渡響 vox expectat reflected lullaby 子守唄 大枝 international alternative festival 2018 (5)

1795 ルードヴィヒ・ヴァン・ベートヴェンL.v.BEETHOVEN (1770-1827):我愛すIch liebe dich
bass : 濱田雅亮 HARADA Masaaki  piano:東山洸雅 HIGASHIYAMA Koga

Ich liebe dich—我愛す—は、Ludwig van Beethoven(1770-1827)が25歳の頃に書いた歌曲で、1803年に出版された。歌詞は、ベートーヴェンと同じドイツの作家カール・フリードリヒ・ヘロゼーKarl Friedrich Herrosee(1754-1821)の詩をもとにしている。純粋な愛が、のびやかな旋律にのせて、生き生きと歌われるこの曲は、広く皆に愛されている。この曲を書いた頃のベートーヴェンは、まだ耳に不安を感じることもなかったであろう。明るく社交的な青年だったのではないかと想像されるのだが、どうだったのだろうか。[足立恵理]


きみを愛す きみがぼくを愛すように 
夕べに朝に 一日として きみとぼく 
ふたりが憂いを分かちあわないときはなかった
そんな憂いも ふたりで分かちあえば 
耐え忍ぶのはやさしいことだった
わが悲しみには きみが慰めとなり 
きみが嘆きに ぼくは泣いた
それゆえ 神の祝福はきみにありますように 
我がいのちの喜びであるきみよ
神よ きみを守り ぼくのそばに置いてくださいますように
我ら二人を守り 支えてくださいますように
 [クラシック名曲の解説と名盤]

„Ich liebe dich“ is Lied by Ludwig van Beethoven (1770-1827) at the age of 25 years old,and it was published in 1803. It was composed on the poem by German novelist Karl Friedlich Herrosee
(1754-1821).It is singing lively pure love with melody freely,and loving from all widely.When this piece was composed,Beetoven yet did not have anxiety in his ears,and seemed bright sociable young man. [ADACHI Eri]

        Karl Friedlich Herrosee    
Ich liebe dich, so wie du mich,
am Abend und am Morgen,
noch war kein Tag, wo du und ich 
nicht teilten unsre Sorgen. 
Auch waren sie für dich und mich 
geteilt leicht zu ertragen; 
du tröstetest im Kummer mich,  
ich weint in deine, 
in deine Klagen. 
Drum Gottes Segen über dir,
du meines Lebens Freude, 
Gott schütze dich, erhalt dich mir,  
schütz und erhalt uns beide, 
Gott schütze dich, erhalt dich mir,
schütz und erhalt uns beide, 
erhalt, erhalt uns beide, erhalt uns beide! 

濱田雅亮 [バリトン]前項をご覧ください。東山洸雅[ピアノ]富山県黒部市出身。京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業後、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。第2回富山ピアノコンクールシニア部門グランプリ受賞。社団法人日本ピアノ調律師協会関西支部主催第8回よんよんコンサート及び第78回読売新人演奏会に出演。第24回宝塚ベガ音楽コンクール1位、あわせて兵庫県知事賞、会場審査員特別賞を受賞。第25回ABC新人コンサートに出演、最優秀音楽賞を受賞。2014年4月よりドイツのフライブルクへ留学。2015年第6回レプティーンピアノコンクール2位。ハンス・フォン・ビューロー国際ピアノコンクールプロ部門2位。また、留学中にDAAD(ドイツ学術交流会)より、日本とドイツの国際交流に対する優れた業績を認められ、奨学金を授与される。フライブルク音楽大学Advanced Studies課程を満点の成績で修了し、2016年3月に帰国。これまでに坂井千春、多美智子、Gilead Mishory、黒川浩、山本二郎、鶴見彩の各氏に師事。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程在学中、阿部裕之氏に師事。マックス・レーガーのピアノ作品を研究対象とし、博士論文を執筆中。

HIGASHIYAMA Koga was born Kurobe City,Toyama Prefecture.He graduated from Kyoto City University of Arts.summa cum laude.He also studied at Graduate School of Tokyo University of Arts and received a master degree from the same.He won Grand Prix for 2nd Toyama Piano Competition Senior division.He performed at 8th Yonyon Concert organized by piano tuner association Kansai branch and 78th Yomiuri New Artist Concert.He won first prize for Takarazuka Vega Mudsic Competition with Hyogo Prefecture President Prize and Audience July Special Prize.He performed at 25th ABC New Artist Concert,and received Outstanding Performance Award.He studied at Freiburg in Germany.He won 2nd place for Hans von Bülow International Piano Competition Professional Categoly.He received DAAD scholarship.He studied at advanced course Hochscchule für Musik,Freiburg,summa cum laude.He studied with SAKAI Chiharu,OHNO Michiko,Gilead Mishorz,KUROKAWA Hiroshi,ZAMAMOTO Jiro,TSURUMI Aya.Currently,he is studying at doctral course of Graduate School,Kyoto City University of Arts.He has studied with ABE Hirozuki.He is writing doctral thesis about pianbo works of Max Reger.
1738 ジョージ・フレデリク・ヘンデルG. F .HANDEL (1685-1759) :優しき木陰Ombra mai fù
viola da gamba:田淵宏幸 TABUCHI Hiroyuki piano:東山洸雅 HIGASHIYAMA Koga

