講演。現在、イタリア国モデナ音楽院教授。

卡罗・佛李维斯:(Carlo Forlivesi)(作曲)意大利作曲家、演奏家和研究者。曾就读于波洛尼亚音乐学院、米兰音 乐学院、国立罗马圣塞西莉亚音乐学院。受法国IRCAM、丹麦DIEM、文部科学省助学金支援在东京音乐大学研究, 并受富布赖特奖学金支援在西北大学研究。除了多次荣获大奖以外,还在包括日本传统音乐、舞蹈以及阿伊努音乐在 内的领域进行了不断研究。其作品定期在世界各地的音乐盛会和剧场上演。他为管弦乐、合唱、室内音乐、舞蹈音乐、 电子音乐、日本传统音乐乐器创作了作品。并在京都市立艺术大学、东京艺术大学、札幌大学、西北大学、巴黎国立 音乐学院、巴黎大学、阿德莱德大学、墨尔本大学演讲。现任意大利摩德纳音乐学院教授。

Carlo FORLIVESI(composition)Carlo Forlivesi is an Italian composer, performer and researcher. He studied at Bologna Conservatory, Milan Conservatory and the Accademia Nazionale di Santa Cecilia of Rome. He then joined IRCAM in France, and subsequently DIEM in Denmark, Tokyo College of Music (Monbukagakusho), and Northwestern University (Fulbright Commission). Forlivesi has received numerous awards and conducted extensive research in the field of traditional Japanese music and dance including the ethnic music of the Ainu. His music is regularly programmed by festivals and theatres worldwide. Forlivesi has composed works for orchestra, choir, chamber music, dance, electronics, and traditional Japanese instruments as well as choreographies and written works. He lectured at the Kyoto City University of Arts,Tokyo National University of Music, the Sapporo University, the Northwestern University, the Paris National Conservatory, the Paris Sorbonne University, the University of Adelaide, and the University of Melbourne. Forlivesi is now a professor at the Italian National Conservatory, Modena.

田島亘:箏のための変容(2012)
日本の童歌の変奏を書くつもりでしたが、あまりにも単純で短いので、この童歌の旋法を元に新たな主題を構成し、その変奏の途中に童歌「お 正月ござった」の主題と変奏が提示される、二重の変奏曲です。主題となるのはe音とa音から始まる都節(みやこぶし)[EFAHD]と言われる五音 音階[ABDEG]に一音[C]加えたものです。[EFAHD ABCDEG]日本の旋法の美しさをお解りいただけましたら幸いでございます。

田岛亘:因为筝而变化(2012)
本打算为日本儿童歌曲写变奏,因为过于简单和短小,因此以该儿童歌的调子为基础,谱写新的主题,在变奏过程中显示儿童“正 月过去了”的主题和变奏,这是一首二重变奏曲。主题是由e音和a音打头的“都节[EFAHD]”,所谓的都节是指在五音音阶[ABDEG]上 增加一个音[C]。敬请欣赏[EFAHD ABCDEG]日本调的优美。

TAJIMA Wataru:Metamorphosis for KOTO(2012)
I was going to compose the variation on the children song WARABE-UTA,but it was too short to variate.I arranged new theme on the mode this WARABE-UTA tune, I composed it as double variation that is exposed the theme and variation of WARABE-UTA"OSHOGATSU GOZATTA[It is coming, a new year!] by the middle of a variation.The theme of this tune is the mode of pentatonic MIYAKO-BUSHI scale[EFAHD][ABDEG] added [C].[EFAHD to ABCDEG].I am happy to taste and grasp mode of Japan.

田島亘(作曲)昭和38(1963)年東京藝術大学作曲学科卒業。同年、尚美音楽高等学校勤務。昭和41(1969)年 より大阪音楽大学勤務。講師、助教授を経て教授となる。その間、多くの作品(管弦楽曲、室内楽曲等)を発表、 また海外(??タリ??・ド??ツ・韓国)にても作品を発表。平成17年大阪音楽大学を退任。その後も年数回の作品発表を行っている。

田岛亘(作曲)毕业于东京艺术⼤大学和⾳音乐(1963),他开始教在尚美学园(1963)。他开始教于乐(1966) 大阪拼贴,担任讲师,他成为副教授到教授。很多作品从乐团室内乐,⽇日本,意⼤大利和德国,以及等。他 正在撰写⼏几部作品在逐年增加。

TAJIMA Wataru(composition)
Graduated from Tokyo University of Arts and Music(1963).Started teaching in SHOBI GAKUEN(1963).Started teaching in Osaka Collage of Music(1966),as a Lecturer to assistant Professor to Professor.Presented a lot of works from orchestra to chamber music,in Japan,Italy and Germany,and so on.Retired from Collage(2005)Present,he is composing several works in every year

何志光:海岸線(2013)
(作品解説は何志光自身の作による英文俳句)

海岸線
温かな風がやさしく流れる 白い霧の中に夜を漆黒に染めながら 風は流れ 夢見る 冷たい波が勢いよく寄せる
張りつめ 躊躇いがちな風と共に 波は寄せ 返す 波が冷たく空に浸みこむ 星々が散りばめられた空に
夢見て そして生きる

何志光:海岸线(2013) 作品解说内容出自于何志光本人作品中的英文诗句。

海岸线
和煦的风微微地流淌 在白色的雾中将夜染成漆黑 风流淌 做梦了 冰冷的波涛强劲地拍打过来 汹涌澎湃 与踌躇不前的风一起 波涛过来了 回去了 波涛冷冷地与天空相接 镶嵌着星星的天空
看到了梦想 继而活下去

HO Chee Kong:Shoreline(2013)

Shoreline
Warm breath gently _ows painting nights in misty white to follow or dream
Cold seas inward rush
on edge with breath lingering to rest or follow
Seas coldly seeps in covering stars from the skies to dream or live

何志光:シンガポール大学楊秀桃音楽院准教授。西洋楽器、中国楽器を問わず演奏団体からの委嘱を受 け、その作品は多くの音楽祭で演奏されてきた。最近の作品では、シンガポールアーツカウンシルの委嘱 によるチェロとオーケストラのための作品Passage-Fantasyがシンガポール芸術祭2012で演奏され好評を 博す。現在、シンガポール作曲家協会会長、アジア作曲家連盟副会長。

何志光:(作曲)新加坡大学杨秀桃音乐学院副教授。无论西洋乐器还是中国乐器,其接受演奏团体 委托创作的作品在很多音乐盛会上被演奏。最近的作品中,被新加坡艺术总会所委托创作的大??琴和 管弦乐作品Passage-Fantasy在2012新加坡艺术节上被演奏并获得好评。现任新加坡作曲家协会会 长、亚洲作曲家联盟副会长。

Ho, Chee Kong is Associate Professor at the Yong Siew Toh Conservatory of Music, National University of Singapore. His commissions include music for Western and Chinese ensembles and featured on many festivals around the world. Recent works include Passage-Fantasy for cello and orchestra commissioned by Singapore Arts Council in 2012 and performed at the Singapore Arts Festival 2012. He is the founding President of the Composers Society of Singapore and the vice-president of Asian Composers League(ACL) since 2012.

近藤春恵:あかね幻想 ~ソプラノ、二十絃箏の為の(2013)

箏という楽器は、調弦で音高に関わる素材が概ね決まるという、ある種の制約と魅力とを同時に感じさせる。更に一層機能的で表現幅をもつ二十絃箏を、日本語による独唱とで組ませたいと予てから考えていた。テキストは峠兵太の同名の詩「あかね幻想」と背景となる防人の万葉集東 歌三首との再構成。古来深紅の染料として用いられた野の花、防人に寄せる情感、夕焼け...三様の茜色をつなぐ清楚な世界が描けたらと願っている。

近藤春惠:茜草幻想~女高音,为二十弦所作(2013) 筝这种乐器基本上是演奏通过调弦的高音素材,令人同时感受到??种制约和魅力。二十弦筝更能有效地表现该特征,其表现范畴更

宽广,我很早以前开始就考虑将二十弦和日语独唱组合在一起。内容由峠兵太的同名诗《茜草幻想》,《万叶集》中驻守边防士兵的东 歌三首这一背景所构成。古代用于深红色染料的野花、边防士兵家人向其表达的相思之情、晚霞......期望这三样事物能将深红色联系在 一起从而刻画出一个清丽的世界。

KONDOH Harue:Madder ~for Soprano and 20-gen Koto(2013)

With Koto, string tuning decides material relating pitch.is is limitation yet at same time charm of Koto. For a long time, I had conceived a piece with 20-string Koto, more functional and has wider range of expression,and solo singer in Japanese. I recomposed texts Heita TOGE’s poem“Madder Fantasy” and 3 Azuma utas from Man'yoshu. Wild _ower that was used to dye since ancient time, emotion toward Sakimori, ancient coast guard, and sunset, I wish I could describe the neat and clean vision colored by 3 types of madder.

近藤春恵(作曲)東京藝術大学音楽学部卒業。日本音楽??ン??ール、笹川賞、バーロウ・コンクール、国 際現代音楽協会国際審査会などに入賞。アジア作曲家連盟音楽祭、ISCM〈World Music Days〉、国 際女性現代音楽祭等で初演。日本作曲家協議会・日本現代音楽協会・九州沖縄作曲家協会、日本ソルフェージュ研究協議会各会員。沖縄県立芸術大学教授。〈主要作品〉Aria─独奏尺八と弦楽合奏の 為の/弦楽四重奏の為のShighira/オペラ〈居酒屋お伽噺〉/尺八とフルートの為の〈Mabui〉/混声 合唱組曲《宇宙のうた》/同《遊び庭(あしびなぁ)》/など。 近藤春惠:(作曲)毕业于东京艺术大学音乐系。多次获得奖项,比如:日本音乐大赛、巴洛大 赛、笹川奖、国际现代音乐协会国际审查大赛奖。于亚洲作曲家联盟音乐盛会、ISCM〈World MusicDays〉、

近藤春惠:(作曲)毕业于东京艺术大学音乐系。多次获得奖项,比如:日本音乐大赛、巴洛大 赛、笹川奖、国际现代音乐协会国际审查大赛奖。于亚洲作曲家联盟音乐盛会、ISCM〈World MusicDays〉、国际女性现代音乐盛会等进行演出。是日本作曲家协议会・日本现代音乐协会・九州 冲绳作曲家协会、日本音乐基础理论教学研究协议会会员。任冲绳县立艺术大学教授。〈主要作品〉Aria─为尺八(类似于中国箫的日本乐器)独奏和弦乐合奏所作/为弦乐四重奏创作的Shighira /歌剧〈酒馆故事〉/为尺八和笛子所创作的〈Mabui〉/混声合唱组曲《宇宙之歌》/同《乐园》 (Ashibina)等。

KONDOHHarue(compositio)
KONDOH Harue graduated from Tokyo University of the Arts. She received prizes in _e Music Competition of Japan, in Sasagawa award, in Barlow International Competition, and in ISCM. Her works are premiered in many venues such as ACL festival, ISCM〈World Music Days〉 and International Women's Modern Music Festival. She is member of JFC, JSCM, Kyusyu・Okinawa Composers Association and Solfege studies conference Japan. And she is professor of Okinawa Prefectural University of Arts.Works : “Aria” for solo Shakuhachi and strings “Shighira” for string quartet Opera “Fairy tale in in a tavern” “Mabui” for Shakuhachi and _flute “Song of Universe” Mixed chorus suite “Ashibina” Mixed chorus suite Madder ~for Soprano and 20-gen Koto With Koto, string tuning decides material relating pitch. It is limitation yet at same time charm of Koto. For a long time, I had conceived a piece with 20-string Koto, more functional and has wider range of expression, and solo singer in Japanese. I recomposed texts Heita TOGE’s poem “Madder Fantasy” and 3 Azuma utas from Man'yoshu. Wild _ower that was used to dye since ancient time, emotion toward Sakimori, ancientcoast guard, and sunset, I wish I could describe the neat and clean vision colored by 3 types of madder.


