渡響 vox expectat reflected lullaby 子守唄 大枝i nternational alternative festival 2018 (2)

作品について program note

リャオ・ワンティン廖婉婷 LIAO Wanting(1988-) : 映梢through the light (世界初演 World Premiere)  
electronics: リャオ・ワンティン 廖婉婷 LIAO Wanting

光と影の交錯。[リャオ・ワンティン(廖婉婷)]
The crossing of lights and shadows.[LIAO Wanting]

廖婉婷[日本音楽研究]台湾出身。台北芸術大学作曲専攻卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科で日本音楽研究を専攻、祇園囃子を調査している。
LIAO Wanting was born in Taiwan.She was specialzed composition and graduated from Taipei National University of Arts.Presently,she is specialized Japanese Music Research in Research Centre for Japanese Traditional Music.


2016 遠藤隆明 ENDO Takaaki (1992-)12の練習曲第2No. 2 from 12 Etudes 
piano 遠藤隆明 ENDO Takaaki

この曲集は以下のことを目的として書かれている。  
1 ピアノ演奏におけるメカニック上、テクニック上、音楽上の可能性を発展させること 
2 ポリフォニー、ポリリズム的な作品に適合した、ピアノという楽器特有の表現を拡大させること 3 音色の色彩感におけるピアノの可能性を広げること  それらは旋法に基づいて作曲され、前半の6曲をBookⅠ、後半の6曲をBookⅡとし、LibreⅠは「指の柔軟性とメカニズム」、LibreⅡ(未完)は「響きと空間の探究」を意識して描かれている。全曲を通して演奏することを想定してそれぞれの曲が配置、構成されており、曲中に民謡が引用されている作品もある(no.2に「さくら」、琉球色の濃いno.3には「唐船どーい」、「仲順流り」など)。今回演奏させていただく練習曲LibreⅠno.2は都節音階を用いて作曲され、左右の広音域に渡るアルペジオが特徴なエチュードである。演奏するにあたりデリケートな表現も求められている。[遠藤隆明] 

遠藤隆明[作曲] 神奈川県出身。神奈川県立弥栄高等学校音楽科ピアノ専攻(旧芸術科音楽専攻) 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。在学中、試験においてアルト/ソプラノサクソフォン室内協奏曲《キジムナー》や木管五重奏曲《弥勒世》、ピアノと管弦楽のための作品などが演奏される。これまでに作曲を 遠藤雅夫、石島正博、武澤陽介、前田守一、中村典子、岡田加津子、葛西聖憲の各氏に、ピアノを石附秀美、 加藤伸佳、植田克己、矢澤一彦、花岡千春、樋上由紀子氏の各氏に師事。第26回京都フランス音楽 アカデミーをピアノで受講。現在京都市立 芸術大学音楽学部科目等履修生。

This works is written for the following purposes.   
1.To develop the mechanical,technical and musical possibilities of pianoforte playing              
2.To expand the peculiarly adapted nature of the instrument to polyphonic,polyrhythmic.               
3.To widen the range of its its possibilities in tone colouring.                              
Each work is constructed expecting that the performer plays through all works. And some works quote folk songs(For example,no.2SAKURA,no.3TOHSENDOHI,TYUNTYUNNGRI etc…).They were composed on the basis of the mode.The first six works are named LibreⅠ and the latter six works are named LibreⅡ. LibreⅠ is written for finger flexibility and mechanism,and LibreⅡ is written for exploring the sound and space.On this occasion,I play etude no.2of LibreⅠ. It is based on MIYAKO scale.The feature of this work is the wide range of arpeggio ranging from the left hand to the right hand.The performer is required delicate expression.[ENDO Takaaki]

ENDO Takaaki was born in Kanagawa prefectural. He graduate from Kanagawa Prefectural Yaei High School, Department of Music ,and Kyoto City University of Arts Faculty of Music. During university, his Concertino pour alto /soprano saxophoneKijimner,Wind QuintettteMirukuyu,Piano concerto are played in the exam.He studied composition with Endo Masao, Ishijima Masahiro, Takezawa Yosuke, Maeda Shuichi, Nakamura Noriko, Okada Kazuko, Kasai Masanori, and studied piano with Ishizuki Hidemi, Kato Nobuyoshi, Ueda Katsumi Yazawa Kazuhiko, Hanaoka Chiharu, Higami Yukiko. He received master class of 26e Academie de Musique Francaise de Kyoto. He is Special Register Students,Kyoto City University of Arts, Faculty of Music.

