渡響 vox expectat reflected lullaby 子守唄 大枝 international alternative festival 2018 (4)

森田拓夢[作曲]1998年京都府に生まれる。京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻1回生。
MORITA Takumu was born in Kyoto,1998.He is studying composition at Kyoto City University of Arts,Faculty of Music.


2017 中村典子 NAKAMURA Noriko(1965-):渡響 vox expectat [世界初演 world premiere]
geomungo:ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志


それは、平和の響き。[中村典子]
It is sound for peace and quiet.[NAKAMURA Noriko]

中村典子[作曲] 滋賀県草津出身。ノートルダム女学院高等学校より京都市立芸術大学を経て,同大学院を作曲で首席修了。在学中、大学派遣によりブレーメン芸術大学にセメスター留学。廣瀬量平、藤島 昌壽、前田守一、田島亘、H.J.カウフマン、G.アミ等各氏に師事。日本、韓国、中国、台湾、米国、メキシコ、ドイツ、フランス、スイス、オーストリア、スペイン、イタリア、スウェーデン、ノルウェー、イスラエル、リトアニア、ロシア各地の音楽祭、歌劇場、音楽堂、放送局、音楽院で度々作品上演や講演。clumusic共同主宰。ensemble clumusica,vocal ensemble clumusicaで国際現代音楽祭《アジアの管絃の現在》国際フェスティバル《アジアの音舞の現在》《series邂逅encouter》《大枝international alternative fesitval》を継続開催。京都芸術センター運営委員(2008-17)。 現在、京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科准教授。

NAKAMURA Noriko was born in Kusatsu City,Shiga Prefecture.She graduated from Notre Dame JOGAKUIN High School,Kyoto City University of Arts,,Faculty of Music and Graduate School of Kyoto City University of Arts,specialized composition,summa cum laude.She also studied at Hochschule für Künste,Bremen,as university exchange student.She studied with HIROSE Ryohei,KITAZUME Michio,FUJISHIMA Masahisa,MAEDA Shuichi,TAJIMA Wataru,H.J.Kauffmann,and G.Amy and so on.Her works have been performed and introduced with lectures at festivals,halls,conservatories,universities,broadcasting stations and opera house constantly in Japan,Korea,China,Taiwan,U.S.A,Mexico,Germany,France,Swiss,Austria,Spain,Italy,Sweden,
Norway,Israel, Lithania and Russia.She is a collaborative supervisor of ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica.Ensemble clumusica & vocal ensemble clumusica on Nakamura lab,KCUA have been held Intenaitonal Contemprary Music Festival“Present of Orchestral Asia“ „International Festival Music & Dance,Present in Asia „“series encouter „“OE international alternative festival“continuously.She was a project comittee of Kyoto Art Center since 1999-2002 and driving comitte of Kyoto Art Center since 2008-2017.Currently,she is an associate professor of Kyoto City University of Arts & Graduate School,KCUA.



2017 ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志 (1996-) :黎明 dawn breaks [世界初演 world premiere]
geomungo:ホン・スンジHONG Seung Ji 洪承志

夜明けの天を纏って歌う。
Sing with rain of sky at dawn.


ホン・スンジ[洪承志] [コムンゴ・玄琴] 韓国壇国大学校音楽大学国楽専攻で学ぶ。現在、壇国大学校の交換留学生として京都市立芸術大学音楽学部音楽学専攻で学んでいる。
HONG Seung Ji is student of Dankokk University,College of Music.Currently,She is studying at Kyoto City University of Arts as exchange student with Dankokk University and KCUA.



1976 ラインハルト・フェーベルReinhard FEBEL(1952-):アタラクシエ[不動静穏] Ataraxie
flute:富久田治彦 FUKUDA Haruhiko flute:大嶋義実 OSHIMA Yoshimi

ギリシャ語のアタラクシアは泰然自若、平静、心の平和という意味です。この作品の絶え間なく変化しつつある細部の背後には、健全な星座が隠されているので、映画制作者は残っています。それは、この静かで大きな流れを決定し、聴取者を静的で堅固な形で形象に敏感にすることを目的としています。[ラインハルト・フェーベル、1976年西独・メック出版社]

