カテゴリ:公演 concert festival( 57 )

Document of Special Lecture:Kyoto City University of Arts,Faculty of Music
Present,from Electro Acoustic Music 3 CARLO FORLIVESI
Research session for koto 6 culumusica concert 15 clumusica friendship charity 17

28 March[SAT],2015 Electro Acoustic Concert featuring east-west instruments
29 March[SUN]Lecture,Workshop,Presentation and Video Shooting
Kyoto City University of Arts,KCUA University Hall

Electro Acoustic Concert Kyoto City University for Arts,Universtity Hall
Compostition Carlo FORLIVESI(professor of National Conservatory of Rodi,Italy)
NAKAMURA Noriko(associate professor of Kyoto City University of Kyoto City University of Arts)
Aquim Bornhoeft(director of studio for electro acoustic,Universtaet Mozarteum,Salzburg)
Koto:OE Miyako Fagotto:NAKAGAWA Hidetaka (cultural special encouraged artist of Kyoto City,2014)


Thank you so much for coming.

I would like to thank prof. Nakamura for her great collaboration and efforts in the promotion of art and music between Japan and the world. To achieve this result we have been collaborating for over 5 years on several projects, which involved different disciplines including contemporary music, orchestral music, traditional Japanese instruments, early music and finally electronics.
We would like to express our gratitude to Dr. Stefano Fossati, director of the Italia Bunka Kaikan of Osaka, for his support and interest in all these cultural activities.
I am now quickly presenting the pieces.
We are going to perform a selection of three pieces made with electronic media, that means primarily computer generated music, I composed in the last 18 years, notably The Tunnel of Light, Through the Looking-glass, and Requiem, plus one electronic work by prof. Nakamura titled Quasi Flos, and works for Japanese koto performed by the koto master Oe Miyako, the two pieces will be titled Bright Moon Music Vol.2 and Silenziosa Luna. There will be in addition a piece titled “Naturell-Courage-Naturell” by a German composer, Achim Bornhoeft, professor of electronic music at the Mozarteum of Salzburg, a university strongly linked to the Kyoto City University of Art thanks to the intermediation of prof. Nakamura.

During this concert you can enjoy a first-class sound system and the marvellous acoustic of this hall. A light choreography has also been designed for each piece.

Electronic music is an experience not just limited to the ear, it rather goes to the heath and soul, it is a journey of the mind. Thank you.


Carlo FORLIVESI:光の隧道 The Tunnel of Light(1998,electronics)

  Ascending to an immense light through a cylindrical tunnel, concentric circles seen in perspective in completely dark surroundings. This short sound work, after Hieronymus Bosch's The Tunnel of Light, opposes an apparently disordered but rather structured activity (vision) to an almost static sound stripe (contemplation).Duration: 0:59

NAKAMURA Noriko:花如 quasi flos(2014,electronics) 

 The huge choral works of MAMIYA michio and choral composers is existing in Japan as the createon from the correction of Bartok Bela and Zoltan Kodaly in music history.Ultimately,it is not reached as the the song of Maria in spite of huge choral molding of MAMIYA Michio.

  I was commissioned the orchestral arrangement for work song”Magouta”.It was listened by traditional folk song singer and he said that this orchestration is able to collaborating with true sense of traditional music.However about this folk song”Suzuka Magouta” and I’s crossing the time and space in the just ground,it had lost in real history.

   Japanese own traditional music had refused form Japanease moderisation of music education,and I confirmed by the research about this KCUA’s students memories of traditional work song magouta,and their memories were non crossing with such Japanese traditional music.Duration:3:38

Carlo FORLIVESI:鏡の向こうに Through the looking glass(1998,electronics)

As it passes through an imaginary looking-glass,the evening song of the birds is transformed,littl,in a processs of acoustic mutation from a natural context into one that completely electronic and filled with fantastical colours.Duration3:36

Aquim Bornhöft:自然--自然 Naturell-Courage-Naturell(2003,World Premiere,electoronics)

The electronic piece Naturel lis the first version of a work conceived in such a way that it can never assume a defitive shape,but can always be reworked and performed in new ways in the future to suit new perspectives and circumstances.In the initial ‘acoustical status report’,Bornhöft works with various natural sounds form his personal but eve-changing sound library.In this case the sounds are primarily noises caused by water and birds-sounds we often encounter in his oeuvre in wide-ranging forms and variants.The piece’s underlying material consists entirely of four-second excerpts,fragments extracted from the orginal recording of their acoustic continuum,thereby rendering their prigins ambiguous.The result is an impressive and ambivalent interplay between concretenesss and abstraction,searching and (re)discovery.Naturell is a study of acoustical identies,of mimesis and mimicry,of being and appearance.In all the things surrounding us we can always,depending on our distance and vantage point,descry another world- a’second nature’.(German text:Stefan Fricke,English translation:Dr.J.Bradford Robinson)

Courage was made for the CD 90 Minuten Wirklichkeit(90 seconds reality) by the German Association of Electronistic Music(DEGEM),a collection of 47 small pieces one and a half minute long.This piece is dealing with several sounds of action and reaction related to physical violence.

NAKAMURA Noriko:明月楽弐之巻 Bright Moon Music II (2001-09,17gen&koto with voice)

Bright Moon Music II was constructured as solo Koto-Uta piece insteaed of duo version,on the base of Bright Moon MusicI by the performance of Camilla HOITENGA(alto-flute)&OE Miyako.On the volume 1,it was expressed as the journey to death by two persons and On the volumeII, It is expressed the journey to pilgrimage by one person.Original version”IMO-SE” was composed by the commission of Hiroshi YONEZAWA & Eriko KUMAZAWA for 40 anniversary of German-Japanese Association.By the request of Heikan KUREYAMA who listened to this”IMO-SE” Kyoto premiere,It was recomposed for western instrument and eastern instrument as”KAGAMI” for western instrument and western instrument as“HATA”.By the request Miyako OE,these were recomposed as the two version of “Bright Moon Music” and as the trio version on the GAGAKU style of “SEIGAIHA[stella waving sea].”IMO-SE” is inclusive 6 versions another versions by same composers.

It is able to perform this Bright Moon Music II,only the player who performed Bright Moon Music I.By the composer,performer is requesterd to hold trictly the afterimage of sound color,dynamics length,pitch in this order, only the performer’s body & spirit hold afterimage of the performance of the player who played together by Bright Moon Music I.After the performance of duo version Bright Moon Music I,the performer of Bright Moon Music II is permitted the deviation from notation in the point of sound pitch, length,length,dynamics,color,in this order.

This piece was composed by the request of Miyako OE,and premiered at Miyako OE 17gen Recital,October 2009 in Kyoto. In original version”IMO-SE”20gen part is changed to 17gen with 13gen by solo player.

Carlo FORLIVESI:沈黙の月 Silenziosa luna(2009)

Why this infinite air,and this deep Infinite serene?what means this Immense solitude?and I.what am I?

And so much activity,so much motion In every celestial,every earthly thing, Ceaselessly turning,
Always back to starting place; Any point,any purpose
Is beyond me,But you for sure, Deathless maiden,know everything.

What do you do,moon,in the sky? Tell me,what do you do, Silent moon?

From "Night song of the wandering shepherd of Asia"(1830) by Giacomo Leopardi Duration:4 min.

NAKAMURA Noriko:玉 TAMA Bach(2009,17gen)

WAGON(AZUMAGOTO)’s music was translated to 17gen as the spring song which was made the triple sequence by AZUMAASOBI tuning.(Duration:3 min.)