1990 ジャン・ミシェル・ドゥファイJean Michel DEFAYE (1932-)バッハのようにA la maniere de Bach  
trombone : 中村文香 NAKAMURA Fumika piano : 矢野百華 YANO Momoka

J.M.デュファイは1932918日パリ郊外のサン=マンデにて生まれる。10歳でパリ・コンセルバトワールに入学し、ナディア・ブーランジェの元で、音楽理論からピアノまで、作曲のための音楽教育を受ける。1952年ローマ賞第2等を受賞、翌年にはエリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門で第2位受賞。彼の作品は主に器楽曲、特に金管楽器のための作品が多い。

彼は《À la manière de ~》(「~風に」の意)と題した、トロンボーンとピアノの為の作品を6つ作曲している。それぞれヴィヴァルディ、バッハ、シューマン、ブラームス、ドビュッシー、ストラヴィンスキー「のような」作品である。今回演奏する《バッハ風に》も、バッハが作曲したブランデンブルク協奏曲やインベンション、シンフォニアなどを思わせる、まさにバッハのような作品となっている。[中村文香]

中村文香[トロンボーン]愛媛県立松山南高等学校卒業。京都市立芸術大学音楽学部管打楽専攻を経て、現在同大学大学院器楽専攻修士課程1回生。第1回松山トロンボーンフェスタコンペティション優秀賞。これまでに小西智、岡本哲、呉信一の各氏に師事。

Jean-Michel Defaye was born in Saint-Mandé, just outside Paris, on 18 September 1932. Ten years later he entered the Paris Conservatoire and completed his entire musical training there, from theory and piano right through to composition, taking in also Nadia Boulanger's accompanying class. In 1952 he won the Premier Second Grand Prix de Rome, and a year later the second prize in composition for the Belgian Queen Elisabeth competition.His work is mainly oriented towards instrumental music, particularly for brass.

He composed six pieces for trombone and piano these named À la manière de ~》.These composed in the maner of Vivaldi,Bach,Schumann,Brahms,Debussy,Stravinsky.Today's performance piece À la manière de Bach reminds us of Bach's pieces Brandenburg Concerto(Concerts avec plusieurs instrument),Invention,Sinfonia.It is the piece like Bach.[NAKAMURA Fumika]

NAKAMURA Fumika was graduated from Ehime prefectural Matsuyama Minami High School.She was specialized woodwind & brass instruments in Kyoto City University of Arts and graduated from it.Currently,
she is studying at Graduate School,KCUA.She won outstanding performance award at the first Matsuyama trombone festa competition.She studied with KONISHI Satoshi,OKAMOTO Tetsu,GO Shinichi.

矢野百華[ピアノ]兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学卒業。2006年兵庫県学生ピアノコンクールC部門 最優秀賞。2006年全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第3位。20072012PTNAピアノコンペティションE級、F級、G級全国決勝大会入選。2009年宝塚ベガ学生ピアノコンクール中学生部門第1位。2012年堺ピアノ協会定期演奏会にて、クラウディオクルス氏とブラームスヴァイオリンソナタ第3番を共演。2013年寝屋川市アルカスピアノコンクール一般部門第1位。2014年同コンクールデュオ1台4手部門グランプリ。2015年神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。2014年すばるイブニングコンサートにてリサイタルを行う。2016年ブラジルで開催された音楽祭に招待され、カルロスゴメス弦楽四重奏団と共演。これまでに、クラウディソアレス、服部久美子、野原みどり、竹内素子、荒木美佳、林由美子の各氏に師事。ピアノデュオを 河野美砂子氏に師事。ソルフェージュを横田秀孝氏に師事。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。

YANO Momoka was graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music course,and Kyoto City University of Arts.She won Hyogo Prefectural Student Piano Competition C Division First Prize and All Japan Student Music Competition Osaka championship elementary school division in 2006.She selected at PTNA Piano Competition E class,F class,G class and All Japan Finals in 2007-2012.She won Takarazuka Student Piano Competition Junior High School Division First Prize in 2009.She performed Brahms Piano Ponata No.3 with Claudio Curz at SAKAI Piano Association Subscription Concert in 2012.She won first prize of Neyagawa Arcas Piano Competition General Section in 2013 and Grand Prix at Piano Duo Section in 2014.She won Out Standing Pergormance Award in Kobe New Artist Music Award.She had recital in Subaru Evening Concert in 2014.She invited Music Festival in Brazil and performed with Carlo Gomes String Quartet.She studied with Claudio SOARES,HATTORI Kumiko,NOHARA Midori,TAKEUCHI Motoko,ARAKI Mika,HAYASHI Yumiko.She studied piano duo with KONO Misako.She studied solfege with YOKOTA Hidetaka.Currently,she is studying at master course,Graduate School,KCUA.