清水慶彦:独奏ホルンと弦楽五重奏のための《培養レスピレーション》

ひとつの音やひといきの聲のように、初源的でありながら、同時に多彩性を内包する現象への興味を着想の土台としています。十二律の基音 である壱越を核に、その部分音など、派生的におこりえる多彩な響きを、人為的に増殖させることでひとつの音響組織を作成しました。要するに、 ここでのすべての音事象は、レの音に起因するものです。

清水庆彦:为圆号独奏和弦乐五重奏所创作的《培养呼吸》 像一个音和喘一口气般的声音一样原始的,同时又包含有丰富内涵的现象是我构思的基础。以十二律基音中的壱越(中国称之为“黄

钟”)为核心,再通过衍生纯音等来人为性地增加多彩的声音,由此完成一个音响组织。总之,这里所有的音起因于来音。

SHIMIZU Yoshi-hiko:Cultured Respiration for horn solo and string quartet(premiere) This piece based on an interest in the primitive and diverse phenomena as

one sound or one voice. I used a tone of “Ichikotu”, which is basis of Japanese traditional scale theory for the core of this piece, and I tried to artificialgrown of sounds arise from "Ichikotu", as such as overtone, to formation of a organization of sounds. In other words, all events in this piece are derived from “d”.

清水慶彦(作曲)京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業、同学大学院修士課程修了。同大学院の派遣制度 によりブレーメン芸術大学にて研鑽をつんだ。京都市立芸術大学大学院博士後期課程修了、黛敏郎作品の研究 論文により博士号(音楽)取得。これまでに松永通温、松本日之春、中村典子、ヨン??・パ??=パーンの各氏に師 事。作品集CD『清水慶彦作品集 六相円融』(studio N.A.T)が雑誌『レ??ード芸術』にて推薦盤に選定されるなど 好評を得ている。京都市立芸術大学非常勤講師などを経て2012年より国立大学法人大分大学教育福祉科学 部専任講師。 清水庆彦(作曲)本科毕业于京都市立艺术大学音乐系作曲专业,后攻读同大学研究生院硕士课程,并作 为该大学的交换留学生到德国不来梅艺术大学深造,之后在京都市立艺术大学研究生院攻读博士课程并获 得博士号(音乐),其博士论文是关于黛敏郎作品的研究。师从松永通温、松本日之春、中村典子、朴琶案 泳姫。作品集CD《清水庆彦作品集 六相圆融》(studio N.A.T)获得了好评,还被杂志《唱片艺术》选为 推荐盘。曾任京都市立艺术大学外聘讲师、2012年赴国力大学法人大分大学任教育福祉科学系专任讲师。

SHIMIZU Yoshi-hiko(Composition)
Graduated from Kyoto City University of Arts Department of Music composition course, and same school graduate MFA. Studied at University of the Arts Bremen in Germany as an exchange student. Completed Kyoto City University of Arts Doctoral course, and got the Doctor of Musical Arts (DMA).Studied with Matsunaga Michiharu,Matsumoto Hinoharu,Younghi Pagh-Paan,Nakamura Noriko.The works collection CD “Rokusou – Enyu” (studio NAT 2010) was well received. And it was selected in the recommended disc in the magazine of " THE RECORD GEIJUTSU". Full-time lecturer of the Oita University from 2012 through part-time lecturer of the Kyoto City University of Arts.

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-24 01:02 | Comments(0)
ラインハルト・フェーベル:バッハのコラールによる7つのピアノ連弾より抜粋1.3.4.6.7

No. 1 Es ist gewißlich an der Zeit (after Choral Prelude BWV 734)
No. 2 Nun komm der Heiden Heiland (after Choral Prelude BWV 659)
No. 3 Wo soll ich fliehen hin? (after Choral Prelude BWV 694) [Version a]
No. 4 Ich ruf zu Dir, Herr Jesu Christ (after Choral Prelude BWV 639)
No. 5 Allein Gott in der Höh’ sei Ehr (after Choral Prelude BWV 663)
No. 6 Wo soll ich fliehen hin? (after Choral Prelude BWV 694) [Version b]
No. 7 Erbarme dich mein, o Herre Gott (after Choral Prelude BWV 721)

時は確かだ。
いま異邦人の救済者がやってくる。
どこに逃げればよいか。
私はあなたを呼ぶ、イエス・キリスト。
高みの唯一の神に栄光がある。
どこに逃げればよいか。
私の神よ憐れんでほしい。

莱因哈鲁特・菲百鲁:巴赫教堂歌之七钢琴连奏

时间是确切的。
现在异邦人的救赎者来了。
逃到那里好呢?
我呼叫着你-耶稣·基督。
高处唯一有辉煌的神灵。
逃到哪里好呢?
我的神啊! 怜惜怜惜我吧。

Reinhard Febel:Seven Chorale Arrangements after Johann Sebastian Bach(extract 13467)

1 It is most certainly at the time
2 Now, savior comes the heaths
3 where should I fleeto(firstversion)
4 I callyou,LordJesuChrist
5 alone God in the high is glory
6 where should I flee to(second version)
7 mercy on me,O Lord God

No. 1 Es ist gewißlich an der Zeit (after Choral Prelude BWV 734)
No. 2 Nun komm der Heiden Heiland (after Choral Prelude BWV 659)
No. 3 Wo soll ich fliehen hin? (after Choral Prelude BWV 694) [Version a]
No. 4 Ich ruf zu Dir, Herr Jesu Christ (after Choral Prelude BWV 639)
No. 5 Allein Gott in der Höh’ sei Ehr (after Choral Prelude BWV 663)
No. 6 Wo soll ich fliehen hin? (after Choral Prelude BWV 694) [Version b]
No. 7 Erbarme dich mein, o Herre Gott (after Choral Prelude BWV 721)

ラインハルト・フェーベル:ハノーバー音楽演劇大学で教鞭をとり、ザルツブルグ・モーツァルテウム大学教授。 バーデンビュルツブルグ州メッティンゲンに生まれ、シュトゥットガルト音楽大学のユルゲン・ウーデのもとでピアノを、ヘルムート・ラッヘンマンの進めで1979年より作曲を、さらにフライブルグ音楽大学でクラウス・フーバーの もとで作曲を、1982年パリIRCAMで電子音楽をおさめる。バイエルン歌劇場で委嘱室内オペラ「エウリディーチェ」、キール歌劇場でミュジックテアトル「客を伴った夜」、ドルトムント歌劇場でカスパー・ホイザーの秒と年」 (ルーカス・ヘムレブ台本)、ベルリンフィルでフォルケンシュタインのオズワルトのテキストによる歌曲と合唱曲 が、キール歌劇場でフリーダ・カーロ、エドヴァルド・ホッパーとディエゴ・ヴェラスケスの3つの画からのカンマー テアター(十二人の歌手、二人の俳優と室内管弦楽のための)が初演。そのほか南アメリカのチリ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチン、ニュージーランド、南アフリカのナタル大学とキャメロン、スコーピエ、エディンバラとリガでも講演や上演。近年作曲家・指揮者・教育家としてのみならず小説家としても「有毒魚」、日本を描いた時 代小説「古武士」、ドメニコ・スカルラッティを描いた歴史小説「禁じられた音」上梓。

莱因哈鲁特・菲百鲁:(作曲)执教于德国汉诺威音乐戏剧大学、曾任奥地利萨尔茨堡・莫扎特大学教授。出生于德国巴登-符腾堡州的 媒庭根,曾在舒透特咖鲁特音乐大学的优鲁干・乌戴门下学习钢琴,在亥鲁穆特・拉罕茫的推荐下于1979年开始作曲,还在弗里堡音乐 大学瑞士音乐作曲家Klaus Huber门下学习作曲,1982年于巴黎IRCAM学习电子音乐。在德国拜恩州歌剧院上演了被委托创作的室内歌 剧Euridice(《爱巫莉蒂捷》);在德国基尔歌剧院上演了音乐剧《伴随客人之夜》;在德国多特蒙德歌剧院上演Kaspar Häuser(《戴卡 斯帕・郝一扎们的秒和年》)(法国德裔导演Lukas Hemleb卢卡斯.汉柏斯制作剧本);在??林菲鲁根据佛鲁肯舒塔因的奥斯瓦德的内容 创作了歌曲和合唱曲;在德国基尔歌剧院第一次上演了康麻泰阿塔(为十二位歌手、两位演员及室内管弦乐所创作),康麻泰阿塔由三 幅画构成,他们分别是:弗利达・卡罗、艾德巴露德・毫派和帝艾高・拜拉斯喀斯。此外,还在很多国家及地区演讲并上演音乐作品, 有南非的智利、秘鲁、乌拉圭、阿根廷、新西兰、南非巴西的纳塔尔大学、喀麦隆、斯高皮亚、艾迪巴拉和拉托维亚共和国的里加。除 了作曲家・指挥家・教育家以外,近年来他还成为一名有名的作家,出版了《有毒鱼》、??绘日本的时代小说《古武士》、??写多梅尼 考・斯卡鲁拉??的历史小说《被禁之音》。

Reinhard Febel was born in Metzingen, Baden-Württemberg, and first studied music and piano with Jürgen Uhde at the Musikhochschule Stuttgart.On a recommendation from Helmut Lachenmann he studied composition from 1979, with Klaus Huber at the Hochschule für Musik Freiburg and at the IRCAM in Paris where he attended courses in electronic music in 1982.On a commission of the Bayerische Staatsoper he composed the chamber opera Euridice, premiered in 1983.In 1984 in Rome on a scholarship of the Villa Massimo. In 1985 his Symphony, composed for the Youth Orchestra of the European Community, was premiered at the Donaueschinger Musiktage.In 1989 he took over the Chair of Composition and Music Theory at the Hochschule für Musik und Theater Hannover.In 2003 Wolkenstein, Lieder und Chöre nach Texten und Melodien des Oswald von Wolkenstein (Wolkenstein, songs and choruses after texts and tunes of Oswald von Wolkenstein) was first performed at the Berliner Philharmonie.Triptychon is a "Kammermusiktheater für zwei Sänger, zwei Schauspieler und Kammerorchester nach drei Gemälden von Frida Kahlo, Edward Hopper und Diego Velázquez" (chamber music theater for two singers, two actors and chamber orchestra on three paintings by Frida Kahlo, Edward Hopper and Diego Velázquez) on a text by the composer. was premiered in 2009 at the Opernhaus Kiel.Over the years he spent periods of study, teaching and composing abroad, including in South America (Chile, Peru, Uruguay, Argentina), New Zealand, South Africa (University of Natal) and Cameroon, and in cities such as Skopje, Edinburgh and Riga. Since 1997 he has been professor of composition at the Mozarteum University of Salzburg.

若林千春:玉響...Momentariness VI(2012)
須臾・つかの間の音楽...短い時間感覚の中で、集約的に表現される音楽。 すべてを言い尽くさずに、何かを暗示したり、関係性をほのめかしたりする音楽。 象徴としての音の記号...音によるアフォリズム・短詩・俳句...〝たまゆら〟。 しらとみに聴く母の聲 夢以前 わずか《一拍のみの断章》から《一分ほどの断片》まで、 九つの島々が無音の海のなかに浮びます。 九山八海...この世の果てにあるという、 万物の創造の源である海原に浮ぶ、超越的な山々。

若林千春:玉响...Momentariness VI(2012)
须臾・霎那间的音乐......在短暂的时间感中,集约式表达的音乐。 那是一种虽不能完全表达,却暗示着透露着一定关系性的音乐。 作为象征之音的符号......由音组成的箴言・短诗・俳句......“瞬间”。 拂晓的鱼肚白,听到妈妈的声音 做梦以前 仅仅从《只有一拍的断章》到《一分钟的片段》, 九座岛屿从无声的大海中浮出。 九山八海......只存在于这个世界的尽头, 浮于海原这创造万物的源头,超然的大山。

WAKABAYASHI Chiharu:TAMAYURA momentariness VI(premiere)
For a while, in a moment, ---the music that continues in short time and expresses in concentration.
The music that talks not to much, that is full of metaphors, that symbolizes something relatively.
The signe of the sounds, the aphorisms, the short poem, or the HAIKU of music --- TAMAYURA (that means the delicate state of trembling souls in Japanese).

Listening to mother's voice in the superwhite at dawn,before dreaming
There are nine fragments that made up only a beat until made up a minute.
Nine islands floats on the time of silent sea.“9 mountains and 8 oceans”(by the concept of a Buddhism),
that exists in the edge of the world, and that is floating on the vast ocean of the genesis,
it is the most fantastic mountains in the universe.

