渡響 vox expectat reflected lullaby 子守唄 大枝 international alternative festival 2018 (3)


2016 アンヌシュ・ハンヌヴォルトAnders HANNEVOLD (1992-) : 氷晶Glazing over [日本初演 Japan premiere]
soprano:原田菜奈 HARADA Nana piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato


氷晶Glazing overは、アンヌシュ・ハンヌヴォルトAnders Hannevoldのソプラノとピアノのために書かれた短い歌曲です。これは歌手とピアノのデュエットと考えられる。歌詞は、英語で書かれたSamantha Hattenサマンサ・ハッテンによります。伝統的なテキストであるので、音楽はロマン派様式で書かれていますが、現代の調和があります。文字通りそれは、不吉な愛の関係の思い出に要約することができ、常に憧れと嫌悪の間を揺らいでいます。

音楽は、ピアノとソプラノの両方にある小さなモチーフを使用しています。それは作品全体に異なる方法で再加工され、提示されます。しばしば非常によく似ているが、時には認識できないこともあります。私にとってこの音楽の興味深い部分のいくつかは、ソプラノとピアノの間の「熱」とスタイルのコントラストです。おそらくそれを見る1つの方法は、シンガーの外層とピアノが、潜在意識としてその部分を演奏することです。

この作品は、音楽的にもテキスト的にも、さまざまな形で水を参照しています。それはすべての形の水を通り、流れの動きから始まり、氷結し続け、ついに蒸気では、ハンヌヴォルトの 《蒸気機関》"The Steam-Machine"という別の作品からモチーフを引用を取ります。このようにして、2番のストーリー・イメージが生まれます。音楽の二元性を楽しみ、音楽的動機のさまざまな外観を探してみてください。[アンヌシュ・ハンヌヴォルト]

氷晶
サマンサ・ハッテン

つかのまの夢がまだ終われない
私をぐっとつかんで
責め続ける

いろいろできたのだと思うが
いま巨大な波が押しよせる

浮かぼうとする
待つ代わりに踏み出す

私は氷に包まれる
水晶のようにきらきらし

志が氷り
感覚がかわる

いつなれば気にとめなくなるのだろう

つらい思い出でふさぐ
すべてのときに呼ばれている

残る 霧の中をめぐるために
痛みと共に崖にとどまる (邦訳:中村典子)

Glazing over is a short lieder written for soprano and piano by Anders Hannevold. It is thought of as a duet between the singer and the piano. Lyrics are written in English, and are made especially for this piece by Samantha Hatten. Because this is a text that is traditional, the music is written in a romantic language, but with modern harmony. Textually it can be summarized into memories of an unhealthy love relationship, while constantly wavering between longing and detest. The music uses a small motif that comes in both piano and soprano. It is reworked and presented in different ways throughout the piece; often quite similar, but sometimes also quite unrecognizable. Some of the interesting parts of this music to me, is the contrast of "heat" and style between the soprano and the piano. One way to perhaps look at it is the singer external layer and the piano playing the part as the subconsciousness.The piece also references to water in different forms, both musically and textually. It goes through all shapes of water, starts off in a flowing motion, continues into freezing, and finally takes off with steam with quotes of motivs from a different piece by Hannevold "The Great Steam-Machine". This way images of a second story comes to life. Please enjoy the duality of the music, and exploring the different appearances of the musikal motif.[Anders Hannevold]

アンヌシュ・ハンヌヴォルト [作曲]ノルウェーのベルゲンの作曲家、ピアニスト。彼の音楽は、歌曲、先進的なアンサンブル・ミュージック、オープン・スコア、サウンド・インスタレーションに至るまで、 幅広いスタイルと表現力を持つ。アルゴリズムと主要な動機は、しばしば彼の作品の中心的な位置を 占めるが、ハートがないわけではない。グリークアカデミーのピアノ専攻を卒業して現在、京都市立芸術大学・ グリーク・アカデミー交換留学生として中村典子氏に作曲を師事。

Anders Hannevold is a composer and pianist from Bergen, Norway. His music has a large range of styles and expression, ranging from lieder, futuristic ensemble music, open scores to sound installations. Algorithm and leading motives often take a central place in his works, although not without «heart». He is now studying with prof. Nakamura Noriko at Kyoto City University of Art as an exchange student from the Grieg Academy.