1972 ピエール・ガバイー Pierre GABAYE (1930-2000)奏鳴曲Sonatine  
flute朴優栄 PARK Wooyoung  bassoon : 高島翔大 TAKASHIMA Shota

フランスの作曲家であるピエールガバイ(1930-2000)は、クラシックやジャズの分野でピアニストとして、また作曲家としても活躍した人物です。本作品は全3楽章で構成されており、コミカルでユーモアの溢れる作品となっています。快活で疾走感のある1楽章、どこかもの悲しげな2楽章、明るくリズミカルな3楽章で構成されておりますが、本日はこの中から1楽章を演奏します。フルートとファゴットが会話をしているような音楽をお楽しみいただければ幸いです。[朴優栄]

Pierre Gabaye(1930-2000) is French composer and pianist who took an active part in the genre of Classic and also Jazz.This piece is consist of three movements and has comical and humor. 1st mov. begins lively and speedily, 2nd is almost melancholy, and 3rd has brilliance and funny rhythm.Today we’ll perform only 1st movement. If you listen this piece, you may feel like the conversation between flute and fagotto.[PARK Wooyoung]

朴優栄[フルート]京都市出身。立命館大学経済学部卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程1年在籍。立命館大学交響楽団にて阪哲朗氏、中橋健太郎左衛門氏の指揮の下、オーケストラでの演奏活動を行う。これまでにフルートを山田智香、金豊水、飯嶋豊、清水信貴の各氏に、現在、大嶋義実、富久田治彦の各氏に師事。

PARK Wooyoung was born in Kyoto.She graduated from Ritsumeikan University,Facutly of Economic.Currently,she is studying flute at master course Graduate School,Kyoto City University of Arts.She performed with BAN Tetsuro,NAKAHASHI Kentarouzaemon at Ritsumeikan University Symphony Orchestra.She studied flute with YAMADA Chika,Kim Pungsu,IIJIMA Yutaka,SHIMIZU Nobutaka.Currently,she is studying with OSHIMA Yoshimi and FUKUDA Haruhiko.

高島翔大[ファゴット]大阪府大阪市出身。15歳よりファゴットを始める。ファゴットを中野陽一朗、國府利支恵の各氏に師事。大阪桐蔭高等学校、京都市立芸術大学を経て、現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程1回生。

TAKASHIMA Shota was born Osaka City.He started bassoon performing since 15 years old.He graduated from Osaka Toin High School.He studied bassoon with NAKANO Yoichiro and KOKUFU Rishie.He is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.

1950マルセル・ビッチュMarcel BITSCH (1921-2011)スカルラッティの主題による4つの変奏 4 variations on the theme of Scarlatti
trumpet小渕真実 OBUCHI Mami piano : 矢野百華 YANO Momoka

パリ音楽院で和声法,対位法,作曲を学んだビッチュは「対位法」や「調性和声概要」など多くの著書を残し,その時代の和声法の規範を示したとされている。この曲はバロック時代の代表的作曲家ドメニコスカルラッティのソナタとビッチュの和声法とが見事に重なり合っている。まず始めのテーマではスカルラッティの鍵盤ソナタの主題が演奏されるが,その中でピアノ伴奏は随所で2度でぶつかる和音で伴奏をしており,バロックの軽快なメロディーの後ろでどことなく現代風の響きも感じられる。バリエーションはピアノとトランペットの旋律の掛け合いとなっており,この掛け合いはバリエーションでも変拍子を加えながら続いていく。バリエーションでは,これまでの明るいBdurの調性から温かなDdurの調性に変化し、その美しい旋律はやがてカデンツァを経て躍動感のあるバリエーションに繋がってゆく。[小渕真実]