若林千春(作曲)東京芸術大学作曲科卒業、同大学院作曲課程修了。日本音楽コンクール作曲部門(オーケストラ作品)第1位・安田賞を受賞。第1回東京文化会館舞台芸術作品募集最優秀賞。2001年東京文化 会館舞台芸術フェスティバルにて舞台作品が初演される。現代音楽セミナー&フェスティバル「秋吉台の夏2006〜2011」の招聘講師として、講演《”うつ”概念による作品と創造》をおこなう。現在までに9回の作品 展を開催。委嘱作品の初演再演多数。「UTU」=「なにもないことのすべて」をコンセプトに創造活動を展開中。作品は、東京フィルハーモニー・東京交響楽団・札幌交響楽団・東京混声合唱団・東京少年少女合唱隊・合唱団響・松原混声合唱団などにより国内で演奏されているほか、ジャパン フェスティバルインUKな ど世界各国にて演奏され、CD・楽譜がリリースされている。東京藝術大学および同附属高校講師を経て、現在、滋賀大学教育学部教授。平成19年度滋賀県文化奨励賞を受賞。http://homepage3.nifty.com/wakabayashichiharu/

若林千春:(作曲)曾就读于东京艺术大学作曲系,并攻读了同大学研究生院作曲硕士课程。荣获日本音乐大赛作曲组(管弦乐作品) 第一名・安田奖。第一届东京文化会馆舞台艺术作品征集最优秀奖。2001年东京文化会馆舞台艺术节其舞台作品首次上演。作为现代音 乐研究课程和活动“秋吉台之夏2006~2011”的特邀讲师,进行了以《“忧郁”带来的作品和创作》为题目的演讲。迄今为止举行了9 次作品展。其创作的委托作品有首演再演等很多。“UTU”展开了以“一无所有的全部”为构想的创造活动。作品在国内外各地被演奏: 国内有东京交响管弦乐团・东京交响乐团・札幌交响乐团・东京混声合唱团・东京少年少女合唱队・合唱团 响・松原混声合唱团等,国 外有日本盛会之英国等,这些还被制作成CD・乐谱。历任东京艺术大学及该大学附属高中教师,现任滋贺大学教育系教授。平成19年荣 获滋贺县文化奖励奖。 http://homepage3.nifty.com/wakabayashichiharu/

WAKABAYASHI Chiharu(composition)
Born in Nagano in 1961. Graduated the master course at Tokyo National university of Fine Arts and Music. Awarded 1st Prize in the 56th Japan Music Competition (Orchestral music section). And awarded Grand Prix in the 1st Tokyo Cultural Center Stage Performing Work's Competition. He was a Lecturer on the Faculty of Music at Tokyo University of the Arts, and now he is a professor on the Faculty of Music at Shiga University.His concept of music is that “the all as the nothing”.His major works are the following. “UTU
- Urkrang I” (Fl./2001), ”UTU - Urklang II” (Vc./2002), ”Himoroghi – sanctuary I” (2n.Va.Vc./2002), ”Himoroghi – sanctuary II” (Solo Fl.4Fl×4 groups/2008) , ”meta-morpho-genesis I” (Cl.Va./2006)and ”Frog /"Ka・He・Ru” (Mixed chorus, some perc./2005)

ジョシュア・チャン:送行−二胡と箏のための−(世界初演)
私は高校生であったとき、ポケットマネーをセーブすることができるのでバスに乗る代わりに 40 分かけて毎日家まで歩いて帰ると決めた。学校と私の家の中間に住んでいた私のクラスメートのグ・シュウコンが、私と一緒に歩いてくれた。私にさよならを言うかわりに、彼の家に着いてから 20 分、戻る迄にまた別の 10 分を私と一緒に彼は歩いた。彼の親切に本当に感謝している。それなのに高校を出てからコンタクトを失い、この良い友達に会いそこなっている。また別の良い友達、1991 年に香港とマカオを訪問した日本の作曲家藤家渓子に会えていない。ある晩彼女と私 はマカオ市内中央部かフェリー乗り場まで香港に戻るジェットホイルに乗るため長い道を歩いた。私は一緒にあるいてグ・シュウコンと一緒の高校のときと同様の幸福を感じた。それで、この作品をグ・シュウコンと藤家渓子に捧げたい。「送行」では、二胡の旋律はほとんど陽旋法を、箏の 旋法はほとんど陰旋法で書かれている。これは、別なバックグランドの人間が会って話し、また一緒に歩くことができることを象徴している。陽旋法陰旋法の間の定かでない相違とともに箏がこの作品で C と C#音を交替するとき、このような音楽的な繋がりが非常に興味深い。

陈锦标:二胡与筝曲《送行》(首演)
我在高中时为了节省零用钱而决定不坐巴士,每天步行 40 分钟上下学。我的同学吴小江住在半路上,他陪我一起步行回家。到了他家门口他并不跟我说再见,而是再陪我走 20 分钟送我到家,再花 10 分钟折回去。我很感激他对我这么好。但可惜高中毕业后我们失去了 联系,今天还很记挂他这位好朋友。另一位好朋友是日本作曲家藤家溪子。她于 1991 年访问香港和澳门,我没能见到她。??天晚上她和 我为了搭乘返回香港的 jetfoil 船,从澳门市中心步行前往轮渡码头,走了一段颇长的路,很愉快。那种幸福的感觉和我与吴小江一起 走路回家的高中时代的幸福感一样。因此,我要把这部作品献给这两位好朋友。《送行》的二胡旋律主要是用阳性五声音阶写成,筝的主 要是阴性五声音阶。这象征着不同背景的人可以会面、交谈并一起前行。音乐上的这种连接意味深长:筝游走于 C 与升 C 两音之間的时候, 阳性与阴性音阶失去了明显的界线。

Joshua CHAN:“Journey Accompanied” for erhu and koto (premiere)
At one time when I was in high school, I decided to take a 40-minute walk back home everyday after school instead of taking the bus so that I can save some pocket money. My classmate Ng Siu-kong who lived midway between the school and my home would accompanied me walking. Instead of saying goodbye to me after reaching his home in 20 minutes, he would walk with me further for another 10 minutes in my direction before turning back. I really appreciated his kindness. But we lost contact after high school, and I miss this good friend very much. Another good friend I miss is the Japanese composer Keiko Fujiie who visited Hong Kong and Macau in 1991. At one night she and I walked a long way from the city centre of Macau to the ferry terminal to catch a jetfoil back to Hong Kong. I felt the similar happiness of being accompanied as in those high-school days with Ng Siu-kong. Therefore, I would like to dedicate this composition to Ng Siu-kong and Keiko Fujiie. In “Journey Accompanied”, the erhu melodies are mostly written in bright pentatonic scale, while the Koto materials are in dark pentatonic scale. This is to symbolize how people of different background can meet, talk, or walk together. Such a musical connection can be very interesting when the koto alternates the notes C and C sharp in this piece, with unclear distinction between the bright and dark scales.

ジョシュア・チャン[陳錦標](作曲) 1962年生まれ。1995年より香港大学で教鞭をとる。現在、准教授。180曲以上の作品を創作し、多くのメ ディアに編曲もしている。作品はユネスコ、ISCM世界音楽の日々、国際コンピュータ音楽会議、アジア作曲家連盟音楽祭、香港芸術祭、ニュージーランド国際芸術祭、アジアーパシフィックハーモニカ音楽祭、 大阪国際室内楽コンクールなどで奏されている。現在、香港作曲家連盟及びアジア作曲家連盟会長。

陈锦标:(作曲)1962年出生。从1995起执教于香港大学。现任副教授。创作了180首以上的曲子,并 为很多媒体编曲。其作品在很多盛大活动上被演奏:联合国教科文组织、ISCM世界音乐的光阴、国 际计算机音乐会议、亚洲作曲家联盟音乐会、香港艺术节、新西兰国际艺术节、亚洲太平洋和谐音乐会、大阪国际室内音乐大赛等。现任香港作曲家联盟和亚洲作曲家联盟会长。

Joshua CHAN Kam-biu(composition,Erfu)
Born in1962.Dr.Joshua CHAN is an Associate Professor at the University of Hong Kong wehere he had been teaching since 1995.He has written more than 180 compositions and arrangements for various media.His works have been featured in UNESCO International Rostrum of Composers,ISCM World Music Days Festivals, International Computer Music Conference,ACL Festivals,Hong Kong Art Festivals,New Zealand International Art Festival,Asia-Pacific Harmonica Festival,Osaka International Chamber Music Competition,etc.Chan also serves the community as the Chairman of Asian Composers League.

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-24 01:01 | Comments(0)
毛竹:独夜鳴琴−古琴と室内アンサンブルのための(世界初演)
夜中 寐(い)ぬる能はず
 起坐して鳴琴を弾ず 薄帷に明月鑒(て)り
清風 我が襟を吹く
孤鴻 外野に號(さけ)び
朔鳥 北林に鳴く
徘徊して将に何をか見る
 憂思して独り心を傷ましむ
夜中寝ることができず、起き上がって座り、琴を弾いてみた。 
薄い帳を明月の光が照らし、清らかな風が私の襟に吹き付ける。 野外で鴻(おおとり)が叫び、北の林で雁が鳴いている。 外を出歩いたからといって見るべきものはない。 憂鬱な物思いに沈み、独り心を痛めるのだった。
阮籍(210-263)は竹林の七賢の一人。臣下の一族が牛耳り国が荒廃した魏の末期、彼らは竹林の中で酒を呑んで哲学を論じ、政治と現実を 隠忍し文学と音楽を表した。 阮籍は宮廷の規範と伝統を拒絶し、道教と仏教の影響を深く受けている。この阮籍の遺した詠懐詩八十二首の第一首にインスピレーションを受 けて作曲した。古琴とフルートと弦楽の音色を一体に溶け合わせ、独夜鳴琴の情景を描いた。阮籍の詩中の孤独のこころを深く沁み透るよう表 した。

毛竹:独夜鸣琴——为古琴与室内乐队而创作
阮籍,中國三國時期的诗人、琴演奏者,“竹林七贤”之一。
夜中不能寐,起坐弹鸣琴。 薄帷鉴明月,清风吹我衿。 孤鸿号外野,朔鸟鸣北林。 徘徊将何见,忧思独伤心。
这首诗中,一位在深夜独自抚琴,充满忧思之情的诗人形象跃然纸上。
阮籍(210-263):“竹林七贤”之一。魏朝末期,大臣一族把持朝政,国家荒废,阮籍和其他文人雅士躲避到竹林中喝酒讨论哲学,在 黑暗的政治和现实下创作文学和音乐。
阮籍拒绝宫廷的规范和传统,深受道教和佛教的影响。他创作的《咏怀诗八十二首》中的第一首诗即是毛竹创作音乐《独夜鸣琴》 的灵感来源。作曲家将古琴、长笛和弦乐的音色融为一体,塑造出“独夜鸣琴”的场景,再现阮籍诗中所蕴含的孤寂之意。

MAO Zhu:Strings on a Sleepless Night For Guqin and Chamber Ensemble
Ruan Ji was a poet and Guqin musician who lived in the period of disunity that be known as Three Kingdoms period of Chinese history. He was one of the Seven Sages of the Bamboo Grove that were a group of Chinese scholars, writers, and musicians of the 3rd century CE. The life and creative work of Ruan Ji took place within a crucial and dramatic period in Chinese history, which was associated with large changes in various spheres of life. As a talented literary artist, Ruan Ji lives according to his true temperament. He refused to follow the rules of court morality and traditions. His thoughts mainly were influenced by Taoism and Buddhism. Ruan Ji put all his spirit and all his life into his poems. All the poetry of Ruan Ji is penetrated by a thought of sorrow, which he accepted as an eternal feeling throughout life. He wrote: “Only with sorrow thoughts are occurring, without sorrow there is no thoughtful mood...”My work “Strings on a Sleepless Night” for Guqin and Chamber Ensemble is inspired by the first poem of Ruan Ji’s Yong Huai Poems. In this poem, Ruan Ji expresses such sad thoughts. I try to mix the sound of Guqin with the timbre of flute and strings, to recreate the moment of a sleepless midnight with a feeling of sorrow.