原田菜奈[ソプラノ] 原田菜奈[ソプラノ]北海道幕別町出身。帯広柏葉高校普通科卒業。第23・24回毎日学生音楽コンクール高校生の部北海道本選入選。第66回滝廉太郎記念全日本高校声楽コンクール優秀賞。第26回京都フランス音楽アカデミーにおいてジャン=フィリップ・クルティス氏に師事し、優秀受講生に選ばれ受講生コンサートに出演する。2016年帯広交響楽団特別演奏会にてマーラー交響曲第4番のソリストを務める。これまでにGMG(京都芸大ミュージカルグループ)オリジナルミュージカル「機関士と少年」郵便屋、メノッティ作曲オペラ「アマールと夜の訪問者」アマール、モーツァルト作曲オペラ「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラを演じる。大学では成績優秀者による学内リサイタルに出演。現在、京都市立芸術大学院研究科音楽学部声楽専攻1年次に在籍。阿部亜古氏、日紫喜惠美氏に師事する。

HARADA Nana was born Makubetsu-cho,Hokkaido.She graduated from Obihiro Kashiwaba High School.She selected for 23& 24th Mainichi Student Music Competition High School Section at Hokkaido and won outstanding performance award of 66th TAKI Rentaro memorial All Japan High School Vocal Music Competition. She studied with Jean =Fillipe Curtis,and selected and performed as excellent student attending lectures at 26th Kyoto France Academy.She performed as soloist Mahler Symphony No.4 with Obihiro Symphony Orchestra Special Concert.She performed Amar,Opera Amar and Night Visitors by Menotti,Donna Elvira,Opera Don Giovanni by Mozart,Post man,Original Musical Engineer and Boy by GMG.She performed at Graduation Concert.Currently,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.She studied with ABE Ako and HISHIKI Emi.

西薗千智 [ピアノ] 京都市立芸術大学を経て、パリ・エコールノルマル音楽院室内楽科を審査員満場一致で修了。同音楽院高等資格取得。滋賀県ピアノコンクール第1位、万里の長城杯国際コンクール最上位、クロード・カーン国際ピアノコンクール (仏) シューマン賞、平和堂財団芸術奨励賞など数々の賞を受賞。大学卒業後、滋賀県芸術文化活動支援員として勤務。現在は、桐朋学園大学院大学で学ぶ傍ら、演奏活動並びに後進の指導にあたっている。

NiSHIZONO Chisato graduated from Kyoto City University of Arts and Ecole Normale Chamber Music,Jury unanimously.She received higher certification from the same.She won first prize for Shiga Prefectural Piano Competition,top award for Banri no Chojo International Competition,Schumann Award for Claude Kahn International Piano Competition and Heiwado Foundation Art Encouragement Award and so on.She worked as Shiga Prefecture Cultural Achivement Assistant.Currently,she is studying at Graduate School,Toho Gakuen University a and having performing activities and teaching activeties.

以下の作品は、都合により演奏を順延いたします。

2017 トルビョン・アルネセンTorbjørn Heide ARNESEN (1994-) : 来よ夏の風Kom Sommervind (日本初演 Japan Premiere)
soprano: 村辺恵奈 MURABE Ena piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato

来よ夏の風は、トルビョン・ハイデ・アルネセンのソプラノとピアノのための歌曲です。歌詞はアーヴィッド・ハンゼンによって書かれています。詩人・作曲者共ボド出身で、トロムソはノルウェーの北北部の都市です。このトロムソで見つけられるような寒い冬の風景をかたどった音楽と、非常に地域的な形のトロムソ方言が作品に影響しています。 作品は、ノルウェーのハーモニーとみなされるものと、「グリーグの和音」と呼ばれるものを広く使用しています。 音楽言語は近代ですが、ロマン派的な雰囲気に包まれています。この作品は夏の夢であり、一定の寒さは取り除かれるものの最終的に夏が短く、晴れた日はノルウェー北部では珍しいので、それは僅か3½小節に現われます。この後ただたださらに寒く、ひたすらに翌年の夏を待っているのです…..

Kom Sommarvijnn is a lieder for soprano and piano by
Torbjørn Heide Arnesen.Lyrics are written by Avid Hosen.Both are from Trønsø, a city to the fair north Norway/This affects the piece with a very local from of Trønsø-dialect and music in the shape of a cold winter landscape like the one found in Trønsø.The piece extensively uses what is considered Norweigian harmony, and also what is know as the "Grieg chord".
The language of the music is modern, but places in a romantic setting.
Then piece is a dream for summer to come and get rid of the constant cold, but when it finally appears it is only 3 1/2 bar.as summer is short and sunny days are rare in the dar North of Norway.After this there isonly more cold and waiting for next year summer.....

Det bæres i blanke daga ei bønn mot dein kaille sno.