Marcel BITSCH studied harmony,counter point and composition at Conservatoire de Paris,and wrote “Counter Point”,”and “Outline of Tonal Harmony”and so on for showing the norm of harmony studies in that period.
In this tune,it is doubling very well Baroque representive composer Domenico Scarlatti’s sonata and Bitsch’s harmony.At the starting theme,it is performed Scarlatti’s sonata’s theme with accompanying characteristic chords adding 2nd degree as Baroque rhythmical melody backed contemporal feeling sounds.On variation I,it is dialogue with piano and trumpet,and it has continued on variation II with irregular time.On variation III,tonal changes from bright B major to warm D flat major,and this beautiful melody connected variation IV lively through cadenza.[OBUCHI Mami]

小渕真実[トランペット]鹿児島県出身。大分県立芸術文化短期大学,同専攻科を卒業。卒業演奏会,第87回読売新人演奏会に出演。第54回北九州芸術祭クラシックコンサート部門優秀賞。これまでにトランペットを早坂宏明,村里修二,堂園和也,増森健一郎の各氏に師事。現在,京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在学中。

OBUCHI Mami was born in Kagoshima.OITA Prefectural Junior University of Art and Culture,and Advanced Course of the same.She performed at Graduation Concert and 87th Yomiuri New Artist Concert.She won Outstanding Award at KITAKYUSHU Art Festival Classic Concert Section.She studied with HAYASAKA Hiroaki,MURASATO Shuji,DOSONO Kazuya,MASUMORI Kenichiro.Currently,she is studying at mater course of Graduate School,Kyoto City Unveirstiy of Arts.

矢野百華[ピアノ]兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学卒業。2006年兵庫県学生ピアノコンクールC部門最優秀賞。2006年全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第3位。20072012PTNAピアノコンペティションE級、F級、G級全国決勝大会入選。2009年宝塚ベガ学生ピアノコンクール中学生部門第1位。2012年堺ピアノ協会定期演奏会にて、クラウディオクルス氏とブラームスヴァイオリンソナタ第3番を共演。2013年寝屋川市アルカスピアノコンクール一般部門第1位。2014年同コンクールデュオ1台4手部門グランプリ。2015年神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。2014年すばるイブニングコンサートにてリサイタルを行う。2016年ブラジルで開催された音楽祭に招待され、カルロスゴメス弦楽四重奏団と共演。これまでに、クラウディオソアレス、服部久美子、野原みどり、竹内素子、荒木美佳、林由美子の各氏に師事。ピアノデュオを河野美砂子氏に師事。ソルフェージュを横田秀孝氏に師事。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。

YANO Momoka was graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music course,and Kyoto City University of Arts.She won Hyogo Prefectural Student Piano Competition C Division First Prize and All Japan Student Music Competition Osaka championship elementary school division in 2006.She selected at PTNA Piano Competition E class,F class,G class and All Japan Finals in 2007-2012.She won Takarazuka Student Piano Competition Junior High School Division First Prize in 2009.She performed Brahms Piano Ponata No.3 with Claudio Curz at SAKAI Piano Association Subscription Concert in 2012.She won first prize of Neyagawa Arcas Piano Competition General Section in 2013 and Grand Prix at Piano Duo Section in 2014.She won Out Standing Pergormance Award in Kobe New Artist Music Award.She had recital in Subaru Evening Concert in 2014.She invited Music Festival in Brazil and performed with Carlo Gomes String Quartet.She studied with Claudio SOARES,HATTORI Kumiko,NOHARA Midori,TAKEUCHI Motoko,ARAKI Mika,HAYASHI Yumiko.She studied piano duo with KONO Misako.She studied solfege with YOKOTA Hidetaka.Currently,she is studying at master course,Graduate School,KCUA.

1932 オリヴィエ・メシアンOlivier MESSIAEN(1908-1992)主題と変奏 Thème et variations
violin薮野巨倫 YABUNO Kirin piano宋和映 SONG Hwayoung

フランスの作曲家オリヴィエメシアン(19081992)によるヴァイオリンとピアノの為の作品であり、24歳の時に作曲。ピアノとオルガンを除く室内楽曲の中では初の作品である。本作品は同年彼にとって最初の妻となった ヴァイオリン奏者クレールデルボスの為に作曲された。

4/4の四分音符系の極シンプルな主題(7+7+14小節)と5つの変奏から成り、構成もシンプルながら旋法やリズム等、リズムを重視した彼の後年の作風の片鱗が垣間見える。
1変奏:4/4Modéré(子守唄)第2変奏:12/8Modéré un peu vif3変奏:変拍子、Modéré, avec éclat 4変奏:4/4Vif et passionné 5変奏:4/4Trés lent(主題のリプライズ)
なおLeduc社から出版されている本作の冒頭には「ミ(クレールの愛称)のために」と献呈が記されているが、その 表記法が面白い。ご興味のある方はご覧頂きたい。[薮野巨倫]

