棘突起

腰痛半年近くもひどくなるばかりで
平地で転んだり階段の上り下がりがつらく

線維筋痛症から腱付着部炎の症状の一端にしては
外科的というのかがんがんきていてもう一日も無理で

西岡整形外科医院でレントゲンを沢山撮って
検査してもらいました。

胸椎と骨盤に棘突起(とげが生える)があり
靭帯骨化というそうです。

それでしびれや痛み、脱力が発生していました。

すでに膝に棘突起があり痛みます。

薬が12時間用の朝夜服用の鎮痛薬と座薬に変わりました。

ボルタレンという薬です。


これまでのモービック(24時間作用の鎮痛薬)は効きましたが
昨日から二回服用して今の症状に
ボルタレンは非常によく効くことがわかりました。

祖母の自宅介護2年以来、逆流性食道炎で1年
そして線維筋痛症2年から腱付着部炎1年。

長期間にわたり身体には相当にはげしい負担がかかっていました。

後縦靭帯骨化症。原因不明で難病ですが
インターネットで調べると名医もいる、克服記もある、、、よかった、
この病気は公費対象です。経済的に安心します。

本当につらかったのは、、、、保険が効かない線維筋痛症。
音楽家でよかった、、、、、なんとか生きています。

父もしびれや痛みで私の年齢のころ発症して手術しています。
祖父や伯父もしびれや痛みで頸椎を手術しているので
これはもう完全に遺伝と思います。

漢方での治療や手術せず整体で直す人もいました。

うまくいえませんが逆にはっきりして
これで克服できる、という気持ちに強くなれました。

ひとまずは脇に置いて身体を治すのが先、
これからの季節、プールで歩いたり泳いだりするようにします。
(なかなか行けないものですね。。。
4/9と4/11のたった二日間しか行けていません。。。)
===========================
棘突起以降2ヶ月後激腰痛ぎっくり腰発症で収束に数ヶ月かかりました。
2012年8月末にも激腰痛ぎっくり腰発症しMRI撮影で
椎間板ヘルニアが2カ所あることがわかりレーザ手術を
2012年9月初旬に名古屋で行い、現在再手術待ちです。また報告します。

楽舞台「鑑真」初演の翌日
clumusica ×湖笛の会 collaboration
公募作品選考会議で参加楽曲5作品と既着プログラム1作品の
音出し指揮でお手伝いして翌日
韓国東西楽会定期に恩師ご夫妻と箏奏者と母と私の5人部隊で
ソウルから龍仁市に入り講演と演奏会からソウルに戻り
手術のあいだに箏を持って移動とハードでしたが
沢山のかたがたに助けていただき帰国しました。

助けてくださった皆様、本当にありがとうございました。

9月下旬二度目の手術を受け、起き上がるのに
朝1時間かかっていたのが手術後に5分になっていたものの
その5分がすぐ立ち上がれるようになりました。

ありがとうございました。2回の手術後約半年です。

動けるようになって元の身体のように物を持ってしまい
もう一つのヘルニアがぐっと来ているので要注意
だましだましやっています。

実際のところ再々手術の時間がとれないです。
要注意要注意。

歩いてバス停まで行けるのは本当にありがたいです。

まだハイキングに行けるところまでは無理なようです。

そうやって歩いた後いろいろ運んでしまった後が大変で
あとひとつのヘルニアもちょっと危険な感じなので
躊躇せず車に乗って分散しています。

先日風呂が故障して4、5日風呂に入れなかったので
近所のお風呂屋さんに行ったら身体によく効きました。

その時間がなかったのですが風呂が壊れて行くことができました。
週に一度くらい行った方がよいようです。

[PR]
by n-nakamura226 | 2011-04-02 09:20 | 生活 life | Comments(0)