NAKAMURA Noriko:眞聲花如 vox verum quasi flos(2015,electronics and Bassoon,World Premiere)

VOX VERUM is the six diferencias which was structured on the both way between graphic score and 5 lines notation based ROKUDAN structure of YATSUHASHI Kengyo.VOX VERUM is contained on QUASI FLOS,electronics.(Duration:13 min.)

Carlo FORLIVESIREQUIEM (1999,rev.2007)

Requiem is a composition concerived as an ‘acoustic rite’,an electronic poem in three parts-Komm,Les pleurs and ( )- separated by a period of silence.During a performance there is,in the darkenss,an array of eight speakers with eight channels,to which correspondd as many coloums of light.It is requested that the composition end without applause.Through ‘concrete’and synthetic music this work comprises of selection of the sounds,developed electronicallymof rituallystic objects used in various cultures around the world:littlee bells,pipes,glasses,matches,a rain stick,a dobachi (a rituall Japanese instrument),toghther with a chord played on a broque violin from the Passacaglia of Hinrich Biber.The central moments of Komm and of Les pleurs are,respectively, areworking of Motet BWV 229 by J.S.Bach( in retrograde and with altered tempo),which generates a syllabic though not texual signifier,and a quotation from a composition for viola da gamba of Monsieur de Saints Colombe.(translation:Jeremy Drake)

Present from electro acoustic music 3 Lecture,Workshop and Presentation
29 March[SUN]Lecture,Workshop,Presentation and Video Shooting
Kyoto City University of Arts,KCUA University Hall,Salon and CM lab. 10:00-18:00
LecturerCarlo FORLIVESI TranslatorNAKAMURA Noriko
Participantsstudents of composition speciality INATANI Yusuke(3) HARUNO Kai(3) ENDO Takaaki(2)YAMAKAWA Kazuya(1)
AuditorDavid Boss(3.Lowrence University)
AcousticsNISHIMURA Chizuko Lighting KINOSHITA Shiori (M1,Lacquer work)
Video ShootingINATANI Yusuke,HARUNO Kai YAMAKAWA Kasuya

Electronic Music Presentation KCUA Hall 16:00
HARUNO Kaikoto signal (2015,electronics,world premiere)
Composition form koto sound of concrete.(Duration:60 seconds)

Electro Acoustic Music Video Shooting 16:30-18:00
Acoustics:NISHIMURA Chizuko Lighting KINOSHITA Shiori(M1,racquer work)
Video ShootingINATANI Yusuke HARUNO Kai YAMAKAWA Kazuya

Special thanks: Prof.TOKITA Alison[Research Centre for Traditional Japanese Music]
Prof.KURIMOTO Natsuki[racquer work KCUA]

Thanks for coming concert from around Kansai area,Kyoto Osaka,Tokyo,and Wisconsin,U.S.A.

アジアの箏の現在 コンサート&トークセッション
「アジアの箏の現在」クラムジカ第6回公演 ”KOTO, present in Asia”International Modern Music Festival
主催:クラムジカ 協力:田波楽器株式会社 後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会
マネージメント:Office Music Message 柳楽正人(代表)
      箏:中川佳代子 チェロ:大西泰徳
full moon:岡田加津子(京都市立芸術大学)箏:福原左和子      
・線香花火(世界初演):大慈弥恵麻(相愛大学) 二十五絃箏:渡邉香澄
・雲の峰(世界初演):渡邉さとみ(大阪音楽大学) 箏:林美音子
      箏:麻植美弥子 十七絃:麻植理恵子 フルート:江戸聖一郎
・深い悲しみのなかで:和泉耕二(大阪音楽大学) 箏:平田紀子 ヴァイオリン:中村公俊
・ラメント2011(世界初演):池上敏(山口大学) 箏:中村あゆみ
     二十五絃箏:横山佳世子 ソプラノ:井上今日子
     十七絃箏:麻植美弥子 麻植理恵子
      箏:中川佳代子 チェロ:大西泰徳
・玉響(たまゆら)Ⅵ(世界初演):若林千春(滋賀大学) 箏:林美音子
   箏:横山佳世子 ヴァイオリン:中村公俊 クラリネット:中井絵理 指揮:中村典子
・幻月(世界初演):南川弥生(大阪音楽大学)  箏:渡邉香澄 平田紀子
      箏:麻植美弥子 ギター:西垣正信

アジアの音舞の現在 国際フェスティバル−
日韓伊 伝統 創作 音楽 舞踊 Music & Dance,Present in Asia
아시아의음악과무용의현재 [clumusica friendship performance for charity 10]
主催:クラムジカ 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室
後援:日本現代音楽協会 日本作曲家協議会 京都市立芸術大学音楽学部
協力:京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
日時:2013724() 会場:大津市伝統芸能会館能楽ホール
    ソプラノ.村辺恵奈 テノール.虫本友 箏:麻植美弥子
    能舞:安東伸元 ヴァイオリン:眞田彩
    ヴァイオリン:眞田彩 ソプラノ.村辺恵奈 テノール.虫本友
    ・舞踊:小川珠絵(舞踊家・舞踊作家 TMパフォーマンス・プロ主宰)打楽器:宮本妥子
Celestial_vib(京都初演) 坪能克裕(前日本現代音楽協会会長) 
    舞:小川珠絵 ヴァイオリン:眞田彩 箏:麻植美弥子 打楽器:宮本妥子
照明:木下栞(京都市立芸術大学美術学部) 舞台監督:小松淳史 
MC:中村典子 舞台撮影:TMパフォーマンスプロ 記録写真:GON

8.마츠시타 이사오 (일본작곡가협의회회장, 동경예술대학 연주예술센터 교수)
8.松下功 (日本作曲家协议会会长,东京艺术大学演奏艺术中心教授)
8.MATSUSHITA Isao(the chairperson of the Japan Fereration of Composers, professor of Tokyo University of Arts,Performing Arts Center)

여러분, 안녕하십니다. 마츠시타 이사오입니다. 여러분 이야기의 마지막 순서라서, 대부분 다른 분들께서 말씀하셔서 어쩔까 하고 있었습니다. 매우 중요한 시도를 하고 있는 나카무라 선생님, 감사합니다. 그리고 매우 어려운 과제라고 생각하면서 듣고 있습니다. 여기에 있는 우리는 모두 말하자면 서양음악에서부터 시작했지요. 요즘 세상이 많이 변했다고 저도 생각합니다. 저는 지금 동경예대에서는 연주예술센터라는 작곡가는 아닌 곳에서 가르치고 있다고 할까, 여러가지 일을 하고 있는데요. 요즘 음악학부가 아니라 미술학부에서 가르치게 되었습니다. 점점 장르를 넘고 있다 싶은 것은, 제가 회장을 역임하고 있는 일본작곡가협의회도 음대 출신이 아닌 사람, 음악대학 작곡과 출신이 아닌 사람도 참가하고 있습니다. 이공계 대학 출신이나 혹은 연주자인 분들도 있습니다. 즉, 작곡가라는 개념도 앞으로는 점점 변해가지 않을까 합니다. 저는 앞으로의 총합문화, 혹은 총합예술의 시대로 들어간다고 생각합니다. 서양의 작곡에서 시작해서 동양의, 한국에는 전통음악 학부라는 학부가 있고, 거기에 작곡 전공도 있지요.
Hello, everybody. I am Matsushita Isao. Because it has become a long round table and most topics have already been spoken about by participants, I have been wondering what I could say as final speaker. Thank you so much, Professor Nakamura, for having carried out this important innovative project. As I listened I felt it is a specially difficult theme. We are all starting from western music, although I think it is changing in recent years. I am currently teaching in the Performing Arts Center in Tokyo University of Arts, not the department of composition. Recently, I am even teaching in the Faculty of Art, not Music. It is the situation of going beyond genre: composers who did not graduate from University of Music are joining the Japan Federation of Composers Inc. As chairman of JFC, I know their alma mater.They graduated from science courses or performance courses and so on. Accordingly, the concept of composer in the future is changing. I think it is changing to a kind of cultural synthesis, or an integrated art project. It is really synthetic culture. Some come from western composition studies to eastern music studies, from traditional music studies to composition studies. In Korea, traditional music studies generally have a composition section. In line with such movements, in Japan too, Japanese traditional music performer-composers have organized a cooperative society.