Thème et variations ia a piece for violin and piano by Olivier Messiaen(1908-1992),it was composed at 24 years old as first chamber work except piano works and organ works.This piece was composed for his first wife violinist Clair Delbos.it consists of quite simple 4/4 theme and 5 variations,and structure is also simple and we can catsch a glimpse his style in after years.
1st variation 4/4 Moderato (lullaby) 2nd variation 12/8 Moderato a little lively 3rd variation irregular time Moderato with brilliance 4th variation 4/4 Very Slow (theme reprise)
This piece was presented for Claire Delbos with intersting notation of her nickname,printed on the score by published by Luduc,please see it.[YABUNO Kirin]

藪野巨倫[ヴァイオリン]京都市立京都堀川音楽高校を経て京都市立芸術大学卒業。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程在学中。第2225回京都フランス音楽アカデミーマスタークラス受講。第3435回草津夏期国際音楽アカデミーマスタークラス受講。第14回日本演奏家コンクール、第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会、第14回大阪国際音楽コンクール、いずれも入選。平成27年度夏期海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディション準合格。新進演奏家育成プロジェクト  オーケストラ・シリーズで現田茂夫指揮日本センチュリー交響楽団とシベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏。大学派遣によりフライブルク音楽大学に一年間留学。

YABUNO Kirin graduated from Kyoto City Horikawa Music High School and Kyoto City University of Arts.Currently,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.She studied at 22-25th Kyoto France Academy Master Class and 34-35th Kusatsu Summer International Music Academy Master Class.She selected at 14th Japan Performers Competition,22nd All Japan Classic Music Competition,14th Osaka International Music Competition.She quasi-passed the audition as dispatch for Master Class of Summer Oversea Music Academy.She performed Sibelius Violin Concerto with GENDA Shigeo & Japan Century Symphony Orchestra.She studied at Hochschule Freiburg during 2016 autumn - 2017 summer.

宋和映大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業、京都市立芸術大学首席卒業。音楽学部賞、京都音楽協会賞。同大学大学院修了後渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院最高演奏課程ディプロム取得。コルベラン国際ピアノコンクール(フランス)優勝など受賞多数。姉・和純とのピアノデュオでNHK-FMリサイタル・ノヴァ出演(NHK大阪ホールにて番組初の公開収録)。ソロ・アンサンブル演奏、国内外アカデミーにて公式伴奏・通訳を行う。フルート、ヴァイオリンとのトリオ「日中韓」で全国各地にて演奏。現在、 大阪成蹊短期大学にてピアノを指導する。

SONG Hwayoung graduated from Osaka Prefectural Yuhigaoka High School,Department of Music and Kyoto City Univerisity of Arts,Faculty of Music,summa cum laude.She received Music Faculty Award,Kyoto Music Association Prize.She received a master degree from Kyoto City University of Arts,and received a concertist diplome from Ecole Normale superior course.She awarded at Corbelin International Piano Competition and so on.She broardcasted piano duo with her sister on NHK-FM Recital Nova at NHK Osaka Hall,public recording.She has been performed piano solo,ensemble and also official accompanist and translator at domestic and oversea Academies.She have the activities as Japan-China-Korea Trio at varius place in all Japan.She is teaching piano at Osaka Seikei Junior College.

1969 ルチャーノ・ベリオLuciano BERIO (1925-2003) : 続唱Sequenza VIIb
saxophone:白石尚美 SHIRAISHI Naomi

《セクエンツァ》は、イタリアの前衛作曲家ルチアーノ・ベリオが作曲した14作からなる器楽曲群(1曲のみ声楽曲)の総称。時期的な偏りはあるものの、作曲者が約半世紀にも渡って作り続けた、ライフワークともいえるソロ作品群である。そのすべての作品において、繰り返される一定の時間の流れの中で「ハーモニックフィールド」と呼ばれるベリオ独特の和声的な展開を見せるのが特徴である。最も視覚的に分かりやすいのがVII(オーボエ)及びVII-b(ソプラノサクソフォン)の楽譜で、これはおよそA1版に 近い巨大な1枚の楽譜に、それぞれコンマ単位の異なる秒数で小節線を割り振った縦線があり、横線である五線譜の各段にすべて共通してこの縦線の時間が割り振られている。この中をドローン音としてオシレーター、録音テープ、他の楽器などで常に鳴らされるB音を中心に、ソリストである楽器によって様々な技巧を混ぜながら音程的な 展開を漸次見せる。[白石尚美]