The Greek word Ataraxia means self-possessed, calm, peace of mind. Behind the constantly changing details of this work, sound constellations are hidden, so movie makers remain. It is aimed at determining this quiet and large flow and sensitizing the listener to the figure in a static and solid form. [Reinhard Faber, 1976 West Germany Moeck Publishing]

ラインハルト・フェーベル[作曲]ドイツの作曲家、オペラにより著名。音楽理論家。ハノーファー 音楽演劇大学で教鞭を執り、ザルツブルク・モーツァルテウム大学教授。バーデン=ヴュルテンベルク州メッティンゲンに生まれ、シュトゥットガルト音楽大学のユルゲン・ウーデのもとでピアノを、ヘルムート・ラッヘンマンの奨めで1979年より作曲を、さらにフライブルグ音楽大学でクラウス・フーバーのもとで作曲を、1982年パリのIRCAMで電子音楽をおさめる。1983年、バイエルン歌劇場委嘱で室内オペラ「エウリディーチェ」作曲。作品について、自身は以下のように描写している。「エウリディーチェの音楽世界は、楽器、模倣、貼り合わせ、組成、騒音、唄−言語-語りの小片による混成である」。1983年より1988年までロンドンでフリーランスの作曲家として活動。途中1984年にはヴィラ・マッシモ・スカラシップでローマに滞在。1985年には、ヨーロッパ共同体青少年オーケストラのために作曲した交響曲をドナウエッシンゲン音楽週間で初演。1988年キール歌劇場で音楽劇「客を伴った夜」を初演。1989年よりハノーファー音楽大学の作曲と音楽理論で教鞭を執る。1992年ドルトムント歌劇場で「カスパー・ハウザーの秒と年」(ルーカス・ヘムレブ台本)初演。1996年管弦楽のための変奏曲、メゾ・ソプラノとバリトンと管弦楽のための「永遠」と、アルディッティ・カルテットによる第1弦楽四重奏曲をWERGOで録音。ジョセフ・スティーブンソンは管弦楽のための変奏曲をこのように描写している。高い独自性、印象的な、ポストモダン様式の神秘的な単一楽章の管弦楽作品であり、自由な半音階的テクニックで調性と非調性が混合する。また、ジャコモ・レオパルティのテキストによる「永遠」は、歌劇「エウリディーチェ」の楽器が参照される。弦楽四重奏曲はアメリカのミニマル音楽の要素が示され、それぞれの奏者に2段で計8段で表記される。2003年、「ヴォルケンシュタイン」(オズヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタインの歌詞と旋律による歌曲と合唱曲)がベルリンフィル初演。2009年、作曲者自身の台本による「フリーダ・カーロ、エドワード・ホッパーとディエゴ・ヴェラスケスの3つの画からのカンマーテアター −− 二人の歌手、二人の俳優と室内管弦楽のための −−」がキール歌劇場初演。三つの部分は、それぞれ「フリーダ」、「幽霊屋敷」、「17号室」と名付けられている。そのほか、チリ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチンなどの南アメリカ諸国、ニュージーランド、南アフリカのナタル大学とキャメロン、スコーピエ、エディンバラとリガでも講演や上演。近年作曲家・指揮者・教育家としてのみならず、小説家としても「有毒魚」、日本を描いた時代小説「古武士」、ドメニコ・スカルラッティを描いた歴史小説「禁じられた音」を上梓。