(京都市立芸術大学平成26年度特別研究助成 研究No.2014-018)を
フィリピン大学タクロバン校Campus Rehabilitation Program


The report of International Contemporary Music Festival "Present of Asia 2"
at University Hall in Kyoto City University of Arts
on the date of 25th May,2014.

Our festival had been completed with kindest collaboration.
The all contribution for the victims by disaster of East Japan Earthquake,
the disaster of Philippines typhoon,and the accident of Sewol in Korea,
these were sent to Japan Red Cross,University of Philippines,Tacloban,
and Korean Red Cross,until 25th June,2014.

Thank you so much for great kindest collaboration for holding festival
and all contribution for the each disaster in Japan,Philippines and Korea.

Japan Red Cross relief fund for the victims of East Japan Earthquake
Campus rehabilitation Program at University of Philippines,Tacloban
93 USD
The assistance for the victims of Sewol by Korean Red Cross
90 USD

Thank you so much for your assistance for the victims.

Nakamaura Noriko(collaborative supervisor of ensemble clumsuica,
at Nakamura lab.in KCUA)

2014年1月8日(木)中村典子:眼天 SKY EYES for low strings[3 cellists and 2 double bassists](2014,recording premiere)[13min.]チェロ:孫工恵嗣 河野明敏 大熊勇希 コントラバス:井上大貴 名和俊 京都芸大講堂 録音:西村千津子 韓国伝統舞踊家韓順瑞氏&李周煕氏への舞踊音楽制作
2014年1月19日(日)"Two are one"- music for piano solo, piano four-hands and two pianos Israeli Women Composers and Performers Forum in cooperation with Kanazawa-Admony Piano Duo Music by Hagar Kadima,Florie Namir, Irena Svetova,Hana Ajiashvili,Hadas Goldshmidt-Halfon,Tali Assa and Noriko Nakamura Felicija Blumenthal Music Centre, Bialik 26, Tel-Aviv
NAKAMURA Noriko:"Litanei" for piano duo with electronics(2012)[Israel premiere]electroacoustic realization:SHIMIZU Yoshihiko & electroacoustic operation:Goni Peles performance:Kanazawa-Adomony piano duo [Tami Kanazawa & Yuval Adomony] ----Israeli Women Composers and Performers Forum project------
2014年1月20日(月)京都芸術センター第4回運営委員会 ミーティングルーム2(南館3階)議題:発表支援事業の選考について 平成26年度事業計画案の検討状況 運営委員:田中誠二委員長(学校法人大和学園学園長)稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授)上念省三(舞踊評論家)平芳幸浩(京都工業繊維大学美術工芸館准教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)富永茂樹(館長)長谷川昌史(事務局長)
2014年1月22日(水)Osaka Collegium Musicum 第374回マンスリーコンサート[音楽市場]日本福音ルーテル大阪教会[谷町ルーテル教会] 中村典子:カサヌヒ(1991) ヴァイオリン:木村直子[音登夢] ヴィオラ:法橋泰子[音登夢] チェロ:木村政雄[音登夢]
2014年1月29日(火)京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会第23回拡大運営委員会 於:ザ・バレスサイドホテル 会長:大村益雄 副会長:大西多恵子、松本真理子、編集委員長:朴実 理事:三井ツヤ子 会計委員:佐藤敏子 会計監査:伊吹元子 編集委員:中村公俊 議事録支援:中村典子(学内アドヴァイザー)1.真声会の将来ビジョンについて 2.役員会の開催について 3.その他
2014年2月5日(水)平成26年度文化芸術活性化パートナーシップ事業第1次パートナー選考委員会審査 京都コンサートホール会議室 杉山準(演劇プロデューサー)阪田真己子(同志社大学文化情報学部准教授)中村典子(京都市立芸術大学音楽学部准教授) 川本悟(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理部長ロームシアター京都担当部長)東秀樹(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団業務管理部担当係長)前田賢司(京都市音楽芸術文化財団団業務管理課チーフコーディネイター)
2014年3月4日(火)京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会第24回拡大運営委員会 於:ザ・バレスサイドホテル 1.真声会の将来ビジョンについて 2.役員会の開催について 3.その他 会長:大村益雄 副会長:松本真理子、編集委員長:朴実 会計委員:佐藤敏子 会計監査:樋上由紀子 編集委員:奥田聖子 中村公俊 中村典子(学内アドヴァイザー)
2014年3月5日(水)中村典子:地耳 GROUND EARS for 3 cellos and 2 double basses( 2014,recording premiere) チェロ:孫工恵嗣 河野明敏 大熊勇希 コントラバス:井上大貴 名和俊 中村典子:Cantata AZAI no MANAGO(2014,recording premiere) ヴァイオリン:今西彩菜 太田ゆみえ 竹下芳乃 大薮英子さま 岡田留実 江川菜緒 ヴィオラ:太田かなえ 小西果林 中山智子 チェロ:孫工恵嗣  河野明敏 大熊勇希 コントラバス:井上大貴  名和俊 録音:西村千津子 京都市立芸術大学講堂
2014年3月18日(火)京都芸術センター第5回運営委員会 フリースペース(南館1階)議題:1.平成26年度京都芸術センター事業計画について 2.今後の京都芸術センター運営のあり方について 報告事項 1.平成25年度・26年度発表支援(共催)事業の追加実施について 2.平成25年度京都市芸術新人賞及び芸術振興賞の表彰式について 3.その他 運営委員;田中誠二委員長(学校法人大和学園学園長)小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授)上念省三(舞踊評論家)平芳幸浩(京都工業繊維大学美術工芸館准教授)中村典子(京都市立芸術大学准教授)森川佳昭 富永茂樹(館長)長谷川昌史(事務局長)
2014年3月5日(水)京都市立芸術大学&京都ブライトンホテル ソリスティックコンサート バロックフルート協奏曲の夕べ G.Ph.テレマン:組曲 イ短調 TWV55:a2 C.P.E.バッハ:フルート協奏曲 ニ短調 WQ22 瑶族舞曲(中村典子編曲)ヴァイオリン:今西彩菜 竹下芳乃 ヴィオラ:北條エレナ チェロ:玉木俊太 コントラバス:大加戸まゆ チェンバロ:金田仁美
2014年3月30日(日)声の迷宮 Vol.Ⅳ 現代の音楽、声の可能性を探る旅〜イタリアからのピアニスト、アデーレ・ダロンツォを迎えて〜 海の見える南港サンセットホール[大阪・南港ATC・ITM10F]ソプラノ:小里明子 ピアノ:ADELE D'ARONZO 中村典子:〈花 FLORE〉for voice and keyboard(世界初演)南川弥生:La lune passa! Per voce e pianoforte〈月が通ったんだ!〉(世界初演)諸橋玲子:〈散る花のⅡ〉for voice and piano(世界初演)Carlo Boccadoro:〈Come no plangent〉quatro liriche per mezzo soprano e piano forte(2013)Giorgio Colombo Taccani:〈Zaul〉per voce e pianoforte(2008/2012)Rafael Lianos:〈Soglie〉per voce sola(2013)Fabrizio De Rossi Re〈Fire-dancing(Nestinarstvo)〉per pianoforte(2013)Parlo Longo:〈Portrait à deux "B.B."〉per pianoforte(2013)