Ombra mai fu —優しき木陰—は、George Frederic Handel(1685-1759)が書いたオペラ『セルセ』第一幕で、ペルシャ王セルセによって歌われるアリアである。プラタナスの木陰への愛を歌ったもので、本来はカストラートのための楽曲である。ヘンデルはドイツ人であるが、イギリス王室の宮廷で活躍した作曲家である。本日は当時の宮廷でも弾かれていたヴィオラ ダ ガンバで演奏する。同じく宮廷で重用されたカストラートの歌声を偲ばせられますように。[足立恵理]

Ombra mai fù,the song about the love for the shade of Platanus tree,is aria for castorato originally in the first act of Opera serse which was composed by George Frideric Haendel(1685-1759).Handel is German as Händel,he had long activities as composer in the English court.Today,this piece is perfomed by Viola da Gamba which was performing in the court at that time. I hope that you will remember the singing voice of Kastrat. [ADACHI Eri]


Ombra mai fù di vegetabile,
cara ed amabile,soave più

樹木の蔭において
これほどいとおしく優しく愛らしいものはなかった

There was nothing so lovely
as gentle as this in the shade of trees


田淵宏幸[ヴィオラ・ダ・ガンバ] 京都市立芸術大学ヴァイオリン、作曲の両学部で卒業。大阪芸術大学オーケストラ要員を退職の後、2005年よりイタリアへ留学し、現地にて多数のコンサートに参加、研鑽を積みヴィチェンツァにてヴィオラダガンバで卒業、さらにバロックヴァイオリンでも卒業。2011年ヴェネト銀行主催の演奏旅行でヴェネチア、パドヴァ、ミラノでソリストを務める。2012年に帰国後、The Bukky Company主催。大阪府河南町にて月一回定期演奏会を開催している。現存の昔話や世界の童話に作曲を施し、チェンバロやヴィオラ・ダ・ガンバのような古楽器演奏で子供から高齢者まで幅広い観衆に紹介し、好評を得ている。また、参加型の演奏会も企画し、演奏者と一緒に、童謡等をお客さんと合唱する。「のぼさんとあそぼ2004」作曲コンクールにおいて正岡子規の詩に作曲を施し、準グランプリ受賞。2013年日本初ヴィオラ・ダ・ガンバの練習曲を出版。

TABUCHI Hiroyuki graduated from Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,Specialized Violin and Composition.After working Osaka University of Arts Orchestra,he started to study in Italy,he also graduated from Vizenca Conservatory specialized Viola da Gamba and Baroque Violin.He performed as soloist at Venice,Padua and Milano at the performance tour organized by Bank of Veneto.He returned to Japan in 2012,and he is organizing his „The Bukky Company“,and having monthly subscription concerts series.He is composing for Western and Eastern old tales and fairly tales,these are performing by western period instruments to introducing for from children to old people widely,these are favorable reception.He also having audience jointing projects,where performers play with audience for singing together children songs and so on.He won semi Grand Prix by the song of MASAOKA Shiki at „NOBO-SAN TO ASOBO 2004“Composition Competition.He published Etude Book for Viola da Gamba which was first publicshed in 2013,Japan.

東山洸雅[ピアノ] 前項をご覧ください。


2017 choreography & dance 野夕梨Noyuri :  OMOTE [世界初演 world premiere]
from 2015 composition 春野海 HARUNO Kai : OMOTE
piano: 志賀俊亮SHIGA Shunsuke

この音楽の特徴の1つ、それは庭の池の静寂から
荒れ狂う海の激動までの幅広いダイナミックスにある。
それは人間のこころをも表す、水の表面である。
能もまたその人間存在の精神のすべてを持っている。

One of the characteristics on this music,it is widely dynamics
as like from silence in the pond of Japanese garden to torrent in ocean.
It expresses also the heart of human, through water various surface.
Also Noh,it has all of the spirit as human being.

