2018年1月8日(月) Prof.Jinsoo Kim visiting Nakamura lab,KCUA with Keisuke Ito(just alumnus,KCUA)
2018年1月9日(火) Lecture Composer talks own works : composing theoretical research class University Hall,KCUA [for Graduate School students]
2018年1月11日(木)渡響 vox expectat [作曲理論研究・音楽学演習i・作曲演習合同研究発表] 大枝international alternative festival 2018 [IV]大学会館ホール 名称:渡響 vox expectat reflected lullaby 子守唄 大枝 international alternative festival 2018 [作曲理論研究 II IV 音楽学演習 i 作曲演習 後期合同研究発表] [clumusica 29th concert (clumuisica friendship charity 31)] 主催:京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 18:30開演 [18:00開場 18:00トーク] 京都市立芸術大学大学会館ホール 曲目: リャオ・ワンティン[廖婉婷] (1988-) : 映梢 (2017) LIAO Wanting: Through the light [electro.] 遠藤隆明(1992-):12の練習曲第1,2番 (1992) ENDO Takaaki:No.1,2 from 12 Etude [pf.] ジャン・ミシェル・ドゥファイ (1932-):バッハのように (1972) Jean Michelle DEFAE: A la maniere de Bach [trb.pf.] ピエール.ガバイー (1930-2000):奏鳴曲 より Pierre GABAYE:from Sonatine [fl.bn.]マルセル・ビッチュ (1921-2011):スカルラッティの主題による4つの変奏 (1950) Marcel BITSCH:4 Variations on the theme of Scarlatti [trp.pf.] オリヴィエ・メシアン(1908-1992):主題と変奏(1932) Olivier MESSIAEN:Theme & Variation [vn.pf.]ルチャーノ・ベリオ(1925-2003) : 続唱 (1969,1995)Luciano BERIO:Sequenza VIIb [sax.]北爪道夫 (1948-) : ペア・ワーク(1996)KITAZUME Michio:Pair Work [fl.pf.]アンヌシュ・ハンヌヴォルト (1992-) : 氷晶(2016)Anders HANNEVOLD:Glazing over [sop.pf.]トルビョン・アルネセン (1994-) : 来よ夏の風(2017)Torbjørn ARNESEN:Kom Sommervind [sop.pf] ガブリエル.フォーレ(1845-1924) : ラシーヌ讃歌 (1863) Gabriel FAURÉ: Cantique de Jean Racine [ vocals.pf.] 森田拓夢(1998-) : 眺め vistaMORITA Takumu:Vista [electro.]中村典子 (1965-):渡響 vox expectat [geomungo] NAKAMURA Noriko:Vox expectat (2017)ホン・スンジ[洪承志] (1996-) :黎明 [geomungo] HONG Seoung Ji:Dawn breaks (2017) ラインハルト・フェーベル (1952-):不動静穏 (1976) Reinhard Febel:Ataraxie [fl.duo]ジンソ・キム[金眞珠](1969-):かわいた森の夜想曲 [cl.vn.pf.]Jinsoo Kim:Nocturne in Dry Forest (2012)ルードヴィヒ・ヴァン・ベートヴェン(1770-1827):我愛す [bar.pf.]Ludqwig van BEETHOVEN:Ich liebe dich ジョージ・フレデリク・ヘンデル(1685-1759) :優しき木陰 [viola da gamba pf.] George Frederic HANDEL:Ombra mai fu春野海 (1992-) : 面 [pf.] 野夕梨: 面 dance Haruno Kai :OMOTE Nozuri:OMOTE [dance] ジンソ・キム[金眞珠](1969-):アリアリ [vn.pf.] Jinsoo KIM:Ari Ari 出演 森田拓夢 [comp.1] 廖 婉婷 [M1,Japanese Traditional Music Research,Taiwan] MORITA TAKUMU LIAO O WanTing 矢野百華 [M1,pf.] 柳楽毬乃 [M1,vn.] 朴優栄 [M1,fl.] 高島翔大 [M1,fg.] YANO Momoka NAGIRA Marino PARK Wooyoung TAKASHIMA Shota 小渕真実 [M1,tp.]白石尚美 [M1,sax.]中村文香 N [M1,trb.] OBUCHI Mami SHIRAISHI Naomi NAKAMURA Fumika 原田菜奈 [M1 sop.] 藤居知佳子 [M1 alt.] 廣田雅亮 [M1,bar.] HARADA Nana FUJII Chikako HIROTA Masaaki 江川菜緒 [M2,vn.] 鎌田邦裕 [M2,fl.]平川奈津美 mi [M2,cl.] 藪野巨倫 [M3,vn.] EGAWA Nao KAMATA Kunihiro HIRAKAWA Natsumi YABUNO Kirin ホン・スンジ[ 洪承志] [geomungo,Dankokk University,Korea] HONG Swungji アンヌシュ・ハンヌヴォルト [comp,pf.Bergen University,Norway] Anders Hannevold 志賀俊亮 [M2.pf.] 東山洸雅 [Doctral Cource pf.] 遠藤隆明 [alumnus.comp.] 西薗千智 [alumna,pf.] 宋和映 [alumuna,pf.] SHIGA Shunsuke HIGASHIYAMA Koga ENDO Takaaki SONG Hwayoung 足立恵理 [M1,musicology] 田淵宏幸 [alumnus vn.comp.] ADACHI Eri TABUCHI Hiroyuki 野夕梨 Noyuri [dance] 富久田治彦 [fl.principal Nagoya P.O.] 大嶋義実 [fl.prof.dean,music faculty,KCUA] FUKUDA Haruhiko OSHIMA Yoshimi 渡辺佳奈 [M1.Nihonga]中井友路 [4,conscept & media planning] 西村千津子 [recording,University Hall] 荒木真歩 [alumuni,Kobe University Graduate School] WATANABE Kana NAKAI Tomonori NISHIMURA Chizuko ARAKI Maho 影近舞帆 [2,comp.] 中村典子 [associate prof,music faculty & grad school,KCUA comp.] KAGECHIKA Maiho NAKAMURA Noriko
2018年2月7日(水)京都市立芸術大学音楽学部・大学院作曲専攻生による新作発表演奏会 京都市北文化会館 入場無料 岩井美沙(3)薄れゆく(弦楽三重奏)三原寛志(3)二匹のヤマアラシは(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)横田真衣(3)心の空(サクソフォン、ピアノ)山川和也(4)移ろい(管弦打アンサンブル)藤田茉奈美(M1)BLOW(クラリネット、ピアノ)
2018年2月25日 (土)宇都宮市民会館小ホール (栃木県) 本條秀慈郎三味線リサイタル  第12回宇都宮エスペール賞受賞成果発表公演 本條秀太郎プロデュース第六回 本條秀慈郎 三味線リサイタル 13時開演[12時30分開場] 宇都宮市文化会館小ホール 栃木県宇都宮市明保野町7-66 • 本條秀慈郎 • 客演:和久文子(箏), 妻木律子(舞踊)• 助演:[邦楽ゾリステン]吉澤延隆(十七絃),福田智久山(尺八),前川知世(箏),黒須里美(箏),宇都宮ユース合奏団 • 狭間美帆:Distorted Wheel,Go On and On (2015) • 酒井健治:Cantus (2017) • J.S.Bach:Partita for flute Sarabande BWV 1013 • 権代敦彦:Triskelion Op.141 (2014• 中能島欣一:三味線協奏曲第1番 (1934)• 沢井忠夫:銀河 (1984) • 中村典子:慈音 vox affectio (2017)  料金• 全席自由 1,000円 主催・問合せ (公財)うつのみや文化創造財団 TEL:028-636-2125
2018年2月25日(日)15時開演(14時30分開場)宮本妥子 打楽器&マリンバコンサート 打楽器七変化!~マリンバからバケツまで~ 平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業 平成29年度滋賀県次世代創造発信事業 滋賀県文化産業交流会館 [ルッチプラザ ベルホール310(滋賀県米原市長岡1050-1)] 滋賀県次世代創造発信事業アートマネジメント人材養成講座「みんなでつくろう!コンサート」の受講者がつくるオリジナルコンサート。
パーカッション、マリンバ奏者 宮本妥子が、マリンバからバケツまで様々なものを使い、多彩な音色をお届けします。曲目 岡野貞一/ふるさと ピアソラ/リベルタンゴ ライヒ/バラフォンフェイズ アルゲンツィアーノ/スティンキンガーベッジ YASUKO/シュラーク 中村典子/ホカヒ ほか 演出 有門正太郎 広報アドバイザー 阿南一徳 元カザルスホール広報担当 舞台監督 白﨑清史 公益財団法人びわ湖芸術文化財団 地域創造部 全体コーディネート 児玉真 一般社団法人地域創造プロデューサー
2018年2月26日 (日) 〈現代の音楽展2018〉第2夜 ショートコンサートピース展 制作:赤石直哉・佐藤昌弘・森垣桂一 18:00開場/18:30開演東京オペラシティリサイタルホール コンサートのオープニングやアンコールにピッタリな演奏時間3分以内のショートピース新作20作お披露目!
中村典子/伊福 inspirare[抄]原島拓也(フルート)河内琢夫/春のソナチネ 鈴木真希子(ハープ)伊藤高明/DADA“B” 石橋友里恵(サクソフォン)正門憲也/遊戯第25番「Fuji no yama」 阿部美幸(フルート)鈴木真希子(ハープ)門脇治/AXONS HOPE 阪越由衣(サクソフォン)高嶋みどり/湖畔にて… 鈴木真希子(ハープ)赤石直哉/Torso B 秋元茉里(フルート)木幡由美子/Beautiful days 太田愛美(オーボエ)黒田哲平(ピアノ)くりもとようこ/モノローグ 井田千晶(バスーン)大月美季(ピアノ)浅野藤也/ARIOSO 鹿又寒太郎(オーボエ)寺根佳那(ピアノ)板津昇龍/Little Presents 5 岩間早香(フルート)澤田まゆみ(ピアノ)橋本信/Distant afternoon 井田千晶(バスーン)臼木麻祐子(ピアノ)木下大輔/シチリアーナとジーグ 太田愛美(オーボエ)根岸裕子(ピアノ)松尾祐孝/Fragmental Breeze 吉川裕之(クラリネット)河合丈則(ピアノ)北爪やよひ/揺れうごくバランス 西村薫(クラリネット)森田泰之進/瞬息II 内山貴博(フルート)鈴木真希子(ハープ)ロクリアン正岡/小節連続姦通犯的アルトサックス 吉尾悠希(サクソフォン)露木正登/アラベスク 鈴木真希子(ハープ)水野みか子/モザヴァン 井田千晶(バスーン)佐藤昌弘/Interlude II 谷川柚衣(フルート)鈴木真希子(ハープ)■チケット(全自由席)前売一般 2,500円※未就学児はご入場になれません。東京オペラシティチケットセンター[電話受付]10:00-18:00 03-5353-9999[カウンター受付]11:00-19:00東京オペラシティビル3F日本現代音楽協会[電話受付]10:00-17:00 03-3446-3506[メール受付]gendai2018(a)jscm.net 【主催】日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)【協力】公益社団法人日本演奏連盟【助成】公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団【後援】一般社団法人日本音楽作家団体協議会(fca) 一般社団法人日本作曲家協議会
2018年3月3日(土)第27回(2017年度)青山音楽賞授賞式 バロックザール青山記念館 京都 新人賞 黒岩航紀(ピアノ)森田啓佑(チェロ) 青山賞 本條秀慈郎(三味線) 中村典子作曲:慈音 vox affectio アレクセイ・グリニューク(ピアノ)  バロックザール賞 アンサンブル・レ・フィギュール(古楽アンサンブル)テディ・パパグラミ 岡田真季(ヴァイオリン・ピアノ)
2018年3月30日(金)Prof.Steinar HANNEVOLD, Mr.Anders HANNEVOLD with Mr.Shuhei HIROSE from HIROSE Wind Instruments Laboratory,visiting Nakamura lab,KCUA
2018年3月31日(土) MIidera temple with Biwako lake with Prof.Steinar HANNEVOLD, Mr.Anders HANNEVOLD,Ms.Ingri HANNEVOLD, Mr.HIROSE Shuhei,Ms.SENOH Rena & Nakamura Noriko
2018年4月14日(土) 大阪都島区民センター 高島翔太ファゴットリサイタル P.ヒンデミット:ソナタ R.シューマン:幻想小曲集 作品73 貴志康一:竹取物語 中村典子: 与謝蕪村聲十景 (2013-2018) [聲・ピアノ・ファゴット版世界初演] 他 ソプラノ:幸野あゆ実 ファゴット:高島翔太 ピアノ:大倉卓也
2018年4月19日(木) 京都市立芸術大学大学会館ホール 創造のためのリサーチプレセンテーション 
2018年4月19日 (木)  創造のためのリサーチプレゼンテーション 楽曲研究発表 Research Presentation for Music Creation through Analysis
創造のためのリサーチプレゼンテーション 1 Nakamura lab,Kyoto City University of Arts  主催:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 本学作曲指揮専攻1,2,3,4回生が専攻楽曲分析クラスで各年度末に取り組んでいる各個人楽曲研究発表を研究室のみならず、公開ホールプレゼンテーションいたします。どなたでもご参加ください。まとまった音楽研究は、作家音楽家の一生に随伴してその創造を照らす源となります。 引き続いて後半には、本学との交流大学交換留学生も加わって《日本語のうた 母国語のうた》と題した研究のための歌曲の試演会も行います。これから共に時をつくってゆく若い作家音楽家を探しに、この機会に是非ご来場ご来聴くださることをこころより願っております。Specialized composition and conducting students of KCUA,they have the presentation of each researches by the analysis for music creation in KCUA. The researches in young days
accompanies and lightens each composer’s and conductor’s life and creation.At the latter of these presentations,we have new song works “Japanese Songs trial X
mother tongue Klavierlied” with KCUA oversea exchange student.Please come on for searching creative partners. [nakamura@kcua.ac.jp office :075-334-2363 mobile:090-8754-4805 17:00-20:00 Tue 19 April 2018 17:00-20:00 University Hall,Kyoto City University of Arts 京都市立芸術大学大学会館ホール
妹尾怜奈[1回生] G.マーラー作曲交響曲第9番第1楽章の構造について SENOH Reina: Color graphical structural researches of Mov.1,Symphony No.9 by Gustav Mahler 高橋祐智[1回生] J.シベリウス作曲交響曲第4番の構造—調的・旋法的・拍子的・合奏形態的相関 TAKAHASHI Masatomo:Structural researches -- tonal,modal,time,formative correlation of Symphony No.4 by J.Sibelius 寺田大紀[1回生] M.ラヴェル作曲ボレロのエレメント分布構造  TERADA Daiki:Elemental distribution by mapped orchestration researches of “Bolero”by M.Ravel 森田拓夢[1回生] C.ドビュッシー作曲《海》のエレメント分布による構造 MORITA Takumu:Structural researches by elemental distribution of “La Mer” by C.Debussy 池内奏音[2回生] R.ワーグナー作曲トリスタンとイゾルデの前奏曲におけるグラデーション展開 IKEUCHI Kanon:Gradational development on endless melody from Prelude,Tristan & Isolde by R.Wagner 影近舞帆[2回生] J.ブラームス作曲ヴァイオリン協奏曲二長調の要素的展開について Elemental development researches of Violin Concerto D major by J.Brahms 宮ノ原綾音[2回生] A.ブルックナー作曲交響曲第7番第2楽章の研究 MIYANOHARA Ayane:Researches about the birth of Symphony No.7 Mov.2 by A. Bruckner 松川創[2回生]感性的緩急によるL.v.ベートーヴェン作曲交響曲第7番第1楽章の重力分析2 MATSUKAWA So: The Gravity of KANSEI-2 Time Analysis,Mov 1,Symphony No.7 by L.v.Beethoven 岩井美沙[3回生] D.ショスタコーヴィチ作曲:チェロ協奏曲第1番変ホ長調作品107におけるテーマ分布と音高変化の分析 IWAI Misa:Structural researches from thematic distribution and pitch variation of Cello Concerto No1.by D.Schostakovich 三原寛志[3回生] 三善晃作曲混声合唱組曲地球へのバラードの研究 言葉と音楽の脱構築の観点から MIHARA Hiroshi:Researches from the viewpoint of deconstruction of Words and Music,Chiku e no Ballade by A.Miyoshi & S.Tanigawa 山川和也[4回生] D.ショスタコーヴィチ作曲交響曲第5番第3楽章の構造について YAMAKAWA Kazuya:Structural researches on themetic position and grand tonal relation of Mov.3 Symphony No.5 by D.Schostakovich アンネシュ・ハンヌヴォルト[ノルウェーベルゲン大学グリーグアカデミー交換留学生]自作を語る Anders HANNEVOLD [Norway Bergen University Grieg Amademie exchange student]: Composer speaks own works
司会:中村典子 moderator:NAKAMURA Noriko
母国語のうた 創造のためのリサーチプレゼンテーション 2  日本語のうた 母国語のうた Japanese Songs trial Mother Tongue X Klavierlied 主催:京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 organizer:Nakamura Lab,composition,Faculty of Music,Graduate School of Music,KCUA
20:00- Tue 19 April 2018 20:00- University Hall,Kyoto City University of Arts 京都市立芸術大学大学会館ホール 池内奏音[2]:おとにきく [和歌:祐子内親王家紀伊] (世界初演) IKEUCHI Kanon [2]:otonikiku [Waka-Lyrics:Yuko Naishinnouke Kii ] (2018,World Premiere) 三原寛志[3]:だって [詩:谷川俊太郎] MIHARA Hiroshi [3] : Datte [lyrics:TANIGAWA Shuntaro] (2018,World Premiere) トルビョン・アルネセン [ベルゲン大学グリークアカデミー] 来よ夏の風 Torbjørn ARNESEN :Kom Sommervind [lyrics:Arvid HANSEN](2017,Asia Premiere) 山川和也 [4]:真昼の星 [詩:吉野弘] YAMAKAWA Kazuya [4]: Mahiru no Hshi (Midday Star) [lyrics:YOSHINO Hiroshi] (2018,World Premiere) アンヌシュ・ハンヌヴォルト [ベルゲン大学グリークアカデミー交換留学生] :七青山隠映 Anders HANNEVOLD [exchange student of Grieg Academy,Belgen University ] : Seven Mountain Blues ( 2018,World Premiere) 岡本伸介[博1]:ざくろ [詩:吉野弘] (世界初演) OKAMOTO Shinsuke [D1]:ZAKURO [pomegranate] [Lyrics:YOSHINO Hiroshi] (2018,World Premiere)
中村典子[教員]:かしの木のうた [詩:中村典子] NAKAMURA Noriko:KASHI NO KI NO UTA [The Oak Tree] [lyrics:NAKAMURA Noriko] (2011) [順不同]
ソプラノ:村辺恵奈 soporano:MURABE Ena [Alumna,KCUA]メゾソプラノ:藤居知佳子 [修1] mezzo soprano: FUJII Chikako [M1]バリトン:浦方郷成 [修2] baritone: URAKATA Kyosei [M2]バリトン:廣田雅亮 [修1] baritone:HIROTA Masaaki [M1] & composersならびに作曲者ピアノ:矢野百華 [修1] piano:YANO Momoka [M1] & composers ならびに作曲者 箏:アンヌシュ・ハンヌヴォルト[ベルゲン大学グリークアカデミー交換留学生] Anders HANNEVOLD [exchange student of Grieg Academy,Belgen University ]
2018年4月24日(木)-2018年4月30日(日)Visiting ACL-Korea,Seoul
25th April,ACL-Korea NAKAMURA Noriko:Kasanhuhi (1991) NEO String Quartet,Poland
29th April,ACL-Korea NAKAMURA Noriko:Kata (1997) The Succession Percussion Group,Taiwan
2018年5月19日(土) 京都府民ホール アルティ 宮本妥子マリンバリサイタル
2018年5月31日(木)-2018年6月5日(火) China-ASEAN Music Week in Nannning Director:CHAN MIngchi 
2018年6月3日(日)Sho:MIURA Remi Shomyo:SAITO Setsujoh SUEHIRO Shoei Percussion:NAKAMURA Noriko small Hall Guangxi University of Arts
2018年6月23日(土)国際現代音楽祭アジアの音舞・管絃の現在2018 汲響 vox caelum et terram
2018年6月24日(日)国際現代音楽祭アジアの音舞・管絃の現在2018 汲響 vox caelum et terram
2018年8月2日(木)
2018年8月3日(金)
2018年8月18日(土)
2018年8月19日(日)
2018年8月25日(土)カトリック草津教会
2018年9月29日(土)
2018年10月7日(日)
2018年11月11日(日)
2018年11月17日(土)京都市立芸術大学大学会館ホール レクチャーコンサート
2018年12月2日(日)Korean National Theater Punglyuui Gaeggang Seoul,Korea Gyeonggi Gayageum Ensemble
2018年12月15日(土)
2018年12月16日(日)
2018年12月22日(土) series 邂逅encounter Project V 樂舞台 聲馨樂傳 プレ初演
2019年1月10日(木)拶響 vox caelum 大枝international alternative festival 2019 [V]
2019年3月24日(日)樂舞台 聲馨樂傳 世界初演
2019年4月25日(木)
2019年5月15日(木)
2019年5月16日(金)
2019年6月22日(土)
2019年6月23日(日)
2019年11月16日(土)レクチャーコンサート
2019年12月22日(日)series 邂逅 encounter Project VI 協奏
2020年1月9日(木) 大枝international alternative festival[VI]
2020年4月23日(木)
2020年6月25日(木)
2020年6月26日(金)
2020年11月21日(土)
2020年12月22日(火)
2021年1月11日(月)
2021年4月22日(木)
2021年5月19日(水)-21日(金)
2021年6月23日(水)-25日(金)
2021年11月20日(土)
2021年12月22日(水)
2022年1月11日(火)


[PR]

渡響 vox expectat
reflected lullaby 子守唄
OE international alternative festival 2018

11 January 2018 18:10 pre talk 18:30 concert

lighting design & operation :WATANABE Kana [Nihonga,Japanese Painting M1]
acoustics & recording : NISHIMURA Chizuko [part-time lecturer,KCUA]

photograph:ARAKI Maho [almna,Graduate School,Kobe University]
video shooting & editing:NAKAI Tomonori [concept & media planning 4]

stage directer :KAGECHIKA Maiho [composition 2]
stage:SENO Rena [comp.1] TERADA Daiki [comp.1] MORITA Takumu [comp.1]

conclusive director:NAKAMURA Noriko [associate professor,KCUA


All photo by ARAKI Maho

e0146075_08002219.png
PRE TALK
e0146075_07211424.png
Thematic compser Dr.Prof.KIM Jinsoo
Sookmyung Women's University,Korea
e0146075_18222809.png
e0146075_13450623.png
e0146075_08102119.png

.....sound constellations are hidden, so film-makers remain.....




All lighting design & operation by WATANABE Kana [M1,Nihonga,Japanese Painting]

e0146075_00591228.png
e0146075_00594200.png
e0146075_07141509.png
e0146075_07125334.png
e0146075_18503092.png


PART 1


e0146075_07061509.png


LIAO Wanting(1988-):映梢 thorough the light (2017,World Premiere)
electronics:LIAO Wanting [M1.Japanese Tradiitonal Music Studies,RCJTM]



e0146075_17430368.jpg
ENDO Takaaki(1992-):No.2 from 12 Etudes(2016)
piano:ENDO Takaaki [almuni,composition]
e0146075_17441523.jpg
Jean Michel DEFAYE(1932-):A la maniere Bach(1990)
trombone:NAKAMURA Fumika [M1] piano:YANO Momoka [M1]
e0146075_17450133.jpg
Pierre GABAYE(1930-2000):1st movement from Sonatine (1972)
flute:PARK Wooyoung [M1] bassoon:TAKASHIMA Shota [M1]
e0146075_17503208.jpg
Marcel Bitsch(1921-2011):4 variations on the theme of Scarlatti(1950)
trumpet:OBUCHI Mami [M1] piano:YANO Momoka [M1]
e0146075_17510801.jpg
Olivier MESSIAEN(1908-1992):Thème et variations(1932)
violin:YABUNO Kirin [M3] piano:SONG Hwayoung [almuna,KCUA]



[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-20 16:07 | Comments(0)
e0146075_17531452.jpg
L.BERIO(1925-2003):Sequenza Vllb (1969)
saxophone:SHIRAISHI Naomi [M1]
e0146075_14235141.jpg
KITAZUME Michio(1948-):PAIR WORK (1996)
flute:KAMATA Kunihiro [M2] piano:SHIGA Shunsuke [M2]
e0146075_17591787.jpg
Anders HANNEVOLD (1992-):Glazing over [2016,Japan Premiere]
soprano:HARADA Nana {M1] piano:NISHIZONO Chisato {almuna,KCUA]


suspended by performer's influenza type b
Torbjørn ARNESEN (1994-) : Kom Sommervind [2017,Japan Premiere]
e0146075_18040307.jpg
Gabriel Fauré:Cantique de Jean Racine
soprano:HARADA Nana [M1] alto:FUJII Chikako [M1]
tenor:URAKATA Kyosei [M1] bass:HAMADA Masaaki [M1]
piano:NISHIZONO Chisato [almuna,KCUA]


PART 2



e0146075_08002219.png

MORITA Takumu:眺め vista (2017,World Premiere)
electronics:MORITA Takumu [comp.1]



e0146075_18071982.jpg
NAKAMURA Noriko:渡響 vox expectat [2017,World Premiere]
geogmungo:HONG Seung Ji [exchange student,Dankokk University,Korea]
e0146075_18065933.jpg
HONG Seung Ji :黎明 dawn breaks [2017,World Premiere]
geomungo :HONG Seung Ji [exchange student,Dankokk University,Korea]
e0146075_18075414.jpg
Reinhard FEBEL(1952-):Ataraxie (1976)
flute:FUKUDA Haruhiko flute: OSHIMA Yoshimi
e0146075_18083228.jpg
KIM Jinsoo(1969-):Nocturne in Dry Forest (2012,Japan Premiere)
violin:YAGIRA Marino[M1] clarinet:HIRAKAWA Natsumi [M2]
piano:SHIGA Shunsuke [M2}
e0146075_18091974.jpg
L.v.BEETHOVEN (1770-1827):Ich Liebe dich (1795)
bariton:HAMADA Masaaki [M1]
piano:HIGASHIYAMA Koga [doctoral candidate]
e0146075_18100107.jpg
G.F.HANDEL:Ombra mai fu (1738)
viola da gamba:TABUCHI Hiroyuki [almuni,strings & composition]
piano:HIGASHIYAMA Koga[doctoral candidate]
e0146075_16140748.jpg
HARUNO Kai(1992-):OMOTE (2015)
Thematic choreographer Noyuri : OMOTE [2017,World Premiere}
dance:Noyuri
e0146075_18155626.jpg
KIM Jinsoo (1969-):Ari Ari (2009,Japan Premiere)
violin:EGAWA Nao [M2] 
piano:Anders HANNEVOLD [exchange student,Grieg Academy,Belgen University]

e0146075_07361898.png

e0146075_08045769.jpg
Thematic composer Prof.KIM Jinsoo HIRAKAWA Natsumi [cl.] SHIGA Shunsuke [pf.]

Nakamura lab,KCUA presents
musicology seminar i [electronics] MORITA Takumu{comp.1]
LIAO Wanting[Taiwan,M1,Taiwan,Japanese Traditional Music Research]
composing theoretical research II IV
YANO Momoka [M1.piano] YAGIRA Marino [M1.violin]
PARK Wooyoung [M1.flute]TAKASHIMA Shota {M1,bassoon]
OBUCHI Mami [M1.trumpet]SHIRAISHI Naomi [M1.saxophone]
NAKAMURA Fumika [M1.trombone] HARADA Nana [M1.soprano]
FUJII Chikako [M1.alto] HIROTA Masaoki [M1.bariton]
ADACHI Eri [M1.musicology]
EGAWA Nao [M2.violin] KAMATA Kunihiro [M2.flute]
HIRAKAWA Natsumi [M2.clarinet]
YABUNO Kirin [M3.violin]
with
oversea exchange student,Dankokk University,Korea
HONG Swung jI [geomungo,musicology]
oversea exchange student,Grieg Academy,Belgen University,Norway
Anders HANNEVOLD [piano,composition]
with
TABUCHI Hiroyuki [viola da gamba,almunus,violin & composition]
with
SHIGA Shunsuke [M2.pf.]
HIGASHIYAMA Koga [doctral candiate,pf.]
composition seminar [2015-16]
ENDO Takaaki [almunus,composition]
NISHIZONO Chisato [alumuna,pf.]
SONG Hwayoung [alumuna.pf.]
with
Thematic choreographer
Nouri [dance]
with
FUKUDA Haruhiko [principal flutist,Nagoya P.O.]
OSHIMA Yoshimi [prof.dean,music of faculty,KCUA}
e0146075_18341399.png

e0146075_08024168.png


[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-20 16:03 | Comments(0)
e0146075_06483570.jpg
e0146075_06581313.jpg
clumusica 29th concert [clumusica friendship charity 31]
作曲理論研究II IV 音楽学演習i 作曲演習 後期合同研究発表
composing theoretical research II IV musicology seminar I composition seminar

渡響
vox expectat reflected lullaby子守唄
大枝international alternative festival 2018
2018.1.11.[木]
京都市立芸術大学大学会館ホール
University Hall,Kyoto City University of Arts
主催:京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
Organizer:Nakamura lab,Kyoto City University of Arts,Graduate School,KCUA
                       
ごあいさつ

本日は大変おいそがしいなか寒さひとしおの新春の沓掛にお出掛けくださりまことにありがとうございます。
いよいよ京都駅前への大学移転が近づいて参りました。この大学会館ホールでクラス合同研究発表として開催中の、2013年よりの国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在》国際フェスティバル《アジアの音舞の現在》、2015年よりの大枝インターナショナルオルタナティヴフェスティバルなど演奏会をこの沓掛の地で日常に持つ機会も五年あまりと、片手で数えられるほどの年月となってきていることに感慨を深くいたしております。

今年度は2014年にはじまる東アジア文化都市が京都市にまわり、日中韓三都市の文化芸術を通しての発展を目指し、中国長沙市、韓国大邱広域市、日本京都市で様々な活動が一年間に渡って繰り広げられました。それは京都市[11月19日]、大邱広域市[12月3日]、長沙市[12月23日]での閉幕式典の前日で、大学会館ホールにおいても12月22日、2017年の東アジア文化都市である中国長沙市、韓国大邱広域市、日本京都市の三都市ゆかりの作曲家演奏家による東西伝統楽器と演唱による新作協奏曲の夕べを開催することができました。12月22日の共響 vox expectetのプログラムを本日一緒にお配りしておりますのでお目通し頂ければ幸いに存じます。12月23日には中国からの留学生を幾人も教えておられる北村敏則先生が中国湖南省長沙市での閉幕式典においても日中韓の歌を歌われました。5月18日の国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在2017観聲》においても、私の新作東西伝統のアンサンブルで中国語テキストのクレドラテン語テキストと共に歌って頂いております。

そこから20日後の大枝インターナショナルオルタナティヴフェスティバルには、本学との交流協定校からの音楽学部への交換留学生が韓国壇国大学校とノルウェー・ベルゲン大学グリーグアカデミーから音楽学と作曲で2名参加くださっているので、作曲理論研究II・IV、音楽学演習i受講生のみなさん達とこれらの東アジア文化の継続的発展に向けた特別プログラム《渡響 vox expectat》2018を編成いたしました。プログラムではスタンダードなナンバーを核に、電子音楽・西洋伝統音楽・東洋伝統音楽それぞれにプログラムから発案されたあらたな創作で一夜をひとつのプログラムに、そしてさらに今プログラムの本年のテーマ作曲家として、本日は東アジアの音楽祭in ヒロシマで2012年にお会いした韓国ソウルの作曲家・指揮者キム・ジンソ[金真珠]先生を迎えしております。また来年のフェスティバルで中国北京の作曲家・ピアニストのガオ・ピン[高平]先生をお迎えする予定です。

そして音楽学部長大嶋義実先生と名古屋フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者の富久田治彦先生がモーツァルテウム大学のラインハルト・フェーベル先生の初出版作品《アタラクシエ》(リコーダー製造と出版で著名なメック出版社から出版)を フルートデュオで演奏してくださいます。静かで力強い歴史的メッセージが発せられるアタラクシエ作曲時の作曲者フェーベルは24歳、現在のクラスの院生達とも同年齢で、時空を超えた大いなる意思からの大いなる励ましをひしひしと感じる作品です。

 この同じ24歳に、私を作曲家にした作品を私自身も作曲しておりました。京都駅前の響都ホール[当時アバンティ京都ホール]で福原寿美枝先生(当時クラスメイト)達と大学院修了作品を発表しました。廣瀬量平先生がプロデューサーの「京都・若い作曲家 連続作品展(於:京都国際音楽祭)の一環で初演、作品は2年後ハイデルベルク大学で講演、6年後にサンフランシスコ交響楽団メンバーと東京フェスティバルバレエのみなさまとサンフランシスコ歌劇場で3度上演、さらに韓国ソウルの伝統舞踊家李周煕氏による複数の創作舞踊舞台となり日韓双方でも度々上演される国際デビュー作《ノリ》です。デビューの来歴が本学の教育、特に大学院教育の結果でもある私は、本学の教育に最も感謝すべき卒業生修了生のひとりでもあります。

このように長い時間の中で大学院修了作品が世界を何度も巡った結果、若い大学院生のみなさんと東西の交換留学生のみなさまと共に研究を深めることができることに深く感謝申し上げる次第です。クラスで共に研究中の大学院生・学生のみなさまをどこまで高められるかに励み、また大学院生・学生のそれぞれのみなさまが、活動するそれぞれの地の風景をどこまで高められるかを一層きわめて参りたいと存じます。今プログラムでは作曲演習から今年度卒業の遠藤隆明作品 《12の練習曲》より第2番を作曲者自身の演奏で、また大学院修了の春野海作品《面OMOTE》を小出野夕梨先生の新作舞踊作品として発表いたします。また、プログラムの曲目には、それぞれその作品が成立した年、作品ができた年を先頭につけております。お聴きくださるみなさまが  音楽の誕生による時間旅行をご一緒に楽しんで頂けますよう、時間の進行の流れの通りプログラムが進行するときには↓を、また、現在から年月をさかのぼってゆくときには⇧がついております。本日共に各クラスで構成した照明と共にどうぞお楽しみください。

 東日本大震災はじめ世界に起こる様々な紛争・災害による困難に至るまで、様々な場所で復興への時間が継続しています。 被災者のご冥福をお祈りし、長い復興への道のりに取り組むため、被災地と被災のみなさまと共に力を尽くして参りたいと存じます。今後共なにとぞこ指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

2018年1月11日 

京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科准教授
ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica collaborative supervisor
中村典子

Greetings

Thank you very much for your visiting our new spring Kutsukake,in cold weather today.

The university relocation in 2023 to the front of Kyoto station has finally approached. I have been deeply moved by the opportunity to have the concert daily in this Kutsukake for as long as five years, that it is becoming a year that can be counted with one hand,by the International contemporary music festival"Present of Orchestral Asia”,International Festival"Music & Dance,Present in Asia” from 2013 and OE International Alternative Festival from 2015,which is being held as a joint collaborative research presentation of composing theoretical research,musicology seminar I and composition seminar” at this university hall.      

This year, the East Asian cultural city starting in 2014 went around Kyoto City, a variety of activities aimed at the development through cultural art of three cities in China[Changsha],Korea[Daegu] and Japan[Kyoto], various activities have been spread over the whole year. Also at our university hall, on 22nd December, we were able to hold the concert by three concerto for traditional East - West musical instruments and singing and sring orchestra by releated related composers.It was on the day before the closing ceremony in Kyoto City [November 19], Daegu Broadcast City [December 3], Changsha City [December 23], this December 22th echoed vox expectet program today. We distribute it with you so we appreciate your visit. On the next December 23rd, Professor Toshinori Kitamura who taught a number of international students from China also sang Japanese, Chinese and Korean songs at the closing ceremony in Changsha, Hunan Province, China. Also at the International Contemporary Music Festival on May 18th International Contemprary Music Festical "Present of Orchestral Asia, in2017,he sang “Credo” by Chinese text and Latin text on my new piece.for east-west ensemble.

Twenty days after that, at the Ohta International Alternative Festival, because the two exchange students from exchange agreement university with Faculty of Music,KCUA,have attended to from Dankokk University,College of Musi,Korea,and Grieg Academy of Bergen University, Norway with music studies and compositions,as a result, we have organized a special program”vox expect" 2018 for the continuing development of these East Asian cultures with the students of Composing theoretical research II, IV, and Musicology i participants. In the program, we organized as one program with new creations that were invented from the program for each of electronic music, Western traditional music and Eatern traditional music with the standard number as the core. In addition,as a theme composer of this year's program, we have introduced Professor Jinsoo KIM[KIM Jin Soo]who is a Korean composer and conductor in Seoul, met in 2012 at the East Asian Music Festival in Hiroshima. Also at this festival next year we will have a Professor GAO Ping,who is a composer and pianist in Beijing, China.

In this time Professor OSHIMA Yoshimi and Professor Haruhiko Fukuda, the principal flute player of the Nagoya Philharmonic Symphony Orchestra, have perfomed flute duo piece "Ataraxie" first published from Moeck publisher which is famouse as recorder maker and publicsher,of Professor Reinhard Febel of Mozarteum University. At the composing “Ataraxie” has quiet and powerful, message with great encouragement from the great intention beyond the spacetime,and composer Febel was 24 years old as the same age of graduate school students on my class.

At the same age of 24, I composed a work that made myself a composer.At the Kyoto Municipal Hall in front of Kyoto Station [At the Avanti Kyoto Hall at the time], I presented this work with the performance by classmate FUKUHARA Sumie [she is also teaching vocal music at the Faculty of Music] with several graduate students.It was premiered at "Kyoto Young Composers’ Presentation Series “(At Kyoto International Music Festival) which was produced by Professor HIROSEW Ryohein who taought me. Two years later ,this work was lectured at the University of Heidelberg Six years later, it was dance stage premiered three times by Tokyo Festival Ballet dancers at the San Francisco Opera House with San Fransinco Symphony Orchestra members. In addition,it has been performed several creative dances of LEE JUhee by Korean traditional dancers frequently in both Japan and South Korea, and is an international my debut work "Noli". My debut history is also a result of our education, especially graduate school education, and I am also one of the graduates who should appreciate our education.

As a result of the graduate school completion work circulating the world many times in such a long time,I am deeply grateful to all of the young graduate students and the exchange students from East and West for my deepening of research.We will further encourage to what extent we can enhance the graduate students and students studying together in the class. Also, I hope that each graduate student / student will be able to further enhance the scenery of each place of activity.In the program now, from ENDO Takaaki’s work "12 etude" No. 2 by the composer's own performance, and as the graduate school completion work by HARUNO Kai "OMOTE" premiered as new dance stage work by Professor KOIDE Noyuri.We will announce it as a new dance work. In addition, in the program songs, the year when the work was established and the year when the work was created are attached at the beginning. As you enjoy listening to the time traveling due to the birth of music, ↓ when the program progresses as the progress of time goes forward, and when you go back to the year from the present ⇧ We will. Please enjoy together with the lights that were composed together in each class together today.

Time to reconstruction continues in various places, ranging from various conflicts and disasters occurring in the world beginning of the Great East Japan Earthquake. I wish to pray for the relief of the affected people and work hard together with the affected areas and the affected people in order to tackle the path to long restoration. We look forward to your continued guidance and cooperation in the future.

11th January 2018

Associate Professor,Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Graduate School,KCUA
Collaborative Supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
NAKAMURA Noriko

Thematic Composer 2018 :
JinSoo Kimジンソ・キム 金眞珠
Dr.Kim graduated from College of Music, Seoul National University (BM),Peabody Conservatory of Music (M.M.), and State University of NewYork at Stony Brook (Ph.D.). He received prizes at the 18th Jungang Music Competition (Seoul, Korea), and the 1st Moldova International Composition Competition (Republic of Moldova). His orchestral work Gui-Chun was performed by Korean Symphony Orchestra (2001),Pusan Philharmonic (2003), Jin-ju Philharmonic (2006), Thailand National Orchestra (2006) and KBS Symphonic Orchestra (2007).In addition, his ensemble music was performed at St. Petersburg Spring Music Festival (Russia, 2004), Tatarstan Contemporary Music Festival (Tatarstan, 2003), Beijing Contemporary Music Festival (China, 2004),ACL Conference and Festival (Thailand, 2006), Kishiko International Piano Music Festival (Japan, 2007), Indiana University Concert (U.S.A, 2009),Randspielle Music Festival (Germany, 2010-11), Intersonanzen Music Festival (Germany, 2012), East-Asia Music Festival (Japan, 2012), and Music am 13(Stuttgart, 2013). As an active composer, he is a member of Contemporary Music Societyin Seoul, the composers Group “Ji-Eum” and the Korean section of ISCM. Currently,he is Director of Ensemble Eclat, Professor of Sookmeong Women’s University.

musicology seminar i [electronics]
森田拓夢 MORITA Takumu [1,comp.]
廖婉婷 LIAO WanTing [M1,Japanese Traditional Music Research,Taiwan]

composing theoretical research II IV
矢野百華 YANO Momoka [M1,pf.]
柳楽毬乃 NAGIRA Marino [M1,vn.]
朴優栄 PARK Wooyoung [M1,fl.]
高島翔大 TAKASHIMA Shota [M1,fg.]
小渕真実OBUCHI Mami [M1,tp.]
白石尚美SHIRAISHI Naomi[M1,sax.]
中村文香 NAKAMURA Fumika [M1,trb.]
原田菜奈 HARADA Nana [M1 sop.]
藤居知佳子 FUJII Chikako [M1 alt.]
廣田雅亮 HIROTA Masaaki [M1,bar.]
editing 足立恵理 ADACHI Eri [M1.musicology]
江川菜緒 EGAWA Nao [M2,vn.] 
鎌田邦裕 KAMATA Kunihiro [M2,fl.]
平川奈津美 HIRAKAWA Natsumi [M2,cl.]
藪野巨倫 YABUNO Kirin [M3,vn.]

oversea exchange student from Dankokk University,Korea
ホン・スンジ 洪承志 HONG Seungji [geomungo]

oversea student from Bergen University,Norway
アンヌシュ・ハンヌヴォルトAnders Hannevold [comp,pf.]

tenor
浦方郷成 URAKATA Kyosei [M1]

piano
志賀俊亮 SHIGA Shunsuke [M2.pf.]
東山洸雅HIGASHIYAMA Koga [doctral cource pf.]
composition seminar [2015-6] 遠藤隆明 ENDO Takaaki [alumnus.comp.]
西薗千智NISHIZONO Chisato [alumna,pf.]
宋和映SONG Hwayoung [alumna,pf.]

viola da gamba
田淵宏幸 TABUCHI Hiroyuki [alumnus vn.comp.]

choreography & dance
野夕梨 Noyuri [dance]

flute
富久田治彦 FUKUDA Haruhiko [principal Nagoya P.O.]
大嶋義実 OSHIMA Yoshimi [prof.dean,music faculty,KCUA]

staffs
lighting design
渡辺佳奈 WATANABE Kana [M1.Nihonga]

video shooting
中井友路 NAKAI Tomonori [4,conscept & media planning]

recording,acoustics
西村千津子NISHIMURA Chizuko [acoustics,university hall part-time lecturer]

photograph
荒木真歩 ARAKI Maho [alumuni,Kobe University Graduate School]

stage
影近舞帆 KAGECHIKA Maiho[2,comp.]

conclusive direction
中村典子 NAKAMURA Noriko [associate prof,music faculty & grad school,KCUA comp.]

渡辺佳奈[照明] 京都市立芸術大学美術学部を経て同大学院美術研究科修士課程 日本画専攻1回生。
WARANABE Kana is specializing Japanese painting at Graduate School,Kyoto City University of Arts,through KCUA,Faculty of Arts.She is charging lightihg design since 2016.
中井友路[映像]京都市立芸術大学美術学部構想設計専攻4回生。
NAKAI Tomonori is specializing concept and media planning at ,Kyoto City University of Arts .He is charging film shooting since 2017.

荒木真歩[写真]京都市立芸術大学音楽学部音楽学専攻卒業。現在、神戸大学大学院国際文化学研究科文化相関専攻文化人類学コース在学中。

ARAKI Maho graduated from Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,speliality of Musicology.Currently,She is studying at Cultural Anthoropology Course,Speciality of Cultural Relativity,International Cultural Studies,Graduate School of Kobe Univeristy. She is charging festival official photo since 2015.

足立恵理[音楽学]京都市立芸術大学大学院音楽学専攻1回生。 
ADACHI Eri is studying at Garaduate School,Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,speliality of musicology. She is charging editing since 2017.

影近舞帆[作曲]京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻2回生。
KAGECHIKA Maiho is studying at Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Speciality of composition.She is charging stage since 2016.

京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室[舞台]
Nakamura lab,composition.Kyoto City University ofArts,Facurty of Music,and Graduate School,KCUA

曲目 program

2017リャオ・ワンティン廖婉婷 LIAO Wanting(1988-) : 映梢through the light  
electronics: リャオ・ワンティン 廖婉婷 LIAO Wanting

2016 遠藤隆明 ENDO Takaaki (1992-):12の練習曲第2番 No. 2 from 12 Etudes 
piano: 遠藤隆明 ENDO Takaaki

1990 ジャン・ミシェル・ドゥファイJean Michel DEFAYE (1932-):バッハのようにA la maniere de Bach  
trombone : 中村文香 NAKAMURA Fumika piano : 矢野百華 YANO Momoka

1972 ピエール・ガバイー Pierre GABAYE (1930-2000):奏鳴曲Sonatine  
flute:朴優栄 PARK Wooyoung  bassoon : 高島翔大 TAKASHIMA Shota

1950マルセル・ビッチュMarcel BITSCH (1921-2011):スカルラッティの主題による4つの変奏4 variations on the theme of Scarlatti
trumpet:小渕真実 OBUCHI Mami piano : 矢野百華 YANO Momoka

1932 オリヴィエ・メシアンOlivier MESSIAEN(1908-1992):主題と変奏theme & variation
violin:薮野巨倫 YABUNO Kirin piano:宋和映 SONG Hwayoung

1969 ルチャーノ・ベリオLuciano BERIO (1925-2003) : 続唱Sequenza VIIb
saxophone:白石尚美 SHIRAISHI Naomi
 ↓
1996 北爪道夫KITAZUME Michio(1948-) : ペア・ワークPair Work
flute:鎌田邦裕 KAMATA Kunihiro piano:志賀俊亮 SHIGA Shunsuke
 ↓
2016 アンヌシュ・ハンヌヴォルトAnders HANNEVOLD (1992-) : 氷晶Glazing over [日本初演 Japan premiere]
soprano: 原田菜奈 HARADA Nana piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato
  ↓
2017 トルビョン・アルネセンTorbjørn ARNESEN (1994-) : 来よ夏の風Kom Sommervind [日本初演 Japan premiere]
soprano: 村辺恵奈 MURABE Ena piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato
 ⇧
1865 ガブリエル・フォーレGabriel FAURE(1845-1924) : ラシーヌ讃歌Cantique de Jean Racine
soprano: 原田菜奈 HARADA Nana alto:藤居知佳子FUJII Chikako
tenor :浦方郷成 URAKATA Kyosei bass : 濱田雅亮 HARADA Masaaki
piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato

休憩 pause

2017 森田拓夢MORITA Takumu(1998-) : 眺めvista
electro.: 森田拓夢MORITA Takumu

2017 中村典子 NAKAMURA Noriko(1965-):渡響 vox expectat [世界初演 world premiere]
geomungo:ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志

2017 ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志 (1996-) :黎明 dawn breaks [世界初演 world premiere]
geomungo:ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志
 ⇧
1976 ラインハルト・フェーベルReinhard FEBEL(1952-):アタラクシエ[不動静穏] Ataraxie
flute:富久田治彦 FUKUDA Haruhiko flute:大嶋義実 OSHIMA Yoshimi
 ↓
2012 ジンソ・キムJinSoo KIM金眞珠(1969-):かわいた森の夜想曲Nocturne in Dry Forest
violin : 柳原毬乃 YAGIRA Marino  
clarinet: 平川奈津美 HIRAKAWA Natsumi
piano: 志賀俊亮SHIGA Shunsuke
 ⇧
1795 ルードヴィヒ・ヴァン・ベートヴェンL.v.BEETHOVEN (1770-1827):我愛すIch liebe dich
bass : 濱田雅亮 HARADA Masaaki  piano:東山洸雅 HIGASHIYAMA Koga
 ⇧
1738 ジョージ・フレデリク・ヘンデルG. F .HANDEL (1685-1759) :優しき木陰Ombra mai fu
viola da Gamba:田淵宏幸 TABUCHI Hiroyuki piano:東山洸雅 HIGASHIYAMA Koga
 ↓
2015 春野海 HARUNO Kai (1992-) : 面 OMOTE
piano: 志賀俊亮SHIGA Shunsuke
choreography & dance : 野夕梨Noyuri [世界初演 world premiere]
 ⇧
2009 ジンソ・キムJinsoo KIM 金眞珠(1969-):アリアリAri Ari [日本初演 Japan premiere]
violin:江川菜緒EGAWA Nao  piano:アンヌシュ・ハンヌヴォルト Anders HANNEVOLD



[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-18 03:00 | Comments(0)
作品について program note

リャオ・ワンティン廖婉婷 LIAO Wanting(1988-) : 映梢through the light (世界初演 World Premiere)  
electronics: リャオ・ワンティン 廖婉婷 LIAO Wanting

光と影の交錯。[リャオ・ワンティン(廖婉婷)]
The crossing of lights and shadows.[LIAO Wanting]

廖婉婷[日本音楽研究]台湾出身。台北芸術大学作曲専攻卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科で日本音楽研究を専攻、祇園囃子を調査している。
LIAO Wanting was born in Taiwan.She was specialzed composition and graduated from Taipei National University of Arts.Presently,she is specialized Japanese Music Research in Research Centre for Japanese Traditional Music.


2016 遠藤隆明 ENDO Takaaki (1992-)12の練習曲第2No. 2 from 12 Etudes 
piano 遠藤隆明 ENDO Takaaki

この曲集は以下のことを目的として書かれている。  
1 ピアノ演奏におけるメカニック上、テクニック上、音楽上の可能性を発展させること 
2 ポリフォニー、ポリリズム的な作品に適合した、ピアノという楽器特有の表現を拡大させること 3 音色の色彩感におけるピアノの可能性を広げること  それらは旋法に基づいて作曲され、前半の6曲をBookⅠ、後半の6曲をBookⅡとし、LibreⅠは「指の柔軟性とメカニズム」、LibreⅡ(未完)は「響きと空間の探究」を意識して描かれている。全曲を通して演奏することを想定してそれぞれの曲が配置、構成されており、曲中に民謡が引用されている作品もある(no.2に「さくら」、琉球色の濃いno.3には「唐船どーい」、「仲順流り」など)。今回演奏させていただく練習曲LibreⅠno.2は都節音階を用いて作曲され、左右の広音域に渡るアルペジオが特徴なエチュードである。演奏するにあたりデリケートな表現も求められている。[遠藤隆明] 

遠藤隆明[作曲] 神奈川県出身。神奈川県立弥栄高等学校音楽科ピアノ専攻(旧芸術科音楽専攻) 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。在学中、試験においてアルト/ソプラノサクソフォン室内協奏曲《キジムナー》や木管五重奏曲《弥勒世》、ピアノと管弦楽のための作品などが演奏される。これまでに作曲を 遠藤雅夫、石島正博、武澤陽介、前田守一、中村典子、岡田加津子、葛西聖憲の各氏に、ピアノを石附秀美、 加藤伸佳、植田克己、矢澤一彦、花岡千春、樋上由紀子氏の各氏に師事。第26回京都フランス音楽 アカデミーをピアノで受講。現在京都市立 芸術大学音楽学部科目等履修生。

This works is written for the following purposes.   
1.To develop the mechanical,technical and musical possibilities of pianoforte playing              
2.To expand the peculiarly adapted nature of the instrument to polyphonic,polyrhythmic.               
3.To widen the range of its its possibilities in tone colouring.                              
Each work is constructed expecting that the performer plays through all works. And some works quote folk songs(For example,no.2SAKURA,no.3TOHSENDOHI,TYUNTYUNNGRI etc…).They were composed on the basis of the mode.The first six works are named LibreⅠ and the latter six works are named LibreⅡ. LibreⅠ is written for finger flexibility and mechanism,and LibreⅡ is written for exploring the sound and space.On this occasion,I play etude no.2of LibreⅠ. It is based on MIYAKO scale.The feature of this work is the wide range of arpeggio ranging from the left hand to the right hand.The performer is required delicate expression.[ENDO Takaaki]

ENDO Takaaki was born in Kanagawa prefectural. He graduate from Kanagawa Prefectural Yaei High School, Department of Music ,and Kyoto City University of Arts Faculty of Music. During university, his Concertino pour alto /soprano saxophoneKijimner,Wind QuintettteMirukuyu,Piano concerto are played in the exam.He studied composition with Endo Masao, Ishijima Masahiro, Takezawa Yosuke, Maeda Shuichi, Nakamura Noriko, Okada Kazuko, Kasai Masanori, and studied piano with Ishizuki Hidemi, Kato Nobuyoshi, Ueda Katsumi Yazawa Kazuhiko, Hanaoka Chiharu, Higami Yukiko. He received master class of 26e Academie de Musique Francaise de Kyoto. He is Special Register Students,Kyoto City University of Arts, Faculty of Music.

1990 ジャン・ミシェル・ドゥファイJean Michel DEFAYE (1932-)バッハのようにA la maniere de Bach  
trombone : 中村文香 NAKAMURA Fumika piano : 矢野百華 YANO Momoka

J.M.デュファイは1932918日パリ郊外のサン=マンデにて生まれる。10歳でパリ・コンセルバトワールに入学し、ナディア・ブーランジェの元で、音楽理論からピアノまで、作曲のための音楽教育を受ける。1952年ローマ賞第2等を受賞、翌年にはエリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門で第2位受賞。彼の作品は主に器楽曲、特に金管楽器のための作品が多い。

彼は《À la manière de ~》(「~風に」の意)と題した、トロンボーンとピアノの為の作品を6つ作曲している。それぞれヴィヴァルディ、バッハ、シューマン、ブラームス、ドビュッシー、ストラヴィンスキー「のような」作品である。今回演奏する《バッハ風に》も、バッハが作曲したブランデンブルク協奏曲やインベンション、シンフォニアなどを思わせる、まさにバッハのような作品となっている。[中村文香]

中村文香[トロンボーン]愛媛県立松山南高等学校卒業。京都市立芸術大学音楽学部管打楽専攻を経て、現在同大学大学院器楽専攻修士課程1回生。第1回松山トロンボーンフェスタコンペティション優秀賞。これまでに小西智、岡本哲、呉信一の各氏に師事。

Jean-Michel Defaye was born in Saint-Mandé, just outside Paris, on 18 September 1932. Ten years later he entered the Paris Conservatoire and completed his entire musical training there, from theory and piano right through to composition, taking in also Nadia Boulanger's accompanying class. In 1952 he won the Premier Second Grand Prix de Rome, and a year later the second prize in composition for the Belgian Queen Elisabeth competition.His work is mainly oriented towards instrumental music, particularly for brass.

He composed six pieces for trombone and piano these named À la manière de ~》.These composed in the maner of Vivaldi,Bach,Schumann,Brahms,Debussy,Stravinsky.Today's performance piece À la manière de Bach reminds us of Bach's pieces Brandenburg Concerto(Concerts avec plusieurs instrument),Invention,Sinfonia.It is the piece like Bach.[NAKAMURA Fumika]

NAKAMURA Fumika was graduated from Ehime prefectural Matsuyama Minami High School.She was specialized woodwind & brass instruments in Kyoto City University of Arts and graduated from it.Currently,
she is studying at Graduate School,KCUA.She won outstanding performance award at the first Matsuyama trombone festa competition.She studied with KONISHI Satoshi,OKAMOTO Tetsu,GO Shinichi.

矢野百華[ピアノ]兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学卒業。2006年兵庫県学生ピアノコンクールC部門 最優秀賞。2006年全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第3位。20072012PTNAピアノコンペティションE級、F級、G級全国決勝大会入選。2009年宝塚ベガ学生ピアノコンクール中学生部門第1位。2012年堺ピアノ協会定期演奏会にて、クラウディオクルス氏とブラームスヴァイオリンソナタ第3番を共演。2013年寝屋川市アルカスピアノコンクール一般部門第1位。2014年同コンクールデュオ1台4手部門グランプリ。2015年神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。2014年すばるイブニングコンサートにてリサイタルを行う。2016年ブラジルで開催された音楽祭に招待され、カルロスゴメス弦楽四重奏団と共演。これまでに、クラウディソアレス、服部久美子、野原みどり、竹内素子、荒木美佳、林由美子の各氏に師事。ピアノデュオを 河野美砂子氏に師事。ソルフェージュを横田秀孝氏に師事。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。

YANO Momoka was graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music course,and Kyoto City University of Arts.She won Hyogo Prefectural Student Piano Competition C Division First Prize and All Japan Student Music Competition Osaka championship elementary school division in 2006.She selected at PTNA Piano Competition E class,F class,G class and All Japan Finals in 2007-2012.She won Takarazuka Student Piano Competition Junior High School Division First Prize in 2009.She performed Brahms Piano Ponata No.3 with Claudio Curz at SAKAI Piano Association Subscription Concert in 2012.She won first prize of Neyagawa Arcas Piano Competition General Section in 2013 and Grand Prix at Piano Duo Section in 2014.She won Out Standing Pergormance Award in Kobe New Artist Music Award.She had recital in Subaru Evening Concert in 2014.She invited Music Festival in Brazil and performed with Carlo Gomes String Quartet.She studied with Claudio SOARES,HATTORI Kumiko,NOHARA Midori,TAKEUCHI Motoko,ARAKI Mika,HAYASHI Yumiko.She studied piano duo with KONO Misako.She studied solfege with YOKOTA Hidetaka.Currently,she is studying at master course,Graduate School,KCUA.