La leve det frøe som snart skal gro
La leve det frøe som snart skal gro
Kom sommarvijnn .
Det sættes med valne heinner

en båt mot dein mørke kveill.
La vækse mi von iver hav ogfjell.
kom sommarvijnn .
Det lyees av nattstenkte døre
Og vijntern går og går
La høres ei visa der frosten rår


それは白い日に祈る
すぐに育つ種子に生かせて
すぐに育つ種子に生かせて
来よ夏の風
それはクジラがボートを癒すように
定められる 暗いコイルに
海と山に目をとおして
来よ夏の風
それは夜明けのドアによって
隠されている
そしてワインは行く
霜が聞こえるとき音を聴かせて(訳:中村典子)

トルビョン・ハイデ・アルネセン[作曲]ノルウェー・ボドの作曲家。彼の音楽はハーモニーに重点を置いている。彼の祖父がノルウェーのフィドルのハーディングフェレの製作家で、ノルウェーの民謡は彼の大きなインスピレーションである。しかし彼の音楽は、例えばゲームに影響を与えた音楽のように、さらにもっと多くを含んでいる。
Torbjørn Heide Arnesen is a composer from Trønsø, Norway. His music has a heavy focus on harmony. Norwegian folk music is a heavy inspiration, as his grandfather was a Hardingfele-maker (Norwegian fiddle). But his music includes a lot more, like for instance game influenced music.

村辺恵奈[ソプラノ] 栗東市出身。石山高等学校音楽科、京都市立芸術大学卒業。これまでに片岡京子、田附和子、小室彰子各氏に師事。
MURABE Ena was born Ritto City,Shiga.She graduated form ISHIYAMA High School Music Course and Kyoto City University of Arts.She studied with KATAOKA Kyoko,TAZUKE Kazuko and KOMUR Akiko.

西薗千智[ピアノ] 前項をご覧ください。

1865 ガブリエル・フォーレGabriel FAURE(1845-1924) : ラシーヌ讃歌Cantique de Jean Racine
soprano: 原田菜奈 HARADA Nana alto:藤居知佳子FUJII Chikako
tenor :浦方郷成 URAKATA Kyosei bass : 濱田雅亮 HARADA Masaaki
piano: 西薗千智 NISHIZONO Chisato


ラシーヌ讃歌は、フランスの作曲家ガブリエル・フォーレ(1845-1924)が20歳の時に書いた合唱作品である。
当時、ニデルメイエール宗教音楽学校作曲科で学んでいた彼は、卒業作品として書いたこの曲で一等賞を獲得した。歌詞は17世紀フランスの古典劇作家ジャン・ラシーヌの宗教的な詩に基づいており、音楽が詩に見事に融和
している。合唱は巧みな四声書法で書かれ、その清らかで美しいハーモニーが格調高い品格を漂わせている。まだ学生であったフォーレの、信仰心のなせる業であったろうか。(足立恵理)

Choral work “Cantique de Jean Racine” was composed by French composer Gabriel Faure at the age of 20 years old.At that time,he was studying at Niedermeyer Religious Music School,and his graduation work “Cantique de Jean Racine” won first prize. Text is based on religious poem by French Classic Dramatist Jean Racine,and music is harmonius wih poem completely.Thisc horal music was composed for four-part harmony ingeniously,these pure beautiful harmony have rich high quality.It was miracle from young student Faure’s religious devotion.(ADACHI Eri)

Cantique de Jean Racine                     

Verbe, égal au Très-Haut, notre unique espérance,
Jour éternel de la terre et des cieux ;
De la paisible nuit nous rompons le silence,
Divin Sauveur, jette sur nous les yeux !

Répands sur nous le feu de ta grâce puissante,
Que tout l'enfer fuie au son de ta voix;
Dissipe le sommeil d'une âme languissante,
Qui la conduit à l'oubli de tes lois !

O Christ, sois favorable à ce peuple fidèle
Pour te bénir maintenant rassemblé.
Reçois les chants qu'il offre à ta gloire immortelle,
Et de tes dons qu'il retourne comblé !


ラシーヌ讃歌

みことばよ、あなたはいと高き方と同一にして唯一の希望、
天と地における永遠の陽光です。
平和な夜の静寂をやぶりますので、
神の救い主よ、どうかわたしたちに目を向けてください!

恵みの火をわたしたちの上に注いでください。
すべての悪魔があなたの声の響きで、逃げ去りますように。
むなしい魂のねむけを覚まさせてください。
そうでないとあなたの教えを忘れてしまいます。

おお、キリストよ。信じる者たちにいつくしみを示してください。
あなたを賛美するために、今心を合わせています。
あなたの消え去ることのない栄光に捧げるこの歌を、受け入れてください。
あなたからの賜物に、多くおかえしをしたいのです!(国本静三訳)

Hymnus “Consors paterni luminis

Consors paterni luminis,
lux ipse lucis et dies,
noctem canendo rumpimus:
assiste postulantibus.

Aufer tenebras mentium,
fuga catervas daemonum,
expelle somnolentiam
ne pigritantes obruat.

Sic, Christe, nobis omnibus
indulgeas credentibus,
ut prosit exorantibus
quod praecinentes psallimus.

Sit, Christe, rex piissime,
tibi Patrique gloria
cum Spiritu Paraclito
in sempiterna saecula. Amen.