春野海[作曲] 京都市立京都堀川音楽高等学校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。 葛西進、平田あゆみ、長谷川智子、前田守一、中村典子、岡田加津子の各氏に師事。 カルロフォルリヴェジ、アランゴーサン、ラインハルトフェーベル各氏のマスタークラスを受講。京都芸術祭新人賞、聴衆賞。京都市立 芸術大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。現在、京都府立清明高等学校常勤講師。


HARUNO Kai graduated from Kyoto Horikawa Music High School and Kyoto City University of Arts,Faculty of Music,speciality of composition.He studied with KASAI Susumu,HIRATA Ayumi,HASEGAWA Tomoko,MAEDA Shuichi,NAKAMURA Noriko,OKADA Kayuko.He also studied at master class of Carlo Forlivesi,Alan Goussin,Reinhard Febel.He won New Artist Award and Audience Award for Kyoto Art Festival.He studied at master course of Graduate School,Kyoto City University of Arts and received a master degree from the same of composition.Currently,he is teaching at Kyoto Prefectural Seimei High School as full time lecturer.

志賀俊亮[ピアノ] 前項をご覧ください。


Thematic Choreographer
Noyuri野夕梨

4歳よりクラシックバレエを始める。15歳で渡米。リバティー大学(アメリカ)在学中、ミュージカル、ヒップホップダンス、コンテンポラリー作品等のメンバーに抜擢され、様々なステージに出演。2009年ハートオブワーシップアワード受賞。帰国後、関西の劇団にてダンス・演技の指導、振付を行う。2010年滋賀県文化振興事業団主催「響け!うみの鼓動シアターピース」において振付師・ダンサーとして出演。その舞台<生命の舟>を作曲した中村典子が滋賀県文化奨励賞を受賞。2012年ピアニスト赤津ストヤーノフ樹里亜やヴァイオリニストと共に 京都ノートルダム学院小学校において東日本大震災の為のチャリティーコンサートを行う。2013年同志社女子中学・高等学校、兵庫県ユニセフ協会主催の数々のステージに出演。2014年岩手県釜石市において東日本大震災の為の復興支援コンサートに出演(NPO法人ガバチョ・プロジェクト主催、認定NPO法人「国境なき子どもたち(KnK)協力」)。2015年宮崎県都城市において一般財団法人貝塚市文化復興事業団主催のコンサートに出演。大阪府寝屋川市アルカスホールにおいて「癒しのピアノコンサート」にダンサー、シンガーとして出演。(医療法人三家クリニック主催) クラシックバレエ、コンテンポラリーダンスの要素を取り入れた独自のパフォーマンススタイルを通して、言葉を超えたメッセージを表現している。

NOYURI started classic ballet at the age of four years old. She moved to U.S.A at the age of fifteen years old.During her study at Liberty University, she selected and perfomed at various stages of musical,hiphop dance and contemporary works.She received heart of worship award in 2009.After returning to Japan,she has been taught dance and acting to thatrical company in Kansai. She coreographied new stage dance for theater piece beats for creation Lake BIWAShip of Lifeand premiered as dancer.Composer ofShip of LifeNakamura awarded Shiga Prefecture Cultural Encouragement Award in this year.She had charity concert for East Japan Earthquake at Kyoto Notre Dame Gakuin Elementary School with pianist AKATSU Stoyanov Julia and violinist in 2012.She performed at the stages of Doshisha Women Jonior High School & High School and Hyogo prefecture Unicef association in 2013.She performed at concert for reconstraction assistance by the cooperation with NPO Corporation Gavacho Project and Certificated NPO Corporation Borderless Children(KnK) in 2014.She performed at the concert at Miyakonojo City,Mizayaki Prefecture,organized by General Foundation Kaizuka City Agency for Cultural Reconstrtuction in 2015.She performed as dancer and singer at Healing Piano Concert,organized by Medical Corporation Sanke Clinic.She has been expressed messages over words through original performance style with the elementsof classic ballet and contemporay dance.
2009 ジンソ・キムJinsoo KIM 金眞珠(1969-):アリアリAri Ari [日本初演 Japan premiere]
violin:江川菜緒EGAWA Nao  piano:アンヌシュ・ハンヌヴォルト

アリアリはアリランをベースにした作品です。アリランは、韓国の準国歌とも言える、日本の《さくらさくら》のような作品です。アリランには百を越える様々なアンサンブルのヴァーションがあり、この作品はヴァイオリンとピアノのための作品の一つで、非常にヴィルトゥオーゾ性(名人技)に富んだ部分があり、他の部分は伝統的な韓国民謡と作曲家ジンソ・キムの学んだ地ブルックリンスタイルのフュージョンです。いくつかの箇所は、ガーシュインのようなフィーリングにあります。音楽それ自身はアップビートからバックラッシュまでさまざまな段階を経て、すべてがロマンティックスタイルの音楽領域に維持されています。[アンヌシュ・ハンヌヴォルト]