1972 ピエール・ガバイー Pierre GABAYE (1930-2000)奏鳴曲Sonatine  
flute朴優栄 PARK Wooyoung  bassoon : 高島翔大 TAKASHIMA Shota

フランスの作曲家であるピエールガバイ(1930-2000)は、クラシックやジャズの分野でピアニストとして、また作曲家としても活躍した人物です。本作品は全3楽章で構成されており、コミカルでユーモアの溢れる作品となっています。快活で疾走感のある1楽章、どこかもの悲しげな2楽章、明るくリズミカルな3楽章で構成されておりますが、本日はこの中から1楽章を演奏します。フルートとファゴットが会話をしているような音楽をお楽しみいただければ幸いです。[朴優栄]

Pierre Gabaye(1930-2000) is French composer and pianist who took an active part in the genre of Classic and also Jazz.This piece is consist of three movements and has comical and humor. 1st mov. begins lively and speedily, 2nd is almost melancholy, and 3rd has brilliance and funny rhythm.Today we’ll perform only 1st movement. If you listen this piece, you may feel like the conversation between flute and fagotto.[PARK Wooyoung]

朴優栄[フルート]京都市出身。立命館大学経済学部卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程1年在籍。立命館大学交響楽団にて阪哲朗氏、中橋健太郎左衛門氏の指揮の下、オーケストラでの演奏活動を行う。これまでにフルートを山田智香、金豊水、飯嶋豊、清水信貴の各氏に、現在、大嶋義実、富久田治彦の各氏に師事。

PARK Wooyoung was born in Kyoto.She graduated from Ritsumeikan University,Facutly of Economic.Currently,she is studying flute at master course Graduate School,Kyoto City University of Arts.She performed with BAN Tetsuro,NAKAHASHI Kentarouzaemon at Ritsumeikan University Symphony Orchestra.She studied flute with YAMADA Chika,Kim Pungsu,IIJIMA Yutaka,SHIMIZU Nobutaka.Currently,she is studying with OSHIMA Yoshimi and FUKUDA Haruhiko.

高島翔大[ファゴット]大阪府大阪市出身。15歳よりファゴットを始める。ファゴットを中野陽一朗、國府利支恵の各氏に師事。大阪桐蔭高等学校、京都市立芸術大学を経て、現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程1回生。

TAKASHIMA Shota was born Osaka City.He started bassoon performing since 15 years old.He graduated from Osaka Toin High School.He studied bassoon with NAKANO Yoichiro and KOKUFU Rishie.He is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.

1950マルセル・ビッチュMarcel BITSCH (1921-2011)スカルラッティの主題による4つの変奏 4 variations on the theme of Scarlatti
trumpet小渕真実 OBUCHI Mami piano : 矢野百華 YANO Momoka

パリ音楽院で和声法,対位法,作曲を学んだビッチュは「対位法」や「調性和声概要」など多くの著書を残し,その時代の和声法の規範を示したとされている。この曲はバロック時代の代表的作曲家ドメニコスカルラッティのソナタとビッチュの和声法とが見事に重なり合っている。まず始めのテーマではスカルラッティの鍵盤ソナタの主題が演奏されるが,その中でピアノ伴奏は随所で2度でぶつかる和音で伴奏をしており,バロックの軽快なメロディーの後ろでどことなく現代風の響きも感じられる。バリエーションはピアノとトランペットの旋律の掛け合いとなっており,この掛け合いはバリエーションでも変拍子を加えながら続いていく。バリエーションでは,これまでの明るいBdurの調性から温かなDdurの調性に変化し、その美しい旋律はやがてカデンツァを経て躍動感のあるバリエーションに繋がってゆく。[小渕真実]

Marcel BITSCH studied harmony,counter point and composition at Conservatoire de Paris,and wrote “Counter Point”,”and “Outline of Tonal Harmony”and so on for showing the norm of harmony studies in that period.
In this tune,it is doubling very well Baroque representive composer Domenico Scarlatti’s sonata and Bitsch’s harmony.At the starting theme,it is performed Scarlatti’s sonata’s theme with accompanying characteristic chords adding 2nd degree as Baroque rhythmical melody backed contemporal feeling sounds.On variation I,it is dialogue with piano and trumpet,and it has continued on variation II with irregular time.On variation III,tonal changes from bright B major to warm D flat major,and this beautiful melody connected variation IV lively through cadenza.[OBUCHI Mami]

小渕真実[トランペット]鹿児島県出身。大分県立芸術文化短期大学,同専攻科を卒業。卒業演奏会,第87回読売新人演奏会に出演。第54回北九州芸術祭クラシックコンサート部門優秀賞。これまでにトランペットを早坂宏明,村里修二,堂園和也,増森健一郎の各氏に師事。現在,京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在学中。

OBUCHI Mami was born in Kagoshima.OITA Prefectural Junior University of Art and Culture,and Advanced Course of the same.She performed at Graduation Concert and 87th Yomiuri New Artist Concert.She won Outstanding Award at KITAKYUSHU Art Festival Classic Concert Section.She studied with HAYASAKA Hiroaki,MURASATO Shuji,DOSONO Kazuya,MASUMORI Kenichiro.Currently,she is studying at mater course of Graduate School,Kyoto City Unveirstiy of Arts.

矢野百華[ピアノ]兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学卒業。2006年兵庫県学生ピアノコンクールC部門最優秀賞。2006年全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第3位。20072012PTNAピアノコンペティションE級、F級、G級全国決勝大会入選。2009年宝塚ベガ学生ピアノコンクール中学生部門第1位。2012年堺ピアノ協会定期演奏会にて、クラウディオクルス氏とブラームスヴァイオリンソナタ第3番を共演。2013年寝屋川市アルカスピアノコンクール一般部門第1位。2014年同コンクールデュオ1台4手部門グランプリ。2015年神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。2014年すばるイブニングコンサートにてリサイタルを行う。2016年ブラジルで開催された音楽祭に招待され、カルロスゴメス弦楽四重奏団と共演。これまでに、クラウディオソアレス、服部久美子、野原みどり、竹内素子、荒木美佳、林由美子の各氏に師事。ピアノデュオを河野美砂子氏に師事。ソルフェージュを横田秀孝氏に師事。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。

YANO Momoka was graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music course,and Kyoto City University of Arts.She won Hyogo Prefectural Student Piano Competition C Division First Prize and All Japan Student Music Competition Osaka championship elementary school division in 2006.She selected at PTNA Piano Competition E class,F class,G class and All Japan Finals in 2007-2012.She won Takarazuka Student Piano Competition Junior High School Division First Prize in 2009.She performed Brahms Piano Ponata No.3 with Claudio Curz at SAKAI Piano Association Subscription Concert in 2012.She won first prize of Neyagawa Arcas Piano Competition General Section in 2013 and Grand Prix at Piano Duo Section in 2014.She won Out Standing Pergormance Award in Kobe New Artist Music Award.She had recital in Subaru Evening Concert in 2014.She invited Music Festival in Brazil and performed with Carlo Gomes String Quartet.She studied with Claudio SOARES,HATTORI Kumiko,NOHARA Midori,TAKEUCHI Motoko,ARAKI Mika,HAYASHI Yumiko.She studied piano duo with KONO Misako.She studied solfege with YOKOTA Hidetaka.Currently,she is studying at master course,Graduate School,KCUA.

1932 オリヴィエ・メシアンOlivier MESSIAEN(1908-1992)主題と変奏 Thème et variations
violin薮野巨倫 YABUNO Kirin piano宋和映 SONG Hwayoung

フランスの作曲家オリヴィエメシアン(19081992)によるヴァイオリンとピアノの為の作品であり、24歳の時に作曲。ピアノとオルガンを除く室内楽曲の中では初の作品である。本作品は同年彼にとって最初の妻となった ヴァイオリン奏者クレールデルボスの為に作曲された。

4/4の四分音符系の極シンプルな主題(7+7+14小節)と5つの変奏から成り、構成もシンプルながら旋法やリズム等、リズムを重視した彼の後年の作風の片鱗が垣間見える。
1変奏:4/4Modéré(子守唄)第2変奏:12/8Modéré un peu vif3変奏:変拍子、Modéré, avec éclat 4変奏:4/4Vif et passionné 5変奏:4/4Trés lent(主題のリプライズ)
なおLeduc社から出版されている本作の冒頭には「ミ(クレールの愛称)のために」と献呈が記されているが、その 表記法が面白い。ご興味のある方はご覧頂きたい。[薮野巨倫]

Thème et variations ia a piece for violin and piano by Olivier Messiaen(1908-1992),it was composed at 24 years old as first chamber work except piano works and organ works.This piece was composed for his first wife violinist Clair Delbos.it consists of quite simple 4/4 theme and 5 variations,and structure is also simple and we can catsch a glimpse his style in after years.
1st variation 4/4 Moderato (lullaby) 2nd variation 12/8 Moderato a little lively 3rd variation irregular time Moderato with brilliance 4th variation 4/4 Very Slow (theme reprise)
This piece was presented for Claire Delbos with intersting notation of her nickname,printed on the score by published by Luduc,please see it.[YABUNO Kirin]

藪野巨倫[ヴァイオリン]京都市立京都堀川音楽高校を経て京都市立芸術大学卒業。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程在学中。第2225回京都フランス音楽アカデミーマスタークラス受講。第3435回草津夏期国際音楽アカデミーマスタークラス受講。第14回日本演奏家コンクール、第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会、第14回大阪国際音楽コンクール、いずれも入選。平成27年度夏期海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディション準合格。新進演奏家育成プロジェクト  オーケストラ・シリーズで現田茂夫指揮日本センチュリー交響楽団とシベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏。大学派遣によりフライブルク音楽大学に一年間留学。

YABUNO Kirin graduated from Kyoto City Horikawa Music High School and Kyoto City University of Arts.Currently,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.She studied at 22-25th Kyoto France Academy Master Class and 34-35th Kusatsu Summer International Music Academy Master Class.She selected at 14th Japan Performers Competition,22nd All Japan Classic Music Competition,14th Osaka International Music Competition.She quasi-passed the audition as dispatch for Master Class of Summer Oversea Music Academy.She performed Sibelius Violin Concerto with GENDA Shigeo & Japan Century Symphony Orchestra.She studied at Hochschule Freiburg during 2016 autumn - 2017 summer.

宋和映大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業、京都市立芸術大学首席卒業。音楽学部賞、京都音楽協会賞。同大学大学院修了後渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院最高演奏課程ディプロム取得。コルベラン国際ピアノコンクール(フランス)優勝など受賞多数。姉・和純とのピアノデュオでNHK-FMリサイタル・ノヴァ出演(NHK大阪ホールにて番組初の公開収録)。ソロ・アンサンブル演奏、国内外アカデミーにて公式伴奏・通訳を行う。フルート、ヴァイオリンとのトリオ「日中韓」で全国各地にて演奏。現在、 大阪成蹊短期大学にてピアノを指導する。

SONG Hwayoung graduated from Osaka Prefectural Yuhigaoka High School,Department of Music and Kyoto City Univerisity of Arts,Faculty of Music,summa cum laude.She received Music Faculty Award,Kyoto Music Association Prize.She received a master degree from Kyoto City University of Arts,and received a concertist diplome from Ecole Normale superior course.She awarded at Corbelin International Piano Competition and so on.She broardcasted piano duo with her sister on NHK-FM Recital Nova at NHK Osaka Hall,public recording.She has been performed piano solo,ensemble and also official accompanist and translator at domestic and oversea Academies.She have the activities as Japan-China-Korea Trio at varius place in all Japan.She is teaching piano at Osaka Seikei Junior College.

1969 ルチャーノ・ベリオLuciano BERIO (1925-2003) : 続唱Sequenza VIIb
saxophone:白石尚美 SHIRAISHI Naomi

《セクエンツァ》は、イタリアの前衛作曲家ルチアーノ・ベリオが作曲した14作からなる器楽曲群(1曲のみ声楽曲)の総称。時期的な偏りはあるものの、作曲者が約半世紀にも渡って作り続けた、ライフワークともいえるソロ作品群である。そのすべての作品において、繰り返される一定の時間の流れの中で「ハーモニックフィールド」と呼ばれるベリオ独特の和声的な展開を見せるのが特徴である。最も視覚的に分かりやすいのがVII(オーボエ)及びVII-b(ソプラノサクソフォン)の楽譜で、これはおよそA1版に 近い巨大な1枚の楽譜に、それぞれコンマ単位の異なる秒数で小節線を割り振った縦線があり、横線である五線譜の各段にすべて共通してこの縦線の時間が割り振られている。この中をドローン音としてオシレーター、録音テープ、他の楽器などで常に鳴らされるB音を中心に、ソリストである楽器によって様々な技巧を混ぜながら音程的な 展開を漸次見せる。[白石尚美]

Sequenza is general term of 14 instrumental pieces (belongs vocal one piece) composed by Italian contemporary composer Luciano Berio.It is solo works as his life work during 50 years of his life.
At all pieces,it is characteristic called “harmonic field” during repeating in constant streaming time,which is peculiar harmonic development by Berio.
Sequenza VII for oboe and VII b for soprano saxophone is most easiest visual notation which is enoumous one sheet notation almost A1,and all lines crossing vertical lines with each various seconds interval.It is continuing B tone as drone by occilator,recorded tape,or another instruments and so on,and it is developing gradually solo instrumental lines with mixing veirous skills around central B tone. [SHIRAISHI Naomi]

白石尚美[サクソフォン]大阪府生まれ。大阪府立高津高等学校を経て、相愛大学音楽学部を首席で卒業。卒業時に学長賞受賞。東京読売新人演奏会、日本サクソフォン協会新人演奏会、関西新人演奏会などに出演。第50回「なにわ芸術祭」新進音楽家競演会ピアノ・管弦打楽器の部において新人賞(第1位)。第20回KOBE国際音楽コンクールにおいて優秀賞。第17回大阪国際音楽コンクール木管楽器部門Age-Gにおいて第1位、加えてグランドファイナル特別賞として兵庫県知事賞、音楽現代賞、アルソ賞を受賞し、タイ国立マヒドン大学でのガラコンサートに招待される。また、ニューヨーク・カーネギーホールでのガラコンサートにも出演。カルテットのメンバーとして、第13回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第3位。これまでに岩田瑞和子、前田昌宏、國末貞仁、須川展也の各氏に師事。ケネス・チェ氏、フィリップ・ガイス氏のマスタークラスを受講。第14回ハバネラサクソフォンアカデミー(フランス)に参加。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程に在籍。相愛高校音楽科非常勤講師、ヤマハ音楽教室サクソフォン科講師。ミ・ベモル サクソフォンアンサンブル所属。

Naomi SHIRAISHI was Born in Osaka, Japan. She started to play the violin at the age of 7 and the saxophone at the age of 12. She graduated from Music Faculty of Soai University as the top and received the President award. Currently studeis in the master's course at Kyoto City University of Arts. Naomi won the 1st prize in The 50th Naniwa Art Festival(2013), the 2nd prize in The 20th KOBE International Music Competition(2015), the 1st prize and three Special prizes in The 17th OSAKA International Music Competition(2016). She also appeared in OSAKA IMC Gala concert at Mahidol University Hall in Thailand and Weill Recital Hall at the Carnegie Hall in New York.In 2013, Naomi participated in Habanera Saxophone Academy in France. In 2014, performed the Concerto by A.Glazunov with Soai Orchestra.She has studied with Suwako Iwata, Masahiro Maeda, Sadahito Kunisue and Nobuya Sugawa. Also, took masterclasses of Kenneth Tse and Philippe Geiss. She is a member of Mi-Bémol Saxophone Ensemble.

1996 北爪道夫KITAZUME Michio(1948-) : ペア・ワークPair Work
flute:鎌田邦裕 KAMATA Kunihiro piano:志賀俊亮 SHIGA Shunsuke

フルートとピアノのための《ペア・ワーク》は、全音楽譜出版社主催による第3回「四人組とその仲間たち」のコンサート(1996年12月6日、於:津田ホール)のために作曲され、同コンサートで中野真理(フルート)と中川俊郎(ピアノ)により初演された。演奏時間約8分。『”ペア・ワーク”は二人の仕事である。互いに近似した作業を進めてゆくが、似て非なるもの、つまり2種の楽器の表現上の特性の微妙な差異が、「音楽」のエネルギーを生むことになる。』 <初演のプログラムノートより>1996年12月、北爪道夫(全音楽譜出版社刊楽譜より)

“PAIR WORK”for Flute and Piano was pomposed in 1996,and first performed by Mari Nakano(fl) and Toshiro Nakagawa z(pft) at the 3ed Concert of “Groupe des Quatre et ses amis “organized by Zen-On Music Co.,Ltd.,on 6 December 1996,in Tokyo.(Duration:apploximately 8 minutes) “PAIR WORK” is meaning a collaborating work by two people.Two people are going ahead of an apploximate work each other,however,it is alike in appearance but different in nature namely,a delicate difference on its expressional character between the two instruments makes an energy of the ‘music.” from the Programme Note of the first performance:-Michio Kitazume December 1996(from Zen-On Publishing)

北爪道夫[作曲]1948年東京生まれ。1966年から74年まで東京芸術大学および同大学院で、作曲を池内友次郎、矢代秋雄、松村禎三に、ピアノを坪田昭三に、また、指揮を斎藤秀雄、高階正光に師事した。77年、演奏家と作曲家の協業によるグループ「アンサンブル・ヴァン・ドリアン」結成に参画、作曲・企画・指揮を担当、内外の現代作品紹介に努め、85年まで活動。 同グループは83年、第1回中島健蔵音楽賞を受賞した。79年より1年間、文化庁派遣芸術家としてフランスで研修。「日本・ハンガリーフェスティバル」(84年ブダペスト、86年東京)に日本代表として参加。87年オーケストラ・プロジェクト’87で打楽器とオーケストラのための《サイド・バイ・サイド》を発表。その後のオーケストラ作品には《昇華》(京都市委嘱1990)、《映照》(日本交響楽振興財団委嘱1993)、《彩られた地形第1番》(しらかわホール委嘱1995)、《空と樹の儀式》(横浜市文化財団委嘱1997)、《始まりの海から》(新星日本交響楽団委嘱1999)、《地の風景》(仙台フィルハーモニー管弦楽団委嘱2000)などがあり、内外で再演。94年《映照》で尾高賞を受賞、同作品は95年ユネスコ国際作曲家審議会(IRC)最優秀作品に選出され、IRC50周年記念CDに主な作品として収められた(CD : QDisc 7418242, International Rostrum of Composers 1955-1999)。01年《地の風景》で尾高賞を受賞。04年《管弦楽のための協奏曲》など長年にわたる作曲活動に対して第22回中島健蔵音楽賞を受賞。しばしば演奏されるオーケストラ作品群のほか、《悠遠―鳥によせて》など2曲の国立劇場委嘱作を含む邦楽器のための作品群、さまざまな楽器や声のための作曲は多岐にわたり、自然との対話から紡ぎ出された音響によるそれらの作品は、内外のコンサート、放送、CDで紹介されている。CD:「北爪道夫オーケストラ作品集」(FOCD2514)、「北爪道夫・作曲家の個展」(FOCD3505)他。東京音楽大学客員教授。愛知県立芸術大学名誉教授。日本現代音楽協会理事。

Michio KITAZUME was born in 1948.In 1966 he entered Tokyo National University of Fine Arts and Music and studied composition with Tomojiro Ikenouchi, Akio Yashiro, Teizo Matsumura, piano with Shozo Tsubota, conducting with Hideo Saito and Masamitsu Takahashi.His works include "Water Reincarnation" (commissioned by NHK Electronic Music Studio), "Shadows IV for clarinet solo", "Ren-Ga for clarinet solo", "Side by Side for percussion solo", "Color of the Layers II for piano" and many others for various instruments.His music have been performed at "Festival d'automne de Paris", "Kuhmo Festival"(Finland), "Music from Japan"(New York), and many other modern music festivals, concerts, and broadcasts.In '77, joined "Ensemble Vent d'Orient", the collaboration group of players and composers as a composer, conductor and producer and introduced domestic and foreign modern music after Schoenberg. This group won the 1st Nakajima Kenzo Contemporary Music Prize in '83.From 1979, he studied in Paris for one year under the overseas study program of the Agency for Cultural Affairs.Recent orchestral works are "Ei-Sho ('94,Otaka Prize, Grand-Prix of IRC-Unesco (CD : QDisc 7418242, International Rostrum of Composers 1955-1999) , "Color of the LayersⅠ"('95), "Ceremony of the Sky and Trees"('97), "From the Beginning of the Sea"('99), "Scenes of the Earth"('01,Otaka Prize), "Clarinet Concerto"('02), "Concerto for Orchestra" ('03).These orchestral works have been performed by NHK Symphony Orchestra and many other outstanding orchestras both in Japan and abroad.In 2004, won the 22nd Nakajima Kenzo Music Prize for his distinguished achievement in music composition.CD: Orchestral Works by Michio Kitazume (Fontec-FOCD2514, FOCD3505) and many others.He is a director of Japan Society for Contemporary Music, and guest professor of Tokyo College of Music, and emeritus professor of AichiPrefectural University of Fine Arts and Music.

鎌田邦裕[フルート] 山形県鶴岡市出身。山形県立鶴岡南高等学校を経て京都市立芸術大学音楽学部 管・打楽専攻卒業。第6回仙台フルートコンクール高校の部第2位。第65回全日本学生音楽コンクール高校生の部東京大会入選。大学在学中に地元鶴岡市にてソロリサイタルを開催。大学からの推薦により、第32回ヤマハ管楽器新人演奏会出演。第6回関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバルのオーディションに合格。関西のプロオーケストラへのエキストラ出演も多数重ねている。フルートデュオ「アンサンブリズム」メンバー。これまでにフルートを佐藤裕里、足達祥治、大平記子、大嶋義実、富久田治彦の各氏に、室内楽を安藤史子、大嶋義実、上田希、中村典子の各氏に師事。Clara Novakova、Václav Kunt、Soyoung Lee、各氏のマスタークラス受講。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻1回生。

KAMATA Kunihiro was born in Tsuruoka City,Yamagata Prefrecture.He graduated from Yamagawa Prefectural Tsuruoka Minami High School,Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Specialized Woodwind instruments and Percussion.He won 2nd place for 6th Seidai Flute Competition High School Section and was seleted for 65th All Japan Student Music Competition High School Section Tokyo Area.He had recital in Yamagata when university student time.He performed at Yamaha woodwind instruments New Artist Concert by university recommendation.He passed the audition for the University of Music in Kansai Orchestra Festival.He is after performing with professional orchestras as an extra member.He is a member of flute duo ensembrism.He has studied flute with SATO Yuri,ADACHI Shoji,OHIRA Noriko,OSHIMA Yoshimi,FUKUDA Haruhiko,chamber music with ANDO Fumiko,OSHIMA Yoshimi,UEDA Nozomi,NAKAMURA Noriko.He studied at master class of Clara Novakava, Václav Kunt and Soyoung Lee.Currently,he is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.

志賀俊亮[ピアノ]1992年生まれ。6歳よりピアノを始める。 2005年第21回ピアノオーディション全国大会A部門入賞、入賞者演奏会及びピアノ・フレッシュコンサートに出演。 2007年第8回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会中学生部門銅賞。 2009年第55回朝日推薦演奏会出演。 2013年第7回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。 2014年、2015年大学主催による第28回、第29回ピアノフェスティバルに出演。 2014年、2015年いしかわミュージックアカデミーに参加。 江口文子、ピオトル・パレチニ、チュンモ・カン、ソジュン・シン各氏のマスタークラスを受講。2014年兵庫県立美術館にてソロリサイタル「美術館の調べ」、神戸文化振興財団主催第36回「舞コンサート」に出演。 2015年第25回日本クラシック音楽コンクール大学生男子の部第4位。 2016年第45回京都市立芸術大学音楽学部卒業演奏会に出演。 第28回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門入選 。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程2回生。 砂原悟氏に師事。

SHIGA Shunsuke was born in 1992.He started piano 6 years old.He selected for 21stPiano Audition All Japan A Section in 2005,and awarded Bronze medal for 8th Choin International Piano Competition in Asia Juniar High School Section in 2007, and performed at 55th Asahi Recommendation Concert in 2009,awarded Outstanding performing Prize for 7th Kobe New Artist Music Award Competition,performed at 28th,29th Piano Festival by KCUA,anf joined and studied at Master Course of Eguchi Fumiko,Piotle Paletini,Chunmo Kahn,Sojun Shin,Ishikawa Music Academy in 2015.He had recital at Hyogo Prefectural Museum,and 36th MAI Concert by Kobe Culutural Promotion Foundation.She won 4th place for 28th Japan Classic Competition University Male Student Section in 2015.He performed at 45th Graduation Concert,KCUA in 2016.He selected for 28th Takarazuka Vega Music Competition Piano Section.He graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music Course and Kyoto City University of Arts.Currently, he is studying at Graduate School,Kyoto City University of Arts.



[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-16 18:02 | Comments(0)

2016 アンヌシュ・ハンヌヴォルトAnders HANNEVOLD (1992-) : 氷晶Glazing over [日本初演 Japan premiere]
soprano:原田菜奈 HARADA Nana piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato


氷晶Glazing overは、アンヌシュ・ハンヌヴォルトAnders Hannevoldのソプラノとピアノのために書かれた短い歌曲です。これは歌手とピアノのデュエットと考えられる。歌詞は、英語で書かれたSamantha Hattenサマンサ・ハッテンによります。伝統的なテキストであるので、音楽はロマン派様式で書かれていますが、現代の調和があります。文字通りそれは、不吉な愛の関係の思い出に要約することができ、常に憧れと嫌悪の間を揺らいでいます。

音楽は、ピアノとソプラノの両方にある小さなモチーフを使用しています。それは作品全体に異なる方法で再加工され、提示されます。しばしば非常によく似ているが、時には認識できないこともあります。私にとってこの音楽の興味深い部分のいくつかは、ソプラノとピアノの間の「熱」とスタイルのコントラストです。おそらくそれを見る1つの方法は、シンガーの外層とピアノが、潜在意識としてその部分を演奏することです。

この作品は、音楽的にもテキスト的にも、さまざまな形で水を参照しています。それはすべての形の水を通り、流れの動きから始まり、氷結し続け、ついに蒸気では、ハンヌヴォルトの 《蒸気機関》"The Steam-Machine"という別の作品からモチーフを引用を取ります。このようにして、2番のストーリー・イメージが生まれます。音楽の二元性を楽しみ、音楽的動機のさまざまな外観を探してみてください。[アンヌシュ・ハンヌヴォルト]

氷晶
サマンサ・ハッテン

つかのまの夢がまだ終われない
私をぐっとつかんで
責め続ける

いろいろできたのだと思うが
いま巨大な波が押しよせる

浮かぼうとする
待つ代わりに踏み出す

私は氷に包まれる
水晶のようにきらきらし

志が氷り
感覚がかわる

いつなれば気にとめなくなるのだろう

つらい思い出でふさぐ
すべてのときに呼ばれている

残る 霧の中をめぐるために
痛みと共に崖にとどまる (邦訳:中村典子)

Glazing over is a short lieder written for soprano and piano by Anders Hannevold. It is thought of as a duet between the singer and the piano. Lyrics are written in English, and are made especially for this piece by Samantha Hatten. Because this is a text that is traditional, the music is written in a romantic language, but with modern harmony. Textually it can be summarized into memories of an unhealthy love relationship, while constantly wavering between longing and detest. The music uses a small motif that comes in both piano and soprano. It is reworked and presented in different ways throughout the piece; often quite similar, but sometimes also quite unrecognizable. Some of the interesting parts of this music to me, is the contrast of "heat" and style between the soprano and the piano. One way to perhaps look at it is the singer external layer and the piano playing the part as the subconsciousness.The piece also references to water in different forms, both musically and textually. It goes through all shapes of water, starts off in a flowing motion, continues into freezing, and finally takes off with steam with quotes of motivs from a different piece by Hannevold "The Great Steam-Machine". This way images of a second story comes to life. Please enjoy the duality of the music, and exploring the different appearances of the musikal motif.[Anders Hannevold]

アンヌシュ・ハンヌヴォルト [作曲]ノルウェーのベルゲンの作曲家、ピアニスト。彼の音楽は、歌曲、先進的なアンサンブル・ミュージック、オープン・スコア、サウンド・インスタレーションに至るまで、 幅広いスタイルと表現力を持つ。アルゴリズムと主要な動機は、しばしば彼の作品の中心的な位置を 占めるが、ハートがないわけではない。グリークアカデミーのピアノ専攻を卒業して現在、京都市立芸術大学・ グリーク・アカデミー交換留学生として中村典子氏に作曲を師事。

Anders Hannevold is a composer and pianist from Bergen, Norway. His music has a large range of styles and expression, ranging from lieder, futuristic ensemble music, open scores to sound installations. Algorithm and leading motives often take a central place in his works, although not without «heart». He is now studying with prof. Nakamura Noriko at Kyoto City University of Art as an exchange student from the Grieg Academy.

原田菜奈[ソプラノ] 原田菜奈[ソプラノ]北海道幕別町出身。帯広柏葉高校普通科卒業。第23・24回毎日学生音楽コンクール高校生の部北海道本選入選。第66回滝廉太郎記念全日本高校声楽コンクール優秀賞。第26回京都フランス音楽アカデミーにおいてジャン=フィリップ・クルティス氏に師事し、優秀受講生に選ばれ受講生コンサートに出演する。2016年帯広交響楽団特別演奏会にてマーラー交響曲第4番のソリストを務める。これまでにGMG(京都芸大ミュージカルグループ)オリジナルミュージカル「機関士と少年」郵便屋、メノッティ作曲オペラ「アマールと夜の訪問者」アマール、モーツァルト作曲オペラ「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラを演じる。大学では成績優秀者による学内リサイタルに出演。現在、京都市立芸術大学院研究科音楽学部声楽専攻1年次に在籍。阿部亜古氏、日紫喜惠美氏に師事する。

HARADA Nana was born Makubetsu-cho,Hokkaido.She graduated from Obihiro Kashiwaba High School.She selected for 23& 24th Mainichi Student Music Competition High School Section at Hokkaido and won outstanding performance award of 66th TAKI Rentaro memorial All Japan High School Vocal Music Competition. She studied with Jean =Fillipe Curtis,and selected and performed as excellent student attending lectures at 26th Kyoto France Academy.She performed as soloist Mahler Symphony No.4 with Obihiro Symphony Orchestra Special Concert.She performed Amar,Opera Amar and Night Visitors by Menotti,Donna Elvira,Opera Don Giovanni by Mozart,Post man,Original Musical Engineer and Boy by GMG.She performed at Graduation Concert.Currently,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.She studied with ABE Ako and HISHIKI Emi.

西薗千智 [ピアノ] 京都市立芸術大学を経て、パリ・エコールノルマル音楽院室内楽科を審査員満場一致で修了。同音楽院高等資格取得。滋賀県ピアノコンクール第1位、万里の長城杯国際コンクール最上位、クロード・カーン国際ピアノコンクール (仏) シューマン賞、平和堂財団芸術奨励賞など数々の賞を受賞。大学卒業後、滋賀県芸術文化活動支援員として勤務。現在は、桐朋学園大学院大学で学ぶ傍ら、演奏活動並びに後進の指導にあたっている。

NiSHIZONO Chisato graduated from Kyoto City University of Arts and Ecole Normale Chamber Music,Jury unanimously.She received higher certification from the same.She won first prize for Shiga Prefectural Piano Competition,top award for Banri no Chojo International Competition,Schumann Award for Claude Kahn International Piano Competition and Heiwado Foundation Art Encouragement Award and so on.She worked as Shiga Prefecture Cultural Achivement Assistant.Currently,she is studying at Graduate School,Toho Gakuen University a and having performing activities and teaching activeties.

以下の作品は、都合により演奏を順延いたします。

2017 トルビョン・アルネセンTorbjørn Heide ARNESEN (1994-) : 来よ夏の風Kom Sommervind (日本初演 Japan Premiere)
soprano: 村辺恵奈 MURABE Ena piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato

来よ夏の風は、トルビョン・ハイデ・アルネセンのソプラノとピアノのための歌曲です。歌詞はアーヴィッド・ハンゼンによって書かれています。詩人・作曲者共ボド出身で、トロムソはノルウェーの北北部の都市です。このトロムソで見つけられるような寒い冬の風景をかたどった音楽と、非常に地域的な形のトロムソ方言が作品に影響しています。 作品は、ノルウェーのハーモニーとみなされるものと、「グリーグの和音」と呼ばれるものを広く使用しています。 音楽言語は近代ですが、ロマン派的な雰囲気に包まれています。この作品は夏の夢であり、一定の寒さは取り除かれるものの最終的に夏が短く、晴れた日はノルウェー北部では珍しいので、それは僅か3½小節に現われます。この後ただたださらに寒く、ひたすらに翌年の夏を待っているのです…..

Kom Sommarvijnn is a lieder for soprano and piano by
Torbjørn Heide Arnesen.Lyrics are written by Avid Hosen.Both are from Trønsø, a city to the fair north Norway/This affects the piece with a very local from of Trønsø-dialect and music in the shape of a cold winter landscape like the one found in Trønsø.The piece extensively uses what is considered Norweigian harmony, and also what is know as the "Grieg chord".
The language of the music is modern, but places in a romantic setting.
Then piece is a dream for summer to come and get rid of the constant cold, but when it finally appears it is only 3 1/2 bar.as summer is short and sunny days are rare in the dar North of Norway.After this there isonly more cold and waiting for next year summer.....

Det bæres i blanke daga ei bønn mot dein kaille sno.

La leve det frøe som snart skal gro
La leve det frøe som snart skal gro
Kom sommarvijnn .
Det sættes med valne heinner

en båt mot dein mørke kveill.
La vækse mi von iver hav ogfjell.
kom sommarvijnn .
Det lyees av nattstenkte døre
Og vijntern går og går
La høres ei visa der frosten rår


それは白い日に祈る
すぐに育つ種子に生かせて
すぐに育つ種子に生かせて
来よ夏の風
それはクジラがボートを癒すように
定められる 暗いコイルに
海と山に目をとおして
来よ夏の風
それは夜明けのドアによって
隠されている
そしてワインは行く
霜が聞こえるとき音を聴かせて(訳:中村典子)

トルビョン・ハイデ・アルネセン[作曲]ノルウェー・ボドの作曲家。彼の音楽はハーモニーに重点を置いている。彼の祖父がノルウェーのフィドルのハーディングフェレの製作家で、ノルウェーの民謡は彼の大きなインスピレーションである。しかし彼の音楽は、例えばゲームに影響を与えた音楽のように、さらにもっと多くを含んでいる。
Torbjørn Heide Arnesen is a composer from Trønsø, Norway. His music has a heavy focus on harmony. Norwegian folk music is a heavy inspiration, as his grandfather was a Hardingfele-maker (Norwegian fiddle). But his music includes a lot more, like for instance game influenced music.

村辺恵奈[ソプラノ] 栗東市出身。石山高等学校音楽科、京都市立芸術大学卒業。これまでに片岡京子、田附和子、小室彰子各氏に師事。
MURABE Ena was born Ritto City,Shiga.She graduated form ISHIYAMA High School Music Course and Kyoto City University of Arts.She studied with KATAOKA Kyoko,TAZUKE Kazuko and KOMUR Akiko.

西薗千智[ピアノ] 前項をご覧ください。

1865 ガブリエル・フォーレGabriel FAURE(1845-1924) : ラシーヌ讃歌Cantique de Jean Racine
soprano: 原田菜奈 HARADA Nana alto:藤居知佳子FUJII Chikako
tenor :浦方郷成 URAKATA Kyosei bass : 濱田雅亮 HARADA Masaaki
piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato


ラシーヌ讃歌は、フランスの作曲家ガブリエル・フォーレ(1845-1924)が20歳の時に書いた合唱作品である。
当時、ニデルメイエール宗教音楽学校作曲科で学んでいた彼は、卒業作品として書いたこの曲で一等賞を獲得した。歌詞は17世紀フランスの古典劇作家ジャン・ラシーヌの宗教的な詩に基づいており、音楽が詩に見事に融和
している。合唱は巧みな四声書法で書かれ、その清らかで美しいハーモニーが格調高い品格を漂わせている。まだ学生であったフォーレの、信仰心のなせる業であったろうか。(足立恵理)

Choral work “Cantique de Jean Racine” was composed by French composer Gabriel Faure at the age of 20 years old.At that time,he was studying at Niedermeyer Religious Music School,and his graduation work “Cantique de Jean Racine” won first prize. Text is based on religious poem by French Classic Dramatist Jean Racine,and music is harmonius wih poem completely.Thisc horal music was composed for four-part harmony ingeniously,these pure beautiful harmony have rich high quality.It was miracle from young student Faure’s religious devotion.(ADACHI Eri)

Cantique de Jean Racine                     

Verbe, égal au Très-Haut, notre unique espérance,
Jour éternel de la terre et des cieux ;
De la paisible nuit nous rompons le silence,
Divin Sauveur, jette sur nous les yeux !

Répands sur nous le feu de ta grâce puissante,
Que tout l'enfer fuie au son de ta voix;
Dissipe le sommeil d'une âme languissante,
Qui la conduit à l'oubli de tes lois !

O Christ, sois favorable à ce peuple fidèle
Pour te bénir maintenant rassemblé.
Reçois les chants qu'il offre à ta gloire immortelle,
Et de tes dons qu'il retourne comblé !


ラシーヌ讃歌

みことばよ、あなたはいと高き方と同一にして唯一の希望、
天と地における永遠の陽光です。
平和な夜の静寂をやぶりますので、
神の救い主よ、どうかわたしたちに目を向けてください!

恵みの火をわたしたちの上に注いでください。
すべての悪魔があなたの声の響きで、逃げ去りますように。
むなしい魂のねむけを覚まさせてください。
そうでないとあなたの教えを忘れてしまいます。

おお、キリストよ。信じる者たちにいつくしみを示してください。
あなたを賛美するために、今心を合わせています。
あなたの消え去ることのない栄光に捧げるこの歌を、受け入れてください。
あなたからの賜物に、多くおかえしをしたいのです!(国本静三訳)

Hymnus “Consors paterni luminis

Consors paterni luminis,
lux ipse lucis et dies,
noctem canendo rumpimus:
assiste postulantibus.

Aufer tenebras mentium,
fuga catervas daemonum,
expelle somnolentiam
ne pigritantes obruat.

Sic, Christe, nobis omnibus
indulgeas credentibus,
ut prosit exorantibus
quod praecinentes psallimus.

Sit, Christe, rex piissime,
tibi Patrique gloria
cum Spiritu Paraclito
in sempiterna saecula. Amen.

御父の光と同一

あなたは御父の光と同一な方です。
光の中の光、陽光そのものです。
わたしたちは歌うことで闇を引き裂きます。
あなたに願い求める者をお助けください

心の闇を取り去ってください、
悪魔の群れを追放するために。
ねむけを取り払ってください、
怠惰な者たちにふりかからないように。

それではキリストよ、わたしたちすべての
信じる者たちに、必ずいつくしみをお示しください。
祈りが役立つと願って、
わたしたちは詩編を歌います。

あわれみ深いキリストよ。
栄光は父とあなた(子)と
助け主の聖霊に。
いつも世々に。アーメン。(国本静三訳)

原田菜奈[ソプラノ]北海道幕別町出身。帯広柏葉高校普通科卒業。第23・24回毎日学生音楽コンクール高校生の部北海道本選入選。第66回滝廉太郎記念全日本高校声楽コンクール優秀賞。第26回京都フランス音楽アカデミーにおいてジャン=フィリップ・クルティス氏に師事し、優秀受講生に選ばれ受講生コンサートに出演する。2016年帯広交響楽団特別演奏会にてマーラー交響曲第4番のソリストを務める。これまでにGMG(京都芸大ミュージカルグループ)オリジナルミュージカル「機関士と少年」郵便屋、メノッティ作曲オペラ「アマールと夜の訪問者」アマール、モーツァルト作曲オペラ「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラを演じる。大学では成績優秀者による学内リサイタルに出演。現在、京都市立芸術大学院研究科音楽学部声楽専攻1年次に在籍。阿部亜古氏、日紫喜惠美氏に師事する。

HARADA Nana was born Makubetsu-cho,Hokkaido.She graduated from Obihiro Kashiwaba High School.She selected for 23& 24th Mainichi Student Music Competition High School Section at Hokkaido and won outstanding performance award of 66th TAKI Rentaro memorial All Japan High School Vocal Music Competition. She studied with Jean =Fillipe Curtis,and selected and performed as excellent student attending lectures at 26th Kyoto France Academy.She performed as soloist Mahler Symphony No.4 with Obihiro Symphony Orchestra Special Concert.She performed Amar,Opera Amar and Night Visitors by Menotti,Donna Elvira,Opera Don Giovanni by Mozart,Post man,Original Musical Engineer and Boy by GMG.She performed at Graduation Concert.Currently,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.She studied with ABE Ako and HISHIKI Emi.

藤居知佳子[メゾソプラノ]同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻声楽コース卒業。在学時に栄光会特別賞受賞。第20回草津合唱祭にて、清原浩斗氏による記念ミュージカル「ノートルダムの鐘」にカジモド役として出演。2015年度、2016年度同志社女子大学オーケストラコンサートにソリストとして出演。2016年関西の音楽大学オーケストラフェスティバルにて、マーラー「復活」アルトソリストとして出演。2017年2月学内オペラ「フィガロの結婚」3.4幕マルチェリーナ役、7月守山市民オペラ「魔笛」ダーメ役として出演。田村由美子、福原寿美枝各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科一回生在学中。

FUJII Chikako graduated from Doshisha Women College,Liberal Arts,Music Section Performing Arts Vocal Music Course.Her graduation,she received Eikoukai Special Award.At 20th Kusatsu Choral Festival,she performed Kanjimodo of Musical “Bell of Notre Dame”.She performed as soloist at Doshisha Womens College Orchchestra Concert in 2015,2016.She performed as alto soloist of Marher Symphony No.2 “Rivival”.She also performed Dame,Opera Magic Flute by Mozart,Marcelina,Opera Marrige of Figaro by Mozart.She studied with TAMURA Yumiko and FUKUHARA Sumire.Currelty,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City Uんiversity of Arts.

浦方郷成[テノール]京都市立芸術大学を経て京都市立芸術大学大学院修士課程音楽研究科声楽専攻在籍。
URAKATA Kyosei graduated from Kyoto City Univerisity of Arts.Curreltly,he is Studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Art.

廣田雅亮[バリトン]大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業。京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。第8回東京国際声楽コンクール歌曲部門第4位(1位なし)。 第3回さかい九頭竜音楽コンクールさかい市長賞受賞(全部門最高位)現在、京都 市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在学。小濱妙美氏に師事。

HIROTA Masaaki graduated from Osaka Prefectural Yuhigaoka High School Music Course and Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Specialized Vocal Music.
He won 4th place for Toko International Vocal Music Competition Lied Section and 3rd Sakai Kuzuryu Music Competition Sakai Mayer Award (most highest place in all section)Currently,he is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.He studied with KOHAMA Taemi.

西薗千智[ピアノ] 前項をご覧ください。

[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-16 18:01 | Comments(0)
森田拓夢[作曲]1998年京都府に生まれる。京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻1回生。
MORITA Takumu was born in Kyoto,1998.He is studying composition at Kyoto City University of Arts,Faculty of Music.


2017 中村典子 NAKAMURA Noriko(1965-):渡響 vox expectat [世界初演 world premiere]
geomungo:ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志


それは、平和の響き。[中村典子]
It is sound for peace and quiet.[NAKAMURA Noriko]

中村典子[作曲] 滋賀県草津出身。ノートルダム女学院高等学校より京都市立芸術大学を経て,同大学院を作曲で首席修了。在学中、大学派遣によりブレーメン芸術大学にセメスター留学。廣瀬量平、藤島 昌壽、前田守一、田島亘、H.J.カウフマン、G.アミ等各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、米国、メキシコ、ドイツ、フランス、スイス、オーストリア、スペイン、イタリア、スウェーデン、ノルウェー、イスラエル、リトアニア、ロシア各地の音楽祭、歌劇場、音楽堂、放送局、音楽院で度々作品上演や講演。clumusic共同主宰。ensemble clumusica,vocal ensemble clumusicaで国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在》国際フェスティバル《アジアの音舞の現在》《series邂逅encouter》《大枝international alternative fesitval》を継続開催。京都芸術センター運営委員(2008-17)。 現在、京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科准教授。

NAKAMURA Noriko was born in Kusatsu City,Shiga Prefecture.She graduated from Notre Dame JOGAKUIN High School,Kyoto City University of Arts,,Faculty of Music and Graduate School of Kyoto City University of Arts,specialized composition,summa cum laude.She also studied at Hochschule für Künste,Bremen,as university exchange student.She studied with HIROSE Ryohei,KITAZUME Michio,FUJISHIMA Masahisa,MAEDA Shuichi,TAJIMA Wataru,H.J.Kauffmann,and G.Amy and so on.Her works have been performed and introduced with lectures at festivals,halls,conservatories,universities,broadcasting stations and opera house constantly in Japan,Korea,China,Taiwan,U.S.A,Mexico,Germany,France,Swiss,Austria,Spain,Italy,Sweden,
Norway,Israel, Lithania and Russia.She is a collaborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica.Ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica on Nakamura lab,KCUA have been held Intenaitonal Contemprary Music Festival“Present of Orchestral Asia“ „International Festival Music & Dance,Present in Asia „“series encouter „“OE international alternative festival“continuously.She was a project comittee of Kyoto Art Center since 1999-2002 and driving comitte of Kyoto Art Center since 2008-2017.Currently,she is an associate professor of Kyoto City University of Arts & Graduate School,KCUA.



2017 ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志 (1996-) :黎明 dawn breaks [世界初演 world premiere]
geomungo:ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志

夜明けの天を纏って歌う。
Sing with rain of sky at dawn.


ホン・スンジ[洪承志] [コムンゴ・玄琴] 韓国壇国大学校音楽大学国楽専攻で学ぶ。現在、壇国大学校の交換留学生として京都市立芸術大学音楽学部音楽学専攻で学んでいる。
HONG Seung Ji is student of Dankokk University,College of Music.Currently,She is studying at Kyoto City University of Arts as exchange student with Dankokk University and KCUA.



1976 ラインハルト・フェーベルReinhard FEBEL(1952-):アタラクシエ[不動静穏] Ataraxie
flute:富久田治彦 FUKUDA Haruhiko flute:大嶋義実 OSHIMA Yoshimi

ギリシャ語のアタラクシアは泰然自若、平静、心の平和という意味です。この作品の絶え間なく変化しつつある細部の背後には、健全な星座が隠されているので、映画制作者は残っています。それは、この静かで大きな流れを決定し、聴取者を静的で堅固な形で形象に敏感にすることを目的としています。[ラインハルト・フェーベル、1976年西独・メック出版社]

The Greek word Ataraxia means self-possessed, calm, peace of mind. Behind the constantly changing details of this work, sound constellations are hidden, so movie makers remain. It is aimed at determining this quiet and large flow and sensitizing the listener to the figure in a static and solid form. [Reinhard Faber, 1976 West Germany Moeck Publishing]

ラインハルト・フェーベル[作曲]ドイツの作曲家、オペラにより著名。音楽理論家。ハノーファー 音楽演劇大学で教鞭を執り、ザルツブルク・モーツァルテウム大学教授。バーデン=ヴュルテンベルク州メッティンゲンに生まれ、シュトゥットガルト音楽大学のユルゲン・ウーデのもとでピアノを、ヘルムート・ラッヘンマンの奨めで1979年より作曲を、さらにフライブルグ音楽大学でクラウス・フーバーのもとで作曲を、1982年パリのIRCAMで電子音楽をおさめる。1983年、バイエルン歌劇場委嘱で室内オペラ「エウリディーチェ」作曲。作品について、自身は以下のように描写している。「エウリディーチェの音楽世界は、楽器、模倣、貼り合わせ、組成、騒音、唄−言語-語りの小片による混成である」。1983年より1988年までロンドンでフリーランスの作曲家として活動。途中1984年にはヴィラ・マッシモ・スカラシップでローマに滞在。1985年には、ヨーロッパ共同体青少年オーケストラのために作曲した交響曲をドナウエッシンゲン音楽週間で初演。1988年キール歌劇場で音楽劇「客を伴った夜」を初演。1989年よりハノーファー音楽大学の作曲と音楽理論で教鞭を執る。1992年ドルトムント歌劇場で「カスパー・ハウザーの秒と年」(ルーカス・ヘムレブ台本)初演。1996年管弦楽のための変奏曲、メゾ・ソプラノとバリトンと管弦楽のための「永遠」と、アルディッティ・カルテットによる第1弦楽四重奏曲をWERGOで録音。ジョセフ・スティーブンソンは管弦楽のための変奏曲をこのように描写している。高い独自性、印象的な、ポストモダン様式の神秘的な単一楽章の管弦楽作品であり、自由な半音階的テクニックで調性と非調性が混合する。また、ジャコモ・レオパルティのテキストによる「永遠」は、歌劇「エウリディーチェ」の楽器が参照される。弦楽四重奏曲はアメリカのミニマル音楽の要素が示され、それぞれの奏者に2段で計8段で表記される。2003年、「ヴォルケンシュタイン」(オズヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタインの歌詞と旋律による歌曲と合唱曲)がベルリンフィル初演。2009年、作曲者自身の台本による「フリーダ・カーロ、エドワード・ホッパーとディエゴ・ヴェラスケスの3つの画からのカンマーテアター −− 二人の歌手、二人の俳優と室内管弦楽のための −−」がキール歌劇場初演。三つの部分は、それぞれ「フリーダ」、「幽霊屋敷」、「17号室」と名付けられている。そのほか、チリ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチンなどの南アメリカ諸国、ニュージーランド、南アフリカのナタル大学とキャメロン、スコーピエ、エディンバラとリガでも講演や上演。近年作曲家・指揮者・教育家としてのみならず、小説家としても「有毒魚」、日本を描いた時代小説「古武士」、ドメニコ・スカルラッティを描いた歴史小説「禁じられた音」を上梓。

Reinhard Febel was born in Metzingen, Baden-Württemberg, and first studied music and piano with Jürgen Uhde at the Musikhochschule Stuttgart.On a recommendation from Helmut Lachenmann he studied composition from 1979, with Klaus Huber at the Hochschule für Musik Freiburg and at the IRCAM in Paris where he attended courses in electronic music in 1982. On a commission of the Bayerische Staatsoper he composed the chamber opera Euridice, premiered in 1983. He described his work "The musical world of Euridice is a hybrid of instrumentation, pastiche, collage, composition, sound-noise, and song-language-speech particles."He worked from 1983 to 1988 as a freelance composer in London, in 1984 in Rome on a scholarship of the Villa Massimo. In 1985 his Symphony, composed for the Youth Orchestra of the European Community, was premiered at the Donaueschinger Musiktage.In 1989 he took over the Chair of Composition and Music Theory at the Hochschule für Musik und Theater Hannover. In 1992 his opera in three acts Sekunden und Jahre des Caspar Hauser (Seconds and years of Caspar Hauser) on a libretto by Lukas Hemleb was premiered at the Opernhaus Dortmund. In 1996 WERGO recorded his Variations for Orchestra, Das Unendliche (The Infinite) for mezzo-soprano, baritone and orchestra, and his first string quartet, played by the Arditti Quartet.Joseph Stevenson described Variations for Orchestra as "a highly individual, strikingly mysterious one-movement orchestral piece in a post-modern style that mixes tonality and atonality in a freely chromatic technique." Das Unendliche on a poem by Giacomo Leopardi begins with an instrumental reference to the opera Euridice. The string quartet shows elements of American Minimal music and is written in a notation of eight lines, two for each player. In 2003 Wolkenstein, Lieder und Chöre nach Texten und Melodien des Oswald von Wolkenstein (Wolkenstein, songs and choruses after texts and tunes of Oswald von Wolkenstein) was first performed at the Berliner Philharmonie.Triptychon is a "Kammermusiktheater für zwei Sänger, zwei Schauspieler und Kammerorchester nach drei Gemälden von Frida Kahlo, Edward Hopper und Diego Velázquez" (chamber music theater for two singers, two actors and chamber orchestra on three paintings by Frida Kahlo, Edward Hopper and Diego Velázquez) on a text by the composer. The three parts are entitled "Frida", "Gespensterhaus" (Ghost house) and "Raum 17" (Room 17). The opera was premiered in 2009 at the Opernhaus Kiel.Over the years he spent periods of study, teaching and composing abroad, including in South America (Chile, Peru, Uruguay, Argentina), New Zealand, South Africa (University of Natal) and Cameroon, and in cities such as Skopje, Edinburgh and Riga. Since 1997 he has been professor of composition at the Mozarteum University of Salzburg.

富久田治彦[フルート] 名古屋フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者。フルートを12歳で始め、川瀬瑩公氏、伊藤公一氏に師事する。京都市立芸術大学を経て、1988年同大学院を修了。修了に際し大学院賞を受賞。 在学中に第3回日本フルートコンヴェンションコンクール第1位。NHK洋楽オーディションに合格。1989年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。その後、第1回日本木管コンクール第2位。1991年にはバロックザールでのリサイタルが評価され、青山音楽賞を受賞。1995年アフィニス文化財団
海外研修員に選ばれ、アメリカ合衆国へ留学。ミッシェル・デボスト氏、フェンヴィック・スミス氏らのもとで研鑚を積む。ソリストとして、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共にイベール、ライネッケ、ニールセン、モーツァルト、J.S.バッハ、武満など協奏曲等を数多く演奏している他、宗次ホール主催「富久田治彦プロデュースによる室内楽シリーズ」やリサイタル、アジア・フルート・コングレス、日本フルート・コンヴェンション等で活躍している。また近年、マスタークラスや講演、指揮者としても幅広く活躍している。2013年日本音楽コンクール、2014年日本木管コンクール審査員。アジア・フルート連盟常任理事。京都市立芸術大学大学・大学院非常勤講師。椙山女学園大学非常勤講師。

FUKUDA Haruhiko is principal fulutist of NAGOYA Philharmonic Symphony Orchestra.He started flute 12 years old,studied with KAWASE Keikou,ITO Koichi.He graduated from Kyoto City University of Arts and Graduated School of the same.He received a master degree fro KCUA and awarded Graduate School Prize.He won first prize for 3rd Japan Flute Convention Competition. He passed NHK Classic Music Audition.He entered Nagoya Philharmonic Symphony Orchestra in 1989.He won 2nd place for Japan Wood Wind Competition.He awarded Aoyama Music Prize for his recital.He studied in U.S.A as Anifis Cultural Foundation Oversea Trainee in 1995.He studied with Michel Debost,Fenwick Smith and so on.He performed flute concerto of Ibert,Nilsen,Reinecke,Takamitsus as soloist with NAGOYA philharmonic Orchestra.He have activities in the following :FUKUDA Haruhiko Chamber Music Series at Sohji Hall and recitals,Asia Flute Congress,Japan Flute Convention and so on.Recently,he also have a lot of activeties as lecturer,conductor.Currently,he is part-time lecturer of Kyoto City University of Arts,Graduate school,KCUA and Sugiyama Jogakuin University.

大嶋義実[フルート] プラハ放送交響楽団首席フルート奏者、群馬交響楽団第一フルート奏者を経て、現在,京都市立芸術大学教授。1981年京都市立芸術大学卒業後、1984年ウィーン国立音楽大学を最優秀を得て卒業。日本音楽コンクール入選、マリア・カナルス国際コンクール名誉ディプロム、日本管打楽器コンクール入賞。平成10年度京都市芸術新人賞受賞。ソリストとして国内はもとよりロンドン、ウィーン、プラハ、フィレンツェ、ローマ等、毎年公演を行うほか、プラハ交響楽団、ヤナーチェクフィルハーモニー管弦楽団、ヴィルトゥオージ・ディ・プラハ、ピルゼン放送交響楽団、ポーランド・オポレフィルハーモニー、群馬交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等、数多くのオーケストラと協演。1994年、95年にはスロヴァキア室内合奏団のソリストとして東京芸術劇場、紀尾井ホール、大阪ザ・シンフォニーホールをメインに日本ツアーに同行。95年同プログラムでスロヴァキア各地の国際音楽祭に出演。1997年スーク室内オーケストラのソリストとして日本ツアーに同行、ヨゼフ・スークと共演。1998年には日本人フルーティストとして初めて『プラハの春国際音楽祭』より招待を受け好評を博す。1999,2000,2004年FOK(プラハ交響楽団)定期演奏会 (室内楽シリーズ) 出演、2000年もベルギー、ドイツ、チェコ、イタリア、ポーランドと五カ国10都市以上にわたる公演を行う。2001年チェコフィル定期演奏会(室内楽シリーズ)、第36回「モラヴィアの秋国際音楽祭」に出演。室内楽の分野でも師のW.シュルツをはじめ、ウィーンフィルやチェコフィル、ベルリン・ドイツオペラの首席奏者達、プラジャーク弦楽四重奏団、コチアン弦楽四重奏団、クーベリック・トリオ等と共演を重ね、その演奏はNHK「芸術劇場」をはじめ各国のテレビ、ラジオで度々放送されている。ドイツ・コブレンツ国際音楽週間、草津国際フェスティバル&アカデミー、イタリア・サルッツォ音楽院、アオスタ音楽院、ローマ国際アカデミー、プラハ・サマーアカデミー、アメリカ・セント メリー カレッジで等のマスタークラス受け持つほか、相愛大学、大阪音楽大学でも後進の指導にあたっている。ミラノ・ファラウトコンクール、びわこ国際フルートコンクール、全日本学生音楽コンクール、全日本吹奏楽コンクールをはじめ各地のコンクールの審査員も務める。13枚のCDをリリース。日本フルート協会理事、アジア・フルート連盟常任理事。

Yoshimi Oshima is representative of the bold entry of Japanese wind players on the international stage of interpreters of Classical music. He was born in Osaka in 1958 and graduated in music at Kyoto in 1981 as one of the most talented young flutists. From 1981 to 1984, he attended post-graduate classes at the Hochshule für Musik in Vienna, under Wolfgang Schulz. Oshima has received numerous awards at international and prestigious Japanese competitions.From 1987 to 1989, Yoshimi Oshima spent time in Prague as a principal flutist of the Prague Radio Symphony Orchestra. Upon returning to Japan he took up an equally important seat in the Gunma Symphony Orchestra. In 1990 his career as a successful soloist of all the important Japanese concert halls began. Since then he has been invited every year to perform in Europe. He has played in Vienna, London, Prague, Florence, Rome, Brussels, Dresden and other countries. He participated in several International music festivals as a soloist, inclusive ‘53rdPrague Spring’, ‘36th Moravian Autumn’. He has collaborated with Wolfgang Schulz, Peter Schmiedl, Zdeňek Tylšar, Josef Suk, Josef Hala, Jaroslav Tůma, Michala Petri, Bohdan Warchal, Claude Lelong, Tomasz Tomaszewski, Shizuka Ishikawa, the Pražak Quartet, the Doležal Quartet and the Kocian Quartet, the Slovak Chamber Orchestra, the Suk Chamber Orchestra, the Prague Symphony Orchestra FOK, Janaček Philharmonic Orchestra, and many others.He has numerous discography included “Vivaldi: Flute Concertos” with the Suk Chamber Orchestra; “ Mozart ,Flute quartets, flute concerto ”with the Kocian Quartet &The Praga Camerata, ” Flute Sonatas of Antonin Reicha”, “Flute Sonatas of J.S.Bach & C.Ph.E.Bach”.”Astor Piazzolla”with Jaroslav Tuma. Of his CD, particularly Mozart concerto for flute k313 and flute quartets merit special mention. Some of his concerts have also been broadcasted on radio and television.His playing is highly valued particularly for the “warm,human atmosphere” it creates.He has been a professor of several Master class – Kusatsu international summer music academy, International Meisterkurse in Koblenz (Germany) , Scuola di alto Perfezionamento Musicale in Saluzzo, Aosta, Benevento and Rome Arts Academy(Italy), Prague Summer Academy and St.Mary’s College of Maryland(USA).Yoshimi Oshima has been teaching at the Kyoto City University of Arts, Faculty of Music, since 1997.