Being sleepless at midnight,
I rise to play Qin.
The moon is visible through the curtains
And a gentle breeze sways the cords of my robe. A lonely wild goose cries in the wilderness
And is echoed by birds in the woods.
As it circles, it gazes
At me, alone, imbued with sadness

—— Ruan Ji’s Yong Huai Poem (Translated by Jerome Ch'en & Michael Bullock)

毛竹(作曲)
毛竹は中国四川の最近台頭している若い作曲家のひとり。彼女の作品は独奏、室内楽、管弦楽、合 唱、インプロヴィゼーション、エクスペリメンタルサウンドアートの多くのジャンルを含む。作品は幾つかの賞を得て中 国と日本で上演。現在、四川音楽院作曲系講師。2010年北京現代音楽祭ヤングコンポーザープロジェクト、第2 回上海国立打楽器アンサンブル作曲コンクール、2011年東アジアの現代音楽祭in広島、2012年貴州少数民族音 楽収集プロジェクト、成都システム・ヴァリューフルークエンシィエクスペリメンタルライヴアート4.0、オータムサウンド成都現代音楽祭、成都新作コンサート、2013年北京中国の声作曲コンクール第3位、成都クロスメディアアートワークショップ&コンサート、瀋陽国際打楽器フェスティバル、成都ヤングアーティストエクスペリメンタルシーズン、2014 プエルトリコ音楽院コンサートで作品上演。

毛竹(作曲)80 年代的四川成都人。她自小喜爱音乐,拥有学院化的音乐成长经历。1999 年毕业于四川音乐 学院附中,以专业第一名的成绩考入四川音乐学院作曲系。2004 年大学毕业后留校继续攻读研究生,主修管 弦乐配器。学习期间曾师从黄虎威,杨晓忠,邹向平等教授。2006 年在四川音乐学院作曲系获得硕士学位, 并留校任教。从 2002 年开始,她的音乐作品陆续在国内与国际各种音乐节上露面,并在多次作曲比赛中获得 奖项。近年来,毛竹的艺术活动已逐渐超越传统的音乐创作,而延伸至更多领域,例如即兴音乐演奏,实验 性声音艺术,行为现场艺术等。

Mao Zhu(compositon)Mao Zhu is one of the emerging young composers from Sichuan, China. Her works cover many genres, including instrumental solos, chamber, orchestral works, choral,improvisation music and experimental sound art. Mao Zhu's works were awarded prizes inseveral competitions and have been performed at concerts in China and Japan. Now,she is a lecturer in composition department at Sichuan Conservatory of Music.2010 Beijing Modern Music Festival Young Composers Project,Beijing, China,The Second National Percussion Ensemble Composition Competition, Shanghai 2011 Contemporary Music Festival in East Asia, Hiroshima,
Japan,2012 The minority nationality music collection project, Guizhou, China “System • Value” Frequency Experimental Live Art 4.0, Chengdu, China “Autumn Sound” Chengdu Contemporary Music Festival, Chengdu, China “Mu Ya Nationality” New Works Concert, Chengdu, China 2013 l “Voice of China” Composition Competition (Third Prizes), Beijing, China, Cross-Medial Art Workshop and Concert, Chengdu, China,Shenyang International Percussion Festival, Shenyang, China,Young Artist Experimental Season, Chengdu, China.2014 Puerto Rico Concervatory Concert.


李志純:点・線・面ー古箏と室内アンサンブルのための協奏曲ー
作曲者は3つの連結された楽章を点・線・面と名付けた。「点」は古箏を点描主義と音色旋律のアイデアを使用する西洋現代音楽の世界に連れてゆき、旋律よりむしろテクスチャーに焦点をあててゆく。「線」では第一楽章と対照的にオーケストラを古箏の東洋の伝統に引っ張ってゆく。叙情的な強調、その旋律線には、独奏とアンサンブルの間で使用される交唱のホモフォニックなテクスチュアと共に強いアジアの影響がかかわる。 これらの二つの分離した世界は最終楽章「面」で最終的に統合される。複合されたテクスチュアにしめくくられるこの楽章は、大いなる階層に拡 大し展開する間にそれ以前の点と線につらなるマテリアルを統合する。ハーバードフロム音楽財団の委嘱で作曲、2003年ニューヨーク・カーネギーホールのヴァイルリサイタルホールで初演したヘイキォン・デン氏に献呈。

李志纯:点・线・面――为古筝和室内演奏组创作的协奏曲
曲作者将连接在一起的三个乐章起名为点・线・面。“点”将古筝带入了使用点画主义和音色旋律构思的西洋现代音乐世界,比起 旋律来说,质感才是焦点。在“线”这一乐章里,与第一乐章相对应,把管弦交响乐引入古筝的东洋传统里。抒情般地强调,它的旋律 线上,营造出在独奏和演奏组之间所使用的交唱式齐奏感般的质感,与此同时可以感受到强烈的亚洲因素。这两个分离的世界在最后的 “面”这一乐章被统合到一起。汇总在合成质感的这一乐章,在扩展到更大层面的时候,要统合连接之前的点和线的素材。其受哈佛Fromm 音乐财团委托所创作的曲子,献给了2003年于美国・卡内基大厅的Weill Recital Hall进行初演的邓海琼。

LEE Chihchun ...Dots... —Lines— ...Convergence—(2003)
The composer of the Concerto for Zheng and Chamber Ensemble, entitles the three connected movements “Dots”, “Lines”, and “Convergence”:“Dots” brings the zheng into the world of contemporary Western music, using the ideas of Pointillism and Klangfarbenmelodie, and focusing on texture rather than melody.“Lines”, in contrast to the first movement, pulls the orchestra into the zheng’s Eastern traditions. Lyrical in emphasis, its melodic lines involve strong Asian

influence, with antiphonal and homophonic textures used between the soloist and the ensemble.These two separate worlds are eventually unified in the final movement,“Convergence”. Within complex textures, this concluding movement integrates the previous materials, connecting dots and lines, while expanding and developing them into a greater hierarchy.This composition was commission by the Harvard Fromm Music Foundation and dedicated to Haiqiong Deng, who performed the world premiere in Weill Recital Hall at Carnegie Hall, New York on September 19, 2003.

李志純(作曲)台湾高雄出身。東呉大学で学士号、オハイオ大学で二つの修士号、ミシガン大学 で博士号取得。ウィリアム・アルブライト、ウィリアム・ボルコム=シェン、ウェン・ロンシンに師事。南 フロリダ大学で教鞭を取る。第1回ブランデンブルグ作曲コンクール優勝、ハーバードフロム音楽フェローシップ、台湾国立文化芸術基金委嘱獲得。オーストラリア、オーストリア、ブルガリア、カナダ、クロアチア、チェコ、フランス、ドイツ、ハワイ、オランダ、フィリピン、ポーランド、シンガポール、 台湾、コスタリカ、ウクライナ、アメリカで作品上演。これまでにジョンソン・カントリーコミュニティカレッジ、ウィッシュバーン大学、ロードス大学、ミシガン大学で教鞭を取る。

李志纯:(作曲)出身于台湾高雄。在东吴大学取得了学士学位、美国俄亥俄州大学取得了 两个硕士学位、美国密歇根州大学取得博士学位。师从William Albright、William Bolcom、 Loong-Hsing Wen。执教于南佛罗里达大学。获得第一届德国勃兰登堡州作曲大赛奖、哈佛 弗罗姆音乐研究奖励金、台湾国立文化艺术基金委托作曲。作品在很多国家和地区被演奏: 澳 大利亚、奥地利、保加利亚、加拿大、克罗地亚、捷克、法国、德国、夏威夷、荷兰、菲律 宾、波兰、新加坡、台湾、哥斯达黎加、乌克兰、美国。相继在如下大学指教: 美国约翰逊郡 社区大学、沃什伯恩大学、罗多斯大学、密歇根州大学。

Chihchun Chi-sun Lee is a composer of contemporary classical music. Dr. Lee is originally from Kaohsiung, Taiwan, and is currently on the faculty of the University of South Florida, in Tampa, USA, She received a doctoral degree from the University of Michigan, two masters’ degrees from Ohio University, and a bachelor’s degree from Soochow University in Taiwan. Her teachers included William Albright, William Bolcom, Bright Sheng, and Loong-Hsing Wen. She has previously taught music at Johnson County Community College, Washburn University, Rhodes College, and the University of Michigan, and is currently on the faculty of the University of South Florida.She has received numerous honors; these include winning the 1st Brandenburg Biennial Composers Competition, the Harvard Fromm Music Fellowship, Taiwan National Culture and Arts Foundation commissions, Theodore Front Prize from International Alliance for Women in Music, ISCM/League of Composers Competition, International Festival of Women Composers Composition Prize, Florida Artist Enhancement Grant, Arts Council of Hillsborough County Individual Artist Grant, the SCI/ASCAP Student Composer Commission, the Hong Kong Chou Scholarship, the Joyce Dutka Arts Foundation, the "Music Taipei" award, the Fresh Ink Orchestral Composition Competition, the Margaret Blackburn Competition, NACUSA, the Taiwan Environmental Protection Bureau Music Contest, the Taiwan Provincial Music Competition, the Taiwan National Songwriting Prize, a Taiwan International Community Radio grant, and the Taiwan International Young Composers Competition. Some of her most significant premiers have included her Concerto for Zheng in Carnegie Hall, and a concert dedicated to her music in Taiwan National Concert Hall. In addition, her music has had numerous performances and broadcasts worldwide in Australia, Austria, Bulgaria, Canada, Croatia, the Czech Republic, France, Germany, Hawaii, the Netherlands, the Philippines, Poland, Singapore, Taiwan, Costa Rica, Ukraine, and around the continental United States. She has previously taught at Johnson County Community College, Washburn University, Rhodes College, and the University of Michigan.

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-24 00:00 | Comments(0)
増田真結:剃り唄《きゅる》 (2013)
この作品は《未言》という室内楽曲の箏唄独奏版としてリダクションしたもので、近年の制作の主題である「音律」と「うた」に焦点をあてています。 第1楽章の歌詞は舞城王太郎『山ん中の獅見朋成雄』に描写される架空の儀式「人盆」(女の背中を剃り、その上に食事を載せて女の背中を盆 として供する)の準備のために、主人公が背中を剃りあげる情景のオノマトペを使用しています。田植え唄や機織り唄があるように、背中を剃るときに調子を整えるために唄う「うた」というフィクションにもとづき創作しています。
もうひとつの楽章では記紀歌謡に分類される「志都歌の歌返」を歌詞としています。この歌謡では、枯野という壊れた船を焼いて塩を作り、燃え残りの木で琴を作り弾いたところ、淡路島津名郡由良町の海峡にある海の中の岩石に振れながら立っている海藻のように、さやさやと遠くまで琴の音が響いたということが描写されています。

增田真结:刮背歌《KYURU》
这首歌是将《未言》这首室内乐曲缩减成筝歌独奏版,焦点是近些年的制作主题“音律”和“歌曲”。第一乐章的歌词使用了刮背 情景中的小曲,这个象声词出现在舞城王太郎《山中狮见朋成雄》里??写的虚幻仪式“人席”(把女人的脊背刮干净,在上面摆上饭菜 即供女人脊背为席面)场景中。即准备“人席”时,出现了主人公刮脊背所唱的小曲。正如插秧歌和织布歌一样,刮背时为了调整身体 状态会哼一种曲儿,这首歌就是基于这个虚构所创作的。另外一个乐章中,以《古事记》和《日本书纪》中分类为“志都歌的反复歌”为歌词。在这首歌谣中,??写了这样的声响:点燃“枯 野”这艘破损的船只制作盐巴,用燃烧后剩余的木头做琴,琴声悠远,犹如淡路岛津名郡由良町海峡中的海藻,一边摇摆着触摸海里的 岩石,一边坚定地长在那里,飒喇飒喇地向远方发出悠长的声响。

MASUDA Mayu:SORI-UTA《KYURU》
This work is the reduction version from chamber music"MI-KOTO",it was focused about the the frequency relation of pitches as composer's researches in recent year.About the lyrics of 1st movement,is was used of the onomatope from the scene by shaving woman's back for the preparation of imaginary ceremony in ”HITO-BON" which is used woman's back as plate for eating place in "SHIMITOMO Naruo in the mountaion".It is created from the UTA from onomatope for just intonation with shaving as like TA-UE-UTA or HATA-ORI-UTA.
At another movement,it is used as the lyrics from "UTA-GAESHI of SHIZU-UTA" at the categolized in ballads of KOJIKI-NIHONSHOKI.It In this ballads,it is describing in the following:People burned broken ship KARANO for making salts,and made instrumental KOTO remained woods after burning,it sounded gently to far distance as like seaweeds closing rocks underwater in the sea at YURA-cho,TSUNA-gun,AWAJI-SHIMA island.