2014年3月31日(月)2000年後の小学校|PLANET SCHOOL 柴川敏之×てんとうむしプロジェクト 記録集発行 2000年後のプロジェクトルーム:2000年後のインタビュー「2000年後の世界は、どうなっていますか?」「2000年後の小学校は、どうなっていると思いますか?」に答える。SHIBAKAWA Toshiyuki×Tentoumushi Project
日時|2013年3月5日(火)-2013年3月30日(土)会場|京都芸術センター主催|京都芸術センター 招聘アーティスト|柴川敏之 アート・コーディネーター|藤田瑞穂、奥脇嵩大 記録集 編集|京都芸術センター、柴川敏之 本文執筆|柴川敏之 藤田瑞穂 デザイン|仲村健太郎 写真|大島拓也 柴川敏之 発行|2014年3月31日(土)発行|京都芸術センター
2014年3月刊行 「常盤”音”今昔物語」人と地域が輝く常盤協議会設立記念事業 発行:人と地域が輝く常盤協議会(草津市常盤市民センター内)『ときのわ』(作・作詞・作曲・振付:中村典子)お話 旋律楽譜 三部合唱版楽譜 振り付け p.3-14
2014年4月8日(火)長浜市立浅井小学校新校設立記念式 長浜市立浅井小学校校歌 中村典子(詩・曲・管絃楽編曲):あざいのまなご NAKAMURA Noriko:Cantata Azai no Manago
2014年4月19日(土)随心院(山科・京都)ハンガリー舞曲第五番(ブラームス編曲) 瑶族舞曲(編曲:中村典子)中村典子:美しい今(詩:星野富弘)田呈媛(Flute) 今西彩菜(Violin)竹下芳乃(Violin)北條エレナ(Viola)西村まなみ(Cello)大加戸まゆ(Contrabass)
2014年4月29日(祝・火)京都市立芸術大学新研究棟2F大会議室 楽曲研究発表ー創造のためのリサーチ・プレゼンテーション 主催:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 稲谷祐亮(4回生):G.リゲティ作曲アトモスフェールの分析 黒川拓朗(4回生):B.ブリテン作曲 歌劇ピーターグライムズよりパッサカリアの分析 中世古早織(4回生):バルトーク作曲 弦楽四重奏第一番の分析 春野海(4回生):R.シュトラウス作曲 ツァラトゥストラはかく語りきの分析 司会:中村典子
2014年5月9日(金)5月10日(土)南怡[ナミ]幻想 舞 ARUKO芸術劇場大劇場(韓国・ソウル)主催:李周煕舞踊団 後援:中央大学校芸術大学舞踊学科 (韓国・ソウル)予約:www.hanpac.or.kr (02)3668-0007 問合せ:010-9075-2570 010-3138-4212 (02)3668-0007
振付:李周煕[イ・チュヒ]  舞台監督:キム・バングン 照明・音響:ホン・ギルドン 牙箏:キム・ヨンギル 音楽:中村典子  衣装:キム・ヒョンジャ 企画・広報:ヨン・ヒギョン、ヤン・ヒョシン Graphic Design:パク・チョンミン 出演:イ・チュヒ、ペク・ヨンジョン、パン・スヒョン、ハン・バヌル、イ・ソンファ、イ・スナ、イ・ヤジ、チェ・ソクヒョン、チャン・ドゥイク、イ・セヒョン、ムン・ヨンシク、キム・ミンソク、ホン・ジュンホ、キム・ウンジ 27歳で亡くなり鬼神と神格化された南怡[ナミ]将軍(1441-1468)の悲劇的生涯の現代的解釈に剣舞と五穀舞そしてサルプリ舞をクロスオーバー、音楽と接合し、韓国の伝統舞踊の新たな模索と進化を見せる公演。
2014年5月10日(土)villa con grande giardino storico a Sasso Morelli(BOLOGNA,Italy) ESECUTORE CARLO FORLIVESI, Clavicembalo HIROYUKI TABUCHI, Violino barocco MUSICHE DI Arcangelo Corelli da Fusignano (Fusignano, 1653 – Roma, 1713) Heinrich Ignaz Franz von Biber (Wartenberg, 1644 – Salisburgo, 1704)Jean-François Dandrieu (Parigi, 1682 – Parigi, 1738)Michio Miyagi (Kobe, 1894 – Kariya, 1956)Noriko Nakamura (Kusatsu,Shiga, Giappone, 1965) The Oak Tree
2014年5月13日(火)京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会第2回拡大運営委員会 於:ザ・パレスサイドホテル(後半出席) 会長:大村益雄 副会長:大西多恵子 理事:金森重裕 運営委員長:佐々木研 編集委員長:朴実 理事:杉中博 会計監査:伊吹元子 会計監査:樋上由紀子 会計委員:佐藤敏子 編集委員:奥田聖子 学内委員:中村典子 事務局:中村公俊
2014年5月14日(水)長浜市立浅井小学校公演 宮本妥子(打楽器)中村典子:あざいのまなご(カンタータ:詩と曲・校歌)
2014年5月20日(火)現代ギター奏法レクチャー・ショートコンサート 京都市立芸術大学大学会館ホール ギター:橋爪皓佐(本学大学院修了生)Fantasia (A. Mudarra)Canción del Emperador (L. de NarváezLauten )Suite (J.S. Bach)Variation sur un theme de Mozart (F. Sor)Grande Sonata( N. Paganini)Choro no.1 ( H. Villa-Lobos) 桜舟(岡田加津子)、東京エイリアン(橋爪皓佐)聞き手:岡田加津子 主催:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室
2014年5月20日(火)イタリアからの風 no.2 カルロ・フォルリヴェジ氏をお招きして於:ノワ・アコルデ音楽アートサロン カルロ・フォルリヴェジ:天からの声が聞こえる アルカンジェロ・コレッリ:ヴァイオリンソナタ8番ホ短調 中村典子:かしの木のうた イタリア語カンタータ:王様の靴 ほか ブッキーカンパニー ソプラノ:奥田聖子 ヴァイオリン:城本さやか ヴァイオリン:田淵宏幸 チェンバロ:カルロ・フォルジヴェジ il Veino d'Italia con Carlo Forlivesi  Noa Accorde Mucic Art Salon TOYONAKA,Osaka 19:00- Carlo Forlivesi:Audivi Vocem Arcangelo Corelli:Sonata a violino e violine o cimbalo n.8 in mi minore Nakamura Noriko:The Oak Tree Tabuchi Hiroyuki:Le scarpe del re etc.
2014年5月発行 地域情報誌「みーな」vol.121 「校歌うたえば」びわ湖に響け!伊吹山に響け!湖北の小学校 校歌54 p17「子どもたちの生命の学校であるために 」浅井小学校(校歌)作詞作曲 中村典子 一面インタビュー記事が掲載されました。インタビュアー:椙村光喜 長浜みーな 発行人:大塚政一郎 編集人:小西光代 発行:長浜みーな協会 編集:長浜みーな編集室 
2014年5月25日(日)clumusica 11th concert [clumusica friendship charity 14] International Contemporary Festival アジアの管絃の現在2京都市立芸術大学大学会館ホール 主催:clumusica 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室[nakamura@kcua.ac.jp 075-334-2363] 後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会 京都市立芸術大学音楽学部 協力:京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 沖縄県立芸術大学 シンガポール大学Mozarteum Salzburg イタリア文化会館大阪 Festival Artistic Advisor:呉信一[professor emeritus of KCUA]  山本毅[dean of music faculty,KCUA] 大嶋義実[chief of international exchange committee,KCUA] Opening Concert 14:00-(open 13:30-) アジアの箏の現在 岡田加津子OKADA Kazuko:Open the Gate(2013)[associate professor of KCUA] 何志光HO Chee Kong:Shoreline(2013) [Dr.associate professor of Yong Siew Toh Conservatory of Music,National University of Singapore] カルロ・フォルリヴェジ Carlo FORLlVESI:沈黙の月Silenzioza luna [Dr.professor of Modena conservatory] 田島亘 TAJIMA Wataru:Metamorphosis(2012)[ex-professor of Osaka College of Music] 近藤春恵KONDOH Harue:あかね幻想 Madder-Fantasy (2013) [professor of Okinawa Prefectural University of Arts] Symposium Round table 15:00- participate composers moderator:中村典子NAKAMURA Noriko[associate professor of KCUA] Orchestra Concert 17:00- 中国と日本の箏・琴・管絃の現在 −ピアノとの比較も含めて−ラインハルト・フェーベルReinhard