2012 ジンソ・キムJinSoo KIM金眞珠(1969-):かわいた森の夜想曲Nocturne in Dry Forest
violin : 柳原毬乃 YAGIRA Marino  clarinet: 平川奈津美 HIRAKAWA Natsumi
piano: 志賀俊亮SHIGA Shunsuke

静けさの漂う夜、枯れた森に風が燻う。
小枝は、青黒い夜空のキャンバスに血管のように浮き上がり、何かを欲望している。
月は優しく乾いた魂を宥めている。[ジンソ・キム]

In the silent night, the crisp wind spins in the dry forest
The branches of the tree spread out in the canvas of cobalt blue sky.
As the vein of thirsty soul, the branches put out in the beckoning in desire.
The moonshine in warm and articulate appeases the thirsty of soul in the dry forest. [Jinsoo Kim]

ジンソ・キム [金真珠] メッセージの次項をご覧ください。

柳楽毬乃[ヴァイオリン]6歳よりヴァイオリンを始める。第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞受賞。同ガラコンサート出演。戴59回西日本国際音楽コンクール入賞。2010年佐渡裕とスーパーキッズオーケストラのオーディションに合格、3年間在籍し国内外の演奏会、2014年にはOGとして全国ツアーに参加。井川晶子、芦原充、玉井洋子、玉井菜採、豊嶋泰嗣、の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程1回生。

Yagira Marino started violin from six years old. She won outstanding performance award in 16th KOBE international Music Competition, and performed in the Gala Concert. She also won a prize at the 59th West Japan International Music Competition.She passed the Sado Yutaka and Super Kids Orchestra audition. She performed during three years and joined National Tour 2014 as OG. She studied with Igawa Akiko, Ashiwara Mitsuru, Tamai Natsumi,Toyoshima Yasushi and others. Currently,she is studying at the Graduate School of Kyoto City University of Arts.

平川奈津美[クラリネット]奈良県出身。帝塚山高校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。在学中、第16回浜松国際管楽器アカデミーにおいてクロード・フォーコンプレ氏のマスタークラスを修了。KOSMA主催第16回アマチュアソロ管楽器コンクールにおいて兵庫県知事賞受賞。第28回奈良市音楽協会新人演奏会に出演。チェコにおける夏期音楽講習会にてアレシュ・ヤネチェク氏のマスタークラスを修了。これまでに、篠原猛浩、吉延勝也、福井聡、高橋知己、八段悠子、小谷口直子の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。

HIRAKAWA Natsumi was born in Nara.She graduated from Tezukayama High school snd Kyoto City University of Arts.She studied at master class of Claude F 16th Hamamatsu Internaitonal Wood Wind Instruments Academy.She wom Hyogo Prefectural President Awared for KOSMA 16th Amateur solo woodwind instrument competition.She performed 28th Nara City Music Association New Artist Concert. She studied with Alesch YANECEK at Master Course Czech Summer Course. She studied with SHINOHARA Takehiro,YOSHINOBU Katsuya,FUKUI Satoshi,TAKAHASHI Tomomi,HATTAN Yuko,KOTANIGUCHI Naoko.Currently,she is studying at Graduate School,Kyoto City University of Arts

志賀俊亮[ピアノ] 前項をご覧ください。


[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-16 18:00 | Comments(0)
1795 ルードヴィヒ・ヴァン・ベートヴェンL.v.BEETHOVEN (1770-1827):我愛すIch liebe dich
bass : 濱田雅亮 HARADA Masaaki  piano:東山洸雅 HIGASHIYAMA Koga

Ich liebe dich—我愛す—は、Ludwig van Beethoven(1770-1827)が25歳の頃に書いた歌曲で、1803年に出版された。歌詞は、ベートーヴェンと同じドイツの作家カール・フリードリヒ・ヘロゼーKarl Friedrich Herrosee(1754-1821)の詩をもとにしている。純粋な愛が、のびやかな旋律にのせて、生き生きと歌われるこの曲は、広く皆に愛されている。この曲を書いた頃のベートーヴェンは、まだ耳に不安を感じることもなかったであろう。明るく社交的な青年だったのではないかと想像されるのだが、どうだったのだろうか。[足立恵理]


きみを愛す きみがぼくを愛すように 
夕べに朝に 一日として きみとぼく 
ふたりが憂いを分かちあわないときはなかった
そんな憂いも ふたりで分かちあえば 
耐え忍ぶのはやさしいことだった
わが悲しみには きみが慰めとなり 
きみが嘆きに ぼくは泣いた
それゆえ 神の祝福はきみにありますように 
我がいのちの喜びであるきみよ
神よ きみを守り ぼくのそばに置いてくださいますように
我ら二人を守り 支えてくださいますように
 [クラシック名曲の解説と名盤]

„Ich liebe dich“ is Lied by Ludwig van Beethoven (1770-1827) at the age of 25 years old,and it was published in 1803. It was composed on the poem by German novelist Karl Friedlich Herrosee
(1754-1821).It is singing lively pure love with melody freely,and loving from all widely.When this piece was composed,Beetoven yet did not have anxiety in his ears,and seemed bright sociable young man. [ADACHI Eri]

        Karl Friedlich Herrosee    
Ich liebe dich, so wie du mich,
am Abend und am Morgen,
noch war kein Tag, wo du und ich 
nicht teilten unsre Sorgen. 
Auch waren sie für dich und mich 
geteilt leicht zu ertragen; 
du tröstetest im Kummer mich,  
ich weint in deine, 
in deine Klagen. 
Drum Gottes Segen über dir,
du meines Lebens Freude, 
Gott schütze dich, erhalt dich mir,  
schütz und erhalt uns beide, 
Gott schütze dich, erhalt dich mir,
schütz und erhalt uns beide, 
erhalt, erhalt uns beide, erhalt uns beide! 

濱田雅亮 [バリトン]前項をご覧ください。東山洸雅[ピアノ]富山県黒部市出身。京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業後、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。第2回富山ピアノコンクールシニア部門グランプリ受賞。社団法人日本ピアノ調律師協会関西支部主催第8回よんよんコンサート及び第78回読売新人演奏会に出演。第24回宝塚ベガ音楽コンクール1位、あわせて兵庫県知事賞、会場審査員特別賞を受賞。第25回ABC新人コンサートに出演、最優秀音楽賞を受賞。2014年4月よりドイツのフライブルクへ留学。2015年第6回レプティーンピアノコンクール2位。ハンス・フォン・ビューロー国際ピアノコンクールプロ部門2位。また、留学中にDAAD(ドイツ学術交流会)より、日本とドイツの国際交流に対する優れた業績を認められ、奨学金を授与される。フライブルク音楽大学Advanced Studies課程を満点の成績で修了し、2016年3月に帰国。これまでに坂井千春、多美智子、Gilead Mishory、黒川浩、山本二郎、鶴見彩の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程在学中、阿部裕之氏に師事。マックス・レーガーのピアノ作品を研究対象とし、博士論文を執筆中。

HIGASHIYAMA Koga was born Kurobe City,Toyama Prefecture.He graduated from Kyoto City University of Arts.summa cum laude.He also studied at Graduate School of Tokyo University of Arts and received a master degree from the same.He won Grand Prix for 2nd Toyama Piano Competition Senior division.He performed at 8th Yonyon Concert organized by piano tuner association Kansai branch and 78th Yomiuri New Artist Concert.He won first prize for Takarazuka Vega Mudsic Competition with Hyogo Prefecture President Prize and Audience July Special Prize.He performed at 25th ABC New Artist Concert,and received Outstanding Performance Award.He studied at Freiburg in Germany.He won 2nd place for Hans von Bülow International Piano Competition Professional Categoly.He received DAAD scholarship.He studied at advanced course Hochscchule für Musik,Freiburg,summa cum laude.He studied with SAKAI Chiharu,OHNO Michiko,Gilead Mishorz,KUROKAWA Hiroshi,ZAMAMOTO Jiro,TSURUMI Aya.Currently,he is studying at doctral course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.He has studied with ABE Hirozuki.He is writing doctral thesis about pianbo works of Max Reger.
1738 ジョージ・フレデリク・ヘンデルG. F .HANDEL (1685-1759) :優しき木陰Ombra mai fù
viola da gamba:田淵宏幸 TABUCHI Hiroyuki piano:東山洸雅 HIGASHIYAMA Koga

Ombra mai fu —優しき木陰—は、George Frederic Handel(1685-1759)が書いたオペラ『セルセ』第一幕で、ペルシャ王セルセによって歌われるアリアである。プラタナスの木陰への愛を歌ったもので、本来はカストラートのための楽曲である。ヘンデルはドイツ人であるが、イギリス王室の宮廷で活躍した作曲家である。本日は当時の宮廷でも弾かれていたヴィオラ ダ ガンバで演奏する。同じく宮廷で重用されたカストラートの歌声を偲ばせられますように。[足立恵理]

Ombra mai fù,the song about the love for the shade of Platanus tree,is aria for castorato originally in the first act of Opera serse which was composed by George Frideric Haendel(1685-1759).Handel is German as Händel,he had long activities as composer in the English court.Today,this piece is perfomed by Viola da Gamba which was performing in the court at that time. I hope that you will remember the singing voice of Kastrat. [ADACHI Eri]


Ombra mai fù di vegetabile,
cara ed amabile,soave più

樹木の蔭において
これほどいとおしく優しく愛らしいものはなかった

There was nothing so lovely
as gentle as this in the shade of trees


田淵宏幸[ヴィオラ・ダ・ガンバ] 京都市立芸術大学ヴァイオリン、作曲の両学部で卒業。大阪芸術大学オーケストラ要員を退職の後、2005年よりイタリアへ留学し、現地にて多数のコンサートに参加、研鑽を積みヴィチェンツァにてヴィオラダガンバで卒業、さらにバロックヴァイオリンでも卒業。2011年ヴェネト銀行主催の演奏旅行でヴェネチア、パドヴァ、ミラノでソリストを務める。2012年に帰国後、The Bukky Company主催。大阪府河南町にて月一回定期演奏会を開催している。現存の昔話や世界の童話に作曲を施し、チェンバロやヴィオラ・ダ・ガンバのような古楽器演奏で子供から高齢者まで幅広い観衆に紹介し、好評を得ている。また、参加型の演奏会も企画し、演奏者と一緒に、童謡等をお客さんと合唱する。「のぼさんとあそぼ2004」作曲コンクールにおいて正岡子規の詩に作曲を施し、準グランプリ受賞。2013年日本初ヴィオラ・ダ・ガンバの練習曲を出版。

TABUCHI Hiroyuki graduated from Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Specialized Violin and Composition.After working Osaka University of Arts Orchestra,he started to study in Italy,he also graduated from Vizenca Conservatory specialized Viola da Gamba and Baroque Violin.He performed as soloist at Venice,Padua and Milano at the performance tour organized by Bank of Veneto.He returned to Japan in 2012,and he is organizing his „The Bukky Company“,and having monthly subscription concerts series.He is composing for Western and Eastern old tales and fairly tales,these are performing by western period instruments to introducing for from children to old people widely,these are favorable reception.He also having audience jointing projects,where performers play with audience for singing together children songs and so on.He won semi Grand Prix by the song of MASAOKA Shiki at „NOBO-SAN TO ASOBO 2004“Composition Competition.He published Etude Book for Viola da Gamba which was first publicshed in 2013,Japan.

東山洸雅[ピアノ] 前項をご覧ください。


2017 choreography & dance 野夕梨Noyuri :  OMOTE [世界初演 world premiere]
from 2015 composition 春野海 HARUNO Kai : OMOTE
piano: 志賀俊亮SHIGA Shunsuke

この音楽の特徴の1つ、それは庭の池の静寂から
荒れ狂う海の激動までの幅広いダイナミックスにある。
それは人間のこころをも表す、水の表面である。
能もまたその人間存在の精神のすべてを持っている。

One of the characteristics on this music,it is widely dynamics
as like from silence in the pond of Japanese garden to torrent in ocean.
It expresses also the heart of human, through water various surface.
Also Noh,it has all of the spirit as human being.

春野海[作曲] 京都市立京都堀川音楽高等学校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。 葛西進、平田あゆみ、長谷川智子、前田守一、中村典子、岡田加津子の各氏に師事。 カルロフォルリヴェジ、アランゴーサン、ラインハルトフェーベル各氏のマスタークラスを受講。京都芸術祭新人賞、聴衆賞。京都市立 芸術大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。現在、京都府立清明高等学校常勤講師。


HARUNO Kai graduated from Kyoto Horikawa Music High School and Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,speciality of composition.He studied with KASAI Susumu,HIRATA Ayumi,HASEGAWA Tomoko,MAEDA Shuichi,NAKAMURA Noriko,OKADA Kayuko.He also studied at master class of Carlo Forlivesi,Alan Goussin,Reinhard Febel.He won New Artist Award and Audience Award for Kyoto Art Festival.He studied at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts and received a master degree from the same of composition.Currently,he is teaching at Kyoto Prefectural Seimei High School as full time lecturer.

志賀俊亮[ピアノ] 前項をご覧ください。


Thematic Choreographer
Noyuri野夕梨

4歳よりクラシックバレエを始める。15歳で渡米。リバティー大学(アメリカ)在学中、ミュージカル、ヒップホップダンス、コンテンポラリー作品等のメンバーに抜擢され、様々なステージに出演。2009年ハートオブワーシップアワード受賞。帰国後、関西の劇団にてダンス・演技の指導、振付を行う。2010年滋賀県文化振興事業団主催「響け!うみの鼓動シアターピース」において振付師・ダンサーとして出演。その舞台<生命の舟>を作曲した中村典子が滋賀県文化奨励賞を受賞。2012年ピアニスト赤津ストヤーノフ樹里亜やヴァイオリニストと共に 京都ノートルダム学院小学校において東日本大震災の為のチャリティーコンサートを行う。2013年同志社女子中学・高等学校、兵庫県ユニセフ協会主催の数々のステージに出演。2014年岩手県釜石市において東日本大震災の為の復興支援コンサートに出演(NPO法人ガバチョ・プロジェクト主催、認定NPO法人「国境なき子どもたち(KnK)協力」)。2015年宮崎県都城市において一般財団法人貝塚市文化復興事業団主催のコンサートに出演。大阪府寝屋川市アルカスホールにおいて「癒しのピアノコンサート」にダンサー、シンガーとして出演。(医療法人三家クリニック主催) クラシックバレエ、コンテンポラリーダンスの要素を取り入れた独自のパフォーマンススタイルを通して、言葉を超えたメッセージを表現している。

NOYURI started classic ballet at the age of four years old. She moved to U.S.A at the age of fifteen years old.During her study at Liberty University, she selected and perfomed at various stages of musical,hiphop dance and contemporary works.She received heart of worship award in 2009.After returning to Japan,she has been taught dance and acting to thatrical company in Kansai. She coreographied new stage dance for theater piece beats for creation Lake BIWAShip of Lifeand premiered as dancer.Composer ofShip of LifeNakamura awarded Shiga Prefecture Cultural Encouragement Award in this year.She had charity concert for East Japan Earthquake at Kyoto Notre Dame Gakuin Elementary School with pianist AKATSU Stoyanov Julia and violinist in 2012.She performed at the stages of Doshisha Women Jonior High School & High School and Hyogo prefecture Unicef association in 2013.She performed at concert for reconstraction assistance by the cooperation with NPO Corporation Gavacho Project and Certificated NPO Corporation Borderless Children(KnK) in 2014.She performed at the concert at Miyakonojo City,Mizayaki Prefecture,organized by General Foundation Kaizuka City Agency for Cultural Reconstrtuction in 2015.She performed as dancer and singer at Healing Piano Concert,organized by Medical Corporation Sanke Clinic.She has been expressed messages over words through original performance style with the elementsof classic ballet and contemporay dance.
2009 ジンソ・キムJinsoo KIM 金眞珠(1969-):アリアリAri Ari [日本初演 Japan premiere]
violin:江川菜緒EGAWA Nao  piano:アンヌシュ・ハンヌヴォルト

アリアリはアリランをベースにした作品です。アリランは、韓国の準国歌とも言える、日本の《さくらさくら》のような作品です。アリランには百を越える様々なアンサンブルのヴァーションがあり、この作品はヴァイオリンとピアノのための作品の一つで、非常にヴィルトゥオーゾ性(名人技)に富んだ部分があり、他の部分は伝統的な韓国民謡と作曲家ジンソ・キムの学んだ地ブルックリンスタイルのフュージョンです。いくつかの箇所は、ガーシュインのようなフィーリングにあります。音楽それ自身はアップビートからバックラッシュまでさまざまな段階を経て、すべてがロマンティックスタイルの音楽領域に維持されています。[アンヌシュ・ハンヌヴォルト]

아리랑 아리랑 아라리요 아리랑고개로 넘어 간다 나를 버리고 가시는 님은 십리도 못가서 발병난다 아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 청천하늘엔 별도 많고 우리네 가슴엔 꿈도 많다 아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 저기 저 산이 백두산이라지 동지 섣달에도 꽃만 핀다

アリラン アリラン アラリヨ アリラン峠を越えて行く 私を捨てて行かれる方は、 十里も行けずに足が痛む。 アリラン アリラン アラリヨ アリラン峠を越えて行く 晴れ晴れとした空には星も多く、我々の胸には夢も多い。 アリラン アリラン アラリヨ アリラン峠を越えて行く あそこ、あの山が白頭山なんだね、冬至師走でも花ばかり咲く [wikipedia]

Ari Ari is a piece based on Arirang. Arirang is sort of an informal national tune of South Korea, much like Sakura Sakura is in Japan. There are hundreds of versions for all kind of different ensembles for this piece. This one is for violin and piano, where the violin plays a very virtuous part. However, unlike any other version, Ari Ari is a fusion of traditional Korean folk music and Brooklyn Style music, as the composer Jin Soo Kim studied there. Some places it is vagualy feeling like Gershwin.The music itself goes through a lot of different phases, ranging from up beat to laid back. All the while remaining inside the boundaries of romantic style music.[Anders HANNEVOLD]

Arirang,Arirang,Arario…Arirang gogaero neomeoganda Nareul beorigo gashineun nimeun Shimrido motgaseo balbyeongnanda. Cheongcheonhaneuren janbyeoldo manko Uri ne gaseumen huimangdo manta.Jeogi jeo sani Baekdusaniraji Dongji seotdaredo kkotman pinda.Arirang,Arirang,Arariyyo… You are going over Arirang hill

My love,you are leaveng me Your feet will be sore before you go ten li.Just as there are many stars in the clear sky, There are also many dreams in our heart.There,over there,that mountain is Baekdu Mountatin,Where,even in the middle of winter days,flowers bloom

ジンソ・キム [金真珠] 冒頭メッセージの次項をご覧ください。

江川菜緒 音楽学生フェスティバル2015、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIII、セイジ・オザワ 松本フェスティバル「青少年のためのオペラ」、「子どものための音楽会」に参加。これまでに、宮﨑彰美、東儀幸、澤和樹、曽我部千恵子、豊嶋泰嗣の各氏に、ヴィオラを山本由美子氏に師事。また、室内楽を中島悦子、上村昇、中村典子、上森祥平の各氏に師事。15年度公益財団青山財団奨学生。エイム弦楽四重奏団メンバーとして第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、ハイドン賞。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究家修士課程器楽専攻2回生。

Egawa Nao jointed Student Festival 2015,Ozawa Seiji Music Preparatory School Opera Project XIII, Seiji Ozawa Matsumoto Festival “Opera for Youth”, ”Concert for Youth”. She studied violin with Miyazaki Akemi, Azuma Yoshiyuki, Sawa Kazuki, Sogabe Chieko, Toyoshima Yasushi, and viola withYamamotoYumiko,chamber music with Nakajima Etsuko, Kamimura Noboru, Nakamura Noriko, Uwamori Shohei. She received Aoyama Music Foundation Music Scholarship. As Aim String Quartet member, she won 1st place of Sohji Hall String Quartet Competition, and received the Haydon Award. Currenty, she is studying at the Graduate School of Kyoto City University of Arts.

アンヌシュ・ハンヌヴォルト [作曲]ノルウェーのベルゲンの作曲家、ピアニスト。彼の音楽は、歌曲、先進的なアンサンブル・ミュージック、オープン・スコア、サウンド・インスタレーションに至るまで、幅広いスタイルと表現力を持つ。アルゴリズムと主要な動機は、しばしば彼の作品の中心的な位置を占めるが、ハートがないわけではない。グリークアカデミーのピアノ専攻を卒業して現在、京都市立芸術大学・グリーク・アカデミー交換留学生として中村典子氏に作曲を師事。

Anders Hannevold is a composer and pianist from Bergen, Norway. His music has a large range of styles and expression, ranging from lieder, futuristic ensemble music, open scores to sound installations. Algorithm and leading motives often take a central place in his works, although not without «heart». He is now studying with prof. Nakamura Noriko at Kyoto City University of Art as an exchange student from the Grieg Academy.


[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-16 17:59 | Comments(0)
clumusica 28th concert[clumusica 30th friendship charity]

series邂逅Project IV

共響 vox maiorum

東アジア文化都市長沙[中国] 大邱[韓国] 京都[日本]
EAST ASIA CULTURAL CITYChangsha [China] Daegu [Korea] Kyoto [Japan]

2017.12.22[金]京都市立芸術大学大学会館ホールUniversity Hall,Kyoto City University of Arts
主催:京都市立芸術大学音楽学部京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 clumusica
Organiser:Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts,Graduate School of KCUA clumusica

인사

오늘은 날씨가 춥고 바쁘신 와중에 우리 연주회에 와주셔서 감사드립니다. 시리즈 "邂逅(해후)”는 2015년부터 해마다 12월 22일에 본 대학 연주홀에서 개최하고 있스며, 본 시리즈는 2015년 1월 23일 한국대구의 현대음악창작그룹 empty note를 맞이하여 교토아트센터에서 하였던 clumusica공연 《邂逅之絲(해후지사)》를 계기로 이제까지 계속되어 있습니다.

clumusica는 musica [라틴어로 음악]과 서투른 [영어로 서투른]의 복합어이며, KCUA 나카무라 연구실을 기반으로하는 동시대 동지점적 창조에 전심하는 학생, 졸업생, 교원혼성 인접지역 집합스타일의 오케스트라와 보컬앙상블입니다.

초회 《邂逅之絲》에서는 바이올린과 첼로, 箏와 二十五絃箏, 판소리와 서예까지 하나의 코스모로지를 형성하여, 자작사 《宇宙 光 抱容》부터 그레고리오 성가와 箏의 邂逅인 Credo 육단, 춘향전 그리고 우리 작곡전공 교환유학생일동 신세 많이 졌던 KCUA교류협정교 브레멘예술대학 작곡가 박-파안영희 교수님의 한어 타이틀을 가지는 첼로 독주곡 《아가》, 한국민요 가사로부터 판소리 신작 《꿈이로다》, 불전연구부터의 판소리, 바이올린과 첼로를 위한 신작 《Destiny》, 교토에서 살아 교토에서 몰한 与謝蕪村의 俳句(하이쿠)에 의한 箏唄 신작 《斎zhai》를 초연했습니다. 

이 년 전 2015년 12월 22일에는, 한국과 일본의 국교정상화50주년기념 “화음” 프로젝트 페스티벌 조선 통신사 프로젝트III을 저의 신체상황때문에 대학 연주홀에서 하게 되었습니다. 프로그램은 본 대학근처의 국제일본문화연구센터 외국인연구원으로써 한 해 동안 체재하셨던 연세대학교 임지선 교수님의 《흩어진 기억과의 만남-조선 통신사》를 지휘로써, 또 일본에서 요절한 한국국민 시인 윤동주에게 바쳐 작곡, 지휘한 笙와 현악을 위한 협주곡 《海煥草木川花奏鳴》의 두 작품을 세계 초연하였습니다.

그리고 2016년 1월 30일, empty note와 clumusica는 대구-아트팩토리에서 홍콩작곡가협회 회장을 하셨던 장윙와[陳永華] 씨와 함께 공동연주회 <響律動夢 禱櫻命運>을 열어, 가야금, 箏, 판소리, 타악기, 바이올린, 첼로, 그리고 서예와 시인 퍼포먼스까지 전개하였으며, 2016년 12월 22일에는, 교토의 야나가와 샤미센과 현악을 위한 협주곡 창조를 향해서, 야나가와켄교[柳川検校] 몰년에 성립한 파헬벨의 캐논, 켄교 몰 전년에 몰한 스페인인 맹목의 오르가니스트 겸 작곡가 파브로 부루나의 음악과 켄교의 《早舟》를 비교, 또 판소리 중의 고전과 현대 창조상황, 중국의 맹목 피아니스트 겸 작곡가 대박[代博] 씨, 바이올리니스트 쨔오유한[曹煜涵] 씨에 의한 한시(漢詩)의 음향적 랜드스케이프 등의 연구를 통해서, 신 야나가와 샤미센 협주곡 《御通木》을 작사, 작곡하여, 교토시 특별예술문화 장려자인 야나가와 샤미센 연주자 하야시미네코 씨와 함께 제 자신의 지휘로 초연하였습니다.

12월 22일은 인류 역사 중의 특별한 날인 것 같습니다. 음악계에서는 베토벤 교향곡 5 번과 6 번의 초연날, 푸치니의 생일, 드뷔시 목신의 오후 전주곡 초연날이고, 노동조합법 공포날이면서 봉건적 가족제도가 철폐된 민법개정날, 그리고 차우셰스쿠 정권 붕괴날이면서 베를린 브란덴부르크문 18년만의 개회식날입니다. 또 작년 12월 22일은, 사망자는 없었으나 이토카와 대화재가 있었고, 오년동안 계속된 시리아 남북 전쟁 알레포의 전투가 사실상 끝난 날이였습니다.

이리하여 올해는 기도와 희망의 뜻을 담아 동아시아 문화도시 장사 (중국), 대구(한국), 교토(일본)에서 활동하는 작곡가와 연주자들과 함께 본 프로그램을 구성하였습니다. 중국에서는 이백의 한시에 의한 대박 씨의 피아노 협주곡 《관산월》을 호남성장사출신의 바이올리니스트 쨔오유항 씨와 함께 작곡가의 피아노 독주로써, 한국대구에서는 2014년의 세월호 해난사고 희생자인 고등학생들에게 바친 대구 가톨릭대학교 김중희 교수님의 소리와 바이올린, 현악을 위한 협주곡《公無渡河歌》를 오영지 씨의 소리, 김지혜 씨의 바이올린 으로써, 그리고 또 서울에서는 임지선 씨의 피아노 협주곡 《희망은 날개 달린 작은 새》를 항가리에서 연찬을 쌓은 본 대학수료생 모리모토미호 씨의 피아노로써, 일본에서는 저의 二十五絃과 현악을 위한 협주곡 《미적》을 교토시특별예술문화장려자이시면서 본 대학교 강사를 하시던 요코야마카요코 씨의 二十五絃箏로써 오사카 음악대학 고창수 교수님과 저가 지휘, 세계초연을 하겠습니다.

동일본대진재, 세월호 해난사고, 구마모토 지진 그리고 세계에서 일어나는 다양한 분쟁, 재해에 의한 곤란까지 여러 곳에서 부흥을 위한 시간이 계속되어 있습니다.
우리는 피해자의 명복을 빌면서, 긴 재건의 길로 나아 가기 위해 피해 지역과 피해자들과 함께 힘을 다하여 가겠습니다. 여러 분들께 앞으로도 지속적인 지도와 협력을 부탁드립니다.

2018년 12월 22일

ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica collaborative supervisor
교토시립예술대학 음악학부 조교수
나카무라 노리코

欢 迎 辞

感谢各位在百忙之中我们的音乐会。每年12月22日在大学会馆礼堂举行的《邂逅》系列演出起始于2015年1月23日在京都艺术中心举行的韩国大邱音乐创造集团empty note和clumusica公演的《邂逅之絲》。

clumusica是拉丁语的musica(音乐)和英语clumsy(笨拙的)的合成词。它的本部设在中村研究室,由在校学生,教师校友,以及社区交响乐团和合唱团构成。首次《邂逅之絲》公演是小提琴,大提琴,筝和25弦筝以及韩国传统艺能的激情碰撞。由以下曲目构成:自诗《宇宙 光 抱容》到格列高利历圣歌和筝的相遇而形成的Credo六段,韩国古典艺能的春香传,还有对我们作曲专业交换留学生给予了极大帮助的京都市立艺术大学的友好学校Hochschule für Künste Bremen作曲专业教授朴琶案泳姫的大提琴独奏AAGA《雅歌》,出自韩国民谣的韩国古典新作《梦幻》,出自佛典研究的韩国传统艺术的小提琴和大提琴合奏的新作《Destiny》,以及以在京都居住过的与谢芜村的诗句而创作的筝独奏《斋 zhai》。

两年前的12月22日是日韩国交正常化50周年。在这个值得纪念的日子,由我承担的

朝鮮通信使III研究项目的音乐会,因我的身体原因在大学音乐厅举行。演奏曲目是作为外国人研究员在日本国际日本文化研究中心进行研究的延世大学教授林志宣老师的《与散落记忆的相遇~朝鮮通信使》,以及本人以在日本夭逝的韩国诗人尹东柱为题材创作的笙与弦乐协奏曲《海焕草木川花奏鸣》,这两个曲目均为世界首次公演。

2016年1月30日,在韩国大邱empty note和clumusica以《乡律梦动祷樱命运》为题,与香港作曲家联盟主席,著名作曲家陈永华先生一起,用伽倻琴,筝,韩国传统民谣,打击乐,小提琴,大提琴,书法,诗人表演等形式共同上演了一场音乐大宴。2016年12月22日,为了创作京都柳川三弦和弦乐的协奏曲,通过柳川检校去世之年成立的帕赫贝尔的卡农,以及在此之前去世的西班牙盲人作曲家巴勃罗・布鲁納的乐与柳川检校的《早舟》的比较,韩国的古典民谣与现代创作的状况,中国的盲人钢琴家・作曲家代博与小提琴家曹煜涵创作的汉诗音响景观等研究,我完成了柳川三弦和弦乐的协奏曲《御通木》的词曲创作,并于当年与京都市艺术文化特别奖获得者柳川三弦演奏家林美音子女士合作,由我担任指挥首次公演。
12月22日,对于人类来说或许是个不寻常的日子。音乐界是贝多芬第5,第6交响乐的首演日,普契尼的生日,德彪西的牧神的下午前奏曲的首演日,还有取消封建家族制度的民法改定日,契尔塞斯库政权崩溃日,去年12月22日系鱼川火灾,持续5年的叙利亚阿勒颇内乱的终结日等等。

今年,东亚文化城市长沙(中国),大邱(韩国),京都(日本)的演奏会,则由前述的作曲家和演奏家来完成。来自中国的钢琴家・作曲家代博呈献给大家的是以李白的汉诗为题的钢琴协奏曲《关山月》,此曲由湖南省长沙市出身的小提琴家曹煜涵和曲作者的钢琴独奏共同完成。来自韩国大邱的大邱天主教大学的作曲家金重希的作品是声,和弦乐的协奏曲《公无渡河歌》,此曲是为纪念在“世越号”海难中遇难的学生而作,由吴詠智演唱,金知恵小提琴伴奏。还有来自韩国首尔的作曲家林志宣的钢琴协奏曲《希望是长有羽毛的东西》,此曲由留学匈牙利的本校毕业生森本美帆担任钢琴独奏。日本方面的作品是由我创作的二十五弦筝和弦乐的协奏曲《未跡》,此曲由我和大阪音乐大学的高昌帅老师担任指挥,京都市艺术文化特别奖获得者横山佳世子将演奏二十五弦筝。以上作品均为世界首演,请携祈祷和希望聆听为盼!

东日本大地震,“世越号”海难,熊本大地震以及世界中的战乱和灾害无时不在困扰着我们,各地也无时不在为复兴努力,但复兴之路坎坷漫长,让我们为灾区尽力,为逝者祈祷,共创美好明天!

2017年12月22日

collaborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
京都市立芸術大学音乐系副教授
中村典子

Greetings

Thank you so much for coming to our concert. This series “encounter" is held at the university hall on December 22 every year since 2015. The first series “encounter" was held at the Kyoto Art Center on January 23, 2015.The collaborative concert of clumusica with the empty note, contemporary music creation group, was as the begining of the concert series and it continues to the present.

Our clumusica is a compound word of musica [music in Latin] and clumsy [clumsy in English], and it is an ensemble of students, graduate school students, professors, alumnae and alumni based on Nakamura Laboratory a regional style orchestra and vocal ensemble. In this first “encounter”, we performed the followings: the encounter of Gregorian Chant & ROKUDAN 6 steps and Classic Pansori’s Chun-hyang Jeon from self-poetry “Cosmos, light and embrace” formed one cosmology with violin, cello, koto, 25-string koto, traditional Pansori and calligraphy, and Pansori’s new work “Dream” from the Korean titled cello solo piece AAGA by Younghi Pagh-Paan who was a Professor of Bremen University of Arts and taught composition for our exchange students of KCUA, a new work “Destiny” with violin, cello and Pansori from the Buddhist studies, a new koto solo piece “Zhai” based on the poem of YOSA Buson who lived in Kyoto.

Also two years ago on December 22, 2015 at the University Hall, KCUA, we had the Festival of Hwaum Project Chosuntongsinsa III Commemorating the 50th anniversary of diplomatic relations between Korea and Japan at the University Hall, KCUA, in consideration of my physical condition. In the festival, we performed two works as the world premieres by the conducting of Prof. Park Sang Yeon, Hwaum Chamber Orchestra and Nakamura Noriko. These were "Encounter with scattered memories-Chosuntongsinsa” composed by Prof. Lim Jiesun of Yonsei University who had stayed as a foreign researcher near Kyoto City University of Arts for a year, and "haehwan cho mog cheong hwa ju myeong" the concerto for sho and string orchestra by Nakamura Noriko, which was dedicated to a Korean national poet Yoon Dong Ju who died at the age of 27 in Japan.

 On January 30, 2016 at Korea Daegu Art Factory, the empty note and clumusica with Prof. Chan Wing-wah, the chairman of the Hong Kong Composers Guild, performed new works for koto, Pansori, percussion, violin, cello, calligraphy and poet performance. In addition, on December 22, 2016 for the creation of the concerto for instruments associated with Kyoto,I composed and conducted my composition Yanagawa shamisen Concerto through the comparing research among Pachelbel's Canon established in the year of Yanagawa Kengyo's death, the composition of the Spanish blind organist and composer Pablo Bruna who died in the previous year of the Yanagawa’s death, and Yanagawa Kengyo’s “Hayafune”, and then through the researches from the situation in classics and contemporary creations, Korean Classical Pansori and the acoustic landscape by the blind Chinese young pianist and composer Dai Bo with a violinist Cao Yuhan. I wrote the text of lyrics,and composed & conducted Yanagawa Shamisen Concerto "Mitsugi" for Ms. Hayashi Mineko who was a cultural special encouragement artist of Kyoto City,at last year.

December 22 seems to be a special day in human history. It is the day that the Beethoven Symphony No. 5 and 6 were premiered, the Prelude to the Afternoon of a Faun by Claude Debussy was premiered, Puccini’s birthday, the revision date of the Civil Code which the feudal family system was abolished on the occasion of the trade union law widening day, the collapse of the Bulgarian administration, the opening ceremony of the Brandenburg Gate in Berlin for the first time in 18 years. On this day last year, on December 22, 2016, the massive fire without any death in Itoigawa occurred, and the Battle of Aleppo a part of the Syrian civil war was practically ended.

In this year, we organized this program with composers and players who are studying concerts together in East Asian cultural city Changsha [China] Daegu [Korea] Kyoto [Japan]. From China, Mr.DAI Bo who is a composer and piano soloist and Ms. CAO Yuhan, who is a violinist from Changsha in Hunan Province perform a Piano Concerto by LI Bai’s Chinese poetry. From Daegu in Korea, Prof. Kim Joong Hee composed a Concerto for sori and violin. Ms. Oh Youngji [pansori] and Ms. Kim Jihye [violin] perform for the high school student victims of the Sewol Ferry Disaster. From Japan, my 25th string koto concerto is performed by Ms. Yokoyama Kayoko, who had been a part-time lecturer at KCUA with my conducting. Prof. Lim Jiesun composed a Piano Concerto for Ms. Morimoto Miho by Emily Dickinson’s poem. Please listen to the prayers and hopes.

The time for reconstruction continues in various places, ranging from the Great East Japan Earthquake, Sewol maritime accident, Kumamoto earthquake and various conflicts and disasters in the world. We would like to pray for the relief of the victims and work hard together with the affected areas and victims in order to tackle the path to long reconstruction.

We look forward to your continued guidance and cooperation now and in the future.

December 22, 2017

Collaborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
Associate Professor, Faculty of Music, Kyoto City University ofArts
Nakamura Noriko

ご挨拶

 本日はお忙しいなかまたお寒いなかご来場くださりまことにありがとうございます。このseries邂逅は例年12月22日に大学会館ホールで開催中で、series邂逅は2015年1月23日、京都芸術センターで行った韓国大邱の現代音楽創造集団empty noteを迎えてのclumusica公演《邂逅之絲》が始まりとなって継続しております。

 私共clumusicaは、musica [ラテン語で音楽]とclumsy[英語で不器用な]の合成語で、中村研究室に拠を置く同時代同地点的創造に 取り組む学生卒業生教員混成隣接地域集約スタイルのオーケストラとヴォーカルアンサンブルです。この初回《邂逅之絲》ではヴァイオリンとチェロ、箏と二十五絃箏、伝統演唱パンソリと書までがひとつのコスモロジーを形成、自詩《宇宙 光 抱容》から、グレゴリオ聖歌と箏の邂逅であるCredo六段、パンソリ古典の春香傳、そして私達作曲専攻の交換留学生一同大変お世話になりました京都市立芸術大学の交流協定校であるブレーメン芸術大学作曲教授ヨンギ=パクパーン先生の韓国語タイトルを持つチェロ独奏曲AAGA《雅歌》から、韓国民謡の歌詞からパンソリ新作《夢なり》、仏典研究からのパンソリ、ヴァイオリン・チェロによる新作《Destiny》、京都に居を構えて京都で没した与謝蕪村の句による箏唄の新作《斎 zhai》を初演上演しました。                                      

 また2年前2015年12月22日には、日韓国交正常化50周年記念ファウムプロジェクトフェスティバル朝鮮通信使プロジェクトIIIを私の身体状況により大学会館ホールで行うことになりました。プログラムは、京都市立芸術大学近在の国際日本文化研究センター外国人研究員として一年滞在された延世大学校教授のイム・ジソン[林志宣]先生の《散らばった記憶との邂逅-朝鮮通信史》を指揮で、日本で夭逝の韓国国民詩人尹東柱に捧げて作曲指揮した笙と弦楽の協奏曲《海煥草木川花奏鳴》の2曲を世界初演いたしました。

 この2016年1月30日には韓国大邱アートファクトリーでempty noteとclumusicaが<響律動夢 禱櫻命運>と題し、香港 作曲家連盟会長をつとめられた作曲家チャン・ウィンワ[陳永華]氏と共にカヤグム、箏、パンソリ、打楽器、ヴァイオリン、チェロ、書、詩人パフォーマンスまでを繰り広げ、2016年12月22日には京都の柳川三味線と弦楽の協奏曲への創造に向けて、柳川検校 没年に成立したパッヘルベルのカノン、柳川検校没前年に没したスペインの盲目のオルガニストで作曲家のパブロ・ブルーナの 音楽と柳川検校《早舟》の比較、韓国の語り物パンソリにおける古典と現代の創造の状況、中国の盲目のピアニスト作曲家であるダイ・ボ[代博]氏とヴァイオリニストのツァオ・ユーハン[曹煜涵]氏による漢詩の音響的ランドスケープ等研究を通して柳川三味線と弦楽の協奏曲 《御通木》を作詞作曲、この年の京都市芸術文化特別奨励者認定の柳川三味線林美音子氏との協奏により、私自身の指揮で世界初演しました。

 11月22日は、人間の歴史にとって特別な日であるようです。音楽ではベートーヴェン交響曲第5,6番の初演日、プッチーニ誕生日、ドビュッシー牧神の午後への前奏曲の初演日、労働組合法広布日にして封建的家族制度が撤廃された民法の改正日、チャウシェスク政権崩壊の日にしてベルリン・ブランデンブルグ門18年ぶりの開通式の日、昨年2016年12月22日は、死者は出さなかった糸魚川大火の日にして5年続いたシリア騒乱アレッポの戦いの事実上終結の日でもあります。
 
 そして本年は、東アジア文化都市長沙[中国]大邱[韓国]京都[日本]の中での演奏会を、これまで上記で共に研究している作曲家、奏者で本プログラムを形成いたしました。中国からは李白の漢詩によるダイ・ボ[代博]氏のピアノ協奏曲《関山月》を、湖南省長沙出身のヴァイオリニスト、ツァオ・ユーハン[曹煜涵]氏と共に作曲者のピアノ独奏で、韓国大邱からは2014年のセウォル号海難事故の犠牲者の高校生達に捧げた大邱カトリック大学のキム・ジュンヒ[金重希]先生のソリ[声]とヴァイオリンと弦楽の協奏曲  《公無渡河歌》をオ•ヨンジ[呉詠智]氏のソリ[声]、キム・ジヒェ氏のヴァイオリンで、また韓国ソウルからは[林志宣]氏のピアノ協奏曲《希望は羽の生えた小鳥》をハンガリーで研鑽された本学修了生森本美帆氏のピアノで、日本からは私の二十五絃と弦楽の協奏曲《未跡》を京都市芸術文化特別奨励者で本学非常勤講師をつとめられたことのある横山佳世子氏の二十五絃箏で、大阪音楽大学の高昌帥先生と私が指揮、それぞれ世界初演いたします。どうぞいのりと希望をお聴きください。

 東日本大震災、セウォル号海難事故、熊本地震や世界に起こる様々な紛争・災害による困難に至るまで、様々な場所で復興への時間が継続しています。被災者のご冥福をお祈りし、長い復興への道のりに取り組むため、被災地と被災のみなさまと共に力を尽くして参りたいと存じます。今後共なにとぞこ指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

2017年12月22日
collaborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica         
京都市立芸術大学音楽学部准教授 
中村典子

Program

대보 ダイ・ボ 代博 [中国] : 피아노협주곡"관산월" ピアノ協奏曲 《関山月》 钢琴协奏曲《关山月》(世界初演)
DAI Bo [China] : Piano Concerto “GUAN SHAN YUE” (World Premiere)
ピアノ独奏 : 대보 ダイ・ボ (北京中央音楽学院) piano solo : DAI Bo
指揮:나카무라노리코 中村典子 ensemble clumusica

김중희 キム・ジュンヒ 金重希 [韓国] : 소리, 바이올린, 현악오케스트라를 위한 "공무도하가"
声、ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための《公無渡河歌》 (世界初演)
KIM Joonghee [Korea]:“Gong Mu Do Ha Ga” concerto for Sori, Violin & String orchestra (World Premiere)
ソリ独唱:오영지オ・ヨンジ 呉詠智 sori:OH Youngji 
ヴァイオリン独奏:김지혜 キム・ジヒェ 金知恵 KIM Jihye
指揮:고창슈  高昌帥 KOH Changsu
ensemble clumusica   
           
나카무라노리코 中村典子 [日本] :미적 이십오현쟁와 현악 협주곡
《未跡》二十五絃箏と弦楽の協奏曲 二十五弦筝与弦乐协奏曲 (世界初演)
NAKAMURA Noriko[Japan]: “Signa” concerto for 25 strings koto and string orchestra (World Premiere)
二十五絃独奏 :여코야마카요코 横山佳世子
指揮:나카무라노리코 中村典子 
ensemble clumusica

임지선 イム・ジソン 林志宣 [韓国] : 희망은 날개 달린 작은 새 《希望は羽根のある小鳥》 希望,小鸟有翅膀
ピアノ独奏、マリンバを伴う弦楽の協奏曲(世界初演)
LIM Jiesun [Korea]:“Hope,the Little Bird with Feathers” concerto for piano & string orchestra with marimba (World Premiere)
ピアノ独奏 : 모리모토미호 森本美帆 piano solo:MORIMOTO Miho
指揮:고창슈 高昌帥 conductor:KOH Changsu [大阪音楽大学教授] 
ensemble clumusica

Orchestra: ensemble clumusica
차오유항 ツァオ・ユーハン 曹煜涵 CAO Yuhan
김지혜 キム・ジヒェ 金知恵 KIM Jihye
니카무라키미토시 中村公俊 NAKAMURA Kimitoshi
미즈노마유리 水野万裕里 MIZUNO Mayuri
아나기하라호미카 柳原史佳 (4)YAMAGIHARA Fumika
코미아키 古味亜紀 KOMI Aki
에그치존코 江口純子 EGUCHI Junko 
오야부히데코 大藪英子 OYABU Hideko
난죠쇼코 南條聖子 NANJO Shoko
미카미사쿠라 三上さくら (3) MIKAMI Sakura
키다카나호 木田奏帆 (2) KIDA Kanaho
코타카무추미 小高睦 KOTAKA Mutsumi
마고크케시 孫工恵嗣 MAGOKU Keishi 
니시무라마나미 西村まなみ NISHIMURA Manami
코미히로야스 古味寛康 KOMI Hiroyasu
이케다겐키 池田源輝 (4) IKEDA Genki
카미나카아사미 上中あさみ [マリンバ] KAMINAKA Asami [marimba]

ピアノ独奏 : 대보 ダイ・ボ (北京中央音楽学院) piano solo : DAI Bo
ピアノ独奏 : 모리모토미호 森本美帆 piano solo: MORIMOTO Miho
ヴァイオリン独奏 : 김지혜 キム・ジヒェ 金知恵 violin solo : KIM Jihye  
ソリ独唱:오영지 オ・ヨンジ 呉詠智 sori solo: OH Youngji
二十五絃独奏 : 여코야마카요코 横山佳世子 25 gen koto solo : YOKOYAMA Kayoko
指揮 :고창수 高昌帥 [大阪音楽大学教授] conductor : KOH Changsu  
指揮 :나카무라노리코 中村典子 [京都市立芸術大学音楽学部准教授] conductor:NAKAMURA Noriko


Staffs:
Korean Translation宋和映 송화영 SONG Hwayoung [大阪成蹊短期大学非常勤講師]
Chinese Translation 逄 军 방준 PANG Jun [びわこ学院大学教育福祉学部子ども学科教授]
English Translation田中[蒲池]由佳子 타나카[가마이캐유카코 TAKANA[GAMAIKE] Yukako
Lighting 渡辺佳奈 와타나베카나 WATANABE Kana [京都市立芸術大学大学院美術研究科日本画専攻]
Acoustics & Recording 西村千津子 니시무라치즈코 NISHIMURA Chizuko [京都市立芸術大学非常勤講師]
Photograph荒木真歩 아라키마호 ARAKI Maho [神戸大学大学院博士課程前期課程人間環境学専攻]
Video Shooting 中井友路 나카이토모노리 NAKAI Tomonori [京都市立芸術大学美術学部構想設計専攻]
Stage Direction 藤田茉奈美 후지타마나미 FUJITA Manami [京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻]
Stage 山川和也 야마카와카즈야 YAMAKAWA Kazuya [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻]
Stage 池内奏音 이케우치캐논 IKEUCHI Kanon [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻]
Stage 影近舞帆 카게치카마이호 KAGECHIKA Maiho [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻]
Stage 高橋祐智 타카하시마사토TAKAHASHI Masatomo [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻]


[PR]
Program note

대보 ダイ・ボ 代博 [中国] : 피아노협주곡"관산월" ピアノ協奏曲 《関山月》 钢琴协奏曲《关山月》(世界初演)
DAI Bo [China] : Piano Concerto “GUAN SHAN YUE” (World Premiere)
ピアノ独奏 : 대보 ダイ・ボ (北京中央音楽学院) piano solo : DAI Bo
指揮:나카무라노리코 中村典子 NAKAMURA Noriko
ensemble clumusica

関山月は、ピアノと弦楽器のオーケストラのための協奏曲である着想は、有名な中国の詩人李白[LiBai]の五言律詩に由来する。この詩は、李白の文学的なユエフス(民謡様式で構成された中国詩)の一つであり、漢代の楽処の曲目から再生された題名である。

作品の三章は李白の詩に描かれる3つの情景で概念的に「強められた関の明月」、「戦場の苦しみ」、「郷愁の郷愁」である。この作品はまた、同名の古琴[中国のツィター]の編曲から旋律を借りているが、その中の略字[古琴譜]の原稿は秦代に遡る。この古代の旋律は、忠実な再現または脱構築的な適応のいずれかの形態で組成の全体にわたって繰り返され、故に古代中国の五音のスタイルと現代の音楽の語り口を維持している。

この作品のもう一つの重要な特徴は、雅楽[古代宮廷での日本の儀式音楽]、歴史的には古代中国での儀式音楽と結びついている異体の広範な使用である。中国と日本の儀式音楽の進化は、東アジア諸国間の不可分な文化的関係を実証する。ヘテロフォニー[相対的意識的逸脱(ヅレ)の膨満と収斂:中村]と、抽象的で現実的な両方の音楽言語の組み合わせは、主に東方美学を体現する。

政治的に緊張した東アジアを背景に、相互信頼、相互理解、包括性の重要性は、過度に強調されることはない。この作品は、祖先が孤独と郷愁と戦争の荒廃を唱え、最終的には異なる国々や異なる文化的背景を持つ人々と和音をひとつそっと鳴らすことにより、人類共通の感情と価値を呼び起こすことを目指している。

関山月는 피아노와 현악 오케스트라를위한 협주곡입니다.영감은 유명한 중국 시인 리 바이 (李白)의 5 자리짜리시에서 나왔다.
시는 Li Bai의 문학 유화 (포크송 작곡으로 편곡 된 중국시) 중 하나이며, 잠깐의 음악 국의 레퍼토리에서 재생 된 제목입니다.
작품의 세 가지 움직임은 Li Bai의시에서 묘사 된 3 개의 장면과 개념적으로 그리고 감정적으로 대응한다. Li Bai의 말에는 "강화 된 패스의 밝은 달", "전장에서의 고뇌", " 국경 병사 ". 작품은 또한 같은 제목의 g古琴(일종의 중국 치터) 편곡에서 멜로디를 빌려 왔으며, 축약 된 문자 (古琴점수의 일종)의 원고는 진나라로 거슬러 올라간다. 이러한 고대 멜로디는 충실한 재현 또는 탈식 적 적응의 형태로 전체 작곡 전반에 반복적으로 머물러있어 고대 중국 음악의 5 화음 스타일과 현대 음악의 서사성을 모두 유지합니다.
이 작품의 또 다른 중요한 특징은 가가쿠 (고대 궁중에서의 의식 음악, 역사적으로 예 야예, 고대 중국의 예식 음악과 연결되어 있음)와 이성체의 광범위한 사용이다. 중국과 일본의 의식 음악의 진화는 동아시아 국가 간의 불가분의 문화적 유대를 잘 보여줍니다. heterophony의 사용과 추상적이고 현실적인 음악 언어의 결합은 대부분 동양의 미학을 구현합니다.
정치적으로 긴장 동아시아를 배경으로, 상호 신뢰, 상호 이해, 포용의 중요성은 지나치게 강조되는 것은 아니다. 이 작품은 조상이 외로움과 향수와 전쟁의 폐허를 제기, 결국 다른 나라 나 다른 문화적 배경을 가진 사람들과 화음을 하나 부드럽게 울리는하여 인류 공통의 정서와 가치를 불러 일으키는 것을 목표로 있다.

「関山月」是为钢琴和弦乐团而创作的一部协奏曲。作品灵感来自著名中国诗人李白借乐府旧题所创作的同名五言古诗。
作品共分三个乐章,分别在情感和意境上与李白诗作中所描绘的「関山明月」、「沙场哀怨」、「戌客思归」的三层图景相吻合。作品中还贯穿使用了清代传下的古琴谱「関山月」的音调。在词曲中,这一旋律时断时续,时而聚象,时而解构,时而保留古朴的中国风格,时而呈现十分紧张的现代音乐元素。作品中另一重要元素是酷似雅乐的音调和大量的支声写法。雅乐是东亚各国文化血脉不可分割的清晰证据,同时,支声音乐与虚实点描的效果也是具有东亚特点的审美语汇。在当今东亚局势复杂多变的语境下,东亚各国各民族间的相互信任,理解和包容显得尤为重要和可贵。作品正是借古人对孤寂,战争与乡愁的感怀,试图唤起人类共同的情感和普世的价值观,创造一条连接各族文化的心灵纽带。

Moon at the Fortified Pass is a concerto for piano and string chamber orchestra. The inspiration came from a five-character poem by the prestigious Chinese poet Li Bai. The poem is one of the Li Bai's literary yuefus (Chinese poems composed in a folk song style) with a title recycled from the repertoire of the Music Bureau of the Hang Dynasty.

The three movements of the work correspond conceptually and emotionally with the three scenes depicted in Li Bai’s poem, which, in Li Bai's words, are "the bright moon at the fortified pass", "agony on the battlefield" and "the nostalgia of the frontier soldiers". The work also borrows melodies from the arrangement of a guqin (a kind of Chinese zither) piece of the same title, the manuscript of the abbreviated characters (a kind of guqin score) of which dates back to the Qin Dynasty. These ancient melodies keep recurring throughout the entire composition in the form of either a faithful reproduction or a deconstructive adaptation, therefore maintaining both the pentatonic style of ancient Chinese music and the narrativity of contemporary music.

Another important characteristic of this work is its reference to Gagaku (a Japanese ceremonial music in the ancient imperial court, which is historically linked with yayue, ceremonial music in ancient China) and the extensive use of heterophony. The evolution of Chinese and Japanese ceremonial music exemplifies the inseverable cultural ties between East Asian countries. The use of heterophony and the combination of both abstract and realistic musical languages largely embody oriental aesthetics.

Against the backdrop of a politically strained East Asia, the importance of mutual trust, mutual understanding and inclusiveness can never be overly emphasized. The work is aimed at evoking the sentiments and values shared by humanity, by bring back our ancestors' chanting about solitude, nostalgia and the ravages of wars, and eventually strike a chord with people of different nations and with different cultural backgrounds.

諸般の事情により、今回の代博氏、曹􀻻􀷪煜涵氏の来日ができなくなりましたため、以下の作品を演奏させていただきます。
In this time,Mr.DAI Bo and Ms.CAO Yunan could not come to Japan,and We have performed in the following piece.

GAO Ping:Vines for string orchestra
我喜欢看藤蔓的样子。藤蔓有百态,有的秀气婉约,有的蹙缩密集,也有的是剑拔弩张,一副很有情绪的样子。那些生长 在悬岩峭壁的,半空中垂落而下,其势甚险,我总爱多看两眼。"蔓"这部作品色调暗、味偏苦,有时很有点激烈,更像是这山野间的古藤,粗糙固执,但显出富于筋肉感的生命力。曲子不算复杂,总体布局清晰,主题有二,一密一疏,一紧缩一空阔。相对来看,细部的笔法,尤其对织体和线条的刻画,却都是枝蔓纵横,很有些纠缠纷杂,心绪狂乱的情状。直至尾声,音乐倏然摆脱束缚,变得清朗空灵,与前形成鲜明对比,仿佛是一个解放、也似乎是一种补偿。
高平:中国作曲家钢琴家。 北京师范大学首席教授。 在柏林(钢琴·打击乐),合奏金字塔(苏黎世),新西兰弦乐四重奏,新西兰交响乐团,高迪亚姆国际音乐周,阿斯本音乐节等演出自己的作品。 室内音乐作品从纳克索斯发布。 “令人惊叹的音乐,他希望听到孩子的耳朵”(德国·评论家),“音乐的高超和压倒性的美丽”(旧金山·纪事)。 自2004年以来,他是基督城坎特伯雷大学的讲师。 荣获2010 年新西兰作曲家协会信托基金奖。
나는 포도 나무를 보는 것을 좋아합니다. 포도 나무에는 다양한 외모가 다양합니다. 어떤 사람들은 우아하고 단순 해 보이고, 긴장되고 밀도가 높으며, 어떤 사람들은 당신을 자극하는 것처럼 너무 격렬하고 분노하게 보입니다. 절벽의 가장자리에서 자라는 덩굴은 위험과 모험을 느낍니다. 내 눈은 항상 좀 더 오래 머무를 것입니다."포도 나무"는 약간 쓴맛을 지닌 어두운 색의 작품입니다. 거친 고집이긴하지만 산간 지대의 황야 덩굴과 닮았습니다. 그들은 남성적인 에너지와 활력을 보여줍니다.그것은 복잡한 조각이 아니며 그 구조는 분명합니다. 두 가지 테마가 있습니다. 하나는 고밀도 집중, 다른 하나는 확산 및 개방입니다. 그와는 반대로 세부 사항, 특히 선과 질감의 움직임은 종종 복잡하고 까다로 우며 복잡하고 복잡한 분위기를 조성합니다.음악의 끝 부분 만이 음악을 감추고 투명하고 넓어 져서 이전 섹션에 대한 안도감을 갖게됩니다. 결말은 해방 또는 아마도 보상의 한 형태와 같습니다.가오 핀] 중국의 작곡가. 피아니스트. 베이징 수도 사범 대학 작곡 교수. 앙상블 베를린 (피아노 타악기), 앙상블 피라미드 (취리히), 뉴질랜드 현악 사중주단, 뉴질랜드 심포니 오케스트라, 가우데아무스 국제 음악 주간 아스펜 음악제 등에서 자작 연출. 실내악 작품이 낙소스에서 발매. "아이의 귀로 듣고 싶어하는 놀라운 음악"(저먼 크리틱) "영광스럽고 압도적 인 아름다움의 음악"(샌프란시스코 크로니클). 2004 년부터 크라이스트 처치 캔터베리 대학교 강사. 2010 년 뉴질랜드 작곡가 협회 신탁 기금 수상.