増田真結:京都市立芸術大学を卒業(音楽学部賞、京都音楽協会賞)、及び同大学院音楽研究科修士課程を修 了(大学院賞)。在学時、明治安田クオリティ・オブ・ライフの奨学生に選出、修士課程在学中にはドイツ・ブレーメン芸 術大学へ交換留学。2013年京都市立芸術大学院音楽研究科博士(後期)課程修了(音楽博士)。第10回東京国 際室内楽コンクール第3位入賞、第23回現音作曲新人賞受賞、第15回及び第18回奏楽堂日本歌曲コンクール一 般の部第2位入賞、第78回日本音楽コンクール作曲部門入選。ドイツSyke市における、音を使ったインスタレーションの展覧会に作品を招待出品。これまでに作曲を港大尋、青島広志、佐藤眞、松本日之春、 前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーンの各氏に師事。日本・ロシア音楽家協会会員。clumusica共宰、邦人 作曲家作品の研究と普及を目的とするJCMR KYOTOメンバー。京都市立芸術大学非常勤講師、神戸女学院大学非常勤講師。

増田真結(作曲):本科毕业于京都市立艺术大学(曾荣获音乐系奖、京都音乐协会奖),硕士毕业于同一所大学的研究生院音乐研究 科(曾荣获研究生院奖)。本科期间被评选为明治安田生活品质之奖学金获得者,硕士期间被派遣到德国不来梅艺术大学交换留学。 2013 年于京都市立艺术大学研究生院音乐研究科博士毕业,获音乐博士学位。荣获第10届东京国际室内乐大赛第三名、第23届现音作曲新人 奖、第15届和第18届奏乐堂日本歌曲大赛一般门类第二名、入围第78届日本音乐大赛作曲类。其作品应邀参加了德国Syke市以“使用声 音来设置整体艺术空间”为主题的“Klanginstallation”展览会。其作曲师从港大寻、青岛广志、佐藤真、松本日之美、前田守一、中村 典子、朴琶案泳姫等各位老师。任日本・俄罗斯音乐家协会会员。是JCMR KYOTO成员,该组织是 clumusica共同参与举办的,以研究 和普及日本作曲家的作品为目的。任京都市立艺术大学外聘讲师、神户女学院大学外聘讲师。

MASUDA Mayu(composition)was born at Tokyo in 1981.She graduated at Kyoto City University of Arts and graduate school of music doctoral course division,composition and conducting(composition)(DMA). She studied with MINATO Ohiro,AOSHIMA Hiroshi,SATO Shin,MATSUMOTO Hinoharu,MAEDA Shuichi and NAKAMURA Noriko,Younghi Pagh-Paan.She has won a number of awards and prizes, including the First Prize in Composition at the 23th Rookie of the Year Award of Japan Society for Contemporary Music, and being chosen in the 78th Japan Music Competiton, and so on.Her electronic work was invited from Klanginstallation at Syke in Germany. She is a member of the Japanese Contemporary Music Research Kyoto, and currently teaches as a lecturer at Kobe College.

中村典子:韻禱 YUNDAO トロンボーン、テノールと室内管絃楽のための協奏曲(世界初演)
NAKAMURA Noriko:YUNDAO rhymed prayer Concerto for trombone,tenor and chamber orchestra with electronics

涼州词
王翰 [中村典子 訳]

葡萄美酒夜光杯[葡萄美酒夜光の杯]
欲饮琵琶马上催[飲まんと欲すれば琵琶馬上に催す]
醉卧沙场君莫笑[酔って沙場に臥す君笑うこと莫かれ]
古来征战几人回[古来征戦幾人か回へる]

沙韻[涼州詞]
中村典子 訳

うまさけのひかりあやし
たまふあまゆかりのむらさき
みはやさやけきうるわし
うませのきみあそふ
かきろひたつすなのあれ
わらうことなかれ
たちさちとりしいさおし
さためのなみたす

Destiny[Sa-in]
translated by NAKAMURANoriko

umasakeno hikari ayyashi
tamafu ama yukarino murasaki
mi haya sayakeki uruwashi umase no kimi asofu
kagiroi tatu suna no are warau koto nakare
tachi sachi torishi isaoshi satame no namita su

沙韻[涼州詞]
中村典子 訳 うまさけのひかりあやし

たまふあまゆかりのむらさき
みはやさやけきうるわし
うませのきみあそふ
かきろひたつすなのあれ
わらうことなかれ
たちさちとりしいさおし
さためのなみたす


Liáng zhōu cí

Wáng hàn

Pútáo měijiǔ yèguāng bēi
Yù yǐn pípá mǎshàng cuī
Zuì wò shāchǎng jūn mò xiào
Gǔlái zhēngzhàn jǐ rén huí

Wang Han
translated by NAKAMURA Noriko

fine wine on luminous cup in night
at that moment for having a desire to drink
it,arising pipa music from musician on a horse
If dranker lies down on the ground of desert,you do not laugh
from ancient time,almost soldiers never come back from the battlefield

へいわってすてきだね

2013年6月23日沖縄戦全戦没者追悼式にて
沖縄県与那国町立久部良小学校1年生 安里有生[あさと・ゆうき]

へいわってなにかな。
ぼくは、かんがえたよ。
おともだちとなかよし。
かぞくが、げんき。
ねこがわらう。
おなかがいっぱい。
やぎがのんびりあるいてる。
けんかしてもすぐなかなおり。
ちょうめいそうがたくさんはえ、
よなぐにうまが、ヒヒーンとなく。
みなとには、フェリーがとまっていて、
うみには、かめやかじきがおよいでる。
やさしいこころがにじになる。

へいわっていいね。
へいわってうれしいね。
みんなのこころから、
へいわがうまれるんだね。
せんそうは、おそろしい。
「ドドーン、ドカーン。」
ばくだんがおちてくるこわいおと。
おなかがすいて、くるしむこども。
かぞくがしんでしまってなくひとたち。
ああ、ぼくは、へいわなときにうまれてよかったよ。
このへいわが、ずっとつづいてほしい。
みんなのえがおがずっと、つづいてほしい。
へいわなかぞく、へいわながっこう、
これからも、ずっとへいわがつづくように
ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ。

和平之歌
安里有生 詩
逄军 訳

和平真的很美好
何为和平
我一直在思考
朋友和平相处
家人幸福安康
和谐

欢笑
温饱
山羊在悠闲的奔跑
即使吵架也会很快和好
田野悠悠的长命草
迎接着与那国马的长啸
港口停靠着渡船
水中游荡着乌龟和小鱼,
海面上翱翔着飞鸟
爱心变成彩虹

和平是人们的向往,
和平真的很美好。
每个人的心中 都期待和平
战争很残酷
轰~,轰~
炸弹投下的声音令人惶恐 饥饿,痛苦
家破,人亡
啊!我庆幸我出生在了和平时代
我期盼和平永远
我期盼人们的笑脸永远
和平的家庭
和平的学校
和平的与那国岛
和平的冲绳
和平的世界
和平真的很美好
为了和平的永远
我将时刻努力,不断祈祷

2013 年 6 月 23日
冲绳战役所有战死者追悼仪式 冲绳县与那国町立久部良小学一年级学生 安里有生

Hépíng zhī gē
ASATO Yuki translated Pang Jun

Hépíng zhēn de hěn měihǎo
Hé wèi hépíng
Wǒ yīzhí zài sīkǎo
Péngyǒu hépíng xiāngchǔ
Jiārén xìngfú ānkāng

Héxié
Huānxiào
Wēnbǎo
Shānyáng zài yōuxián de bēnpǎo
Jíshǐ chǎojià yě huì hěn kuài hé hǎo

Tiányě yōuyōu de cháng mìng cǎo
Yíngjiēzhe yǔnàguó mǎ de cháng xiào
Gǎngkǒu tíngkàozhe dùchuán
Shuǐzhōng yóudàngzhe wūguī hé xiǎo yú,
Hǎimiàn shàng áoxiángzhe fēiniǎo

Àixīn biàn chéng cǎihóng
Hépíng shì rénmen de xiàngwǎng,
Hépíng zhēn de hěn měihǎo.
Měi gèrén de xīnzhōng
Dōu qídài hépíng


What a beautiful peace
ASATO Yuki
translated by NAKAMURA Noriko

what is peace
I thought
it is friendly by nearest persons
it is lively by family
it is happily by laughing cats
it is gladly by eating fill
gout is walking leisurely
if it is battling, it become reconciling
grasses for life long are growing
horses in giving island are neighing
in port great ship is anchoring
in sea swimming turtle and marlin
toughing heart and heart become rainbow
peace is goodness peace is happiness
it is born form all hearts
peace is born from all the members in our ear

war is terrible
boom brroom
the fareful sounds by
the suffering child by hungry
the crying people by the death of their family
Ah I am gald that I was able to be born in peace time.
I would like to continue this peace
I would like to holding all people's smile
family in peace
school in peace
YONAGUMIJIMA in peace
OKINAWA in peace
world in peace
peace is beautiful
I am also making from my possible things
for living all in long time in peace

中村典子(作曲)滋賀県草津市に生まれる。京都市立芸術大学音楽学部作曲専修卒業。京都音楽協会賞受賞。 同大学院修了。大学院賞受賞。在学中ブレーメン芸術大学へセメスターー派遣留学。故廣瀬量平、北爪道夫、前田 守一、藤島昌壽、田島亘、故H.J.カウフマン、G.アミの各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、アメリカ、メキシコ、ドイツ、フランス、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、イスラエルの15ケ国各地 で作品上演。7回の個展。91年より京都市立芸術大学で教える。1991年ハイデルベルク大学で自作等講演。93 年能楽堂でのバレエ「花變容」が94年東京フェスティバルバレエ全米ツアー演目となり全米9都市を巡演。95年 国連憲章50周年記念UNited We Danceでのサンフランシスコオペラハウス公演に招聘3回公演。97年第1回小 倉理三郎音楽奨学金受給者。2008 20日韓で舞踊家李周煕と連続公演。Artist in residence in "die Höge(Syke)".国際女性作曲家会議(ドイツ)。2001年京都市芸術新人賞受賞。08年より京都芸術センター運営 委員。2010年平成22年度滋賀県文化奨励賞受賞。Asian Composers League Conference & Festival入選 (2009韓国,2011台湾、2012イスラエル)。2012年パドヴァ音楽院コンサート。2013年大邱国際現代音楽祭、イタリアツアー。日本現代音楽協会、日本作曲家協議会会員。clumusica共同主宰。コチの会・東風同人。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授。http://d.hatena.ne.jp/nakamura96/ http://nakamura89.exblog.jp

中村典子:(作曲)出生于滋贺县草津市。毕业于京都市立艺术大学音乐系专修作曲专业。荣获京都音乐协会奖。后从同一大学研究生 院硕士毕业并获得了研究生院奖。上学期间被派往德国不来梅艺术大学进行为期半年的留学。师从很多老师,有已故的广濑量平、北爪 道夫、前田守一、藤岛昌寿、田岛亘、已故的H.J.卡乌夫茫、G.阿米。其作品在十五个国家和地区被演奏:日本、韩国、中国大陆、台 湾、美国、墨西哥、德国、法国、瑞士、奥地利、意大利、西班牙、挪威、瑞典、以色列。举办了七次个人展。1991年在德国海德尔堡 大学就其作品进行了演讲。1993年在能乐堂上演的芭蕾“花变容”成为1994年东京节芭蕾全美团体演奏节目,并在全美九个都市巡演。 应邀参加1995年国联宪章50周年纪念大会UNited We Dance在美国圣佛兰西斯科歌剧屋举办的公演,演出共计3次。另外,获得京都市立 艺术大学97年第一届小仓理三郎音乐奖学金。并在日本和韩国与舞蹈家李周熙进行连续演讲。参加Artist in residence in "die Höge(Syke)" 的国际女性作曲家会议(于德国举办)。荣获2001年京都市艺术新人奖。从2008年起成为京都艺术中心的管理委员之一。2010年获得平成 22年度滋贺县文化奖励奖。入选Asian Composers League Conference & Festival(2009韩国、2011台湾、2012以色列)。2013年参加大邱 国际现代音乐节,在意大利巡演。是日本现代音乐协会、日本作曲家协议会会员。共同举办clumusica、东风之会・东风同人。现任京都 市立艺术大学音乐系副教授。