FEBEL:from Chorale Arrangements after J. S. Bach for Piano Duet [professor of Mozarteum Salzbulg] 清水慶彦SHIMIZU Yoshihiko:培養レスピレーション Cultured Respiration for horn solo and strings (world premiere)[Dr.full-time lecturer of national Oita university] 若林千春 WAKABAYASHI Chinaru:玉響...Momentariness Ⅵ(2012) [professor of National Shiga University] ジョシュア・チャンJoshua CHAN:送行A journey accompanied for Erhu &Koto (world premiere)[Dr.associate professor of Hong Kong University] 毛竹 MAO Zhu:独夜鳴琴 Strings on a Sleepless Night -- for Guqin and Chamber Ensemble (world premiere)[lecturer of Sichuan conservatory] 李志純 Dr.Chihchun Chi-sun Lee: DOTS,LINES,CONVERGENCE 點、線、面Concerto for Zheng and Chamber Ensemble (2003) 増田真結MASUDA Mayu:剃り唄《きゅる》SORI-UTA《KYURU》 (2013)[doctoral candidate,part-time lecturer of KCUA and Kobe College] 中村典子NAKAMURA Noriko:韻禱 YUNDAO rhymed prayer -- Concerto for trombone,tenor and chamber orchestra (world premiere)Players:古琴Guqin:Zhan TingTing 張婷婷[Sichuan Conservatory]古箏・二十六絃26 strings Zheng:郭岷勤 KUO Min-Chin 箏・十七絃Koto &17gen:麻植美弥子 箏・二十絃Koto &20 gen:福原左和子 二胡Erhu:ジョシュア・チャン 箏 Koto:中川佳代子 箏Koto:林美音子 箏 Koto:松澤祐沙soprano:小濱妙美[associate professor of KCUA] 打楽器:岡田加津子 trombone solo:呉信一[professor of KCUA] horn solo 村上哲[Principal of Osaka P.O. part-time lecturer of KCUA]tenor solo:楊雪元 Orchestra:ensemble clumusica Orchestral Director & Concert Master:中村公俊 Manager:田呈媛 [国際芸術交流協会] flute:田呈媛[doctoral course of KCUA] clarinet:伊藤咲代子 bassoon:中川日出鷹 percussion:上中あさみ[part-time lecturer of KCUA] 箏・十七絃 Koto&17gen:麻植美弥子 piano:河内仁志[ex-part-time lecturer of KCUA] 金田仁美[doctoral course of KCUA] violin:中村公俊 澤田知栄子viola:岡田真実 cello:大西泰徳 double bass:赤松美幸 conductor:毛竹 清水慶彦 高昌帥 中村典子
2014年5月26日(月)ザルツブルグ・モーツァルテウム大学×京都市立芸術大学交流演奏会 ゲレオン・クライナー [pf,professor of Mozarteum,Salzburg] 小濱妙美[soprano,京都市立芸術大学教授]ジョイントリサイタル 京都市立芸術大学講堂 モーツァルテウムーラインハルト・フェーベル:禅と藝術 より イェニング・チュウ:詩経による二つの歌 ミヒャエル・バッサーマン:芭蕉の二つの歌 (順不同・予定) 京都市立芸術大学ー佐々木望:弔歌[詩:丸山薫] 金スヒョン:秘密 多田里紗:木・すいぞくかん[詩:谷川俊太郎] 中村典子:閼伽 (順不同・予定)問合せ:京都市立芸術大学中村研究室[TEL:075-334-2363 nakamura@kcua.ac.jp]
2014.05.26(mon.)18:30-(Open:18:00-)Auditorium in KCUA Exchange concert with Universtät Mozarteum Salzburg and Kyoto City University of Arts Gereon KLEINER & KOHAMA Taemi Joint Recital by professors of Mozarteum & KCUA MozarteumーReinhard Febel:aus "Zen und die Kunst,Klavier zu spielen" Yenning Chiu" Twei Lieder nach SHIJING" Michael Wassermann "Zwei Lieder nach BASHO" Hesam Jabarimani"Lied" KCUA ーSasaki Nozomi "Song to coffin"[text:Maruyama Kaoru] Kim Soohyon "Secret" for piano Tada Risa "Tree","Aquarium"[text:Kaneko Misuzu,Tanigawa Shuntaro] Nakamura Noriko "Aqua" for pianist Contact:TEL:075-334-2363 nakamura@kcua.ac.jp Nakamura lab.in KCUA
2014年5月27日(火)特別講座『自作を語る 作曲家ラインハルト・フェーベル』[ザルツブルグ・モーツァルテウム大学教授]&ラインハルト・フェーベルマスタークラス 作曲レッスン受講者:岡田善次(2回生) 伊藤慶佑(3回生) 稲谷祐亮(4回生) 佐々木望(院1回生) 通訳:北川千香子(演劇学[ワーグナー]研究) 担当:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室
2014年6月8日(日)京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会役員会 於:ザ・パレスサイドホテル 出席者 会長:大村益雄 副会長:大西多恵子 運営委員長:佐々木研 編集委員長:朴実 会計:佐藤敏子 会計監査:樋上由紀 運営委員:中村公俊 運営委員:佐渡春菜 理事:小川隆宏 理事:金森重裕 理事:山本千寿 理事:土居知子  支部長:大阪支部:大村益雄 岡山支部:下山忠良 関東支部:島津与外次 京都支部:山田妟子 滋賀支部:杉中博 中部支部:中島百合子 奈良支部:菊田義典 年度委員:斎藤真理子 他五十数名 学生代表委員代理(自治会会計) 誉田真弓(3回生・ピアノ専攻)学生年度委員(1回生)池内里花(打楽器)小椋風花(打楽器)学生年度委員(2回生)岩永絃樹(打楽器)磯村真綸(声楽)学生年度委員(3回生)加茂夏来(ヴァイオリン) 浦方郷成(声楽)学生年度委員(4回生)近野 剛(ピアノ)宮下悠(トロンボーン)ゲスト:廣野貴夫副理事長 学内委員(卒業生教員):大嶋義実(学部長)  日紫喜恵美  中村典子 
2014年6月21日(土)19時 三井寺古民家・ながらの座・座(滋賀)古庭薗大人ライブ VOL.19 息、生き、粋 VOL.2 葦笛ー神々の笛 森本英希フルート・ソロライブ 主催:元・正蔵坊と古庭園を楽しみ守る会(ながらの座・座)後援:大津市 FAX 077-522-2926でhttp:nagara-zaza.net/contact/ C.ドビュッシー:シランクス(フルート)A.ヴィルジリアーノ:リチェルカータ(ルネサンス・フルート)中村典子:アガタ(フルート)岡坂慶紀:恋の音取(篠笛)中村典子:モノオペラ《時の輪》(世界初演)森本英希(フルート・篠笛・葦笛)大津葦笛トゥッティ オーボエ:泉佳穂 語り・打楽器:中村典子
2014年6月28日(土)長浜市立浅井小学校(滋賀)長浜県立浅井小学校夏まつり 中村典子(詩と音楽):かしの木のうた 中村典子(詩と音楽):ときのわ Credo六段(グレゴリオ聖歌・八橋検校・中村典子編曲-弦楽合奏付加版初演)バッハ:カンタータ147番「主よ人の望みの喜びよ」中村典子(詩と音楽):あざいのまなご 篠笛・フルート:井伊亮子 箏・十七絃箏:麻植美弥子 ヴァイオリン:竹下芳乃 太田ゆみえ ヴィオラ:太田かなえ チェロ:大西泰徳 コントラバス:赤松美幸 ソプラノ:村辺恵奈 アルト:片山千聖 テノール:虫本友 バス:菊田義典 司会・ピアノ・指揮:中村典子
2014年7月1日(日)京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会第27回拡大運営委員会 会長:大村益雄 副会長:大西多恵子 運営委員長:佐々木研 編集委員長:朴実 理事:金森重裕 会計委員:佐藤敏子 編集委員:奥田聖子 事務局:中村公俊 学内委員:中村典子
2014年7月4日(金)Visitation to Nakamura lab.Prof.Hans Tuschuku
(Harvard University electronic music studio)with Prof.Kakinuma
2014年7月14日(月)Visitation to Nakamura lab.Prof.Hans Tuschuku
(Harvard University electronic music studio) for koto & 17gen sound recording
2014年7月17日(木)草津市立常盤小学校コンサート ヴィオラ:森脇崇 中村典子:ときのわ 古後公隆作品