I like looking at vines. There is such a variety of different looks in vines. Some look elegant and simple, some nervous and dense, and some look so intense and angry as if they were provoking you. The vines that are growing on the edge of cliffs give ,a sense of danger and adventure. My eyes would always linger on them a bit longer. "Vines" is a dark-hued work with a slightly bitter taste. It resembles the vines of the wilderness in the mountainous region, though coarse and stubborn, they display such a masculine energy and vitality. It is not a complex piece and the structure is rather clear. There are two themes, one dense and concentrated, the
other diffused and open. The details, on the contrary, particularly the movement of lines and texture, are often intricate and viny, creating a troubled and complicated mood. Only at the very end, the music lifts itself out its confinement and becomes transparent and spacious, set relief to the previous sections. The ending is like liberation, or, perhaps a form of compensation.Gao Ping is a composer,pianist. Beijing's capital city Normal University Composition Professor. Performed his own
works in ensemble · Berlin (piano · percussion), ensemble pyramid (Zurich), New Zealand String Quartet, New Zealand Symphony Orchestra, Gaudiams International Music Week, Aspen Music Festival and so on. Chamber music works released from Naxos. "Amazing music he wants to hear with the child's ears" (German · Critic), “Music of superb and overwhelming beauty" (San Francisco · Chronicle). Since 2004, he is a lecturer at the University of Canterbury, Christchurch. Won the 2010 New Zealand Composers Association Trust Fund Award.
􁴾
私はブドウを見るのが好きです。ぶどうの木にはさまざまな種類があります。いくつかのものは、エレガントでシンプルに見えますが、神経質で密なものもあります。崖の端に生えているブドウは、危険と冒険の感覚を与えます。私の目はいつも少し長く続きます。「Vines」は暗い色調の作品で、少し苦い味がしています。山岳地帯の荒野の木々に似ていますが、粗くて頑固なものですが、そのような男性的な活力と活力を示しています。それは複雑な部分ではなく、構造ははっきりしています。高密度と集中の2つのテーマがあり、拡散と開放の2つのテーマがあります。これとは逆に、特に線やテクスチャの動きは、しばしば複雑でぎこちなく、厄介で複雑な気分になってしまいます。音楽の終わりに限っては、音楽はその拘束から持ち上がり、透明で広々となり、前のセクションに救済されます。エンディングは、解放のような、または、おそらく補償の一形態です。

高平:[ガオ・ピン]中国の作曲家。ピアニスト。北京の首都師範大学作曲教授。アンサンブル・ベルリン(ピアノ・パーカッション)、アンサンブルピラミッド(チューリヒ)、ニュージーランド弦楽四重奏団、ニュージーランド交響楽団、ガウデアムス国際音楽週間、アスペン音楽祭などで自作上演。室内楽作品がナクソスからリリース。「子供の耳で聞きたがっている驚きの音楽」(ジャーマン・クリティック)、「見事で圧倒的な美しさの音楽」(サンフランシスコ・クロニクル)。2004年以来、クライストチャーチ・カンタベリー大学講師。2010年ニュージーランド作曲家協会信託基金賞受賞。
       
김중희 キム・ジュンヒ 金重希 [韓国] : 소리, 바이올린, 현악오케스트라를 위한 "공무도하가"
声とヴァイオリンと弦楽オーケストラのための《公無渡河歌》 (世界初演)
KIM Joonghee [Korea]:“Gong Mu Do Ha Ga” concerto for Sori, Violin & String orchestra (World Premiere)
ソリ独唱:오영지オ・ヨンジ 呉詠智 sori:OH Youngji 
ヴァイオリン独奏:김지혜 キム・ジヒェ 金知恵 KIM Jihye 
指揮: 高昌帥 KOH Changsu
ensemble clumusica

この曲は2014年4月16日のセウォル号海難事故の犠牲者304人のために書かれた。                     

私達皆の驚愕と悲しみは言葉で表現できない。だんだん忘れていっているセウォル号惨事を記憶し、
直面したすべての現実について反省し、再びこのようなことが起こらないようにしたい。         

私達みな話した。「けっして忘れない。ごめんなさい。」

公無渡河   公無く河を渡った
公竟渡河  市民が河を渡った
墮河而死  河に落ちて死んだ
當奈公何  どんな道があったのだ

이 곡은 2014년 4월16일 일어난 세월호 희생자 304명 위하여 쓰여졌다.
우리 모두의 경악과 슬픔은 뭐라 말로 표현할 수 없다.
점점 잊혀져가고 있는 세월호 참사를 기억하고,
우리가 처한 모든 현실에 대해 성찰하여 다시는 이런 일이 없기를 간곡히 바란다.

무리모두 말했다. “잊지 않겠습니다. 미안합니다.”

公無渡河(공무도하) 임이여 그 물을 건너지 마오
公竟渡河(공경도하) 임은 그예(끝내) 물을 건너시네
墮河而死(타하이사) 물에 휩쓸려 돌아가시니
當奈公何(당내공하) 가신 임을 어이할꼬
此曲为2014年4月16日「世越号」
海难中遇难的304人而作

我们无法用文字表达惊讶与悲伤

我们不能忘却「世越号」海难

我们要面对现实深刻反省,阻止惨事重现

我们要说:“永不忘记,悼念亡灵”

This song was written for 304 victims of
the Sewol maritime accident on April 16, 2014.

We cannot express our surprise and sadness in words.

Remembering the Sewol accident that we are gradually forgetting, we reflect on all
the reality we faced, I want to prevent this from happening again.

We all talked. “we will never forget.
We are sorry."

Crossing the river without public
Citizen crossed the river
Fallen into River and Died
What kind of road was there?

나카무라노리코 中村典子 [日本] :미적 이십오현쟁와 현악 협주곡 《未跡》
二十五絃箏と弦楽の協奏曲 二十五弦筝与弦乐协奏曲 (世界初演)
NAKAMURA Noriko[Japan]: “Signa” concerto for 25 strings koto and string orchestra (World Premiere)
二十五絃独奏 : 여코야마카여코 横山佳世子 YOKOYAMA Kayoko
指揮:나카무라노리코 中村典子 NAKAMURA Noriko ensemble clumusica

この曲は、本年2017年4月6日に亡くなられた美術家の岡本弘美さんと2011年7月31日に亡くなられた箏曲家の利根英法氏に捧げて書いた。

岡本弘美さんは作家名を首藤弘美さんという美術家で、私の若い友人で私の教え子の妻でもあった。私のいくつかの図形作品は彼女の浄書でpdf化していた。また、地域の美術ビエンナーレに音楽部門を設けて羽ばたかせたのは、彼女のデザインのちからであった。本学京都市立芸術大学美術学部を卒業、大阪教育大学大学院美術研究科修士課程でデザインの幼児教育を研究、愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士課程に入学されたばかりであった。春先のこの日、共に本学京都市立芸術大学大学院博士課程に入学直後の岡本伸介さんの携帯からの知らせに気が動転した。

弘美さんの葬儀は親族だけで行われ、幾度となく供えるお花を季節ごとに送りながらも、私は春先の溶けない氷の中にいるが如く未だ彼女の死を信じられないでいる。この秋の9月17日には弘美さんと語らった輝く夜空を描いた岡本伸介さんのヴィオラと箏二重奏のための《Weaving spells into a starlit sky》を私は指揮して世界初演した。長い休学に入り故郷に戻った教え子が再び筆を 執ってくれるよういのるばかりである。

箏曲家利根英法さんを知ったのは、京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センターに演奏会のポスターが貼られていたからだった。ensemble clumsuicaは始めから西洋楽器と伝統楽器の特に箏で東西を常に並べて活動していたので、教え子のメンバー清水慶彦が若い男性の箏曲家利根さんに作品を書くといいと考えて8月になればお会いしようと思った矢先の2011年7月31日、利根さんは亡くなられた。お会いできず、29歳の若さで逝ってしまわれたことにしばらく言葉を失い、せめてこれからされたかったことをと私達の箏へのさらなる熱意として2012年1月8日、京都で箏の独奏や二重奏や箏と西洋楽器のアンサンブルによる世界各地の作曲家達の箏の音楽による国際音楽祭《アジアの箏の現在》の開催へと至る。そしてそれは国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在》国際フェスティバル《アジアの音舞の現在》と継続し、ほとんどすべての演奏会に箏がくわわるclumusica公演は今回28回目、教会や寺院でのチャリティコンサートを加えて数えると今回はちょうど30回目となる。

この東アジア三文化都市の平和の祭に、二十五絃箏と弦楽の協奏曲《未跡signa》は、六段二つの十二段に柏原ならびにいずこもの河の流れを遠望近傍し、渡来びとの内なる祈りを古今に映す水面を若くして星となられたふたりの芸術家の眼耳にささげる未来への響きの跡とする。

河 lamento
桃 litaniae
翠 memoriae
映 caelum
翡 transitum
丘 occasum    
耀 kyrie
梅 contactum
橿 suavitatus
暁 stellae
景 cordis
跡 presenti

이 작품은 두 명의 젊은 예술가에 바쳐 썼다.

2017 년 4 월 6 일에 돌아 가셨 내 친구의 미술가,내 작곡의 제자 오카모토 신스케의 아내였다. 나는 몇 도형 작품은 그녀 디지털화 된.지역의 비엔날레에 음악 부문을 창설 한 24 세의 재능 넘치는 그녀는 남편과 함께 올 봄 박사 과정에 진학, 연구를 심화 이었다. 미술가 슈토 히로미 씨에게 바친다.

또 한 사람은 2011 년 7 월 31 일에 사망 한 코토주자, 도네 히

데노리 씨이다. 그는 교토 시립 예술 대학 일본 전통 음악 연구 센터 비상근 강사였다. 6 년 전 8 월, 우리 clumusica의 멤버 시미즈 여씨히코 함께 활동하기를 원했다. 그러나 그 전날 그가 죽어 버렸다. 그것 밖으로 도네 씨의 활동을 계승하고 싶었다. 이듬해 2012 년 1 월 8 일, 국제 현대 음악제 <아시아 코토의 현재>에서 전세계 작곡가의 쟁의와 서양 악기의 작품을 상연했다. 이후 국제 현대 음악제 <아시아 관현 현재>, <아시아의 소리춤의 현재>를계속 중이다.

이 동아시아 세 문화 도시의 평화의 축제에 二十五絃箏과 현악 협주곡 "미적 signa"은 여섯 가지 변화를 두 가지로 열두 변화의 강 흐름 을 별과 이 두 사람의 예술가의 눈 귀 께 미래에 대한 영향의 흔적한다.

This music was written in memorial of artist Ms. Hiromi Okamoto who died on April 6, 2017 this year and koto player Mr. Hidenori Tone who died on July 31, 2011.

Hiromi Okamoto, Hiromi Shuto as her professional name, was an artist, my young friend and a wife of my student of composition. Some of my graphic works have been converted into digital pdf format by her clean copies. The power of her design establishes and runs wild the music department in the local art biennale. She graduated from the faculty of Fine Arts, Kyoto City University of Arts, and then studied early childhood education at Osaka Kyoiku University Graduate School of Art and just entered a doctoral course at Graduate School of Fine Arts, Aichi Prefectural University of the Arts. One day in early spring, my mind suddenly became agitated by the sad news from Mr. Shinsuke Okamoto’s call who just entered the doctoral course, Graduate School, Kyoto City University of Arts.

Ms.Hiromi Okamoto's funeral was quietly held only by the relatives. Even though I occasionally send the offering flowers, I still cannot believe her death like I am in the ice which remain unmelted in early spring. On September 17, Mr. Shinsuke Okamoto’s "Weaving spells into a starlit sky" for viola and koto duet was world premiered by my conducting. There were portrayed the starlit night sky as his speaking with Ms. Hiromi Okamoto. I pray for my student, who is in long absence from school, returns to his hometown and then will take the pen again.

I knew Mr. Tone Hidenori because I saw him on the poster at the Center for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts. Since ensemble clumsuica has always lined with east and west, such as western musical instruments and traditional musical instruments especially focused on the koto from the beginning, I wished Shimizu Yoshihiko, one of our members, to write works for the young male Koto player, Mr. Tone. Therefore, I planned to see him in August, although he passed away on July 31, 2011. I could not meet him and it made me speechless for a while because he passed away young; he was only 29. I changed it to our enthusiasm for koto, and we held the international music festival “Koto, Present in Asia” by the works by worldwide composers’ works for koto and western instruments in Kyoto on January 8, 2012. The performance of clumusica, where koto is included to most performances, is now the 28th performance, and when the additional charity concerts at churches and temples are counted, it will be the 30th concert.



Concerto of 25 string koto and string orchestra music “signa” projects the inner prayer sound of the oversea coming people to the flow of rivers of Kashiwara and anywhere in double six steps into twelve steps, I am offering this reflected water surface for future sound projection of starlit sky to the eyes and ears of two young artists, who became stars in the sky.

River sadness
Peach prayer
Green   memory
Reflect  sky
Jade  transition
Hill   sunset
Bright lord
Plum contact
Oak fragrance
Dawn star
Scape mind
Site present

这项工作是献给谁在24岁去世的我朋友艺术家和29岁去世的 箏音乐艺术家的。         
25弦琴和弦的协奏曲反映了水面上的内心祈祷。

河 悲
桃 禱
翠 憶
映 天
翡 遷
丘 宵
耀 憐
梅 逅
橿 馨
暁 星
景 心
跡 在



[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-16 05:20 | Comments(0)

임지선 イム・ジソン 林志宣 [韓国] : 희망은 날개 달린 작은 새 《希望は羽根のある小鳥》希望,小鸟有翅膀
ピアノ独奏、マリンバを伴う弦楽の協奏曲(改定世界初演)
LIM Jiesun [Korea]:“Hope,the Little Bird with Feathers” concerto for piano & string orchestra with marimba (World Premiere)
ピアノ独奏 : 모리모토미호 森本美帆 piano solo:MORIMOTO Miho
指揮:고창슈 高昌帥 conductor:KOH Changsu [大阪音楽大学教授] 
指揮: 고창슈 高昌帥KOH Changsu ensemble clumusica

피아노 협주곡:희망은 깃털 달린 작은 새
2014년 초연 때의 프로그램 노트이다.

“희망을 꿈꾸기 힘든 요즘이다.
영문학자 친구가 에밀리 디킨슨의 시를 보내왔다.
우리 영혼의 횃대에 앉아 양심의 소리를 은유하는 깃털달린 녀석.

연약하고도 강인한 작은 새가 두 대
의 피아노 건반 위를 파닥거리며 날아다닌다.

보상이 없어도 끊임없이 지저귀며, 납덩이같은
절망을 이겨내는 희망을 노래한다.”

2017년 교토연주를 위하여 피아노협주곡으로 편곡하였다.

“희망”은 깃털 달린 녀석, —
영혼의 횃대에 앉아 —
가사없는 곡조를 노래하네 —
한 번도 멈추지 않고 —
강풍 속에서 — 가장 — 아름답게 —
격심했을 것이네 —
모두를 따뜻하게 지켜줬던
그 은 새를 두렵게 할 수도 있었던 폭풍은 —
그 소리 들었네, 가장 추운 땅에서도 —
낯선 바다 위에서도 —
하지만 — 한 번도 — 어떤 지독한 상황에서도 —      
그 녀석 내게 빵 부스러기 하나 — 청한 적 없네.


The following is the program note
for the premier concert in 2014.
“These days it’s hard to dream the hope.
My friend who is teaching English Literature
send me the poem‘Hope is the Thing with Feathers’
of Emily Dickinson.
The little yet strong birds sings the tune of hope
on two pianos.”
The original piece for two piano has been arranged
for piano solo and string orchestra.

Hope is the Thing with Feathers
-Emily Dickenson

Hope is the thing with feathers
That perches in the soul,
And sings the tune without the words,
And never stops at all,
And sweetest in the gale is heard;
And sore must be the storm

That could abash the little bird
That kept so many warm.
I've heard it in the chillest land,
And on the strangest sea;
Yet, never, in extremity,
It asked a crumb of me.

以下は、2014年の初演の際のプログラムノートである。

「最近、希望を夢見ることは難しい。英文学を教えている友人が、エミリー・ディッキンソンの詩<希望は羽を持つもの>を送ってくれた。小さな、しかし強い鳥達が二台のピアノで希望を歌う。」

二台のピアノのための原曲をピアノ独奏と弦楽オーケストラに編曲した。



希望は羽のあるもの
        エミリー・ディッキンソン  

希望は羽をまとって
魂を止まり木にする
言葉のない調べを歌い
どんなときも決して止むことがない

いちばん愛らしく響いたのは
大嵐のなかで
それは小鳥を当惑させるほど
いつもあたたかさで満たしてくれた

すべてが凍てつく地でわたしは聴いた
世にも奇妙な海をさまよっていたときも
しかしそんな苦境にあって一度も
わたしからのお返しをもとめることもなかった
[中村典子訳]

Performers

Violin solo キム・ジヒェ 김지혜 金知恵 KIM Jihye
ザンクトペテルブルグ音楽院修士課程と博士課程修了。Ph.D.15回を越えるソロリサイタルと共にザンクトペテルブルグ放送交響楽団、韓国祝祭管弦楽団、壽城交響楽団で演奏。アジア各地ヨーロッパ各地の現代音楽祭で演奏し、バロック、現代音楽、電子音楽、ジャズ、韓国伝統音楽まで幅広く演奏。マルチメディアアート交流研究会Oneness代表、Noubeau Ensemble、現代音楽創作芸術集団 Empty Noteメンバー。慶北芸術高校講師。Ted×Taeguオルガナイザー。

Soli solo オ•ヨンジ 오영지 呉詠智 OH Youngji
大邱出身。国立国楽高校、ソウル大学国楽科卒業。10歳よりイ·ミョンヒ師に師事。以降、ジュ・ウンスク師、故ウン・フイジン師、ソン・スンソプ師、ジョン・スンイム師の各師に師事。国楽、洋楽問わず実験公演に参加。21C韓国音楽プロジェクトでワールドミュージック賞受賞。現在、韓国文化芸術  教育振興院所属の講師、慶尚北道講師などを 務める。〈文化芸術教育師資格>取得。慶尚北道無形文化財<<フンボガ>>伝承生としてフンボガ保存会メンバー、多元芸術交流研究会 ONENESS、現代音楽芸術創作グループ「Empty Note」メンバー、大邱アート発展所Ten topic 作家選定。

25 string koto 横山佳世子 여코야마카요코 YOKOYAMA Kayoko
東京藝術大学邦楽科卒業、同大学院修士課程修了。同大学助手を経て京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター非常勤講師ならびに共同研究員。京都市芸術文化特別奨励者認定。公益(材)日本伝統文化振興財団主催邦楽技能者オーディション合格。文化庁芸術祭新人賞、文化庁芸術祭優秀賞。NHK邦楽オーディション合格。NHK—FM邦楽のひととき放送。「生田流箏曲 横山佳世子《ビクター》。現在、鳴門教育大学講師。

Piano solo森本美帆 모리모토미호 MORIMOTO Miho
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て京都市立芸術大学,同大学院修士課程修了、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学最高課程最優秀修了。宝塚ベガ学生ピアノコンクー  ル第1位。KOBE国際学生音楽コンクール最優秀賞。かがりの里音楽コンクール第1位。横浜国際音楽コンクール特別賞(ラフマニノフ賞)日本ピアノコンクール銅賞招聘賞。Ibiza国際ピアノコンクール(スペイン) 特別賞、最優秀ソナタ賞。Liszt-Bartok国際ピアノコンクール(ブルガリア)第3位。London Grand Prize Virtuoso国際音楽コンクール(英)第 2位。Euterpe 国際音楽コンクール(伊)第1位。Eliodoro Sollima国際コンクール (伊)第1位。Liszt Ferenc国祭ピアノコンクール(ハンガリー)ファイナリスト、ディプロマ賞。

Conductor高昌帥 고창수 KOH Changsu
大阪生まれ。大阪音楽大学卒業後、スイスバーゼル音楽アカデミーへ留学。これまでに作曲を田中邦彦、R.ケルターボーンの各氏に、指揮をJ.マイヤー氏にそれぞれ師事。第1回コダーイ記念国際作曲コンクール佳作、第12回朝日作曲賞受賞、第1回COMINES-WARNETON国際音楽コンクール「イヴ・ルルー賞」受賞。第19回吹奏楽アカデミー賞作・編曲部門受賞等国内外のコンクールに多数受賞。関西現代音楽交流協会会員。代表作にソプラノ独唱とバリトン朗読、オーケストラのための「あなたに」(ザ・シンフォニーホール)打楽器ソロとオーケストラのための「雷神」(カーネギー・ホール)。プロ・アマ問わず多数の委嘱を受け、管弦楽・吹奏楽・室内楽など様々な編成の作品を作曲する傍ら、アマチュアオーケストラや市民バンドの指導にも携わる。 現在、大阪音楽大学教授。

ensemble clumusica clumusicaは増田真結、清水慶彦、中村典子により2007年準備、2008年設立、2009年起動。27回の定期公演、29回のチャリティコンサート、ワークショップ、レクチャーを京都、滋賀、大阪、山口、大分、東京ならびに海外で行なっている。clumusicaはclumsy[英] とmusica[羅]の造語。ensemble clumusica,vocal ensemble clumusicaは京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室に拠を置き、2012年の予告的開催を経て2013年より国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在》国際フェスティバル《アジアの音舞の現在》《series邂逅》《大枝international alternative festival》の継続開催に進み、すべての年代すべての地域との協奏を指針に近代化150年の東アジアの音楽文化のひとつとして、地と真に結ぶことを中心に据え、clumsy[不器用な]musica[音楽]を基盤させている。

Violin 中村公俊 니카무라키미토시 NAKAMURA Kimitoshi 
    古味亜紀 코미아키KOMI Aki
    江口純子 에그치존코 EGUCHI Junko
    水野万裕里 미즈노마유리 MIZUNO Mayuri
    大藪英子오야부히데코 OYABU Hideko
    柳原史佳(4)아나기하라호미카 YANAGIHARA Fumika
Viola 南條聖子 난죠쇼코 NANJO Seiko
三上さくら(3)미카미사쿠라 MIKAMI Sakura
    木田奏帆 (2) 키다카나호 KIDA Kanaho
Cello 小高睦 코타카무추미 KOTAKA Mutsumi
    孫工恵嗣 마고크케시 MAGOKU Keishi
    西村まなみ 니시무라마나미 NISHIMURA Manami
Double Bass 古味寛康 코미히로야스KOMI Hiroyasu
      池田源輝(4) 이케다겐키 IKEDA Genki

Violin ツァオ・ユーハン 차오유항 曹煜涵 CAO Yuhan
2004年より2013年湖南交響楽団コンサートマスター、プレイヤーオブザイヤーを幾度も受賞。その後北京中央音楽学院でリャン・チャイ 教授に師事、音楽学、ジャズ、作曲を学ぶ。2012年より2015年北京アクセントオーケストラ、チャイナ・ソロイスト・オーケストラのヴァイオリニスト。2015年、16年の夏、東海大学の《リシンキング・バッハ》 ワークショップに招かれ、バロックの音楽・舞踊・ヴァイオリンを研究、2016年クロージングセレモニーコンサートのコンサートマスター。中国や国際的音楽家達と北京コンサートホール、国立演奏芸術センター、澳門カルチュラルセンター、 深圳コンサートホール、上海コンサートホールなどで演奏、オーケストラのオーストラリア、シンガポール、インドネシア、ポーランド、ノルウェー、日本ツアー参加。映画・テレビのサウンドトラックの録音も行う 2000年以来ヴァイオリン教育にも着手、2014年 若い作曲家・ピアニストダイ・ボとダカーポチェンバーオーケストラを設立。

Percussion上中あさみ 카미나카아사미上中朝美 KAIMINAKA Asami
京都市立芸術大学卒業。同大学院修了。大学院在学中に京都市芸術教育振興協会の派遣でドイツ・カールスルーエに留学。大学院賞受賞。フランス・トゥールーズ音楽祭参加。現代曲の新作初演、異分野とのコラボレーションに取り組む。打楽器デュオDuoMAG,打楽器アンサンブルP.A.N.KLANGメンバー。早坂雅子、上埜孝、山本毅、中村功の諸氏に師事。

Composer Pianist ダイ・ボ 대보 代博 DAI Bo
作曲家。ピアニスト。北京中央音楽学院博士課程在籍。1988年中国に生まれる。5歳の時に病気より失明する。 才能ある若い中国人作曲家のひとり。2010年ハルピン国際アコーディオンコンクールに入賞し、リトアニアで注目される。ポーランドワルシャワの秋フェスティバルに招待され《幻想の蝶》をシモン・ビバレッツ指揮ONM管弦楽団が初演。シンガポール国際作曲コンクール受賞。2013年香港コンポーザース・ミート・パフォーマー・フェローコンポーザー。2017年室内協奏曲《スペース-タイム・コンティヌム-プロ&コントラ》を自身のチェンバロで初演。

Composer キム・ジュンヒ 김중희 金重希 KIM Joonghee
大邱カトリック大学校音楽大学作曲専攻卒業後、エリザベト音楽大学修士課程修了。トム・ジョンソンのフォーノーツオペラを大邱国際現代音楽祭で共同演出、嶺南国際音楽祭、東アジアの現代音楽祭inヒロシマ、大邱国際現代音楽祭、韓国室内楽作曲フェスティバル、ベルリンBKA主催nerhoerteMusik Duo Nova,九州沖縄現代音楽祭、コンテンポラリーアンサンブルα等ドイツ、イギリス、日本、香港、中国で作品上演。現代音楽の創作芸術グループempty note代表。韓国女性作曲家協会、大邱作曲家協会副会長。嶺南作曲家協会理事。現在、大邱カトリック大学外来教授、慶北芸術高等学校でも教える。

Composer イム・ジソン 임지선 林志宣 LIM Jiesun
延世(ヨンセ)大学首席卒業と共に渡米、インディアナ大学大学院で修士号、博士号取得。延世(ヨンセ) 大学校音楽大学作曲科教授。入野義朗記念賞、安益圭作曲賞、大韓民国作曲賞。フルブライト研究員としてミシガン大学滞在。米国、ドイツ、フランス、英国、日本、ニュージーランド、 台湾 、中国、タイ、モルドヴァ、フランス、イスラエル等国際音楽祭で上演。京郷新聞プロジェクト「韓国を導く60人」選出(2007)。2012年9月から2013年8月まで国際日本文化研究センター外国人研究員。ファウムチェンバーオーケストラのレジデンスコンポーザー。「映画における現代音楽」出版(韓国出版財団によるセシオン注目の学者の本としてノミネート)。

Composer Conductor 中村典子 나카무라노리코NAKAMURA Noriko
滋賀県草津出身。ノートルダム女学院高等学校より京都市立芸術大学を経て同大学院を 作曲で首席修了。廣瀬量平、藤島昌壽、 前田守一、田島亘、H.J.カウフマン、G.アミ等各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、米国、メキシコ、 ドイツ、フランス、スイス、オーストリア、スペイン、イタリア、スウェーデン、ノルウェー、イスラエル、リトアニア、ロシア各地の音楽祭、歌劇場、音楽堂、放送局、音楽院で度々作品上演や講演。clumusic共同主宰。ensemble clumusica,vocal ensemble clumusicaで国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在》《アジアの音舞の現在》を継続開催。京都芸術センター運営委員(2008-17)。 現在、京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科准教授。


[PR]
# by n-nakamura226 | 2018-01-16 05:19 | Comments(0)
series encouter IV 共響 vox maiorum
East Asia Cultural City 2017
長沙Changsa[China] 大邱Daegu[Korea] 京都Kyoto[Japan]
22 December 2017
19:00-20:25
University Hall,Kyoto City Univerisity of Arts
Organizer:Nakamura lab,KCUA
ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
ensemble clumusica
NAKAMURA Kimitoshi MIZUNO Mayori YANAGIHARA Fumika
KOMI Aki EGUCHI Junko OYABU Hideko
NANJO Shoko MIKAMI Sakura KIDA Kanaho
KOTAKA Mutsumi MAGOKU Keishi NISHIMURA Manami
KOMI Hiroyasu IKEDA Genki
KAMINAKA Asami [marimba]
conductor:KOH Changsu
[professor,Osaka College of Music]
conductor:NAKAMURA Noriko
[associate professor,Kyoto City University of Arts]

acoustics,recording:NISHIMURA Chizuko
video shooting:NAKAI Tomonori
stage direction FUJITA Manami
stage YAMAKAWA Kazuya IKEDA Kanon
KAGECHIKA Maiho TAKAHASHI Masatomo

all photograph by ARAKI Maho
e0146075_09285434.png
program change announcement
due to various reasons
GAO Ping:Vines (Japan Premiere)
suspended
DAI Bo [China]:Piano Concerto 関山月 "GUAN SHAN YUE" (World Premiere)
postponed to visit Japan
Composer-Pianist DAI Bo & Violinist CAO Yuhan
e0146075_09311980.jpg
GAO Ping:蔓 Vines (Japan Premiere)
e0146075_09321615.jpg
Conductor:KOH Changes
e0146075_06152671.jpg
                                
e0146075_09303326.jpg

e0146075_09315136.jpg

e0146075_10243753.jpg
e0146075_10264380.jpg
e0146075_10324350.jpg
e0146075_10351014.jpg
KIM Joonghee(composer) NAKAMURA Noriko(MC)
e0146075_10355775.jpg
KIM Joonghee:"Gong Mu Do Ha Ga"
Concerto for Sori,Violin & String Orchestra (World Premiere)
e0146075_10362512.jpg
e0146075_10421326.jpg
Sori:OH Young Ji
e0146075_10430173.jpg
Violin: KIM Ji Hye
e0146075_10435523.jpg
conductor KOH Chang Su
e0146075_11354732.jpg
e0146075_06204404.jpg
e0146075_11315090.jpg

[PR]

e0146075_11270907.png
e0146075_10484828.jpg
NAKAMURA Noriko "Signa"
Concerto for 25 string Koto & String Orchestra (World Premiere)
e0146075_10571518.jpg
25 string Koto YOKOYAMA Kayoko
e0146075_10493352.jpg
e0146075_10495015.jpg
e0146075_10593596.jpg
Conductor NAKAMURA Noriko
e0146075_14091244.jpg
e0146075_14082021.jpg
e0146075_11030544.jpg
e0146075_11100003.jpg
e0146075_11203376.jpg
NAKAMURA Noriko(MC) LIM Jiesun(Composer)
e0146075_11205450.jpg
e0146075_13565342.jpg
e0146075_11220989.jpg
Conductor KOH Chang SU
e0146075_11224621.jpg
KAMINAKA Asami (Marimba)
e0146075_11233121.jpg
                               Piano MORIMOTO Miho
e0146075_11242211.jpg
e0146075_11252492.jpg
Composer LIM Jiesun Pianist MORIMOTO Miho Conductor KOH Chang Su
e0146075_11264357.jpg
       LIM Jiesun    NAKAMURA Noriko   MORIMOTO Miho

[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-12-24 11:28 | Comments(0)
e0146075_20163605.jpg
clumusica 28th concert[clumusica 30th friendship charity]

series 邂逅encounter Project IV
共響 vox maiorum  


東アジア文化都市 長沙[中国]大邱[韓国]京都[日本] 

2017年12月22日(金) 19時開演[18時30分開場]
京都市立芸術大学大学会館ホール
主催:京都市立芸術大学音楽学部京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
clumusica

入場無料


アンサンブル・クラムジカ:カオ・ユーハン キム・ジヒェ
中村公俊 水野万裕里 柳原史佳
古味亜紀 江口純子 大藪英子
南條聖子 三上さくら 木田奏帆
小高睦 孫工恵嗣 西村まなみ
古味寛康 池田源輝 上中あさみ

ピアノ独奏:代博 ピアノ独奏:森本美帆
ヴァイオリン独奏:キム・ジヒェ ソリ独唱:オ・ヨンジ
二十五絃箏:横山佳世子 
指揮:高昌帥[大阪音楽大学教授]中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授]

ダイ・ボ[中国]:ピアノ協奏曲(2017,世界初演)
キム・ジュンヒ[韓国]:ヴァイオリンとソリと弦楽オーケストラのための《公無渡河歌》(2017,世界初演)
イム・ジソン[韓国]:《希望は羽のある小鳥》
ピアノ独奏とマリンバを伴う弦楽の協奏曲(2017,世界初演)
中村典子[日本]:《未跡》二十五絃箏と弦楽の協奏曲(2017,世界初演)

쿠라무지카 제 28 회 연주회 [쿠라무지카 제 30 회 우정 자선 연주회]

시리즈 해후 프로젝트 Ⅳ
공향
vox maiorum

동아시아 문화 도시
창사 [중국] 대구 [한국] 교토 [일본]
2017.12.22 [금]
19:00 개막 [18:30 개장]
교토 시립 예술 대학 대학 회관 홀
주최 : 교토 시립 예술 대학 음악 학부 교토 시립 예술 대학 대학원 음악 연구과 작곡 전공 나카무라 연구실
쿠라무지카
무료 입장

대박[베이징,중국]:피아노협주곡 (세계 초연)
김중희[대구,한국]:소리, 바이올린, 현악오케스트라를 위한 공무도하가"공무도하가" (세계 초연)
임지선[서울,한국]: 《희망은 날개 달린 작은 새》피아노 독주, 마림바와 함께 현악 협주곡 (세계 초연)
나카무라노리코[교토,일본] :《미적》이십오현쟁[고토]와 현악 협주곡(세계 초연)

오케스트라:앙상블 쿠라무지카
카오유한[창사,베이징,중국] 김지혜[대구,한국]
니카무라키미토시 미즈노마유리 아나기하라호미카
코미아키 에그치존코 오야부히데코
난죠세이코 미카미사ㅋ쿠라 키다카나호
코타카무추미 마고크케시 나카무라노리코
코미히로야스 이케다겐키
카미나카아사미

피아노 독주: 대박 [베이징 중앙 음악 학원] 피아노 독주: 모리모토미호
바이올린 독주: 김지혜소리독선:오영지
이십오현쟁[고토] 독주: 여코야마카여코
지휘:고창슈 [오사카 음악 대학 교수]  
지휘:나카무라노리코 [교토 시립 예술 대학 음악 학부 준 교수]

瞿楽舞时咖 第二十八次演唱会 [第三十次友谊慈善音楽会]
系列邂逅的项目

共响
vox maiorum

东亚文化名城长沙[中国]大邱[韩国]京都[日本]
017.12.22[星期五]19:00[18:30门打开]
艺术京都市立大学大学会馆大厅
主办单位:京都市立艺术大学音乐学部京都市立大学大学院音乐研究科作曲系中村研究室 瞿楽舞时咖
免费入场

代博 [北京,中国] :钢琴协奏曲 (世界首演)
金重希 [大邱,韩国] :《公無渡河歌》为语音,小提琴和弦乐团(世界首演)
林志宣 [首尔,韩国] :《希望,小鸟有翅膀》钢琴独奏,弦乐协奏曲与马林巴 (世界首演)
中村典子 [京都,日本] :《未迹》十五弦筝与弦乐协奏曲(世界首演)

弦乐团:合奏团 瞿楽舞时咖
曹煜涵[长沙,北京,中国] 金知恵[大邱,韩国]
中村公俊 水野万裕里 柳原史佳 (4)
古味亜纪 江口纯子 大薮英子
南條聖子 三上樱桃花 (3) 木田奏帆 (2)
小高睦 孙工恵嗣 西村真奈美 
古味寛康 池田源辉 (4) 上中朝美 [马林巴]
钢琴独奏 :代博[北京中央音楽学院] 钢琴独奏 :森本美帆
小提琴独奏 : 金知恵  声独唱: 呉咏智 
二十五弦独奏 : 横山佳世子
指挥 : 高昌帅 [大阪音楽大学教授]  
指挥 :中村典子 [京都市立芸术大学音楽学部准教授]

clumusica 28th concert [clumusica 30th friendship charity]

series encounter project IV
vox maiorum

EAST ASIA CULTURAL CITY
Changsa [China] Daegu [Korea] Kyoto [Japan]

2017.12.22[Fri.]19:00 Start [18:30 Open]
University Hall,Kyoto City University of Arts
Organiser:Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts,Graduate School of KCUA clumusica
Admission Free

DAI Bo [Beijing,China] : Piano Concerto (World Premiere)
KIM Joonghee [Daegu,Korea] : "KONG MU DO HA GA"Concerto for Sori & Violin and String Orchestra (World Premiere)
LIM Jiesun [Seoul,Korea]: “Hope,the Little Bird with Feathers”
            concerto for piano & string orchestra with marimba (World Premiere)
NAKAMURA Noriko[Kyoto,Japan]: “Signa” concerto for 25 strings koto and string orchestra
(World Premiere)

orchestra: ensemble clumusica
CAO Yuhan [Changsa,Beijing,China] KIM Jihye[Daegu,Korea]
NAKAMURA Kimitoshi MIZUNO MAyuri YAMAGIHARA Fumika
KOMI Aki EGUCHI Junko OYABU Hideko
NANJO Seiko MIKAMI Sakura   KIDA Kanaho
KOTAKA Mutsumi MAGOKU Keishi NISHIMURA Manami
KOMI Hiroyasu IKEDA Genki KAMINAKA Asami [marimba]

piano solo : DAI Bo [Beijin Central Conservaory] piano solo: MORIMOTO Miho
violin solo : KIM Jihye sori solo: OH Youngji [Daegu,Korea]
25 gen koto solo : YOKOYAMA Kayoko
conductor : KOH Changsu [professor,Osaka College of Music]
conductor:NAKAMURA Noriko [associate professor,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts]


[PR]
2017年6月2日(金) 京都芸術センター運営委員会 ミーティングルーム  委員長:田中誠二(大和学園委員長)副委員長:小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授) 運営委員:稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授) 森山直人(京都造形芸術大学教授,欠席)上念省三(舞踊評論家)平芳邦浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授) 建畠晳(京都芸術センター館長)北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)
2017年6月5日(月) 音の扉 滋賀県長浜市立長浜南小学校 大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか
打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月6日(火) 音の扉 滋賀県長浜市立浅井小学校 大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか
打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月7日(水)音の扉 滋賀県長浜市立高月小学校 大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか           打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美サックス:陣内亜希紀子
2017年6月8日(木) 音の扉 滋賀県長浜市立塩津小学校  大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか
打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月9日(金)音の扉 滋賀県長浜市立小谷小学校  大百足退治 [台本・音楽:中村典子] ほか          打楽器:宮本妥子  アルト:林育子 ピアノ:武田優美 サックス:陣内亜希紀子
2017年6月13日(火) 作曲作品研究発表会 京都市立芸術大学講堂 妹尾怜奈:フルートとピアノの為のソナタ 池内奏音:拝啓 S.ダリ様[vn.pf] 影近舞帆:彷徨う愛しさ[vn.pf] 宮ノ原綾音:martirio [pf.] 岩井美沙:氷雨 [sp-sax,pf] 山川和也:揺らめく影[cl.pf]
2017年6月24日(土) アジアの音舞の現在2017 京都市立芸術大学大学会館ホールUniversity Hall,KCUA 京都市西京区沓掛町13-6入場無料 主催 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 clumusica [作曲理論研究 I III 音楽学演習 i clmusica ,vocal ensemnble clumusica ] Nakamura lab,Faculty of Arts,Kyoto City University of Arts 075-334-2363 nakamura@kcua.ac.jp 森田拓夢(2017,世界初演)[電子音楽] MORITATakumu:dream singing (2017,世界初演) ステファン・シュレク:天使ガブリエルの声( 1973) Stekpan SULEK:vox gabrieli (1973) 伊藤慶佑:節景(2016-17)[フルート] ITO Keisuke (1980) :internode (2016-17) [flute] Luciano BERIO:sequence IX (1980) 林一行:簇唱(2017,World Premiere) エドワルド・グリーグ:春 (1973-80) [バリトン、ピアノ]Edvard GRIEG:Varen(1973-80)セルゲイ・ラフマニノフ:こゑのみにてうたへ(1912-15) [アルト、ピアノ]Sergei RACHMANINOV:vocalise (1912-15)クロード・ドビュッシー:春の敬礼(1872)[アルト、バリトン、ピアノ] Claude DEBUSSY:salut printemps(1872)バルトーク・ベラ:奏鳴曲第三楽章(1944) [ヴァイオリン]BARTOK Bela:sonata for solo violin 3rd movement(1944) 櫻井ゆかり:あなたの夢を見ました(1987) [クラリネット] SAUKURA Yukari:J'ai reve de vous(1987) ヒルデガルド・フォン・ビンゲン:生命を与える精霊 (12C) [トランペット] Hildegard von BINGEN : Spiritus Sanctus vivifcans vita (12C) セルゲイ・ラフマニノフ:ヴォカリーズ(1912-15)[振付:本城ゆり 舞踊:本城ゆり現代舞踊研究所]Sergei RACHMANINOV :vocalise (1912-15) 中村典子:如聲[電子音楽] NAKAMURA Noriko :sicut vocem (2017,World premiere) アルト:藤居知佳子[修士1] alto:FUJII Chikako バリトン:廣田雅亮[院修士1] bariton:HIROTA Masaaki ピアノ:西薗千智,出口青空 [学4] piano:NISHIZONO Chisato DEGUCHI Aozora フルート:朴優栄 [院修士1] flute:Park Wooyoung クラリネット:平川奈津美 [院修士2] clarinet:HIRAKAWA Natsumi サキソフォン: 松葉 彩 [院修士2] saxophone:MATSUBA Sayaka トランペット:小渕真実 [院修士1] trumpet:OBUCHI Mami トロンボーン:中村文香 [院修士1] trombone:NAKAMURA Fumika ヴァイオリン:江川菜緒 [院修士2] violin: EGAWA Nao 音楽学:足立恵理 [院修士1]musicology:ADACHI Eri エレクトロニクス・作品制作:森田拓夢 [学1], 廖 婉婷 [院修士1], 林 一行 [院修士M2] electronics,composition:MORITA Takumu LIAO Wanting HAYASHI Kazuyuki 舞踊:本城ゆり,野崎暁美,田中恵子,茶木敬子,田中美可,山本浩子,長谷ますみ,竹内美紀,野崎昌未 dance:HONJO Yuri NOZAKI Akemi TANAKA Keiko CHAKI Keiko TANAKA Mika YAMAMOTO Hiroko HASE Masumi TAKEUCHI Miki NOZAKI Masami 振付:本城ゆり choreography:HONJO Yuri 衣装:森田千代 [本城ゆり現代舞踊研究所] Costume:MORITA Chiyo [HONJO Yuri Modern Dance Institute] 照明:渡辺佳奈 [院修士1(日本画)] lighting: WATANABE Kana 撮影:中井友路 [学4(構想設計)] video shooting:NAKAI Tomonori 写真:荒木真歩 [神戸大学大学院(本学卒業生)] photograph:ARAKI Maho 音響・記録:山口友寛[本学非常勤講師],西村千津子[本学非常勤講師] acoustics,recordin:YAMAGICHI Tomohiro,NISHIMURA Chizuko] エレクトロニクス・デザイン・編成統括・制作:中村典子[本学作曲専攻准教授] programing visual design, staging design, master edition, public retation, managing, stage direction, translateon, moderating, electronics, acoustics, composition : NAKAMURA Noriko
2017年7月23日(日)湖笛の会35周年記念演奏会 滋賀県立劇場びわ湖ホール中ホール 指揮:富久田治彦  客演指揮:青木明 旅人(語り)谷田昌蔵 和太鼓:くみこ フルートオーケストラ湖笛の会 第1部 中村典子:天湖頌 (琵琶湖周航歌幻想) 廣瀬量平:雨乞い 廣瀬量平:マリンシティ 上林裕子:かざはや 若林千春:飛び出し小僧パートIV  第2部 湖国から日本をめぐる旅 中村典子:水の輪のように(江州音頭幻想) 琵琶湖就航の歌 ソーラン節 阿波踊り 他
8月10日(木)NHK全国学校音楽合唱コンクール滋賀県大会 クレアホール 小学校の部 審査員:奥村容久(滋賀県合唱連盟 顧問 ) 鈴木捺香子( 京都府合唱連盟理事長) 田中由也(大阪音楽大学教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)山口英樹(合唱指揮者)
8月11日(金) NHK全国学校音楽合唱コンクール滋賀県大会審査 中学校・高等学校の部 クレアホール 審査員:石黒晶(神戸女学院大学音楽学部長)田中由也(大阪音楽大学教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)伏見強(滋賀県合唱連盟理事長)矢田正一(兵庫県合唱連盟副理事長)
8月20日(日)奈良県合唱連盟奈良県合唱コンクール審査 大和高田さざんかホール 中学校・高等学校の部 審査員:加藤崇子(ピアニスト)中村典子(作曲家)松尾卓郎(合唱指揮者)横田清文(合唱指揮者)当麻礼子(合唱指揮者)
2017年9月10日(日) 16:00 声の迷宮 Vol.VII 現代の音楽、声の可能性を探る旅 海の見える南港サンセットホール[大阪南港ATC・ITM棟10階 大阪市住之江区南港北2-1-10 一般:3,000円,学生:1,500円 出演 小里明子(メゾソプラノ) アデーレ・ダロンツォ(ピアノ)平田英治(サクソフォン)佐藤紀雄(ギター) ジョルジョ・コロンボ・タッカーニ:ERMA per chitarra ジョルジョ・コロンボ・タッカーニ:親の家 声とピアノ、ギターのための(世界初演)パオロ・ロンゴ:Monologo Secondo Sphynxs-Vari(A)zioni per pianoforte パオロ・ロンゴ:時間:疎外 声とピアノのための(日本初演) 中村典子:満天星 stellae universum caelum 中村典子:伴聲 vox amicae (世界初演) 南川弥生:私たちのオーロラ 詩:ラウラ・ガラヴァリア 宇宙の蝶 詩:下田喜久美 声、サクソフォン、ピアノのための 南川弥生:Souffles (世界初演) 諸橋玲子:深信(JINSHIN) 諸橋玲子:道行 Ⅳ (世界初演) 主催 MUSICA(ムジカ)06-6844-0320 musica@power.odn.ne.jp 後援 大阪音楽大学,日本現代音楽協会,NPO法人国際音楽協会 地下鉄・ニュートラム利用の場合 地下鉄中央線「本町」からコスモスクエア経由で約18分「トレードセンター前駅」下車直結 地下鉄四つ橋線住之江公園から約16分「トレードセンター前駅」下車直結 JR利用の場合 JR環状線「弁天町」駅から地下鉄中央線に乗換,コスモスクエア経由で約15分「トレードセンター前」駅下車直結
2017年9月16日(土)京都市立芸術大学大学会館ホール 音楽学部「音楽学演習c2」特別レクチャーコンサート 協力:岡田加津子 山口友寛 レクチャー・エレクトロニクス:有馬純寿[京都市立芸術大学非常勤講師・帝塚山大学准教授] ファゴット:中川日出鷹 サキソフォン:井上ハルカ ヤコブTV《ザ・ガーデン・オブ・ラブ》(2002)JacobTV:The Garden of love サクソフォン:井上ハルカ 中村典子《眞聲花如》(2013-15)Noriko Nakamura:vox verum quasi flos ファゴット:中川日出鷹 湯浅譲二《ホワイト・ノイズによるイコン》(5チャンネル版 1967)Joji Yuasa:Icon on the Source of White Noise ピエール・ジョドロフスキ《Mixtion》(2002)Pierre Jodlowski:Mixtion サクソフォン:井上ハルカ 酒井健治《リフレクティング・スペースⅠⅠ》 Kenji Sakai:Reflecting Space II – Fantasia and Berceuse –サクソフォン:井上ハルカ お問い合わせ 京都市立芸術大学 教務学生課 音楽教務担当 電話:075-334-2222(平日8:30~17:15)
2017年9月17日(日) 14:30 京都文化博物館別館ホール 箏が洋楽器と紡ぐ音楽 FUSION OF HORIZONS:NEW MUSIC FOR KOTO 平成29[2017]年9月17日(日)14時30分開演(14時開場) Sunday,17th,September,2017 Start 14:30 Start (Open 14:00) 京都文化博物館別館ホール (604-8183 京都市中京区三条高倉,京都市地下鉄烏丸御池駅5番出口徒歩3分) Museum of Kyoto,Annex Hall (Takakura,Sanjo,Nakagyo-ku,Kyoto,604-8183,Subway Karasumaoike station,exit 5) 出演 箏・十七絃・唄:麻植美弥子、大谷祥子、カーティス・パターソン、中川佳代子、マクイーン時田深山 Koto,17gen,Uta:Oe Miyako,Otani Shoko,Curtis Paterson,Nakagawa Kayoko,Miyama McQueen-Tokita お話 カーティス・パターソン[横浜インターナショナルスクール邦楽プログラムディレクター]中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授] 時田アリソン[京都市立芸術大学日本伝統音楽センター所長] speakers:Curtis Paterson [Yokohama International School,Hogaku Program Directer] Nakamura Noriko [associate professor,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts] Alison Tokita [President,Research Centre for Japanese Traditional Music,Kyoto City University of Arts] 第1部 岡本伸介:Weaving spells into starlit sky (2015,世界初演) [箏2,ヴィオラ] OKAMOTO Shinsuke:Weaving spells into starlit sky (2015,World Premiere) [koto2,viola] 南川弥生:天道 (2015,世界初演) [箏,十七絃,フルート] MINAMIKAWA Mio:Tiandao (2015,World Premiere) [koto,17gen,flute]服部伶香:Traitor (2015,世界初演)[十七絃,ヴァイオリン] HATTORI Reika:Traitor (2015,World Premiere) [17gen,violin] 稲谷祐亮:溢れる赤 (2015,世界初演) [箏,唄] INATANI Yusuke:flos invisible (2015,World Premiere) [koto,uta(traditional singing)]池辺晋一郎:凍る (1977) [箏] IKEBE Shinichiro:KOHRU (1977) 野村誠:つみき (2003) [十七絃2] NOMURA Makoto:Tsumaki (2003) [17gen2] 藤家溪子:きよきなぎさに (2016) [箏,唄] FUJIIE Keiko:On the Clear Shor (2016) [koto,uta(traditional singing)] クリストファー・スヴェンソン:露と貧困と (2017,世界初演) [十七絃,ヴィオラ] Kristofer Svensson:Av dagg och fattigdom (2017,World Premiere) [17gen,viola] 沢井忠夫:鳴き砂よ (1981)[箏,ヴァイオリン] SAWAI Tadao:Singing Sand (1981) [koto,violin]
2017年9月24日(日)尹伊桑:間奏曲A 録音 京都市立芸術大学講堂 ピアノ:宋和映 ディレクション:中村典子 録音:西村千津子
2017年9月27日(水)京都芸術センター運営委員会 ミーティングルーム 委員長:田中誠二(大和学園理事長) 副委員長:小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授) 運営委員:稲賀繁美[国際日本文化研究センター教授] 森山直人[京都造形芸術大学教授] 上念省三(舞踊評論家)平芳邦浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授) 建畠晳(京都芸術センター館長)北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)
10月8日(日)京都市立芸術大学音楽学部 オープンスクール 楽曲分析(L2) Bach (1685-1750) : Concerto for 2 violins in D minor BWV1043
2017年10月8日(日)15:00 本條秀太郎プロデュース 第五回本條秀慈郎三味線リサイタル 青山音楽記念館 鞍馬の恋唄(1985)坪能克裕作曲 俚奏楽 露のいのち(1986) 秋元松代作詞本條秀太郎作曲 音楽の捧げ物〜 J.S.Bach作曲 曙光冴ゆ 三絃独奏のための (2009) 掘悦子作曲 neo (2014) 藤倉大作曲 慈音 vox affectio (2017,委嘱作品) 中村典子作曲 螺旋(1987) 打楽器Duo版初演 北爪道夫作曲 
2017年10月10日(火) Prof.Gao Ping,Convervatory of Music at Capital Norman University at Beijing composer's talk at Nakamura lab,KCUA for class of composing theoretical research class of graduate School
2017年10月14日(土)安土文芸セミナリヨ Torio Concert 迷宮 トリオコンサート 〜フルート・打楽器・パイプオルガンの響き〜 J.S.バッハ(1685-1750) J.D.ハイニヒェン:小さな和製の迷宮 BWV591 J.S.バッハ ジャン・アラン T.エスケシュ 武満徹 中村典子(1965-):ナビ〜フルートと打楽器のための〜 宮本愛子(1966-):デュアリテ(臥薪嘗胆)〜打楽器ソロのための 他 フルート:江戸聖一郎 打楽器:宮本妥子 パイプオルガン:城奈緒美 
2017年10月18日(水)草津アミカホール 一般社団法人 草津に麗しい文化芸術を育む会 設立記念事業 はじめよう 草津ネオ・ルネサンス 入場無料 キッズ制作シネマの上映とコンサートの夕べ 草津キッズ・シネマ塾作品の上映と中島貞夫監督シネマトーク 草津本陣物語 真珠のふるさとを訪ねて 中村典子:ホカヒ(2010) 打楽器:宮本妥子 若林千春:光痕 I フルート:若林かをり カミーユ・サン=サーンス:白鳥 他 松崎安里子 ピアノ:岸本佳美 みんなで歌おう「ひとつになる」近藤裕子作詞作曲 東日本震災復興応援歌 
2017年10月25日(水) 審査 京都市芸術文化特別奨励制度専門委員会 舞台:小堀純(編集者)上念省三(ダンス批評家)畑律江(毎日新聞大阪本社学芸部編集委員)音楽:白石知雄(音楽評論家)竹内有一(京都市立芸術大学准教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)造形:加須屋明子(京都市立芸術大学教授)原久子(大阪電気通信大学教授、アートプロデューサー)山田諭(京都市美術館学芸課長)オブザーバー:潮江宏三(京都市美術館館長)
2017年10月28日(土)29日(日)第8回東アジア音楽祭2017 in ヒロシマ〈ヒロシマからのメッセージ”日台中韓の交流と創造の祭典”〉音楽監督:伴谷晃二 The 8th Anniversary East-Asian Music Festival 2017 in Hiroshima The Message from Hiroshima for the Alternative relationship and Creative Festival Beyond Japan,Taiwan,China and Korea レクチャー・ワークショップ&コンサート 伝統と現代の”響奏”日本の伝統楽器尺八と三味線 韓国の伝統楽器テグムとピリ  2017年10月28日(土) レクチャー I 14:00-15:30 コンサート 15:45-17:45 29日(日) レクチャー II 14:00-15:30 ワークショップ  15:45-17:15 コンサート II 17:30-19:30 場所 JMSアステールプラザ オーケストラ等練習場 [広島市中区加古町4-17 TEL:082- 244-8000] 主催 問い合わせ ヒロシマ・ミュージック・プロジェクト TEL/FAX 0829-38-2264 [ともたに] kozz@themis.ocn.ne.jp http://hiroshimamusic.cocolog-nifty.com/10月28日(土) レクチャー I 14:00(13:30開場) 韓国の伝統音楽と伝統楽器 テグム/チャンゴ チョン・シニ [サムルノリ・ハンウルリム扶余教育院] ピリ/チャンゴ  キン・スィル [韓国中央音楽院] コンサート I 15:45-17:45 (予定)  伝統楽器による室内楽作曲作品展+現代室内楽作曲作品展 二宮毅(福岡-札幌) :風の森(2017,世界初演)ピアノ連弾:二宮英美歌/二宮毅 Tsuyoshi NINOMIYA (Fukuoka,Sapporo,Japan):Windy Forest for Piano 4 hands (2017,world premiere) piano duet:Emika NINOMIA/Tsuyoshi NINOMIYA 中村透(沖縄) : 摩文仁野(白き風車) 比嘉美智子短歌集より ソプラノ:玻名城律子 ピアノ:伴谷真知子 Toru NAKAMURA(Okinawa,Japan):Songs for the departed MABUNINO (2015,2017:revised work) soprano:Ritsuko MANASHIRO piano:Machiko TOMOTANI 陳明志(中国):狐山我独行 尺八:福田輝久  CHAN Ming-Chi (Hong Kong,China,Invited Composer):〈A Way Alone〉for Shakuhachi solo (2017;revised work) shakuhachi:Teruhisa FUKUDA 呂文慈(台北):〈Face off in Sichuan Opera〉for clarinet solo (2015)  クラリネット:三浦慈子 LU Wen-Tze (Taipei,Taiwan):〈Face off in Sichuan Opera〉for clarinet solo (2015) Clarinet:Shigeko MIURA 伴谷晃二(広島):アナカプリの回想、尺八と三絃のために(2015)  尺八:福田輝久 三絃(三味線):杵屋子邦 Koji TOMOTANI (Hiroshima):Reminiscences of Anacapri for shakuhachi and Sangen (2017;revised work) shakuhachi:Teruhisa FUKUDA shamisen:Shihou KINEYA 出田敬三(熊本) :マリンバとピアノのための「ノスタルジア」(2005) マリンバ:松田亜希子 ピアノ:小林知世 Keizo IDETA(Kumamoto,Japan,Invited Composer):”Nostalgia” for Marimba and Piano marinba:Akiko MATSUDA piano:Tomoyo KOBAYASH 10月29日(日) レクチャー II 14:00(13:30開場) 日本の伝統楽器と伝統楽器 尺八 福田輝久(邦楽聖会) 三味線(三絃) 杵屋子邦(邦楽聖会) ワークショップ 15:45-17:15 尺八と三味線の交流演奏 協力 福田輝久、杵屋子邦、山本誠山、山本観山、森岡泰山、高橋洋子 演奏曲 福田輝久作曲 手向慈慕譚〜尺八と三味線による〜 杵屋正邦作曲 明鏡 尺八三味線二重奏曲 要予約 申し込み ヒロシマ・ミュージック・プロジェクトまで コンサートII 17:30-19:30 伴谷晃二(広島):カーラ・チャクラの風 II、ピアノのために ピアノ:伴谷麻依子 Koji TOMOTANI(Hiroshima,Japan):The Wind of Kala-Cakra II,for piano (2012) piano:Maiko TOMOTANI 木下大輔(横浜):「影ーヴィブラフォンとドラムのためのー」(2017,世界初演)Daisuke KINOSHITA(Yokohama,Japan):Skyggen for vibrafon og trommer (2017,world premiere) 桑磊柏 (台湾・高雄):三首練習曲 Paul SanGregory(Kaohsiung,Taiwan,Invited Composer) :Three Studies,for piano(2016) piano:Keiko HIRAMOTO 中村典子(京都):禱光(2017,世界初演) パーカッション:宮本妥子 中村典子Noriko NAKAMURA(Kyoto,Japan):emitting prayer (2017,world premiere) percussion: Yasuko MIYAMOTO Noriko NAKAMURA   森田泰之進(東京):音/輪 IXc (2017,世界初演)尺八:福田輝久 Yasunoshin MORITA (Tokyo,Japan):Reincarnati0n Ix c, for shakuhachi (2017,world premiere)  shakuhachi:Teruhisa FUKUDA 朴守賢 (大阪):クラリネット独奏のための三章 (2012) クラリネット;翁優子  PARK Soo-Hyun (Osaka,Japan):Three Movements for Solo Clarinet (2012) clarinet:Yuko OU 遠藤雅夫(東京) : 〈枕詞と、あいの詠〉尺八と三絃のために(2016) 尺八 :福田輝久三絃(三味線):杵屋子邦 SONG OF ” MAKURAKOTOBA” AND “AI” for Shakuhachi and Sangen(2016) shakuhachi:Teruhisa FUKUDA sangen:Shiho KINEYA [順不同]
2017年11月1日(水) キャリアデザイン演習 中村典子 I am rhythm わたしは律 龍動する景 matrix fluidity 中村典子:永九 youngju ーソプラノ、合唱、電子音響と管絃楽のためのー(2015) [テキスト:日本国憲法前文第9条の多国語多時代翻訳 パン・ジュィン、中村典子] ソプラノ:日紫喜恵美 vocal ensemble clumusica & ensemble clumusica 電子音響:春野海 指揮:中村典子 中村典子:ホカヒ(2010)[打楽器独奏(一人か二人の助演を含む]] 打楽器:宮本妥子 上中あさみ 菊本歩 中村典子:夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景(2013-14)[メゾソプラノとピアノ] メゾソプラノ:アキコ・コザト ピアノ:アデーレ・ダロンツォ(ヴェローナ歌劇場ピアニスト)中村典子:御通木[みつぎ]柳川三味線と弦楽のための協奏曲(2016)[テキスト:中村典子] 柳川三味線:林美音子 ensemble clumusica 指揮:中村典子 中村典子:眼天地耳 [マリンバと9人の打楽器奏者のための協奏曲](2015) マリンバ独奏:名倉誠人打楽器:上中あさみ 可児麗子 関明日香、陶山美輝、岩永絃樹、池内里花、小椋風花、山田さくら、松井駿
2017年11月4日(土)16:00開演 [15:15トーク] 名倉誠人マリンバリサイタル2017「現代によみがえる古典」出演:名倉誠人(マリンバ・ヴァイブラフォーン)北村千絵(朗読)前田綾子(フルート)山本毅、上中あさみ、可児麗子、四元美也香、樽井美咲、藤田もも、高田汐莉、工藤沙ゆり、岩永絃樹(打楽器)J.S.バッハ/名倉誠人編:コラール"キリストは蘇りたまえり"BWV276 (マリンバ独奏) ベンジャミン C.S.ボイル:バッハのコラールによる変奏曲(マリンバ独奏)世界初演 デイヴィッド・ショーバー:「枕草子-古き日本の四季」ヴァイブラフォーン・フルートと朗読のための レーン・ハーダー:前奏曲とフーガ(マリンバ独奏)中村典子:眼天地耳-独奏マリンバと九人の打楽器奏者のための「歌川広重:深川洲崎十万坪」X「伊藤若冲:鷲図」
2018年11月8日(木)平成30年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 パートナー団体第1次選考会 審査 杉山準(演劇プロデューサー・特定非営利活動法人劇研理事・事務局長)阪田真己子(同志社大学文化情報学部准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)川本悟(公益財団法人京都市音楽文化振興財団業務監理部長)鈴木康之(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団事業管理部管理下管理係長チーフコーディネイター)牧野大輔(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理課) 
2017年11月11日(土) 東京タワー文化フェスティバル II Fall 2017 東京タワーホール 大展望台club333 -Connect to the future -11月11日(土)12日(日)入場無料 文化発信促進委員会 Cultural Sending Promotion Comittee (略称 CSPC シスペック) 邦楽ジャーナル 公益法人財団東芝国際交流財団 日本電波塔株式会社(東京タワー)  一般社団法人日本インターネットテレビ協会 NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ 東京インターナショナルスクール集英社 日本カンテレの会 独立行政法人国際交流基金 東京都港区教育委員会 一般財団法人港区国際交流協会 港区観光協会 フィンランド大使館 マザーアース ジェイコム港新宿 ドミニカ共和国大使館 ウズベキスタン大使館▪️展望台会場 club333展望台コンサート 伝統楽器より先端音楽まで 11日 13時- 15時- 17時 - 19時- 中村滋延:尺八独奏のための MU-GEN 高橋裕:「アハウ・カン」ビオラソロ 近藤裕子:「ナツツバキ 沙羅へ」17絃ソロ 松本悠理香:「perpetuum mobile」三味線&箏 田中範康:新作初演 箏ソロ   田中徹:作品展「東洲斎写楽」 他 中村典子:「伊福 inspirare」 尺八独奏  金田生成就:「悼」グランドピアノで奏でる野尻多佳子ピアノスペシャルコンサートベートーヴェンピアノソナタ他12日 13時- 15時- 17時- 19時- 高橋治子マリンバソロコンサート 肥後一郎:手事四綴 マリンバ初演他 川村昇一郎:時の哀歌 Mar&Tub 河本琢夫:4つのミニアチュアズより Marソロ 増本伎共子:「西脇順三郎《四つの詩》」Vocal & Koto 斉藤真佐子 箏とPfソロコンサート 沢井忠夫:鳥のように ピアノ編曲初演 (沢井比可流 斉藤真佐子編曲)岩井モエ ミュージカルソング 伴谷晃二:「景 」 17絃ソロ 古川精一が歌う宮沢賢治の世界 上田麻里名箏ソロコンサート 古典から現代へ 他 11日または12日 国際交流コンサート ウズベキスタンX箏 スイスカウベルX箏 フィンランドカンテレX箏 他 *掲載曲は演奏順ではありません。演奏順と時間はHPでご確認ください《作曲家》11日 金田成就、近藤裕子、高橋裕、田村徹、田中範康、中村滋延、中村典子、松本悠理香 12日 川村昇一郎、河内琢夫、増本伎共子、伴谷晃二 国際交流 :国枝春恵、千秋次郎、坪能克裕、眼龍義治《演奏家》 11日 岡田道明(尺八) 須田祥子(Va)野尻多佳子(Pf)福原左和子(箏)藤重奈那子(箏) 北條立記(Vc) 12日 岩井モエ、麻植美弥子、斉藤真佐子、鈴木孝順(Mb) 高橋治子(Mb)深海さとみ(箏) 古川清一(Br) 古沢充(Tub)藤重奈那子(箏,三)町田夢子(箏) 国際交流:上野信一(Perc) Dinora Azamatova(舞) 桑島美穂(カンテレ) 下野戸亜弓(箏)立道明美(箏) メイン会場:23和音の会、東京インターナショナルスクール、松山女子高校箏曲部、他多数メイン会場(東京タワーホール地下1階)11時-19時 国際交流プロジェクト〜外国文化の紹介とコラボレーション(ウズベキスタン、フィンランド、スイス等)国際交流ワークショップ(アジアの楽器)バルシューレ(スポーツ体験)特別講演「邦楽ってこんなに面白い』(邦楽ジャーナル編集長田中隆文)、東京インターナショナルコンサート、高校生この音とまれコンサート(松山女子高校箏曲部他)長澤勝俊「獅子踊りのはじまり」onns 他
2017年11月18日(土)尺八奏法レクチャーコンサート 主催:京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 寄田真見乃 助演:大村優希恵 鶴の巣籠(W.オッフェルマンズ編[横山勝也-海童道祖]フルート版)古伝巣籠(尺八本曲) 寄田真見乃:波・胡寺 太秦寺 玉環(2014) より 中村典子:伊福 inspirare (2013) スウェーデンの民族音楽とヴァイオリン奏法レクチャーコンサート 主催:京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 中村典子:雛鳥詞 soul voice (2013) スウェーデン民謡:舞曲[結婚式の舞曲・悲劇的舞曲・ワルツ] 他マリン・バン:烏が白くなるとき 桑原ゆう:3つの聲 スウェーデン民謡:風の助けを受けないで誰が航海できようか クリストファー・スヴェンソン:海を越えた春に向かって
時田アリソン伝統音楽研究センター所長・愛知県立芸術大学小林聡先生来訪
2017年11月30日(木)沖縄県立芸術大学近藤春恵先生(作曲)山内昌也先生(三線)研究室来訪
2017年12月10日(日) 2017年度師走特別公演 古典の心柱 大和座 狂言ガラ公演 大阪能楽会館 主催:大和座狂言事務所 プログラム 挨拶と曲目解説 Credo六段 ネウマ:中村典子 先導唱:日下部祐子 京都市立芸術大学有志合唱団 箏:麻植美弥子 能舞:安東伸元 狂言 口真似 主人:井上放雲 太郎冠者:安東元 客人:安東睦郎 眞聲花如天景一如 vox verum quasi flos topiorum caelo quasi deo  作曲:中村典子 エレクトロニクス:山口友寛  正ファゴット:中川日出鷹 副ファゴット:高島翔大 能舞:安東伸元 狂言:末広がり 果報者:安東伸元 太郎冠者:安東元 スッパ:山田師久 音/ピッコロ:山村有佳里 後見:山村貴司 付祝言:大阪能楽会館へ感謝を込めて 総合司会:許秀鳳 
2017年11月18日(土)東京国立博物館 (台東区) 出演:本條秀慈郎(三味線) 宮田まゆみ(笙)監修:本條秀太郎 生け花:Nicoleta Oprisan 中村典子:慈音 vox affectio (2017)  三味線:本條秀慈郎 他
2017年11月19日(土)草津クレアホール(滋賀)奏音フェスタ 中村典子:川のほとりのこもりうた よ し笛トゥッティ
2017年12月10日(日)大阪能楽会館  《古典伝統芸能と出会うひととき》2017年度師走特別公演 古典の心柱 大和座 『Credo六段』ネウマ:中村典子(京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻准教授)先導唱: 日下部祐子 (京都市立芸術大学音楽学部非常勤講師)合唱:京都市立芸術大学有志合唱団 (土生夏未,新美茉莉加,岡西知恵瑠,高橋奏海,高橋花音,土橋優奈,濱田貴大,佐々木涼輔,岡成秀樹,池田真己,内山建人) 箏:麻植美弥子 能舞:安東伸元 狂言『口真似』-くちまね- 主人:井上放雲 太郎冠者:安東 元
客人:安東睦 『真聲花如 天景一如』 作曲:中村典子 エレクトロニクス:山口友寛(京都市立芸術大学非常勤講師) 正ファゴット:中川日出鷹 副ファゴット:高島翔大 能舞:安東伸元 狂言『末広がり』-すえひろがり- 果報者:安東伸元 太郎冠者:安東 元 スッパ:山田師久 音/ピッコロ:山村有佳里 後見:山村賢司
2017年12月22日(金)共響 vox maiorum series 邂逅encounter Project IV 東アジア文化都市 長沙[中国]大邱[韓国]京都[日本] clumusica 28th concert[clumusica 30th friendship charity ]VOX MAIORUM series encouter project IV East Asia Cultural City Changsa[China] Daegu[Korea] Kyoto[Japan] clumusica 28th concert[clumusica 30th friendship charity] 2017年12月22日(金) 19時開演[18時30分開場] Friday 22 December 2017 19:00 Start [18:30 Open ] 京都市立芸術大学大学会館ホール University Hall,Kyoto City University of Arts 京都市立芸術大学音楽学部京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 clumusica Organizer: Nakamura lab,Faculty of Music, Kyoto City University of Arts,Graduate School of KCUA clumusica ピアノ独奏:代博 ピアノ独奏:森本美帆 piano solo:DAI Bo piano solo:MORIMOTO Miho ヴァイオリン独奏:キム・ジヒェ ソリ独唱:オ・ヨンジ violin solo:KIM Jihye sori solo:OH Younji 二十五絃箏:横山佳世子 25 gen koto:YOKOYAMA Kayoko 指揮:高昌帥[大阪音楽大学教授] 中村典子[京都市立芸術大学音楽学部准教授] conductor:KOH Changsu NAKAMURA Noriko アンサンブル・クラムジカ: カオ・ユーハン[長沙出身] キム・ジヒェ 中村公俊 水野万裕里 柳原史佳 古味亜紀 江口純子 大藪英子 南條聖子 三上さくら 木田奏帆 小高睦 孫工恵嗣 西村まなみ 古味寛康 池田源輝 上中あさみ ensemble clumusica [string orchestra]:CAO Yuan[Changsa-Beijing,China] KIM Jihye NAKAMURA Kimitoshi MIZUNO Mayuri YANAGIHARA Fumika KOMI Aki EGICHI Junko OYABU Hideko NANJO Seiko MIKAMI SakuraKIDA Kansho KOTAKA Mutsumi MAGOKU Keishi NISHIMURA Manami KOMI Hiroyasu IKEDA Genki KAMINAKA Asami [marinba] ダイ・ボ[北京,中国]:ピアノ協奏曲(2017,世界初演)DAI Bo [Beihing,China]:Piano Concerto(2017,World Premiere) キム・ジュンヒ[大邱,韓国]:ヴァイオリンとソリと弦楽の協奏曲(2017,世界初演)KIM Joonghee [Daegu,Korea]:Concerto for Violin & Sori and String Orchestra (2017,World Premiere) イム・ジソン[韓国]:《希望は羽のある小鳥》ピアノ独奏とマリンバを伴う弦楽の協奏曲(2017,世界初演) LIM Jiesun [Seoul,Korea]:”Hope,A Little Birds with Feathers” Concerto for Piano solo and String Orchestra with Marimba(2017,World Premiere) 中村典子[京都,日本]:《未跡》二十五絃箏と弦楽の協奏曲(2017,世界初演) NAKAMURA Noriko[Kyoto,Japan]:”Signa” Concerto for 25gen koto and String Orchestra (2017,World Premiere)
2018年1月8日(月) Prof.Jinsoo Kim visiting Nakamura lab,KCUA with Keisuke Ito
2018年1月9日(火) Lecture Composer talks own works : composing theoretical research class University Hall,KCUA [for Graduate School students]
2018年1月11日(木)渡響 vox expectat [作曲理論研究・音楽学演習i・作曲演習合同研究発表] 大枝international alternative festival 2018 [IV]大学会館ホール 名称:渡響 vox expectat reflected lullaby 子守唄 大枝 international alternative festival 2018 [作曲理論研究 II IV 音楽学演習 i 作曲演習 後期合同研究発表] [clumusica 29th concert (clumuisica friendship charity 31)] 主催:京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 18:30開演 [18:00開場 18:00トーク] 京都市立芸術大学大学会館ホール 曲目: リャオ・ワンティン[廖婉婷] (1988-) : 映梢 (2017) LIAO Wanting: Through the light [electro.] 遠藤隆明(1992-):12の練習曲第1,2番 (1992) ENDO Takaaki:No.1,2 from 12 Etude [pf.] ジャン・ミシェル・ドゥファイ (1932-):バッハのように (1972) Jean Michelle DEFAE: A la maniere de Bach [trb.pf.] ピエール.ガバイー (1930-2000):奏鳴曲 より Pierre GABAYE:from Sonatine [fl.bn.]マルセル・ビッチュ (1921-2011):スカルラッティの主題による4つの変奏 (1950) Marcel BITSCH:4 Variations on the theme of Scarlatti [trp.pf.] オリヴィエ・メシアン(1908-1992):主題と変奏(1932) Olivier MESSIAEN:Theme & Variation [vn.pf.]ルチャーノ・ベリオ(1925-2003) : 続唱 (1969,1995)Luciano BERIO:Sequenza VIIb [sax.]北爪道夫 (1948-) : ペア・ワーク(1996)KITAZUME Michio:Pair Work [fl.pf.]アンヌシュ・ハンヌヴォルト (1992-) : 氷晶(2016)Anders HANNEVOLD:Glazing over [sop.pf.]トルビョン・アルネセン (1994-) : 来よ夏の風(2017)Torbjørn ARNESEN:Kom Sommervind [sop.pf] ガブリエル.フォーレ(1845-1924) : ラシーヌ讃歌 (1863) Gabriel FAURÉ: Cantique de Jean Racine [ vocals.pf.] 森田拓夢(1998-) : 眺め vistaMORITA Takumu:Vista [electro.]中村典子 (1965-):渡響 vox expectat [geomungo] NAKAMURA Noriko:Vox expectat (2017)ホン・スンジ[洪承志] (1996-) :黎明 [geomungo] HONG Seoung Ji:Dawn breaks (2017) ラインハルト・フェーベル (1952-):不動静穏 (1976) Reinhard Febel:Ataraxie [fl.duo]ジンソ・キム[金眞珠](1969-):かわいた森の夜想曲 [cl.vn.pf.]Jinsoo Kim:Nocturne in Dry Forest (2012)ルードヴィヒ・ヴァン・ベートヴェン(1770-1827):我愛す [bar.pf.]Ludqwig van BEETHOVEN:Ich liebe dich ジョージ・フレデリク・ヘンデル(1685-1759) :優しき木陰 [viola da gamba pf.] George Frederic HANDEL:Ombra mai fu春野海 (1992-) : 面 [pf.] 野夕梨: 面 dance Haruno Kai :OMOTE Nozuri:OMOTE [dance] ジンソ・キム[金眞珠](1969-):アリアリ [vn.pf.] Jinsoo KIM:Ari Ari 出演 森田拓夢 [comp.1] 廖 婉婷 [M1,Japanese Traditional Music Research,Taiwan] MORITA TAKUMU LIAO O WanTing 矢野百華 [M1,pf.] 柳楽毬乃 [M1,vn.] 朴優栄 [M1,fl.] 高島翔大 [M1,fg.] YANO Momoka NAGIRA Marino PARK Wooyoung TAKASHIMA Shota 小渕真実 [M1,tp.]白石尚美 [M1,sax.]中村文香 N [M1,trb.] OBUCHI Mami SHIRAISHI Naomi NAKAMURA Fumika 原田菜奈 [M1 sop.] 藤居知佳子 [M1 alt.] 廣田雅亮 [M1,bar.] HARADA Nana FUJII Chikako HIROTA Masaaki 江川菜緒 [M2,vn.] 鎌田邦裕 [M2,fl.]平川奈津美 mi [M2,cl.] 藪野巨倫 [M3,vn.] EGAWA Nao KAMATA Kunihiro HIRAKAWA Natsumi YABUNO Kirin ホン・スンジ[ 洪承志] [geomungo,Dankokk University,Korea] HONG Swungji アンヌシュ・ハンヌヴォルト [comp,pf.Bergen University,Norway] Anders Hannevold 志賀俊亮 [M2.pf.] 東山洸雅 [Doctral Cource pf.] 遠藤隆明 [alumnus.comp.] 西薗千智 [alumna,pf.] 宋和映 [alumuna,pf.] SHIGA Shunsuke HIGASHIYAMA Koga ENDO Takaaki SONG Hwayoung 足立恵理 [M1,musicology] 田淵宏幸 [alumnus vn.comp.] ADACHI Eri TABUCHI Hiroyuki 野夕梨 Noyuri [dance] 富久田治彦 [fl.principal Nagoya P.O.] 大嶋義実 [fl.prof.dean,music faculty,KCUA] FUKUDA Haruhiko OSHIMA Yoshimi 渡辺佳奈 [M1.Nihonga]中井友路 [4,conscept & media planning] 西村千津子 [recording,University Hall] 荒木真歩 [alumuni,Kobe University Graduate School] WATANABE Kana NAKAI Tomonori NISHIMURA Chizuko ARAKI Maho 影近舞帆 [2,comp.] 中村典子 [associate prof,music faculty & grad school,KCUA comp.] KAGECHIKA Maiho NAKAMURA Noriko
2018年2月7日(水)京都市立芸術大学音楽学部・大学院作曲専攻生による新作発表演奏会 京都市北文化会館 入場無料 岩井美沙(3)薄れゆく(弦楽三重奏)三原寛志(3)二匹のヤマアラシは(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)横田真衣(3)心の空(サクソフォン、ピアノ)山川和也(4)移ろい(管弦打アンサンブル)藤田茉奈美(M1)BLOW(クラリネット、ピアノ)
2018年2月25日 (土)宇都宮市民会館小ホール (栃木県) 本條秀慈郎三味線リサイタル 中村典子:慈音 vox affectio
2018年2月25日(日)15時開演(14時30分開場)宮本妥子 打楽器&マリンバコンサート 打楽器七変化!~マリンバからバケツまで~ 平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業 平成29年度滋賀県次世代創造発信事業 滋賀県文化産業交流会館 [ルッチプラザ ベルホール310(滋賀県米原市長岡1050-1)] 滋賀県次世代創造発信事業アートマネジメント人材養成講座「みんなでつくろう!コンサート」の受講者がつくるオリジナルコンサート。
パーカッション、マリンバ奏者 宮本妥子が、マリンバからバケツまで様々なものを使い、多彩な音色をお届けします。曲目 岡野貞一/ふるさと ピアソラ/リベルタンゴ ライヒ/バラフォンフェイズ アルゲンツィアーノ/スティンキンガーベッジ YASUKO/シュラーク 中村典子/ホカヒ ほか 演出 有門正太郎 広報アドバイザー 阿南一徳 元カザルスホール広報担当 舞台監督 白﨑清史 公益財団法人びわ湖芸術文化財団 地域創造部 全体コーディネート 児玉真 一般社団法人地域創造プロデューサー
2018年2月26日 (日) 日本現代音楽協会 東京オペラシティリサイタルホール 
2018年4月19日26日(木) 京都市立芸術大学大学会館ホール 創造のためのリサーチプレセンテーション 
2018年5月19日(土) 京都府民ホール アルティ 
2018年6月23日(土)汲響 vox caelum et terram
2018年6月24日(日)汲響 vox caelum et terram
2018年
2018年10月7日(日)
2018年11月11日(日)
2018年11月17日(土)京都市立芸術大学大学会館ホール レクチャーコンサート
2018年12月2日(日)Korean National Theater Punglyuui Gaeggang Seoul,Korea Gyeonggi Gayageum Ensemble
2018年12月15日(土)
2018年12月16日(日)
2018年12月22日(土) series 邂逅encounter Project V 樂舞台 聲馨樂傳 プレ初演
2019年1月10日(木)拶響 vox caelum 大枝international alternative festival 2019 [V]
2019年3月24日(日)樂舞台 聲馨樂傳 世界初演
2019年4月25日(木)
2019年5月15日(木)
2019年5月16日(金)
2019年6月27日(木)
2019年6月28日(金)
2019年11月16日(土)京都市立芸術大学大学会館ホールレクチャーコンサート
2019年12月22日(日)series 邂逅 encounter Project VI 協奏
2020年1月9日(木) 大枝international alternative festival[VI]
2020年4月23日(木)
2020年6月25日(木)
2020年6月26日(金)
2020年11月21日(土)
2020年12月22日(火)
2021年1月11日(月)
2021年4月22日(木)
2021年5月19日(水)-21日(金)
2021年6月23日(水)-25日(金)
2021年11月20日(土)
2021年12月22日(水)
2022年1月11日(火)