Sequenza is general term of 14 instrumental pieces (belongs vocal one piece) composed by Italian contemporary composer Luciano Berio.It is solo works as his life work during 50 years of his life.
At all pieces,it is characteristic called “harmonic field” during repeating in constant streaming time,which is peculiar harmonic development by Berio.
Sequenza VII for oboe and VII b for soprano saxophone is most easiest visual notation which is enoumous one sheet notation almost A1,and all lines crossing vertical lines with each various seconds interval.It is continuing B tone as drone by occilator,recorded tape,or another instruments and so on,and it is developing gradually solo instrumental lines with mixing veirous skills around central B tone. [SHIRAISHI Naomi]

白石尚美[サクソフォン]大阪府生まれ。大阪府立高津高等学校を経て、相愛大学音楽学部を首席で卒業。卒業時に学長賞受賞。東京読売新人演奏会、日本サクソフォン協会新人演奏会、関西新人演奏会などに出演。第50回「なにわ芸術祭」新進音楽家競演会ピアノ・管弦打楽器の部において新人賞(第1位)。第20回KOBE国際音楽コンクールにおいて優秀賞。第17回大阪国際音楽コンクール木管楽器部門Age-Gにおいて第1位、加えてグランドファイナル特別賞として兵庫県知事賞、音楽現代賞、アルソ賞を受賞し、タイ国立マヒドン大学でのガラコンサートに招待される。また、ニューヨーク・カーネギーホールでのガラコンサートにも出演。カルテットのメンバーとして、第13回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第3位。これまでに岩田瑞和子、前田昌宏、國末貞仁、須川展也の各氏に師事。ケネス・チェ氏、フィリップ・ガイス氏のマスタークラスを受講。第14回ハバネラサクソフォンアカデミー(フランス)に参加。現在、京都市立芸術大学大学院修士課程に在籍。相愛高校音楽科非常勤講師、ヤマハ音楽教室サクソフォン科講師。ミ・ベモル サクソフォンアンサンブル所属。

Naomi SHIRAISHI was Born in Osaka, Japan. She started to play the violin at the age of 7 and the saxophone at the age of 12. She graduated from Music Faculty of Soai University as the top and received the President award. Currently studeis in the master's course at Kyoto City University of Arts. Naomi won the 1st prize in The 50th Naniwa Art Festival(2013), the 2nd prize in The 20th KOBE International Music Competition(2015), the 1st prize and three Special prizes in The 17th OSAKA International Music Competition(2016). She also appeared in OSAKA IMC Gala concert at Mahidol University Hall in Thailand and Weill Recital Hall at the Carnegie Hall in New York.In 2013, Naomi participated in Habanera Saxophone Academy in France. In 2014, performed the Concerto by A.Glazunov with Soai Orchestra.She has studied with Suwako Iwata, Masahiro Maeda, Sadahito Kunisue and Nobuya Sugawa. Also, took masterclasses of Kenneth Tse and Philippe Geiss. She is a member of Mi-Bémol Saxophone Ensemble.

1996 北爪道夫KITAZUME Michio(1948-) : ペア・ワークPair Work
flute:鎌田邦裕 KAMATA Kunihiro piano:志賀俊亮 SHIGA Shunsuke

フルートとピアノのための《ペア・ワーク》は、全音楽譜出版社主催による第3回「四人組とその仲間たち」のコンサート(1996年12月6日、於:津田ホール)のために作曲され、同コンサートで中野真理(フルート)と中川俊郎(ピアノ)により初演された。演奏時間約8分。『”ペア・ワーク”は二人の仕事である。互いに近似した作業を進めてゆくが、似て非なるもの、つまり2種の楽器の表現上の特性の微妙な差異が、「音楽」のエネルギーを生むことになる。』 <初演のプログラムノートより>1996年12月、北爪道夫(全音楽譜出版社刊楽譜より)