(京都市立芸術大学大学会館ホール・山口大学演奏講義室・大分 the bridge)







clumusica共同主宰 中村典子 

2013년에 설립 5주년을 맞이하는
clumusica기념 프로그램
아시아의 관현의 현재 (5월25일,
교토시립( 京都市立)예술대학대학회관 홀)
(교토시립(京都市立)예술대학대학회관 홀, 5월29일)
(야마구치 대학 연주 강의 실, 5월 31일)
(오이타(大分)the bridge, 6월2일)
아시아의 오토(音) 마이(舞)의 현재
(7월24일, 오쓰시(大津市) 전통예능회관노가쿠(能樂) 홀)은
여러분이 엄청난 협력을 주셔 5개의 기념 프로그램을
무사 끝낼 수 있었던 것을 깊이 감사 드리옵니다.

동일본 대지진 재해 피해지역에의 기부는
아시아의 관현의 현재 및
서일본(西日本) 투어에의 기부 전액
49390엔을 일본 적십자사에
아시아의 오토(音) 마이(舞)의 현재에의 기부 전액
28960엔을 교토(京都) 신문사사회복지사업단에
2013년8월9일 납부 및 송금했습니다.

여러분의 두터운 정에 깊이 감사 말씀 드리고,
여러분에의 마음에 감사와 함께 다음 되는
해외공연을 향해서 나아갑니다.
정말로 고마웠습니다.

clumusica 공동 주재 나카무라노리코

Thank you so much for your kindest and greatest collaboration for
"Present of Orchestral Asia 2013",
"Claudia Birkholz Recital West Japan Tour 2013",and
"Music & Dance,Present in Asia 2013".
I sent all contributions for those who sufferd so greatly from
the Great East Japan Earthquake,
with assistance from the JAPANESE RED CROSS SOCIETY and
Kyoto shimbun news paper social welfare corporation,
at the date of 9th August,2013.

All contribution at "Present of Orchestral Asia 2013"&
"Claudia Birkholz Recital West Japan Tour 2013"
All contribution at "Music & Dance,Present in Asia 2013"
¥28960- to Kyoto shimbun news paper social welfare corporation.

For next stages of clumsuica,
we make a lot of effort
including overseas concerts.
Please expect our clumusica's
new subscription concerts program.

Thank you so much for your collaboration.

cooperative supervisor of clumusica NAKAMURA Noriko

Danke so sehr für Ihre netteste und größte Zusammenarbeit dafür
"Geschenk von Orchester Asien 2013",
"Claudia Birkholz Konzert westliches Japan Tour 2013", und
"Musik & Tanz präsentieren in Asien 2013."
Ich schickte alle Beiträge für jene der sufferd so sehr von
das Großartige Ostjapan-Erdbeben,
mit Hilfe von der
Kyoto shimbun-
Nachrichten tapezieren gesellschaftliche Wohlergehensfirma,
zum Datum vom 9. August2013.

Aller Beitrag zu "Gegenwart von Orchester Asien 2013"&
"Claudia Birkholz Konzert westliches Japan Tour 2013"
Aller Beitrag bei "Music & Dance, präsentieren Sie in Asien 2013"
¥28960, zu Kyoto shimbun-Nachrichten tapezieren
Sie gesellschaftliche Wohlergehensfirma.

Für danach Phasen von clumsuica,
wir machen viel Anstrengung
einschließlich Überseekonzerte.
Erwarten Sie unserem clumusica bitte
neues Mitgliedsbeitragskonzerte-Programm.

Danke so sehr für Ihre Zusammenarbeit.

mitarbeitender Aufseher von clumusica NAKAMURA Noriko






熊本より麻植理恵子さんの箏とイタリアのCarlo Forlivesiさんのオルガンが共演し







我らすべて共に歌わん めでたしマリアよ


八橋検校(1614 - 1685) - グレゴリオ聖歌

中村典子(1965 - )