[PR]
2017年1月12日(木) 18:30 京都市立芸術大学大学会館ホール  大枝インターナショナルフェスティバル [作曲演習・作曲理論研究 II IV後期発表] バルトーク・ベーラ(1881-1945):八つのハンガリー民謡から 朝枝恵利子(M2) 喜納和(M2) ピアノ:小嶋稜(4) [映像] 山口友寛(1984-):Only"Marimba"Concerto(世界初演)エレクトロニクス:山口友寛 (京都市立芸術大学非常勤講師)イサン・ユン[尹伊桑](1917-1995):エチュード第五番(1974) フルート独奏:鎌田邦裕(M1) 稲谷祐亮(1992-)(M1):声なき声(2016) サクソフォン独奏:松葉彩(M1) オッフェルマンズ編=尺八本曲:鶴の巣籠(作者成立年代不詳) フルート独奏:大村優希恵(M1) バルトーク・ベーラ(1881-1945):コントラスツ(1938)クラリネット:平川奈津美(M1) ヴァイオリン:江川菜緒(M1) ピアノ:砂原悟(京都市立芸術大学音楽学部教授)中村典子(1965-):暁馨 xiaoxin(世界初演)ホルン:矢野めぐみ[録音] エレクトロニクス:中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)照明:渡辺佳奈(日本画4) 録音:西村千津子 舞台:京都市立芸術大学音楽学部大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 
12,January 2017 18:30 (Open 18:00) University Hall,Kyoto City University of Arts
OE International Alternative Festival 2017 "Voiceless Voice” Bartok walks on seamless world ---család Familie Familia---[composing theological research class with composition seminar presentation, autumn 2016-winter 2017] organizer:Nakamura lab,composition,Graduate School of Music & Faculty of Music,Kyoto City University of Arts program:Bartok Bela(1881-1945):from 8 Hungarian Folk Songs  soprano:Asaeda Eriko tenor:Kina Nagomu piano:Kojima Ryo [video] Yamaguchi Tomohiro(1984-):Only”Marimba”Concerto (World Premiere) electronics:Yamaguchi Tomohiro Isang Yun(1917-1995):Etude No.5 (1974)   flute solo:Kamata Kunihiro Inatani Yusuke(1992-):voiceless VOICE saxophone solo:Matsuba Sayaka Shakuhachi Honkyku(period of completion & author : unknown)=Wil Offelmans:TSURU-no-Sugomori [nesting cranes] flute solo:Omura Yukie Bartok Bela(1881-1945):Contrasts (1938)  clarinet:Hirakawa Natsumi violin:Egawa Nao piano:Sunahara Satoru Nakamura Noriko(1995-):Xiǎo xīn (World Premeire) horn:Yano Megumi [recorded] electronics:Nakamura Noriko
(聴)2017年1月26日(木)素謡の会 京都芸術センター 新作能 紅天女 企画ナビゲーター:田茂井廣道(シテ) 田茂井廣道(ワキ)角当直隆(地謡)山崎正道(地謡)味方團(月影千草)広田ゆうみ 特別ゲスト:梅若玄祥(観世流シテ方)竹市学(藤田流笛方)
(聴)2017年1月20日(金)マクイーン時田深山十七絃リサイタル ムジカーザ(代々木上原)サクソフォン:日下部任良 打楽器:石若駿 六ツの詩~森によせて~(1995年・沢井忠夫) 十七絃と打楽器のための漂う島( 1979年・石井眞木) Koto.Lengō(2015年・Gianni Bozzola、日本初演)ほか
2017年1月27日(金)京都芸術センター運営委員会 ミーティングルーム  委員長:田中誠二(大和学園委員長)[欠席] 副委員長:小林昌廣[情報科学芸術大学院大学教授] [議長代理] 運営委員:稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授)[欠席] 森山直人(京都造形芸術大学教授)上念省三(舞踊評論家)平芳邦浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)建畠晳(京都芸術センター館長)[欠席] 北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)
議題:1.第35回制作室使用者の選考について 2.KAC TRIAL PROJECT /Co-program[コープログラム]2017の選考について 3.発表支援事業(共催事業)追加申請の審査 4.平成29年度事業計画案(概況)
2017年1月31日(火) MiHORA trial vol.0 聲馨樂傳 vox sanctus indica in anima こゑのかをりがくのつたへ 京都市立芸術大学大学会館ホール [関係者] text by Pan Jun & NakamuraNoriko, all composition,conducting & electro acoustic music by Nakamura Noriko vocal ensemble clumusica & ensemble clumusica(recorded) soprano:Wada Yuka tenor:Kina Nagomu electronics:Nishimura Chizuko & Yamaguchi Tomohiro stage equipment:Fujita Manami,Amako Yurie,Kagechika Maiho
(聴)2017年2月1日(水)Kyo X Kyo Today 京都芸術センター ロマンティックバリエーション 中野 志麻(ヴァイオリン) 片山 千津子(ヴァイオリン)小田 拓也(ヴtィオラ・編曲) 渡邉 正和(チェロ)出原 修司(コントラバス)筒井 祥夫(クラリネット)中野 陽一朗(ファゴット) ハラルド・ナエス(トランペット) 中山 航介(パーカッション)ヴァイオリンとクラリネットのための「チゴイネルワイゼン」(サラサーテ)ハンガリー舞曲 第1・5・6番(ブラームス) ルーマニア民俗舞曲(バルトーク)タンゴ・ジェラシー(ゲーゼ)ラ・クンパルシータ (ロドリゲス)映画「シェルブールの雨傘」テーマによる変奏曲(ルグラン)映画「ミッション:インポッシブル」テーマによる狂詩曲(シフリン)〔小田拓也 編曲〕
2017年2月8日(水)作曲家藤家溪子氏(第43回第48回尾高賞)中村研究室来訪
(聴) 2017年2月12日(日) 18:00 吹田メイシアター小ホール cross music with...舞台を作曲する カラー影絵 X三重奏 「Voyage -河野里美 光の芸術に寄せて」 大森真弓(作曲) 柴田咲(ヴァイオリン)石光政徳(チェロ)有馬圭亮(左手ピアノ)ガムランX西洋楽器「ゆらぐ・おと」小松淳史(作曲)西村彰洋(ガムラン)増永響子(ヴァイオリン)小棚木優(チェロ)演劇X歌「Editor」 帯刀菜美 (作曲)片岡結衣(俳優)やまだちひろ(ソプラノ)三浦祐香(ピアノ)
2017年2月15日(水) 京都市北文化会館 京都市立芸術大学音楽学部・大学院作曲専攻生による新作発表演奏会 18:30 Birth of Music 2106 (後期作曲作品発表) 京都市北文化会館尼子由里絵(3) 〈てぶくろ〉フルート、クラリネット、オーボエ、サックス、ファゴット、ホルン、トロンボーン 山川和也(3)〈とどかぬもの 壊れるもの 〉ソプラノ,管弦打アンサンブル 遠藤隆明(4) 〈Crépscule pour piqno et orchestre〉ピアノソロ、オーケストラ 岡田善次(4) 〈コント「もしも岡田善次の曲が卒業演奏会に選ばれたら」〉ピアノソロ 藤田茉奈美(4) 〈With My Paddle 〉弦楽五重奏 稲谷祐亮(M2) 〈むすひのみおと〉3本のヴァイオリン 黒川拓朗(M2)〈舞踊のための組曲「幻想怪奇」〉弦楽四重奏 春野海(M2)〈共生へのスケッチII〉ビブラフォン、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス
2017年2月23日(木)深海さとみ先生練習場 中村典子:青渡絲韻  平田紀子 麻植美弥子  鶴川楽器 九代目鶴川大騎
2017年2月24日(金)19:00 日本の作曲家 2017 第2夜 第44回楽譜制作作品演奏会 東京オペラシティリサイタルホール 内本喜夫:チェロ協奏曲 チェロ:翠川敬基 小林隆一:2つの夜想曲 ピアノ:田代幸弘 木下大輔:晴れた日の記憶〜クラリネットとピアノの為の クラリネット:広瀬寿美 ピアノ:田中悠子 大谷千正:男声のための3つのアリア バリトン:江原実 ピアノ:今野菊子 中村典子:青渡絲韻  十七絃:平田紀子 麻植美弥子 草野次郎:フルートとピアノの為の"オーロラ" フルート:大升良美 ピアノ:中田百合子 大政直人:This is the Piano ピアノ:中川俊郎
(聴 第1部のみ) 2017年2月26日(日)15:00 五線譜に書けない音の世界〜声明からケージ、フルクサスまで〜 ギャラリー@KCUA <第1部> 声明とジョン・ケージ レクチャー 声明の記譜法について/藤田隆則(日本伝統音楽研究センター教授)声明実演 ①ジョン・ケージ:龍安寺(声明バージョン)②ジョン・ケージ:Variations II <第2部> 記譜法の展開 レクチャー 記譜法の展開〜日本の場合/竹内直(音楽学部・日本伝統音楽研究センター非常勤講師、芸術資源研究センター非常勤研究員)③足立智美:Why you scratch me, not slap? ④一柳慧:電子メトロノームのための音楽 ゲストトーク 塩見允枝子(作曲家・芸術資源研究センター特別招聘研究員)⑤塩見允枝子:カシオペアからの黙示(2016年委嘱新作
(聴) 2017年2月26日(日)16:00 四季の遊び 京都芸術センター 平野一郎:春の歌 クレマン・ジャヌカン:鳥の歌 ジョン・ケージ:18 回⽬の春を迎えた素晴らしい未亡人 13 世紀イギリス古曲:夏は来たりぬ ブライアン・デニス&オリヴァー・ビーヴァン:波の小品 平野一郎:夏の歌 ブライアン・デニス&オリヴァー・ビーヴァン:嵐の⾳楽 平野一郎:秋の歌 ジョスカン・デ・プレ(平野編):こうろぎは良い歌い手 ブライアン・デニス:霧 ジョスカン・デ・プレ:アヴェ・マリア 平野一郎:冬の歌 平野⼀郎:雪の声(京都芸術センター委嘱・初演) 平野⼀郎:サルメノヲドリ 作曲・構成:平野一郎 声:吉川真澄、宮本絵真、岡⽥和宏、岡田健太郎、岡⽥通利 打楽器:畑中明香、池上英樹
2017年3月16日(木)京都芸術センター運営委員会 ミーティングルーム  委員長:田中誠二(大和学園委員長,欠席)副委員長:小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授,議長代理) 運営委員:稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授,欠席) 森山直人(京都造形芸術大学教授)上念省三(舞踊評論家)平芳邦浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授)建畠晳(京都芸術センター館長,欠席)北村信幸(京都市文化市民局)山崎弥生(京都芸術センター事務局長)
2017年3月7日(火)研究室 藤家溪子氏、中川佳代子氏、アベル・コエリョー氏来訪
(聴) 2017年3月11日(土)14:30-16:30 真宗高田派本山専修寺京都別院 往生講式(管絃講)  京都市右京区鳴滝音戸山町11-34 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター・平成廿八年度 連続講座H 音楽実践をもって徳を積む〜平安後期・鎌倉期の管絃講(往生講式)、そのこころ〜二日目 出仕 鷹阪龍哉 龍源寺住職 でんおん管絃講(田鍬研究室共同研究会員・京芸大学生有志)安田信源 安立寺住職 受講者・来場者 
順次往生講式 次第 先 導師入堂・三禮 次 伽陀 大経上伽陀 次 懺悔文 次 式文 述意門 次 音楽 平調 相佛戀(想夫恋)(只拍子)二返 次 式文 正修門第一 次 音楽 萬歳樂 一帖 次 式門 正修門第二 次 催馬楽 西方樂(伊勢海に音に准ず)次 式門 正修門第三 次 音楽 陪臚(只拍子)二返
次 式門 正修門第四 次 音楽 三臺急 二返 次 式門 正修第五 次 声明 往生樂 合佛(八句念佛に合す)二返 次 式門 正修門第六 次 音楽 甘州(樂拍子)二返 次 式門 正修門第七 次 音楽 郎君子(樂拍子)二返 次 式門 正修門第八 次 催馬楽 西方樂(更衣の音に准ず)二返 次 式文 正修門第九 次 音楽 五聖樂破(後生樂破)二返 次 音楽 五聖樂急(後生樂急)三返 次 式門 廻向門
次 音楽 往生急(皇鹿章(上下合字)急)二返 次 廻向伽陀 次 三禮 次 法話 * 廻向文 
配役 導師(式役)・伽陀 鷹阪龍哉 歌詠 中川佳代子・ネルソン,スティーブンG.・上野正章・グルビンスカヤ,ナタリヤ・今由佳里・田鍬智志・中尾薫(以上、全曲)伊藤慶佑・管亭安・陳宗丹(杉のつくりの合字)・山口敦子(以上、催馬楽曲・八句念仏のみ)来場者 箏:中川佳代子・グルビンスカヤ,ナタリヤ 琵琶:管亭安・田鍬智志 龍笛:吉岡倫裕 笙:陳宗丹(杉のつくりの合字)山口敦子 篳篥:伊藤慶佑 笏拍子・磬:上野正章 法話:安田信源 譜:極樂聲歌 樂邦歌詠 仁智要録 基政笛譜 新撰笙笛譜 盧聲抄 西方樂 八句釋迦 古譜律巻
2017年3月20日(月祝)京都市立芸術大学音楽学部卒業演奏会 府民ホールアルティ
2017年3月22日(水) 19:00~(開場18:30) サントミューゼ 小ホール(上田市交流文化芸術センター)長野県上田市天神3-15-15 プログラム・シュミット:ガナイヤ(マリンバ&ジャンベ)・S.ライヒ:マリンバフェイズ(バラフォン)・YASUKO:シュラーク(マルチパーカッション)・アルゲンティアーノ:スティンキン・ガーベッジ(バケツ)《旅する音~太郎山、さかさぎりの秋から春へ》中村典子:ホカヒ(おりん)ヴィヴァルディ/編曲 後藤ゆり子:四季より「冬」(マリンバ&マルチパーカッション)おぼろ月夜(マリンバ連弾) ・トレヴィノ:キャッチング シャドウズ(マリンバ2台によるDuo)出演:宮本妥子(共演:後藤ゆり子)料金:全席指定 500円 ※未就学児の入場はご遠慮ください うえだアーツスタッフアカデミー 第8回「宮本妥子 マリンバ・打楽器コンサート」 地域とアーティストを繋ぐ「アーツスタッフ」の育成を目的に実施している講座(全8回)。音楽事業の企画・運営に焦点ををあて、地域とのつながりを重点に置いたコンサートの企画に参加者が携わる内容。お問い合わせ:サントミューゼ TEL:0268-27-2000 ※休館日:火曜日主催:上田市(上田市交流文化芸術センター)、上田市教育員会企画:うえだアーツスタッフアカデミー第3期生
(聴)2017年3月24日(金)京都市立芸術大学専任教員によるプロフェッサーコンサート 久保和範 甲山紀子 府民ホールアルティ
(聴)2017年3月25日(土)日本伝統音楽研究センター レクチャーコンサート "芸術歌曲"の誕生と音楽の近代 府民ホールアルティ
(聴)2017年3月26日(日)漆プロジェクトオペラ『山科閑居』(作曲:黒川拓朗 台本:neco) 京都市立芸術大学大学会館ホール
2017年4月1日(土)18:00 Kränholm scheune Auf dem Hafen Ufer 35 35a 28759 Bremen CLAUDIA BIRKHOLZ Program teil 1 Aufbruchstimmung Alexzander Skryabin(1872-1915)- Preludes op.74(1914) Arnold Schönberg(1874ß1951)ßKlavierstücke op.19 (1913) Henley Powell (1897ß1965) Aeolian Harp(1923( Luigi Dallapiccola(1904ß1975) I AusäQuaderno Musicale di Annalibra für Klavier(1955) Luciano Berio(1925-2003) I Wasserklavier(1965) George Crumb(1929-) USA Music of Shadows(1972) György Liegti(1923-2006) RO Touches blouses(1985) Yui Kakinuma(1961-)J Paeonia(1989) Christoph Hurdler (1964-)A Variation seriöses variation(2009) Pause Teil 2-The joy of toy John Cage(1912-1992) USA Suite for toy-piano(1948) Julia Wolfe(1958-) USA East Broadway(1996) Noriko Nakamura (1965-)J Riverside Lullaby Eric Satie(1866-1925(F Grossiennes(Beard.) Karlheinz Essl (1960) A Sequitur V (2008)Chick Corea (1941-) Children Song Nr.1.3 und 4(1983) Kazuyo Nozawa(1945-) Gedanken bei Schnee II (2014) Sganarele(2014)
2017年4月12日(水)19:30 Dr. Phillips Center for the Performing Arts,Walt Disney Theater,Orlando, Florida,UCF Percussion Festival as part of UCF Celebrates the Arts Featuring guest artist Makoto Nakura and the UCF Percussion Ensemble Percussion Studies,School of Performing Arts,University of Central Florida,U.S.A Nakamura Noriko:眼天地耳 Sky Eyes,Ground Ears(Marimba Concerto with 9 Percussionists,U.S.A.Premiere) Marimba:Makoto Nakura UCF Percussion Ensemble Percussion Studiers,School of Performing Arts,University of Central Florida,U.S.A [coordinatior:Thad Anderson,D.M.A.Assistant Professor of Music,Percussion Studies]
2017年4月21日(木)創造のためのリサーチプレゼンテーション [楽曲研究発表] (新2回生-新4回生 作曲専攻・指揮専攻) 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 京都市立芸術大学大学会館ホール 池内奏音(1回生)F.メンデルスゾーン作曲《交響曲第4番》研究 調性推移と呼応を中心に 影近舞帆(1回生)S.ラフマニノフ作曲《交響曲第3番》研究 調性推移を中心に 宮ノ原綾音(1回生)A.ブルックナー作曲《交響曲第7番》第1楽章の分析 強弱推移を中心に 松川創(1回生)L.v.ベートーヴェン作曲《交響曲第7番》の感性的強弱による曲の重力分析 岩井美沙(2回生)D.ショスタコーヴィチ作曲《弦楽四重奏曲第8番》の分析  強弱推移を中心に三原寛志(2回生) S.プロコフィエフ作曲《交響的物語“ピーターと狼”》研究 示導動機分布と調性推移 横田真衣(2回生) C.フランク作曲《プレリュード、コラールとフーガ》の研究 尼子由里絵(3回生) G.フォーレ作曲《ピアノ四重奏曲第1番》の研究 山川和也(3回生) O.メシアン作曲《鳥のカタログ》の研究
2017年4月21日(木)Tokyo Concerts Lab.19:00 (西早稲田駅6分)中ガワヒデ鷹ファゴットリサイタル 藤倉大(1977-):フォロウイング(2013) 藤倉大(1977-):コーリング(2013) 坂田直樹(1981-):アンテナ(2012) 中村典子(1965-):眞聲 vox verum (2013) 坂東祐大(1991-):Transform and Deform(2014)
21 April,2017 19:00 NAKAGAWA Hidetaka Bassoon Recital The Concert of Tokyo Concerts Tokyo Concerts Lab. Fujikura Dai(1977-):Following(2013) Fujikura Dai (1977-) Calling(2013) Sakata aNaoki (1981-):Antenna(2012) Nakamura Noriko(1965-) :fox verum(2013) Bando Yuta (1991-) Transform ' Deform (2014)
2017年4月26日(火)27日(水)第4回ヴォクス・フェミナエ国際音楽祭 主催:イスラエル女性作曲家演奏家フォーラム ヴォクス・フェミナエチーム:タリ・モルグリス アロナ・エプシュテイン タウム・カルニ マリナ・トシーチ ロナ・イスラエル=コラット協力:テルアヴィヴ大学ブヒマン-メータ音楽院 2017年4月26日(水) 午前10時開始 テルアヴィヴ大学ブヒマン-メータ音楽院録音スタジオ 総会 (エディス・ザック博士)  2017年4月26日(水) 午後8時開演 ブヒマン-メータ音楽院声楽科とのコラボレーションコンサート ノア・ダーヴィッシュ、シリ・ドーレヴ、シヴァン・ケレン、ヤーデン・キパーマン、イェール・ヒューン、アヴィハイ・ヤーコビアン、ロナ・シリラが上演する女性作曲家の声楽作品  (タマラ・ラヒウム教授、シャロン・ロストルフ教授、アナート・エフラティ先生の門下生) 2017年4月26日(水) 午後9時開演 タリ・モルグリス ピアノリサイタル ハテイヴァ(イェルサレム大通り19、ヤッファ)フィノーラ・メリヴァーレ(アイルランド・米国)  中村典子(日本)ハダス・ゴルドシュミット-ハルフォン(イスラエル) クララ・シューマンのピアノ独奏作品 2017年4月27日(木)午後8時開演 シェルタープロジェクト ハテイヴァ(イェルサレム大通り19、ヤッファ)ニコル・ムーフィ(オーストラリア)アナット・ピック(イスラエル)マリー.J.キング(米国・アイルランド) マリア・クリスティン・ムイコ(フィリピン) マリー=エレーヌ・ベルナール(フランス)ハナ・ド[作曲](韓国・フランス)-キウォン・ジェオン[映像](韓国・フランス) イングリット・ステルツゥエル(米国)ドローン・パリス[作曲](イスラエル・アイルランド)-シェイド・ゾウビ[映像](イスラエル)アロナ・エプシュタイン(イスラエル)作品の世界初演 タリ・モルグリス(ピアノ)ロナ・イスラエル=コラット(ソプラノ)アンドレア・ハッラム(ヴァイオリン)ヨータム・バルーク(チェロ)アナート・ピック(ヴォイス・アーティスト)タウム・カルニ(イスラエル)
26-27 April,2017 Vox Femenae International Music Festival [4th edition] Organizer:Israeli Women Composers and Performers Forum in collaboration with Bachmann-Mehta School of Music Vox Feminae Team : Tali Morgulis, Alona Epshtein, Taum Karni, Marina Toshich, Rona Israel Kolatt Conference [att.Dr.Edith Zack] 10:00- 26 April,2017 Recording Studio,Buchmann-Mehta School of Music
Concert in collaboration with vocal department of Muchmann-Mehta School of Music 20:00- 26 April,2017 HaTeiva,19 Jerusalem Blvd,Jaffa Vocal music by women composers performed by Nour Dervish,Shiri Cole,Sivan Karen,Yarden Kiperman, Yael Hune, Avihai Yaakobian, Rona Shirira.
Tali Morgulis -piano recital Works for piano solo by Final Merivale Ireland-USA),Noriko Nakamura (Japan),Hamas Goldschmidt-Halfon(Israel),Clara Schumann.
SHELTER project 20:00 27 April,2017 HaTeiva,19 Jerusalem Blvd,Jaffa World premieres of works by Nicole Murphy (Australia),Anat Pick (Israel),Mary J.King (USA-Ireland),Maria Christine Muyco(Phillippines),Marie-Hélène Bernard(France),Hana.Do(South Korea-France)composer and Ki-won JEON(South Korea-France)visual artist,Ingrid Stölzel(USA),Drone Paris composer(Israel-Ireland) and Shahd Zoubi visual artist(Israel),Alona Epstein.Performers:Tali Morgulis (piano),Rona Israel-Kolatt(soranno),Andrea Hallam (violin), Yam baruch (cello),Anat pick (voice artist),Taum Karni (conductor).
2017年5月18日(木) YOON DONG JU 100 Anniversary Concert “A New Path" YONSEI University YOON DONG JU commemorative association YONSEI University Cultural institute 8.p.m.Thursday18 May 2017 KUMHO ART HALL YONSEI 75 Saemunan-ro, Sajik-dong, Jongno-gu, Seoul, South Korea +82 (0)2-6303-1977 Organizer:YONSEI University Music Institute Program:A.Vivaldi ”Winter” from the Four Seasons NAKAMURA Noriko ”hea hwan cho mog choen hwa ju myeong” [Sho Concerto] E.Grieg Two Elegiac Melodies Op.34 A.Vivaldi ”Spring” from Four Seasons LIM Jiesun Viola Concerto “A New Path”:In Memory of YOON DONG JU Contact:YONSEI university YOON DONG JU commemorative association +82 (0)2-2123-2253 jbahn1276@yonsei.ac.kr
2017年5月21日(日) 国際現代音楽祭アジアの管絃の現在 2017 I 観聲 しづのまなかひ [作曲理論研究 I III &作曲演習研究発表] 京都市立芸術大学大学会館ホール 主催:clumusica [ensemble clumusica] 京都市立芸術大学音楽学部音楽学科・大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室 後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会 協力:明知大学校音楽学部李研究室 香港大学音楽学部陳研究室 エリザベト音楽大学菊池研究室 国立大学法人大分大学教育学部清水研究室 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター フェスティバルメッセージ:鷲田清一(京都市立芸術大学学長)フェスティバルアドヴァイザー:山本毅(音楽研究科長) 大嶋義実(音楽学部長) 照明:渡辺佳奈 音響・録音・撮影:山口友寛 西村千津子 写真:荒木真歩(神戸大学大学院)舞台:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 オープニングコンサート 14:00 (開場 13:30) トークセッション 15:15 クロージングコンサート 17:45 稲谷祐亮:声なき声 (2016) サキソフォン:松葉彩 クリス・フン[洪銘健]:輪廻 (2016,世界初演) ギター:橋爪皓佐 左手ピアノ:有馬圭亮 中瀬古和:動(1973) ヴァイオリン:中村公俊 イサン・ユン[尹伊桑]:間奏曲A (1982) [尹伊桑生誕100年] ピアノ:宋和映 菊池幸夫:光の静寂の中で(2015,京都初演) ヴィブラフォン:宮本妥子 イ・ボクナム[李福男]:悲(2016,日本初演) 伽耶琴:イ・ヒジュン[李海貞] チェロ:大西泰徳 藤家溪子:オフィーリア漂ふ(2017,世界初演) ヴァイオリン:水野万裕里 古箏:戴茜 箏:中川佳代子 十七絃:麻植美弥子《トークセッション》観聲 しづのまなかひ  参加作曲家:朴実 イ・ボクナム  菊池幸夫  ジョシュア・チャン 藤家溪子 司会:中村典子クロージングコンサート《CLOSING CONCERT》 17:45 ジョシュア・チャン[陳錦標]:灑 (2017,世界初演) ヴァイオリン:水野万裕里 筝:福原左和子 筝:中川佳代子 清水慶彦:陀羅尼 (2012) ギター:橋爪皓佐  パウル・ヒンデミット: ソナタ 作品31-2 (1924) ヴァイオリン:中村公俊 増田真結:あかり (2017,世界初演) チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸ジョージ・クラム:四つの夜想曲 (1964) ヴァイオリン:江川菜緒 ピアノ:砂原悟 中村典子:􀹫しづのまなかひ(2017,世界初演) 八橋:北村敏則 古箏:戴茜 箏・楽箏・倭琴・十七絃:福原左和子・中川佳代子・麻植美弥子 打楽器:宮本妥子・陶山美輝
21 May,2017 University Hall,Kyoto City University of Arts International Contemporary Music Festival “Present of Orchestra Asia 2017” "time in your eyes, space in my ears" [composing theoretical research I III & composition seminar in spring & summer 2017 ] [ clumusica 25th concert [clumusica friendship charity 27] organizer:ensemble clumusica Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts under the auspices of The Japan Federation of Composers Inc Japan Society for Contemporary Music assisted by Lee lab,Department of Music,Myongji University Chan lab,Department of Music,University of Hong Kong Kikuchi lab,Elisabeth University of Music Shimizu lab,Faculty of Education  Kyoto City University of Arts Research Centre for Japanese Traditional Music festival message:WASHIDA Kiyokazu (president,Kyoto City University of Arts) festival advisor:YANAMOTO Tsuyoshi (head,graduate school,KCUA)OSHIMA Yoshimi (dean,faculty of music,KCUA) lighting:WATANABE Kana acoustics・recording・video shooting:YAMAGUCHI Tomohiro NISHIMURA Chizuko photograph:ARAKI Maho stage:Nakamura lab,KCUA 《OPENING CONCERT》14:00 [Open13:30] INATANI Yusuke (1992-)(Japan):Voiceless VOICE (2016) saxophone:MATSUBA Sayaka Chris Hung (Hong Kong,China):Samsara (2014/2016,World Premiere) guitar: HASHIZUME Kosuke left-hand piano:ARIMA Keisuke NAKASEKO Kazu (1907-1973)(Japan):Movements violin:NAKAMURA Kimitosihi Isang Yun:(1917-1995)(Korea-Germany):Interludium A [Isang YUN 100 anniversary] piano:SONG Hwayoung KIKUCHI Yukio(1964- )(Japan):In Silence of Light (2015,Kyoto Premire) LEE Boknam(Korea):Lamentation (2016,Japan Premiere)  gayagum:LEE Heajung Cello:ONISHI Yasunori FUJIIE Keiko(1963-)(Japan):Ophelia floating (2017,World Premiere) Violin:MIZUNO Mazuri zheng:DAI Qian  koto:NAKAGAWA Kayoko 17gen:OE Miyako 《TALK SESSION》15:15 Talk Session - time in your eyes,space in my ears - participate composer:PAK Shil LEE Boknam  KIKUCHI Yukio Joshua CHAN FUJIIE Keiko moderator:NAKAMURA Noriko 《CLOSING CONCERT》 17:45 Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere) violin: MIZUNO koto:FUKUHARA Sawako koto:NAKAGAWA Kayoko SHIMIZU Yoshihiko (1977-)(Japan):dharani (2012) guitar:HASHIZUME Kosuke  Paul HINDEMITH (1895-1963)(Germany): Sonata Op.31-2violin:NAKAMURA Kimitoshi MASUDA Mayu(1982-) (Japan):AKARI (2017,World Premiere) cello:ONISHI Yasunori double bass:AKAMATSU Mizuki George CRUMB(1929)(U.S.A.):Four Nocturne (1965) violin:EGAWA Nao piano: SUNAHARA Satoru NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan)time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ] Yatsuhashi:􁾉KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian koto,gakugoto,yamatogoto,17gen:NAKAGAWA Kayoko 􁾉OE Miyako Percussion􁾉 MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki


[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-07-26 10:05 | Comments(0)
e0146075_15411144.jpg
e0146075_15412342.jpg
音楽学演習i[創造のための電子音楽演習] 作曲理論研究I,III 作曲演習

アジアの音舞の現在 2017《如聲》
Music and Dance,Present of Asia 2017 《vocalise》
2017年6月24日[土]
京都市立芸術大学大学会館ホール
主催 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室 clumusica
organizer: NAKAMURA lab,speciality of composition,
Faculty of Music,Kyoto City University of Arts
clumusica

ごあいさつ

本日はお忙しいなかご来場くださりまことにありがとうございます。
一昨年度開始の創造のための電子音楽演習である音楽学演習iの開始より、作曲理論研究クラスの演奏専攻音楽学専攻が作曲専攻作品と合同で研究を深めるプログラミング上演発表として、この円形球体のドーム状ホールの特性を生かした上演形態で、舞踊と音楽の国際フェスティバルを行っております。このアジアの音舞の現在の約一ヶ月前の先月21日開催の国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在2017》におきましても、各方面よりのご支援ご来聴をたまわり、まことにありがとうございました。みなさまのお蔭によりまして、様々な観点からの協創の大いなる稔りとともに無事フェスティバルを終えることができ、厚く御礼申し上げます。以下websiteに当フェスティバルプログラムとドキュメント、ヴィジュアルレポートなどをアップいたしておりますので、是非ご一覧いただければ幸いに存じます。 http://nakamura89.exblog.jp
 本年度の国際フェスティバルアジアの音舞の現在2017は《如聲 vocalise》 と題し、96歳現役女性振付家現代舞踊家本城ゆり《ヴォカリーズ》[セルゲイ・ラフマニノフ作曲]の舞台を核に、聲の如くこゑのみにてうたへ[vocalizer]と春から春への敬礼に中核歌曲を中心に据え、その両翼に主に独奏作品を配し、電子音楽4作でアクセントを付したプログラミングいたしました。言語によらないヴォカリーズの雄弁を、そこに至る過程として、プログラミングにより、電子音響により、言語により、音楽により、光と色でひとつのコンサートに緻密にとえなおしたひとつの流れとして、いくつものクラスを横断して総合しております。21年前、中村作品を三人の女性振付家がそれぞれ新作舞踊作品として三つの舞踊で踊三舞のプログラムを組んでいただいた際お世話になりました本城先生の代表作で舞踊家本城ゆりとパートナー作曲家中野雄平が描き出した代表作《王女メディア》、昨年度よりの作曲理論研究で集中的作家研究として取り組みましたバルトーク・ベラの弦楽と打楽器とチェレスタのための音楽に振付られた《秘められしものへの歩み》より舞台フラッシュサイレント映像などもご覧いただきます。
東日本大震災、熊本地震、世界に起こる様々な紛争・災害による困難に至るまで、様々な場所で復興への時間が継続しています。被災者のご冥福をお祈りし、長い復興への道のりに取り組むため、被災地と被災のみなさまと共に力を尽くして参りたいと存じます。今後共なにとぞご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。             
中村典子 京都市立芸術大学音楽学部准教授
collaborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica

program

夢囀 (electronics) - 森田拓夢
MORITA Takumu: dream singing (2017,World Premiere)
                                  
天使ガブリエルの声  (trombone,piano) - シュテファン・シューレック          
Stejpan SULEK:vox gabrieli (1973)               
トロンボーン:中村文香 [M1] ピアノ: 出口青空 [4]
trombone : NAKAMURA Fumika piano:DEGICHI Aozora

節景 (flute) - 伊藤慶佑  
ITO Keisuke:internodes (2016-17)
フルート:朴優栄 [M1]
flute: PARK Wooyoung

セクエンツァIX (saxophone) - ルチャーノ・ベリオ
Luciano BERIO:sequenza IX(1980)
サキソフォン:松葉彩 [M2]
saxophone: MATSUBA Sayaka

簇唱 (electronics) - 林一行 
HAYASHI Kazuyuki: clustering chant (2017,World Premiere)

春 (baritone,piano) - エドワルド・グリーグ
Edvard GRIEG:Våren (1873-80)
バリトン:廣田雅亮 [M1] ピアノ:西薗千智
baritone: HIROTA Masaaki piano:NISHIZONO Chisato

こゑのみにてうたへ (mezzo soprano,piano) - セルゲイ・ラフマニノフ
Sergei RACHMANINOV: Vocalise (1912-1915)
メゾソプラノ:藤居知佳子[M1] ピアノ:西薗千智
mezzo soprano:FUJII Chikako piano:NISHIZONO Chisato

春の敬礼 (soprano,mezzo soprano,baritone,piano) - クロード・ドビュッシー
Claude DEBUSSY:Salut Printemps (1872)
ソプラノ:原田菜奈[M1] メゾソプラノ:藤居知佳子[M1] バリトン:廣田雅亮 [M1]
ピアノ:西薗千智
soprano:HARADA Nana mezzo soprano:FUJII Chikako baritone: HIROTA Masaaki
piano:NISHIZONO Chisato

Pause

蒼楔 (electronics) - 廖婉婷                    
LIAO Wanting:sky bonds (2017,World Premiere) 

奏鳴曲 第三楽章 (violin) - バルトーク・ベラ                 
BARTOK Bela: Sonata for solo violin 3rd movement (1944)                
ヴァイオリン:江川菜緒 [M2]
violin: EGAWA Nao

あなたの夢を見ました (clarinet) - 櫻井ゆかり               
SAKURAI Yukari:J’ai reve de vous (1984)                       
クラリネット:平川奈津美 [M2]
clarinet: HIRAKAWA Natsumi
生命を与える精霊 (trumpet) - ヒルデガルド・フォン・ビンゲン           
Hildegard von BINGEN: Spiritus Sanctus vivifcans vita (12C)       

トランペット:小渕真実 [M1]
trumpet: OBUCHI Mami

ヴォカリーズ セルゲイ・ラフマニノフ (dance) - 本城ゆり              
Sergei RACHMANIINOV:Vocalise (1912-1915)

舞踊:本城ゆり 野崎暁美 田中恵子 茶木敬子
田中美可 山本浩子 竹内美紀 野崎昌未
振付:本城ゆり 衣装:森田千代 [本城ゆり現代舞踊研究所]
dance:HONJO Yuri NOZAKI Akemi TANAKA Keiko CHAKI Keiko TANAKA Mika
YAMAMOTO Hiroko TAKEUCHI Miki NOZAKI Masami
choreography:HONJO Yuri Costume:MORITA Chiyo [HONJO Yuri Modern Dance Institute]

如聲 (electronics) - 中村典子
NAKAMURA Noriko:sicut vocem (2017,World Premiere)
lighting design : WATANABE Kana

エレクトロニクス:森田拓夢[4] 林一行[M1日本音楽研究]廖婉婷[[M1日本音楽研究]中村典子[教員]      electronics :MORITA Takumu, HAYASHI Kazuyuki,LIAO Wanting,NAKAMURA Noriko

ヴィジュアルドキュメント・ヴィデオシューティング:中井友路[3]荒木真歩[神戸大学大学院M2,OG]
documents: NATAI Tomonori,ARAKI Maho   
エレクトロニクス・アシスタンス : 藤田茉奈美[M1]宮ノ原綾音[2]山口友寛[教員] 西村千津子[教員]      
electronics assisntance :FUJITA Manami,MIYANOHARA Ayane,
            YAMAGUCHI Tomohiro,NISHIMURA Chizuko       
レコーディング : 西村千津子[教員]
recording : NISHIMURA Chizuko
調律:楫哲朗
Piano Tuning:KAJI Tetsuro

program note

森田拓夢:夢囀 (electronics)
MORITA Takumu:dream singing (2017,World Premiere)  
朝早く目を覚ますと霧の中にいつも鳥の声が在る。その声が連れてくるもの、連れ去っていくものを表現したい。(作曲者)

シュテファン・シューレック:天使ガブリエルの声  (trombone,piano)          
Stejpan SULEK:vox gabrieli (1973)               

S.シューレック(1914年8月5日-1986年1月16日)はクロアチアの作曲家、指揮者、バイオリン奏者であり音楽教師でもあった。ガブリエルとは、旧約聖書の中のダニエル書や新約聖書のルカの福音書に出てくる、「神の言葉を伝える」、通信業務を担う天使である。
この曲は天使ガブリエルの”嘆き”と訳されることも多く、その題の通り、苦しみ嘆くようなテーマが提示される。美しく安らぎを感じられる部分もあるが、それと同時に、心の奥底には静かに色々な感情が渦巻いているようにも思える 聖マリアのもとにあらわれて聖なる子イエスの懐妊を伝えたり、最後の審判の際にラッパを吹き死者を蘇らせるガブリエルに、一体どのような苦しみがあったのか、考えながら聴いていただきたい。(中村文香)

伊藤慶佑:節景 (flute)  
ITO Keisuke:internodes (2016-17)
                                       
本作は竹がテーマとなっています。
 古くより竹は人々の営み・文化とともにありました。弾力のある稈(みき)は、建設材から食器類・文房具・清掃具などの日用品、それに 武器類にいたるまで幅広い用途に当てられてきました。また、その清浄感や生命力が神聖視され、祭事や信仰に用いられるようになり ました。文化人にも愛され、一説ですが、この近くの大原野は「かぐや姫」の舞台であると言われています。
  ところで、竹の寿命は60年とも120年とも言われ、はっきりしませんが、最期に一度だけ花を咲かせ、一斉に枯れてしまいます。五月のことでしたが、私は幸運にもこれを見ることができました。スホウチクという熱帯性の種でしたが、何十年という年月が花というその 瞬間に集約されている様は実に神秘的で、優柔不断で毎日なんとなく生きている私に自戒の念さえ起こさせたのでした。
  この曲は、しなやかで忍耐強く、清らかで、精気に満ちた竹のようにありたい、という憧憬を、"景"(事象や心象)を内包する"節"を連 結し、全体としての物語を構成することで表しています。一本一本の長い息は節へ、そこに散りばめられた音形は景へと、それぞれ適用されています。 将来の抱負として、人生の節目を迎えた自分自身へ向ける曲です。(2016年度作曲作品試演会より、作曲者)

一息による33段の変容。それらはいずれも漢字二文字あるいは一文字の共示に伴われ、様々な日本伝統楽器吹奏の技に彩られた32段の時の質感を身体そのものによる内奥の旅となる。一段目《速深》より連綿と修養を重ねた息は、33段目総覧の結に到り、簡素な《深》の時そのものを吹禅し得るに到る。(中村典子)

ルチャーノ・ベリオ:セクエンツァIX (saxophone)  
Luciano BERIO:Sequenza IX(1980)
                                                 
ルチャーノ・ベリオ(1925年10月24日-2003年5月27日)はイタリアの作曲家。指揮、教育にも従事、ジュリアード音楽院教授や、サンタ・ チェチェーリア国立アカデミア学長をつとめた。父、祖父がオルガン奏者、作曲家で音楽を学ぶ中、銃の事故による右手故障で奏者の道を断念、作曲に集中する。3人と結婚、5人の子供がいる。最初の妻キャシー・バーベリアンに多数の作品を書き、アメリカで電子音楽を多作。ライフワークとなるこのセクエンツァシリーズで、独奏曲をほとんどの楽器に連作、シュマンシリーズではセクエンツァの独奏を元に管弦楽化して協奏させた。このIXはクラリネットのために書かれ、作曲者自身がアルトサキソフォンのために編曲mした。定められた楽器以外に演奏するための編曲が多数なされている。定量記譜、非定量記譜グラフィックなアイデアを横断し、通常奏法と特殊奏法により、楽譜を実際に一枚化するものもある。奏者との共同作業から流動を優れて相対的に捉え、奏者による楽譜校訂がなされる。(中村典子)

林一行:簇唱 (electronics)
HAYASHI Kazuyuki: clustering chant (2017,World Premiere)
   
雅楽の笛である笙。笙には十数本の筒がついていて和音を鳴らします。それぞれの筒には名前がついており、その中から、自分の名前に関係がある「一」「八」「十」「行」の筒からでる音を基に作ってみました。(作曲者)

エドワルド・グリーグ: 春 (baritone,piano)
Edvard GRIEG(1843-1907):Våren (1873-80)

セルゲイ・ラフマニノフ:ヴォカリーズ こゑのみにてうたへ (mezzosoprano,piano)
Sergei RACHMANINOV:(1873-1943):Vocalise (1912-1915)

クロード・ドビュッシー: 春の敬礼 (soprano,mezzo soprano,baritone,piano)
Claude DEBUSSY(1862-1918):Salut Printemps (1872)

96歳現役女性舞踊家本城ゆりの《ヴォカリーズ》の大学会館ホール上演を思い立ったのは、昨年2016年11月の京都 子ども文化会館での復帰公演を拝見拝聴したことによる。ヴォカリーズをプログラムの機能としての核とし、中心点にヴォカリーズを置き、その前段と後段に春の二作を置いて遡及のドラマを声楽三作で形成する。
言葉を内に抱く言葉のない声の神韻たるメロス[歌]に溢れた弦楽のための《二つの悲劇的旋律》はノルウェーの作曲家エドヴァルド・グリーグのA.Oヴィニエ詞による《12の旋律》第2曲の《春》が原曲で、6つの詩(1976)の第3曲《小句集》とこの12の旋律(1873-80)の第2曲《春》がセットされている。《春》は、長い闘いを経て理想にちかづく春の時にほどなく逝かねばならない詩人の最後の言葉はノルウェーの自然を通し自然と一体となった心に沁み響き渡る神韻のメッセージで、続くいロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフのヴォカリーズは、無言歌のヴォカリーズと名をもつ音楽のトップワンとしての地位をゆるぎないものにしている。言葉のないメロスの造形として、調性機能構造を視覚化するとドーム建築とゴシック建築があらわれ、感覚と論理の精緻な整合が静かに力強く荘厳されていることに驚く。続くクロード・ドビュッシーが10歳の頃作り始めた歌《春の敬礼》(こんにちは春)で聲と声の三連画《こゑのみにてうたへ》を締めくくる。(中村典子)

Våren
     Aasmund Olavsson Vinje (1818-1870)

Enno ein Gong fekk eg Vetren å sjå
for Våren å røma;
Heggen med Tre som der Blomar var på,
eg atter såg bløma.
Enno ein Gong fekk eg Isen å sjå
frå Landet å fljota,
Snjoen å bråna og Fossen i Å
å fyssa og brjota.
Graset det grøne eg enno ein Gong
fekk skoda med Blomar;
enno eg høyrde at Vårfuglen song
mot Sol og mot Sumar.