“PAIR WORK”for Flute and Piano was pomposed in 1996,and first performed by Mari Nakano(fl) and Toshiro Nakagawa z(pft) at the 3ed Concert of “Groupe des Quatre et ses amis “organized by Zen-On Music Co.,Ltd.,on 6 December 1996,in Tokyo.(Duration:apploximately 8 minutes) “PAIR WORK” is meaning a collaborating work by two people.Two people are going ahead of an apploximate work each other,however,it is alike in appearance but different in nature namely,a delicate difference on its expressional character between the two instruments makes an energy of the ‘music.” from the Programme Note of the first performance:-Michio Kitazume December 1996(from Zen-On Publishing)

北爪道夫[作曲]1948年東京生まれ。1966年から74年まで東京芸術大学および同大学院で、作曲を池内友次郎、矢代秋雄、松村禎三に、ピアノを坪田昭三に、また、指揮を斎藤秀雄、高階正光に師事した。77年、演奏家と作曲家の協業によるグループ「アンサンブル・ヴァン・ドリアン」結成に参画、作曲・企画・指揮を担当、内外の現代作品紹介に努め、85年まで活動。 同グループは83年、第1回中島健蔵音楽賞を受賞した。79年より1年間、文化庁派遣芸術家としてフランスで研修。「日本・ハンガリーフェスティバル」(84年ブダペスト、86年東京)に日本代表として参加。87年オーケストラ・プロジェクト’87で打楽器とオーケストラのための《サイド・バイ・サイド》を発表。その後のオーケストラ作品には《昇華》(京都市委嘱1990)、《映照》(日本交響楽振興財団委嘱1993)、《彩られた地形第1番》(しらかわホール委嘱1995)、《空と樹の儀式》(横浜市文化財団委嘱1997)、《始まりの海から》(新星日本交響楽団委嘱1999)、《地の風景》(仙台フィルハーモニー管弦楽団委嘱2000)などがあり、内外で再演。94年《映照》で尾高賞を受賞、同作品は95年ユネスコ国際作曲家審議会(IRC)最優秀作品に選出され、IRC50周年記念CDに主な作品として収められた(CD : QDisc 7418242, International Rostrum of Composers 1955-1999)。01年《地の風景》で尾高賞を受賞。04年《管弦楽のための協奏曲》など長年にわたる作曲活動に対して第22回中島健蔵音楽賞を受賞。しばしば演奏されるオーケストラ作品群のほか、《悠遠―鳥によせて》など2曲の国立劇場委嘱作を含む邦楽器のための作品群、さまざまな楽器や声のための作曲は多岐にわたり、自然との対話から紡ぎ出された音響によるそれらの作品は、内外のコンサート、放送、CDで紹介されている。CD:「北爪道夫オーケストラ作品集」(FOCD2514)、「北爪道夫・作曲家の個展」(FOCD3505)他。東京音楽大学客員教授。愛知県立芸術大学名誉教授。日本現代音楽協会理事。

Michio KITAZUME was born in 1948.In 1966 he entered Tokyo National University of Fine Arts and Music and studied composition with Tomojiro Ikenouchi, Akio Yashiro, Teizo Matsumura, piano with Shozo Tsubota, conducting with Hideo Saito and Masamitsu Takahashi.His works include "Water Reincarnation" (commissioned by NHK Electronic Music Studio), "Shadows IV for clarinet solo", "Ren-Ga for clarinet solo", "Side by Side for percussion solo", "Color of the Layers II for piano" and many others for various instruments.His music have been performed at "Festival d'automne de Paris", "Kuhmo Festival"(Finland), "Music from Japan"(New York), and many other modern music festivals, concerts, and broadcasts.In '77, joined "Ensemble Vent d'Orient", the collaboration group of players and composers as a composer, conductor and producer and introduced domestic and foreign modern music after Schoenberg. This group won the 1st Nakajima Kenzo Contemporary Music Prize in '83.From 1979, he studied in Paris for one year under the overseas study program of the Agency for Cultural Affairs.Recent orchestral works are "Ei-Sho ('94,Otaka Prize, Grand-Prix of IRC-Unesco (CD : QDisc 7418242, International Rostrum of Composers 1955-1999) , "Color of the LayersⅠ"('95), "Ceremony of the Sky and Trees"('97), "From the Beginning of the Sea"('99), "Scenes of the Earth"('01,Otaka Prize), "Clarinet Concerto"('02), "Concerto for Orchestra" ('03).These orchestral works have been performed by NHK Symphony Orchestra and many other outstanding orchestras both in Japan and abroad.In 2004, won the 22nd Nakajima Kenzo Music Prize for his distinguished achievement in music composition.CD: Orchestral Works by Michio Kitazume (Fontec-FOCD2514, FOCD3505) and many others.He is a director of Japan Society for Contemporary Music, and guest professor of Tokyo College of Music, and emeritus professor of AichiPrefectural University of Fine Arts and Music.