トークセッション「アジアの箏の現在」 Talk Session KOTO,Present in Asia11:00-ジョシュア・チャン[陳錦標](アジア作曲家連盟会長・香港大学)Dr.Joshua Chan:Chair of Asian Composer League・Hong Kong University カルロ・フォルリヴェジ(カリャリ音楽院)Prof.Carlo Forlivesi:The National Conservatory of Music,Cagliari 松下功(東京藝術大学演奏藝術センター)Prof.Isao Matsushita:Tokyo University of Arts and Music,Performing Ats Center パク・ウンハ[朴銀荷](秋季芸術大学・韓英神学大学)Dr.Eunha Park:Chugye University for the Arts, Hanyoung thological University 清水慶彦(京都市立芸術大学・同志社女子大学)Dr.Yoshihiko Shimizu:Kyoto City University of Arts,DOSHISHA Women's Collage for Liberal Arts[ABC順↑]中村典子(司会・京都市立芸術大学)Noriko Nakamura:Moderator・Kyoto City University of Arts [五十音順↓]池上敏(山口大学)Prof.Satoshi Ikegami:Yamaguchi University 和泉耕二(大阪音楽大学)Prof.Koji Izumi:Osaka Music Collage 大慈弥恵麻(相愛大学)Emma Ojimi:Soai University 岡田加津子(京都市立芸術大学)Kazuko Okada:Kyoto City University of Arts 熊谷美紀(成蹊短期大学、大阪音楽大学)Miki Kumagai:Osaka Seikei Collage, Osaka Music Collage 田島亘(大阪音楽大学)Prof.Wataru Tajima:Osaka Music Collage 南川弥生(大阪音楽大学)Mio Minamikawa:Osaka Music Collage 増田真結(京都市立芸術大学、神戸女学院大学)Mayu Masuda:Kyoto City University, Kobe Collage 若林千春(滋賀大学)Prof.Chiharu Wakabayashi:Shiga Universty 渡辺さとみ(大阪音楽大学)Satomi Watanabe:Osaka Music Collage
演奏会1 KOTO Concert 1 13:30- 増田真結:縹渺想定線 (2011) 中川佳代子 大西泰徳(Vc) Mayu Masuda:imaginary line (2011) Kayoko Nakagawa(koto) Yasunori Onishi(cello) 岡田加津子:full moon(2010) 福原左和子 Kazuko Okada:”full moon“ for Koto an homage for‘SANGETSU-KI` (2010) Sawako Fukuhara(koto)大慈弥恵麻:線香花火~箏独奏のための~(世界初演) 渡邊香澄 Emma Ojimi:”a sparkle” for 25gen koto soko(premiere) Kasumi Watanabe(25gen-koto) 渡辺さとみ:<雲の峰>-箏ソロのためのー(世界初演) 林美音子 Satomi Watanabe:The Peaks of Coulds for koto solo(premiere) Mineko Hayashi(koto) ジョシュア・チャン:南風(初演)麻植美弥子 麻植理恵子 江戸聖一郎(Fl) Joshua Chan:Southern Wind for flute and 2 kotos(premiere) Miyako Oe(koto)Rieko Oe(17gen-koto) Seiichiro Edo(flute) 和泉耕二:深い悲しみの中で(世界初演)平田紀子 中村公俊(Vn) Koji Izumi:From my Deep Sorrow(premiere) Noriko Hirata(koto) Kimitoshi Nakamura(violin) 池上敏:ラメント2011(世界初演) 中村あゆみ Satoshi Ikegami:LAMENTO 2011(premiere) Ayumi Nakamura(koto) 田島亘:島田陽子の詩による鎮魂歌「もう少しここに」(2011) 横山佳世子 井上今日子(Sop) Wataru Tajima: Song of sorrow on the poetry by Yoko Shimada“I am here a while longer”(2011) Kayoko Yokoyama(25gen-koto) Kyoto Inoue(soprano) 廣瀬量平:夢幻砧 深海さとみ *出版まで上演順延とさせていただきます Ryouhei Hirose:MUGENKINUTA* Satomi Fukami(koto)
演奏会2 KOTO Concert 2 17:00-中村典子:青渡絲韻−打楽器を伴う二面の十七絃箏のための−(世界初演) 麻植美弥子 麻植理恵子 Noriko Nakamura:QINGDUSIYUN for two 17-gen with percussion(premiere) MIyako Oe(17gen-koto) Rieko Oe(17gen-koto) 清水慶彦: 五つの形象(世界初演)中川佳代子 大西泰徳(Vc) Yoshihiko Shimizu:Five Forms(premiere) Kayoko Nakagawa(koto), Yasunori Onishi(cello) 若林千春:玉響(たまゆら)…momentariness Ⅵ(世界初演)林美音子 Chharu Wakabayashi:TAMAYURA momentariness Ⅵ(premiere)Mineko Hayashi(koto) パク・ウンハ:ノアの方舟(世界初演)横山佳世子 中村公俊(Vla) 中井絵理(Cl) 中村典子(指揮)Eun-ha Park:Noah’s Ark for koto,viola and clarinet(premiere)Kayoko Yokoyama(koto) Kimitoshi Nakamura(vla),Eri Nakai(clarinet)Noriko Nakamura(cond)南川弥生:幻月−二面の箏のための−(世界初演) 渡邊香澄 平田紀子 Mio Minamikawa:Paraselene for koto duo(premiere) Kasumi Watanabe(koto) Noriko Hirata(koto) カルロ・フォルリヴェジ:孤独と静寂の中へ (2007) 麻植美弥子 西垣正信(Guit) Carlo Forlivesi:En la Soledat i el Silenci (2007) for hyper-tempered 13-string koto and guitar Miyako Oe(koto) Masanobu Nishigaki(guitar) 熊谷美紀: 一条戻橋 −箏独奏のための−(2011) 福原左和子 MikiKumagai: Ichijo Modoribashi for Koto solo(premiere) Sawako Fukuhara(koto) 松下功:二つの万葉歌〜あしひきの〜ぬばたまの〜(2008) 深海さとみ Isao Matsushita:Two MANYO Songs “ashihikino"“nubatamano” Satomi Fukami(koto) 主催:クラムジカ(京都市立芸術大学音楽学部中村研究室)後援:日本作曲家協議会 日本現代音楽協会
2012年1月10日(火)17:30-19:00 新研究棟 大会議室 博士後期課程特別授業 音楽は冒険であるー
カルロ・フォルリヴェジの音楽世界 MUSIC IS AN ADVENTURE – AN OVERVIEW OF THE WORKS OF CARLO FORLIVESI カルロ・フォルリヴェジ(作曲)イタリア国立カリャリ音楽院教授「西と東は習合できるか?」日本伝統音楽・日本伝統舞踊に取り組む映像も含め、その創造を概観し紹介(担当:中村典子
2012年1月16日(月)Konzert real time 2012 "AQUA" for pianist Won Jung Choi(piano)Bremen
2012年1月19日(木)京都市立芸術大学講堂 森本美帆 修士演奏 中村典子:アカ 森本美帆(ピアノ)