아리랑 아리랑 아라리요 아리랑고개로 넘어 간다 나를 버리고 가시는 님은 십리도 못가서 발병난다 아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 청천하늘엔 별도 많고 우리네 가슴엔 꿈도 많다 아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 저기 저 산이 백두산이라지 동지 섣달에도 꽃만 핀다

アリラン アリラン アラリヨ アリラン峠を越えて行く 私を捨てて行かれる方は、 十里も行けずに足が痛む。 アリラン アリラン アラリヨ アリラン峠を越えて行く 晴れ晴れとした空には星も多く、我々の胸には夢も多い。 アリラン アリラン アラリヨ アリラン峠を越えて行く あそこ、あの山が白頭山なんだね、冬至師走でも花ばかり咲く [wikipedia]

Ari Ari is a piece based on Arirang. Arirang is sort of an informal national tune of South Korea, much like Sakura Sakura is in Japan. There are hundreds of versions for all kind of different ensembles for this piece. This one is for violin and piano, where the violin plays a very virtuous part. However, unlike any other version, Ari Ari is a fusion of traditional Korean folk music and Brooklyn Style music, as the composer Jin Soo Kim studied there. Some places it is vagualy feeling like Gershwin.The music itself goes through a lot of different phases, ranging from up beat to laid back. All the while remaining inside the boundaries of romantic style music.[Anders HANNEVOLD]

Arirang,Arirang,Arario…Arirang gogaero neomeoganda Nareul beorigo gashineun nimeun Shimrido motgaseo balbyeongnanda. Cheongcheonhaneuren janbyeoldo manko Uri ne gaseumen huimangdo manta.Jeogi jeo sani Baekdusaniraji Dongji seotdaredo kkotman pinda.Arirang,Arirang,Arariyyo… You are going over Arirang hill

My love,you are leaveng me Your feet will be sore before you go ten li.Just as there are many stars in the clear sky, There are also many dreams in our heart.There,over there,that mountain is Baekdu Mountatin,Where,even in the middle of winter days,flowers bloom

ジンソ・キム [金真珠] 冒頭メッセージの次項をご覧ください。

江川菜緒 音楽学生フェスティバル2015、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIII、セイジ・オザワ 松本フェスティバル「青少年のためのオペラ」、「子どものための音楽会」に参加。これまでに、宮﨑彰美、東儀幸、澤和樹、曽我部千恵子、豊嶋泰嗣の各氏に、ヴィオラを山本由美子氏に師事。また、室内楽を中島悦子、上村昇、中村典子、上森祥平の各氏に師事。15年度公益財団青山財団奨学生。エイム弦楽四重奏団メンバーとして第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、ハイドン賞。現在、京都市立芸術大学大学院音楽研究家修士課程器楽専攻2回生。

Egawa Nao jointed Student Festival 2015,Ozawa Seiji Music Preparatory School Opera Project XIII, Seiji Ozawa Matsumoto Festival “Opera for Youth”, ”Concert for Youth”. She studied violin with Miyazaki Akemi, Azuma Yoshiyuki, Sawa Kazuki, Sogabe Chieko, Toyoshima Yasushi, and viola withYamamotoYumiko,chamber music with Nakajima Etsuko, Kamimura Noboru, Nakamura Noriko, Uwamori Shohei. She received Aoyama Music Foundation Music Scholarship. As Aim String Quartet member, she won 1st place of Sohji Hall String Quartet Competition, and received the Haydon Award. Currenty, she is studying at the Graduate School of Kyoto City University of Arts.

アンヌシュ・ハンヌヴォルト [作曲]ノルウェーのベルゲンの作曲家、ピアニスト。彼の音楽は、歌曲、先進的なアンサンブル・ミュージック、オープン・スコア、サウンド・インスタレーションに至るまで、幅広いスタイルと表現力を持つ。アルゴリズムと主要な動機は、しばしば彼の作品の中心的な位置を占めるが、ハートがないわけではない。グリークアカデミーのピアノ専攻を卒業して現在、京都市立芸術大学・グリーク・アカデミー交換留学生として中村典子氏に作曲を師事。

Anders Hannevold is a composer and pianist from Bergen, Norway. His music has a large range of styles and expression, ranging from lieder, futuristic ensemble music, open scores to sound installations. Algorithm and leading motives often take a central place in his works, although not without «heart». He is now studying with prof. Nakamura Noriko at Kyoto City University of Art as an exchange student from the Grieg Academy.


[PR]
by n-nakamura226 | 2018-01-16 17:59 | Comments(0)