御父の光と同一

あなたは御父の光と同一な方です。
光の中の光、陽光そのものです。
わたしたちは歌うことで闇を引き裂きます。
あなたに願い求める者をお助けください

心の闇を取り去ってください、
悪魔の群れを追放するために。
ねむけを取り払ってください、
怠惰な者たちにふりかからないように。

それではキリストよ、わたしたちすべての
信じる者たちに、必ずいつくしみをお示しください。
祈りが役立つと願って、
わたしたちは詩編を歌います。

あわれみ深いキリストよ。
栄光は父とあなた(子)と
助け主の聖霊に。
いつも世々に。アーメン。(国本静三訳)

原田菜奈[ソプラノ]北海道幕別町出身。帯広柏葉高校普通科卒業。第23・24回毎日学生音楽コンクール高校生の部北海道本選入選。第66回滝廉太郎記念全日本高校声楽コンクール優秀賞。第26回京都フランス音楽アカデミーにおいてジャン=フィリップ・クルティス氏に師事し、優秀受講生に選ばれ受講生コンサートに出演する。2016年帯広交響楽団特別演奏会にてマーラー交響曲第4番のソリストを務める。これまでにGMG(京都芸大ミュージカルグループ)オリジナルミュージカル「機関士と少年」郵便屋、メノッティ作曲オペラ「アマールと夜の訪問者」アマール、モーツァルト作曲オペラ「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラを演じる。大学では成績優秀者による学内リサイタルに出演。現在、京都市立芸術大学院研究科音楽学部声楽専攻1年次に在籍。阿部亜古氏、日紫喜惠美氏に師事する。

HARADA Nana was born Makubetsu-cho,Hokkaido.She graduated from Obihiro Kashiwaba High School.She selected for 23& 24th Mainichi Student Music Competition High School Section at Hokkaido and won outstanding performance award of 66th TAKI Rentaro memorial All Japan High School Vocal Music Competition. She studied with Jean =Fillipe Curtis,and selected and performed as excellent student attending lectures at 26th Kyoto France Academy.She performed as soloist Mahler Symphony No.4 with Obihiro Symphony Orchestra Special Concert.She performed Amar,Opera Amar and Night Visitors by Menotti,Donna Elvira,Opera Don Giovanni by Mozart,Post man,Original Musical Engineer and Boy by GMG.She performed at Graduation Concert.Currently,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.She studied with ABE Ako and HISHIKI Emi.

藤居知佳子[メゾソプラノ]同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻声楽コース卒業。在学時に栄光会特別賞受賞。第20回草津合唱祭にて、清原浩斗氏による記念ミュージカル「ノートルダムの鐘」にカジモド役として出演。2015年度、2016年度同志社女子大学オーケストラコンサートにソリストとして出演。2016年関西の音楽大学オーケストラフェスティバルにて、マーラー「復活」アルトソリストとして出演。2017年2月学内オペラ「フィガロの結婚」3.4幕マルチェリーナ役、7月守山市民オペラ「魔笛」ダーメ役として出演。田村由美子、福原寿美枝各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科一回生在学中。

FUJII Chikako graduated from Doshisha Women College,Liberal Arts,Music Section Performing Arts Vocal Music Course.Her graduation,she received Eikoukai Special Award.At 20th Kusatsu Choral Festival,she performed Kanjimodo of Musical “Bell of Notre Dame”.She performed as soloist at Doshisha Womens College Orchchestra Concert in 2015,2016.She performed as alto soloist of Marher Symphony No.2 “Rivival”.She also performed Dame,Opera Magic Flute by Mozart,Marcelina,Opera Marrige of Figaro by Mozart.She studied with TAMURA Yumiko and FUKUHARA Sumire.Currelty,she is studying at master course of Graduate School,Kyoto City Uんiversity of Arts.

浦方郷成[テノール]京都市立芸術大学を経て京都市立芸術大学大学院修士課程音楽研究科声楽専攻在籍。
URAKATA Kyosei graduated from Kyoto City Univerisity of Arts.Curreltly,he is Studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Art.

廣田雅亮[バリトン]大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業。京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。第8回東京国際声楽コンクール歌曲部門第4位(1位なし)。 第3回さかい九頭竜音楽コンクールさかい市長賞受賞(全部門最高位)現在、京都 市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程に在学。小濱妙美氏に師事。

HIROTA Masaaki graduated from Osaka Prefectural Yuhigaoka High School Music Course and Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Specialized Vocal Music.
He won 4th place for Toko International Vocal Music Competition Lied Section and 3rd Sakai Kuzuryu Music Competition Sakai Mayer Award (most highest place in all section)Currently,he is studying at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.He studied with KOHAMA Taemi.

西薗千智[ピアノ] 前項をご覧ください。

[PR]
by n-nakamura226 | 2018-01-16 18:01 | Comments(0)