Sågiddren endå meg unntes å sjå
på Vårbakken dansa,
Fivreld å fløksa og fjuka ifrå
der Blomar seg kransa.
Alt dette Vårliv eg atter fekk sjå,
som sidan eg miste.
Men eg er tungsam og spyrja meg må:
tru det er det siste?
Låt det so vera: Eg mykje av Vent
i Livet fekk njota;
meire eg fedd, enn eg hadde fortent
og Allting må trjota.

Eingong eg sjølv i den vårlege Eim,
som mettar mit Auga,
eingong eg der vil meg finna ein Heim
og symjande lauga.
Alt det, som Våren imøte meg bar
og Blomen, eg plukka,
Federnes Ånder eg trudde det var,
som dansa og sukka,
Derfor eg fann millom Bjørkar og Bar
i Våren ei Gåta;
derfor det Ljod i den Fløyta eg skar,
meg tyktes å gråta.


Last Spring
         Aasmund Olavsson Vinje

Translated by William H. Halverson

Yet once again cruel winter I’ve seen
to springtime surrender;
Buds springing forth on each flower and tree
proclaim natures splendor.
Once more the earth neath the suns warming rays
the ice-sheet is smashing;
Rivers are flowing to sparkling azure bays,
and waterfalls crashing.
See, in the meadows the flowers bloom again,
awakening from slumber;
Hear, from the tree-tops the songbirds in the glen
are singing of summer.

Yet once again oer the fast-leafing trees
the sunbeams are dancing,
Butterflies waft in the undulant breeze,
their hues so entrancing.
All springtimes joys that I saw once again
are soon gone forever;
Therefore I ask from a heart suffused with pain:
shall I see them never?
So be it then; ah, the memries that teem,
all sorrow must banish;
Joy has been mine past my spirits fondest dreams,
and all all must vanish.

One day I surely must go to that place
of glory unending,
There in the homeland of beauty and grace
my longing transcending.
All of springs bounty so richly bestowed,
each radiant flower,
Souls of our fathers come down from their abode
To share earths sweet hour!
Hear how the wind in the tree-tops above
is moaning and crying;
Hear! From each willow and each gray mourning dove:
a sound as of sighing.



       詩:A.o.ヴィニエ

今も、もう一度私が見た残酷な冬が
春の時に降伏するまで
それぞれの花と木に湧き出る芽
自然の素晴らしさを宣言する
もう一度地球が太陽を暖めて
氷床は壊れている
川は煌びやかな紺碧の湾に流れている
滝が流れ落ちる
見て、草原で花が再び咲き
眠りから目を覚ます
耳の中の鳥たちの木の上から聞く
夏の歌

今も、もう一度急速に葉っぱになる木々の
太陽光線が踊っている
蝶々の風が漂う蝶々
彼らの色合いはとても魅力的
私がもう一度見た春の喜びは
すぐに永遠に消えた
したがって
私は痛みを伴う心臓から尋ねる
私はそれらを決して見ることはないだろうか?
それでは、それでは、
ああ、おめでとう、
すべての悲しみはなくなるはず
喜びは私の精神を愛して
すべてが消えなければならない


ある日私は確かにその場所に
行かなければならない
栄光の終わらない
美と恵みの本土に
私の憧れの超越
とても豊かに授けられた恩恵のすべては
各々花に放射され
私たちの先祖の魂は
彼らの住居から降りて
地球の甘い時間を共有する!
上の木の上の風はどのように聞こえるか
嘆きと泣き声
聞く!それぞれ柳と
それぞれ灰色の悲しみの鳩から
一声の音を
(訳:中村典子)


Salut Printemps

Texte d'Anatole de Ségur, Comte de Ségur

Refrain

Salut Printemps jeune saison
Dieu rend aux plaines leur couronne
La sève ardente qui bouillone s'épanche et brise sa prison

Bois et champs sont en floraison
Un monde invisible bourdonne, l'eau sur le caillou qui résonne court et dit
sa claire chanson

Refrain

Le genet dore la colline sur le vert gazon
L'aubépine verse la neige de ses fleurs
Tout est fraîcheur
Amour lumière
Et du sein fécond de la terre remontent des chants et des senteurs

Refrain

Bonjour Printemps
Salut Printemps


Hi Spring

Translated by Nakamura Noriko

Hi Spring Spring Season
God gives the plains their crown
The fiery sap which boils up expands and breaks its prison
Woods and fields are in bloom
An invisible world hums, the water on the pebble that resonates short and says
His clear song

Refrain

The genet gilds the hill on the green grass
The hawthorn sheds snow from its flowers
Everything is fresh
Light Love

And from the fertile breast of the earth there are songs and scents

Refrain

Hello Spring
Hi Spring


春の敬礼

詩:アナトール・ド・セギュール、セギュール伯爵

こんにちは春 若い季節
神は平野に彼らの冠を与え
燃えるような樹液が溢れて放たれ

森と野が花咲く
目に見えない世界は
水晶の水が共振して響く
彼の清澄な歌

黄金のほうき緑の芝生の丘
サンザシは雪の花を注ぎ
すべてが新鮮
愛の光と
実りの大地の背中の歌と香り

ごきげんよう春
こんにちは春(訳:中村典子)


廖婉婷:蒼楔 (electonics)                    
LIAO Wanting:sky bonds (2017,World Premiere)   

 都の音を引用し、陰鬱を洗う音の雨。(作曲者)


バルトーク・ベラ: 奏鳴曲 第三楽章 (violin)                 
BARTOK Bela: Sonata for solo violin 3rd movement (1944)                

 本作品、《無伴奏ヴァイオリンソナタ》は、ヴァイオリニストであるメニューインの依頼を受け、アメリカに亡命した4年後の1944年に作曲されている。バルトーク自身はヴァイオリンに関して、直接的な経験及び知識を有してはいなかったが故に、奏法の難易にとらわれず作曲できたと推測されている(結果、高度な演奏技術を要する作品となった)。今回演奏される 第三楽章 Melodia Adagioは、その表示(Melodia)の通り全体を通して線的な展開をみせているが、それは彼が研究して きた民謡と大いに関連していると考えて良いだろう。西洋音楽において、旋律と同様に和声が重要な要素を占めるのに 対して、民俗音楽である民謡は、和声よりも圧倒的に旋律が重要な要素となっており、この曲もまた線的horizontal(水平 方向)への発展を主としているからである。故郷から遠く離れた異国で、この表現を用いたバルトークは、ヴァイオリンに 何を歌わせたかったのであろうか。(足立恵理)

作曲家、ピアニスト、民俗音楽研究家バルトーク・ベーラ・ヴィクトル・ヤーノシュBartók Béla Viktor János[ˈbɒrtoːkˌbe̝ːlɒˈviktorˌjɑ̈ːnoʃ],は1881年3月25日、 ハンガリー王国 バーンシャーグ地方ナジセントミクローシュに生まれた。ピアノ教師の母を継いで、フランツ・リストの弟子トマーン・イシュトバーンのドイツ・オーストリア音楽伝統を受け継ぐピアニストとして、パリのルビンシュタイン音楽コンクールでヴィルヘルム・バックハウスに次ぐ第2位となり、26歳より32歳までブダペスト音楽院[現:リスト音楽院]ピアノ教授、コンサートピアニストとして活動する。 同コンクールでの作曲部門では奨励2席にとどまり、作曲する音楽愛好家であり、幼少で亡くなった農業学校校長の父の理念を継いで、当時のオーストリア=ハンガリー二重帝国下の東ヨーロッパ一円を畏友コダーイ・ゾルターンと多数民謡収集分析、33歳で科学アカデミー民俗音楽 研究員としてそれらの整理研究の環境を得る。民謡研究を創造の翼で羽ばたかせた作品をヨーロッパ各地とアメリカで  初演上演、表現の真実を追求。政治的に硬化してゆくヨーロッパから、コロンビア大学客員研究員の職を得て移住したニューヨークで1945年9月26日没。(中村典子)

櫻井ゆかり:あなたの夢を見ました (clarinet)               
SAKURAI Yukari:J’ai reve de vous (1984)                       

1984年初演。板倉康明氏の委嘱、初演。再演はフィリップ・キューペール(1986)、ロルフ・ウェーバー(1990)など。上行形の日本的な音階が入ったテーマによる変奏曲。高音が多く、重音奏法、幅ひろい音域のパッセージ、クロマチ クな音階など、かなりのテクニックを必要とする。パリ国立音楽院留学中の作品。パリの出版社International Music Difussionより出版。(作曲者)

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:生命を与える精霊 (trumpet)           
Hildegard von BINGEN: Spiritus Sanctus vivifcans vita (12C)       

 ヒルデガルト・フォン・ビンゲンまたはビンゲンのヒルデガルトは、中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長であり、神秘家、作家、作曲家。聖霊は生命の与え主であり、はかり知れない唯一にして三位である神が聖霊において自らを  人間に授け、人間の内に永遠のいのちの源泉を据える。(中村典子)

Spiritus Sanctus vivificans vita,
movens omnia,
et radix est in omni creatura,
ac omnia de immunditia abluit,
tergens crimina,
ac ungit vulnera,
et sic est fulgens ac laudabilis vita,
suscitans et resuscitans omnia

Holy Spirit, bestowing life unto life,
moving in All.
You are the root of all creatures,
washing away all impurity,
scouring guilt,
and anointing wounds.
Thus you are luminous and praiseworthy,Life,
awakening, and re-awakening all that is.


聖霊、生命に生命を授ける
動いている全てに                             
あなたはすべての創造の源
不純のすべてを洗い流し 
罪を洗い落とす  
傷に油を塗ってきよめる                               
このようにあなたは発光し賞賛される、生命
目を覚まし、それをすべて再開させる(訳:中村典子)


セルゲイ・ラフマニノフ:ヴォカリーズ (dance)               
Sergei RACHMANIINOV:Vocalise (1912-1913)

本城ゆり卒寿記念に振り付けされたヴォカリーズは、その後の絶対的な身体的故障からの本格復帰でさらなる心的青の深さを湛え、宙に声を綴る。(中村典子)

*石井小浪1905-1978 大正-昭和時代の舞踊家。
明治38年3月15日生まれ。義兄の石井漠にまなび,大正11年帝劇で初舞台。漠と欧米各地で公演。昭和3年東京自由ケ丘に舞踊研究所をひらく。創作舞踊を上演し,谷桃子,アキコ・カンダらをそだてた。昭和53年2月9日死去。72歳。東京出身。本名は高原千代。[出典:講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusより]
*石井漠[生]1886.12.25. 秋田、下岩川[没]1962.1.7. 東京 舞踊家。本名石井忠純。日本の現代舞踊の父といわれる。文学を志して上京したが, のちに石井林郎の芸名で帝国劇場付属管弦楽部員,同歌劇部第1期生となり,ジョバンニ・V.ローシーにバレエを学ぶ。山田耕筰と「純舞踊」運動を提唱,1916年には小山内薫,山田耕筰の 「新劇場」に参加。1922年義妹石井小浪とともに渡欧,1925年アメリカ合衆国に渡り,翌 1926年帰国。1928年東京都目黒区自由ヶ丘に石井漠舞踊研究所を開き,150余の創作舞踊を発表。1938年4月石井漠舞踊学校(10月に石井漠舞踊体育学校と改称)を開設して,チェ・スンヒ(崔承喜),谷桃子,石井みどりほか多くの門下生を養成した。1954年東京新聞社の舞踊芸術賞,1955年紫綬褒章を受ける。代表作に,大作『甦る新世界』(1933)や,晩年視力をほとんど失ってから上演した『人間釈迦』(1953,芸能選奨文部大臣賞)などがある。長男石井歓,三男石井眞木は作曲家として活躍。[出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より]

中村典子: 如聲 (electronics)
NAKAMURA Noriko:sicut vocem (2017,World Premiere)
対極点からの眼差しが綴る6つの時空から投影された声と聲の邂逅。(作曲者)

members

森田拓夢[作曲]1998年京都府に生まれる。京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻1回生。

渡辺佳奈[照明] 京都市立芸術大学美術学部を経て同大学院美術研究科修士課程専攻1回生。

中井友路[映像]京都市立芸術大学美術学部構想設計専攻4回生。

山口友寛[エレクトロニクス] 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻、同大学院修了。在学中、ブレーメン芸術大学へ留学。 その後、HAL大阪にてコンピューターを使用した音楽制作を学ぶ。これまで、演奏家や団体への作品提供の他、商業施設や劇団、CD、ゲームなどの音楽制作にも携わる。松本日之春、前田守一、中村典子、藤島昌壽、川島素晴の各氏に師事。京都市立大学非常勤講師。

西村千津子[音響]大阪芸術大学音楽学科音楽工学専攻卒業。芸術のための工学を故塩谷宏氏に師事。卒業後、ペアマイクレコーディングに従事する傍ら、作曲家小杉武久、サウンドアーティストカール・ストーン、ロルフ・ユリウスの各氏の日本でのライヴコンサート音響を担当する。近年は音響機器の制作や開発、マイクアレンジやマスタリングなどの技術について探究している。西村レコーディング主宰。京都市立芸術大学非常勤講師。

中村文香[トロンボーン]愛媛県立松山南高等学校卒業。京都市立芸術大学音楽学部管打楽専攻を経て、 現在、同大学大学院器楽専攻修士課程1回生。第1回松山トロンボーンフェスタコンペティション優秀賞。これまでに小西智、岡本哲、呉信一の各氏に師事。

出口青空[ピアノ]京都市出身。京都市立京都堀川音楽高校卒業。第30回摂津音楽祭奨励賞。第4回いかるが音楽コンクール音大生の部 第2位。日本ドイツリート協会会員。これまでにピアノを岡田一美、鈴木かずこ、松井和代、岡原慎也、阿部裕之の各氏に、ピアノ重奏を芝令子、塩見亮の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学4回生。

伊藤慶佑[作曲]1994年三重県生まれ。作曲を櫻井ゆかり、加藤ユミコ、前田守一、岡田加津子、中村典子の各氏に、ピアノを阪田誠康、樋上由紀子の各氏に師事。アラン・ゴーサン、カルロ・フォルリヴェジ、ラインハルト・フェーベル各氏のマスタークラス受講。フィリピンでピアノ作品、ザルツブルグで歌曲が上演。今春京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。響キ前線メンバー。

朴優栄[フルート]京都市出身。立命館大学経済学部卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程1年在籍。立命館大学交響楽団にて阪哲朗氏、中橋健太郎左衛門氏の指揮の下、オーケストラでの演奏活動を行う。これまでにフルートを山田智香、金豊水、飯嶋豊、清水信貴の各氏に、現在、大嶋義実、富久田治彦の各氏に師事。

松葉彩[サクソフォン]大阪府出身。平成26年度相愛大学音楽学部管楽器専攻を首席で卒業。平成24年度、平成26年度同大学「学長賞」受賞。同大学卒業演奏会、第56回関西新人演奏会など、数々の新人演奏会に出演。第9回横浜国際音楽コンクール室内楽部門第2位、第13回大阪国際音楽コンクール室内楽部門第3位受賞。第14回ハバネラサクソフォンアカデミー、北アメリカサクソフォン会議2014、世界サクソフォン会議2015などに参加、海外での研修を重ねる。オーケストラとソリストとして共演等の演奏活動や、後進の指導を行う傍ら、アジア途上国において子供たちの音楽教育を目的とした演奏を行うなど幅広く活動中。 平成25、26年度「公益財団法人青山財団」奨学生。これまでにサクソフォンを平野公崇、岩田瑞和子、前田昌宏、國末貞仁、須川展也の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程2回生。

林一行(聴講)[日本音楽研究]1991年京都府生まれ。滋賀大学教育学部卒業後、中学校教員を経て、京都市立芸術大学大学院音楽研究科で日本伝統音楽である浄瑠璃、新内節について研究を行っている。

廣田雅亮[バリトン]大阪府立夕陽丘高等学校音楽科 卒業。京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。第8回東京国際声楽コンクール 歌曲部門第4位(1位なし)。第3回さかい九頭竜音楽コンクール さかい市長賞受賞(全部門最高位)現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在学。小濱妙美氏に師事。
藤居知佳子[メゾソプラノ]同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻声楽コース卒業。在学時に栄光会特別賞受賞。第20回草津合唱祭にて、清原浩斗氏による記念ミュージカル「ノートルダムの鐘」にカジモド役として出演。2015年度、2016年度同志社女子大学オーケストラコンサートにソリストとして出演。2016年関西の音楽大学オーケストラフェスティバルにて、マーラー「復活」アルトソリストとして出演。2017年2月学内オペラ「フィガロの結婚」3.4幕マルチェリーナ役、7月守山市民オペラ「魔笛」ダーメ役として出演。田村由美子、福原寿美枝各氏に師事。現在京都市立芸術大学大学院音楽研究科一回生在学中。

原田菜奈[ソプラノ]北海道幕別町出身。帯広柏葉高校普通科卒業。第23・24回毎日学生音楽コンクール高校生の部北海道本選入選。第66回滝廉太郎記念全日本高校声楽コンクール優秀賞。第26回京都フランス音楽アカデミーにおいてジャン=フィリップ・クルティス氏に師事し、優秀受講生に選ばれ受講生コンサートに出演する。2016年帯広交響楽団特別演奏会にてマーラー交響曲第4番のソリストを務める。これまでにGMG(京都芸大ミュージカルグループ)オリジナルミュージカル「機関士と少年」郵便屋、メノッティ作曲オペラ「アマールと夜の訪問者」アマー ル、モーツァルト作曲オペラ「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラを演じる。大学では成績優秀者による学内リサイタルに出演。現在、京都市立芸術大学院研究科音楽学部声楽専攻1年次に在籍。阿部亜古氏、日紫喜惠美氏に師事する。

西薗千智[ピアノ]京都市立芸術大学を経て、パリ・エコールノルマル音楽院室内楽科を審査員満場一致で修了。同音楽院高等資格取得。滋賀県ピアノコンクール第1位、万里の長城杯国際コンクール最上位、クロード・カーン国際ピアノコンクール (仏) シューマン賞、平和堂財団芸術奨励賞など数々の賞を受賞。大学卒業後、滋賀県芸術文化活動支援員として勤務。現在は、桐朋学園大学院大学で学ぶ傍ら、演奏活動並びに後進の指導にあたっている。

廖婉婷[日本音楽研究]台湾出身。台北芸術大学作曲専攻卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科で日本音楽研究を専攻、祇園囃子を調査している。

足立恵理[音楽学]京都市立芸術大学音楽学部音楽学専攻を経て同大学院音楽研究科音楽学専攻1回生。

江川菜緒 [ヴァイオリン]6歳よりヴァイオリンを始める。「Phoenix OSAQA2014」にてJapan String Quartetによる弦楽四重奏公開マスタークラス、TAMA音楽フォーラム主催ライプツィヒ・カルテットの弦楽四重奏公開レッスンを受講。ロームミュージックファンデーション主催 京都・国際音楽学生フェスティバル2015、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIII、セイジ・オザワ松本フェスティバル「青少年のためのオペラ」、「子どものための音楽会」に参加。これまでに、宮﨑彰美、東儀幸、澤和樹、曽我部千恵子、豊嶋泰嗣の各氏に、ヴィオラを山本由美子氏に師事。また、室内楽を中島悦子、上村昇、中村典子、上森祥平の各氏に師事。15年度公益財団青山財団奨学生。エイム弦楽四重奏団メンバーとして第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、ハイドン賞。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。

櫻井ゆかり[作曲]愛知県立芸術大学卒業。パリ国立音楽院作曲科卒業。中田直広、保科洋、池辺晋一郎、ミッシェル・フィリポ、マリウス・コンスタン各氏に師事。 全日本吹奏楽連盟「朝日」賞佳作入選。福井国際ハープコンクール入選。愛知県立芸術大学非常勤講師を経て現在、愛知県立明和高校非常勤講師。

平川奈津美[クラリネット]奈良県出身。帝塚山高校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。在学中、第16回浜松国際管楽器アカデミーにおいてクロード・フォーコンプレ氏のマスタークラスを修了。KOSMA主催第16回アマチュアソロ管楽器コンクールにおいて兵庫県知事賞受賞。第28回奈良市音楽協会新人演奏会に出演。チェコにおける夏期音楽講習会にてアレシュ・ヤネチェク氏のマスタークラスを修了。これまでに、篠原猛浩、吉延勝也、福井聡、高橋知己、八段悠子、小谷口直子の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。

小渕真実[トランペット]鹿児島県出身。大分県立芸術文化短期大学,同専攻科を卒業。卒業演奏会,第87回読売新人演奏会に出演。第54回北九州芸術祭クラシックコンサート部門優秀賞。これまでにトランペットを早坂宏明、村里修二、堂園 和也、増森健一郎の各氏に師事。現在,京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在学中。

舞台:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室

藤田茉奈美[エレクトロアシスタンス・ステージ]京都市立芸術大学音楽学部を経て同大学院音楽研究科作曲専攻1回生。
宮ノ原綾音[エレクトロアシスタンス・ステージ]京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻2回生。
妹尾怜奈[フロアアシスタンス]京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻1回生。

中村典子[作曲]京都市立芸術大学音楽学部作曲専修卒業、同大学院首席修了。同大院在学中にブレーメン芸術大学へゼメスター派遣留学。故廣瀬量平、北爪道夫、前田守一、藤島昌壽、田島亘、故H.J.カウフマン、G.アミの各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、アメリカ 、メキシコ、ドイツ、フランス 、オーストリア、イタリア、スイス、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、イスラエル、ロシア、リトアニア各地の音楽祭、放送局、音楽院、大学、ホール、アートセンターなどで度々作品上演。7回の個展。ACL入選(2009韓国,2011 台湾、2012イスラエル)。ハイデルベルク大学で講演(1991,日本の女性作曲家達)モーツァルテウム大学で講演(2013身体と図譜)(2016,流動リズムと音響的推移を通した形状によるアジアの風景=21世紀クラヴィーアリートとして=視覚現象融合による音響推移を通した言語的構造体再統合《夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景》ensemble clumusica,vocal ensemble clumusicaで国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在》(2013,2014,2015,2016,2017)《アジアの音舞の現在》(2013.2015,2016,2017)《アジアの箏の現在》(2012)開催。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授、京都芸術センター運営委員。http://d.hatena.ne.jp/nakamura96/ http://nakamura89.exblog.jp



[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-06-28 14:58 | Comments(0)
International Festival "Music & Dance,Present in Asia 2017"
24th June,2017 University Hall,Kyoto City University of Arts
国際フェスティバル《アジアの音舞の現在2017》如聲 vocalise
organiser : Nakamura lab,KCUA

lighting design:WATANABE Kana
video:NAKAI Tomonori

electronics:YAMAGICHI Tomohiro
recording : NISHIMURA Chizuko

photo:ARAKI Maho
stage:Nakamura lab,KCUA
e0146075_10022461.jpg
e0146075_10015561.jpg
e0146075_10030241.jpg
森田拓夢:夢囀 [electronics]
  MORITA Takumu:dream singing (2017,World Premiere)
e0146075_10112180.png
e0146075_10082193.png
e0146075_10135987.jpg
Stephan SULEK:vox gablieri (1973)
ステファン・シューレック:天使ガブリエルの声
trombone:NAKAMURA Fumika piano:DEGUCHI Aozora
トロンボーン:中村文香 ピアノ:出口青空
e0146075_10202495.jpg
e0146075_10212178.jpg
ITO Keisuke : internodes (2016-17)
伊藤慶佑:節景
flute:PARK Wooyoung
フルート:朴優栄
e0146075_10241033.jpg
e0146075_10264524.jpg
e0146075_10283746.jpg
e0146075_10292234.jpg
Luciano BERIO:sequenza IX
ルチャーノ・ベリオ:セクエンツァ IX
saxophone:MATSUBA Sayaka
サキソフォン:松葉彩
e0146075_10315173.jpg
林一行:簇唱 [electronics]
HAYASHI Kazuyuki:clustering chant (2017, World Premiere)
e0146075_10333885.jpg
e0146075_10353181.jpg
e0146075_10345389.jpg
e0146075_10342162.jpg
Edvard Grieg:Våren (1873-80)
                 エドヴァルド:グリーグ:春
         baritone:HIROTA Masaaki piano:NISHIZONO Chisato
バリトン:廣田雅亮 ピアノ:西薗千智
e0146075_12493692.jpg
e0146075_12495793.jpg
e0146075_15062399.jpg
e0146075_15073934.jpg
e0146075_12494780.jpg
セルゲイ・ラフマニノフこゑのみにてうたへ 
Sergei Rachmaninov:Vocalise (1912-13)
メゾソプラノ:藤居知佳子 ピアノ:西薗千智
mezzo soprano:Fujii Chikako piano:Nishizono Chisato
e0146075_12501303.jpg
e0146075_15092153.jpg
e0146075_15121513.jpg
e0146075_12503267.jpg
e0146075_12504903.jpg
Claude Debussy:salut printemps (1872)
クロード・ドビュッシー:春の敬礼
ソプラノ:原田菜奈 メゾプラノ:藤居知佳子 バリトン:廣田雅亮
ピアノ:西薗千智
soprano:HARADA Nana mezzo soprano:FUJII Chikako  bariton: HIROTA Masaoki
piano:NISHIZONO Chisato
e0146075_12520054.jpg
from the choreographies of HONJO Yuri
MEDIA
music:NAKANO Yuhei stage:HONJO Yuri Modern Dance Institute
《王女メディア》
音楽:中野雄平 振付:本城ゆり 舞踊:本城ゆり現代舞踊研究所
[JDS,editing:NAKAI lab,NAKAI Tomonori]
e0146075_12530789.jpg
from the choreographies of HONJO Yuri
music:Bartok Beka"Music for Strings,Celesta and Percussion"
stage:HONJO Yuri Modern Dance Institute
[editing:NAKAI lab,NAKAI Tomonori]
steps toward hidden
《秘められしものへの歩み》
音楽:バルトーク 振付:本城ゆり 舞踊:本城ゆり現代舞踊研究所

[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-06-27 11:52 | Comments(0)

e0146075_12540266.jpg
e0146075_12541112.jpg
廖婉婷蒼楔 [electronics]
LIAO Wanting:sky bonds (2017,World Premiere)
e0146075_12575240.jpg
e0146075_12580217.jpg
e0146075_12584095.jpg
e0146075_12590530.jpg
Bartok Bela:sonata for solo violin 3rd movement(1944)
バルトーク・ベラ:奏鳴曲 第三楽章
violin:EGAWA Nao
ヴァイオリン:江川菜緒
e0146075_13011740.jpg
e0146075_13001441.jpg
e0146075_13002509.jpg
e0146075_13005950.jpg
SAKURAI Yukari:J'ai rêvé de vous (1984)
櫻井ゆかり:あなたの夢をみました
clarinet:HIRAKAWA Natsumi
クラリネット:平川奈津美
e0146075_13052140.jpg
e0146075_13050735.jpg
e0146075_13053842.jpg
Hildegard von BINGEN : Spiritus Sanctus vivificano vita (12c)
ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:生命を与える精霊
trumpet:OBUCHI Mami
トランペット:小渕真実
e0146075_13071203.jpg
e0146075_13072113.jpg
e0146075_13075273.jpg
e0146075_13081972.jpg
e0146075_13083002.jpg
e0146075_13084824.jpg
e0146075_13093680.jpg
e0146075_13124727.jpg
e0146075_13132443.jpg
e0146075_13130513.jpg
e0146075_13095619.jpg
e0146075_13140576.jpg
e0146075_13100636.jpg
e0146075_13102338.jpg
Vocalise
music:Sergei RACHMANINOV
coreograph:HONJO Yuri
dance:HONJO Yuri NOZAKI Akemi TANAKA Keiko CHAKI Keiko TANAKA Mika
YAMAMOTO Hiroko TAKEUCHI Miki NOSAKI Masami
costume:MORITA Chiyo [HONJO Yuri Modern Dance Institute]
《ヴォカリーズ》
音楽:セルゲイ・ラフマニノフ "ヴォカリーズ"
振付:本城ゆり
舞踊:本城ゆり 野崎暁美 田中恵子 茶木敬子 田中美可 山本浩子 竹内美紀 野崎昌未
衣装:森田千代[本城ゆり現代舞踊研究所]
e0146075_13105385.jpg
e0146075_13104750.jpg
中村典子:如聲 [electronics]
NAKAMURA Noriko:sicut vocem (2017,World Premiere)
e0146075_13161622.png
SAKURAI Yukari HIRAKAWA Natsumi NAKAMURA Noriko
櫻井ゆかり 平川奈津美 中村典子
e0146075_13183267.png
ITO Keisuke  NAKAMURA Noriko HIRAKAWA Natsumi
伊藤慶佑  中村典子  平川奈津美

[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-06-26 15:00 | Comments(0)
e0146075_17062504.jpg

e0146075_17182500.jpeg
国際現代音楽祭アジアの管絃の現在 2017
International Contemporary Music Festival “Present of Orchestra Asia 2017”
観聲 time in your eyes, space in my ears しづのまなかひ
[ 作曲理論研究 I III &作曲演習研究発表 
composing theoretical research I III & composition seminar in spring & summer 2017 ]
[ clumusica 25th concert [clumusica friendship charity 27]

2017年5月21日[日]京都市立芸術大学大学会館ホール 
21 May,2017 University Hall,Kyoto City University of Arts

主 催:clumusica [ensemble clumusica]
    京都市立芸術大学音楽学部音楽学科・
    大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
organizer:ensemble clumusica
     Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts
後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会
under the auspices of The Japan Federation of Composers Inc
          Japan Society for Contemporary Music
協力:明知大学校音楽学部李研究室 香港大学音楽学部陳研究室
   エリザベト音楽大学菊池研究室 [国立音楽大学菊池研究室]
国立大学法人大分大学教育学部清水研究室 
   京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター
assisted by Lee lab,Department of Music,Myongji University
Chan lab,Department of Music,University of Hong Kong
Kikuchi lab,Elisabeth University of Music[Kunitachi University]
Shimizu lab,Faculty of Education,Oita University 
Research Centre for Japanese Traditional Music,KCUA
フェスティバルメッセージ:鷲田清一(京都市立芸術大学学長)
フェスティバルアドヴァイザー:山本毅(音楽研究科長) 大嶋義実(音楽学部長)
festival message:WASHIDA Kiyokazu (president,Kyoto City University of Arts)
festival advisor:YANAMOTO Tsuyoshi (head,graduate school,KCUA)
        OSHIMA Yoshimi (dean,faculty of music,KCUA)
照明:渡辺佳奈
映像:中井友路
音響・録音・撮影:山口友寛 西村千津子
写真:荒木真歩(神戸大学大学院) 
操作:池内奏音
打楽器:伊藤隆也
所作台:乃村健一
舞台総括:山川和也
会場総括:尼子由里絵
舞台:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室
企画:clumusica [増田真結・清水慶彦・中村典子]

lighting:WATANABE Kana
document:NAKAI Tomomichi
acoustics・recording・video shooting:YAMAGUCHI Tomohiro NISHIMURA Chizuko
photograph:ARAKI Maho
technical operation:IKEUCHI Kanon
percussion staging:ITO Takaya
stand production:NOMURA Kenichi
stage director:YAMAKAWA Kazuya
floor director:AMAKO Yurie
stage:Nakamura lab,KCUA
programing:clumusica [MASUDA Mayu,SHIMIZU Yoshihiko,NAKAMURA Noriko]

オープニングコンサート14:00 [開場13:30]
トークセッション 15:15
クロージングコンサート17:45

《OPENING CONCERT》 14:00 [open:14:30]
《TALK SESSION》15:15
《CLOSING CONCERT》17:45


稲谷祐亮:声なき声 (2016)
サキソフォン:松葉彩
INATANI Yusuke (1992-)(Japan):Voiceless VOICE (2016)
saxophone:MATSUBA Sayaka

クリス・フン[洪銘健]:輪廻 (2016,世界初演)
ギター:橋爪皓佐 左手ピアノ:有馬圭亮
Chris Hung (Hong Kong,China):Samsara (2014/2016,World Premiere)
guitar: HASHIZUME Kosuke left-hand piano:ARIMA Keisuke

中瀬古和:動(1973)
ヴァイオリン:中村公俊
NAKASEKO Kazu (1907-1973)(Japan):Movements (1973)
violin:NAKAMURA Kimitosihi

イサン・ユン[尹伊桑]:間奏曲A (1982) [尹伊桑生誕100年]
ピアノ:宋和映
Isang Yun:(1917-1995)(Korea-Germany):Interludium A 
[Isang YUN 100 anniversary] piano:SONG Hwayoung

菊池幸夫:光の静寂の中で(2015,京都初演)
ヴィブラフォン:宮本妥子
KIKUCHI Yukio(1964- )(Japan):In Silence of Light (2015,Kyoto Premire)
vibraphone:MIYAMOTO Yasuko

イ・ボクナム[李福男]:悲(2016,日本初演)
伽耶琴:イ・ヒジュン[李海貞] チェロ:大西泰徳
LEE Boknam(Korea):Lamentation (2016,Japan Premiere)  
gayagum:LEE Heajung Cello:ONISHI Yasunori

藤家溪子:オフィーリア漂ふ(2017,世界初演)
ヴァイオリン:水野万裕里 古箏:戴茜 箏:中川佳代子 十七絃:麻植美弥子
FUJIIE Keiko(1963-)(Japan):Ophelia floating (2017,World Premiere) 
violin:MIZUNO Mazuri zheng:DAI Qian
koto:NAKAGAWA Kayoko 17gen:OE Miyako

トークセッション《TALK SESSION》15:15
観聲 -しづのまなかひ- 
参加作曲家:朴実 [作曲家・京都市立芸術大学音楽学部同窓会専務理事] 《韓国-日本》
クリス・フン[洪銘健] [作曲家・香港作曲家協会審議理事] 《香港-中国》
イ・ボンナム[李福男] [作曲家・韓国明知大学校教授] 《韓国》
菊池幸夫 [作曲家・国立音楽大学准教授] 《日本》
ジョシュア・チャン[陳錦標] [作曲家・香港大学音楽学部准教授] 《香港-中国》
藤家溪子 [作曲家・第43回第48回尾高賞、中島健蔵音楽賞、アジア作曲家連盟青年作曲賞] 《日本》 
通訳[韓国語]:宋和映 [ピアニスト・京都市立芸術大学音楽学部卒業・
パリエコールノルマル最高演奏課程修了] 《韓国-日本》
通訳[中国語]:戴茜 [古箏奏者、瀋陽音楽学院卒業、博士(法学)] 《中国-日本》
通訳[英語]:橋爪皓佐[ギタリスト・作曲家・ベルギー王立ブリュッセル音楽院・
      京都市立芸術大学大学院修了]《日本》
司会:中村典子 [作曲家・京都市立芸術大学音楽学部准教授] 《日本》

Talk Session - time in your eyes,space in my ears -
participate composer:PAK Shil Chris HUNG LEE Boknam  
KIKUCHI Yukio Joshua CHAN FUJIIE Keiko
translator:SONG Hwayoung DAI Qian HASHIZUME Kohsuke
moderator:NAKAMURA Noriko


クロージングコンサート《CLOSING CONCERT》 17:45

ジョシュア・チャン[陳錦標]:灑 (2017,世界初演)
ヴァイオリン:水野万裕里 筝:福原左和子 筝:中川佳代子
Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere)
violin: MIZUNO koto:FUKUHARA Sawako koto:NAKAGAWA Kayoko

清水慶彦:陀羅尼 (2012) ギター:橋爪皓佐 
SHIMIZU Yoshihiko (1977-)(Japan):dharani (2012)
guitar:HASHIZUME Kosuke  

パウル・ヒンデミット: ソナタ 作品31-2 (1924)
ヴァイオリン:中村公俊
Paul HINDEMITH (1895-1963)(Germany): Sonata Op.31-2  
violin:NAKAMURA Kimitoshi  
  
増田真結:あかり (2017,世界初演)
チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸
MASUDA Mayu(1982-) (Japan):AKARI (2017,World Premiere)
cello:ONISHI Yasunori double bass:AKAMATSU Mizuki

ジョージ・クラム:四つの夜想曲 (1964) 
ヴァイオリン:江川菜緒 ピアノ:砂原悟
George CRUMB(1929)(U.S.A.):Four Nocturne (1965)
violin:EGAWA Nao piano: SUNAHARA Satoru

中村典子:􀹫しづのまなかひ(2017,世界初演
tenor[八橋]:北村敏則 古箏:戴茜 箏:福原左和子 楽箏:中川佳代子 
倭琴・十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子・陶山美輝 指揮:中村典子
NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan) time in your eyes, space in my ears
(2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
tenor[Yatsuhashi]:􁾉KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian
koto:FUKUHARA Sawako gakugoto:NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto,17gen:OE Miyako􁾉 percussion􁾉 MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki
conductor:NAKAMURA Noriko

[PR]
clumusica 25th concert [clumusica friendship charity 27]
International Contemporary Music Festival
アジアの管絃の現在 2017
아시아의관현의현재 Present of Orchestral Asia 亚洲管絃之现在
観聲
しづのまなかひ
time in your eyes, space in my ears
2017.5.21[日] 京都市立芸術大学大学会館ホール
University Hall, Kyoto City University for Arts
主催 : clumusica [ensemble clumuisca,vocal ensemble clumusica]
京都市立芸術大学音楽学部音楽学科京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻中村研究室
後援 : 日本現代音楽協会 日本作曲家協議会
協力 :明知大学校音楽大学李研究室 香港大学音楽学部陳研究室 国立音楽大学菊池研究室 
国立大学法人大分大学教育学部清水研究室 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

ごあいさつ

国際現代音楽祭2017「観聲」に寄せて

 人びとの身のこなしが、それぞれの場所で、それぞれの文化伝統のなかで育まれてきたように、歌い方も、音の感じ方も、楽器の種類も、それぞれ風土の歴史を背負っています。そしてその多様なあり方にわたしたちはいつも驚かされます。
 その驚きが出会う地点で、そこから接線のように新しい音楽が生まれてきました。さまざまのルーツをもつアジアの管絃に、これまた諸民族の音楽の出会いのなかから生まれた西洋楽器がからまり、さらに地球的なメディアともいうべき電子音楽が重なる、そのようなセッションが、今年も京都市立芸術大学において試みられます。この試みをつうじて人類と宇宙とのあいだにもきっと、これまで知られなかったような接線が引かれることでしょう。
 音楽の新たな扉が開く、その瞬間をみなさまとともに体験できることをこころより願っております。
  
京都市立芸術大学 学長 鷲田清一

 本学大学会館ホールで5度目の開催を迎える国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在2017》の恒常的な展開を大変嬉しく思います。
 中村研究室に拠を置くclumusicaの今回で25回を迎えるアジア・日本各地の作曲家達と演奏家達のあらたな創造と対話による交流が、この沓掛の地・京都市立芸術大学を舞台に京都から継続的に世界に向けて発信され続けていることの意義と共に、これら研究と発表のさらなる深まりがそれぞれの地とその歴史を包括しつつ、様々な地球の諸問題に音楽を通して共に取り組むひな型となりますよう心より期待しております。

京都市立芸術大学 音楽研究科長 山本毅

国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在2017」の開催をお祝いし、ご参集頂きました皆様を心より歓迎いたします。 
 2012年以来、箏と西洋楽器への世界各地の作曲家による創造、日韓作曲家の東西伝統楽器との室内楽と協奏曲、日中作曲家の日中伝統楽器と西洋楽器の室内楽と協奏曲、世界各地の作曲家演奏家による東西伝統楽器の室内楽管絃楽協奏曲合唱、古楽と日本各地の作曲家の聲と声による表現、と研究が深まり、本年の西洋楽器の東洋表現・東洋楽器の西洋表現と聲・声を伴う日中韓さまざまなコト族と西洋楽器のアンサンブルがさらなる深まりを展開されることを心より祈念いたします。

京都市立芸術大学 音楽学部長 大嶋義実 

 本日はお忙しいなか「アジアの管絃の現在2017」へお運びくださり誠にありがとうございます。ご協力いただきましたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。
2012年の「アジアの箏の現在」、2013年の韓国東西楽会と共同開催の「アジアの管絃の現在」と「アジアの音舞の現在」、2014年の中国語圏の作曲家達ヨーロッパの作曲家達と日本の箏・中国の古琴・古箏と室内楽・オーケストラのための創造に取り組んだ「アジアの管絃の現在2」、2015年の中国語圏と英語圏の交差するシンガポール、マレーシアの作曲家達との共同作業で、中国内モンゴルからイスラエル、ドイツ、オーストリア、イタリアと世界各地からの作曲家による日本の箏と中国の古箏と二胡そして西洋楽器のコンビネーションと合唱・オーケストラそして映像とエレクトロニクスまで多ジャンルを結合させた総合的な創造に取り組んだ「アジアの管絃の現在3」、2016年の古楽と日本各地の作曲達によるエレクトロニクスを援用した箏群と合唱と声による、京都関西日本アジア世界各地から京都の歴史性に深く根ざす領域的交差の未来の創造に取り組んだ「アジアの管絃の現在4」、そして本年は韓国、中国、日本の古今の箏・琴と管弦打楽の様々な声や聲を伴うアンサンブルから独奏まで、幅広くそしてさらに交差融合と凝縮の度を深めてお送りいたします。

 東日本大震災、昨年の熊本地震、世界に起こる様々な紛争・災害による困難に至るまで様々な場所で復興への時間が継続しています。今後の長い復興への道へと力を尽くしてまいります。
今回の二つのコンサートでは、「観聲」しづのまなかひ -time in your eyes, space in my ears-を主題に、今日、日中韓の作曲家が恒常的に共に創作し発表する中で、互いを見つめ合い、隠れて見えないもの欠けているものへのいのりを共有できますようにプログラムさせていただきました。演奏には主に本学教員と学生卒業生、世界と関西圏をつなぐ奏者達が協力し合います。トークセッションでは、作曲家達がそれぞれの作品を通して、観聲—しづのまなかひ[静かに互いに眼差しを交わし、いのりのなかで静かに見つめ合う]を主題に、私達の作品であるこの世界と私達を重層的に語り、話し合います。
clumusica(クラムジカ・不器用な音楽)は2007年準備2008年創立2009年起動以来、地と真に結んでゆくことを表現の核に据え、関西圏西日本アジア圏の活発な現代音楽創造の基点のひとつたらんとすべての世代すべての地域の作曲家と演奏家の協創を指針に活動し、今回で25回目の公演を迎えます。今後共なにとぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。  

ensemble clumusica 京都市立芸術大学音楽学部准教授 中村典子

message

Towards the International Contemporary Music Festival 2017 “time in your eyes, space in my ears” 5th edition,Present of Orchestral Asia
Just as people's body behavior and attitude have been cultivated in each place ,and in each cultural tradition,singing, manner of sound, and also the kind of instruments, there are carrying the history of land each climate.Futher,I am suprised these existence diversity .
At the point where those of surprise encounters, was born a new music like a tangent,from there.Asian traditional instruments with various roots,accompaning Western musical instruments born from encounters of various ethnic are involved,furthermore, electronic music which is also called global media overla.Such sessions attempt at Kyoto City University of Arts,also this year.By this attempt,between humanity and the universe will surely be drawn a tangent line that has never been known.
The moment when a new door of music opens,I hope from the bottom of heart that we can experience it,with you.

President,Kyoto City University of Arts WASHIDA Kiyokazu

I am extremely glad to developing continuously International Contemporary Music Festival “Present of Orchestral Asia 2017,at Unversity Hall,KCUA.
It is so significance of continuing being present to the world from Kyoto City University at this place Kutsukake, that clumusica musicians based on Nakamura Laboratory exchanges between Asian and Japanese composers through new creation and dialogue in this 25th concerts, with deepening by these researches and presentations involving each places and these histories. I am expecting to becoming a model for tackling together various problems in our earth.

Head,Graduate School,Kyoto City University of Arts YAMAMOTO Tsuyoshi

We celebrate international contemporary music festival "Present of Orchestral Asia 2017" and we sincerely welcome everyone who gathered.
Since 2012,it has been deeply continuous researches of the creation for koto and western instruments by alll over the world composers,chamber music and concerto with eastern & western instruments by Korean and Japanese composers,chamber music and concerto with Chinese and Japanese traditional instruments by Chinese and Japanese composers,chamber music, orchestra,concerto and chorus with eastern western traditional instruments by all over the world composers and performers, new and old vocal expressions by barock and composers from all over Japan.I pray for the deep research developments of ensemble by various koto family and western instruments with vocal in China,Koreaand Japan as western expression by eastern instruments, and eastern expression by western instruments.
Dean,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts OSHIMA Yoshimi

We appreciate you coming for “Present of Orchestral Asia 2017”.We would like to express our gratitude to all of you for your cooperation.
It had been developed International Contemporary Music Festival”Koto,Present in Asia 2012”,”Present of Orchestral Asia 2013” and “Music & Dance in Asia 2013”,”Present of Orchestral Asia 2014” for creation research of chamber music and orchestra with Japanese koto,Chinese qing and zheng by composers in Chinese- speaking countries,Europe and Japan,”Present of Orchestral Asia 2015” for collaborative creation research of Chinese & English -speaking area,synthetic creation by jointing jenre of combination of Japanese koto, Chinese zheng erhu and westruments,chorus,orchestra, visual and electronics by composers in Singapore,Malysia,Mongol(inner China),Israel,Germany,Austlia,Italy and Japan,and “Present of Orchestral Asia 2016”of crossing creation for future of koto ensemble, chorus and vocals assisting electronics rooting history of Kyoto.In this year, we present “Present of Orchestral Asia 2017” widely crossing deep creation by Korean gayagum,Chinese zheng,Japanese koto and western instruments or vocal from ensemble to solo.

We are making efforts for long way for recovery of Great East Japan Earthquake,Kumamoto Earthquake in last year and various conflicts and disasters in the world.

In this time, we programed music to sharing prayer for hidden,invisible and missing things by each other staring in collaborative presentation continuously by Korean,Chinese and Japanese composers at present time.For performance,KCUA students,graduate students and teaching staffs are working together.At talk session, participate composers speaks through their own works on this festival theme “time in your eyes, space in my ears” to share the prayer for for hidden,invisible and missing thing, and discuss about our world as our works,multirayeredly.

clumusica which was prepared in 2017,founded in 2018 and started in 2009, we have had activities twenty five concerts continuously to connecting ground truly,as the core for expression,as the base of active contemporary music creation in Kansai,Japan and Asia,by collaborating by composers and performers in all areas.We appreciate your continued guidance and encouragement in the future.

ensemble clumusica associate professor,Kyoto City University of Arts NAKAMURA Noriko


国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在2017》


観聲 time in your eyes,space in my ears [clumusica 25th concert・clumusica friendship charity 27]

フェスティバルメッセージ  鷲田清一 [京都市立芸術大学学長]
フェスティバルアドバイザー 山本毅 [京都市立芸術大学大学院音楽研究科長]
フェスティバルアドバイザー 大嶋義実 [京都市立芸術大学音楽学部長]

フェスティバルトランスレーター[韓国語] 宋和映 [京都市立芸術大学大学院修了・パリエコールノルマル音楽院最高演奏課程ディプロマ]
フェスティバルトランスレーター[中国語]  戴茜 [博士(法学)、瀋陽音楽学院卒業]
フェスティバルライティングデザイン 渡辺佳奈 [京都市立芸術大学大学院美術研究科日本画専攻1回生] 
フェスティバルオフィシャルフォトグラフィ 荒木真歩 [OG.神戸大学大学院国際文化学研究科文化相関専攻2回生]
フェスティバルヴィデオドキュメント 中井友路 [京都市立芸術大学美術学部構想設計専攻4回生]
ステージディレクター 山川和也 [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻4回生]
フロアディレクター  尼子由里絵 [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻4回生]
フロア 岩井美沙・横田真衣 [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻3回生]
ステージ 池内奏音・影近舞帆・宮ノ原綾音 [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻2回生]
ステージ 妹尾怜奈・髙橋祐智・寺田大紀 [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻1回生]     
レコーディング・アコースティック 西村千津子 [京都市立芸術大学非常勤講師]
エレクトロニクス・アコースティック  山口友寛 [京都市立芸術大学非常勤講師]
アシスタントエレクトロニクス 池内奏音 [京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻2回生]

パーカッションアシスタンス 伊藤隆也 [フリーランス]
所作台制作 乃村健一 [京都市立芸術大学非常勤講師]

クラムジカ  増田真結 [京都市立芸術大学、神戸女学院大学、名古屋芸術大学、各非常勤講師]
クラムジカ  清水慶彦 [国立大分大学教育学部准教授]
クラムジカ 中村典子 [京都市立芸術大学音楽学部准教授]

企画:clumusica@Nakamura lab,KCUA [増田真結 清水慶彦 中村典子]

International Contemporary Music Festival ”Present of Orchestral Asia 2017”
time in your eyes,space in my ears
21nd May,2017 Universtiy Hall,Kyoto City University of Arts [free entrance ]

organizer:ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica
clumusica@Nakamura lab,Faculty of Music,Kyoto City University of Arts
under the auspices of Japan Society for Contemporary Music & The Japan Federation of Composers Inc.

assisted by Lee lab,music division,college of arts and physical education,Myongi University
Chan lab,department of music,the University of Hong Kong,Kikuchi lab,Kunitachi College of Music
Shimizu lab.faculty of education,Oita Universtiy,Research Centre for Japanese Traditional Music,Kyoto City University of Arts

festival message:WASHIDA Kiyokazu [president,Kyoto City University of Arts]
festival adviser:YAMAMOTO Tsuyoshi [head,graduate school of music,KCUA]
festival adviser:OSHIMA Yoshimi [dean,faculty of music,KCUA]

festival translator [Korean language]:SONG Hwayoung [M.A.KCUA, diplôme supérieur de concertiste,Ecole Normal de Musique de Paris]
festival transrator [Chinese language]:DAI Dian [Dr of Law,Shenyang Concervatory]


festival lighting design:WATANABE Kana [Japanese painting,graduate school of art,KCUA]
festival official photography:ARAKI Maho [graduate school of intercultural studies,Kobe University]
festival video document:NAKAI Tomonori [concept and media planning,faculty of Art,KCUA]
stage director:YAMAKAWA Kazuya [composition,faculty of music,KCUA]
floor director:AMAKO Yurie [composition,faculty of music,KCUA]
technical director:MIHARA Hiroshi [composition,faculty of music,KCUA]
floor:IWAI Misa. YOKOTA Mai [composition,faculty of music,KCUA]
stage:IKEUCHI Kanon,KAGECHIKA Maiho,MIYANOHARA Ayane [composition,faculty of music,KCUA]
stage:SENO Reina,TAKAHASHI Masatomo,TERADA Daiki [composition,faculty of music,KCUA]
recording acoustics:NISHIMURA Chizuko [university hall,part-time lecturer,KCUA]
electronics acoustics:YAMAGUCHI Tomohiro [M.A.computer music lab,part-ime lecturer,KCUA]
assistant technical:IKEUCHI Kanon [composition,faculty of music,KCUA]
percussion assinstance ITO Takaya [freelance]
sound box production NOMURA Kenichi [part-time lecturer,KCUA]

clumusica:MASUDA Mayu [M.D.A.partime lecturer KCUA,KOBE College,NAGOYA University of Arts]
clumusica:SHIMIZU Yoshihiko [M.D.A.associate professor,faculty of education,OITA University]
clumusica : NAKAMURA Noriko [M.A.associate professor,faculty of music,Kyoto City University of Arts]


International Contemporary Music Festival
Present of Orchestral Asia 2017
time in your eyes,space in my ears

OPENING CONCERT ensemble clumusica

INATANI Yusuke (1992-)(Japan):Voiceless VOICE (2016)
saxophone:MATSUBA Sayaka

Chris HUNG (Hong Kong,China):Samsara (2014/2016,World Premiere)
guitar: HASHIZUME Kosuke left-hand piano:ARIMA Keisuke

NAKASEKO Kazu (1907-1973)(Japan):Movements
violin:NAKAMURA Kimitosihi

Isang YUN:(1917-1995)(Korea-Germany):Interludium A [Isang YUN 100 anniversary]
piano:SONG Hwayoung

KIKUCHI Yukio(1964- )(Japan):In Silence of Light (2015,Kyoto Premire)
vibraphone:MIYAMOTO Yasuko

LEE Boknam(Korea):Lamentation (2016,Japan Premiere)  
gayagum:LEE Heajung Cello:ONISHI Yasunori

FUJIIE Keiko(1963-)(Japan):Ophelia adrift (2017,World Premiere) 
violin:MIZUNO Mayuri zheng:DAI Qian  koto:NAKAGAWA Kayoko 17gen:OE Miyako

TALK SESSION

time in your eyes, space in my ears −from the things of invisible, hidden and lacking−

participating composers:
PAK Shil [exective director,music alumni,Kyoto City University of Arts,JAPAN]
Chris HUNG Mingjian [D.M.A.Council Director,Hong Kong Composers’ Guild,CHINA]
LEE Boknam [Ph.D. professor,Myongi University,KOREA]
KIKUCHI Yukio [M.A. associate professor,KUNITACHI College of Music,JAPAN]
Joshua CHAN Kambiu [Ph.D,associate professor,the University of Hong Kong,CHINA]
FUJIIE Keiko [M.A.43th,48th OTAKA Award,NAKAJIMA Kenzo Music Award,JAPAN]

translator [Korean language]:SONG Hwayoung [M.A.KOREA-JAPAN]
translator [Chinese language]:DAI Qian [Ph.D.(Laws)CHINA-JAPAN]
translator [English language]:HASHIZUME Kohsuke [M.A.JAPAN]

moderator:NAKAMURA Noriko [M.A.associate professor,Faculty of Music,
      Kyoto City University of Arts,JAPAN]

CLOSING CONCERT ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica

Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere)
violin: MIZUNO Mayuri koto:FUKUHARA Sawako 17gen:NAKAGAWA Kayoko

SHIMIZU Yoshihiko (1977-)(Japan):dharani (2012)
guitar:HASHIZUME Kosuke  

Paul HINDEMITH (1895-1963)(Germany): Sonata Op.31-2  
violin:NAKAMURA Kimitoshi    

MASUDA Mayu(1982-) (Japan):AKARI (2017,World Premiere)
cello:ONISHI Yasunori double bass:AKAMATSU Miyuki

George CRUMB(1929)(U.S.A.):Four Nocturne (1965)
violin:EGAWA Nao piano: SUNAHARA Satoru

NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan):time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere)
                 [vox caelum terra rithimus II ]
tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian
koto:FUKUHARA Sawako gakugoto: NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto・17gen:OE Miyako
percussion:MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki
conductor:NAKAMURA Noriko

《program note》

OPENING CONCERT clumusica,ensemble clumusica

稲谷祐亮:声なき声 (2016) サキソフォン:松葉彩
INATANI Yusuke (1992-)(Japan):Voiceless VOICE (2016)saxophone:MATSUBA Sayaka

この作品は、ドイツの芸術家、ハンナ・ヘッヒのフォトコラージュ作品《花嫁》の精神に基づき作曲したものである。ヘッヒの《花嫁》の眼は、鋭く何かを見据えている。その眼は、声なき声で何かを訴えかけている。何を語ろうとしているのか。聞こえない声を聴く。

INATANI Yusuke (1992-)(Japan):Voiceless VOICE (2016) saxophone:MATSUBA Sayaka
This work was composed on the spirit of photo collage work “Bride” by German artist Hannah HÖCH.
The eye of “Bride” by HÖCH is looking at something sharply. That eye is appealing something with voicelss voice.What is Bride trying to tell? I heard a voice that can not be heard.