2012年1月22日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール(東京)日本現代音楽協会会員80人のワンアタック素材による80周年記念作品 企画・作曲:松平頼暁 演奏:中川俊郎 ワンアタック:松永通温 露木正登 糀場富美子 上野洋美 松平頼暁 坪能克裕 福士則夫 小島有利子 北爪道夫 橋本信 荒尾岳児 久保禎 田丸彩和子 宇野文夫 北爪やよひ 増本伎共子 遠藤雅夫 池田悟 松尾祐孝 森垣桂一 田口雅英 門脇治 深澤倫子 福田陽 高嶋みどり 佐藤眞 神津裕 山本純ノ介三枝木宏行 奥田美穂 くりもとようこ 二宮毅 宮木朝子 佐藤昌弘 安部幸明 近藤春恵 菅原明朗 藤原嘉文 藤井喬梓 倉内直子 入野義朗 佐藤敏直 清瀬保二 神長貞行 橋本國彦 池譲 中川俊郎 福井とも子 安良岡章夫 峰村澄子 蒲池愛 伴谷晃二 大慈弥恵麻 露木次男 浅野藤也 大木正夫 久田典子 萩京子 白澤道夫 中村典子 小船幸次郎 廣瀬量平 高田三郎 湯浅譲二 宮崎滋 篠原眞 近藤柏次郎 松平頼則 山本直忠 太田忠 江藤輝 伊藤高明 石井五郎 国枝春恵 伊藤昇 小松清 大政直人 箕作秋吉 斎藤剛(太計雄)森田泰之進 
2012年2月2日(金)京都芸術センター クラムジカ第7回公演「奏でる水」映像・前田剛志 ピアノ:中村圭介 桑早穂子  佐竹裕介 中村典子:連祷〜ピアノ連弾とエレクトロニクスのための〜(初演)ピアノ:中村圭介 桑早穂子 エレクトロニクス:清水慶彦 映像:前田剛志
2012年2月12日(日)15時 つちのいえ おひろめ展 たまご茶会+演奏会「つちのいのり」席主:前田菜月  中村典子:つちのいのり(初演)演奏:コントラバス:赤松美幸
2012年2月13日(月)京都市 文化芸術活性化パートナーシップ事業 第一次選考委員会 審査 杉山準(特定非営利活動法人 劇研 理事 事務局長)阪田真己子(同志社大学准教授)中村典子
2012年2月16日(木)現音80周年記念事業 日本現代音楽協会主催 京都芸術センター共催 宮本妥子パーカッションリサイタル「閾–しきい–を越えて」リハーサル
2012年2月17日(金)現音80周年記念事業 日本現代音楽協会主催 京都芸術センター共催 宮本妥子パーカッションリサイタル「閾–しきい–を越えて」制作:中村典子 clumusica 出演:宮本妥子、藤井眞吾、末岡希和子、西岡まり子 諸橋玲子「玄」 伴谷晃二「ヒロシマの詩」 松永通温「夢見る人と闖入者」 近藤浩平「けもののけはい」 小松淳史「You are sleeping in my hand」 富田さやか「雨乞い」ジョージ・クラム「犬の世界」 松尾祐孝「π」
2012年2月23日(木)青山記念館バロックザール(京都)第2回フォーレ国際ピアノコンクール1位受賞記念 金田仁美ピアノリサイタル 中村典子:宙 sola(委嘱初演・世界初演) 金田仁美(ピアノ)
2012年3月3日(日)アスニーホール(京都)呉山平煥(オーボエ)仙崎和男(ファゴット)福原左和子(箏)渡邊怜奈(フルート)中村典子:「蓮月心」箏独奏のための(2011) 中村典子:「巴月照」オーボエ独奏のための(委嘱初演・世界初演)中村典子:「山月双」ファゴット独奏のための(委嘱初演・世界初演)
2012年3月10日(土)Premiere europe Italy,Padova Conservatorio di "M.Pollini" SABAT DEL CONSERVATORIO XIV First Anniversary Japan Earthquake Concert Noriko Nakamaura:"Onjo-fu"(2011) per cinque marinbe Makoto Nakura marinba solista Art Percussion Ensemble Arrigo Axia,Irene Bianco,Sofia garzotto,Vanni Vespani Direttore:Massimo pastore
YouTube http://www.youtube.com/watch?v=z9ENhMUxnzg
2012年3月24日(土)10時ー 京都芸術センター・ギャラリー南(一般公開)平成23年度第5回運営委員会 議題:平成24年度京都芸術センター事業計画について 運営委員:田中 誠二委員長、小林昌廣 、平芳 幸浩 、上念省三、内山修(京都市)梅林信彦(京都市)ほか、中村典子 富永茂樹(館長)由里啓子(事務局長)
2012年3月28日(水)滋賀県立文化産業交流会館(米原)平成23年度文化庁「優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業」滋賀県次世代創造発信事業 東日本大震災・復興への希望と祈りの行動メッセージ事業 明治の芝居小屋 長栄座 復活事業 邦楽邦舞キッズワークショップ発表会 陽春公演Kids TRADITIONAL PERFORMING ARTS 箏合奏曲 「かしの木変奏曲」(委嘱初演 作曲:中村典子 編曲:麻植美弥子)邦楽キッズ(文化産業交流会観)講師:麻植美弥子 司会:風太郎(兵庫県立ピッコロ劇団)
2012年4月8日(日) 蘭越町民センター 町営幽泉閣(北海道)大震災復興祈念 蘭越交流会(講演会&コンサート&写真展&懇談会)第一部 懇談会 今中哲二さん(京都大学原子炉実験所)を囲んで 第二部 復興祈念コンサート 瑶族舞曲(編曲:中村典子)田呈媛(フルート)斎藤哲(ファゴット)(ヴァイオリン、ヴィオラ)第三部 交流会第四部 講演会(4月9日午前10時)「低線量被曝に向き合う:チェルノブイリの教訓から学ぶ」ミハエル・マリコ (ベラルーシ科学アカデミー) ディミトリー・フロシィンスキー (ウクライナ科学アカデミー)連絡先:北海道大学スラブ研究センター 家田研究室 主催:ハンガリー文化センター 共催:北大 GCOE プログラム境界研究の拠点形成、日本ハンガリー友好協会、北海道の自然と命のネットワーク 後援:ハンガリー大使館 セルダヘイ・イシュトヴァーン ハンガリー大使 カールマーン・アンドレア ハンガリー大使館文化担当官 カールマーン・ベルケシュ 武蔵野音大教授(ハンガリー)クラリネットヴェドレシュ・チャバ (ハンガリー):作曲・オルガン 演奏 札幌の音楽家たち
2012年4月27日(金)NHK-FM「おうみi(あい)」「ホカヒ」宮本妥子 上中あさみ 菊本歩 「川のほとりのこもりうた」「母なる湖」小川彩音 フルートオーケストラ 湖笛の会 etc
2012年4月30日(月・祝)大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック大阪大司教区司教座聖堂) ー震災孤児・遺児育英募金のためにー 音楽監督・指揮:富岡健 独唱 ソプラノ:ガハプカ奈美 バリトン:岸俊昭 合唱:大阪コンソート および一般公募による賛同者 合奏:室内管弦楽団オルフェウス大阪 オルガン:大代恵 フォーレ:レクイエム ラシーヌ賛歌「小さな幸せ」(オーケストラ版世界初演)作曲・詩:谷本智子 編曲:富岡健 オーケストレーション:中村典子 主催 合唱団 大阪コンソート 協力 カトリック大阪大司教区エキュメニカルチーム 超教派クリスチャン信徒連盟 大阪キリスト教連合会議長 中島義和 後援 大阪府合唱連盟
2012年5月12日(土)夢ホール・阿南市文化会館(徳島)中国四国の作曲家2012 in 徳島〜創造と交流の祭典〜中村典子:「明月楽 弐の巻」十七絃箏:麻植美弥子 参加作曲家 青木省三 齋藤武 熊澤住子 近藤裕子 田中照通 伴谷晃二 新倉健 松岡貴史  松岡みち子 山下耕司 米倉由起 遠藤雅夫 小林隆一 中村典子 二宮毅 近藤春恵 松永通温 前田克治 宮澤一人 CONCERT OF MUSIC TODAY
2012年5月23日(水)京都市立芸術大学大学会館ホール「宙(そら)との対話」-レクイエム- 復興支援チャリティコンサート クラムジカフレンドシップ公演4 入場無料 主催:クラムジカ 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室 後援:日本現代音楽協会 日本作曲家協議会 協賛:イタリア文化会館 *皆様からのご寄付全額を京都新聞社会福祉事業団を通し被災地に届けます。くじらのこえ(ジョージ・クラム) フルート:田呈媛 チェロ:大西泰徳 ピアノ:金田仁美 催眠(ジェシカ・チョウ)フルート:田呈媛 クラリネット:伊藤咲代子 打楽器:上中あさみ ピアノ:金田仁美 ヴァイオリン:中村公俊 チェロ:大西泰徳 渡渡韻韻(中村典子)十七絃箏:三輪勉夢 十七絃箏:麻植美弥子 体内の蛇(増田真結)箏:中川佳代子ソプラノ:井上詩紀 ラメント2011(池上敏) 箏:麻植美弥子 深い悲しみの中で(和泉耕二) 箏:中川佳代子 ヴァイオリン:中村公俊 レクイエム(カルロ・フォルリヴェジ)(電子音楽) *ジェシカ・チョウ(マレーシア) ACL青年作曲賞第3位
2012年5月26日(土)京都市立芸術大学大学会館 録音「ノリ」声:梅村佳代 ピアノ:宋和映  打楽器:武田怜奈
2012年6月1日(金)18時ー 京都芸術センター・茶室明倫 平成24年度第1回運営委員会 議題:平成24年度京都芸術センター制作室使用者審査 平成24年度事業計画について 運営委員:田中誠二委員長(学校法人大和学園学園長)上念省三(舞踊評論家)平芳幸浩(京都工業繊維大学美術工芸館准教授)森山直人(京都造形芸術大学教授)奥美里(京都市文化市民局文化芸術都市推進室長)中村典子 富永茂樹(館長)長谷川昌史(事務局長) 
2012年6月17日(日)びわ湖ホール 大ホール (滋賀)フルートオーケストラ湖笛の会30周年記念演奏会 中村典子:「天湖頌」(びわ湖周航の歌幻想)指揮:関谷弘志 フルートオーケストラ湖笛の会