NAKAMURA Noriko(Composition)was born in Shiga,Japan(1965).She graduated from Kyoto City University of Arts(KCUA)faculty of music, and received the Prize from Kyoto Music Association.She received from master's degree from KCUA,and received master course award from KCUA.She studied with
R.Hirose,M.Kitazume,S.Maeda,M.Fujishima,W.Tajima,H.J.Kauffmann and G.Amy,and so on. Her works has been introduced own works on the following countries in Japan,Korea,China,Taiwan,U.S.A, Mexico,Germany,France,Swiss,Austria,Spain,Italy,Sweden,Norway Israel.Her work was performed at ”UNITED WE DANCE-AN INTERNATIONAL FESTIVAL” for 50 years anniversary United Nations Charter in San-Fransisco Opera House(1995), She received Ogura Risaburo Music Scholarship for the research of traditional east-Asian music(1997),artist-in-residence at Kunstlerinnenhof Die Hoege in Germany and received Kyoto City New Artist Award.ACL FORUM(Seoul Tokyo 2002),ACL Conference & Festival(2009 Seoul,2011,Taiwan,2012Israel)2013TaeguInternationalContemporaryMusicFestival andBolognaImoraSanDomenicoChurch and Verona Cathedral.A member of Japan Society for Contemporary Music and The Japan Federation of Composers.Present,She is an associate professor of KCUA.http://nakamura89.exblog.jp/

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-23 23:56 | Comments(0)
アジアの管絃の現在2 シンポジウム ラウンドテーブル 2014年5月25日
京都市立芸術大学大学会館ホール 

International Contemporary Music Festival "Present of Orchestral Asia 2"
Symposium round table document 20140525 KCUA Universtitiy Hall

Lecturer MAO Zhu 毛竹(マオ・ツー)中国・四川音楽院講師
Dr.Chirchun Chi-sun LEE 李志純(チーチュン・チスン=リー)台湾=米国(韓国在住)
Associate Professor Joshua CHAN Ph.D 陳錦標(ジョシュア・チャン)香港大学准教授 
Associate Professor HO Chee Kong Dr.何志光(ホー・チーコン)シンガポール大学准教授
Professor KONDOH Harue 近藤春恵 沖縄県立芸術大学教授
Professor Carlo FORLIVESI Ph.D カルロ・フォルリヴェジ(イタリア)モデナ音楽院教授
Professor Reinhard FEBEL ラインハルト・フェーベル(ドイツ)ザルツブルグ・モーツァルテウム大学教授
Ex-Professor TAJIMA Wataru 田島亘 元大阪音楽大学教授
Professor WAKABAYASHI Chiharu 若林千春 滋賀大学教授
Associate Professor NAKAMURA Noriko 中村典子 京都市立芸術大学准教授 司会

中村:大家好。みなさまこんにちは。アジアの管絃の現在2にようこそお越しくださいました。今回の演奏会では、四川音楽院の若い作曲家、毛竹(マオ・ツー)氏に古琴と室内アンサンブルのための新作を委嘱しました。この後のオーケストラコンサートで、作曲者自身の指揮で初演されます。また、台湾=アメリカの作曲家チチュン・チスン=リー[李志純]氏の古箏と室内管絃楽のためのコンチェルトを日本初演します。また香港大学のジョシュア・チャン氏には、中国の二胡と日本の琴の二重奏曲の新作を委嘱いたしました。作曲者自身二胡奏者でもいらっしゃいますので、日本の箏奏者と一緒に演奏していただきます。また、日本の伝統楽器・箏へ沢山の世界中の作曲家が作曲してくだり、本日は、京都・イタリア・大阪・シンガポール・沖縄・大分の作曲家の新作・近作でフェスティバルを開幕することができました。後半はドイツ・滋賀・香港・京都・中国・台湾・京都のトロンボーンとテノールの協奏曲を含む様々な東西アンサンブルによる新作近作が揃います。

それでは、ラウンドテーブルに参ります。私共が今フェスティバルのプログラミングを考えたのは、このような理由からでありました。箏族の中には、先ほど申し上げた古いコトであるグーチン[古琴]というもの、グーチェン[古箏]、カヤグム[伽耶琴]、箏(こと)など、様々なアジア圏で「おコト」といったくくりで読むことができるものです。これらは東洋の音楽において、本質的に西洋音楽におけるピアノやオルガンのように作用します。これら箏族は、パイプオルガンのように他を圧倒するというようなことがありません。彼らは世界全体への感受性を伴い、各々内なる調和へと私たちの耳を開かせてくれます。この箏たちは西洋音楽におけるオルガンの如く東洋音楽において本質的に働き、それぞれの内面の世界を全てと重ね合わせるため、この世界全体を抱容するように導きます。そこで、それぞれの作曲家がどのような考えで以て作品を書いていったのか、それぞれの作品を通してどのようにお考えになられたのか、お一人ずつお伺いしたいと思います。

まず最初に、4人の中国語圏の作曲家です。お琴という楽器は現在、多くはテトロン絃となっていますが、もともとは絹の絃です。チェン[箏]という楽器はツィター族のお琴といえ、スチール、つまり鉄線で巻いた絃のお琴です。グーチン[古琴]という楽器もレーヨンの絃を使いますが、伝統的に、非常に小さな音を使って作曲されるものです。今回のフェスティバルでは、西洋楽器と共に演奏されるために、この音量のことについても作曲家から説明していただけると思います。このような様々なツィター族の楽器達がどのように表現を深めているのかということについて、それぞれ今できたばかりの作品を通して私達で考えを共有していきたいと思っております。それではまず初めに、四川音楽院の毛竹(マオ・ツー)先生、よろしくお願いいたします。

毛(マオ):ありがとうございます。私は、今回のシンポジウムのために新作「独夜鳴琴」を持ってまいりました。これは、古琴と室内楽のために作られたものです。この作品の成立は、3世紀の中国にいた、阮籍(げんせき)という詩人の詩からです。日本は邪馬台国の時代でした。古琴という楽器は、そのころから中国の教養人のなかで流行であった楽器です。さらにいうと、3世紀より前から楽器の様式はあまり変わっていませんでした。全部で7つの弦があって、日本語で説明するのは難しくなるのですが、中国では旧暦が使われており、3年の間に一回、月は13月あり、この13という数が、古箏の音となる絃の数と一致しています。阮籍は才能がある音楽家でもあり、古琴もたいへん上手でした。古琴の歴史に関しては、時間の制約上話すことができませんが、音色に関することを皆さまと共有したいと思います。古い琴は中国の二胡や琵琶とは構造が違っており、なにより合奏する機会が少なく、唯一、笙とだけしばしば合奏します。この笙は、日本のものとは全く違って長く細く、尺八のようです。

古琴の音楽は、自分の世界しか持たない、とよく思われがちです。現在の審美感覚からすると、この楽器は音量が小さく、合奏に向いていないと思われるかもしれません。古琴の音楽は一人の音楽というよりも、発音し減衰していくという過程をよく感じ、心を落ち着かせる場所、世界を見つける音楽だと思います。音の過程の中に人間と自然にあるすべての調和を感じていく。そのため、奏者は小さい音の中に音色を感じる、繊細な耳が必要となります。

たとえば、ヴィブラートだけでも20種類以上あります。繊細な奏法によって、必然的に、古琴に特有のノイズに対する神秘観が現れてきます。いまのオープニングの演奏の中に、日本の箏の演奏がありました。日本の箏は指板の上にコマ(琴柱)を使用します。古琴にはコマはありません。ただ絃だけです。絃と指板の上の距離が極めて近く、左手は絃の上に音程を作っていきますが、指の肌を用いてはっきりとしたノイズを作ることが可能です。こういうガサガサという乾いたようなノイズは、古琴の音色の最重要な要素だと思います。

以上のような、古琴の音色に対する考え方、神秘観が、作品の音色を作っています。私のイメージですが、作品の中で、古琴に対して室内楽の各西洋楽器をすべて「小さく」して扱うことで、古琴の音色に挟み込めるようなものなります。この作品の中に自分の考えが反映、再現できているかどうかは別として、作品を通して私の考えを共有していただけると嬉しいです。ありがとうございました。

中村:ありがとうございました。この阮籍の詩は、男性の武将の心情を描いたものと言え、それを若い女性の作曲家が描いたことになります。近年は文学・美術・舞踊・音楽などでもそのようなパターンが多くなりましたが、中国でもそれが起こっていると非常に興味深く思います。それでは次に、李志純(リー・チスン)先生、よろしくお願いします。

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-20 23:54 | Comments(0)
李(リ):私の作品の名前は「点」「線」「面」です。点は雨のような感じ、線はいろいろなラインがあるように、面というのは点と線をつなぐものです。最初にこの作品を作った時、1楽章の中に、すべての西洋音楽の考えを込めてみました。その中には沢山の西洋音楽の技法が入っています。2楽章に入ると線になっています。そのとき東洋の旋律の考え方があらわれてきます。3楽章では、台湾の民謡と1,2楽章の旋律が組み合わさっています。

Guzhengという楽器は、みなさんは「Zheng」と呼んでいるかもしれませんが、この楽器は実際は和音を弾くというより単旋律の楽器として昔使われました。その絃は絹でできたものです。昔の古箏は音量はすごく小さかったのです。19,20世紀に入って弦の改良がなされ、音量が上がってきました。それから、指板が昔より大きくなり、響きやすくなり、音量も上がってきました。現在のチェンは西洋楽器に負けない音量が出せるものなのです。

もうひとつ、個人的に古箏が好きなところは、自分の好きなように調絃ができるということです。今日の作品の中では、調絃は、伝統的な五音音階ではありません。沢山の音がチューニングされており、ただ単に中国の五音音階でなく、日本の五音音階も入っていますし、実際は西洋音楽の中の十二音音階の音は全て入っていると思います。この柔軟性によって、伝統的な音楽もできるし、現代音楽も可能なのです。

西洋楽器と一緒にこのチェン(箏)のコンチェルトを創りましたが、皆さんに聴いてもらいたいのが、音量的なバランスは現代の箏でも負けないくらいの壮大なところがあります。自分はこの作品の中に西洋と東洋の音楽のセンスを全て込めましたので、是非、最後まで聴いて下さい。

中村:どうもありがとうございました。丁度対照的な、小さな音のグーチン(古箏)と大きな音のグーチェン(箏)と、2つのコトが比較されました。演奏をとても楽しみにしています。今回が日本初演にあたります。それでは次に、ジュシア・チャン先生です。今回は二胡と箏のために新しい曲を書いて下さいました。日本のお箏への作品はこれで3作目だということです。最初に大規模な東京のお琴のオーケストラに書かれ、2つ目は前々回のフェスティバルで、17弦と13弦とフルートという東洋と西洋の楽器のコンビネーションで書いてくださいました。今回は、二胡と日本のお琴という中国と日本のコンビネーションということになります。よろしくお願いいたします。

チャン(陳):最初に、このシンポジウムのために中村先生から課題を頂きました。課題は、オルガンとチェン(箏)との音量の考え方を述べてくださいと言うものでした。オルガンとチェン(箏)との一つの共通点は、沢山の音を同時にだす時に音量が拡大することです。オルガンの要因としては、音に持続力があることがあります。持続力という原因は、鍵盤から指が離れる前まで同じ音量で音が鳴り続けるからです。それはオルガンの美点であり同時に起こる欠点でもあります。鍵盤を押したあと、奏者は音量や音色をコントロールすることができません。東洋ではこの点が優れています。チェン(箏)という楽器の音は、余韻によってだんだんとディミヌエンドしてだんだん消えていきます。西洋楽器であるハープでも、同じような音色・効果は出ますが、筝ではさらにコマの左側の絃をいじることで様々な余韻を作り出せます。

作曲者で二胡奏者である私です。弓を使う二胡でも、ヴィブラートや音量の調整が自由自在にできます。演奏会の中で、二胡と日本の琴のために書かれた「送行」という曲を演奏するのですが、二胡の長い音はヴィブラートをかけたり、点と線の対比を音色の表現力を増強することで表現していきます。この曲の最後の一つの音は、2つの楽器とも、下に徐々にさがる音を使用しました。