Reinhard Febel was born in Metzingen, Baden-Württemberg, and first studied music and piano with Jürgen Uhde at the Musikhochschule Stuttgart.On a recommendation from Helmut Lachenmann he studied composition from 1979, with Klaus Huber at the Hochschule für Musik Freiburg and at the IRCAM in Paris where he attended courses in electronic music in 1982. On a commission of the Bayerische Staatsoper he composed the chamber opera Euridice, premiered in 1983. He described his work "The musical world of Euridice is a hybrid of instrumentation, pastiche, collage, composition, sound-noise, and song-language-speech particles."He worked from 1983 to 1988 as a freelance composer in London, in 1984 in Rome on a scholarship of the Villa Massimo. In 1985 his Symphony, composed for the Youth Orchestra of the European Community, was premiered at the Donaueschinger Musiktage.In 1989 he took over the Chair of Composition and Music Theory at the Hochschule für Musik und Theater Hannover. In 1992 his opera in three acts Sekunden und Jahre des Caspar Hauser (Seconds and years of Caspar Hauser) on a libretto by Lukas Hemleb was premiered at the Opernhaus Dortmund. In 1996 WERGO recorded his Variations for Orchestra, Das Unendliche (The Infinite) for mezzo-soprano, baritone and orchestra, and his first string quartet, played by the Arditti Quartet.Joseph Stevenson described Variations for Orchestra as "a highly individual, strikingly mysterious one-movement orchestral piece in a post-modern style that mixes tonality and atonality in a freely chromatic technique." Das Unendliche on a poem by Giacomo Leopardi begins with an instrumental reference to the opera Euridice. The string quartet shows elements of American Minimal music and is written in a notation of eight lines, two for each player. In 2003 Wolkenstein, Lieder und Chöre nach Texten und Melodien des Oswald von Wolkenstein (Wolkenstein, songs and choruses after texts and tunes of Oswald von Wolkenstein) was first performed at the Berliner Philharmonie.Triptychon is a "Kammermusiktheater für zwei Sänger, zwei Schauspieler und Kammerorchester nach drei Gemälden von Frida Kahlo, Edward Hopper und Diego Velázquez" (chamber music theater for two singers, two actors and chamber orchestra on three paintings by Frida Kahlo, Edward Hopper and Diego Velázquez) on a text by the composer. The three parts are entitled "Frida", "Gespensterhaus" (Ghost house) and "Raum 17" (Room 17). The opera was premiered in 2009 at the Opernhaus Kiel.Over the years he spent periods of study, teaching and composing abroad, including in South America (Chile, Peru, Uruguay, Argentina), New Zealand, South Africa (University of Natal) and Cameroon, and in cities such as Skopje, Edinburgh and Riga. Since 1997 he has been professor of composition at the Mozarteum University of Salzburg.

富久田治彦[フルート] 名古屋フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者。フルートを12歳で始め、川瀬瑩公氏、伊藤公一氏に師事する。京都市立芸術大学を経て、1988年同大学院を修了。修了に際し大学院賞を受賞。 在学中に第3回日本フルートコンヴェンションコンクール第1位。NHK洋楽オーディションに合格。1989年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。その後、第1回日本木管コンクール第2位。1991年にはバロックザールでのリサイタルが評価され、青山音楽賞を受賞。1995年アフィニス文化財団
海外研修員に選ばれ、アメリカ合衆国へ留学。ミッシェル・デボスト氏、フェンヴィック・スミス氏らのもとで研鑚を積む。ソリストとして、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共にイベール、ライネッケ、ニールセン、モーツァルト、J.S.バッハ、武満など協奏曲等を数多く演奏している他、宗次ホール主催「富久田治彦プロデュースによる室内楽シリーズ」やリサイタル、アジア・フルート・コングレス、日本フルート・コンヴェンション等で活躍している。また近年、マスタークラスや講演、指揮者としても幅広く活躍している。2013年日本音楽コンクール、2014年日本木管コンクール審査員。アジア・フルート連盟常任理事。京都市立芸術大学大学・大学院非常勤講師。椙山女学園大学非常勤講師。

FUKUDA Haruhiko is principal fulutist of NAGOYA Philharmonic Symphony Orchestra.He started flute 12 years old,studied with KAWASE Keikou,ITO Koichi.He graduated from Kyoto City University of Arts and Graduated School of the same.He received a master degree fro KCUA and awarded Graduate School Prize.He won first prize for 3rd Japan Flute Convention Competition. He passed NHK Classic Music Audition.He entered Nagoya Philharmonic Symphony Orchestra in 1989.He won 2nd place for Japan Wood Wind Competition.He awarded Aoyama Music Prize for his recital.He studied in U.S.A as Anifis Cultural Foundation Oversea Trainee in 1995.He studied with Michel Debost,Fenwick Smith and so on.He performed flute concerto of Ibert,Nilsen,Reinecke,Takamitsus as soloist with NAGOYA philharmonic Orchestra.He have activities in the following :FUKUDA Haruhiko Chamber Music Series at Sohji Hall and recitals,Asia Flute Congress,Japan Flute Convention and so on.Recently,he also have a lot of activeties as lecturer,conductor.Currently,he is part-time lecturer of Kyoto City University of Arts,Graduate school,KCUA and Sugiyama Jogakuin University.