稲谷祐亮:1992年、奈良県に生まれる。17歳より作曲を始める。作曲を土井智恵子、中川統雄、岡田加津子、葛西聖憲、
中村典子、前田守一の各氏に師事。アラン・ゴーサン、カルロ・フォルリヴェジ、ラインハルト・フェーベル各氏のマスタークラス受講。2015年、京都市立芸術大学音楽学音楽学科作曲専攻首席卒業。明治安田クオリティオブライフ奨学生。京都市長賞。2016年ザルツブルク・モーツァルテウム大学京都市立芸術大学交流演奏会で作品がザルツブルグ初演。今春京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。首席修了により大学院京都市長賞。

クリス・フン[洪銘健]:輪廻 (2016,世界初演) ギター:橋爪皓佐 左手ピアノ:有馬圭亮

サムサラ[輪廻]はヒンドゥー教の聖なる言葉から生まれたサンスクリット語であり、仏教の哲学的言葉に由来している。背後にある概念は、この終わりのない側面に関わる多くの存在状態を通る、誕生、生死のいわゆる反復サイクルである。
この作品は、この神秘的な状態と観念を呼び起こそうとしている。ピアノのクラスターサウンドとグリッサンドは、人間の存在の刻印としての役割を果たすのに対し、ハーモニクスや様々な響きの音色の探究は、過去、現在、未来のアクションや結果として理解されるかもしれない。
繰り返されるテーマのアイデアは、人の魂と精神として概念化することができる。人生の多くの繰り返しの再生を経ても、再生のサイクルは、自分のカルマに応じて決して止まらないだろう。
日本の "間"の時間の音楽というのも、音楽のどこかに沈黙の雰囲気が呼び起こされている作品である。また、日本の音階を使用することは、音楽における東方の聖霊の私の印象を描いている。

Chris HUNG (Hong Kong,China):Samsara (2014/2016,World Premiere) guitar: HASHIZUME Kosuke left-hand piano:ARIMA Keisuke

"Samsara" is a Sanskrit word originates in the sacred language of Hinduism,it comes from the philosophical language in Buddhism.
The concept behind is the so-called repeating cycle of birth,life and death,a passage through many states of existence involved in this never-ending aspect.This work tries to evoke this mysterious status and idea. The cluster-sound and glissando of piano serves as the punctuating mark of human exietence,whereas the harmonics and various sound-timbre exploration may be understood as one’s actions and consequences in the past,present and the future. The recurrent thematic ideas can be conceptualized as one's soul and spirit.Even through many repeated reincarnations of life,the cycle of rebirth will benever ceased depending on one's karma....The concert of Japanese time of “ma” has also been employed in this work,in which is a silence atomosphere evoked in between somewhere in the music.In addition,the use of Japanese scale delineates my impressison of Eastern spirits in the music.

クリス・フン:香港大学で工学の学士号を得た後、同大学で作曲を陳永華、ヴィクター・チャンの各氏の師事し、修士号、博士号を得る。ダルムシュタット
講習会のブライアン・ファーニホウ、ハンス・トマッラ、リザ・リム、レベッカ・サンダースのクラスに、ダーラムCoMA作曲マスタークラスのタンシィー・デイヴィスに、シンガポールチャイニーズオーケストラ作曲ワークショップのタン・イェーのクラスの出席。アレアIII国際作曲コンクールとソフィア国際作曲コンクールで優勝。パデレフスキ音楽アカデミー国際作曲コンクール第2位。サンリバー新作曲コンクール第3位など多数コンクール入選。ヴァーヤンカレッジ等で教える。香港作曲家協会運営理事。

中瀬古和:動(1973) ヴァイオリン:中村公俊
NAKASEKO Kazu (1907-1973)(Japan):Movements violin:NAKAMURA Kimitosihi

すばらしい教育者であるとともにすぐれた日本の作曲家のひとりであった中瀬古和は、
同志社女子部の教頭と同志社大学の教授をつとめた化学者中瀬古六郎の次女として、1908年11月18日、京都市に生まれる。同志社女学校普通部卒業、米国ワシントン大学音楽学部ピアノ専攻卒業、ニューヨーク州イーストマン音楽大学音楽学専攻[日本人初]で修士号取得、ベルリン音楽院でP.ヒンデミット教授に師事。第11回NHK毎日新聞社主催音楽コンクール作曲部門第3位。同志社女子大学教授。レオニード・クロイツァー「ある音楽家の美学的告白」を翻訳、大化書房より出版。毎日音楽特別賞受賞。ヒンデミットの「マリアの生涯」をソプラノの鳥井晴子氏と日本初演。米国イエール大学でD.クレンビュール教授の「多機能性手法」研究で修士号。NHK毎日新聞社主催音楽コンクールピアノ部門審査員。以来、自身の生来持っている音言語を組織立て、日本語の音言語とは何か、歌詞と音楽はどのような結びつきによって的確に表現され得るかに強い関心を寄せ、『万葉集』や日本語の聖書の言葉『詩篇』や『雅歌』『グレゴリオ聖歌』の日本語での聖歌が作曲のほとんどとなる。器楽ではヒンデミットの影響でヴィオラ、オルガンを好んだ。定年を待たず64歳6ヶ月で1973年5月18日、永眠。この三楽章よりなる独奏無伴奏ヴァイオリンのためのムーヴメンツが生涯最後の作品となった。(『中瀬古和作品集』1978年1月1日同志社女子大学音楽科発行、時代の肖像『日本音楽界の発展に貢献-中瀬古和』著:鴛淵紹子[同志社女子大学名誉教授]より)

NAKASEKO Kazu (1907-1973)(Japan):Movements violin:NAKAMURA Kimitosihi

NAKASEKO Kazu was a splendid educator and one of the excellent Japanese composers, was born on November 18,1908 in Kyoto city,as the second daughter of NAKASEKO Rikuro, a chemist who served as a professor at the Doshisha University and vice-principal of female department,Doshisha University.She graduated from Ordinary Department, Doshisha Girls' School,and specialized piano performing and graduated from Department of Music,Washington University,specialized Musicology[as first Japansese student] and graduated from Graduate School,Eastman University of Music in New York State, and studied under Professor P. Hindemit at the Berlin Conservatory. She received award as 3rd place in the 11th NHK Mainichi Shimbun organized Music Competition Composition Division. She got on a track as Doshisha Women's University as professor. She translated Leonid Kreutzer "a certain musician's aesthetic confession", published by Taika Shobo. She received a Mainichi special music award. She Japan premiered Hindemit's "Life of Maria" with Japanese soprano TORII Haruko. She received a master' s degree in research on "multifunctional method" of Professor D.Krähenbühl at Yale University in USA. She served a judge of piano division of NHK Mainichi Shimbun company organized music competition. Since then, She organized her own natural language and she was keenly interested in what the Japanese music language is, what kind of connection the lyrics and music can be expressed, she mostly composed on the lyrics of Japanese chant in the Bible words "Psalm" "The Song of Solomon" and "Gregorian Chant". In instrumental music,she liked viola and organ due to influence of Hindemith. Without waiting retirement age 64 years 6 months,she entered a long sleep on 18 May,1973. This “Movements for solo violin” consisting of this three movements became the last work of her lifetime. ("NAKASEKO Kazu Works Collection" January 1, 1978 department of Music,Doshisha Women's University, Portrait of the Age "Contributing to the Development of the Japanese Music World – NAKASEKO Kazu " by OSHIBUCHI Shoko[Professor Emeritus of Doshisha Women's College of Liberal Arts])

イサン・ユン[尹伊桑]:間奏曲A (1982) [尹伊桑生誕100年] ピアノ:宋和映
このピアノ作品は、ピアニスト高橋アキのために作曲された。題名のAは、アキのファーストネームを意味し、作品全体に現れるAの主要音を指している。1957年以降在独。尹伊桑はドイツ市民となり、伝統的な韓国音楽のグリッサンド、トレモロ、ビブラートなどのテクニックを組み合わせて西洋の楽器で表現し、西と東の音楽のアイデアと北朝鮮と韓国の統一のために生涯を捧げた。
彼は道教の影響を受け、その部分が全体であり、全体が部分であるという考えであった。個人、自然、心と身体の自己、活力、そして動きと創造性の継続的な感覚はすべて彼の仕事において重要な要素だった。宇宙が空/土地/太陽(男性/陽)と月(女性/陰)からエネルギーを作り出すという考えは、これらの共存する極性を示している。

間奏曲Aのコンセプトは、静寂の中の急速な動きである。それはとても複雑であるが、演奏全体を通してこの静けさが大切である。これはまた、一つの音がより大きなものに拡大することができる小宇宙であるという考えへと広がる。ユンは、西洋の色調は鉛筆のようなものだが、 アジアの色調はブラシのようなものだと思うし、薄く、まっすぐではない。音色が変化しても、音が複雑な構造で表示される場合、これは全体の宇宙である。これはミクロからマクロ構造へと拡大する旅の感覚を試してみること、そして人間と自然のフラクタルな一体感を聴衆に与えるという、作業の複雑さである、と語っている。
[Isang Yun: Interludium A (1982): Christina Wright Ivanova, piano https://www.youtube.com/watch?v=gRbOAARb_hoより省訳]

イサン・ユン[Isang Yun]は韓国生まれのドイツ人作曲家。イサン・ユンは西ドイツに帰化しての名で、尹伊桑[ユン・イサン]は1917年9月17日、詩人ユン・キヒョンの息子として日本統治時代の朝鮮慶尚南道山淸郡に生まれた。祖先発祥の地[本貫]は郡庁が伽倻邑にある咸安[ハマン]。漢学を寺子屋で学んで後、統営公立普通学校入学。13歳でヴァイオリンを習い、旋律を作曲して映画館で自作旋律が流れたのを聴き、作曲を志す。父の反対で商業を学ぶが、京城で軍楽隊出身のヴァイオリニストに和声法を学んで楽譜から作曲を独学。1935年には大阪で商業を学ぶ傍ら、チェロ、作曲、音楽理論を学ぶ。統営で教鞭を取りながら童謡集「牧童の歌」を書く。再び東京で池内友次郎に対位法と作曲を師事。1941年 太平洋戦争突入で朝鮮半島に戻り、1944年独立運動で2ヶ月投獄。結核で京城帝大病院入院中に解放を迎える。

戦後、韓国で音楽教員として教鞭をとった後、1956年にパリ国立高等音楽院留学。オリヴィエ・メシアンを知ってアドヴァイスを受けドイツに移り、1957年ベルリン芸術大学入学。40歳目前でヨゼフ・ルーファーから12音技法を学ぶ。「ピアノのための五つの小品」、「7つの楽器のための音楽」がレコード発売、その指揮フランシス・トラヴィスが以後積極的応援、「弦楽四重奏曲第3番」がデビュー作。1963年北朝鮮を訪れ、金日成と親交を持つ。1967年6月17日、西ベルリン でKCIA がユンを拉致、ソウル送還(東ベルリン事件)。拷問の末スパイ容疑で死刑宣告。ストラヴィンスキーとカラヤン主導の韓国政府への請願運動にダッラピッコラ、ヘンツェ、ホリガー、カーゲル、カイルベルト、クレンペラー、リゲティ、メルネス、ノアゴー、カールハインツ・シュトックハウゼンなど約200人の芸術家が署名。1967年12月13日に無期懲役を宣告、再審で減刑、1969年2月25日、大統領特赦で釈放、西ドイツに追放。韓国国内で尹の音楽は演奏禁止。

1969年から1970年ハノーファー音楽大学に勤め、1971年西ドイツ帰化。その後祖国統一汎民族連合ヨーロッパ本部議長を務め、韓国民主化運動にも力を貸す。1980年光州民主化運動の動静を聞いて交響詩「光州よ、永遠に」を翌年発表。作品活動を続け、たびたび北朝鮮を訪れ、1982年から毎年北朝鮮では尹伊桑音楽祭開催、韓国でも尹の音楽が解禁。インタビュー形式の著作「傷ついた竜」に見られる韓国の民俗音楽に基づく「主要音」技法によって、すべての音のテンションが同等に推移する12音技法に「主要音」概念を導入、12の音のどれかに重力を与え、一本の旋律線に個性を与えた。前衛の停滞期で旋律の復権が各方面から叫ばれた1970年代、50歳を過ぎた尹の作風が時代の波に乗る。

1977年から1987年までベルリン芸術大学作曲科教授として秋田和久、ジョリオン・ブレッティンガム・スミス、イン・チャン・チョー、コンラド・デル・ロサリオ、レイモンド・ディナン、フランシスコ・フェリシアーノ、藤田正典、キース・ギフォード、ホーゲル・グロスチップ、細川俊夫、姜幸子、金チョンギル、ヴォルフガング・クリングト、 ラファエル、松下功、三輪雅弘、潘皇龍、マーティン・クリストフ・レデル、白秉東、ベルンフリート・プルーブ、島津武仁、棚橋[徳山]美奈子、田中賢、ミシェル・トラブローズ、ユルゲン・フォイト、姜碩煕(カン・スキ)、白秉東(ペク・ビョンドン)、細川俊夫、嶋津武仁、古川聖、三輪眞弘、松下功、タデウシュ・ヴィエレツキ、ベルンフリート・G・プレーヴェを教える。プフォルツハイムやシュトゥットガルト、ブレーメンなどでも作曲講習会を開く。1994年東京ですべての政治的活動の中断を発表。同年9月ソウル・釜山・光州で尹伊桑音楽祭開催。健康悪化で安淑善の南道民謡レコードを持って入院。1995年最後のオーケストラ作品「焔に包まれた天使」東京で演奏。11月3日午後4時20分、ドイツベルリンの病院で肺炎のため死去。
出版作品は全曲Bote & Bockで渡独以降未出版作品なし。Bote & Bock経営破綻でブージー・アンド・ホークスに吸収合併。北朝鮮問題が 大きいのか2010年代以降尹のオーケストラ作品が日本の定期で取り上げられることは少なくなる。2006年盧武鉉政権の下で東ベルリン事件が朴正熙政権のフレーム・アップと確認、政治的名誉回復。2007年9月14日、未亡人李水子が尹伊桑誕生90周年記念祝典に40年ぶりに韓国訪問。1999年「尹伊桑音楽の夕べ」2000年「統営現代音楽祭」以来尹伊桑記念の音楽祭が故郷統営で開催、2014年から統営国際音楽財団を基盤に「統営国際音楽祭」「尹伊桑国際音楽コンクール」開催。「一本の旋律線を長く描くため五線フルスコアを横に並べ並べきった終わりまでひとつの楽器で書く」作曲の発想はクセナキスや湯浅譲二と同じくグラフィック。[日英wikipediaより編訳:中村典子]

Isang YUN:(1917-1995)(Korea-Germany):Interludium A [Isang YUN 100 anniversary] piano:SONG Hwayoung
This piano piece was written by Isang Yun (1917-1995) for the amazing pianist Aki Takahashi. The letter "A" in the title refers to Aki's first name, and also to the main tone of "A" that appears throughout the work.
Yun remained in Germany after 1957, except for the kidnapping by the South Koreans in '65, when they believed he was a spy for the North Koreans and held him captive for two years. After his release, he became a German citizen and was famous for his combination of West and East musical ideas and his political ambitions for the unity of North and South Korea.
He combines traditional Korean music (influence of 'piri', a double-reed instrument; 'danso', grace notes from vocal tradition, etc.) and techniques like glissando, tremelo, and vibrato and performs them on Western instruments.
He was influence by Taoism and the idea that the part is the whole, and the whole is the part. The Individual, nature, the mind and physical self, vitality, and an ongoing sense of motion and creativity were all important elements in his work.
The idea that the universe produces energy from the sky/land/sun (masculine/Yang) and the moon (feminine/Yin) shows these coexisting polarities.
My favorite concept in Interludium A is the idea of rapid motion within stillness. I often thought of this while learning and performing the work -- it is so complex but there should be this overarching stillness throughout the performance. This also expands into the idea of the one note being a minor universe which can be enlarged into a greater one.
Yun once said "the tone of the West is like a liner pencil, whereas Asian tones are like the stroke of a brush: think and thin, and not even straight... If a tone itself has a flexible movement while it is sounding, and if the tone appears in complex texture, then this tone is a whole cosmos."
This, to me, is the complexity in the work - to try and create the sense of an expanding journey from micro to macro structure, and to give the listener a sense of the fractal-like oneness of man and nature.
[Isang Yun: Interludium A (1982): Christina Wright Ivanova, piano https://www.youtube.com/watch?v=gRbOAARb_ho]

菊池幸夫:光の静寂(しじま)の中で〜ヴィブラフォンのための〜 (2015,京都初演) ヴィブラフォン:宮本妥子
この作品は、《第7回東アジア音楽祭2015 in ヒロシマ》のために作曲された。この音楽祭のテーマである〈被曝70周年祈念〉に基づき、 広島の過去と現在に想いを巡らせつつ作曲した。2015年8月に完成、同年11月7日、広島市内のJMSアステールプラザ・オーケストラ等練習場にて荻原里香氏により初演された。また、翌2016年6月29日、台湾の高雄市文化センターにて孫明箴氏により再演された。
まばゆい光のようなヴィブラフォンの硬質な響きによって作られる余韻の中で、ふと立ち止まり物想うさまが、この作品における楽想の 拠り所となった。生において去来する幾多の思いを超越し、静かに捧げられる祈りへと昇華する、その心の変容を描きたいと思った。 (演奏時間、約8分)[エリザベト音楽大学紀要 XXXVII 2017年より]

KIKUCHI Yukio(1964- )(Japan):In Silence of Light (2015,Kyoto Premire) vibraphone:MIYAMOTO Yasuko
This work was written for “The 7th East-Asian Music Festival 2015 in Hiroshima”.I composed this work while feeling the past and present of Hiroshima based on the theme of this festival as ‘In Memory of the 70th Anniversary of the A-bombing’.It was completed in August,2015,and was premiered by OGIHARA Rika at the JMS Aster Plaza (orchestra practice room) in Hiroshima city in 7th November,2015.And it was presented a play again by SUEN Ming-Jen at the Kaoshiung-city Culture Center in Taiwan in 29th June,2016.
A unintentional stop to be in deep thought,surrounded I surrounded in the lingering brilliant metallic sound of the vibraphone…it is the subject of this work.I wanted to draw the change of mind,through which one reaches a sublimed quiet prayer after transcending a lot of worldly thoughts.(duration:approximately 8 mins.) [from research annuals 2017,Elisabeth College of Music]

菊池幸夫:東京都生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院修了。第14回日本交響楽振興財団作曲賞入選、第3回芥川作曲賞受賞。オーケストラ、吹奏楽をはじめとする作品が、国内外で多数上演。他方、イベント、映画等の音楽を担当するなど多方面にて幅広く活動。日本作曲家協議会、日本ロシア音楽家協会、21世紀の吹奏楽 “響宴”、アプサラス各会員。TIAA全日本作曲家コンクール等審査員。東京藝術大学、くらしき作陽大学等非常勤講師、およびエリザベト音楽大学准教授を歴任し、現在、国立音楽大学准教授。

イ・ボンナム[李福男]:悲(2016,日本初演) 伽耶琴:イ・ヒジュン[李海貞] チェロ:大西泰徳
 偶然、新聞の一面の写真を見て、私は衝撃を受けた。野原で撃たれ殺された自爆テロリスト達の写真だった。彼らは私たちが通常考えている武装した男性テロリストではなく、背中に爆弾を入れた黒い服を着た女性達だった。
「人の妻や母親のように普通に生きることができるところを、地球上の何が恐ろしいテロリストに彼らを導いたのか?」
 この事件は、ふたつの旧世界の人々の間の根深い争いによるものだとわかった。極端な民族的、宗教的な理想と歪んだ報復能力はこのような悲惨な死の場にこれらの女性を導いてきた。彼らは血まみれの戦場に彼らの最愛の家族を送り、彼らの死を受け入れなければならなかった。悪い習慣やイデオロギーのために紛争や戦争に苦しんでいて、間違った選択を余儀なくされているこの世界には、まだ多くの人がいることに気付いた。この誤った選択は、別の苦痛と悲劇をもたらすだろう。
 この歪んだ苦しみの輪が断ち切られ、犠牲者達の魂がやすらうことを祈り、戦争に関した民衆的な旋律を借りて伽耶琴とチェロの音色により、この断腸の思いを表した。
 この作品を、悲しみと愛情を失う痛みを持って生きるこの世界の犠牲者たちに捧げる。 

李福男:ソウル大学校音楽大学音楽学部作曲科及び同大学院修了。米国ラトガース大学博士課程修了。Ph.D。 各国での数々の個展、ソウル交響楽団、ルーマニア交響楽演奏会、アジア現代音楽祭、マンハッタン室内オーケストラ,ラトガース打楽器アンサンブル、世界女性音楽祭、ニュージーランド、韓国、北京、イギリス、日本、ロシアなど色々な音楽祭で作品上演。ニューヨーク国際音楽祭(NYIMF)音楽監督、(社)韓国女性作曲家会理事を歴任。 国際現代音楽協会韓国支部会員。現在、韓国明知大学校教授。(社)韓国作曲家協会事務総長、東西楽会会長。

LEE Boknam(Korea):Lamentation for Gayagum and Cello (2016,Japan Premiere)  gayagum:LEE Heajung Cello:ONISHI Yasunori
By chance, I was shocked to see the photo on the front page of a newspaper. It was the picture of the suicide bombers who were shot and killed in the field. They were not the armed male terrorists we usually think of, but the women wearing black clothes with bombs on their backs.
“What on earth could have driven them into a terrible terrorist scene where they could live as normal as a wife of a man and a mother?”
   I found that this incident is due to a deep dispute between the two old peoples. Extreme ethnic and religious ideals and distorted retaliatory abilities have led these women to the scene of such miserable deaths. They had to send their beloved family to the bloody battlefield and to accept the death of them. I realized that there are still many people in this world who suffer from conflicts and wars due to bad habits and ideologies, and are forced to make wrong choices. This misguided choice will bring another pain and tragedies.
   Praying that this distorted ring of suffering would be cut off, and the sacrificed souls will have a rest, I expressed these heartbreaking feeling through borrowing popular melodies related with wars and using tone colors of Gayageum and cello.
   I dedicate this piece to the victims of this world who live with the sorrow and pain of losing their beloved.

藤家溪子:オフィーリア漂ふ (2017,世界初演)
ヴァイオリン:水野万裕里 古箏:戴茜 箏:中川佳代子 十七絃:麻植美弥子

 シェークスピアの「ハムレット」以前の、北欧のハムレット伝説。さらに遥かに時代をさかのぼる、中東のハムレット伝説。伝説のハムレットの恋人は、彼の同士、協力者として彼を護る。
 シェークスピアのハムレットにおいては、両者は破綻したカップル。オフィーリアはハムレットの狂者の装いに隠されたヒントを理解しない。
自意識の発達し過ぎた近代のハムレットとオフィーリアは、孤独感に苛まれる。ランボーの詩は壮大な夢想ゆえの、孤独の極みを描いて余りある。
この大地に、どれだけのオフィーリアが漂っていることだろう!

オフェリア ランボー[中原中也訳]

I

星が眠る暗く静かな浪の上、
蒼白のオフェリアが漂う、大百合か、
漂う、とてもゆるやかに長いネッカチーフに横たわる。
近くの森では、鳴っています、鹿を追い詰めた合図の笛が。

以来、1000年以上です、真っ白の真っ白の妖怪の
哀しい哀しいオフェリアが、そこを流れ、過ぎた日から数えると。
以来、1000年以上が経ちます、その恋に狂った女が
そのロマンスを夕方の風に、呟いてから。

風は彼女の胸を撫で、水に静かにゆらゆら揺れる
彼女の大きなベールを花の冠のように広げます。
ウィローはふるえて肩に熱い涙を落します。
夢みる大きな額の上に葦の葉が傾いてかぶります。

傷つけられた睡蓮たちは、彼女を取り巻いて溜め息をつきます。
彼女は時々目を覚まします、眠っている榛の木の
中の何かの塒から、すると小さな羽ばたきがして、そこから逃げていきます
不思議な歌声が一つ、金の星から落ちてきます。

II

雪のように美しい、おお、青ざめたオフェリアよ、
そうだ、お前は死んだのだ、暗い流れに運ばれて!
それというのも、ノルウェイの高い山から吹く風が
お前の耳にひそひそとむごい自由を吹き込んだため。

それというのも、お前の髪の毛に、押し寄せた風の一吹きが、
お前の夢みる心には、ただならない音と聞こえたために、
それというのも、樹の嘆きに、夜毎の闇が吐くため息に、
お前の心は天と地の声を、聞き漏らすこともなかったから。

それというのも、潮の音が、とても大きな喘ぎのようで、
情け深い子供のような、お前の胸を痛めたから。
それというのも、4月の朝に、美しい一人の青ざめた騎手が、
あわれな狂者がお前の膝に、黙って座りに来たためだ。

なんという夢想なのだ、狂った娘よ、天国、愛、自由とは、おお!
お前は雪が火の中にあるように、彼の心をも靡かせた。
お前の見事な幻想は、お前の誓いを責め苛んだ。
――そして、無残な無限という奴は、お前の瞳を驚かせたのだ。

III

さて、詩人という輩が言うことには、星の光を頼りにして、
かつてお前の摘んだ花を、夜毎お前は探しに来るんだと。
また彼は言う、流れの上に、長いネッカチーフは横たわり、
真っ白白白のオフェリアが、大きな百合の花のように漂っていたと。

FUJIIE Keiko(1963-)(Japan):Ophelia adrift (2017,World Premiere) 
violin:MIZUNO Mayuri zheng:DAI Qian  koto:NAKAGAWA Kayoko 17gen:OE Miyako
Before the Hamlet of Shakespeare, there was the legend of Hamlet of North Europe. Reaching further back, there was the legend of Hamlet from the Middle East. In this Hamlet, his lover is a companion, one who stands with him to protect him.
In Shakespeare's Hamlet, they are a broken couple; Ophelia cannot comprehend the hidden messages behind Hamlet's facade of madness. In the modern age of developed self-consciousness, Ophelia and Hamlet are assailed by loneliness. These extremities of loneliness are described by the magnificent visions of Rimbaud's poetry. But how much can be said of Ophelia herself, drifting through these landscapes...

Ophelia
Arthur Rimbaud

English Translation:Oliver Bernard(1962)
I

On the calm black water where the stars are sleeping
White Ophelia floats like a great lily;
Floats very slowly, lying in her long veils...
- In the far-off woods you can hear them sound the mort.

For more than a thousand years sad Ophelia
Has passed, a white phantom, down the long black river.
For more than a thousand years her sweet madness
Has murmured its ballad to the evening breeze.

The wind kisses her breasts and unfolds in a wreath
Her great veils rising and falling with the waters;
The shivering willows weep on her shoulder,
The rushes lean over her wide, dreaming brow.

The ruffled water-lilies are sighing around her;
At times she rouses, in a slumbering alder,
Some nest from which escapes a small rustle of wings;
- A mysterious anthem falls from the golden stars.

II

O pale Ophelia! beautiful as snow!
Yes child, you died, carried off by a river!
- It was the winds descending from the great mountains of Norway
That spoke to you in low voices of better freedom.

It was a breath of wind, that, twisting your great hair,
Brought strange rumors to your dreaming mind;
It was your heart listening to the song of Nature
In the groans of the tree and the sighs of the nights;

It was the voice of mad seas, the great roar,
That shattered your child's heart, too human and too soft;
It was a handsome pale knight, a poor madman
Who one April morning sate mute at your knees!

Heaven! Love! Freedom! What a dream, oh poor crazed Girl!
You melted to him as snow does to a fire;
Your great visions strangled your words
- And fearful Infinity terrified your blue eye!

III

- And the poet says that by starlight
You come seeking, in the night, the flowers that you picked
And that he has seen on the water, lying in her long veils
White Ophelia floating, like a great lily.

藤家溪子:京都出身。東京芸術大学音楽学部作曲科卒、同大学院修了。86年日本音楽コンクール作曲部門第1位。95年「思いだす ひとびとのしぐさを」が尾高賞受賞。96年モノローグオペラ「蝋の女」が評価され、中島健蔵音楽賞。98年ダンスとのコラボレーション“In Their Shoes”をニューヨークで初演。オーケストラ・アンサンブル金沢の第9代コンポーザー・イン・レジデンス。2000年「 ギター協奏曲第2番 “恋すてふ” 」が二度めの尾高賞。06年武蔵野市国際オルガンコンクール委嘱作「オルガン協奏曲“フラ・アンジェリコの墓にて”」 を東京交響楽団定期演奏会にて初演。04年から14年まで家族と共に結成した「山下和仁ファミリー・クインテット」の為に作曲を続け、欧米・アジア各地の音楽祭等で公演。

Fujiie Keiko was born in Kyoto.She graduated from Tokyo University of Arts and Graduate School,Tokyo Universtiy of Arts.She Is winner of Japan Music Competition.She received Otaka Prize Orhcestra work in 1995 and Guitar Concerto No.2 “KOISUCHO” in 2000.She received NAKAJIMA KENZO Music Award by Monologue Opera:Nina de Cera.Her dance collaboration”In Their Shoes” premiered in New York.She was 9th composer in residence of Ensemble KANAZAWA.Organ Concerto “At the tomb of Fra’ Angelico” was premiered by Tokyo Symphony Orchestra Subscription Concert in 2006.She has been composed for her family YAMASHITA KAZUHITO family quintet in 2004- 2014 and they have beed performed at festivals in each place,Europe,U.S.A.and Asia.

TALK SESSION participate composer

朴実: 京都市立音楽短期大学(現京都市立芸術大学音楽学部立芸術大学音楽学部)作曲科作曲専攻科卒業。作曲を安部幸明、青山政雄、和声学・対位法を藤島昌壽、山添貢、1975年来日したユンイサンの各氏にレッスンを受ける。2011年迄京都芸大の研究機関である京都子どもの音楽教室の管理運営責任者をつとめる。民族・民衆文化牌京都ハンマダン所属。主な作品に朝鮮民謡の主題による幻想曲、サムルノリと西洋楽器アンサンブル曲「チョロプ」など。国際現代音楽祭アジアの管絃の現在2013」招待作曲家。委嘱新作”한”を発表。現在、京都市立芸術大学音楽学部同窓会専務理事。


Pak Shil graduated from Kyoto City College of Music[Faculty of Music,Kyoto City University of Arts].He studied with Abe Komei,Aoyama Masao,Fujishima Masahisa,Yamazoe Mitsugu,and Yun Isang in1975.Until 2011,he was exective manager of class for children,Music Education Research Association,Kyoto City University of Arts.He belongs to the group Ham Madang Kyoto,folk monument of cultural people.His mainly works:Fantasy on the theme of Chosun folk song,”Chorop”ensemble for samul noli and western instruments.Guest composer of International Contemporary Music Festival “Present of Orchestral Asia 2013” (commissioned work:Han).Currently,he is executive director of Music Alumni,Kyoto City University of Arts.


CLOSING CONCERT ensemble clumusica,vocal ensemble clumusica

ジョシュア・チャン[陳錦標]:灑(2017,世界初演) ヴァイオリン:水野万裕里 箏:福原左和子 十七絃:中川佳代子

Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere) violin: MIZUNO Mayuri koto:FUKUHARA Sawako 17gen:NAKAGAWA Kayoko
開始の四つの音は、バイオリン部分全体の要素のほとんどを生成する核細胞である。 この動機は何度も提示され、絶え間ない修正と開発が行われている。各提示の間の間隙または休止は、時々刻々と変わる。
各間隙間に予期しない持続時間を持たせることは、少量のものを宇宙と時間に散らすときに起こることと非常に似ている。それは、シャワーの水滴のような、料理で塩を撒き散らすようなものである。
箏達は、ほとんどのアルペジオを早いスピードで演奏する。 2つの箏パートの間には模倣とカノン的書法も現れる。全体の部分は約7分、最後の部分はクライマックスである。

Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere) violin: MIZUNO Mayuri koto:FUKUHARA Sawako koto NAKAGAWA Kayoko

   The opening 4 notes is the nuclear cell that generates most of the elements of the entire violin part. This motive is presented many times, with constant modification and development.
  The gap or rest between each statement varies from time to time. Having unexpected duration for each gap is very similar to what happens when we scatter small quantity of things in space and time. It is like the water drops in the shower, or dispersing salt in cooking.
  The kotos play mostly fast arpeggios moving along the neighboring strings or double stops of a major 7th. Imitation and canonic writing also appear between the 2 koto parts. The whole piece lasts for approximately 7 minutes, with the final part being the climax.(composer)

清水慶彦:陀羅尼(2012) ギター:橋爪皓佐
 琵琶や三味線など,日本の撥弦楽器による「語りもの」の語法や美観を,ギターを触媒として表層化できないものかと試みた楽曲です。
ギター奏者の山田岳さんの委嘱により,2012年に作曲したものですが,昨年には,本日の奏者である橋爪皓佐さんが,彼のツアー公演で取り上げてくださり,新たな角度から作品として錬磨してくださいました。
 楽曲が奏者によって育てられる様は,いかにも譜面書き冥利につきるものですが,僕としては,お聴きくださる皆様の安寧を加持する、いわば一種の修法たらんことを願っております。(作曲者)

SHIMIZU Yoshihiko (1977-)(Japan):dharani (2012) guitar:HASHIZUME Kosuke  
   It is a compositon that I attempted to be able to surfaceize using the guitar as a catalyst the grammar and sight of the word "narrative" by Japanese plucked string instruments such as biwa and shamisen.
  It was composed by the guitar player Yamada Gaku’s comission in 2012, and last year,Hashizume Kosuke, the player of today, he took up for his tour performance and refined it as a work from a new angle.
  Musical notations have raised by players, it is great truth and perfect happiness for composer. As for me, I am hoping that they will participate in the well-being of everyone who listens, so to speak as a kind of repair.(composer)

清水慶彦[作曲]:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業、同学大学院修士課程修了。同大学院の派遣制度に よりブレーメン芸術大学にて研鑽をつんだ。京都市立芸術大学大学院博士後期課程修了、黛敏郎作品の研究論文に より博士号(音楽)取得。これまでに松永通温、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーンの各氏に師事。作品集CD『清水慶彦作品集 六相円融』(studio N.A.T)が雑誌『レ􏰓コード芸術』にて推薦盤に選定されるなど好評を得ている。京都市立芸術大学非常勤講師、同志社女子大学非常勤講師などを経て国立大学法人大分大学教育学部准教授。

パウル・ヒンデミット:ソナタ「外はいい天気」作品31-2(1924) ヴァイオリン:中村公俊

 弦楽器を弾きこなし鍵盤楽器を奏き管楽器も吹く音楽家であらゆる楽器に精通し、あらゆるジャンルに多数作曲し、指揮し、ベルリン音楽院、ハセテフ大学アンカラ州音楽院、イェール大学で教鞭を取った。表現主義、無調音楽に沿わず、音楽が存在する限り、長三和音から出発し、再び戻る、と調性音楽を信じ、ロマン派から脱却して新即物主義を推進した。ナチスの意に沿う保守的音楽を作らず、退廃音楽であると弾圧され、トルコを経てスイスへ亡命、米国で市民権を得、世界大戦終結後、スイスへ帰還した。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の初の日本への演奏旅行に指揮者として来日。オーケストラを構成するほぼ全ての楽器のためのソナタを作曲した。
この無伴奏ヴァイオリンソナタには《....外はいい天気...》という副題が付され、終曲の変奏曲の主題の「来よ愛する五月」は子どもの歌でモーツァルト晩年の歌、ピアノ協奏曲の旋律でもある。

I .軽く躍動する四分音符
II.静かに躍動する八分音符 
III.ゆるやかな四分音符(楽章全体をピチカートで演奏)
IV.モーツァルトの歌「来よ愛する五月」による五つの変奏曲 

Paul HINDEMITH (1895-1963)(Germany): Sonata ..Es ist so schönes Wetter draußen... Op.31-2 violin:NAKAMURA Kimitoshi    
He was a great musician who played string instruments very much, played keyboard instruments, blowing wind instruments, familiar with all musical instruments, a lot of composing and conducting,taught at Berlin Conservatory, Hachette University Ankara State Conservatory, and Yale University. As long as there is music,I believe in tonal music, departing from long triadic sounds, going back again, promoting new realism by escaping from Romanticism.
He did not compose conservative music in line with Nazi's intention, was suppressed as decadent music, exiled to Switzerland through Turkey, gained citizenship in the United States, returned to Switzerland after the end of World War II. He was the conductor of the Vienna Philharmonic Orchestra's first Japanese tour to Japan.
He composed a sonata for almost all the instruments that make up the orchestra.This unaccompanied violin sonata has the subtitle titled "... nice weather in outside... ...",and last movement is variation on the theme of " Come,lovely May" is a child song of Mozart’s last song in lifetime,it is also a melody of a piano concerto.
I. Lightly moving quarter note
II. Quietly moving eighth notes
III. Loose Quarter Notes (Playing the whole movement with Pizzicato)
IV. Five variations by Mozart's song "Come,lovely May"

増田真結:あかり(2017,世界初演) チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸
  中村典子先生に命名いただいたこの楽曲は、ある音律に基づく旋律とC線を巡る一面的な描写を主としています。とはいうものの、描写するほど「ほとんどなにもない」ということにしかなり得ず、目的も対象も主張もない、記憶にも残らない時間そのものに漂着しました。(作曲者)

MASUDA Mayu(1982-) (Japan):AKARI - Air on C strings - (2017,World Premiere) cello:ONISHI Yasunori double bass:AKAMATSU Miyuki
This music “AKARI” named by Noriko Nakamura is mainly a melody based on a certain temperament and a one-sided portrayal around C strings. That said, despite being depicted, it could only be said to be "almost nothing," with no object, no subject or assertion, and it drifted ashore to the time itself not remembered. (composer)

増田真結:京都市立芸術大学を経て、同大学院修士課程を大学院賞を得て修了。ブレーメン芸術大学へ派遣交換留学。京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程修了。音楽博士。東京国際室内楽コンクール第3位、現音新人賞、日本歌曲コンクール第2位(第15回、第18回)日本音楽コンクール作曲部門入選。これまでに作曲を港大尋、青島広志、佐藤眞、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーンの各氏に師事。clumusica共宰。JCMR KYOTOメンバー。京都市立芸術大学、神戸女学院大学、名古屋芸術大学非常勤講師。

ジョージ・クラム:四つの夜想曲 (1964) ヴァイオリン:江川菜緒 ピアノ:砂原悟
   四つの夜想曲は、1963年作曲の、私の、ソプラノ、鍵盤楽器と打楽器のための夜の音楽 I の静かな夜の雰囲気のさらなるエッセイで、したがって、夜の音楽 II と副題されている。四つの小品で構成された作品は、次のように前書きされている。

表題
夜 I 静かに落ち着いて穏やかに
夜 II 滑り込み できるだけ活発に
夜 III 観想
夜 IV 郷愁の感覚と共に
   音楽は最上の繊細さを誇っており、「時間を保留すること」の卓越した感覚はもっと強く第2の作品に活気に満ちて律動的に、短時間だけ中断される。作品の始めに提示された持続された歌詞のアイデアは、神経質なトレモロの効果、そして様式化された鳥の歌で、すべてが反復的な要素である。
四つの夜想曲を作曲する際、私は伝統的なヴァイオリンとピアノの組み合わせの楽器の様々な音色の資産を利用した。したがって音のある種の統合は、両方の楽器にハーモニクス、ピチカートの効果、ラップ音(ヴァイオリンの木の上で、ピアノの金属の梁の上で)を生成させることによって達成される。
ピアノの弦に打楽器奏者が使うワイヤーブラシをかけることで、作品を完成させる穏やかで木の葉がカサカサいう音が生まれる。(「ジョージ・クラム:作曲家の肖像」より、編集:D.ジレスピー、訳:中村典子)

George CRUMB(1929)(U.S.A.):Four Nocturne (1965) violin:EGAWA Nao piano: SUNAHARA Satoru
Four Nocturnes is a further essay in the quiet nocturnal mood of my Night Music I for soprano, keyboard, and percussion (composed in1963); hence the subtitle Night Music II. The four pieces constituting the work are prefaced with the following:
 indications:
 Notturno I: Serenamente
 Notturno II: Scorrevole; vivace possibile
 Notturno III: Contemplativo
 Notturno IV: Con un sentimento di nostalgia
The music is of the utmost delicacy and the prevailing sense of ‘suspension in time’ is only briefly interrupted by the animated and rhythmically more forceful second piece. The sustained lyric idea presented at the beginning of   the work, the nervous tremolo effects,and the stylized bird songs are all recurrent elements.
In composing the Four Nocturnes I had attempted a modification of the traditional treatment of the violin-piano combination be exploiting various timbral resources of the instruments. Thus a certain integration in sound is achieved by requiring both instruments to produce harmonics, pizzicato effects, rapping sounds (on the wood of the violin; on the metal beams of the piano).
The gentle rustling sounds which conclude the work are produced by the application of a percussionist's wire brush to the strings of the piano.— G.C.[From: George Crumb: Profile of a Composer, compiled and edited by Don Gillespie (1986).]

中村典子:しづのまなかひ (2017,世界初演) [天聲地韻 vox carlum,terra rithimus II ]
テノール[八橋]:北村敏則 古箏:戴茜 箏:福原左和子 楽箏:中川佳代子 倭琴・十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子・陶山美輝 指揮:中村典子
NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan):time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
Tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian koto:FUKUHARA Sawako gakugoto: NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto・17gen:OE Miyako Percussion:MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki conductor:NAKAMURA Noriko


信 唯一 之 神, 全 能 之 父, 天地 万 物 的 创 造 者。信 父 之 唯一 子 主 耶稣基督。
Xìn wéiyī zhī shén, quánnéng zhī fù, tiāndì wànwù de chuàngzào zhě. Xìn fǔ zhī wéiyī zi, zhǔ yēsū jīdū.
他 为 了 人类,为了 拯救 我们, 因  圣 神 降 孕,由  童贞 玛丽亚 诞生。
Tā wèile rénlèi, wèile zhěngjiù wǒmen, yīn shèng shén jiàng yùn, yóu tóngzhēn mǎlìyà dànshēng.
他 在 比 拉 多 执 政 时 蒙 难, 被 钉 在 十字架 上,蒙 受 苦 难, 死而 安 葬。
Tā zài bǐ lā duō zhízhèng shí méngnàn, bèi dīng zài shízìjià shàng, méngshòu kǔnàn, sǐ ér ānzàng.
他 下降 阴 府, 第 三 天 复活。他 升 天, 坐 在了 全 能 之 父 的 右边。 其 日后 从 天 降 来, 审 判 生 死 者。
Tā xiàjiàng yīn fǔ, dì sān tiān, Fùhuó.Tā shēngtiān, zuò zàile quánnéng zhī fù de yòubiān.Qí rìhòu cóng tiān jiàng lái, shěnpàn shēngsǐ zhě.
此 世 永 不 终 结。 信 神 圣。 信 圣, 公, 信徒 之 唯一 教 会, 诸 圣 的 相 通,罪过 的 赦 免。
Cǐ shìyǒng bù zhōngjié. Xìn shénshèng. Xìn shèng, gōng, xìntú zhī wéiyī jiàohuì, zhū shèng de xiāngtōng, zuìguo de shèmiǎn.
信 肉体 的 复活, 永 恒 的 生 命。 阿们!
Xìn ròutǐ de fùhuó, yǒnghéng de shēngmìng.Āmen! (中国語訳:逄军 パン・ジュィン)


わたしは信じます。唯一の神、全能の父、天と地、見えるもの、見えないもの すべてのものの造り主を。わたしは信じます。唯一の主イエス・キリストを。 主は神のひとり子、すべてに先だって父より生まれ、神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神。造られることなく生まれ、父と一体。すべては
主によって造られました。主は、わたしたち人類のため、わたしたちの救いのために 天からくだり、聖霊によって、おとめマリアより からだを受け、人となられました。ポンティオ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書にあるとおり三日目に復活し、天に昇り、
父の右の座に着いておられます。主は、生者と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。わたしは信じます。 主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす 唯一の洗礼を認め、死者の復活と 来世のいのちを待ち望みます。 アーメン。[ニケア・コンスタンチノープル信条:カトリック中央協議会 日本司教団公文書より http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/prayers/nicene.htm]
 
Credo in unum Deum. Patren omnipotentem,
factorem caeli et terrae,
visibilium omnium et invisibilium.
Et in unum Dominum Jesum Chirstum
,Filium Dei unigenitum
Et ex Patre natum ante omnia ssecula.
Deum de Deo lumen de lumine,
Deum verum de Deo vero,Genitum,non factum,consubstantialem Patri;per quem ominia facta sunt.
Qui propter nos homines,et propter nostram salutem descendit de coelis.Et incarnatus est de Spiritu Sancto ex Maria Virgine, et homo factus est.Crucifixus etiam pro nobis sub Pontio Pilato passus,et sepultus est,
et resurrexit tertia die,
secundum Scripturas,et ascendit in caelum,
sedet ad
dextream Partris.
Et iterum ventures est cum gloria iudicare 
vivos st mortuos,
cuius regni non erit finis;Et in Spiritum Sanctum,Dominum,et vivificantem, qui ex Patre Filio que pro cedit.
Qui cum Patre et Filio simul adoratur,et conglorificatur:qui locutus est per Prophetas.
Et unam,sanctam catholicam et apostolicam Ecclesiam. A Confiteor unum baptisma in remissionem peccatorum.Et exspecto resurrectionem mortuorum,et vitam venturi saeculi.
Amen.

NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan):time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
Tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian koto:FUKUHARA Sawako gakugoto: NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto・17gen:OE Miyako Percussion:MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki conductor:NAKAMURA Noriko

Credo [Nicene Creed]
    I believe in one God, the Father Almighty Maker of heaven and earth, of all things visible and invisible:And in one Lord, Jesus Christ,the only-begotten Son of God, born of the Father before all ages;God from God, Light from Light, true God from true God; begotten, not made, consubstantial with the Father,by Whom all things were made;Who for us men and for our salvation came down from Heaven.and was incarnate by the Holy Ghost out of the Virgin Mary, and was made man:He was also crucified for us under Pontius Pilate; He suffered and was buried:And on the third day rose again according to the Scripture:And ascended into Heaven, and sits on the right hand of the Father:And He shall come again, with glory, to judge the living and the dead:Of His Kingdom there shall be no end;And I believe in the Holy Spirit, the Lord, and Giver of Life,Who proceeds from the Father and the SonWho, with the Father and the Son, is together adored and glorified,Who has spoken through the Prophets.And I believe in One, Holy, Catholic, and Apostolic Church,I confess one Baptism for the remission of sins.And I await the Resurrection of the Dead:And the Life of the world to come. Amen.

中村典子[作曲] 京都市立芸術大学を経て同大学院作曲専攻首席修了。廣瀬量平、北爪道夫、藤島昌壽、前田守一、田島亘、H.J.カウフマン、G.アミ等の各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、オーストリア、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、 アメリカ、メキシコ、イスラエル、リトアニア、ロシア各地の音楽祭、歌劇場、放送局、大学で度々作品上演。95年国連憲章50周年記念United WeDance サンフランシスコ歌劇場連続公演。ハイデルベルク大学で《日本の女性作曲家達》、モーツァルテウム大学で《身体と図譜》《夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景》講演。京都市芸術新人賞。滋賀県文化奨励賞。京都芸術センター運営委員。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授。

Nakamura Noriko graduated from Kyoto City University of Arts and received master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts,summa cum laude.She studied with Prof.Hirose Ryohei,Kitazune Michio,Fujishima Masahisa,Maeda Shuichi,Tajima Wataru,H.J.Kauffmann,G.Amy and so on.She works have been ofen performed at festival,operahouse,broadcasting,university inJapan,Korea,China,Taiwan,Germany,France,Italy,Swiss,Austlia,Spain,Norway,Sweden,Mexico,Israel,Lithania,Russia.Her debut work was performed several time at San Fransisco Opera House in “United We dance 1995”.She lectured “Japanese Women Composers” in Heidelberg University and “Physical Universtanding and Graphical Score” “Asiatic landscape by configration through the fluidly rhythm and acoustic transition,as a piano song of the 21st century, re-synthesed texture through acoustic transition by fusioned visual phenomenon”Mozarteum University.Since 2008,she is a member of steering committee,Kyoto Art Center.Currently,she is an associate professor,Kyoto City University of Arts.

Performers

松葉彩[サキソフォン]相愛大学音楽学部管楽器専攻首席卒業。学長賞。卒業演奏会、関西新人演奏会出演。横浜国際音楽コンクール室内楽部門第2位。大阪国際音楽コンクール室内楽部門第3位。ハバネラサクソフォンアカデミー、北アメリカサクソフォン会議2014、世界サクソフォン会議2015参加。オーケストラとソリストとして共演。公益財団法人青山財団奨学生。これまでにサクソフォンを平野公崇、岩田瑞和子、前田昌宏、須川展也の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程在学中。

橋爪皓佐[ギター]国立ニース地方音楽院ギター科エクリチュール科を経てベルギー王立ブリュッセル音楽院ギター科作曲科学士ディプロマ取得。京都市立芸術大学大学院に作曲で入学、英国王立音楽大学への短期派遣留学を経て修士号取得。和声をJ-Lルジニオン氏に、対位法をT.シュレイド氏に、作曲をD.キャペレッティ、前田守一、岡田加津子、中村典子、ハリス・キットス、藤倉大の各氏に、ギターを西垣正信、伊藤亜子、L.ブロンカーの各氏に、室内楽をI.スメノフの各氏に師事。O.シャッサン氏のマスタークラスを受講。山口ギターコンクール首席、ヘルベルト・バウマン作曲コンクール、カールフォンオシエツキー国際作曲コンクール、東京かつしか作曲コンクール、聖パトリックカレッジ国際作曲家フォーラム入選、ティモ・コルフォネン国際作曲コンクールファイナリスト。

大西泰徳[チェロ]京都市立芸術大学音楽学部卒業。next mushroom promotionにゲストとして招かれ、第16回テグ国際現代音楽祭(韓国)、第42回セルバンティーノ国際芸術祭(メキシコ)に参加。現在ソロや室内楽、オーケストラの傍ら、clumusica<クラムジカ>、JCMR KYOTOらと共に現代音楽の演奏に携わる他、Quamonett<カモネット>として弦楽四重奏に取り組むなど活動は多岐にわたる。神戸女学院大学演奏要員。アマービレフィルハーモニー管弦楽団契約団員。

中川佳代子[箏]高崎芸術短期大学卒業。NHK邦楽技能者育成会卒業。1989年CD「沢井忠夫合奏団の世界」が文化庁芸術作品賞受賞。1994年青山音楽賞受賞。1998年文化庁芸術研修員認定。2002年賢順全国箏曲コンクール最高位「賢順賞」受賞。海外において 2007年アジアツアー(文化庁助成公演)2008年モスクワ、ザンクトペテルブルクで􏰑ロシア公演、韓国晋州国楽交響楽団定期演奏会に20絃ソリストとして招かれるなど公演多数。現代曲の初演、洋楽器やダンスとの共演など活動範囲は広い。箏、三絃を沢井忠夫氏、沢井一恵氏、岩堀敬子氏、20絃を吉村七重氏に師事。 沢井箏曲院所属、師範。 沢井忠夫合奏団団員。京都教育大学附属京都小中学校、箏講師。

麻植美弥子[十七絃箏]京都市出身。祖母大仲勝子の手ほどきを受け、3歳より箏を始める。吉崎克彦氏に師事。NHK邦楽オーディション合格。長谷検校記念全国邦楽コンクール箏部門第1位 優秀賞、平和堂財団芸術奨励賞(音楽部門)、京都芸術祭音楽部門京都市長賞受賞ほか、受賞歴 多数。各地でサイタル開催。中島貞夫監督監修DVD「茶の湯」、舞台「横笛」等に音楽で参加、好評を得る。国内外アーティストとのジャンルを越えたセッション等、多彩な演奏活動をイタリア、フランス、韓国、シンガポールなど国際的に展開。現代曲の初演も数多く手がける。シームレス音楽世界の扉を開き続け、日本刀のような切れ味の見事な表現の冴えは宇宙的なスケール感をもって聴くものに迫ると評される。ムジカA国際音楽協会常任理事。NHK交響楽団フルート奏者菅原潤氏とCDリリース。

福原左和子[箏]幼少より叔母水島光代に手ほどきを受け、故菊月秋栄、野田弥生、故沢井忠夫、沢井一恵、中井猛、故久木元尚子の各師に師事。同志社大学経済学部卒業後、NHK邦楽技能者育成会31期卒業。 1988年デビューリサイタル。1984年オーストラリア、89年モロッコ、アルジェリア、チュニジア、イラク、90年中国各地、台湾、香港、92年スペイン公演。1994年伏見の清酒「京の文化賞」奨励賞。96年インド、ヨルダン、シリア、レバノン、 97〜98年アメリカコンサートツアー。2000〜02年京都3年連続リサイタル。00〜07年香港二夜連続リサイタル。05年イタリア公演。京都府文化奨励賞受賞。06年文化庁芸術祭新人賞。07年ブルガリアでソフィアフィルと箏コンチェルト世界初演。09年ブルガリアで再演。平成10年度文化庁芸術インターンシップ研修員。

赤松美幸[コントラバス]兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科を卒業。これまでにコントラバスを長谷川悟、南出信一、吉田秀の各氏に、声楽を北村敏則氏に師事。関西を中心にフリー奏者として活動中。2012年よりMozartのオペラ「魔笛」夜の女王のアリアとコロラトゥーラソプラノとコントラバスで弾き歌いをする特技を持ち、YouTubeなどで好評を博す。

江川菜緒[ヴァイオリン]6歳よりヴァイオリンを始める。「Phoenix OSAQA2014」にてJapan String Quartetによる 弦楽四重奏公開マスタークラス、TAMA音楽フォーラム主催ライプツィヒ・カルテットの弦楽四重奏公開レッスンを受講。ロームミュージックファンデーション主催 京都・国際音楽学生フェスティバル2015、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIII、セイジ・オザワ松本フェスティバル「青少年のためのオペラ」、「子どものための音楽会」に参加。これまでに、宮﨑彰美、東儀幸、澤和樹、曽我部千恵子、豊嶋泰嗣の各氏に、ヴィオラを山本由美子氏に師事。また、室内楽を中島悦子、上村昇、中村典子、上森祥平の各氏に師事。15年度公益財団青山財団奨学生。エイム弦楽四重奏団メンバーとして第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、ハイドン賞。京都市立芸術大学を経て現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。

砂原悟[ピアノ]東京芸術大学付属高校を経て、同大学卒業。東京芸大オーケストラとブラームス第2コンチェルトを芸大初演。日本音楽コンクール入選。同大学院在学中DAAD奨学金を得て渡独。西独バイエルン放送出演、ミュンヘンでリサイタル、ミュンヘン音楽大学マイスタークラッセ修了東京芸術大学大学院修了。ポルト市国際ピアノコンクール入賞。クロイツァー賞。1993年迄同大学院博士後期課程在籍。ポンポーザ音楽祭、文化庁派遣でクラリネットの村井祐児氏とトルコ大使公邸やイスラエル・テルアビブで室内楽演奏。クラヴィコードで藤枝守の作品発表に関わり「クラヴィコードの植物文様」(藤枝守作曲)レコード芸術誌「準特選」。宮島敏、中山靖子、クラウス・シルデ、小林仁の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学教授、東京藝術大学非常勤講師。

Matsuba Sayaka graduated from Faculty of Music,Soai Univerisy as the top student and received President Prize.She performed at Graduation Concert and Kansai New Face Concert.She was 2nd place of Yokohama International Music Competition and 3rd place of Osaka International Music Competition. She joined Hananera Saxophone Akademie,North America Saxophone Conference 2014,World Saxophone Conference 2015.She performed as a soloist with orchestra.She is Aoyama Foundation scholarship student.She studied with Hirano Masataka,Iwata Miwako,Maeda Masahiro,Sugawa Nobuya.She has studied in Graduate School of Kyoto City University of Arts.