鎌田邦裕[フルート] 山形県鶴岡市出身。山形県立鶴岡南高等学校を経て京都市立芸術大学音楽学部 管・打楽専攻卒業。第6回仙台フルートコンクール高校の部第2位。第65回全日本学生音楽コンクール高校生の部東京大会入選。大学在学中に地元鶴岡市にてソロリサイタルを開催。大学からの推薦により、第32回ヤマハ管楽器新人演奏会出演。第6回関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバルのオーディションに合格。関西のプロオーケストラへのエキストラ出演も多数重ねている。フルートデュオ「アンサンブリズム」メンバー。これまでにフルートを佐藤裕里、足達祥治、大平記子、大嶋義実、富久田治彦の各氏に、室内楽を安藤史子、大嶋義実、上田希、中村典子の各氏に師事。Clara Novakova、Václav Kunt、Soyoung Lee、各氏のマスタークラス受講。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻1回生。

KAMATA Kunihiro was born in Tsuruoka City,Yamagata Prefrecture.He graduated from Yamagawa Prefectural Tsuruoka Minami High School,Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Specialized Woodwind instruments and Percussion.He won 2nd place for 6th Seidai Flute Competition High School Section and was seleted for 65th All Japan Student Music Competition High School Section Tokyo Area.He had recital in Yamagata when university student time.He performed at Yamaha woodwind instruments New Artist Concert by university recommendation.He passed the audition for the University of Music in Kansai Orchestra Festival.He is after performing with professional orchestras as an extra member.He is a member of flute duo ensembrism.He has studied flute with SATO Yuri,ADACHI Shoji,OHIRA Noriko,OSHIMA Yoshimi,FUKUDA Haruhiko,chamber music with ANDO Fumiko,OSHIMA Yoshimi,UEDA Nozomi,NAKAMURA Noriko.He studied at master class of Clara Novakava, Václav Kunt and Soyoung Lee.Currently,he is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.

志賀俊亮[ピアノ]1992年生まれ。6歳よりピアノを始める。 2005年第21回ピアノオーディション全国大会A部門入賞、入賞者演奏会及びピアノ・フレッシュコンサートに出演。 2007年第8回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会中学生部門銅賞。 2009年第55回朝日推薦演奏会出演。 2013年第7回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。 2014年、2015年大学主催による第28回、第29回ピアノフェスティバルに出演。 2014年、2015年いしかわミュージックアカデミーに参加。 江口文子、ピオトル・パレチニ、チュンモ・カン、ソジュン・シン各氏のマスタークラスを受講。2014年兵庫県立美術館にてソロリサイタル「美術館の調べ」、神戸文化振興財団主催第36回「舞コンサート」に出演。 2015年第25回日本クラシック音楽コンクール大学生男子の部第4位。 2016年第45回京都市立芸術大学音楽学部卒業演奏会に出演。 第28回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門入選 。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程2回生。 砂原悟氏に師事。

SHIGA Shunsuke was born in 1992.He started piano 6 years old.He selected for 21stPiano Audition All Japan A Section in 2005,and awarded Bronze medal for 8th Choin International Piano Competition in Asia Juniar High School Section in 2007, and performed at 55th Asahi Recommendation Concert in 2009,awarded Outstanding performing Prize for 7th Kobe New Artist Music Award Competition,performed at 28th,29th Piano Festival by KCUA,anf joined and studied at Master Course of Eguchi Fumiko,Piotle Paletini,Chunmo Kahn,Sojun Shin,Ishikawa Music Academy in 2015.He had recital at Hyogo Prefectural Museum,and 36th MAI Concert by Kobe Culutural Promotion Foundation.She won 4th place for 28th Japan Classic Competition University Male Student Section in 2015.He performed at 45th Graduation Concert,KCUA in 2016.He selected for 28th Takarazuka Vega Music Competition Piano Section.He graduated from Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music Course and Kyoto City University of Arts.Currently, he is studying at Graduate School,Kyoto City University of Arts.



[PR]
by n-nakamura226 | 2018-01-16 18:02 | Comments(0)