大嶋義実[フルート] プラハ放送交響楽団首席フルート奏者、群馬交響楽団第一フルート奏者を経て、現在,京都市立芸術大学教授。1981年京都市立芸術大学卒業後、1984年ウィーン国立音楽大学を最優秀を得て卒業。日本音楽コンクール入選、マリア・カナルス国際コンクール名誉ディプロム、日本管打楽器コンクール入賞。平成10年度京都市芸術新人賞受賞。ソリストとして国内はもとよりロンドン、ウィーン、プラハ、フィレンツェ、ローマ等、毎年公演を行うほか、プラハ交響楽団、ヤナーチェクフィルハーモニー管弦楽団、ヴィルトゥオージ・ディ・プラハ、ピルゼン放送交響楽団、ポーランド・オポレフィルハーモニー、群馬交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等、数多くのオーケストラと協演。1994年、95年にはスロヴァキア室内合奏団のソリストとして東京芸術劇場、紀尾井ホール、大阪ザ・シンフォニーホールをメインに日本ツアーに同行。95年同プログラムでスロヴァキア各地の国際音楽祭に出演。1997年スーク室内オーケストラのソリストとして日本ツアーに同行、ヨゼフ・スークと共演。1998年には日本人フルーティストとして初めて『プラハの春国際音楽祭』より招待を受け好評を博す。1999,2000,2004年FOK(プラハ交響楽団)定期演奏会 (室内楽シリーズ) 出演、2000年もベルギー、ドイツ、チェコ、イタリア、ポーランドと五カ国10都市以上にわたる公演を行う。2001年チェコフィル定期演奏会(室内楽シリーズ)、第36回「モラヴィアの秋国際音楽祭」に出演。室内楽の分野でも師のW.シュルツをはじめ、ウィーンフィルやチェコフィル、ベルリン・ドイツオペラの首席奏者達、プラジャーク弦楽四重奏団、コチアン弦楽四重奏団、クーベリック・トリオ等と共演を重ね、その演奏はNHK「芸術劇場」をはじめ各国のテレビ、ラジオで度々放送されている。ドイツ・コブレンツ国際音楽週間、草津国際フェスティバル&アカデミー、イタリア・サルッツォ音楽院、アオスタ音楽院、ローマ国際アカデミー、プラハ・サマーアカデミー、アメリカ・セント メリー カレッジで等のマスタークラス受け持つほか、相愛大学、大阪音楽大学でも後進の指導にあたっている。ミラノ・ファラウトコンクール、びわこ国際フルートコンクール、全日本学生音楽コンクール、全日本吹奏楽コンクールをはじめ各地のコンクールの審査員も務める。13枚のCDをリリース。日本フルート協会理事、アジア・フルート連盟常任理事。

Yoshimi Oshima is representative of the bold entry of Japanese wind players on the international stage of interpreters of Classical music. He was born in Osaka in 1958 and graduated in music at Kyoto in 1981 as one of the most talented young flutists. From 1981 to 1984, he attended post-graduate classes at the Hochshule für Musik in Vienna, under Wolfgang Schulz. Oshima has received numerous awards at international and prestigious Japanese competitions.From 1987 to 1989, Yoshimi Oshima spent time in Prague as a principal flutist of the Prague Radio Symphony Orchestra. Upon returning to Japan he took up an equally important seat in the Gunma Symphony Orchestra. In 1990 his career as a successful soloist of all the important Japanese concert halls began. Since then he has been invited every year to perform in Europe. He has played in Vienna, London, Prague, Florence, Rome, Brussels, Dresden and other countries. He participated in several International music festivals as a soloist, inclusive ‘53rdPrague Spring’, ‘36th Moravian Autumn’. He has collaborated with Wolfgang Schulz, Peter Schmiedl, Zdeňek Tylšar, Josef Suk, Josef Hala, Jaroslav Tůma, Michala Petri, Bohdan Warchal, Claude Lelong, Tomasz Tomaszewski, Shizuka Ishikawa, the Pražak Quartet, the Doležal Quartet and the Kocian Quartet, the Slovak Chamber Orchestra, the Suk Chamber Orchestra, the Prague Symphony Orchestra FOK, Janaček Philharmonic Orchestra, and many others.He has numerous discography included “Vivaldi: Flute Concertos” with the Suk Chamber Orchestra; “ Mozart ,Flute quartets, flute concerto ”with the Kocian Quartet &The Praga Camerata, ” Flute Sonatas of Antonin Reicha”, “Flute Sonatas of J.S.Bach & C.Ph.E.Bach”.”Astor Piazzolla”with Jaroslav Tuma. Of his CD, particularly Mozart concerto for flute k313 and flute quartets merit special mention. Some of his concerts have also been broadcasted on radio and television.His playing is highly valued particularly for the “warm,human atmosphere” it creates.He has been a professor of several Master class – Kusatsu international summer music academy, International Meisterkurse in Koblenz (Germany) , Scuola di alto Perfezionamento Musicale in Saluzzo, Aosta, Benevento and Rome Arts Academy(Italy), Prague Summer Academy and St.Mary’s College of Maryland(USA).Yoshimi Oshima has been teaching at the Kyoto City University of Arts, Faculty of Music, since 1997.