Hashizume Kohsuke studied guitar and graduated from Nice Conservatory and Belgie Royal Brussel Concervatory and gained diplome from the same.He also studied composition and received a master degree from Graduate school,Kyoto City University of Arts.He studied a semester as an exchange student at Royal Conservatory of Music,England.He studied composition with Daniel Capelletti, Kazuko Okada, Noriko Nakamura, Haris Kittos and Dai Fujikura and so on.He studied guitar with Nishigaki Masanobu,Ito Ako,and so on. 2008 Yamaguchi Guitar competition (1st place) as a guitarist 2009 Herbert-Baumann composition competition, Germany(Prize winner)2010 Carl-von-Ossietzky International composition competition, Germany (Repertoire Prize)2010 Osaka international mandolin competition, Japan (Finalist), 2013 Tokyo Katsushika Composition Competition (3rd and Public Prize). 2016 Timo Korhonen International Composition Competition, Finaland (Finalist).

Arima Keisuke is left –handed pianist.He occured dystonia during studying at Osaka Kyoiku University.He introduced by a lot of media such as Nihon TV Kansai TV Sankei Shimbun,Yomiuri Simbun,and the article about the activity “archive of left hand” for the spread of left-handed performing,one hand piano lesson,workshop.He performed Piano Concerto for left-hand with Nihon Century Orchestra,conductiong Genda Shigeo.He received 7th Matsukata Hall Music Award,Encouragement Award.He is director of one hand piano music and representive of Keyboard Philharmony Orchestra.

Nakamura Kimitoshi graduated form Kyoto City University of Arts,and received a master degree form Graduate school,Kyoto City University.He studied violin teaching method also doctoral course at Kobe Uiversity.He studied with Kozai Riko,Katayama Akiko,Kishibe,Momoo,Shikata Kyoto,Yamamoto Yumiko.He is teaching at Ritto Art Cultural Hall Sakira Junior Orchestra Akademie.He received 23th Aoyama Music Award Barock Saal Prize.He released CD of Violin Duo in May,2014.

Song Hwayoung graduated from Osaka Prefectural Yuhigaoka High School,Department of Music and Kyoto City Univerisity of Arts,Faculty of Music,summa cum laude.She received Music Faculty Award,Kyoto Music Association Prize.She received a master degree from Kyoto City University of Arts,and received a concertist diplome from Ecole Normale superior course.She awarded at Corbelin International Piano Competition and so on.She broardcasted piano duo with her sister on NHK-FM Recital Nova at NHK Osaka Hall,public recording.She has been performed piano solo,ensemble and also official accompanist and translator at domestic and oversea Academies.She have the activities as Japan-China-Korea Trio at varius place in all Japan.She is teaching piano at Osaka Seikei Junior College.

Miyamoto Yasuko graduated from Doshisha Women College and Special course”Shokeikai” and received a magister degree and soloist examen,Hoch schue für Künste,Freiburg,summa cum laude.She studied with Taki Atsumi,Kitagawa Kiyoshi,Ueno Takashi,Nakatani Mitsuru,Yamafuchi Yasunori,Zoshiwara Sumire,Bernhard Wuff,Robert Van Sice,Mizazaki Zasujiro.She is a winner Leipzig Contemprary Music Competition.She is selected at Luxenburf International Music Competition,Munchen International Music Competition.She received Shiga Prefectural Cultural Encourage Award.Heiwado Foundation Art Encourage Award.She performed at Sututtgart Radio Symphony Orchestra,Basel Symphony Orchestra,Bremer Philharmonic Orchestra and so on.She is a part-time lecturer of Soai University,Doshisha Women University.She is a member of Shiga prefectural Culture deliberation Committee for next generation culticvation.

Degree in Gayageum, Korean traditional instrument, at Graduate School of Art in Yongin University in 2002.She was a performance unit of Sejong Korean Music Orchestra, National Folk Museum Troupe, and Yongin Traditional Music Orchestra. And she taught the gayageum to the students of Yongin University from 2009 to 2012.She had a concerto that joined her solo Gayageum san-jo with Seoul National Orchestra and performed her first recital at National Folk Museum.She played Gayageum Solo about 50 times at a lot of famous domestic and international theaters as well.She won the grand prize and the excellence prize in Gayageum at Korean music contest that was held by Korean Traditional Music Association and joined as a guest performer at Ethnic Music Festival of Philadelphia, San Francisco, New York, Los Angeles, Toronto, Canada, Czechoslovakia svitabi, and Kyrgyzstan.She won the prize of Cultural Arts from Minister of Culture, Information and Tourism, Kyrgyzstan in 2016.She is a program director of Dongsur Music group, Korean Contemporary Composition Performance group, and she has been a president of Gyeonggi Gayageum Ensemble for 10 years. In the meantime, she held Regular concerts 13times and released 28 Contemporary Gayageum Ensemble Premiere songs She released albums below vol.1 "Korean Song along with Gayageum" 2004 vol.2 "Special invitation" 2007vol.3 "A Walk Through Youth" 2015.

Mizuno Mayuri started to play violin at the age of six.She graduated from Chiba Prefectural Makuhari Comprehensive High School,Kyoto City University of Arts.She received a master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts.She had 5th place at Japan Classic Music Competition,and selected at Osaka International Competition.She performed at Graduation Concert,KCUA.She studied with Yamaoka Midori,Yamaoka Kosaku,TodaYayoi,Nakajima Chikako,Toyoshima Yasushi.

Dai Qian was born in Shenyan.She startef zheng at the age of four.She studied with sheng master Prof.Yan Yi.She performed in front of National Leader in Zhongnanhai,Beijing.In 1995,she enterd to National Shenyang Music Conservatory.recital as first stundet by Shenyang Conservatory.She came to Japan in 2002.She started Dai Qian zheng salon,and she has been performed in Japan.She received a doctoral degree [law] by the research of the legal protect for folk music.In 1992,she earned artist title from Shenyang.She was a winner at Liaoning Folk Instrument Festival 1994,All China Zheng Competition 1996 and Osaka international Music Competition.She organized Dai Qian Guzheng Orchestra in 2013 and Dai Qian Super Kids Guzheng Orchestra in 2014.

Nakagawa Kayoko graduated from Takasaki Art Junior College and NHK Japanese Traditional Music Institute.She received Aoyama Music Award in 1994.She was authorized as Art Trainee by the Agency of Cultural Affair in 1989.She performed Asia tour in 2007,Moscow in 2008,St Peterburg,Jinju and New York and so on.Her activeties are widely from tradititonal to collaboration with western instruments and dance.She studied koto with Sawai Tadao,Sawai Kazue,Iwabori Keiko,20gen with Yoshimura Nanae.She belongs Sawai Sokyokuin as instructor.

Oe Miyako was born in Kyoto.She started koto by her grand mother’s instruction at the age of three.She studied with Yoshizaki Katsuhiko.She studied NHK Japanese Traditional Music Institute and passed audition of NHK.She was winner of Hase Kengyo memorial All Japan Japanse Traditional Music Competition,received Hiwado Fodundation Art Encourage Award,Kyoto Art Festival Kyoto Mayer Award,Kyoto Art Festival Award. She performed in Italy,France,Korea,and Singapore.She is permanent council director of Musica A International Music Association.CD”Collaboration”with SUGAWARA Jun,flutist of NHK Symphony Orchestra.CD”Light playing harmonization”.

Akamatsu Miyuki graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music division,and Kyoto City University of Arts,Faculty of Music.She studied double bass with Hasegawa Satoru,Minamide Shinichi,Yoshida Shu,vocal music with Kitamura Toshinori.She has activities as freelance player in Kansai.Her performance is uploaded on youtube which is her special coloratura soprano singing with her double base performing on the nignt queen’s aria of Mozart.

Egawa Nao started violin at the age of six.She received master class of Japan String Quartet,Leipzig Quartet.She joined Internainonal Music Student Festival 2015,Seiji Ozawa Opera Project XIII,Seiji Ozawa Matsumoto Festival.She studied violin with Miyazaki Akkemi Higashi Noriyuki,Sawa Kazuki,Sogabe Chieko,Toyoshima Yasushi,studied viola with Yamamoto Yumiko,studied Chanmber Music with Nakajima Etsuko,Kamimura Noboru,NakamuraNoriko,and Uemori Shohei.She is scholarship student of Aoyama Foundation.She is winner 3th Soji Hall String Quartet Competition as a member of Aim String Quaret.She graduated from Kyoto City University of Arts and has studied on Graduate School,Kyoto City University of Arts.

Suhanara Satoru graduated from Tokyo University of Arts Senior High School and Tokyo University of Arts.He premiered Brahms’s Piano Concerto No.2 with Tokyo University of Arts Orchestra .His performance was selected at Japan Music Competition.During his studies at Graduate School,Tokyo University of Arts,he received a master degree from Höchschule für Musik,Munchen by DAAD scholarship and also a master degree from Graduate School,Tokyo University of Arts.His performance was selected at Porto City International Piano Competition and received Kreuzer Award.He studied at doctral courese of Graduate School,Tokyo University of Arts untill 1993.He performed chamber ensemble with Murai Yuji in Turkey and Israel.He was CD recording Klavierchord performance of the works of composer Fujieda Mamoru.He studied with Miyajima Satoshi,Nakayama Yasuko,Klaus Shilde,Kobayashi Hitoshi.Currently,he is professor of Kyoto City University of Arts,and a part-time lecturer of Tokyo University of Arts.

Suyama Miki graduated from Kyoto City University of Arts and received certificate from Soai University Special Music Course.She received outstanding performance award from KOBE International Music Competition Percussion C division.She studied percussion with Ito Sumiko,Yamamoto Tsuyoshi,Komori Kunihiko,Hotiuchi Yoshimasa,Takehara Mika,Nakamura Tsuyoshi,Nunotani Fumihito,Nakatani Mitsuru,and Miyamoto Yasuko.She studied at master class of Emmanuel Sejourne,Pascal Pons,and Pius Cheung.

Kitamura Toshinori graduated from Kyoto City University of Arts and received a master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts.He studied with E.Werba and K.Equiluz in Wien.He is winner of Japan Shubert Association International Lied Competition with audience award and special award from judge and also winner of Bolzano Aria Competition with Ada Welba Award.He received 1st Aoyama Music Award and Kyoto City New Artist Award.His debut was Opera Onatsu Sijyuro by Maeda Shuichi.He joined Opera presentation in Gernany,Italy and Austlia.His songs have high ruptation as Evangelist of Johann Passion,Mathew Passion. CD “The World of Mozart”.


[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-06-07 10:50 | Comments(0)

CLOSING CONCERT ensemble clumusica,vocal ensemble clumusica

ジョシュア・チャン[陳錦標]:灑(2017,世界初演) ヴァイオリン:水野万裕里 箏:福原左和子 十七絃:中川佳代子

Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere) violin: MIZUNO Mayuri koto:FUKUHARA Sawako 17gen:NAKAGAWA Kayoko
開始の四つの音は、バイオリン部分全体の要素のほとんどを生成する核細胞である。 この動機は何度も提示され、絶え間ない修正と開発が行われている。各提示の間の間隙または休止は、時々刻々と変わる。
各間隙間に予期しない持続時間を持たせることは、少量のものを宇宙と時間に散らすときに起こることと非常に似ている。それは、シャワーの水滴のような、料理で塩を撒き散らすようなものである。
箏達は、ほとんどのアルペジオを早いスピードで演奏する。 2つの箏パートの間には模倣とカノン的書法も現れる。全体の部分は約7分、最後の部分はクライマックスである。

Joshua CHAN (1962-)(Hong Kong,China):Sprinkling (2017,World Premiere) violin: MIZUNO Mayuri koto:FUKUHARA Sawako koto NAKAGAWA Kayoko

   The opening 4 notes is the nuclear cell that generates most of the elements of the entire violin part. This motive is presented many times, with constant modification and development.
  The gap or rest between each statement varies from time to time. Having unexpected duration for each gap is very similar to what happens when we scatter small quantity of things in space and time. It is like the water drops in the shower, or dispersing salt in cooking.
  The kotos play mostly fast arpeggios moving along the neighboring strings or double stops of a major 7th. Imitation and canonic writing also appear between the 2 koto parts. The whole piece lasts for approximately 7 minutes, with the final part being the climax.(composer)

清水慶彦:陀羅尼(2012) ギター:橋爪皓佐
 琵琶や三味線など,日本の撥弦楽器による「語りもの」の語法や美観を,ギターを触媒として表層化できないものかと試みた楽曲です。
ギター奏者の山田岳さんの委嘱により,2012年に作曲したものですが,昨年には,本日の奏者である橋爪皓佐さんが,彼のツアー公演で取り上げてくださり,新たな角度から作品として錬磨してくださいました。
 楽曲が奏者によって育てられる様は,いかにも譜面書き冥利につきるものですが,僕としては,お聴きくださる皆様の安寧を加持する、いわば一種の修法たらんことを願っております。(作曲者)

SHIMIZU Yoshihiko (1977-)(Japan):dharani (2012) guitar:HASHIZUME Kosuke  
   It is a compositon that I attempted to be able to surfaceize using the guitar as a catalyst the grammar and sight of the word "narrative" by Japanese plucked string instruments such as biwa and shamisen.
  It was composed by the guitar player Yamada Gaku’s comission in 2012, and last year,Hashizume Kosuke, the player of today, he took up for his tour performance and refined it as a work from a new angle.
  Musical notations have raised by players, it is great truth and perfect happiness for composer. As for me, I am hoping that they will participate in the well-being of everyone who listens, so to speak as a kind of repair.(composer)

清水慶彦[作曲]:京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業、同学大学院修士課程修了。同大学院の派遣制度に よりブレーメン芸術大学にて研鑽をつんだ。京都市立芸術大学大学院博士後期課程修了、黛敏郎作品の研究論文に より博士号(音楽)取得。これまでに松永通温、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーンの各氏に師事。作品集CD『清水慶彦作品集 六相円融』(studio N.A.T)が雑誌『レ􏰓コード芸術』にて推薦盤に選定されるなど好評を得ている。京都市立芸術大学非常勤講師、同志社女子大学非常勤講師などを経て国立大学法人大分大学教育学部准教授。

パウル・ヒンデミット:ソナタ「外はいい天気」作品31-2(1924) ヴァイオリン:中村公俊

 弦楽器を弾きこなし鍵盤楽器を奏き管楽器も吹く音楽家であらゆる楽器に精通し、あらゆるジャンルに多数作曲し、指揮し、ベルリン音楽院、ハセテフ大学アンカラ州音楽院、イェール大学で教鞭を取った。表現主義、無調音楽に沿わず、音楽が存在する限り、長三和音から出発し、再び戻る、と調性音楽を信じ、ロマン派から脱却して新即物主義を推進した。ナチスの意に沿う保守的音楽を作らず、退廃音楽であると弾圧され、トルコを経てスイスへ亡命、米国で市民権を得、世界大戦終結後、スイスへ帰還した。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の初の日本への演奏旅行に指揮者として来日。オーケストラを構成するほぼ全ての楽器のためのソナタを作曲した。
この無伴奏ヴァイオリンソナタには《....外はいい天気...》という副題が付され、終曲の変奏曲の主題の「来よ愛する五月」は子どもの歌でモーツァルト晩年の歌、ピアノ協奏曲の旋律でもある。

I .軽く躍動する四分音符
II.静かに躍動する八分音符 
III.ゆるやかな四分音符(楽章全体をピチカートで演奏)
IV.モーツァルトの歌「来よ愛する五月」による五つの変奏曲 

Paul HINDEMITH (1895-1963)(Germany): Sonata ..Es ist so schönes Wetter draußen... Op.31-2 violin:NAKAMURA Kimitoshi    
He was a great musician who played string instruments very much, played keyboard instruments, blowing wind instruments, familiar with all musical instruments, a lot of composing and conducting,taught at Berlin Conservatory, Hachette University Ankara State Conservatory, and Yale University. As long as there is music,I believe in tonal music, departing from long triadic sounds, going back again, promoting new realism by escaping from Romanticism.
He did not compose conservative music in line with Nazi's intention, was suppressed as decadent music, exiled to Switzerland through Turkey, gained citizenship in the United States, returned to Switzerland after the end of World War II. He was the conductor of the Vienna Philharmonic Orchestra's first Japanese tour to Japan.
He composed a sonata for almost all the instruments that make up the orchestra.This unaccompanied violin sonata has the subtitle titled "... nice weather in outside... ...",and last movement is variation on the theme of " Come,lovely May" is a child song of Mozart’s last song in lifetime,it is also a melody of a piano concerto.
I. Lightly moving quarter note
II. Quietly moving eighth notes
III. Loose Quarter Notes (Playing the whole movement with Pizzicato)
IV. Five variations by Mozart's song "Come,lovely May"

増田真結:あかり(2017,世界初演) チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸
  中村典子先生に命名いただいたこの楽曲は、ある音律に基づく旋律とC線を巡る一面的な描写を主としています。とはいうものの、描写するほど「ほとんどなにもない」ということにしかなり得ず、目的も対象も主張もない、記憶にも残らない時間そのものに漂着しました。(作曲者)

MASUDA Mayu(1982-) (Japan):AKARI - Air on C strings - (2017,World Premiere) cello:ONISHI Yasunori double bass:AKAMATSU Miyuki
This music “AKARI” named by Noriko Nakamura is mainly a melody based on a certain temperament and a one-sided portrayal around C strings. That said, despite being depicted, it could only be said to be "almost nothing," with no object, no subject or assertion, and it drifted ashore to the time itself not remembered. (composer)

増田真結:京都市立芸術大学を経て、同大学院修士課程を大学院賞を得て修了。ブレーメン芸術大学へ派遣交換留学。京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程修了。音楽博士。東京国際室内楽コンクール第3位、現音新人賞、日本歌曲コンクール第2位(第15回、第18回)日本音楽コンクール作曲部門入選。これまでに作曲を港大尋、青島広志、佐藤眞、松本日之春、前田守一、中村典子、ヨンギ・パク=パーンの各氏に師事。clumusica共宰。JCMR KYOTOメンバー。京都市立芸術大学、神戸女学院大学、名古屋芸術大学非常勤講師。

ジョージ・クラム:四つの夜想曲 (1964) ヴァイオリン:江川菜緒 ピアノ:砂原悟
   四つの夜想曲は、1963年作曲の、私の、ソプラノ、鍵盤楽器と打楽器のための夜の音楽 I の静かな夜の雰囲気のさらなるエッセイで、したがって、夜の音楽 II と副題されている。四つの小品で構成された作品は、次のように前書きされている。

表題
夜 I 静かに落ち着いて穏やかに
夜 II 滑り込み できるだけ活発に
夜 III 観想
夜 IV 郷愁の感覚と共に
   音楽は最上の繊細さを誇っており、「時間を保留すること」の卓越した感覚はもっと強く第2の作品に活気に満ちて律動的に、短時間だけ中断される。作品の始めに提示された持続された歌詞のアイデアは、神経質なトレモロの効果、そして様式化された鳥の歌で、すべてが反復的な要素である。
四つの夜想曲を作曲する際、私は伝統的なヴァイオリンとピアノの組み合わせの楽器の様々な音色の資産を利用した。したがって音のある種の統合は、両方の楽器にハーモニクス、ピチカートの効果、ラップ音(ヴァイオリンの木の上で、ピアノの金属の梁の上で)を生成させることによって達成される。
ピアノの弦に打楽器奏者が使うワイヤーブラシをかけることで、作品を完成させる穏やかで木の葉がカサカサいう音が生まれる。(「ジョージ・クラム:作曲家の肖像」より、編集:D.ジレスピー、訳:中村典子)

George CRUMB(1929)(U.S.A.):Four Nocturne (1965) violin:EGAWA Nao piano: SUNAHARA Satoru
Four Nocturnes is a further essay in the quiet nocturnal mood of my Night Music I for soprano, keyboard, and percussion (composed in1963); hence the subtitle Night Music II. The four pieces constituting the work are prefaced with the following:
 indications:
 Notturno I: Serenamente
 Notturno II: Scorrevole; vivace possibile
 Notturno III: Contemplativo
 Notturno IV: Con un sentimento di nostalgia
The music is of the utmost delicacy and the prevailing sense of ‘suspension in time’ is only briefly interrupted by the animated and rhythmically more forceful second piece. The sustained lyric idea presented at the beginning of   the work, the nervous tremolo effects,and the stylized bird songs are all recurrent elements.
In composing the Four Nocturnes I had attempted a modification of the traditional treatment of the violin-piano combination be exploiting various timbral resources of the instruments. Thus a certain integration in sound is achieved by requiring both instruments to produce harmonics, pizzicato effects, rapping sounds (on the wood of the violin; on the metal beams of the piano).
The gentle rustling sounds which conclude the work are produced by the application of a percussionist's wire brush to the strings of the piano.— G.C.[From: George Crumb: Profile of a Composer, compiled and edited by Don Gillespie (1986).]

中村典子:しづのまなかひ (2017,世界初演) [天聲地韻 vox carlum,terra rithimus II ]
テノール[八橋]:北村敏則 古箏:戴茜 箏:福原左和子 楽箏:中川佳代子 倭琴・十七絃:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子・陶山美輝 指揮:中村典子
NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan):time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
Tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian koto:FUKUHARA Sawako gakugoto: NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto・17gen:OE Miyako Percussion:MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki conductor:NAKAMURA Noriko


信 唯一 之 神, 全 能 之 父, 天地 万 物 的 创 造 者。信 父 之 唯一 子 主 耶稣基督。
Xìn wéiyī zhī shén, quánnéng zhī fù, tiāndì wànwù de chuàngzào zhě. Xìn fǔ zhī wéiyī zi, zhǔ yēsū jīdū.
他 为 了 人类,为了 拯救 我们, 因  圣 神 降 孕,由  童贞 玛丽亚 诞生。
Tā wèile rénlèi, wèile zhěngjiù wǒmen, yīn shèng shén jiàng yùn, yóu tóngzhēn mǎlìyà dànshēng.
他 在 比 拉 多 执 政 时 蒙 难, 被 钉 在 十字架 上,蒙 受 苦 难, 死而 安 葬。
Tā zài bǐ lā duō zhízhèng shí méngnàn, bèi dīng zài shízìjià shàng, méngshòu kǔnàn, sǐ ér ānzàng.
他 下降 阴 府, 第 三 天 复活。他 升 天, 坐 在了 全 能 之 父 的 右边。 其 日后 从 天 降 来, 审 判 生 死 者。
Tā xiàjiàng yīn fǔ, dì sān tiān, Fùhuó.Tā shēngtiān, zuò zàile quánnéng zhī fù de yòubiān.Qí rìhòu cóng tiān jiàng lái, shěnpàn shēngsǐ zhě.
此 世 永 不 终 结。 信 神 圣。 信 圣, 公, 信徒 之 唯一 教 会, 诸 圣 的 相 通,罪过 的 赦 免。
Cǐ shìyǒng bù zhōngjié. Xìn shénshèng. Xìn shèng, gōng, xìntú zhī wéiyī jiàohuì, zhū shèng de xiāngtōng, zuìguo de shèmiǎn.
信 肉体 的 复活, 永 恒 的 生 命。 阿们!
Xìn ròutǐ de fùhuó, yǒnghéng de shēngmìng.Āmen! (中国語訳:逄军 パン・ジュィン)


わたしは信じます。唯一の神、全能の父、天と地、見えるもの、見えないもの すべてのものの造り主を。わたしは信じます。唯一の主イエス・キリストを。 主は神のひとり子、すべてに先だって父より生まれ、神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神。造られることなく生まれ、父と一体。すべては
主によって造られました。主は、わたしたち人類のため、わたしたちの救いのために 天からくだり、聖霊によって、おとめマリアより からだを受け、人となられました。ポンティオ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書にあるとおり三日目に復活し、天に昇り、
父の右の座に着いておられます。主は、生者と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。わたしは信じます。 主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす 唯一の洗礼を認め、死者の復活と 来世のいのちを待ち望みます。 アーメン。[ニケア・コンスタンチノープル信条:カトリック中央協議会 日本司教団公文書より http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/prayers/nicene.htm]
 
Credo in unum Deum. Patren omnipotentem,
factorem caeli et terrae,
visibilium omnium et invisibilium.
Et in unum Dominum Jesum Chirstum
,Filium Dei unigenitum
Et ex Patre natum ante omnia ssecula.
Deum de Deo lumen de lumine,
Deum verum de Deo vero,Genitum,non factum,consubstantialem Patri;per quem ominia facta sunt.
Qui propter nos homines,et propter nostram salutem descendit de coelis.Et incarnatus est de Spiritu Sancto ex Maria Virgine, et homo factus est.Crucifixus etiam pro nobis sub Pontio Pilato passus,et sepultus est,
et resurrexit tertia die,
secundum Scripturas,et ascendit in caelum,
sedet ad
dextream Partris.
Et iterum ventures est cum gloria iudicare 
vivos st mortuos,
cuius regni non erit finis;Et in Spiritum Sanctum,Dominum,et vivificantem, qui ex Patre Filio que pro cedit.
Qui cum Patre et Filio simul adoratur,et conglorificatur:qui locutus est per Prophetas.
Et unam,sanctam catholicam et apostolicam Ecclesiam. A Confiteor unum baptisma in remissionem peccatorum.Et exspecto resurrectionem mortuorum,et vitam venturi saeculi.
Amen.

NAKAMURA Noriko(1965-)(Japan):time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere) [ 天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ]
Tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng:DAI Qian koto:FUKUHARA Sawako gakugoto: NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto・17gen:OE Miyako Percussion:MIYAMOTO Yasuko SUYAMA Miki conductor:NAKAMURA Noriko

Credo [Nicene Creed]
    I believe in one God, the Father Almighty Maker of heaven and earth, of all things visible and invisible:And in one Lord, Jesus Christ,the only-begotten Son of God, born of the Father before all ages;God from God, Light from Light, true God from true God; begotten, not made, consubstantial with the Father,by Whom all things were made;Who for us men and for our salvation came down from Heaven.and was incarnate by the Holy Ghost out of the Virgin Mary, and was made man:He was also crucified for us under Pontius Pilate; He suffered and was buried:And on the third day rose again according to the Scripture:And ascended into Heaven, and sits on the right hand of the Father:And He shall come again, with glory, to judge the living and the dead:Of His Kingdom there shall be no end;And I believe in the Holy Spirit, the Lord, and Giver of Life,Who proceeds from the Father and the SonWho, with the Father and the Son, is together adored and glorified,Who has spoken through the Prophets.And I believe in One, Holy, Catholic, and Apostolic Church,I confess one Baptism for the remission of sins.And I await the Resurrection of the Dead:And the Life of the world to come. Amen.

中村典子[作曲] 京都市立芸術大学を経て同大学院作曲専攻首席修了。廣瀬量平、北爪道夫、藤島昌壽、前田守一、田島亘、H.J.カウフマン、G.アミ等の各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、オーストリア、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、 アメリカ、メキシコ、イスラエル、リトアニア、ロシア各地の音楽祭、歌劇場、放送局、大学で度々作品上演。95年国連憲章50周年記念United WeDance サンフランシスコ歌劇場連続公演。ハイデルベルク大学で《日本の女性作曲家達》、モーツァルテウム大学で《身体と図譜》《夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景》講演。京都市芸術新人賞。滋賀県文化奨励賞。京都芸術センター運営委員。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授。

Nakamura Noriko graduated from Kyoto City University of Arts and received master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts,summa cum laude.She studied with Prof.Hirose Ryohei,Kitazune Michio,Fujishima Masahisa,Maeda Shuichi,Tajima Wataru,H.J.Kauffmann,G.Amy and so on.She works have been ofen performed at festival,operahouse,broadcasting,university inJapan,Korea,China,Taiwan,Germany,France,Italy,Swiss,Austlia,Spain,Norway,Sweden,Mexico,Israel,Lithania,Russia.Her debut work was performed several time at San Fransisco Opera House in “United We dance 1995”.She lectured “Japanese Women Composers” in Heidelberg University and “Physical Universtanding and Graphical Score” “Asiatic landscape by configration through the fluidly rhythm and acoustic transition,as a piano song of the 21st century, re-synthesed texture through acoustic transition by fusioned visual phenomenon”Mozarteum University.Since 2008,she is a member of steering committee,Kyoto Art Center.Currently,she is an associate professor,Kyoto City University of Arts.

Performers

松葉彩[サキソフォン]相愛大学音楽学部管楽器専攻首席卒業。学長賞。卒業演奏会、関西新人演奏会出演。横浜国際音楽コンクール室内楽部門第2位。大阪国際音楽コンクール室内楽部門第3位。ハバネラサクソフォンアカデミー、北アメリカサクソフォン会議2014、世界サクソフォン会議2015参加。オーケストラとソリストとして共演。公益財団法人青山財団奨学生。これまでにサクソフォンを平野公崇、岩田瑞和子、前田昌宏、須川展也の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程在学中。

橋爪皓佐[ギター]国立ニース地方音楽院ギター科エクリチュール科を経てベルギー王立ブリュッセル音楽院ギター科作曲科学士ディプロマ取得。京都市立芸術大学大学院に作曲で入学、英国王立音楽大学への短期派遣留学を経て修士号取得。和声をJ-Lルジニオン氏に、対位法をT.シュレイド氏に、作曲をD.キャペレッティ、前田守一、岡田加津子、中村典子、ハリス・キットス、藤倉大の各氏に、ギターを西垣正信、伊藤亜子、L.ブロンカーの各氏に、室内楽をI.スメノフの各氏に師事。O.シャッサン氏のマスタークラスを受講。山口ギターコンクール首席、ヘルベルト・バウマン作曲コンクール、カールフォンオシエツキー国際作曲コンクール、東京かつしか作曲コンクール、聖パトリックカレッジ国際作曲家フォーラム入選、ティモ・コルフォネン国際作曲コンクールファイナリスト。

大西泰徳[チェロ]京都市立芸術大学音楽学部卒業。next mushroom promotionにゲストとして招かれ、第16回テグ国際現代音楽祭(韓国)、第42回セルバンティーノ国際芸術祭(メキシコ)に参加。現在ソロや室内楽、オーケストラの傍ら、clumusica<クラムジカ>、JCMR KYOTOらと共に現代音楽の演奏に携わる他、Quamonett<カモネット>として弦楽四重奏に取り組むなど活動は多岐にわたる。神戸女学院大学演奏要員。アマービレフィルハーモニー管弦楽団契約団員。

中川佳代子[箏]高崎芸術短期大学卒業。NHK邦楽技能者育成会卒業。1989年CD「沢井忠夫合奏団の世界」が文化庁芸術作品賞受賞。1994年青山音楽賞受賞。1998年文化庁芸術研修員認定。2002年賢順全国箏曲コンクール最高位「賢順賞」受賞。海外において 2007年アジアツアー(文化庁助成公演)2008年モスクワ、ザンクトペテルブルクで􏰑ロシア公演、韓国晋州国楽交響楽団定期演奏会に20絃ソリストとして招かれるなど公演多数。現代曲の初演、洋楽器やダンスとの共演など活動範囲は広い。箏、三絃を沢井忠夫氏、沢井一恵氏、岩堀敬子氏、20絃を吉村七重氏に師事。 沢井箏曲院所属、師範。 沢井忠夫合奏団団員。京都教育大学附属京都小中学校、箏講師。

麻植美弥子[十七絃箏]京都市出身。祖母大仲勝子の手ほどきを受け、3歳より箏を始める。吉崎克彦氏に師事。NHK邦楽オーディション合格。長谷検校記念全国邦楽コンクール箏部門第1位 優秀賞、平和堂財団芸術奨励賞(音楽部門)、京都芸術祭音楽部門京都市長賞受賞ほか、受賞歴 多数。各地でサイタル開催。中島貞夫監督監修DVD「茶の湯」、舞台「横笛」等に音楽で参加、好評を得る。国内外アーティストとのジャンルを越えたセッション等、多彩な演奏活動をイタリア、フランス、韓国、シンガポールなど国際的に展開。現代曲の初演も数多く手がける。シームレス音楽世界の扉を開き続け、日本刀のような切れ味の見事な表現の冴えは宇宙的なスケール感をもって聴くものに迫ると評される。ムジカA国際音楽協会常任理事。NHK交響楽団フルート奏者菅原潤氏とCDリリース。

福原左和子[箏]幼少より叔母水島光代に手ほどきを受け、故菊月秋栄、野田弥生、故沢井忠夫、沢井一恵、中井猛、故久木元尚子の各師に師事。同志社大学経済学部卒業後、NHK邦楽技能者育成会31期卒業。 1988年デビューリサイタル。1984年オーストラリア、89年モロッコ、アルジェリア、チュニジア、イラク、90年中国各地、台湾、香港、92年スペイン公演。1994年伏見の清酒「京の文化賞」奨励賞。96年インド、ヨルダン、シリア、レバノン、 97〜98年アメリカコンサートツアー。2000〜02年京都3年連続リサイタル。00〜07年香港二夜連続リサイタル。05年イタリア公演。京都府文化奨励賞受賞。06年文化庁芸術祭新人賞。07年ブルガリアでソフィアフィルと箏コンチェルト世界初演。09年ブルガリアで再演。平成10年度文化庁芸術インターンシップ研修員。

赤松美幸[コントラバス]兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科を卒業。これまでにコントラバスを長谷川悟、南出信一、吉田秀の各氏に、声楽を北村敏則氏に師事。関西を中心にフリー奏者として活動中。2012年よりMozartのオペラ「魔笛」夜の女王のアリアとコロラトゥーラソプラノとコントラバスで弾き歌いをする特技を持ち、YouTubeなどで好評を博す。

江川菜緒[ヴァイオリン]6歳よりヴァイオリンを始める。「Phoenix OSAQA2014」にてJapan String Quartetによる 弦楽四重奏公開マスタークラス、TAMA音楽フォーラム主催ライプツィヒ・カルテットの弦楽四重奏公開レッスンを受講。ロームミュージックファンデーション主催 京都・国際音楽学生フェスティバル2015、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIII、セイジ・オザワ松本フェスティバル「青少年のためのオペラ」、「子どものための音楽会」に参加。これまでに、宮﨑彰美、東儀幸、澤和樹、曽我部千恵子、豊嶋泰嗣の各氏に、ヴィオラを山本由美子氏に師事。また、室内楽を中島悦子、上村昇、中村典子、上森祥平の各氏に師事。15年度公益財団青山財団奨学生。エイム弦楽四重奏団メンバーとして第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、ハイドン賞。京都市立芸術大学を経て現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。

砂原悟[ピアノ]東京芸術大学付属高校を経て、同大学卒業。東京芸大オーケストラとブラームス第2コンチェルトを芸大初演。日本音楽コンクール入選。同大学院在学中DAAD奨学金を得て渡独。西独バイエルン放送出演、ミュンヘンでリサイタル、ミュンヘン音楽大学マイスタークラッセ修了東京芸術大学大学院修了。ポルト市国際ピアノコンクール入賞。クロイツァー賞。1993年迄同大学院博士後期課程在籍。ポンポーザ音楽祭、文化庁派遣でクラリネットの村井祐児氏とトルコ大使公邸やイスラエル・テルアビブで室内楽演奏。クラヴィコードで藤枝守の作品発表に関わり「クラヴィコードの植物文様」(藤枝守作曲)レコード芸術誌「準特選」。宮島敏、中山靖子、クラウス・シルデ、小林仁の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学教授、東京藝術大学非常勤講師。

Matsuba Sayaka graduated from Faculty of Music,Soai Univerisy as the top student and received President Prize.She performed at Graduation Concert and Kansai New Face Concert.She was 2nd place of Yokohama International Music Competition and 3rd place of Osaka International Music Competition. She joined Hananera Saxophone Akademie,North America Saxophone Conference 2014,World Saxophone Conference 2015.She performed as a soloist with orchestra.She is Aoyama Foundation scholarship student.She studied with Hirano Masataka,Iwata Miwako,Maeda Masahiro,Sugawa Nobuya.She has studied in Graduate School of Kyoto City University of Arts.

Hashizume Kohsuke studied guitar and graduated from Nice Conservatory and Belgie Royal Brussel Concervatory and gained diplome from the same.He also studied composition and received a master degree from Graduate school,Kyoto City University of Arts.He studied a semester as an exchange student at Royal Conservatory of Music,England.He studied composition with Daniel Capelletti, Kazuko Okada, Noriko Nakamura, Haris Kittos and Dai Fujikura and so on.He studied guitar with Nishigaki Masanobu,Ito Ako,and so on. 2008 Yamaguchi Guitar competition (1st place) as a guitarist 2009 Herbert-Baumann composition competition, Germany(Prize winner)2010 Carl-von-Ossietzky International composition competition, Germany (Repertoire Prize)2010 Osaka international mandolin competition, Japan (Finalist), 2013 Tokyo Katsushika Composition Competition (3rd and Public Prize). 2016 Timo Korhonen International Composition Competition, Finaland (Finalist).

Arima Keisuke is left –handed pianist.He occured dystonia during studying at Osaka Kyoiku University.He introduced by a lot of media such as Nihon TV Kansai TV Sankei Shimbun,Yomiuri Simbun,and the article about the activity “archive of left hand” for the spread of left-handed performing,one hand piano lesson,workshop.He performed Piano Concerto for left-hand with Nihon Century Orchestra,conductiong Genda Shigeo.He received 7th Matsukata Hall Music Award,Encouragement Award.He is director of one hand piano music and representive of Keyboard Philharmony Orchestra.

Nakamura Kimitoshi graduated form Kyoto City University of Arts,and received a master degree form Graduate school,Kyoto City University.He studied violin teaching method also doctoral course at Kobe Uiversity.He studied with Kozai Riko,Katayama Akiko,Kishibe,Momoo,Shikata Kyoto,Yamamoto Yumiko.He is teaching at Ritto Art Cultural Hall Sakira Junior Orchestra Akademie.He received 23th Aoyama Music Award Barock Saal Prize.He released CD of Violin Duo in May,2014.

Song Hwayoung graduated from Osaka Prefectural Yuhigaoka High School,Department of Music and Kyoto City Univerisity of Arts,Faculty of Music,summa cum laude.She received Music Faculty Award,Kyoto Music Association Prize.She received a master degree from Kyoto City University of Arts,and received a concertist diplome from Ecole Normale superior course.She awarded at Corbelin International Piano Competition and so on.She broardcasted piano duo with her sister on NHK-FM Recital Nova at NHK Osaka Hall,public recording.She has been performed piano solo,ensemble and also official accompanist and translator at domestic and oversea Academies.She have the activities as Japan-China-Korea Trio at varius place in all Japan.She is teaching piano at Osaka Seikei Junior College.

Miyamoto Yasuko graduated from Doshisha Women College and Special course”Shokeikai” and received a magister degree and soloist examen,Hoch schue für Künste,Freiburg,summa cum laude.She studied with Taki Atsumi,Kitagawa Kiyoshi,Ueno Takashi,Nakatani Mitsuru,Yamafuchi Yasunori,Zoshiwara Sumire,Bernhard Wuff,Robert Van Sice,Mizazaki Zasujiro.She is a winner Leipzig Contemprary Music Competition.She is selected at Luxenburf International Music Competition,Munchen International Music Competition.She received Shiga Prefectural Cultural Encourage Award.Heiwado Foundation Art Encourage Award.She performed at Sututtgart Radio Symphony Orchestra,Basel Symphony Orchestra,Bremer Philharmonic Orchestra and so on.She is a part-time lecturer of Soai University,Doshisha Women University.She is a member of Shiga prefectural Culture deliberation Committee for next generation culticvation.

Degree in Gayageum, Korean traditional instrument, at Graduate School of Art in Yongin University in 2002.She was a performance unit of Sejong Korean Music Orchestra, National Folk Museum Troupe, and Yongin Traditional Music Orchestra. And she taught the gayageum to the students of Yongin University from 2009 to 2012.She had a concerto that joined her solo Gayageum san-jo with Seoul National Orchestra and performed her first recital at National Folk Museum.She played Gayageum Solo about 50 times at a lot of famous domestic and international theaters as well.She won the grand prize and the excellence prize in Gayageum at Korean music contest that was held by Korean Traditional Music Association and joined as a guest performer at Ethnic Music Festival of Philadelphia, San Francisco, New York, Los Angeles, Toronto, Canada, Czechoslovakia svitabi, and Kyrgyzstan.She won the prize of Cultural Arts from Minister of Culture, Information and Tourism, Kyrgyzstan in 2016.She is a program director of Dongsur Music group, Korean Contemporary Composition Performance group, and she has been a president of Gyeonggi Gayageum Ensemble for 10 years. In the meantime, she held Regular concerts 13times and released 28 Contemporary Gayageum Ensemble Premiere songs She released albums below vol.1 "Korean Song along with Gayageum" 2004 vol.2 "Special invitation" 2007vol.3 "A Walk Through Youth" 2015.

Mizuno Mayuri started to play violin at the age of six.She graduated from Chiba Prefectural Makuhari Comprehensive High School,Kyoto City University of Arts.She received a master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts.She had 5th place at Japan Classic Music Competition,and selected at Osaka International Competition.She performed at Graduation Concert,KCUA.She studied with Yamaoka Midori,Yamaoka Kosaku,TodaYayoi,Nakajima Chikako,Toyoshima Yasushi.

Dai Qian was born in Shenyan.She startef zheng at the age of four.She studied with sheng master Prof.Yan Yi.She performed in front of National Leader in Zhongnanhai,Beijing.In 1995,she enterd to National Shenyang Music Conservatory.recital as first stundet by Shenyang Conservatory.She came to Japan in 2002.She started Dai Qian zheng salon,and she has been performed in Japan.She received a doctoral degree [law] by the research of the legal protect for folk music.In 1992,she earned artist title from Shenyang.She was a winner at Liaoning Folk Instrument Festival 1994,All China Zheng Competition 1996 and Osaka international Music Competition.She organized Dai Qian Guzheng Orchestra in 2013 and Dai Qian Super Kids Guzheng Orchestra in 2014.

Nakagawa Kayoko graduated from Takasaki Art Junior College and NHK Japanese Traditional Music Institute.She received Aoyama Music Award in 1994.She was authorized as Art Trainee by the Agency of Cultural Affair in 1989.She performed Asia tour in 2007,Moscow in 2008,St Peterburg,Jinju and New York and so on.Her activeties are widely from tradititonal to collaboration with western instruments and dance.She studied koto with Sawai Tadao,Sawai Kazue,Iwabori Keiko,20gen with Yoshimura Nanae.She belongs Sawai Sokyokuin as instructor.

Oe Miyako was born in Kyoto.She started koto by her grand mother’s instruction at the age of three.She studied with Yoshizaki Katsuhiko.She studied NHK Japanese Traditional Music Institute and passed audition of NHK.She was winner of Hase Kengyo memorial All Japan Japanse Traditional Music Competition,received Hiwado Fodundation Art Encourage Award,Kyoto Art Festival Kyoto Mayer Award,Kyoto Art Festival Award. She performed in Italy,France,Korea,and Singapore.She is permanent council director of Musica A International Music Association.CD”Collaboration”with SUGAWARA Jun,flutist of NHK Symphony Orchestra.CD”Light playing harmonization”.

Akamatsu Miyuki graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music division,and Kyoto City University of Arts,Faculty of Music.She studied double bass with Hasegawa Satoru,Minamide Shinichi,Yoshida Shu,vocal music with Kitamura Toshinori.She has activities as freelance player in Kansai.Her performance is uploaded on youtube which is her special coloratura soprano singing with her double base performing on the nignt queen’s aria of Mozart.

Egawa Nao started violin at the age of six.She received master class of Japan String Quartet,Leipzig Quartet.She joined Internainonal Music Student Festival 2015,Seiji Ozawa Opera Project XIII,Seiji Ozawa Matsumoto Festival.She studied violin with Miyazaki Akkemi Higashi Noriyuki,Sawa Kazuki,Sogabe Chieko,Toyoshima Yasushi,studied viola with Yamamoto Yumiko,studied Chanmber Music with Nakajima Etsuko,Kamimura Noboru,NakamuraNoriko,and Uemori Shohei.She is scholarship student of Aoyama Foundation.She is winner 3th Soji Hall String Quartet Competition as a member of Aim String Quaret.She graduated from Kyoto City University of Arts and has studied on Graduate School,Kyoto City University of Arts.

Suhanara Satoru graduated from Tokyo University of Arts Senior High School and Tokyo University of Arts.He premiered Brahms’s Piano Concerto No.2 with Tokyo University of Arts Orchestra .His performance was selected at Japan Music Competition.During his studies at Graduate School,Tokyo University of Arts,he received a master degree from Höchschule für Musik,Munchen by DAAD scholarship and also a master degree from Graduate School,Tokyo University of Arts.His performance was selected at Porto City International Piano Competition and received Kreuzer Award.He studied at doctral courese of Graduate School,Tokyo University of Arts untill 1993.He performed chamber ensemble with Murai Yuji in Turkey and Israel.He was CD recording Klavierchord performance of the works of composer Fujieda Mamoru.He studied with Miyajima Satoshi,Nakayama Yasuko,Klaus Shilde,Kobayashi Hitoshi.Currently,he is professor of Kyoto City University of Arts,and a part-time lecturer of Tokyo University of Arts.

Suyama Miki graduated from Kyoto City University of Arts and received certificate from Soai University Special Music Course.She received outstanding performance award from KOBE International Music Competition Percussion C division.She studied percussion with Ito Sumiko,Yamamoto Tsuyoshi,Komori Kunihiko,Hotiuchi Yoshimasa,Takehara Mika,Nakamura Tsuyoshi,Nunotani Fumihito,Nakatani Mitsuru,and Miyamoto Yasuko.She studied at master class of Emmanuel Sejourne,Pascal Pons,and Pius Cheung.

Kitamura Toshinori graduated from Kyoto City University of Arts and received a master degree from Graduate School,Kyoto City University of Arts.He studied with E.Werba and K.Equiluz in Wien.He is winner of Japan Shubert Association International Lied Competition with audience award and special award from judge and also winner of Bolzano Aria Competition with Ada Welba Award.He received 1st Aoyama Music Award and Kyoto City New Artist Award.His debut was Opera Onatsu Sijyuro by Maeda Shuichi.He joined Opera presentation in Gernany,Italy and Austlia.His songs have high ruptation as Evangelist of Johann Passion,Mathew Passion. CD “The World of Mozart”.

[PR]
International Contemporary Music Festival
"Present of Orchestral Asia 2017"
21 May,2017,14:00《Opening Concert》
University Hall,Kyoto City University of Arts
photo by ARAKI Maho

《OPENING CONCERT》
e0146075_07160478.jpg

e0146075_06550181.jpg

INATANI Yusuke:Voiceless VOICE (2016)
saxophone:MATSUBA Sayaka
稲谷祐亮:声なき声
saxophone:松葉彩
e0146075_16080260.jpg
e0146075_07472709.jpg
e0146075_07170978.jpg
e0146075_15464014.jpg

Chris HUNG:samsara (2014/2016,World Premiere)
guitar:HASHINZUME Kosuke left-handed piano:ARIMA Keisuke
クリス・フン[洪銘健]:輪廻
ギター:橋爪皓佐 左手ピアノ:有馬圭亮
e0146075_15491996.png
e0146075_08525092.jpg
    NAKASEKO Kazu:Movements (1973)
 violin:NAKAMURA Kimitoshi
中瀬古和:動
violin:中村公俊
e0146075_07513241.jpg
e0146075_06494268.jpg
e0146075_16074326.jpg
《the 100th Anniversary of YUN Isang's Birth》
Isang YUN:Interludium A (1982)
piano:SONG Hwayoung
尹伊桑:間奏曲A 
piano:宋和映
e0146075_16123802.jpg

e0146075_16130609.jpg

e0146075_16132053.jpg

   KIKUCHI Yukio:In Silence of Light (2015,Kyoto Premiere)
     vibraphone:MIYAMOTO Yasuko
   菊池幸夫:光の静寂の中で
 vibraphone:宮本妥子
e0146075_16193457.jpg
e0146075_16210020.jpg
e0146075_16194785.jpg
e0146075_16230230.png
LEE Boknam:Lamentation (2016,Japan Premiere)
gayagum:LEE Heajung cello:ONISHI Yasunori
李福男:悲
伽耶琴:李海貞 cello:大西泰徳
e0146075_16280294.jpg
e0146075_16282924.jpg
e0146075_16284287.jpg
e0146075_16273617.jpg
e0146075_16321164.jpg
e0146075_16291192.jpg
e0146075_16270139.jpg
FUJIIE Keiko:Ophilea adrift (2017,World Premiere)
violin:MIZUNO Mayori zheng:DAI Qian koto:NAKAGAWA Kayoko 17gen:OE Miyako
藤家溪子:オフィーリア漂ふ
violin:水野万裕里 古箏:戴茜 箏:中川佳代子 十七絃:麻植美弥子



[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-05-31 20:05 | Comments(0)
International Contemporary Music Festival
"Present of Orchestral Asia 2017"
21 May,2017,15:15 Talk Session
University Hall,Kyoto City University of Arts
photo by ARAKI Maho
e0146075_16563552.png
《TALK SESSION》
participate composers
PAK Shil [Korea-Japan]
Chris HUNG [Hong Kong-China]
LEE Boknam [Korea]
KIKUCHI Yukio [Japan]
Joshua CHAN [Hong Kong-China]
FUJIIE Keiko [Japan]
translator:DAI Qian [China-Japan]
SONG Hwayoung [Korea-Japan]
HASHIZUME Kosuke [Europe-Japan]
operator:IKEUCHI Kanon [Japan]
moderator:NAKAMURA Noriko [Japan]

e0146075_19180590.jpg
e0146075_18564945.png

e0146075_19101411.png
e0146075_17304612.png
e0146075_17323136.png
e0146075_09175223.png
PAK Shil:WADAIKO Samul
e0146075_09075362.jpg

e0146075_19132835.png
e0146075_17545486.jpg
Chris HUNG Mingjian:samsara (2014/2016,World Premiere)
e0146075_09052377.png
e0146075_19551861.png
e0146075_18015642.jpg
LEE Boknam:Lamentation (2016,Japan Premiere)
e0146075_19231558.jpg




e0146075_18214770.png
e0146075_18111968.jpg
KIKUCHI Yukio:In Silence of Light (2015,Kyoto Premiere)
e0146075_18141882.png
e0146075_18350258.jpg
e0146075_18365391.jpg
Joshua CHAN Kam Biu :Sprinkling (2017,World Premiere)
e0146075_18392966.png
e0146075_18374078.jpg
e0146075_18514475.jpg
FUJIIE Keiko:Ophelia adrift (2017,World Premiere)
e0146075_18485675.png
《DISCUSSION》
speaker:IKEGAMI Satoshi
e0146075_19384847.png
moderator:NAKAMURA Noriko



[PR]
International Contemporary Music Festival
"Present of Orchestral Asia 2017"
21 May,2017,17:45 《Closing Concert》
University Hall,Kyoto City University of Arts
photo by ARAKI Maho
e0146075_20424838.jpg

《CLOSING CONCERT》
e0146075_20123219.jpg
e0146075_20125709.jpg
e0146075_20134413.jpg
Joshua CHAN Kam Biu:Sprinkling (2017,World Premiere)
violin:MIZUNO Mayori koto:FUKUHARA Sawako 17gen:NAKAGAWA Kayoko
陳錦標:
            violin:水野万裕里 箏:福原左和子 十七絃:中川佳代子
e0146075_20145057.jpg
e0146075_20142310.jpg
SHIMIZU Yoshihiko:dharani(2012)
guitar:HASHIZUME Kosuke
清水慶彦:陀羅尼
guitar:橋爪皓佐
e0146075_20151199.jpg
e0146075_20152081.jpg
e0146075_20153658.jpg
Paul HINDEMITH:sonata (1924)
violin: NAKAMURA Kimitoshi
P.ヒンデミット:ソナタ
violin:中村公俊
e0146075_20202032.jpg
e0146075_20202669.jpg
e0146075_20203605.jpg
MASUDA Mayu:AKARI (2017,World Premiere)
cello:ONISHI Yasunori double bass:Akamatsu Miyuki
増田真結:あかり
cello:大西泰徳 double bass:赤松美幸
e0146075_20224452.jpg
e0146075_20233334.jpg
e0146075_20205333.jpg
e0146075_20243970.jpg
e0146075_20251115.jpg
George CRUMB:Four Nocturne (1964)
violin:EGAWA Nao prepared piano:SUNAHARA Satoru
G.クラム:四つの夜想曲
violin:江川菜緒 prepared piano:砂原悟
e0146075_20360100.png
e0146075_20402993.png
e0146075_20420914.jpg


e0146075_20425791.jpg
e0146075_20434866.jpg
e0146075_20443443.jpg
e0146075_20454178.jpg
e0146075_20464206.jpg
e0146075_20481169.jpg
e0146075_20521516.jpg
e0146075_20524645.jpg
e0146075_20535162.jpg
e0146075_20540039.jpg
e0146075_20534347.jpg
e0146075_20531209.jpg
NAKAMURA Noriko:time in your eyes, space in my ears (2017,World Premiere)
tenor[Yatsuhashi]:KITAMURA Toshinori zheng: DAI Qian
koto:FUKUHARA Sawako gakugoto:NAKAGAWA Kayoko
yamatogoto & 17 gen :OE Miyako
percussion:MIYAMOTO Yasuko & SUYAMA Miki
conductor:NAKAMURA Noriko
中村典子:しづのまなかひ
tenor[八橋]:北村敏則 古箏:戴茜
箏:福原左和子  楽箏:中川佳代子
倭琴&十七絃:麻植美弥子
打楽器:宮本妥子 & 陶山美輝
指揮:中村典子
 


[PR]
2017年5月10日(水)5講時に、交流協定校の韓国壇国大学校からの交換留学生である洪承志[ホンスンジ]さんが、専攻されている玄琴[コムンゴ]を作曲専攻生に研究室で実演を交えて、わかりやすく解説してくださいました。たくさんの素晴らしい映像も紹介され、音楽学部長の大嶋義実先生と日本伝統音楽研究センターの時田アリソン所長も来場されてとても有意義で創造的な時間でした。日本伝統音楽研究センターでも発表していただけるようです。研究室では2018年1月11日(木)の作曲理論研究・音楽演習i・作曲演習の研究発表での新たな創作の展開を企画中です。どうかご期待ください。
At 10th May,2017,Ms.Hong Seongji who is exchange student of Dankokk University and Kyoto City University of Arts, introduced Geomungo 거문고 玄琴[玄鶴琴] with operation performancein detail, for composition student,on Nakamura lab.At the attendance of Prof.Oshima Yoshimi,dean of faculty of music,KCUA and Prof.Tokita Alison,head of Research Centre for Japanese Traditional Music,KCUA,she introduded a lot of wonderdul video and it became highly significant and creative time.The project for combined research presentation for creation by composing theoretical research,musicology seminar i and composition seminar,it is now in progress for the research presentation at university hall o the date of 11th January,2018.Please expect it.
e0146075_21502321.jpg


[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-05-10 22:09 | Comments(0)
e0146075_22424558.jpg
YOON DONG JU 100 Anniversary Concert “A New Path"
      YONSEI University YOON DONG JU commemorative association
YONSEI University Cultural institute
Date & Time:8.p.m.Thursday18 May 2017
Place:KUMHO ART HALL YONSEI 75 Saemunan-ro, Sajik-dong,
Jongno-gu, Seoul, South Korea +82 (0)2-6303-1977
Organizer:YONSEI University Music Institute
Program:A.Vivaldi ”Winter” from the Four Seasons
NAKAMURA Noriko ”hea hwan cho mog choen hwa ju myeong” [Sho Concerto]
E.Grieg Two Elegiac Melodies Op.34
A.Vivaldi ”Spring” from Four Seasons
LIM Jiesun Viola Concerto “A New Path”:In Memory of YOON DONG JU
Sho:MANEBE Naoyuki Viola:Kim Sangchin
Conductor:LEE Taikju YONSEI Sinfonietta
Contact:YONSEI university YOON DONG JU commemorative association
+82 (0)2-2123-2253 jbahn1276@yonsei.ac.kr


[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-05-02 22:45 | Comments(0)

e0146075_02233758.jpg
e0146075_17552285.jpg
e0146075_18293371.jpg
1 April,2017 18:00 Kränholm scheune Auf dem Hafen Ufer 35 35a 28759 Bremen
CLAUDIA BIRKHOLZ,KLAVIER
Program
teil 1 Aufbruchstimmung
Alexzander Skryabin(1872-1915)- Preludes op.74(1914)
Arnold Schönberg(1874-1951)ßKlavierstücke op.19 (1913)
Henley Powell (1897ß1965) Aeolian Harp(1923)
Luigi Dallapiccola(1904ß1975) I Aus:Quaderno Musicale di Annalibra für Klavier(1955)
Luciano Berio(1925-2003) I Wasserklavier(1965)
George Crumb(1929-) USA Music of Shadows(1972)
György Liegti(1923-2006) RO Touches blouses(1985)
Yui Kakinuma(1961-)J Paeonia(1989)
Christoph Hurdler (1964-)A Variation seriöses variation(2009)
Teil 2-The joy of toy
John Cage(1912-1992) USA Suite for toy-piano(1948)
Julia Wolfe(1958-) USA East Broadway(1996)
Noriko Nakamura (1965-)J Riverside Lullaby
Eric Satie(1866-1925(F Grossiennes(Beard.)
Karlheinz Essl (1960) A Sequitur V (2008)
Chick Corea (1941-) Children Song Nr.1.3 und 4(1983)
Kazuyo Nozawa(1945-) Gedanken bei Schnee II (2014) Sganarele(2014)
e0146075_18271358.jpg

e0146075_18011011.jpg

[PR]

e0146075_12172265.jpg

e0146075_12103325.jpg
Walt Disney Theater 2700 DR.PHILIPES CENTER Orland,Central Florida

[PR]
e0146075_21101509.jpg
FUJIKURA Dai:Following(2013)
FUJIKURA Dai:Calling(2011)
SAKATA Naoki:Antena(2012)
NAKAMURA Noriko:vox verum (2013)
BANDOH Yuta:Transform and Deform(2014)
NAKAGAWA Hidetaka,Fagotto Recital at TOKYO CONCERTS Lab.
19:00 Start,Friday 21 April 2017

[PR]
# by n-nakamura226 | 2017-04-05 21:19 | Comments(0)