琴もいろんな、倍音や右手のテクニックで、普通の音の出し方ではないものが多数あり、これらはオルガンでは決してできないものです。オルガンでは和音を出すことは容易で、音量も強まってきます。琴はそういう面ではあまり得意ではなく、同時にたくさんの音を弾くというものではなく、早く多くの和音を奏でることもできない。しかし琴の一番の良さはグリッサンドの奏法だと思います。各絃は同時にではなく、次々と一つ一つで音を出していく。例えば、私達が十三絃をグリサンドすると、音量的にも同じ13個の音を発音するオルガンに勝っているかもしれません。音響もとても聴きやすいもので、非常に綺麗に響きます。それは、十三の絃を「同時に鳴らすわけではない」からです。

この作品の中では、琴は伝統的な平調子で調絃されています。私は陰陽の五音階と感じており、2つになっている音はCです。Cの音は押さえるとシャープになりますが、もう一つのCがそのままだと、非常に面白い組み合わせになります。二胡の音楽は全部で3つの陽性の五音階で書かれていて、二調, ト調, イ調です。わたしの考えでは、箏という楽器がグリサンドしている時、平調子を鳴らしていく時、音響的な調性を鳴らしているとき、二胡が別の世界から呼び戻していくということです。琴はこういう音響的な表現力がなければ、ただ単に一つ一つの音しか鳴らせない楽器であったら、こういう理想的な効果は出なかったのです。

音量というものは、実際は、人間にとっては心理的な感覚です。例えば、二胡と琴のデュオの曲では、旋律・伴奏という様式で書かれたものではなくて、2つの独立した旋律線があると、聴衆はもっと注意力を必要とします。それによって音楽の構成が複雑になり、同時に音量も大きいように聴こえます。私の作品の中では、2つの楽器を別々に処理しており、この形式によって心理的な効果を表そうとしました。ありがとうございます。

中村:ありがとうございました。オルガンの音量は低音の震動に全音域が加わって大音量が得られます。お琴には低音がなく持続の結果として大音量にならないのですが、時に箏の音楽は心理的に、そこに匹敵して瞬間的に非常に幽大に聴こえます。何故かと言うと、発音後に変化する多数の減衰表現と無音との音響的相対的作用が発生するからであり、内面に働きかければ琴族はこの瞬間的な作用の連続非連続な配置によってオルガン、ピアノの構築性に匹敵するのではないでしょうか。ありがとうございました。それでは次に、沖縄芸大の近藤先生にお願いしたいと思います。

近藤:既に私の「あかね幻想」は聴いていただきましたので、私とこの二十絃箏との関わりのことをお話したいと思います。まず、二十絃箏との出会いということで、邦楽器全体のことをお話しますと、まず例えば尺八に関しては、私は親和性を感じて作品を書くという形で向き合ったのが20代後半の頃でした。当時の私の熟達度がどのぐらいかはさておきまして、声楽的な面と器楽的な面を併せ持ち、しかも、一音成仏という言葉に象徴されますように、精神性の強い楽器として共感していったのだと思います。

この私の琴に対して掣肘(せいちゅう)するもの、肘を引っ張るものは何であったのか、改めて考えてみました。ほとんどの伝統楽器がそうなのですが、すでに完成されたスタイルにある犯しがたいものを感じ、太刀打ち出来ないというものです。特に、琴に関してはまず第一に、音色の面で均質でなくピッチに揺らぎがある。琴の爪による音の立ち上がりが鋭角的で、一絃にたくす情念を強く感じさせる。二番目に、機能の面です。調絃で音が支配される。特に絃が少ないことは、琴柱の移動で音を選ぶ機能性もあるが、原則として選ばれた調絃=モードで構成音で限定され音楽の性格が決められてしまう。最後に3番目です。歴史的な成り立ちから、日本のお座敷音楽としての先入観が強い。以上、これらの理由により、正面から向き合えない状態にあったように思います。

二十絃琴に関しては、弦の数が増え、機能的により広い音域と自由なモードを選べるようになりました。しかし私にとっては音色に対する思いが邪魔していたように思います。それにしても、なぜ同じ一音に託す楽器に対して、このように違う感覚を持つのか、釈然としないまま時がたっていきました。さて、私は沖縄に住んで今年で15年になり、琉球楽器の音色が日常的な環境におります。3年ほど前、ふとしたきっかけで琉球箏の曲を書く機会を得ることとなりました。これは自分からというより受動的にでしたが、にわか沖縄人としては、ある程度この土地に長く住み、関わったほど程よい距離感で、伝統楽器としての抵抗感がなくなっているように思いました。

ここで琉球箏というものについて説明します。基本的に生田流の13本の弦を緩めに張り、爪は特有のものを使います。ちなみに、沖縄で琴というとこの琉球箏の事を指し、日本の琴のことを大和の琴といいます。音色は、緩く弦が張られているために大らかな印象を持ち、音色変化が少なく、均質な印象を受けます。しかし、技法の種類は少なく、いくつかの独奏曲があるほかは、常に合奏の通奏低音的な脇役に徹しております。技法の開拓には、まだこれからという感があります。さて、ここで、同じ箏属でもその音色から受ける印象はむしろハープに近く、ある開放感を感じたのかもしれません。そして、気が付くと大和の琴に対してやや外側から眺められるような感覚で、琴属の一種というように、構えのない状態で感じられるようになっていました。むしろ、決められたモードの中で一音に託すことも、また自由なタッチで筆を走らせるような運動性も、肯定的に受け入れられることに気が付きました。

このように、大変な遠回りをして琴という楽器に以前より自然に接することが出来るようになり、20絃、17絃にも、やっと向き合うことができたのでした。まず作品についてよりも、私の、琴にもう一度出会うための「言い訳」のような感じがしますけれども、そういう期間が長かったという事をお話したかったと思います。ありがとうございました。

中村:近藤先生も私自身もそうですが、日本勢が琴を作曲するということに関しては、明治期よりの音楽教育と日本の敗戦により、あるところではダイレクトに伝統に繋がれない、という歴史的な音楽的文脈があります。それらを踏まえて、洋楽より発して邦楽に私達がこういうようにクロスすることが出来るようになり作品を書いているということについて、典型的な今日的状況を詳しくあらわしてくださってありがたく思います。では次に、イタリア・モデナ音楽院のカルロ・フォルリヴェジ先生です。よろしくお願いいたします。 

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-20 23:53 | Comments(0)
フォルリヴェジ:皆さんこんにちは。今日のシンポジウムに参加できて嬉しいです。京都芸大の中村先生と、それから音楽祭参加を支援頂いたイタリア文化会館大阪のステファーノ・フォサーティ館長に感謝いたします。英語を話せる方がたくさんおられます。私は日本語を上手に話すことができませんので、英語で話します。「沈黙の月」はイタリアの作家、ジャコモ・レオパルディの詩から作られています。世界各地の文化で大切にされているテーマである、月の神秘というのが主題です。レオパルディは、人間の生の意味を全てを知るにもかかわらず、そのことについて我々に何も伝えようとしない存在として「月」、を理解しています。今ここでスクリーンにお見せしておりますのは、演奏の麻植美弥子さんが作った研究のための譜からの譜面のイメージです。ここをご覧になりますと、譜面に興味深い色彩豊かな印が多数付けられています。ここには主に4つの層があります。1つは語り、2つ目は歌です。そして声はこれら2つのテクニックの間を交代します。さらに、3つ目は琴の倍音的な伴奏、すなわち声に当たるものです。そして4つ目はオノマトペ、擬音的な響きの効果です。タイミングは書いてありますが、そこには幾らかの自由があります。それは、能楽のような自由さです。振り付けは書かれていませんが、動きの指示はあり、空間の説明はありません。このプロセスは日本の「間」のようなものであり、そこでは、文脈からタイミングが理解されるものです。このあり方というのは、イタリア・ルネサンス音楽のレシタ・カンタンドと同様です。これは、17世紀初頭のものです。また、ウェーベルンという有名なエキスプレッショニズム(表現主義)の作曲家がいますが、この作家の音楽のように、全てが凝縮されて4分間の音楽となっています。それは音と言葉の層をなす対位法であります。このシンポジウムにおいてこの作品を発表できるというのは、本当に素晴らしい機会です。ここではアジアの近代性が西洋の伝統のみならず、技術と一緒になっています。ありがとうございました。

中村:フォルリヴェジ先生、ありがとうございました。今、「間」とWebernのお話がありましたが、この「沈黙の月」がわずか4分間の作品であったということは驚くべき凝縮度ですね。4つの層がお互いに絡み合い、とてもそのような短い時間であったと感じられなかったのではないかと思いますが、それはまさに4分間の作品でした。そこでは凝縮され、時間の質量が変化したその凝縮度を視覚的に図解してご説明いただきありがとうございました。それでは次に、何志光(ホ・チーコン)先生、よろしくお願いいたします。日本のお琴のために作品をお書きいただいています。

ホー(何):まずは、このたび音楽祭にお招きいただきました中村先生ならびに、京都市立芸術大学に感謝申し上げたいと思います。京都市立芸術大学の先生方はじめ会場のみなさまと、私の考えを共有させていただけることを光栄に存じております。この曲、「海岸線」は昨年、東京で開催されたアジア音楽祭に向けた委嘱を受けて、琴の独奏曲として作曲したものです。まず、私にとって箏のような独奏楽器のために作曲するということは、ピアノなど西洋で使われる独奏楽器のために作曲することとは違います。箏という楽器の性質のために、私は、箏から耳に届く音の強弱のことだけでなく、琴の声がどれくらい私達の心や気持ちに語りかけるか、特に、音と音の間の無音状態が決め手になるのではないかと思いました。箏は同時に表現的にも内省的にも成りうる楽器です。また、多くの場合、長い歴史のある伝統的な奏法や文化遺産が染みこんだものです。

これら伝統の中には様々な演奏形態によって表現されるものもあり、他方、他の表現方法では琴演奏のステージ上で非言語的に表されるものもあります。今回作曲で私の取ったアプローチは、伝統的な在り方ではなく、様々な西洋的な影響を得た、より現代的な性質のものでした。そして自分の曲を演奏してくださる奏者の伝統的な修練方法やお稽古がどのようなものかわからないため、私なりに自分の意図と奏者の方の音楽センスの間の距離を縮めたいと思いました。

この作品の構想中に、私は、琴よりは少しは身近に考えられる楽器であるチェン(箏)やグーチン(古琴)を演奏することの意味について、若いころ祖父と話したことを思い出しました。祖父が話してくれたのは、チェン(箏)いう楽器を演奏するのは、単に音楽を演奏するというだけでなく、私達人間の精神や心に対する意識を高めるということであり、気の存在たる私達と、土、水、風、木という自然の要素との均衡を求めることでもあるということでした。この考え方を元に私は、心の中に琴の調べを聴きつつ、自分の考えを言葉にしようと考えました。当初は琴の調べに声を入れようという考えがありましたが、最終的には琴に一本化することにしました。

コミュニケーションには歌声の代わりに私達の心にある声として語りの声を使うことで、聴き手と繋がろうとしました。けれどより重要なのは、これによって私が奏者の方と初めて繋がったということでした。私は日本語がわかりませんので、それを流暢に表現することも叶いません。しかしながら出来る限り努力し、私の音楽と考えを英語で表現しました。


温かな風がやさしく流れる

白い霧の中に夜を漆黒に染めながら

風は流れ 夢見る



冷たい波が勢いよく寄せる

張りつめ 躊躇いがちな 風と共に

波は寄せ 返す



波が冷たく 空に浸みこむ

星々が散りばめられた空に

夢見て そして生きる


この題名の「海岸線」と言うのは、生死の境にある細い線を表しています。この生と死というのは本当に互いにほんの一息さきにあるものですので、この曲というのも、非常に短い時間感覚、ほんの数秒の感覚を使い、心のなかのイメージとして音楽で表現するものが、人間の命・生活の経験にどのように大きな差が出てくるのか、ということを表現しようと思いました。これらの短い感覚には、琴によって繊細なニュアンスを加えることができます。