2012 ジンソ・キムJinSoo KIM金眞珠(1969-):かわいた森の夜想曲Nocturne in Dry Forest
violin : 柳原毬乃 YAGIRA Marino  clarinet: 平川奈津美 HIRAKAWA Natsumi
piano: 志賀俊亮SHIGA Shunsuke

静けさの漂う夜、枯れた森に風が燻う。
小枝は、青黒い夜空のキャンバスに血管のように浮き上がり、何かを欲望している。
月は優しく乾いた魂を宥めている。[ジンソ・キム]

In the silent night, the crisp wind spins in the dry forest
The branches of the tree spread out in the canvas of cobalt blue sky.
As the vein of thirsty soul, the branches put out in the beckoning in desire.
The moonshine in warm and articulate appeases the thirsty of soul in the dry forest. [Jinsoo Kim]

ジンソ・キム [金真珠] メッセージの次項をご覧ください。

柳楽毬乃[ヴァイオリン]6歳よりヴァイオリンを始める。第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞受賞。同ガラコンサート出演。戴59回西日本国際音楽コンクール入賞。2010年佐渡裕とスーパーキッズオーケストラのオーディションに合格、3年間在籍し国内外の演奏会、2014年にはOGとして全国ツアーに参加。井川晶子、芦原充、玉井洋子、玉井菜採、豊嶋泰嗣、の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程1回生。

Yagira Marino started violin from six years old. She won outstanding performance award in 16th KOBE international Music Competition, and performed in the Gala Concert. She also won a prize at the 59th West Japan International Music Competition.She passed the Sado Yutaka and Super Kids Orchestra audition. She performed during three years and joined National Tour 2014 as OG. She studied with Igawa Akiko, Ashiwara Mitsuru, Tamai Natsumi,Toyoshima Yasushi and others. Currently,she is studying at the Graduate School of Kyoto City University of Arts.

平川奈津美[クラリネット]奈良県出身。帝塚山高校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。在学中、第16回浜松国際管楽器アカデミーにおいてクロード・フォーコンプレ氏のマスタークラスを修了。KOSMA主催第16回アマチュアソロ管楽器コンクールにおいて兵庫県知事賞受賞。第28回奈良市音楽協会新人演奏会に出演。チェコにおける夏期音楽講習会にてアレシュ・ヤネチェク氏のマスタークラスを修了。これまでに、篠原猛浩、吉延勝也、福井聡、高橋知己、八段悠子、小谷口直子の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。

HIRAKAWA Natsumi was born in Nara.She graduated from Tezukayama High school snd Kyoto City University of Arts.She studied at master class of Claude F 16th Hamamatsu Internaitonal Wood Wind Instruments Academy.She wom Hyogo Prefectural President Awared for KOSMA 16th Amateur solo woodwind instrument competition.She performed 28th Nara City Music Association New Artist Concert. She studied with Alesch YANECEK at Master Course Czech Summer Course. She studied with SHINOHARA Takehiro,YOSHINOBU Katsuya,FUKUI Satoshi,TAKAHASHI Tomomi,HATTAN Yuko,KOTANIGUCHI Naoko.Currently,she is studying at Graduate School,Kyoto City University of Arts

志賀俊亮[ピアノ] 前項をご覧ください。


[PR]
by n-nakamura226 | 2018-01-16 18:00 | Comments(0)