この曲は私の意図を記譜に表したものでありますが、それと同時に実際に楽譜に音楽を語らせる、琴の奏者の声によるものでもあります。この、琴という楽器の声を通じて私の考えや意図を語ってくださる麻植美弥子さんに感謝を申し上げたいと思います。先ほど私は、現代的なアプローチでもって作曲をすること、音楽の中にバランス・均衡をみつけようとしたことに触れました。楽譜に記譜された音楽は、私の現代的なアプローチである一方、奏者は3つの章に対する自身のアプローチによって、作品のバランスを取ることが出来るのです。この3章は、3つの詩のテキストに基づいたものであり、奏者はこの詩を自分なりに解釈し即興で演奏しなければなりません。また、この即興のなかで奏者は即興の部分の前後とバランスをいかに取るかについて、心を砕かなくてはなりません。私は、琴という楽器では、奏者の自分の音あるいは声が非常に重要であり、作品を構成する要素の一つだと思っています。物語を語ったり、詩を朗読するナレーターのように、奏者は自身の芸術的、内的感受性を使って、作品を音楽として表現するのです。楽譜にある音符以外に詩も奏者とつながり、コミュニケーションするもう一つの側面となります。このやり方で、奏者と私が心で以てより近づき、この作品の本質に調和できることで、観客の皆様に、同じ形で音楽をお届け出来ることを願っています。私の考えを皆様に披露させていただきどうもありがとうございました。

中村:何(ホー)先生、ありがとうございました。他国の文化に当たる楽器に、様々なアプローチ、それに私達が持っているものを外側から再構成していただいたという気がいたします。素晴らしい音楽をありがとうございました。それでは、オーストリアからザルツブルグ・モーツァルテウムのフェーベル先生、よろしくお願いいたします。

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-20 23:45 | Comments(0)
フェーベル:このたびはお招きいただきありがとうございました。中村先生とは色々と長いお付き合いがありまして、今回と共に、私が勤務するザルツブルグにあるモーツァルテウムでいろいろな催しを考えております。そしてその際には、中村先生そして小濱先生がモーツァルテウムにいらして、今日今回お話をしている内容の続きを突きつめていきたいと思います。また其の際には学生さんの作品を直接、演奏頂く機会も設けたいと思っています。まずは今回、初めての学生作品の演奏の機会といたしまして、明日予定されていると思いますが、数ヶ月後にはまたザルツブルグにお越しいただき、皆さんに演奏していただくということになります。そして今この場でお話をしている2つの側面というのは、特に若いみなさんにとって大切なことではないかとおもいます。いまグローバル化といわれますけども、それは否応なしにやはりこの、スタイル(様式)というものに非常に関わってくるもので、我々の様々なスタイルは互いに近づきつつあると思います。

それでは、私自身の作曲についてお話したいと思います。これは、一から作曲したものではなく、どちらかと言うと編曲とも言えるものです。これで使いましたのはヨハン・セバスティアン・バッハのオルガン曲であり、やはり、オルガン音を他の音と組み合わせるというのにかなり苦労しました。たしかに、西洋の歴史を振り返りますと、基本的にはやはり我々は非常に複雑な構造というものに重きをおいていたように思います。これは、音自体の、事象としての音の方には気が向いていなかったように思います。もちろん、今の現代音楽ではどのように音楽をあつかうかということについて、みなさまそれぞれ検討していらっしゃる訳ですけども、これまでの伝統的な音楽の中でもそうした試みはなされたことがあります。たとえば、ヨハン・セバスティアン・バッハの場合も、一番気に入っていたのはオルガンではなく、クラヴィコードでした。これは非常に小さな楽器で、音も小さく、弦も柔らかく、プラグの形で入っているのではなくて、ただ接触しているだけというものですので、こういったものでこのような大きな部屋で演奏しようとしても、とても聞こえないような音しか出ないものです。
そして今回の編曲で私がつとめたことは、このオーバートーン(2重音)倍音を使い、倍音の構造を追求しました。そして、エコーの効果のための「時間を取る」、ということをしました。これによって、音の「質」を高めようとしました。これを、通常なら非常に気にする、支配的な「構造」、というものよりも大切にしました。そしてやはり、音楽にとっては、「過去」の伝統から学ぶこと、そして「外」の伝統から学ぶことというのが、非常に、幅を広げるための重要なもの、となります。今回はまずコンサートの一部を聴き終わったところですが、こういった歌い手の記譜方法であるとか、どのような形でそれぞれの人々が実際に音楽を演奏しているかというところを拝見することが出来て、西洋の文化とは全く違うという事がよくわかり、非常に感銘を受けました。また、この西洋社会・東洋社会が、今の現代の中で社会だけでなく音楽というのも互いに近づきつつあるということも発見しました。ですので、今回の音楽祭を組織していただいた皆さまのみならず、ご参加いただき、このような場で交流を深めていただく皆さまにも、非常に実り多き試みとしてご参加に感謝申し上げたいと思います。

中村:フェーベル先生、ありがとうございました。今世界で起こっている、西と東あるいは南と北に、様々な対極点が交差して様々な衝突も起こりますが、また様々な美しい成果もたくさん生まれていると思います。私達がその渦中の途上にあるということに、大きな感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。それでは次に、田島亘先生にお願いしたいと思います。

田島:皆さま本日はありがとうございます。簡単に私の作品のことについて、少しだけお話したいと思います。私は大学在任時代に箏の曲を3曲ほど書いておりますが、その当時はやはり夢中になって現代音楽を書いてきたのです。退任後、中村先生がアジアの箏の、また管絃の現在、というものを始められたり、その他、中村先生のお誘いで、韓国の東西楽会というところで講演したり、またお琴の曲を演奏したりしてきました。それで、本来は、私は入学前にお教えしたのですけども、その身分は完全に逆転しまして、中村先生の指示に従って、このように、作品を書いてください、と言われるようになりました。今回の作品は、こういう会を通して私が箏から学んだのは、箏の中でも13絃17絃20絃というものがあるのですけども、13絃というのは、これらの箏の中でも最も日本音階がよく響く楽器であるということが私にもわかりましたので、次回は絶対に日本音階の音楽の曲を書こうと思っておりました。そして、どういう音楽を書こうかといろいろ考えた末に、「お正月ござった」という童歌がありまして、それによる変奏曲を書こうと思いました。それが、まあかわいらしい曲になってしまったのですけども、日本音階を書こうと思っても私は西洋音楽を学んできたものですから、やはり半音階がほしい、和声がほしいと考える訳です。その結果得たものは、今日のような音楽だったわけですけども、お琴の演奏を聞きまして、私はまだまだ学ばなければならないと思いましたのは、単なる日本音階で書くのですけども、その調絃に、私はさっき言いましたように、半音階や和声的な音を考えたりということで表現すると今日のような形になったのですが、それではまだ十分ではないことが今回わかりました。完全な日本音階というもので以て調絃しないとこの楽器は良く鳴らないのだということがわかり、痛く反省している次第です。ですから今度は、完全な日本音階の調絃で、新たな音楽を書いていきたいと今反省しきりです。どうもありがとうございました。

中村:田島先生、ありがとうございました。いま投影していますのは、元々五線で書きになった楽譜を、お琴の「縦譜」という様式の楽譜に書き直したものです。このように、お琴の音楽というのは、殆どいつも現代作品においても私達が横向きに五線譜でラインとして捉えるものを、縦の流れとして捉えています。今おっしゃった音階に関することというのは面白く、後半に音程をどのように考えるかということについて研究した作品もありますので、いろいろなスタイルがあり、より深く伝統に降りていくというようになったとき様々な方式の可能性があるということについて、みなさまに後半で聴いていただけるのではないか、と思います。それでは最後に、滋賀大学の若林先生です。お願いします。

若林:本日はありがとうございます。いわば、琴の一般論については私には述べる力がありませんので、フェルドマンのようなヴィオラ・イン・マイ・ライフではないですが、琴・イン・マイ・ライフということで、私にとっての琴について話したいと思います。今回、個人的に大きい音と小さい音のどちらが好きかと言われれば、私は小さい音のほうが好きです。後半でお聞きいただきます私の曲のタイトルは「たまゆらmomentariness」ということになっており、たまゆらというのは日本では魂が存在している様子を表すわけですが、たまゆらというオノマトペ(擬声語)が「ゆらゆら」と日本語でありますように、揺れている感じ、またはとても繊細な壊れやすいフラジールな感じ、みたいなものも含めて、イメージを音楽にしたいと思いました。日本ではまた、音楽を聴くように「香を聞く」、というような形があります。これは香道というもので、traditional incense-smeling ceremonyみたいな形で言うのではないかと思いますが、香り自体を聞くという表現で、そのように「音を聴く」のですが、音響またはそこから揺らめいてくるもの、ゆらぎを聴くみたいなことで、私の音楽を設定したいと考えたわけです。当初は源氏香といわれる源氏物語を、これも話すと長くなるのですが、5つの香りのカテゴライズを作って、それをパズル化して幾何学的模様の中でカテゴライズしているわけですが、香道の中の一つの遊び、または文芸と一緒にリンクしているものになります。それを、音楽を使ってまたやってみたいと、最初は思っていました。最終的には聴いて頂いて、どのようになったかを皆さんに楽しんでいただければと思います。私は、琴という楽器に寄せては、2つの願いというか魅力を感じています。一つはご発言がありましたが、調律が非常に、ある意味では単純にまた容易に変えられる事、ピアノだと時間がかかりますから、それに比べて、ある原始的な繊細さを孕んでいるように思います。その原始的な繊細さという意味では同じかもしれませんが、タッチが非常にタッチフルな感じ、触ることがテクスチャーと非常に密接に関わって、触感的な感じになっているのだと思います。私の作品は結果的には、日本の「間」の記譜化、またはその構造化というものになったかもしれません。後半を楽しんでもらえたらと思います。ありがとうございました。

中村:若林先生、ありがとうございました。これで、9人の作曲家の世界を開いていただき、中国から日本に至る間にシンガポールやイタリアやドイツを通り、また京都に戻ってきた、というような気がいたします。世界はまさに接近している、と思うのですが、私達の伝統に深く根ざすといいますか、そこを掘っていく、あるいはそちらの方向へ歩いて行くことで、世界はもう一度私達に向かって開いていくのではないかというような気がいたします。今回のフェスティバルにご参加頂きました作曲家のみなさまの生の声を伺い、そして、私達がそれを共有することが出来ましたことを心より感謝申し上げます。作曲の先生がた、本当にありがとうございました。

最後に、皆さまよりお尋ねがありましたので、私の曲について一言申し上げます。私は、私の作品について話すより最初に皆さまの声を一層聴くことによって、互いへの往復運動ができ世界が開くのではないか、バルトークの表現するところの相互往復への過程である往復運動が起こるのではないかと考えました。世界中の対極的な文化を持つかたがた同士がどのように「私達」としてバランスし調和していくのか、また「全世界」とは何なのか、ということについて私が知りたいと思ったことを今回のフェスティバルに準備しつつ作品を書くことになりました。それを皆さまと一緒に共有できればとても嬉しく存じます。本日は、皆さま本当にありがとうございました。

■ documentation of simposium round table 2013 & 2014

Round table Recording:Nishimura Chizuko(a part time lecturer) Round table transcription:Sasaki Nozomi(M1)Ito Keisuke(3)

Simposium translation:: Korean translation: Kim Soohyn(M2:2013) Chinese translation:Tian Chungyuan(D3) English translation:Somiya Ayako

Program translation::Korean translation: Kim Soohyn(M2:2013) Chinese translation:Zhou Ying English translation:Nakamura Noriko

Simposium document translation::Korean language: Kim Soohyn(M2:2013) Chinese:Tian Chungyuan(D3) English:Nakamura Noriko

Supervision:Alison Tokita(guest professor of KCUA,head of Research Centre for Japanese Traditional Music)

Responsible edition:Nakamura Noriko(associate professor of KCUA)


■シンポジウム 2013 & 2014

記録録音:西村千津子(教員) 文字記録:佐々木望(M1)伊藤慶佑(3)

シンポジウム通訳:韓国語:金スヒョン(M2:当時)中国語: 田呈媛(D3) 英語:宗宮章子

プログラム翻訳:韓国語:金スヒョン(M2:当時)中国語:周瑛 英語:中村典子(教員)

シンポジウムドキュメント翻訳:韓国語:金スヒョン(韓国語)中国語:田呈媛(中国語)英語:中村典子(教員)

監修:時田アリソン(客員教授・日本伝統音楽研究センター所長)

責任編集:中村典子(教員)

[PR]
by n-nakamura226 | 2014-11-20 23:43 | Comments(0)